2008年02月25日

24歳になりました。

2月24日は私の誕生日でして。
今年で24歳になりました。

前日の23日に友人ら3人でカラオケ&手巻き寿司パーティーをして、
プレゼントをもらってケーキを食べて。
これだけでもとっても幸せだったんですが、
当日24日は徽劉がお店を予約してくれて二人でプチ料亭ディナー。
本格的なかに料理をのんびりと頂いて、
帰宅後は二人で音楽を聴いてゆっくりと過ごしました。

祝うどころではなかった昨年と違い、
徽劉と、そして友人と過ごす時間を心から楽しめるようになったこと。
それが、本当に嬉しくて仕方ないです。
1年半、すごく苦しんだけど、苦しんだ分今幸せでいられていると思う。

鬱になる前よりも明るくなった、と徽劉や友人から言われました。
あの苦しい日々を通り抜けて、やはり何か私の中で変わっているんでしょうね。
自分ではいまいちよく分からないんですけど。
ただ一つだけ思うことは、鬱になったことも受け入れようということ。
思い描いていた理想のコースからは外れてしまったかもしれないけど、
鬱になったことで得られたものも少なからずあると思う。
生き易くなる考え方とか、自分の心の癖とか。
鬱に苦しんだ事は、隠す必要もないし、誇りに思っていい。
鬱にならなければ、今の私はきっといなかったんだから。

明後日にバイトの登録があり、いよいよ今週土曜日からバイトが始まります。
少しずつ朝起きれるようにもなってきているので、
半年後のためにも、幸先の良いスタートを切りたいと思います。



holmes0224 at 15:05|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 実生活 

2008年02月18日

近況報告

お久しぶりです。
久しぶりに自宅からの更新です。

前回の記事に書いた通り、6日に研究室の教授に大学を辞める事を報告しました。
教授は「残念だけど仕方ない」と受け入れてくださり、
準備期間として半年間籍をおいておくことも快諾してくださいました。
これで、大学に関する心配事はひとまず解決しました。

あとは実はこの辞めるということをまだ親に言ってない事ですね。
年末年始に帰省した際にちらっとこぼしたことはあるのですが。
その時の反応からも、反対はされないと思うのでそんなにしんどくはないですが。

バイトの面接は2つとも終わりまして、
早朝のアルバイトは3月から働ける事になりました。
今はちゃんと起きられるようにと起床時間を少しずつ早めていっています。
とはいえまだ気を抜くと1時起きとかになってしまいます。
起きれない原因は主に寒さなので暖かくなれば大丈夫だと思うのですが・・・。

もう一つのバイトが連絡待ちの状態でして、
これが早く合否決まってくれないと次のバイトを探せないのが難点。
自宅の近くで事務作業系バイトの求人見つけたのですが
この理由で申し込むかどうか悩み中。
あまり急に何件も働き出そうとするのは禁物と言われてるので、
今は早朝と申し込み中のバイトだけに絞るべきですかね。

まずはアルバイトをまともにこなしていけるかどうか、
そこから就職へのステップが始まります。
不安はまだまだあるけれど、とりあえず目前の目標にむかって。
3月から、しっかり働けるようにがんばります。



holmes0224 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2008年02月06日

急展開?

先週の木曜日の病院のカウンセリングで、
研究室に行くことや研究室の人と話すことに関して負い目があるという話で
かなり取り乱して泣き出してしまい、
考えすぎだからしばらくしたいことだけして過ごしなさいと言われたHolmesです。
今から思えば少し鬱な気分になってたんでしょうね。

木曜日〜月曜日までは言われたとおりゆっくり過ごしました。
でもやはり考えることは考えるわけで。
はっきりしたことはやっぱり私は研究室に行きたいとは思えないということ。
たとえそれが逃げだと言われても、やはりもう戻るには無理があります。
4月からは休学して、就職を探して、というのが目標になりました。

