前回の続き

クラウドファンディングのキックスターターでの資金集めに向けて着々と準備を進めていきました

まずはアイコンとなるポスターが完成です
MASTER Poster
田島光二氏デザインの不気味な老人ポスター

それからオープニングシーンのためのセットの製作です

知り合いの工房の一角を使わせてもらい、セットまで自分たちで作ったのです
31
木の枠を作り、発泡スチロールのボードをくっつける
55
発泡スチロールを粗く削り、色を塗る
31
ライトを当てれば立派な地下壕の出来上がり!
結果はこちら

このオープニングの意図は、謎を見せて気になる終わり方にして、続きが見たかったら投資するんだ!(笑)という感じになるよう作りました。実際の本編とは違います。
 
そしてキックスターター用のプロモーション映像の準備も着々と進めました。 

様々なキックスターターのプロジェクトを研究し、ページを作り、ビデオを作り、万全の態勢で臨みました。

そしてその2週間前にGehennaのFacebookページを立ち上げたところ、そこに載せたアートワークの出来もあって、一気に広がりました。

そしてキックスターターは全て自分だけの力でやってみました。

目標金額を25万ドル(約2800万円)に設定し、(キックスターターはは目標金額に達しないと、お金が入らないという、All or Nothingという厳しい仕組みです)

これをやるぞと決心してからほぼ1年間準備に時間をかけ、いよいよ資金集めのキャンペーンをスタートさせました。

そしてなんとしょっぱなに5000ドルの出資者がなんと二人もついて、初日は1万2000ドル(140万円くらい)と好調なスタートを見せました。 

しかしながら、始めてから多くのことに気づきます。

とにかくやることが多い。

特典についての質問や定期的なアップデート、それから様々なオファーへの返答もありました。

エルム街の悪夢の監督のウェスクレイベンスが関わっている、次世代のホラー映画監督を発掘するリアリティーショーのオファーなんてのもありましたよ(笑)

このキャンペーンに関してすべての対応を自分一人でやっていたため、それには限度がありました。

そして仕事も同時にしていたため、その時間が取れるはずもありません。

そして1年かけて準備しましたが、25万ドルを目標にして集まった額は5万3000ドル(600万円くらい)という散々な結果に終わってしまいました。

キックスターターGEHENNAページ

こうして人生初のクラウドファンディングの挑戦が終わりました。

結果は目標金額に達せずに失敗です


今まで1年間苦労して準備してきたことは全て無駄だったのか? 

こんな挑戦しなければよかったのか?


長い人生の中で、何かをやって無駄だったかどうかは1−2年の短期間では決められないと思います。

キックスターターでの資金集め自体は失敗したけれど、このプロジェクトの評判と反応はものすごい良かったので、絶対になんとかなるという確信はありました。

この経験を生かして次をどうするか? 

失敗しても、私の頭はそこにありました 

そして半年後、次の挑戦を決意したのです 


『GEHENNA 〜その軌跡5』キックスターター再挑戦!

3日間で劇的に能力が変わる! 仙台・東京・名古屋募集中seminar_small
片桐裕司デジハリ彫刻・造形オンライン講座

logo
アニマル・モデリング 動物造形解剖学
片桐裕司
玄光社
2017-05-22


 

ANATOMY SCULPTING(アナトミー・スカルプティング) 片桐裕司 造形テクニック
片桐裕司
グラフィック社