2006年02月

2006年02月28日

やらなきゃいけないこと。やりたいこと。

少し間が空きましたね。
空いた間に誕生日を迎えまして。(2/24)
もう22歳になってしまいました。

自分のやりたいことが何なのか分からない今日この頃。
やらなきゃいけないことはたくさんあって、
やりたくないわけでもなくて、
でもやりたいことでは無い気がする。
日々なんとなく、ただ目の前にあることを実行するだけ。
将来の展望とか、夢とか、そういうものが全く無い。
修士に進んで、研究して、就職して。
ただそんな流れを頭に浮かべてるだけで。
じゃあどんな研究したいかとか、どんな職につきたいかとか訊かれると分からない。
結局のところただ流されてるだけで。

探さなければ見つからない。
でも探す手段が分からない。
誰かが探し方を教えてくれるのは、与えてくれるのは、子供のときだけ。
自分で解決しなければならない。
自分で考える力が無いなどとは言ってられない。
全ては、自分の事だから。
自分の事は、自分で始末つけないといけないから。


holmes0224 at 13:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月23日

つかれた・・・けど

こんな時間に大学から更新。
今日は合成と液体クロマトを同時にやってまして。
合成のほうがかなり時間かかるもので、
終わるのは11時ぐらいかなぁと踏んでました。
で、溶媒の補充とかその他もろもろの雑事も全部終わったのが11時過ぎ。
よっしゃ帰れるぞーっと思って、
最後に液クロのチューブが引っ張られてるのが気になってちょっと直そうとしたら。

なぜかクロスしてた電源ケーブルを引っ張ってしまいコンセントが抜けまして。
そのコンセントが事もあろうにタコ足配線のコンセントでして。
そのタコ足は液クロの装置全般の電力源でして。
ぶちっと。
全電源が切れましたorz
慌ててコンセント入れて、電源つけなおしてみたんですが。
なんか送液開始されない・・・・orz

いや、今日はもう送液しないっていっても明日はするわけだし。
直んないまま帰るのは気持ち悪いし。
でも直し方わかんないし。
あぁどうしようかorz
こういう日に限って先輩みんな帰っちゃってるしorz
諦めて明日来てからなのかなぁ。。。
とりあえず12時までには帰りたいけど・・・直るだろうか。。


holmes0224 at 23:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月22日

前進開始

ようやく液体クロマトが落ち着きました。
どうもサンプル注入口の汚れ&溶媒の吸い込み口の詰まりが原因だったようで。
洗浄したらかなり良くなりました。
ただ問題は分離してるサンプル自体がかなり怪しいということ。
ただの3残基ペプチドの水溶液にしては色が黄色い。
てなわけで、明日また合成しなおす予定。
今のサンプルも分離だけはしますけどね。

ただこの液クロが中途半端にしか目を離せないので、
他の課題が全然進まず。
一回の放置時間が20分とかなんで、
地下でフィルター作るにしても中途半端。
なんとなーく休憩してる間に過ぎてしまうことが多く。
ここらへんの時間も有効に使わないといけないなぁと反省中。
まぁ今現在こうしてblog書いてますけどねorz

とりあえず今日はできる限りの分離をしてしまうべく、
気力が持ってるうちは頑張ります。


holmes0224 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月21日

液体クロマトが。。

遅々として進みません。
ペプチド結合の吸光度に合わせてある吸光光度計の値が、
洗浄用のメタノール を流してるだけで盛大に大きくなるんですね。
何が入ってるんだと小一時間(ry

カラムが汚れてるのか、それ以外の原因か。
カラムはほぼ新品だし、かなり長時間洗ってるので大丈夫だと思うんですが。。
とりあえずカラムを買った会社に問い合わせてみたら、
ポンプ・検出器による原因を考えてみてくれと。

てなわけでとりあえずポンプを止めてみました。

・・・

微妙。すこーしずつ上がっていってる。
なんだろなーっと思いながらもう一度ポンプ入れたら・・・


吸光値急上昇。


なんやねんとorz
流し始めに急上昇するみたいですね。。

とりあえず今はまたポンプ止めて様子見。
しばらくしてまた流して、今度はカラム外して流してみようかなと。
これでも値が変わるなら溶媒or検出器の問題ですから。
つーかいつになったらペプチド完成するのかな。。


holmes0224 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月16日

ダメぽ?