火曜日の大学のカウンセリングで、大学を辞めるという決断は、
頂上目前で天候悪化で下山する決断のように、
勇気のある、前を向いた決断だと言われました。
そして同じ日に徽劉の修論発表会を聴いて、私もがんばらねば、という思いが湧き出して。
その足で大学でのバイトの募集に目を通し、オファーを入れるとともに
以前やっていたホームセンターのバイトの面接も決めてきました。

今日はその面接で、病気のことはいろいろと心配されましたが、まぁ好感触だったと思います。
採用となっても勤務は3月からかもしれない、というのが少し残念ですが。
もう一つ、大学で目をつけたバイトも金曜日に面接。
こちらも決まれば月5〜6万の収入が見込めるので決めたいところ。
結果はまだ分かりませんが、それでも前を向いて、
働いてみようという決意ができたことが進歩だと思いました。

大学を辞めることは、今日研究室コンパの前に教授に話しておこうと思っています。
担当してくれていたポスドクの方にはもう話して、
研究のことはもう気にしなくていいから頑張れとの言葉を頂きました。
教授に対して申し訳ないという思いはやはりありますが、
それでも自分で決めた道ですので、しっかりと(泣かないように)伝えなきゃと思います。
研究室でのコンパに出るのもこれが最後かもしれないし、
自分はもう出て行く人間なんだという意識はありますが、十分楽しんできたいと思います。


holmes0224 at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2008年01月29日

充実?

お久しぶりです。
2週間ぶりに大学に来てみました。
とはいえ研究を進めるつもりは全くないのですが。

本館の更新頻度が激減(もとから少ないですが)してるのに反して、
別館の更新頻度が異様に上がってます。
というのも、家でしていることがもっぱらゲームだからですが。
家にいてやれることというのが料理とパズル誌とゲームしか思い浮かばなくて。
外に出る気にもあまりなれませんし・・・。
買い物ぐらいなら出かけるんですけどね。

最近は少しずつ朝起きれるようにもなってきているので、
大学に行かないのであればバイトぐらいはしてみようと思っているのですが。
一つ選択肢にあるのは鬱になるちょっと前〜鬱がひどくなるまでにやっていた、
ホームセンターの早朝荷出しアルバイト。
8〜10時なので朝起きれる自信がなくて問い合わせてないのですが。
それか日中に事務系か軽作業ができればと。
接客業や教育系は正直心もとないです。
生来の人見知りもあいまってまだ他人と関わることには恐怖心がありますから。
とはいえどんなバイトであれ、4月からは働かないといけないのですから
リハビリがてらこなしていかないとと思っています。

充実した毎日を送る、というのはひどく難しいと感じます。
部分部分は充実してても、全体で充実、というのはなかなか。
バイトを始めたいというのも、充実して過ごしたいという気持ちの一つではあります。
少なくとも今よりはマシな生活になれるんじゃないかと思うから。
本当に自分のしたいことをして過ごせたら、毎日充実するんですかね。
じゃあ私のしたいことってなんだろう?
ずっと問い続けてるけど、答えはなかなか見えてきませんね。。


holmes0224 at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2008年01月15日

年始初めての研究室

本当は先週の月曜日から大学はスタートしてたわけですが。
月曜日の朝どうにも行く気がしなくて、そのままずるずると火曜日も休み。
研究室以外の生活はかなりまともになってきて、
ここ一週間はずっと自炊できてたりするのですが。
大学に行く、となると途端に身体が動かなくなります。

年末年始、悩んだ挙句、一つの考えが浮かんできています。
それは、3月末で大学を辞めるor再度休学する、という選択肢。
修士課程の授業や研究に対して全く興味を持てていないのがその理由。
興味の持てないことを無理をして続けるより、
高望みはしないから就職してしまったほうがいいのではないかという考えです。
この考えを今診てもらっている二人のカウンセラーさんに相談したところ、
大学のカウンセラーさんはそれでいいんじゃないかと、
病院のカウンセラーさんはまだそういう結論を出すのは早いんじゃないかと言われました。

