June 13, 2024

entwine2024 終了しました。

MAR_3705数日経ちましたが、entwine2024も無事に終了しました。
今年は天気の心配をする事もなく、終始平和な空気が流れていました。
ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました!
過去一の充実感で今は満たされております。
外は初日が金ヶ崎のCHIBA COFFEEさんの
キッチンカーが初出展してくださいました。
2日目と3日目は毎度お馴染みのペンギン文庫さんが。
そして建物脇には昨年に引き続き、SUEKI さんという
万全の布陣でした。
お外でエントワインの皆様も盛況のご様子でした〜。
MAR_3260ワタクシは主催の一人として、立ち上げから関わらせて頂いておりますが、
旧石井県令邸という決まった箱でやる場合、
外イベントと違って、来場者数という部分は
詳細にカウントできる規模感故に、良い意味で気にしてきました。
多過ぎても建物の古さや広さを考えると心配な部分もあるし、
もちろん少な過ぎでも展示会として成立しないので困りますが.....。
初日が業者向けのバイヤーデイ、2日目が平日マーケット、
3日目が土曜日のマーケット、そういう部分も踏まえて、
エントワインの場合は3日で『1000人』くらいが適正人数かなと思っていました。
MAR_3193そしてまさに今年はほぼ、ドンピシャと言っていい人数のご来場。
真面目に驚きましたね。中に人が多過ぎると流石に買い物を、
楽しめる状況ではなくなる事を懸念し、一定の人数に達したら、
入口で入場制限をかけてますので、館内は適度な密度を保つようにしております。
人数を気にしている目的は、
いかに来て頂いた方に『心地よく買い物をしたり、過ごしてもらえるか』です。
ただ、やり方をもっと工夫すれば1200人くらいまではクオリティを保ちつつ、
楽しんで頂けるのかもな〜っとノビシロも見つけたり。
本当に少しずつ、改善点を見つけ出してブラッシュアップしている展示会です。
そしてもちろんワタクシ含め実行委員だけで作っている訳ではなく、
出展の皆様からの意見も頂戴しながらの話しです。
まだまだ育て甲斐はありそうです、エントワイン。
IMG_2442
そして懇親会も盛岡らしく、
エントワインらしく、本気でやってます。
スペシャルサンクス東家さんで、
わんこ駅伝も今年は2回目。
こちらも杯数など微調整をしながら育成中。
まあこれはワタクシが楽しくて
勝手に頑張ってやってる感はあるんですが、
県外参加の方にも、
近場だけどやったこと実はなかった的な方にも
楽しんで頂けてるかな...?
と思います。
来年は1区だけ給仕参加なんかもできたら
もっと楽しそうだけど、社長要相談 笑
MAR_3542バイヤーデイも、
マーケットも今年は本当に
バランス良く楽しめたな〜っと思います。
写真は今回ご来場頂いてた方の中でも、
きっとかなり戦闘力強めなみなさまですが、
何かしらの表紙にしたいような
素敵な写真をエントワインのカメラの人(Mちゃん)が
バッチリおさめておりました。
2日間に渡り、満喫してくださりありがとうございました。
来年も全力でお待ちしております 笑

参考までにホルツ自体は、
薄〜くばれないように初の場所に実験出展してましたが、
ブースにはほぼおらずで一生懸命ぷらぷらしてました。
でも、色々できる事とそうでない事がはっきりとわかったり、
収穫有りで、何事もやってみるもんだな〜っと。
って事で、今年は例年以上に個人的には満足度の高い展示会と
なりました。ただ、一番大事なのは、出展者の皆様や、
来場頂いたバイヤー様やお客様の満足度です。
満場一致には絶対にならないとは思いますが、
これからも、一つでも多くの『en / 縁』がここで生まれるように、
続けていければなと思ってます。
IMG_2411

ご来場頂いた皆様、実行委員のみんな、
当日スタッフの皆様、県令邸のさっちゃん、今は亡き省一郎さん、
関わってくださった全ての皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました。

また来年の6月にお会いできれば良いなと思ます。

【臨時休業のお知らせ】
06月15日(土)は休業日とさせて頂きます。
ご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願いします。






□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  

Posted by holz at 18:56Comments(0)

June 03, 2024

Mountain Poster / gray gradation

2024年はホルツの20周年アニバーサリーイヤーという事で、例年よりもハイペースで店内での企画展も
開催しております。そして企画展だけでなく、商品開発も色々と進めておりますが、
今日は完成したばかりの新作限定商品の紹介です。
4年前に初めて新潟のhimaraya designとの共同企画で開発した『Mountain Poster』
綺麗なブルーとグリーンのグラデーションで2色を各20枚ずつ限定販売しました。
(現在は完売しております)
その後も問い合わせが多かったというのと、ワタクシ自身が是非試してみたかったカラーもあり、
今回第2弾のMountain Posterを20周年アにバーサリーイヤーという事で、2色、各20枚限定の
2縛りな感じでの販売です。更にこじつけようとした場合、お気付きの方も多いかもしれませんが、
himaraya designも平山さんであり、ホルツの実兄です。なのでhimaraya design × Holzってのは
共同企画でもありますが、兄弟企画でもあり、20周年バーサリー企画とも言える訳ですね。
毎度お世話になります〜笑
そんなhimaraya designの仕事内容などはwebでチェック頂ければと思いますが、
タイムリーなところで行けば、今現在TBSで放送中の日曜劇場『アンチヒーロー』
ビジュアルデザイン(ロゴやポスターなどなど)はhimaraya designが担当しております。
ドラマの内容も素晴らしく(これは特に身内びいきとかではなくシンプルにワタクシ好みの内容)
大詰めですので、来週も楽しみ過ぎます。

A2_hd_icegrayA2_hd_snowgray
icegray_upsnowgray_up

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はグレー系のグラデーション2カラーです。
色だけではなく、印刷も前回とは違い、リソグラフで一度印刷したものを拡大し、
オフセットで印刷しているので、網点が感じられる仕上がりになっています。
良い意味で前回よりも更に雰囲気あるなと、個人的にも最高に気に入ってる仕上がりです。

左のアイスグレーver.は氷で覆われた山、右のスノーグレーver.は雪で覆われた山のイメージ。
センター下のhimaraya designのロゴマークのアウトラインをベースとして、
空にむかって色とカタチがグラデーションになっており、黒のラインは等高線のようでもあります。
シンプルながらとても腑に落ちるデザイン感が伝わってきます。

snowgray_lotsign

表面右下にはデザイナー手書きのロットナンバー、裏面左下にはサインが入ります。
申し訳ありませんが、今回は20/20は永久欠番としてホルツ保管とさせて頂きます 笑
逆に1/20は狙えますので、気になる方はお早めにどうぞ〜。

IMG_2382IMG_2381

今回フレームに関しては
アイスグレーにはアッシュ無塗装を、スノーグレーにはアッシュ黒仕上げをあわせました。
シーンにあわせてお好きな方を選択くださいませ。
(額の色を逆にしたいという要望あれば、もちろん対応可能です。)
壁を飾るというのは、少しハードルが高く感じられる方もいるかもしれませんが、
床置きも全然ありですし、植物を置くぐらいの感覚で、お家の中にポスターを飾って頂き
インテリアを気軽に楽しんで頂ければと思います。一つそれが空間に入るだけで結構変わるもんですよ。
こちらのポスターは6日からのentwine / エントワインでも販売致しますよ。是非見つけてくださいね。



IMG_2383

【 Mountain Poster 2nd / gray gradation 】

design : himraya design
企画・販売 : Holz Furniture and interior

size : w438 d25 h611 mm
(フレーム幅13mm / ポスターA2サイズ)
Poster Color : ice gray , snow gray
material : アッシュ無垢 , アクリル

Price : ¥22,000(税込)
※額込み
※各色20枚限定

  
Posted by holz at 15:41Comments(0)

May 29, 2024

entwine 2024

entwine8_omote
entwine8_ura

東北発の合同展示会 entwine/エントワイン
エントワインは2015年から盛岡の旧石井県令邸を会場にして開催されている合同展示会です。
2022年より開催時期を以前の10月から6月に変更し、今年で8回目の開催となります。
出展数も過去最多の35社、初出展も10社という事で、
主催の1人としても開催前から楽しみが間違いなく過去一な心境でございます。
【 entwine/ エントワイン】はいわゆるクラフトフェアともマルシェとも違う形態の、
地方では非常に珍しい合同展示会 & 展示販売会です。
『B to B 』『B to C 』どちらの要素もあり、ちゃんと日も分けている、そういうやり方です。
6日 木曜日スタートなのは初日はバイヤー向けの日だからですね。
この日は販売はせず基本的には商談の日。
あとはスタイリストやコーディネーターやプレス関係者、工場や職人の方、
飲食店経営者などなどの方が、今ここでというよりは、今後のお取引きをメインとした話しをする日。
7日(金)と 8日(土)は、6日(木)に来場する人達も含め誰でも自由に来場できる販売会で、
この日は会場が大きなセレクトショップのような状態になります。
こんな素敵な建造物に、全国からのこんな素敵なメンバーが一堂に集うというのは
本当に凄い事だなと思います。
それが盛岡市で開催できるというのは本当に嬉しい限りです。
盛岡の方はもちろん、遠方の方も是非足を運んで頂けてら嬉しいです。

少し補足しておくと、エントワインの考え方としては外イベントと違って
ふわっとした『何万人きましたー!』的な事は全然考えてない変わりに、
建物のキャパも考え『1000人』の方に最高の場になればいいなと考えてます。
(過去のデータに基づいた建物に対しての最大の適正人数だと思ってます。)
その1000人の方が1年かけてそれぞれが10人にその満足感を言いふらしてくれたら最高に嬉しいです。
そういう広がり方が盛岡らしくエントワインらしいなと思ってます。
ちなみに最高のs付けたら『sentwine 』ですね 笑