先週合成して今週精製しようとしたペプチドですが、
どうにも精製できそうにありません。
昨日分析したときはちゃんとあったピークが
精製用のカラムに変えた途端完全に消えたりとか。
カラムを変えて分析してみたら、
今度は全然違うスペクトルになってるし・・・。

合成過程でいろいろと失敗してるので目的のモノはできてないかもしれないなぁと。
一応それっぽいところを明日精製してはみますが・・・
ピークの大きさを見る限りかなり収率は悪そうです。。
ほぼ確実に来週また合成やりなおしかな・・


holmes0224 at 17:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月14日

いつも思うけど。

lovedoorブログ反映遅いです。
コメントつけてもトップのコメント数が変動しないとか、
再構築後に確認リンクから見に行っても変わってないとか。
コメント数に関しては多分TOPの再構築しないと変化しないんでしょうね。
更新すればちゃんと反映されてるから別にいいんですけど。

今日は久しぶりに回路いじってました。
だんだんとはんだごての扱いにも慣れてきたなぁと。
去年の秋ぐらいに作ったフィルターが、
昨日測ったら特性変わってまして。また作り直しです。
計算値と実測値が全く合わなくて頭かかえてます。
式が悪いのか代入値が悪いのか。
なんとか目的の周波数までもっていかないと。。orz

今日はバレンタインということで、
研究室の皆さんと助教授の先生にチョコをあげてきました。
まぁ共同スペースに置いておくだけですけどね。
秘書さんが持ってきてくれたチョコが非常に高級品っぽくって、
何個かいただきましたが美味しかったです。
チョコは生活に必須ですね。(ぇ

今日は明日からの液体クロマトの用意をしたら帰宅予定。
その用意が2時間ぐらいかかるんですけどね。
晩御飯どうしようかな。。


holmes0224 at 19:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月13日

肩が・・

寝違えたのか猛烈に肩が痛いです。
研究室内では風邪が大流行。
熱が出た後腹痛が襲ってくるようです。
私は腹痛は来てないから今の所大丈夫・・かな?

明日はバレンタインですね。
研究室にはもう一人の女の子と共同で用意済みですが、
土日に作ろうと思ってたチョコシフォンが体調不良で作れず。
いつ作ろうかなと考え中。
シフォンはけっこう簡単にできるんで、今日帰ってから、とかでもできるとは思いますが。
まぁ日付気にしなければ今週末になるかな?(汗


holmes0224 at 15:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月11日

着実に。

精神状態は少しマシになりました。
相変わらず逃げたいという思いは強いですが。
逃げるわけに行かない以上、少しずつでも減らしていかないとなと。
着実に進めて行けば、その状態が日常に変わるかもしれませんから。

今日は凍結乾燥中の試料の入れ替えに大学に来てます。
凍結乾燥っていうのは、欲しいモノが溶けてる溶液を、
ナスフラスコに入れて液体窒素で凍らせて、真空に引く作業。
普通に乾燥させるのと何が違うのかよくわかってませんが。(ぉ
ただこの方法、溶液の濃度が濃いと乾燥するまえに溶けてしまうことがあって。
今回の溶液はなんかやたら溶けるので、
かなり薄めて乾燥しなきゃいけないということに。
薄める=液量が増える、てことで。
一度にそれほど大量に乾燥できないので、
乾燥終わったら継ぎ足して凍らせて〜と何度も繰り返さないといけないわけです。
乾燥自体に5〜10時間ぐらいはかかるので、
たいてい乾燥を仕掛けたらそのままにして帰って、
次の日にまた入れ替えて乾燥、てな感じ。
まぁ入れ替え自体はすぐ終わる事なんで、
今現在ももうその作業は終わってるんですが、
上にも書いた通り少しずつでも進めていかないと、てことで
四極子相互作用の勉強してます。

