2006年06月

2006年06月29日

脱出に向けて

少し希望が見えてきました。
大学から書いてるのでテンション低いですが。
希望というか、今まで見えてなかった道が見えるようになったというか。

再来週にゼミの発表がありまして。
今はそこで発表する論文をだらだらと読んでます。
まさしくだらだらと。
手抜きをする練習のようなことをしてみようと。
今までずっと、「やるからには完全に」でやってきてしんどくなってたので。
今回は「適当に済ませればいい」でやってみようと。

このゼミが終わったら、一つの結論を出そうと思います。
どんな結論になるかは、まだ書きませんが。
将来の自分が心から笑っていられるように。
後悔しない結論を出したいと思います。


holmes0224 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2006年06月20日

久しぶりに

短時間でも大学に行こう、というわけで本当に久しぶりに大学に来てます。
TAがなくなった先週は、日・月と体調を崩してそのまま火・水も休み、
木のゼミも休んで金まで祖母宅へ帰省。
帰省先でもあまり気は休まりませんでしたが・・・。
祖父母に心配かけるわけにはいきませんからね。。
昨日は行こうと思ってたんですがやっぱり行けず。

抗鬱剤との関連で不整脈が分かりまして。
念のためにと大学病院で検査を受けることになりました。
昨日はその検査の日で、超音波エコーを受けて、
ホルター心電図という一日中心電図を記録する機械をつけて帰宅。
この機械が想像以上に大きくて目立ったので大学行く気なくしました。。
まぁ言い訳に過ぎないんですけどね。

なんだかんだと言い訳をつけて大学に行かないようにして、
家で何をしてるかといえば遊ぶか横になってぼーっとするか。
考えるということをする気にすらならなくて。
ただ作業的に遊んで、それにも飽きたら本当に何もしない。
それが一番楽だからそうしてるわけですが・・・何も進まない、進んでない。
早く治したいと思いつつ何も努力していない自分が嫌。
どう努力すればいいのかも分からないですけど。
精神の病は精神論では治らないと聞きましたが、
でも薬はあくまで症状を押さえるためのもので。
根本の考え方に鬱に向かう傾向がある以上、自分が変わらなければ完全には治らない。
先日内科にかかった時に、薬に頼るだけにならないようにと警告されました。
確かに今の私はただ薬に頼るだけ・・・。
そうする以外の方法が分からない。何を考えればいいのか。
焦れば焦るほどに考えは堂々巡りを繰り返して。
早く抜け出したい。


holmes0224 at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2006年06月05日

はぁ。

TAの合間に1時間の休憩をもらって研究室に戻ってきたところです。
休憩が休憩になるかどうか怪しいですが。
正直研究室にいるだけで緊張して疲れる・・・。

先週の診察時に、今まで順調に上がってた血圧が急激に下がってて、
急遽投薬を変更することになってしまいました。
お薬の内容が変わっただけで症状に変化は無い気がしますが。

TAも今週で終わり。
月・火・水と拘束されることもなくなるのですが。
拘束がなくなると大学に来れるのかどうか不安になります。
来たところで何をする気にもなれなさそうですし。
じゃあ行かなきゃいい、という話ですが・・・・・・
自分で病気だと認識していても、
周囲には正常だと見られていたいんでしょうね。
外見上は普通にしてるor少し元気が無い、程度に見られたい。
自己矛盾してる気がしてなりません。
知って欲しい、でも知らないでいて欲しい。
どちらが楽なんでしょうね。


holmes0224 at 14:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活