最高な千個の縁ができる展示会になりますよーに!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【entwine 2024】
■会期/時間
06月06日 (木) 11:00 - 17:00 (EXHIBITION)  ※バイヤー、プレス関係者のみの入場とさせて頂きます。
06月07日 (金) 11:00 - 18:00 (MARKET)  ※どなたでも入場可能な出展ブランドによる展示販売会。
06月08日 (土) 10:00 - 17:00 (MARKET)  ※どなたでも入場可能な出展ブランドによる展示販売会。

■場所 : 旧石井県令邸 020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51
■mail : info@entwine-tohoku.com
■最新情報はインスタフェイスブックXでも随時お知らせして行きますのでよかったら覗いてみてくださいませ。  
Posted by holz at 17:21Comments(0)

May 11, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION ONLINE 5/12迄

IMG_2102

時代はブログとか言ってるわりになかなか更新できずにおりました..すいません......。
さてGW期間中開催した盛永省治展 は大好評でございました。誠にありがとうございました。
県内の方もそうですが、遠方からのお客様もかなり多かったのが印象的で、
さすがの人気ウッドターナー、ショージモリナガ!っと改めて感じました。
とはいえ、行きたくてもタイミングあわずでお店にこれなかった.....そんなみなさん向けに
絶賛ONLINE展示を開催中です、ここでお知らせするのが遅くなってしまったのですが、
明日5月12日(日)19時までとなります。ご興味ある方はこちらからご覧くださいませ。

SHOJI MORINAGA EXHIBITION ONLINE


2bc6a6f3

話しは変わりますが、先日Holzのことをライター水野さんがyahooサイト内でご紹介くださいました。
誠にありがとうございますー!
なんだかちょっと恥ずかしい感じもありますが、嬉しいかぎりです。
お店はじめて丸20年経った訳で、当然短くはない時間であり、それなりの時間が経過したのは事実。
凄いですね〜っとか言って頂くことはあるのですが、凄いとかではないんですよホント。
経ってみればわかりますよ。中1のときに思ってた中3みたいな感じで、
実際なると実はそうでもない『えっ?こんな感じかあ』ってのと似てます。
ただ、2年と20年だとさすがにモノサシが違いすぎるかもですが......。
ワタクシが自分で言えるのはシンプルに『やる気があるだけ』それだけです 笑
モチベーションが下がるという事はないんですよ。常にやりたい事はありますし。
とはいえ、いつもお店が良い状態という事はなくて、良い時があればそうでない時も。
その、そうでない時にどんだけ踏ん張れるかは、やっている仕事(店)がどれくらい好きか、
どれくらい執念を持ってお店を残していきたいか、それだけなんですよ、個人店の場合。
(当然、健康であるということは大前提の話しですよ。)
なんで『やる気』さえあれば続けれるんです。そして飽きなければね。飽きない商いね。
なので周年というのは執念の積み重ねなんです。
同じ事を続ける事が人によっては正解ではないかもしれないですが、
ワタクシはあと半分くらいは続ける事ができたらいいなあ〜っとはいまのところ思ってます。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 19:32Comments(0)

May 02, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION 絶賛開催中!

IMG_1744バンバン紹介する筈だったのに、
結果的にご無沙汰になってしまったホルツです、こんばんは。
気がつけば会期もあと5日。
今回は定休日無しの気合いの12連勤。
流石に疲れも出てきている40代のおじさんですが、
連日、見にきてくださるお客様に感謝感謝の毎日を過ごしております。
初日は平日なのでわざわざ有休とって仙台から来店された方、
その後の会期も、東京から弾丸車で日帰りでいらっしゃった方、
群馬県で喫茶をされているという方、
鳥取からの旅の途中で寄ってくださったお二人などなど、
遥々来てくださる方が多いのも、盛永省治 氏の作品のパワーですね。
本当今回のは迫力満点です。
少しばかし写真で簡単すぎる説明をしていきますね。

IMG_1722

5台あったスツールはそうそうに4台がSOLD
本日、無理だと思われてた
待望の追加スツール2台到着するも1台は即SOLD
スツール人気が凄いですね。
テーブルにする人も結構いるかとは思いますが、
もはやどちらでも良いかと思います。
IMG_1771

棚には5年前は
ウッドボウル2個ずつくらい並べれる
サイズ感でしたが、
今回はほぼ一つずつな圧巻のサイズ。
IMG_1693


こっち側は
IMG_1712



こんな感じ。
本当に簡単な説明すぎるけど。
IMG_1753



面取り系や、
IMG_1772


スカルプチャーも
IMG_1749



結構あります。
IMG_1636


もちろん
138e8f82-3986-4db6-81b3-162075c200b8


南北鉄木も。
IMG_1681


ウィンドウはこんな。

っという事でだいぶモノも最初の写真見てると
減ってきた感はあるのですが、
まだまだ、お楽しみ頂けます。
この東北での貴重な機会、
是非、盛永省治の世界を体験しにいらしてくださいませ!


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 19:39Comments(0)

April 25, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION いよいよ明日 4/26スタート!

IMG_1680

SHOJI MORINAGA EXHIBITION / 盛永省治 展
さて、楽しみすぎる個展、いよいよ明日からです!!届いた作品の開梱作業から楽しすぎました。
まさにこの作業の時が一番ワクワクしますね。
当たり前だけど、作家本人以外で誰よりも早く今回の作品を見て触れる事ができる訳ですから。
お店の人として、ここをシンプルに楽しめるかどうかってとても大事な事だと思います。
いつまでもこういう部分は忘れずに歳をとっていきたいですね。

IMG_1697IMG_1718

少しおおまかな説明をさせて頂きますと、作品数でいけば約60点弱。
価格帯は3~4万くらいのモノは安い部類に入り、10~20万クラスの作品も結構あります。
初期の頃と比べると、価格も作品のサイズ感も方向性も変化してきたように思います。
近年は盛永氏の代名詞ともスツールは5台です。
かなりヤバいです、黒いのは初めて見たけど、本人曰くなかなかやらないようでレア作品のようです。
穴あきも5年前はそこまでまだ作ってなかったと思うので、関東より北ではきっと初見に近いかも。
あけたとき本当『わお〜!』って感じでした。
あとはポッテリとしたファットプレート。
これも盛永省治といえばな逸品で、素材選びや表現の仕方がさすがとしかいいようがない。
食器にしようがフルーツボウルにしようが、玄関で鍵のせようが、キャビネットの上に飾ろうが自由です。
これは関しては近年、近いものを作る作家もいるかもですが、盛永氏の影響も少なからずあるでしょう。
もっと言えば、日本のクラフトフェアなどでもウッドターナー自体が増えた要因の一人とも言える存在かも。
って事で、一般的には巨匠クラスの存在になってきているのは間違いないので、
盛永氏とか盛永さんとは今回の個展では一貫して書いてますが、会って話す時はショージ君です 笑
みなさまも会えばわかると思います。人柄の良さと、たま〜に見せる作家魂のようなもの。
是非明日、いらっしゃる事ができる方は、ショージ君とも話して、作品も見て触って、なんだったら
本人にも触ってみてくださいませ。作品と作家はやはり一体かなと思います。

最後にお知らせ。
作品の通販の問い合わせも数件頂いております。
通販自体は可能ではありますが、会期終了後に予定しております。
希望作品がある場合は、メール(holz@m8.dion.ne.jp)もしくはインスタのDM等でご連絡くださいませ。
(購入を確約できるものではありませんのでご了承くださいませ。)
会期終了後にご希望の作品がまだ店頭にあった場合は優先してご連絡させて頂きます。

とはいえ、盛岡での個展という貴重な機会ですので、
まずは店頭でのご紹介をしっかりと最初にさせて頂ければと思っております。
何卒よろしくお願い致します。

難しい事は抜きにして、シンプルに作品を見て、
スゲー! カッコいいー! オモロっ! デカっ! エグっ!とか自由に感じでもらえればいいなと。
それでは明日4/26(金)- 5/7(火)まで、沢山のご来店を心よりお待ちしております!!



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 11:17Comments(0)

April 23, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION - 3日目 / 南北鉄木 ウェイトオブジェ

IMG_1652SHOJI MORINAGA EXHIBITION / 盛永省治 展
楽しみすぎて3日前なのに、
もう2度目の作品紹介をしているホルツです、こんにちは。
たぶん会期前にもう1回くらいは更新しちゃいそう.....
明日は明後日は定休日を使って楽し過ぎる準備ですー。

さて、先日紹介した、
南の木工の盛永氏 と 北の鉄の大益氏 のコラボ作品。
【南北鉄木 / なんぼくてっき】シリーズ。
フライング気味にスカルプチャーをこの間は紹介しましたが、
今回はリング状の有機的なウェイトオブジェ。
これも盛永さんが作ったウォールナットの原型を
大益さんが一つ一つ、鋳物にしていきます。
IMG_1650
コレは完成形は鉄のみの仕上がりになりますが、
やはりスカルプチャー同様工程から考えると、
しっかりと南北鉄木。
そしてしっかりおさえるヤツですね。
重量は1040g程あるので、
ペーパーウェイトはもちろんですが、
ドアストッパーくらいの重量はあるかと思います。
コレは飾るか使うかは人によって選択が異なってきそう。
いずれにしてもコレまた素敵過ぎる風貌に仕上がりました。
なによりも盛永さん本人がその仕上がりを、
めちゃくちゃ喜んでくれてるのも嬉しい。
お店立ち位置として関わり甲斐があります。
IMG_1653

ひとまず2個あり、
ともに錆仕上げです。
販売価格は¥50,000(税抜)を予定しております。
4月26日(金)12:00から店頭販売致します。
こちらに関しては3ヶ月程お時間頂ける場合は一定数、
受注生産も可能ですので、ご相談ください。
IMG_1670

全国の盛永省治ファンの皆さま、
森のてつびん屋ファンの皆さま、
数少ないホルツファンの皆さま、
コレまたなかなか貴重な逸品でございます。
この機会に是非ご覧くださいませ!