四極子相互作用ってイメージしにくい、というか
先輩曰くイメージできないものらしく。
式の上で理解するしかないようです。
何事も具体的なイメージがないと理解しにくい私にはちと大変orz
まぁ、式だけあればシュミレーションできないことはないんですが。
作る以上その物理的意味とかぐらい説明できないとなと。
少なくとも式の各部分の意味ぐらい言えるようになれるよう頑張ります。


holmes0224 at 16:13|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月09日

底辺。

いろんな意味ですぐれません。
体調も。気分も。

同じ研究室の4回の女の子が昨日発熱したそうで、
今日は39度超えの熱が出てるそうです。
インフルエンザじゃないかと言われてますね。
大変だなぁ、早くよくなるといいなぁと思う一方で。

うらやましいと思う自分に腹が立つ。
やらなければいけないことは山積みになってるのに。
何から手をつけていいか分からないくらいに。
それでも口実を探して逃げようとする自分が嫌いで仕方ない。

昨日からの体調不良。
頭痛と寒気と腹痛が間隔をおいて襲ってきます。
でもこれが、本当に身体の不調なのか。
ただ心配されたいだけの、
ただ休みたいだけの、
仮病じゃないと言い聞かせるためだけの、
心理的な思い込みからくる不調なんじゃないか。

「調子が悪いので」の言葉でいつまでも見過ごしてもらえるほど
現実は甘くはない。
赦してもらえるのは今のうちだけ。
自分に求められてることを把握しておきながら
見てみぬふりをして生きていくわけにはいかない。
やらなきゃいけないことはやらなきゃいけない。
そこから逃げる事は・・・きっと、生きる意味を失うことになるから。

やらなきゃいけないことがやりたいことじゃないから
きっと何をする気にもならないんだと思う。
じゃあ何をやりたいんだと言われると、何も思い浮かばない。
何を自分に求めるのか。
自分で考えることもできない人間が
自分の今後を考えることなんてできるわけないのに。
なんで、こんな自分になってるんだろ?
なんで、こんな自分で生きていられるんだろ?


holmes0224 at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2006年02月07日

寒いっつーに。

本日は2ヶ月に1度ぐらいで回ってくる窒素入れの日でした。

といっても何のことやらわかりませんね。
手短に言えば、
うちの研究室が扱うNMRという機器は、
非常に強い磁場を作る必要があるので超伝導磁石が入ってまして。
超伝導状態というのは液体窒素温度(-200℃ぐらい)〜
液体ヘリウム温度(-270℃ぐらい?)まで冷やしてやらないと維持できません。
つまり冷やしておくために液体窒素と液体ヘリウムが必要なわけです。
で、放っておくと蒸発してどんどん減っていくので、
液体窒素はだいたい週1(ヘリウムは2ヶ月に1回ぐらい?)で補充してやらなきゃいけません。
この補充を窒素入れと呼んでる訳です。
研究室内で当番制にしてるので、週1でも自分でやるのは2ヶ月に1回ぐらいということで。

窒素入れの手順は、研究室の大きな窒素タンク(200Lぐらい入るのかな?)に、
専用の部屋で窒素を汲んで、
それを各NMRにチューブで流し込むという単純なもの。
何が大変かと言うとタンクの重さとかもありますが、
窒素を汲む部屋がとんでもなく寒い。
換気しないと確実に酸欠起こすので、でっかい排気装置&外との通気孔大量。
その状態でかなり寒いのにさらに液体窒素の蒸気が加わり、
外の方がマシじゃないかと思うほどの寒さ。
かといって汲んでる間は目を離せないので、(緊急停止とかあるので)
部屋の中or見える範囲にいなきゃいけない。
そんなわけで冬場の窒素入れは地獄なわけです。
今日はコートまで持って行ったんですが、
やっぱり寒くて廊下に出てドア越しに監視してましたorz
普段は廊下も寒い寒いと言ってるんですが。。

その後窒素入れが無事終わり、暖房入れた実験室で実験を進めてたら。
今度は実験室に常備の液体窒素が切れてることに気付き。
またあの寒い部屋に汲みに行きました。
もはや寒さでテンション変になってましたが。。
なんとゆーか、とにかく寒い一日でした。orz


holmes0224 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活