2007年11月

2007年11月26日

来てしまった・・・

図面をひいて業者に注文して、到着待ちだった部品が、
今日大学にきたら到着してました。
これで一時的な逃げ場がなくなった・・・。
今度は組み立ててミスがないかどうか確かめる作業です。
これを書き終わったら少しやってみて、分からなかったら
指導してくれてるPD(ポストドクター)の方が大学に来られるまで保留にしておこうと思います。

まだまだ意欲・気力が回復してないと感じます。
単に私のやる気がないだけかもしれませんが・・・。
時間が治してくれる事を祈るしかないわけですが、どうしても焦ってしまいますね。

1年半寝たきりだったせいでがた落ちした体力の方は、少しずつ回復しているようです。
昨日はすごい人出の中、午前中に東福寺の紅葉を見に行ったのですが、
午後もダウンすることなく普通に過ごせましたし、
今朝は少々遅刻したものの大学に来れていますし。
昔ならあんな人ごみの中に長時間いたら確実に寝込んでるか、
寝込まなくとも次の日は全く起きれなくなっていたと思います。
この調子でせめて安定して週2日大学に来れるようになるといいんですが。
大学に行く、っていう意欲とも関係してくるから難しいところです。
でもやらなきゃいけないことができたから・・・あまり甘えてはいられないですね。


holmes0224 at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2007年11月12日

疲れ

先週の月曜日、朝徽劉に起こしてもらったのですが、
9時から授業なのにどうしても行く気が起こらず、結局行かずじまいになってしまいました。
そのことで「院に行く意味があるのか」「復帰するには早すぎたんじゃないか」という思いがふつふつと。
うちの学部は院への進学率が90%超えてるのですが、
みんなどうやってモチベーション維持してるんでしょう。
もちろん博士、PDを見込んで、研究したいから進学してる人も多いでしょうが、
私みたく就職に有利なようにとかなんとなくで進んだ人も多いはず。
そういう人がどうやって院での研究を続けているのかが不思議でしょうがないです。

私自身、なるべく興味を持てる方向のテーマで研究をさせてもらってますが、正直面白い、楽しいと思えません。
まぁ今楽しいと思えることがあるのかといえば難しいですが。
将来なんの役にも立たないかもしれないことに時間を費やす気になれない。
あるいは、今研究していることを将来仕事にしたいと思えない。
そういう状態で、どうやって研究をしていくのか・・・。
元気な人は、やらなきゃいけないことだから、ってやれるのかもしれませんね。
4回生の頃の私もなんだかんだ言って研究してたわけですし。
今はその元気が足りないだけなのかな・・・。

カウンセリングに行くたびにまだまだ「疲れてる」といわれます。
何もない日に2時ごろまで寝てしまうのも、
外に出る気にもならず家でパソコンに向かってるだけなのも。
全ては「疲れてる」から。
正直、一日二日大学に来て授業やゼミ受けるだけでそんなに疲れるというのは、
常人としてありえないだろうと思ってしまうのですが。
それでも疲れてしまうのがまだ病気なんだという証拠なんでしょうか。
自分ではかなり良くなったと思っていても、
徽劉曰くまだ元気だった頃の20%程度だそうですし。

先週の診察で我慢できずに「いつごろ治るでしょう」と聞いてしまいました。
病気を治すのは私自身のはずなのに。
先生は「すぐには難しいけど・・・桜が咲く頃にはね」と返してくれました。
桜が咲く頃、来年の4月、私はどうなってるんだろう?
元気になったら研究もバリバリできるのかな。
それとも、別の道を選ぶ気力がついてくれるのかな。
今期は、とりあえず深く考えないように、いろんなことを考えすぎないように。
そうは言われてるけど・・・考えずにはいられない今日この頃です。


holmes0224 at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 実生活 

2007年11月02日

比べるのは自分自身。

金曜日です。
2時まで寝ていてこのままサボろうかとも思ったのですが気力を振り絞って大学に来ています。
来てもやることない(あるけどする気にならない)のですが。

何もしていないでいると、周囲がいろいろやってるのを見て焦ってしまいます。
ただでさえ、週2回しか大学に来ていないことで負い目を感じているのに。
カウンセリングでこんな話をしたら、比べるのは他人とじゃなくて過去の自分とにしようねといわれました。
以前からこれは言われてるんですがなかなか治らない。
過去の自分と比べれば飛躍的に改善してるのですが。
私の理想はまだ周囲の人にあるんだなぁと。

病気になった頃、私はほんとに病気なのか、と悩んでいましたが。
病気が治りかけてきた今、やっぱりまだほんとに病気なのかと悩んでいます。
実はもう治ってて、ただ研究したくないから病気だと言い訳してサボってるんじゃないかとか。
そんなことない、と否定はするけれど・・・頭から離れない。
本当に復帰できるときまで、この思いは消えないのかな。。


holmes0224 at 15:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 実生活