August 08, 2010

遠足のおもひで 2010

DSC05325行ってきました弘前!
食って来ました熊肉!!
岩木遠足の"おもひで"を今日は忘れないうちに書いておこうと思います。
去年から始まったこの岩木遠足という大人の遠足。(ちなみに遠足のおもひで2009はこちら
今年はコースも去年の2つから4つに増え、さらに充実の内容です。
ワタクシは新コースである『マタギコース』に参加してきました。
マタギコースは他のコースとはちょっと違い、青森県を飛び出し秋田県の阿仁地区までの長旅です。この阿仁地区はマタギ発祥の地とされているところ。
弘前から約3時間、バスにゆられマタギに会いにいきます。
ちなみにマタギコースのガイドは岩木遠足のディレクターでもある豊島秀樹さん(ホルツもお世話になっている大阪のgrafさんの設立メンバーでもありますね)
そしてもう一人が石川直樹さん。冒険家であり、写真家であったり肩書きがたくさんある。
同い年だけど、凄い経験豊かな方ですな〜。
そんな二人の豪華ガイドで出発です。
DSC05297バス時間が長いこのコースはとりあえず、全員(約40名)の自己紹介からスタート。
今年も東京だったり、神奈川からだったり遥々参加の方も多数。
あとはお馴染みのさんかくな人達もたまたまだけどマタギコースに大集結。ってことで盛岡、秋田チームも結構参加してました〜。
あと去年とちょっと違うなと感じたのが地元が青森で...とか地元が秋田で.....っていう遠方の方がちらほら。
イベント自体の魅力が大きい事はもちろんあるとは思いますが、地元愛ってのも歳を重ねるごとに強くなってきてるんだと思う。
まーでも単純に面白いのだこの遠足。
なんやかんやで豊島さんのトークや、石川さんの冒険トークなどを聞いてる間にあっという間に目的地に到着。
写真は現役マタギである柴田さん。マタギトーク中。
ちなみにこれはクマとの格闘のシーンである。
一度だけ、そういう場面に遭遇した事あるそうだ。
格闘中にそのクマがオスである事に気付いた柴田さんは、
仰向けにされフォール負け寸前の状態から長靴をオスの急所に飛ばし、
熊を退散させるという見事な逆転劇。
っとは言ったものの、ホント生死を彷徨った瞬間ですね。。
DSC05308マタギの話しを1時間ばかしお聞きし、その後は実際にクマを狩りに.......
って訳にはさすがにいきません(笑
みんなで山歩き。
マタギは山のスペシャリト。
狩猟以外にも山の知識は計り知れない。

この写真を見てるとホント遠足らしいですね。
DSC05307


これは最近のモノではないらしいが熊のツメ跡。
20m程はあろう木を5秒程で上まで駆け上がるのだそう。
このツメ跡から推測するとこれは小熊の木登りの練習用ではないか、
というような事をおっしゃってました。
DSC05309




これは途中にあった薪。
これは単純にワタクシが好きな光景なので一枚撮っておきました。
DSC05314

そして目的地のつぶ沼(たぶん...)まで着いたあたりで昼食です。
おにぎり、きゅうり、そしてマタギのきのこ汁に熊肉です。
めっさ美味かった。汁もおかわり、きゅうりも3本食いました。
DSC05323



食後には沼のまわりをグルっと一周。
その間に柴田さんはマムシのペットボトル詰めを完成させていた(笑
生の状態で皮をはいで食えるとは言っていたがさすがにちょっとワタクシは食える気はしませんでしたが....。
DSC05330


そしてワイワイと話しをしながら、バスまで戻った頃にはマタギになっちゃってる人が居ました(笑
昔のマタギのリアル衣装のようです。
DSC05333そして帰りのバスはみんな歩き疲れて見事に爆睡(笑
豊島さんがマタギのビデオを入手していてそれを流してくれてたにも関わらず......。
って事でこのビデオは帰りのバスの中で2度放送されました〜。
2度目はワタクシも睡魔に打ち勝ちちゃんと見ました(笑
そんなこんなで吉井酒造煉瓦倉庫に到着です。
去年はデネガだったのですが、今年はここが夜の部の舞台。トークショー、そしてライブ。
こちらはトークの模様。豊島さんはホント煉瓦倉庫が似合いますね。
2006年、奈良美知さんとgrafとでの『AtoZ』がなかったらこの岩木遠足は生まれなかっただろうな〜。
左から豊島さん、石川さん、三原寛子さん(南風食堂)、福田里香さん(お菓子研究家)、西村佳哲さん(働き方研究家)、といった面々。
その後一度ホテルにチェックインをしてから戻ったのでライブは後半しか聞けなかったけど、二階堂和美さんの存在感、半端なかったっす。初めて見たし、聞いたけど、あの振幅のデカさは凄すぎる!
そして最後はオオルタイチさんが作詞作曲し、今年からできた遠足のうたをみんなで唄い、感動のフィナーレ。
そしてその後はさんかくな人達で打ち上げに向かったとさ。

っという贅沢な一日でした。
いや〜、改めてこうやって書いみると、こんなイベントはなかなか無いっすね。
去年以上に満喫させてもらいました。
豊島さん、石川さんはじめ、岩木遠足スタッフの皆様、ホントありがとうございました!
そういえば石川さんは、ライブ終了後、さんかくな人達の写真攻め、質問攻めで芸能人ばりにもみくちゃにされてました。ゴメンナサイ(笑

岩木遠足、確かにガイドの面々は豪華です。
石川さんみたいにもみくちゃにされる人もいます(笑
ただ、それはそれっていうか、そのガイドの面々の豪華さを省いても、このイベントは面白いというか、そこだけに頼ってない気がします。
良い意味でガイドの方達が味付けしてくれてるというか。
そもそも、どのコースをとってもその土地だからこそ出来る事をしている。
りんごの木村さんにしても、イスキアの初女さんにしても、ねぷたにしても。マタギに関しても、青森県ではないが岩木山周辺という意味で少しユルク解釈する感じもあり。
そこでリアルに生活する人達に会いに行く。
そして何か感じで、自分の中に取り入れる。
ライブを楽しみ、酒を飲みすぎて覚えた事を忘れる.....って最後のはダメです(笑
まあ、しかしホントまさに大人の遠足。
地元の人の事や歴史を、
そこには住んでないガイドの人達が入る事で、
また地元の多くの人に、またそれ以上広い部分の人達に伝えてくれる。
参加した人も運営側もきっと一回り成長できる、そんな遠足だと思います。

遠足は来年もやる!って言ってました。
ワタクシもまた参加したいと思います。

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/holz/51844150