試験に受からない人のためのブログ

無理な筋トレしていませんか?

筋肉痛の状態で筋トレを行うのはタブーと言われています。

これはちゃんと科学的な根拠がある話で筋肉は使うだけ鍛えられるわけでなく、使って傷付いた筋繊維を修復することによって元以上の状態に鍛えられます。(超回復と言うそうです)

筋肉痛が残っている状態というのは筋繊維の修復中であるというサイン、休息が不十分なまま修復が終わっていない状態でトレーニングをしても効果が出ない、というわけです。

勉強における休息とは?

さて、このことは勉強に置き換えても同じことが言えるのではないかと思います。

ただ、勉強の場合に難しいのは筋肉痛になるわけではないので目安がわかりにくいところです。(知恵熱は出るかもしれませんが)

ですが休息の取り方については非常にシンプルです。
それは睡眠を取ること、それ以外にありません。

記憶した情報は睡眠によって最適化されるといいます、勉強内容が頭に入らないと思ったら一旦睡眠を取って仕切り直すのもアリではないでしょうか?

それに長期間続けて勉強をする場合、慢性的に寝不足な状態になってしまうと効率の悪い状態で勉強し続けることになります。

ダラダラ勉強しないように短時間でしっかり集中して十分な睡眠時間を取る、そしてそれを毎日継続することが大切だと思います。

適正な負荷をかけるように心掛ける

念の為、誤解が無いように言っておくと楽をしろと言っているわけではありません。

筋肉痛にならないような軽い負荷では筋トレの意味がないように負荷にならないような勉強も効果は薄いです。

適正な負荷というのは人によって異なります、勉強し始めの人と数ヶ月続けた人では同じ勉強量でも負担感は異なるはずです。

今の自分にとってどれぐらい勉強するのが丁度良いか常に調整をしてその上で休息を取るようにしましょう。

しばしの休息期間…にしないために

建設業経理士検定も終わり、私もようやく税理士試験の勉強を再開しました。

年内については学校には通わず、自宅学習で勉強をします。

相続税法を通学で受講しようかとも考えていましたが今年の結果、そしてモチベーションの高さを考えて継続して法人税法と国税徴収法を継続して勉強していきます。

ですが私の性格上、自宅学習というプレッシャーの無い状況で勉強するとサボるであろうことは自分でよくわかっているのでこの場を借りて目標を立てさせて頂きたいと思います。

目標1 外販問題集制覇(最低限大原とTACは)

今年の試験は勉強スケジュールに余裕がなかったこともあり使用する教材は大原のものに絞っていました。

状況を考えればそれが間違いだったとは思いませんが特に法人税法では苦戦を強いられる原因であったことも事実です。

常々使用する教材は絞るべきと言ってきましたが時間が確保できているのであれば話は別、年内に外販問題集は解き終えたいと思います。(ただTACは発売が遅めなので間に合わない可能性もありますが)

目標2 理論は1週間で1周

本試験からまだ(もう?)1ヶ月ですが理論については今までどうやってこんな量を覚えられていたのかわからない、ビビるくらいに記憶が抜けていっています。

年が明けて完全に抜けてしまったなどという事にならないように理論の回転を続けていきます。

年内は土台作りを目的としているため何題覚えるなどの数値目標ではなくこのような目標としました。

しっかり覚えるというよりは継続する事で頭に定着させていきたいと思います。

目標3 毎日筋トレ、走り込み(某番組の影響です)

流行に乗っかっている感がありますが、この目標を立てた理由はそれだけではありません。

税理士試験の勉強を始めて約3年、運動というものをほとんどしたこなかったせいか体力の低下を実感し始めました(体重も大幅に増えました)

特に辛かったのは体力の無さ故か長時間勉強するのが辛くなってきた事、仕事しながらというのもありますが税理士試験には体力も必要という事を思い知った次第です。

一見勉強とは関係無いようにも見えますが勉強するための基礎体力作りを目的としてこのような目標を立てさせていただきます。

体力作りが目的なので数値目標はありませんが全く何も無いのもアレなので体重がどれだけ落ちたかは報告させていただきます。(ちなみに始めて約1ヶ月ですが72㎏→70㎏になりました)

目標4 ブログは週1で更新

このブログの更新も最低週1回は行うようにしていきます。

今までは答練の結果報告で更新回数を水増ししている感がありましたが年内は学校に通わないのでこの方法は使えません。

今まではほとんど勉強関連のことしか書いてきませんでしたがそれに囚われず、色々な事を書ければと思っています。

継続は力なり

さて、4つの目標を立てさせていただきましたが、この4つに共通しているのは数値目標ではなく継続実行を目標としている事です。

このようにしたのは税理士試験は長期戦であるため一時に頑張るのではなく継続する習慣を付けておくことが大切だと思ったからです。

年内は来年に向けた土台作り、まずは地道にコツコツと継続していきたいと思います。

IMG_0690

2018年最後の試験

本日は建設業経理士検定1級を受験してきました。

この試験、1級については科目合格制となっており3科目合格すると1級取得となります。

昨年は3科目同時受験をして1科目だけ落としてしまったためそのリベンジマッチというわけです。(科目合格は5年間有効なので今回は1科目のみ受験)
IMG_0692
で、残る財務分析なのですがこれがまた曲者

やることはいたってシンプルでテキストに載っている算式を数十個覚えるだけ(しかもビジネス会計検定で覚えたものと共通しているものが多数あるのでその点は楽なはず)

なのですがビジネス会計検定を連敗していることからもわかるように私はこういう「理解しなくても良いからとりあえず覚えろ」というのは大の苦手としています。(税理士試験を受けときながら言うのもアレですが)

昨年と違い、1科目受験で楽な状況だから落とせないと勝手にプレッシャーを感じながらなんとか頭に詰め込みました。

で、結果はどうなのか

それで気になる結果の方ですが、ざっと自己採点をしてみたところ記述問題を除いた点数が80点満点中70点程度

これに記述問題(20点満点)の点数が加算されるので合格基準である70点はまず確保できているであろうといった感じでした。

2018年の試験は全敗という事態は何とか避けられそうでホッと一安心です。

税理士試験受験生に戻ります

さてこの1ヶ月間、宅建に建設業経理士と税理士試験の勉強からすっかり離れてしまっていましたがそれも終わり

懸案事項も一通り片付きましたので税理士試験の勉強を再開したいと思います。

間隔が開いてしまい勘が鈍ってしまっていますがここからは税理士試験の勉強に集中していきます。

このページのトップヘ