いずれにせよ結論を出すのは3月ということになるのですが。
それまで大学に来るだけのモチベーションが保てるのかどうか。
今日、こうして来てみても、研究の続きをやろうという気にも、勉強しようという気にもなれず。
今日は大学に来る、ということだけを目標にしてるのでそれでいいんですが。
3月までに、本当に自分が研究に向いてなくて、大学に向いてなくて、
就職した方が良いという結論が出せるまでの根拠が示せるのかどうか。
やめるとしても今やってる事をキリのいいところまで終わらせたいし。
でも大学に来るというだけでやたらエネルギーを使う今の状況で研究を進められるのかどうか。

やりたくないことならやらなければいい。
でもやりたくないことでもやらなきゃいけないのが世の中のような気がして。
私はそれから逃げてるだけなんじゃないだろうか?
研究から逃げ出して、楽な道を選ぼうとしてるだけじゃないのか?
それともまだ完治してないからこんな風に悩むのかな。
昔の自分がどう生きていたかを忘れてしまって。
これからの道は、暗闇を手探りで進む道になりそうです。


holmes0224 at 15:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2008年01月06日

謹賀新年

2008年、あけましておめでとうございます。
このブログが始まって4年目になりますね。
今年も暖かく見守っていただければ幸いです。

年末年始恒例の里帰りツアーは今年から多少楽になりました。
というのも大阪に住んでいた母方の祖父母が
母や叔父が千葉に移動した事を受けて千葉のマンションに引っ越したからで。
おかげで電車で2時間かけて大阪の南まで行く必要も無くなり、
千葉に行けば自動的に半分帰省が済むという手軽さになりました。

年末年始は26日の夜に徽劉と夜行バスで東京に向かい、
27日は一日二人で東京見物。
朝7時に東京駅に着いてしまったので見たかった皇居も開いておらず、
仕方なく歩いてるうちに皇居一周してしまいました。足が棒になった・・・
あとは科学技術館や東京タワーのふもとだけ見たりして、千葉へ移動。
初めて実家に徽劉を招待しました。

今年で13歳になる実家の猫ジジは人見知りが激しいのですが、
徽劉には珍しく体を触らせてくれました。
ただ不意に抱き上げられたりすると怖いらしくてふいてましたが(笑)
私の事はさすがに覚えてましたね。
昔(私が中学生の頃)はよく遊び相手というかケンカ相手をしてたのですが、
ジジも私も歳を重ねた今は体を撫でてあげるぐらいですね。
それでも紐を床に這わせるとじゃれてくるあたり、まだまだ猫らしく若くいてくれるようです。

長居をすると勝手に思いこんでいた母をよそに徽劉は翌日京都へ帰宅。
ご両親へのお土産にとなぜか自然薯を持たされて電車にのってゆきました(笑)

実家でのんびりして、30日に浜松の祖父母宅へ。
こちらでもあまり動き回る気にはなれなかったので始終家でごろごろしてました。
そうして迎えた2008年。
今年で最後になるかもしれないお年玉をもらったりして過ごしました。
3日に千葉に戻り、4日の夜は何年ぶりかで家族4人そろって外食をし、
5日は母方の祖父母と会って、そして今日、満員の新幹線に乗って帰ってきました。

ふりかえって2007年は、本当に大変な年でした。
悪化するばかりの鬱に、薬による過食、失神、点滴三昧・・・
ですが7月に勧められて病院を変えてからはみるみると良くなって行きました。
まだまだ気分の変動はあるけれど、それでもだいぶ良くなったと会う人毎に言われました。
そして2008年。
今年は、やはり変化の年になるのではないかと思っています。
私なりに将来のことなどを色々考えていまして。
結論を出すのはまだ先のことなのですが。
その結果次第では本当に、たいへんな変化が待っていると思います。