【 南北鉄木 ウェイトオブジェ】

※限定 2個(3ヶ月程お時間頂ける場合、受注も可)

デザイン, 原型制作 / 盛永省治
鉄部制作     / 高橋大益
企画・販売    /  Holz Furniture and interior

color   :  Brown(錆仕上げ)
material :  南部鉄
size   : 約 w120 d112 h50mm
weight  : 約 1,040g
price  : ¥50,000(税抜) 




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/



  
Posted by holz at 13:02Comments(0)

April 20, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION - 6日目 / 南北鉄木スカルプチャー

IMG_16354月26日(金)からスタートするSHOJI MORINAGA EXHIBITION / 盛永省治 展
楽しみ過ぎて、フライング気味に作品紹介をはじめてしまっているホルツです、こんにちは。
最初からですが、今展示会の目玉の一つ!
盛永さんと、南部鉄器職人の高橋大益さんとのコラボによって生まれたスカルプチャーです。
南の木、北の鉄、という事で場所も素材も技術も違うお二人。
せっかくの盛岡での展示会!っという事で
またホルツの悪巧み発動で、南部鉄器ならぬ
【南北鉄木/ なんぼくてっき】なスペシャル過ぎるスカルプチャーが誕生しました。
IMG_1636盛永さんが作ったウォールナットの有機的な原型。
まあ、それだけでも十分に作品になり得るモノではあるのですけど、
今回スペシャル過ぎるコラボなので。
その原型を大益さんが一つ一つ、鋳物にしていきます。
大益さん曰く、工程は多少違えど鉄瓶同等もしくはそれ以上の労力。だったそう。
いつもワガママに応えてくれてありがとうございます。
そうして仕上がった鋳物をまた鹿児島の盛永さんに送ります。
今回は特別にシャム柿のベースが装着され完成。(いつか次回があれば黒檀になるかと)
そしてまた再び盛岡に帰ってくるという南北をまさに横断往復している鉄木なスカルプチャー。
お陰様で素敵すぎる作品が完成しました。
IMG_1408しかも3個限定なのですが、全て仕上げを変えております。
通常の南部鉄器らしい黒の仕上げのモノ、
黒の仕上げだけど内側は磨きをかけたシルバーのモノ、
そして茶色の手間をかけた錆仕上げのモノ。
ホルツで例えるなら復活が待ちどおしい、
イエモノやイエクロやイエサビのような感じでしょうか。
どれも違った雰囲気で本当に良いです。
中でも個人的には錆仕上げは想像以上に
しっくりくる感じもありました。
こういった手の跡も残しつつ、美しく、力強さもある作品。
そしてその手が鹿児島と岩手の大好きな『職人』であるということ。
ホルツが『店』という立ち位置でその間で関われるということ。
本当に嬉しいです。
何よりも出来上がった作品をワタクシ自身がシンプルに欲し過ぎます!
なんだかんだでそこは大事な部分ですからね。
買える買えないは別として、誰よりもまずはワタクシが欲しくなくては行けない。
IMG_1634こういった作品は360度、違った景色を見せてくれます。
そして置く位置、高さ、明るさなどでも常に変化します。
使うモノではなく、飾るモノなので、
ポスターや絵を買う事に近い感覚かもしれません。
ただ、壁に飾るモノよりは気軽に場所を変えたりもできるので、
こういった小さめのスカルプチャーというのは、
思っているよりはハードルは下がるのモノではないかなと個人的には思います。
ウッドボウルの感覚から、もう少しだけ背伸びしたモノ。
そして空間や暮らしを豊かにしてくれる、そんなモノかなと。
建築や設計に携わる方にもこういう作品は
是非見てもらえたら嬉しいなと思ったりもしてます。
IMG_1631
今回の南北鉄木スカルプチャーの販売価格は¥80,000(税抜)を予定しております。
4月26日(金)12:00からの店頭販売となります。
(会期終了後、有る場合はweb販売も予定しております。)
全国の盛永省治ファンの皆さま、
森のてつびん屋ファンの皆さま、
数少ないホルツファンの皆さま、
なかなかお目にかかれない逸品である事は間違いありません。
是非この機会にご覧くださいませ!

【 南北鉄木 スカルプチャー】※各色 限定 1個

デザイン, 木部制作 / 盛永省治
鉄部制作     / 高橋大益
企画・販売    /  Holz Furniture and interior

color   :  Black , Brown , Black/Silver
material :  南部鉄、シャム柿
size   : w50 d50 h140mm
weight  : 約470g
price  : ¥80,000(税抜) 



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 14:59Comments(0)

April 14, 2024

SHOJI MORINAGA EXHIBITION / 盛永省治 展

shoji morinaga_h1
shoji morinaga_h4

企画展のお知らせです。
先月は木地師でしたが、 今月はウッドターナー。
木材を回転させて刃物で削る、という大枠では共通しているが、
生み出されるのモノの性格はまるで異なるもの。
どちらも素晴らしいモノを生み出す職人そして、大好きな職人です。

5年ぶり3度目となる、鹿児島を拠点に活動する ウッドターナー 盛永省治 さんの個展となります。
丸太の状態から木と対話をはじめ、木工旋盤を巧みに操り、その木の持つ表情や特性を最大限に引き出していく。
そうして生まれた唯一無二の作品は圧倒的な存在感を放ち、国内外で高い支持を得ています。
今回の展示会ではウッドボウルやベース、スツールの他、彫刻作品も多数並びます。
(約50~60点程を今のところ予定しております。)
また、今回の個展では岩手の南部鉄器職人 / 高橋大益 さんとのコラボのスカルプチャー作品も登場。
南北の技術、鉄と木の融合で、南部鉄器ならぬ 南北鉄木 (なんぼくてっき) ですね。
こちらは実は一足先にあがってきたのですが、ヤバいですね.....。シンプルに欲しい。置いときたい。そんなやつ。
完成してみてのサイズ感や重量感、このあたりも最高が過ぎます。
鹿児島と岩手の2人の職人の手によって素晴らしいモノが完成しました。
そして、一つだけ付け加えていいのであれば、盛岡のホルツで開催する個展だから生まれたモノ。
他の地でやる個展だと生まれないモノ。そういった意味で今回の作品はホルツも店という立ち位置で、
しっかりと制作者の一味だと思ってます。そんな珍しい作品も含め、本当に貴重な機会となります。
是非、ウッドターナー盛永省治の世界観に触れてみてください!
4月26日(金)は盛永さんも在店しますので、本人にも触れてみてください!笑
沢山のご来店を楽しみにお待ちしておりますー。本当〜に楽しみです。
たぶん誰よりも楽しみにしているはきっとワタクシ自身かもな。

※5年前の時の告知ブログに同氏とワタク氏の出会いの話しなどは書いてありましたので、
お時間ある方はそちらを会期までに掘っといてくださいませ。
自分で読んでもへ〜っとかあ〜そうだったと思います 笑


【SHOJI MORINAGA EXHIBITION / 盛永省治 展 】
会期 : 2024.04.26 (金) - 05.07(火) ※会期中無休
時間 : 12:00 - 19:00
場所 : Holz / 〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1-3-10
電話 : 019-623-8000
mail : holz@m8.dion.ne.jp

※初日の4月26日(金)は盛永省治さん本人が在店致します。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:20Comments(0)

April 01, 2024

horimoku exhibition 終了しました。

HIYOKOKATEIhorimoku exhibitionは昨日3/31(日)で終了致しました。
沢山のご来店誠にありがとうございました!
今回、通常と決定的に違うのは、
木地師の展示会という事で、塗師の来店も本当に多かったですね。
そしてふわっとワタクシも堀さんと塗師の方の話しとかも聞いたり、
聞かなかったりなのですが、確実に言えるのは
horimokuの堀さんは塗師のみなさんからの人気がすぎる!笑
そして漆が有名な岩手県としても、存在が貴重すぎるという事。
よくぞ、来てくれました。改めて思いましたね。そういった意味では
ヨメモク(奥さま)のMちゃんの存在こ無くして語れないですね。
最終日は木地師対談も目の当たりにできたのも、
個人的に凄く嬉しかったな〜〜。

ワタクシが最初に堀さんの工房にお邪魔したのが、
8年ちょっと前(たぶん)
今考えると本当に良いタイミングでお邪魔できな〜っと思います。
そして前も言ったけど、『ひよこ』の第一発見者になれたのもラッキーだったし。
今回の展示会でもhorimokuの代名詞とも言える『ひよこ』は人気でした。
今のサイクルが早く、モノが溢れ過ぎてる世の中で、継続して制作され、一定数売れ続ける、
そういったモノってなかなか珍しいです。ひよこは結構幸せモノの部類かなと思います。
堀さんが当然生みの親だけど、ワタクシも育ての親くらいの感覚を勝手ながら持ってます。
お店ってそもそもそういうポジションなんですよ。育て方も大事。
親が2人以上いるモノってやはり愛情を沢山受けて育つので長生きするんです。
シンプルにワタクシは同じモノが長く販売できるといいなと思っているので、
お客様にしてみると、つまらなく感じる事もあるかもしれませんが、
正直そう思ってお店をいやってます。
とはいえ、新商品も入るし、販売できなく商品もあるのが現実ではありますけどね。

木地師だけど作家の可能性も探り続ける、horimokuの堀さんには感謝しかないです。
普段なれない在店も快く対応してくださり、ありがとうございました。
また20年と30年とかのタイミングでできたりしたらいいですね〜。
お互いそれまで頑張って働きましょう 笑

ご来店頂いたみなさま、ありがとうございましたー。

今回に合わせてHolzオリジナルとしてhorimokuと制作した
HH WAN はHoumBaseの方にもアップしましたので、遠方のお客様も気になる方は是非どうぞ。

さて20周年イヤーはどんどん行きますよ。
4/26(金)からは鹿児島のウッドターナー、盛永省治さんの展示会を5年ぶりに開催です。
前回も全国からお客様がいらっしゃる今や超人気作家です。お楽しみに!
誰よりも楽しみにしてるはワタクシかもですが 笑



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 15:17Comments(0)

March 25, 2024

horimoku exhibition 4日目

SYUKI土日も沢山のご来店ありがとうございました。
horimoku exhibition 4日目のホルツです、こんにちは。
木地師の展示会というのはなかなか珍しい事です。
そもそも木地師ってあんまりいないしね 笑
そして木地師が展示会をすると塗師も来店します。
土日、堀さんが店頭に立つという事で、
一般のお客さんも当然なんですが、
塗師率想像以上に高し!堀さんの塗師からの
モテモテぶりが想像以上に凄かったです。
そんな中、ワタクシも会いたい方に会えたりで、
堀さんに改めて感謝もしております。
なんにせよ、岩手に堀さんが来て10年、
居ないと困る人に間違いなくなっているということですね。
syuki1さてそんな木地師の堀さんですが、
漆塗りまでははさすがにやらないけど、
拭き漆までは自分でやります。
拭き漆は、朱や黒など漆を何度も塗り重ねた木目の見えない漆塗りとは違い、
透明な生漆などを塗っては拭き取るという作業繰り返して
木目の見える仕上げにする技法です。
今回は黒の拭き漆をメインに一点モノ酒器(酒器とも限らないけど)も
いくつかあります。
これは酒器というか小さなコップという雰囲気。
よくみると紙コップのように玉縁になっていたり、
側面がカンナで細い凌ぎのような面取りがされてたり、
似てるように見えても全部違います。
shuki2


こんなのとか、
syuki3

こんなのも。

このシリーズは全て
¥4,000(税抜)

良心的な価格!


KOP
それとこれはhorimokuの新作です。
シンプルなザ・コップ!てきな形。
てにしっかりと納まる小ぶりなサイズ感。
重い訳ではないけど、軽すぎる訳でもない、
絶妙なサイズと厚みだなと思います。
素材は左から
イタヤ、山桜、ホウノキ、ホウノキ(拭き漆)
樹種はイタヤは継続予定ですが、
他は今回限定という方向なそうです。

IMG_1289

kasane kopのように
スパッと重なる訳ではないけど、
二つくらいは余裕です。
KOPURA

裏はこんなかんじ。
kop2


horimoku kop
size / φ75 × h80 mm
price / material
¥4,200(税抜)/ 山桜、イタヤ、ホウノキ
¥5,200(税抜) / ホウノキ(拭き漆)

ってことで、
今日は一点モノ酒器と、新作コップの紹介でした。
結構旅立っていったのも多いですが、
まだまだ作品は沢山あります。
今月いっぱいはお楽しみ頂けますー。
引き続きよろしくどーぞ。
( ※3/27(水)3/28(木)は定休となります。ご了承くださいませ。)


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 14:18Comments(0)

March 22, 2024

horimoku exhibition スタート!

IMG_1181ついにhoriomoku exhibition スタートしましたー!
初日から沢山のご来店頂きありがとうございます。
個人的には塗師が漆器(ウルシのひよこ)を買って
くださったのがプチ事件でした。嬉しいです。
職人だからこそわかる、大変さというやつですね。

さて、今日はかけあしで
少しだけ雰囲気を。
IMG_1190

HH WAN のできるまでの工程や、
良い意味で対照的なカタチの
horimokuのまる椀や、
新作のコップや
スープボウルもあります。
IMG_1191

ひよこは
ウルシタイプも含め大群です。
IMG_1206

こんな時計も数種類あります。
horimokuのclockで
horimoclock
ワタクシが勝手につけました笑
IMG_1119


こんなウッドターナーと木地師の
まさに中間的な作品も!

明日3/23(土)はhorimokuの堀さんも在店いたします!
是非是非どうぞー。
明日も沢山のご来店お待ちしております。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 19:32Comments(0)

March 20, 2024

HH WAN

syugo『 ワンチャンありますっ!』
お椀ちゃんとあります。そういう事です。

さて、この春に
岩手に移り住んでの活動10周年になる木地屋の『 horimoku / ホリモク 』
3/27に盛岡市菜園に店舗をopenして20周年になる家具屋『ホルツ』
お互いにアニバーサリーな季節到来。
kasane kopでの協業がスタートしてから7年ちょっと。
満を持してホルツオリジナルのお椀をhorimokuと共につくりました。
その名も

『HH WAN 』※よみ : えいちえいちわん
110
今回のネーミングも単純明快です。
ホリモクと堀さんの頭文字の『H』
ホルツと平山の頭文字の『H』
一緒につくっているお椀なのでそのまま『HH WAN』です。

サイズは2種類制作し、
径が110mmと120mmの2種類。

2枚目のこの写真は110mmのもの。
120

そしてこちらは120mmのもの。
気付きましたでしょうか、
この2種類、上の径が変わっても
高さ(70mm)は一緒なんです。
ちなみに高台のサイズも一緒。
上の径以外は全部一緒なのです。
ただ、それだけで立ち上がり部分の角度が変わるので、
印象としてはけっこう変わります。
110120yoko個人的には今回一番拘ったのがこのアウトラインです。
実はサンプル段階では115mmの真ん中サイズも存在しましたが、
最終的に110と120の2種に絞りました。
高台がよくあるお椀と比べてわりと小さく、
立ち上がり部分に丸みがなく、シャープな形状、
どちらもそれぞれ美しいラインだなと思います。
外寸と高さに関しては、
わりとスタンダートなサイズ感ではあるのですが、
その他の部分は、お椀のセオリーには良い意味でとらわれすぎずに、
シンプルに好きな形状をつくりました。半年以上、家で使ってますが、
好きなの器を使うってのが一番気分いいですし、
長く大事に使いたいって思えます。


110120tate小さい方が飯椀な雰囲気もやや漂う感じもしますが、
正直、汁椀でも飯椀でも、違う用途でもいいと思います。
使う人が好きな使い方をすれば良いのです。
参考までにですが、我が家は子供が110を飯碗に、
ワタクシが120を汁椀に使ってます。
そして使ってない時(収納時)もアウトラインが大好物な訳なので、
見えれば見えるだけ嬉しいんですね〜。
あっ、でも厚みに関しては薄すぎないようにしてます。
このラインで薄いとそりゃもっとカッコイイのですが、
怖さを感じる人もでてくるかなと思うので。
口はそんな厚くはないけど、下の方の厚みは意外と普通にあります。
日常的に活躍する美しいお椀を目指しました。
kai1
これは裏面。
お椀自体の仕上げはカサネコップ同様に、
食品衛生法をクリアしている食器用ウレタンで仕上げてますが、
今回は漆のお椀の塗師のサインじゃないけど、
貝象嵌(一度レーザーで掘ったところに貝を嵌め込む)で
HH WANのマークを入れてます。
協業らしく2つのHの右側と左側を合体させてます。
kai2
90度回転させて違った見方をしますと、
『王』とも見えます。
って事は
『王 / ワン』とも読めてしまう訳です。
アジアで大ヒットを狙ってます、
おれは椀王になるっ!笑

ちょっとここはおふざけなのですが、
頑張れば、このマークだけで、
『えいちえいちわん』と読めるかも、
ワンチャンあるかも、
そういう事ですね。
SHIRATA
素材は山桜を使用しておりますが、
こういった不規則な白太部分が入ってるものもあります。
全然あります。むしろ入ってる方がいい場合もあります。
(もちろん、スタンダードに綺麗な赤身だけの方が好きな方も多いとは思います)
HH WANはこの辺りも余裕で許容し、プラスに考えて制作してます。
なので、個体差が結構あるという事でもありますので、
木目を選びたいぞ〜!
って方は店頭でじっくりとお選びくださいませ。
HHSH
あっ、あと少し余談ではありますが、
陶芸家の関口さんと協業している、
SH BOWL 4.0 と HH WAN 120 は
ほぼほぼアウトラインは一緒です。
制作時期など全然違いますが、
好きなラインって何年経っても変わらないですね。
どちらも、和と洋と中間的なイメージは持ってて、
名前もSHの方はぼBOWLに対して4.0(寸表記 4寸 ≒ 120mm)
HH はWAN(椀) に対して120(ミリ表記 120mm ≒ 4寸)
という感じでワードと数字が意図的にややこしくなってます。
雰囲気に関しても手仕事とプロダクトの中間的な部分をイメージ。

さて、そんな訳で長々と説明してきた訳ですが、いよいよ明後日の3/22(金)の
horimoku exhibition からHH WAN 正式発売となります。

初回ロットは
110サイズ、120サイズ、それぞれ30個ずつ制作致しました。
今後定番として制作して行く予定ですが、在庫無くなった場合、
4ヶ月くらいはきっとかかると思いますので、新生活から使いたいぞー。
って方は今回是非どうぞ。
在庫確認をしたい時は『ワンチャンありますか?』って聞いてくださいね 笑


【 HH WAN 】
⚫️HH WAN 110
size : φ110 × h70 mm 満水容量 : 約250㎖
price : ¥5,400(¥5,940 税込)

⚫️HH WAN 120
size : φ120 × h70 mm 満水容量 : 約300㎖
price : ¥5,900(¥6,490 税込)

素材 : 山桜 , ウレタン仕上げ
制作 : horimoku
企画/デザイン : Holz Furniture and interior



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 17:54Comments(0)

March 02, 2024

horimoku exhibition

horimoku_omotehorimoku_ura

2024年2月29日のうるう日は大谷選手の結婚発表がある事を予想して、カミさんと奥州市に
行ってきたホルツです、こんにちは。勿論予想はウソ。事故りそうなくらいビックリしました。
普段、二人行動率はかなり低打率の夫婦なんですが、4年に一度という事で珍しく。
大谷選手の正式な入籍日はわかりませんが、日本時間では2月29日に発表されたのは事実なので、
今後の人生、『大谷選手の結婚発表日と同じ日が結婚記念日の岩手県人です』と
無駄に言いいふらして生きていこうと思います 笑 
大谷選手ご結婚本当におめでとうございます!