まだ考える事も満足にできないし、人並みに生きていく自信もありませんが。
徽劉やまわりの人達に支えられながらでも、自分の道を歩いて行くことができるように。
「うつ」だった私に別れを告げて、新しい私を見つけられるように。
私なりに、少しずつ、頑張っていきたいと思います。



holmes0224 at 16:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2007年12月17日

少し上向き

月曜日です。
一限の授業には出られませんでしたが、午後からのゼミには出席できました。
ゼミ後はなんとなく図面を引き始めて、寸法を記入するところぐらいまでいきました。
やり始めてしまえばなんとかなるものですね。
今日は歯医者の予定もあるのでこれで帰宅です。
ちょっと体調が思わしくないのが気がかりですが。
図面を少しでも進められたのは進歩なので、なるべく自分をほめてあげたいと思います。


holmes0224 at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2007年12月10日

嫌だ。ダメだ。

月曜日ですね。
朝なかなか布団から出られませんでしたが、
なんとか9時からの授業に出てきました。
授業内容はなんとか理解できましたが、気分が最悪です。
頭の中をぐるぐると「嫌だダメだ」という思いが回って。
ほんとは図面引かないといけないのに全く手をつける気にならない。
1時からもゼミなんですがもう今日は帰ろうかと考えてます。
帰って何があるというわけでもないんだけど・・・。


holmes0224 at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2007年12月08日

不調

今週の月曜日からまたしても調子を崩してしまいました。
月・火の授業・ゼミには全く行けず、ただひたすら寝転がるだけの日々。
水曜日ぐらいからなんとか起きれるようになって、
木曜日の病院ではまた泣き出して。
それでも少しずつマシになってきて、今日は窒素入れのためになんとか大学に来ています。

窒素入れとは、私たちが使っているNMRという機械の、
超伝導磁石を冷やすために使っている液体窒素を補充する作業のこと。
どんどんなくなって(気化して)しまうので週1で補充しないといけません。
研究室のメンバーが交代で補充をしていて、今日は私ともう一人の女の子の番。
休学する前はやってたとはいえ、復学後初めての窒素入れ。
手順覚えてるかどうか怪しいです。
来年からは一人でやらなきゃいけない(その女の子が別のとこに行くので)から、
今のうちにしっかり覚えておかないといけませんね。

体と心の調子は浮いたり沈んだり。
今週のように落ちてしまうこともあるんだと割り切れるようにはなりました。
あとはこの落ち込みが短くなることを祈るばかり。
とりあえず、来週は授業もゼミも出れるように。
やりかけで止まってる図面の設計もできるように。
今はただ休むしかありませんね。


holmes0224 at 13:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2007年11月26日

来てしまった・・・

図面をひいて業者に注文して、到着待ちだった部品が、
今日大学にきたら到着してました。
これで一時的な逃げ場がなくなった・・・。
今度は組み立ててミスがないかどうか確かめる作業です。
これを書き終わったら少しやってみて、分からなかったら
指導してくれてるPD(ポストドクター)の方が大学に来られるまで保留にしておこうと思います。

まだまだ意欲・気力が回復してないと感じます。
単に私のやる気がないだけかもしれませんが・・・。
時間が治してくれる事を祈るしかないわけですが、どうしても焦ってしまいますね。

1年半寝たきりだったせいでがた落ちした体力の方は、少しずつ回復しているようです。
昨日はすごい人出の中、午前中に東福寺の紅葉を見に行ったのですが、
午後もダウンすることなく普通に過ごせましたし、
今朝は少々遅刻したものの大学に来れていますし。
昔ならあんな人ごみの中に長時間いたら確実に寝込んでるか、
寝込まなくとも次の日は全く起きれなくなっていたと思います。
この調子でせめて安定して週2日大学に来れるようになるといいんですが。
大学に行く、っていう意欲とも関係してくるから難しいところです。
でもやらなきゃいけないことができたから・・・あまり甘えてはいられないですね。


holmes0224 at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活