さてさて、再三今年2024年は20周年イヤーと言っておりますが、
今年は本当にイベント盛り沢山で走り抜ける予定でございますが、いよいよ本格的なスタート!
ってなるのが3月22日(金)〜31日(日)に開催する企画展

『 horiomoku exhibition 』

その名の通り、horimoku / ホリモク の展示販売会です。
普段のhorimokuの仕事というのは木地師という商売柄、塗師(漆の職人)から頼まれた
お椀の木地などを制作するのが大部分を占めます。もしかしたら今、家で使っているその漆のお椀、
塗師の名前は認識しているけど、木地師の名前までは知らなくないですか??
通常、漆のお椀って塗った人(塗師)の名前で販売されます。それが普通です。
木地師ってあまり名前が出ない仕事で 『無縁の上の非力 』的な仕事......
あっ、間違えました『縁の下の力持ち』的な仕事です。(悪い癖が出てしまいました...)
はじめて木地師の仕事をちゃんと知った時はなぜ『カタチ』を作っている人の名前がでないんだ?
シンプルに不思議でした。その時ばかしは一瞬、塗師めっ!っと思いましたが、
基本もちつもたれつで、それぞれ相手がいないと困りますし、塗師は塗師で大変な仕事ですので、
塗師めっ!は 7秒 で撤回しました。
ただ、horimokuの堀さんの場合、片口ボウルのひよこなどのように自身がデザインし、
制作までするという、horimokuだけで完結するような作品も作っている。
これは木地師としては珍しいかと思う。(今は少しずつ増えてはきているのかもしれないけど)
それこそはじめてhorimokuの工房にお邪魔した時に出会ったのも、ひよこでした。
しかも商品化前の生まれたてのひよこ。運良く第一発見者になれたワタクシはすぐに、
商品化してくださいーー、ホルツで売りたいですー、と 早々に熱望したのを覚えてるのと同時に、
木地師なのに、こんなの(可愛い風貌だけど、かなり苦玄人好みの作り)作れちゃうなんて、
技術もそうだけどセンスも兼ね備えてる人なんだな〜っとも思いました。まさに一目惚れですね。
その後、堀さんをそそのかしに相談して 中 と 大 も作って入れ子にできるようにしましょうーー!とか、
カサネコップ一緒に作ってください!最初から決めてました!お願いします!とか、
好き好きアピールをくり返している本当に作るモノも人間も大好きな職人なんです。
そんなhorimokuも岩手県に住み仕事をスタートしてこの春で丸10年、
ホルツもたまたまこの春(3月27日)で丸20年、って事で、展示会やるならこのタイミングな訳です。
普段なかなか見れない、horimokuの仕事の一部展示もあったり、horimokuの新作も発表されます!
あとはあとは、ついに、kasane kop のような協業シリーズ第 2 弾で
満を持してのお椀を発表しますーー!おわんですよ、お椀、 OH ! WAN!! ワンダフルですよ!
........ちょっとおふざけが過ぎるので、もう正式な名前を勿体ぶらずに発表しちゃいます。

『 HH WAN 』 (読み : えいちえいちわん)です。

ホリモクの頭文字『H』とホルツの頭文字『H』、それぞれの名前をとったお椀です。

この名前の付け方は紫波の関口さんと作っているボウルで『SH BOWL』というボウルがあるのですが、
それと同じ付け方です。SH BOWLの時もHH WANでも共通しているのは和と洋の間を狙った佇まい。
なのでネーミングもBOWLだったりWANだったりそのあとに入る数字の単位(寸とかミリとか)に
あわせてあえて揃えず逆にしてます。
まあ、ホソクナガク(補足説明が長くなる)なので、お椀自体の細い説明は後日にしますが、
お椀がちゃんとあるよ!『ワンチャンあるよ!』って言いたいだけです 笑

では、沢山のご来店を心よりお待ちしておりますーー。
堀さんは土日は在店しておりますので、動く堀さんに会える絶好のチャンスでもありますので是非!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【 horimoku exhibition 】
■ 会期 : 2024年3月22日(金)- 31日(日) ※27日(水)28日(木)は定休日です。
■ 場所 : Holz / 020-0024 岩手県盛岡市菜園1-3-10
■ 時間 : 12:00 - 19:00
■ TEL : 019-623-8000
※会期中の土日はhorimokuの堀 秀慈郎 氏が在店します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※ DMデザインに関しては毎度お馴染み himaraya design にお願いしております。
木地屋でよく見る粗挽き椀が重なってる個人的にも好きな景色、作家としての代表作『ひよこ』
そういった木地師horimokuと作家horimokuが見え隠れするような、そんなデザインです。
紙は厚さ300kgのかなりしっかりした厚さの固めの紙です、どこかお近くで見つけた時は
是非手にとってみてくださいませ。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 12:56Comments(0)

February 09, 2024

PECCO GOOD STORE

416051439_409460234854225_8401964273256875649_n69566758-5C85-4703-80CF-2CCAB82A18F4
029DD0C1-CCB6-4259-82FA-F6AF860D2AB9A02342AD-E4F4-46A5-9EA1-C1F2512B6B7F
C495AD3B-A6DC-4DA3-A53F-E7D3F049F4BD630D4C93-B93C-4B38-9270-9AA253D6AE31
A2F1B85E-E13F-4050-8837-68E14B0E23D6D9728E59-CA6C-4171-A12D-09C52AD92709

いよいよ、本日2/9(金)スタートです!
岡本さん編集の盛岡がBOOKNERDを筆頭にニュウマン新宿に大集合。
お近くの方も出張ついでな方も是非足を運ばれてみてくださいませー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
編集者・岡本仁が考える「ロマンティック」って何だ?
〈ニュウマン新宿〉に岡本さんのキュレーションによる盛岡をギュッと詰め込んだ限定ショップ
「PECCO GOOD STORE」が2/9(金)〜2/11(日)の3日間登場します。

〈BOOKNERD〉は「ロマンティストに捧ぐ40冊」と題し、
”ロマンティック”をテーマにセレクトした書籍40タイトルを販売。
また、BOOKNERD出版部より刊行する画家・坂巻弓華の新刊『坂巻弓華 寓話集』、
盛岡をテーマに書き下ろした岡本仁のzine『盛岡を想う。』をどこよりも早く先行販売。
店主・早坂も3日間店頭に立ちます。

2/9(金)は画家・坂巻弓華さんのブックサイニングを予定。
岡本さんご本人による『盛岡を想う。』の店頭販売も行います。
また、期間中ストアでお買い上げのお客様には岡本仁さん編集のフリーペーパー
『ART FOR ALL』最新号(坂巻弓華特集!)を差し上げます。

〈BOOKNERD〉に加え、盛岡の仲間たちが大集合。
〈自家焙煎珈琲・六月の鹿〉のコーヒー豆や、〈羅針盤〉のチョコレート、
〈6jumbopins〉のオリジナルTシャツ、
〈Holz〉のオリジナル・プロダクトが店頭にズラリと並びます。
そして、2/10(土)には〈6jumbopins〉店主・京野誠氏による
オリジナルTシャツのシルクスクリーン実演販売を予定。
プリントやサイズ、カラーなどを選び、あなただけの一枚を作れます。
また、2/11(日)最終日には〈自家焙煎珈琲・六月の鹿〉店主・熊谷拓哉氏による
ネルドリップ・コーヒーの試飲・提供とコーヒー豆を販売いたします。
盛り沢山の3日間、ぜひ〈新宿ニュウマン〉にお立ち寄りください。

⁡【岡本仁さんからメッセージ】
僕がロマンティックだと思う作家・宮沢賢治にゆかりがある“モリーオ”こと盛岡。
宮沢賢治の最初の童話集を出版した光原社に象徴されるように、
昔から文化をしっかりと発信してきた街だ。時を経て変わっていく部分はもちろんあるけれど、
盛岡には盛岡らしさがちゃんと残っている。
自分たちの文化を大切にしているところにも、ロマンティックを感じる。

【期間】
2月9日(金)〜2月11日(日) ※ファッションフロア営業時間に準ずる

【場所】
ニュウマン新宿 1F Blue Bottle Coffee横スペース

【出店ショップ】
●BOOKNERD 
新刊本・洋書・古書・レコード・CD・雑貨を、本オタクの店主 早坂大輔さんが
キュレーションして取り扱う独立系書店。

●6jumbopins
オリジナルデザインによるトートやTシャツ、トレーナーを販売するショップ。
ネコ好きのハートをくすぐるアイテムや「LVNR(レバニラ)」「ALL YOU NEED IS BEER」など
ユニークなメッセージのロゴTシャツは、ギフトとしても人気です。

●六月の鹿
小さな焙煎機で、毎日少量ずつ焙煎した豆を丁寧に選別し、
コーヒーをネルドリップする盛岡の喫茶店。個人経営の喫茶店が愛される盛岡の中でも、
コーヒーのおいしさには定評があります。

●Holz Furniture and interior
セレクト家具や雑貨、オリジナルプロダクトを販売するインテリアショップ。
岩手の伝統工芸を取り入れた家具など、長く生活をともにできるアイテムを取り揃えています。

●羅針盤
老舗喫茶店の趣をそのままに、2018年に盛岡にオープンした喫茶店。
レコードがかかりゆったりと時が流れる空間で、自家焙煎珈琲と、
自社製造のチョコレート菓子などを楽しめます。(東京・蕪木の系列店)

【お買い上げ特典】
PECCO GOOD STOREにてお買い上げのお客さまに、
岡本仁さん編集のフリーペーパー『ART FOR ALL』の最新号をプレゼントします。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 10:24Comments(0)

January 19, 2024

『岩手の食とその道具展』 @ eatrip soil

hiyoko昨日一昨日の雨で
雪もだいぶなくなり、過ごしやすく有難いです。
相変わらずFFは故障中で大家さんが貸してくださった、
普通のファンヒーターで応急処置中のホルツです、こんばんは。

さて、突然ですが今日は告知です。
ひょんなことから東京の素敵な場所で
岩手の愉快な人達が開催する、
おいしそうな、楽しそうな、いわてなイベントに
ホルツの商品も混ぜて頂ける事になりました。
シンプルに嬉しいです。
DSC05070『岩手の食とその道具展』

2024年1月20日(土)〜28日(日)の8日間、
eatrip soil さんで、岩手の食とその道具展が開催されます。
詳しくはホルツがとやかく言うより
eatrip soilさんはじめ、
『出張産直リトルイワテ』な イネンカウコ( 細田maaco真弓 )さんだったり、
料理家の橋本玲奈さんだったりの
投稿を見て頂ければよいかな〜っとは思います。
kasajetaiyaki
ホルツからは岩手な道具として、
玲奈さんにも愛用して頂いてる
オリジナルのカサネコップシリーズや
horimokuの代名詞とも言える
片口ボウル "ひよこ"が参加させて頂きます。
mise
『いわて縛り角打ち 箸も斗(はしもと)』
いいなあ。普通に客で行きたい 笑
岩手でも普通にやって欲しい
他にもcartaさんの出張喫茶もあったり、とにかく楽しそうです。
お近くの方は、是非、
いわてな時間を満喫しに足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/








  
Posted by holz at 16:35Comments(0)

November 24, 2023

【 ホワイトハクリデー / 白剥離(薄利)日 】

IMG_0217さて約10日ぶりの更新でございます。
今日も重要なお知らせでございます。
ただ、まずは少し近況報告からさせていただきますね。
網膜剥離の手術は先週の木曜日に無事終わりました。
翌朝は眼圧が高く、結構目が痛く、それに伴い頭痛もかなり.........
っという最悪の状態でしたが退院するんですよ。
まあ、そこをとやかく言うつもりはないです。
ただ、気になったのは9/末に白内障で手術したレンズが前に出てきてると...
眼圧が高いせいというのだけど、眼の中に入ったガスが抜けきって、
定位置にちゃんと戻るのか?戻らない場合、目薬等で対処できるのか?
最悪、また手術なのか?このあたりがとにかくガス抜け待ちらしい。。
って事で、ここ数日は相変わらずのあおむけ禁止だけは守って、
家で安静にだらだらしてます。体重が1kg減って、体脂肪が2%増えて
けっこう嬉しくないです 笑

さて、ただ個人事業主、ただ安静にだらだらとって、そんな訳にもいきません。
真面目にこんな生活してたらなんの保証もない小さなお店なんて三匹のこぶたの藁の家状態です。
そこで突然ではあるのですが、タイミング的にちょうど今日は、
ブラックフライデーと巷で呼ばれてる日らしい。
ここ数年聞くけど、よくわかってなかったんで少し調べたら、
簡単に言うと、アメリカで生まれた11月の最終木曜日に行われる大感謝祭的な。
木曜日の売れ残りの金曜日の方がメインに成長的な。
みんな小売が黒字になるからという説もあるらしいけど、そもそもは、
警官のみなさまが、感謝祭の次の土曜日に行われる陸海軍のフットボールの
影響などで、交通渋滞など色々と大変な一日になり、この日休みを取ることもできなく、
特別長いシフトに調整しなければいけなくなり、ブラックフライデーと言われるようになったとか。
なんで元々は『警察官にとって多忙な一日』という由来で使われるようになったようです。意外ですね。
それをふまえて、ホルツは考えました。
もう今の状態は車の運転もできなくお客様には迷惑かけまくってるし、(警察には逆に全然迷惑かけず)
機能しているの片目だけだし、もはや年内に関しては黒字どころか白旗状態だし、
そもそもは白内障というオオカミが暴れての網膜剥離だし。
ブラックフライデーではなく翌日の明日土曜日と明後日の日曜日の2日間限定で、

『ホワイトハクリデー』というSALEを行います!

白内障からの網膜剥離になった白旗状態の人がやるSALE(薄利)ね。
漢字で書くと 『白剥離日』 もしくは SALEなので 『白薄利日』です 笑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 全品共通 】
現金   / 15% OFF
現金以外 / 10% OFF
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という病み上がり前SALEです。
実際、まだ少し疲れやすいので、ひとまず下記日程での営業となります。
眼帯営業ですが、ホルツ的明日のショーを是非有効活用していただければと思います。
何卒よろしくお願いしますーー!

【営業日程】
11月25日(土) 12:00 - 17:00(ホワイトハクリデーSALE)
11月26日(日) 12:00 - 17:00(ホワイトハクリデーSALE)
11月27日(月) 休 業 日
11月28日(火) 12:00 - 17:00(短縮営業)
11月29日(水) 定 休 日
11月30日(木) 定 休 日



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 15:07Comments(0)

October 12, 2023

カオリモリオカ VII

kaori morioka 7_h1企画展のお知らせです。
【 カオリモリオカ VII 】
いつもと同じ時期に松屋銀座 7Fで開催致します。
昨年と同様で場所に関しては『おりふしギャラリー』となります。
(会期は1週間なのでいつもよりギュッとしてますが中身は濃いですきっと。)
早いもので上から読んでも下から読んでもな『カオリモリオカ』も7回目の開催なります。
今回はいつもとやや趣向を変えて、6人の作家をメインにスポットをあてた展示となります。
松屋銀座初登場な素敵な作家の作品盛り沢山です。
先日の北のクラフトフェアに参加されてた作家も多いですね。
盛岡の空気感が感じられるような、盛岡の香りを感じれるような、
そんなモノをホルツディレクションの元、沢山お届けしたいと思います。
是非この機会に、モリオカのカオリ漂う素晴らしい作品に触れて感じて頂ければと思います。
各作家さん日替りで在廊予定ですー。
ホルツはほぼ毎日いますのでレア感ゼロですが、
お目当ての作家さんは
是非ピンポイント日程で会いに来てくださいませー。
一応下記に在廊予定も表記しております。
(予定なので変更になる事も稀にありますのでご了承くださいませ)

kaori morioka 7_h4
【 出展作家 】
大柳暁  (絵皿)  ※10/30(月)在廊予定
@akioyanagi

高橋大益 (南部鉄器)  ※10/25(水)在廊予定
@tetsubinya.takahashi

滝田雄依 (切絵)  ※10/28(土)在廊予定     
@suteobune

猪又裕也 (旅する羊 / ホームスパン) ※10/29(日), 10/31(火) 在廊予定  
@tabi_hitsuji

中村和正 (中村工房 / ホームスパン) ※10/27(金)在廊予定

松田あきこ(桜雲窯 / 磁器) ※10/29(日)在廊予定
@ounkiln

他、横田かごなどなどー。   


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【 カオリモリオカ VII 】
会期 : 10/25 (水) - 10/31火)
時間 : 11:00 - 20:00(初日は12:00 スタート、 29日は19:30 close 、最終日は17:00 close )
場所 : 松屋銀座 7F おりふしギャラリー
   東京都中央区銀座3-6-1
電話 : 03-3567-1211(大代表)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに今回は紙のDMやポスターも制作しました。
デザインは毎度お馴染みhimaraya designです。
カオリモリオカのロゴから作ってもらい、
図案は木版画を用いてだいぶ手がかかった素敵な仕上がり。
いつもありがとうございます!

カオリモリオカ VII ポスター & DM
art direction+design:平山貴仙
client:Holz Furniture and interior
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

それではみなさま今月末は松屋銀座7Fでお待ちしておりますー!
(会期中は盛岡のホルツはお休みとなります。)



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 18:00Comments(0)

October 11, 2023

北のクラフトフェア2023 のおもひで。

IMG_9648北のクラフトフェア2023、無事終了しましたね。
出展の職人のみなさま、審査員のみなさま、
そして実行委員やスタッフのみなさま、本当にお疲れさまでした。
(準備含め4日目の疲労感わかります、ホントオツカレサマデス.....。)

ホルツとしては今年の関わり方とすると、
大きく分けると4つ。

⚫️まちなか企画として菜園の店舗で開催した『下(した)のクラフトフェア』
⚫️最終日トークdayの椅子やサイドテーブルのコーディネート
⚫️微力ながらの協賛
⚫️お客さんとして全力で楽しむ。(半分はバイヤー目線だけど)

こういったところ。
近所で開催されて、これだけ楽しませて頂ける事には
ほんと感謝しかないですね。

足を運ばれてるお客様たちも、ホント楽しそうでした。
IMG_9622昨年はクラフトフェアの2日間で約3万人が訪れたというデータでした。
今年も肌感覚としては個人的には同じくらいではないかなと
思いますが、正確なところはわかりません。
そう、わからなくてもいいんだと思います。
外イベントは一応形式上、発表はしなければいけない事が
多いのだとは思いますが、
1万人であろうと3万人であろうと10万人であろうと、
どう感じるかが最重要。
そういった意味で北クラというイベントは本当に心地よい
適正人数が訪れている(と感じる)のが最高だなと思います。
写真はam10:30前後かな?
たまたまとった写真ですが、テント側はけっこうな人ですが、
通路には少し余白があります。これが大事ですね。
ここの余白が『心地良さ』の原因の一つである事は間違いないと
思います。
IMG_9657



北クラ楽団のみなさまの存在も嬉しいですよね。
IMG_9626

こちらは歴文前の未未MIBIさん。
手前にsonomono置いててくれてて
懐かしかったり、嬉しかったり。
ホームスパンでも土地や解釈が少し変わると、
また違った表情になるな〜っというのも感じました。
素敵な作品でした。

ここの歴文前スペースも
昨年よりテント増えて賑やかでしたね。
IMG_9653

こちらはクラフト会場から中津川を挟んでの
おでって前の『北クラキッチン』
めちゃくちゃ賑わう少し前の準備中あたり。
IMG_9656

こちらは
おでって裏側の方。
こちらもまだ準備中の写真ですが、
かなり賑わったみたい。

北クラのいいところの一つとして、
この北クラキッチン(飲食ブース)が、
川を挟んで対面の別会場になっているところ。
中津川という盛岡の真ん中を流れる川の存在も
存分に活かされ、そこを行き来する光景は
他のマチだと似たような事は
なかなか難しい事だろうな思います。
IMG_9654


眺めてるだけで
なかなか幸せな平和な光景です。
IMG_9652

おでって向かいの岩銀の赤レンガも
ホームスパン、盛り上がってる様子でした。
IMG_9529
マチナカでもたくさんの連動企画、
イベントが開催されてます。

ホルツでの『下(した)のクラフトフェア』の
三崎大地モビール展も好評でしたーーーー!
とはいえ、3日間で全部完売!っなんてことは流石に
無いので、まだまだ半分くらいは見れますし、
基本的にはこれからも常設してますので、
いつでも見にきてくださいね。(上からの吊り下げはラス1です)
新築祝いやお店の開店祝いのようなギフトにも良いですよ。
IMG_9630
そしてこちらは急遽ですが、
近所(岩手公園下交差点付近)に出店するので、
形式上、『下クラに参加していいですか?』っと連絡くれたSUEKIさん 笑
いいもなにも、嬉しすぎるスピンオフ的に、もはや下クラキッチン。
2日間とも頂きましたー。
来年のentwineもまたよろしくお願いします。
IMG_9675そしてこちらは最終日10/9(月・祝)のトークday。
盛岡劇場にて、審査員の皆様によるトークです。
今年は家具屋的にここには関わらせて頂きました。
『ホルツで取り扱っているモノ』
『アームレス or ハーフアームの椅子』
という大枠のルールを自分の中につくり、
その中でそれぞれの審査員のイメージに合う椅子を
勝手にチョイスさせて頂きました。
これはこれでけっこう楽しいです。
席順だけ事前にお伺いしてました。
そしてこのワタクシ達筆すぎるハシリ書きメモ紙を元に並べました 笑

左から
IMG_9691⚫️F/style 星野さん(Galvanitas / S-21)
※ 唯一ホルツに2脚あった同じ椅子。Fの二人は同じにしたかった。
■ side table   (Holz / F- TOOL)
※ 脚部の素材が鉄という椅子との共通性、名前の類似性(Fつながり)
⚫️F/style五十嵐さん(Galvanitas / S-21)
※ 唯一ホルツに2脚あった同じ椅子。Fの二人は同じにしたかった。
⚫️川島富三雄 さん (kai kristiansen / 4110)
※柳の椅子があれば一番よかったけど......。カイさんの中で一番シンプルなモノ。
■ side table   (立野木材 / はたらくサイドテーブル)
※ 椅子が唯一明るい木目だったので、そこに揃え、シンプルなモノ。
⚫️皆川 明 さん (kai kristiansen / no.42)
※正直一番最初に決めました。やはり北欧のイメージが強い。
■ side table   (kai kristiansen / univers side teble)
※ カイさんの間で無条件でコレ。
⚫️三谷 龍二 さん(kai kristiansen / HANDY)
※センター付近はカイさん攻めとし、4110よりはHANDYの方かなと。
⚫️ナガオカケンメイ さん(graf / Plankton chair)
※60シリーズではないけど、20年は経っているgrafのロングライフデザイン。
■ side table   (小泉 誠 / ORI STOOL)
※ 日野さんの椅子を小泉デザインでセレクトしたので、ここも小泉さんの名作。
⚫️日野 明子 さん(小泉 誠 / Hachi)
※小泉さんの新作。モノに詳しい日野さんもまだたぶん見てないであろうという読み 笑
IMG_9665
こんな感じで考え、
ホルツ店内からは条件内で、
最高の布陣を準備しました。
審査員の皆様には何一つ伝えずの勝手にセレクトだったのに、
トーク2で日野さんが、まさかのORI STOOLの写真を
準備してて出してきた時は、超ミラクル!っとテンションあがりました。
日野マジック凄い。
あとトーク後、聞いてた方の一人に一番右の椅子は
誰の椅子ですか??って聞かれたのが家具屋的には嬉しかったですね。
新作でもあるし、ホルツとしてもわりとイレギュラーなカタチなのに、
なんか色々魅力がある椅子で気に入っている椅子なので。
いつかネーミング的にも秋田の08 coffeeさんにおススメしたい 笑

387645450_368933475554690_5149705997031562986_nっという3日目のトークdayでした。
トーク1から3までそれぞれ違った面白さで、
かなり満喫させ頂きました。
こういう関わり方も珍しいので、とても良い経験をさせて
頂きました。ありがとうございました!
トーク3まで聞いたあとに、
クラフトのモノヅクリの職人も、お店もなんだろうけど、
続けていくってことは、やはり行きつくところはやはりシンプルで、
それが好きであるか、楽しいか、そういう部分なんだろうなと
改めて思いましたし、
そういう規模感がやはり『クラフト』なんだなと感じました。
ワタクシは職人ではないけど『お店』というモノをこれからも
職人気質にクラフト的に続けていけたらいいな思います。
来年の北クラも今から楽しみですー。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:43Comments(0)

October 02, 2023

下のクラフトフェア 【 三崎大地 モビール展 】

img20231002_14120239さあ、今週末はいよいよみなさんお楽しみのアレ。
岩手公園の芝生広場で昨年に続いて第二回となる、
『北のクラフトフェア』 通称 : 北クラです。
審査によって厳選された全国のクラフト作家たち
124組が集います。その北クラ内の " まちなか企画 " としても
みなさんお楽しみのアレ。
岩手公園下交差点付近のお店 ホルツ でも
昨年に続きまして第二回となる
『下のクラフトフェア』通称 : 下クラです。
ワタクシホルツ店主平山の独断と偏見により、
金沢で活動するモビール作家『三崎大地』さんの作品の
展示販売会を開催します。
この為に新作がまた大小あわせて20数点届きました。
今回はお待ちかねの上からの吊り下げタイプも
少しだけありますがめちゃくちゃいいです。
お楽しみにし過ぎてくださいませ。
9日はホルツは喋る訳ではないですがお休みとなります。
今年は家具屋らしくトークにあがる審査員のみなさまが
壇上で使用するイスやサイドテーブルを準備させて頂きます。
パイプイスだと味気ないので、ホルツセレクトのモノで。
そんな関わり方となります。会場にはいますのでウロウロ
していると思いますー。
画像に関しては実行委員に怒られない範囲という自己判断のもと、
真面目にふざけさせて頂いております。
ホルツ的盛り上げ方という事でご理解くださいませ 笑
IMG_9521

三崎 大地 / Misaki Daichi

海辺に流れ着いた植物の種や実、鳥の羽、
流木などを拾い集め、動く彫刻: モビール(mobile)を制作。

1985 石川県金沢市生まれ
2008 筑波大学 芸術専門学群デザイン専攻 卒業
2010 筑波大学大学院 人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻 修了
    (仕事の関係で東京で3年、福島で8年過ごす)
2021 金沢に帰郷、建築設計のリモートワークの傍、モビールの制作を開始


作品、真面目に物凄く良いです!
ホールーツタイムズでの『 2023年に推すべき52のモノ 』で
1番最初に紹介された逸品です。
全て一点モノとなり、ちゃんと専用箱に入りますので、
旅行で盛岡に来た方も、持ち帰る時の心配も軽減されます。
お気に入りを見つけたらこの機会に是非どうぞー。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 16:50Comments(0)

July 04, 2023

いわてんど @ Mother Duck 絶賛開催中!

福島市のMother Duckさんでのいわてんど
絶賛開催中でございます。
って事で、搬入準備や初日のお手伝いも含め、
久々に車で遠方までの出張となりました。
定休日も重なってたので、1日早めに出発。
色々と巡り、久々にインプットな旅になりました。
インプットとアウトプットの比率は3:7が黄金比なのだとか。
どんどん、アウトプットしていこう。
IMG_8205
まずは福島市を一旦通りすぎて、
郡山に少しだけ寄り道。
駅中に『d』が出来たばっかりという事だったので、見学&買い物。
思ったよりコンパクト。
福島のモノばかりなのかと思いきや、
東北のモノという感じの品揃え。知り合いのモノなども
あったり、思ったより面白かった。
サイズ感や雰囲気、やはり自分の目で実際に
確かめてみるのが大事ですね。
IMG_8248

その後、須賀川まで。
ここでは盛岡出身のNちゃんが神アテンドをしてくれました。
ありがとーー。ウルトラマンときゅうりとマラソン推し(いつか走りたい)な町。
須賀川市民交流センター / tette内の
円谷ミュージアムでちゃんとゴジラにも挨拶。
IMG_8244
建物内はアルテックやフリッツハンセンの椅子が
いたるところで使用されており、
フィンランドバーチやシナの共芯の積層が綺麗な造作家具で
統一感があり良い感じでした。
半分職業業ですが。。。
IMG_8217



GALATA COFFEEさんでも
炭酸珈琲飲みながらながら話し相手になってもらい感謝。
IMG_8221

rentutua / レントウトア さんも
open日じゃないのに開けてくれてありがたやが溢れます。(by タタミゼ)

小さな町だけど、行くべき場所が
はっきりするというか、アテンドしてもらってるからだけど、
凄く良い町だな〜っと思いました。
IMG_8231

夜はちゃんと、ビール飲んで、いかにんじんも食らう。
IMG_8241



そんでモーニングは前日に教えてもらった、
福島初のPFIな公園にあるカフェへ。
サウナは外から眺めただけ。
IMG_8273



その後20数年ぶりに黒磯へ。
entwineにも出展してくれてる、
ROOMさんへ。
IMG_8271
盛岡で激売れしてた熊のあそこです。
その時は買えなかったので今回一匹連れ帰りました 笑


IMG_8268

そしてROOMSさん目的に行った黒磯ですが、
お隣り、びっくりな再会〜!
今年一番びっくりしたかも 笑
どこでどんな感じで誰に会うかなんて
本当にわからんもんですね。
是非、次は盛岡でーーー。
IMG_8258

黒磯駅の脇にあったオサレ図書館『みるる』
初めて知ったけどかっこよかった。
ってか、黒磯ちゃんと見ようと思ったら、
ホントゆっくりいかなきゃダメですね。
なんで、今回は時間の都合上、目的地以外は
我慢して結構スルー。
IMG_8308

そしてやっと、今回の出張の本来の目的である
Mother Duckさんに到着ーーー。
ここには実はホルツのオリジナルのSLIDE SIGNがついてます。

初日は終日お店に立たせて頂きましたが、
お客様はひっきりなし。
マザーダックさんの店力恐るべしでした。
お客様がお店のことを本当に信頼しているな〜っと
改めて思いました。
IMG_8286


店内の奥の方で
いわてんどは開催中ですーー。

IMG_8288


お馴染みのカサネコップはもちろん並んでおります。

IMG_8289


大人気のこの子も
初日に即効旅立ちました。
IMG_8298


テンベアに別注のミニミニカサネトートも好評〜。
IMG_8296


さとうさんのコーヒーも、
福島発登場!
IMG_8299



忍び駒は親分(非売品)も今回は連れてってます。
IMG_8306

オズのカゴバックもギリギリ間に合いましたーー。
IMG_8295

会期は7月9日(日)までとなってます。
お時間あれば是非足を運ばれてみてくださいませ!
IMG_8311今回も近くのオジマパンで
モーニングしてから帰ってきました。

そんな福島(近郊)出張でした。
やはり、動いて直に色々体験するのはシンプルに良いですね。
買い物もやはり、オンラインよりは
リアルショップ(オフラインとは言いたくない天邪鬼 笑)が
やはり純粋に楽しい。思い出や記憶を同時に連れて帰ることで、結果的に
モノの寿命も伸びると思いますしね。健康的。
そう考えると、オンラインショップがあまりにも日常化してしまったら、
リアルショップってもはや体験型ショップだよね。当たり前の話しだけど。
オンラインショップ、ホルツだってあるし、悪な存在では消してないし、
なきゃ実際難しい局面だったある訳だけど、やはり、リアルショップあっての
オンラインな訳であって、ストレートあっての変化球。
ストレート見せたあとに変化球だと、それはそれでいいんだけど、みたいな。
今日の大谷くんはノーヒット、みたいな。
最後はなんだかよくわかんなくなったけど、岩手でお店を楽しく続けていくぞ!
たまに外で『いわてんど』もするぞ! そんな話しですね 。
これからもよろしくどうぞ。

□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 15:41Comments(2)

June 09, 2023

いわてんど at Mother Duck

iwatendo_md_2023_h1
iwatendo_md_2023_h4

ホルツ&ラウムの出張ショップ『いわてんど』開催のお知らせです。2年ちょっとぶりです。
そして今回も2年前に好評だった福島市のMother Duck /マザーダックさんでの開催です。
前回もワタクシお邪魔させてはもらったのですが、
『福島行くんでみなさま是非いらしてくださいーー』
っと大きな声はちょっとあげにくいご時世でしたので、なんかお忍び感ありましたが、
今回はそこがちゃんと言えるだけでもなんだか嬉しい。ってか声を大にして言いたい。
マザーダックさんは、記憶に新し過ぎる合同展示会『entwine /エントワイン』にも
毎年顔も出してくれますし、とにかくフットワーク軽く全国の良いモノを
セレクトし販売している素敵なお店です。
『いわてんど』では、いわての良いモノはもちろん、ホルツやラウムのフィルターを
通してみた良いモノ、オススメのモノをご紹介できたらと思ってます。
初日の7月1日(土)はワタクシも店頭で販売のお手伝いをさせて頂きます。
沢山のご来店を心よりお待ち致しております!


【 いわてんど at Mother Duck 】

会期 : 7/1(土) - 7/9(日) ※ 7/3(月)休み
場所 : Mother Duck
住所 : 〒960-8041 福島県福島市大町2-23 吉田ビル1F
時間 : 11:00 - 19:00(火〜金) , 11:00 - 18:00(土・日)
電話 : 024-522-1135
Web : http://motherduck.la.coocan.jp/


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 19:19Comments(0)

June 08, 2023

エントワインのおもひで

エントワイン2023が終了し、あとは打ち上げといったところでしょうか。
毎回、写真は『聴く / 撮る / 書く』 でお馴染みのLITERS菅原茉莉さんにお願いしております。
って事で、その撮ってもらった写真を軸に振り返り。
MAR_5623

初日の木曜日は快晴のもとスタート。写真は初日じゃないけど 笑
この日は、いわゆるバイヤーデイで館内も比較的ゆっくり、じっくりと、
良い商談が行われたり、モノづくりの話しや、夜の懇親会の作戦会議など 笑

MAR_5625

2日目は生憎の雨でしたが、オープンと同時から賑わいました。
3日目は午前中は降ったりやんだりでしたが、終始館内大賑わい。
コーヒーフェス帰りの方もけっこういらっしゃいました。
県令邸史上過去一の来場者となりました。
外のペンギン文庫さんのトラックが正面にあるのは、
昨年から恒例の景色になりましたね。

MAR_5641

そして横にはSUEKIさんのテントが今年は存在感ありました。

MAR_5393

ベジタブルサンドやベジカツサンドがお客様や出展者の心とお腹を満たしてくれました。

MAR_5583

お買い物のお客様達は本当に楽しそう。

MAR_4865

ホルツもカサネコップ沢山お買い上げ頂いたり、
商談もさせてもらったり、ありがたやがあふれます。あっ、このセリフはタタミゼゆずり笑

MAR_5090

清水町にも熊が出没しました。そして人気ものでした。

MAR_5026


1F A 室の作戦会議でしょうか 笑

MAR_5284


懇親会はせっかくなので東家さんで『わんこんしん会』
わたくしの渾身の企画で『わんこ駅伝』を開催しました 笑
襷もちゃんとかけてます、緑チームの襷リレーの瞬間がおさめられてますね。
タタミゼ氏のもっと来い!もっと来い!と給仕さんをあおるシーンは名シーンでした。

2023わんこ駅伝順位変動グラフ

みなさん、結果が気になってしょうがないと思いますので、日報駅伝に負けじと順位変動グラフまで
作成しました。本当はきっちりとした区間順位まであるリザルトもつくってます。
どうしても気になる方はお問合せくださいませ 笑

MAR_5523

屋根裏も素敵に彩られておりました。

MAR_5654

そんな訳で今年のエントワインの勝手に振り返りでした。
毎回ちょっとずつだけど、変化していってる展示会です。
開催時期や開催時間、いろいろな事のトライ&エラーを繰り返し、
この旧石井県令邸という場所で、どうすれば出展者も最大のパフォーマンスを発揮でき、
自分達も含め、多くの人達が楽しむ事ができるか?良い縁ができるか?円がまわるか?
そういう部分を毎年模索しながら続けております。
来年も6月に開催予定です。
また、蔦がもさもさしている時にお会いできたら嬉しいです。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 16:57Comments(0)

May 30, 2023

entwine 2023 いよいよ明後日スタート。

IMG_7937

6月1日からはいよいよentwine / エントワイン です。
って事で、明日5月31日(水)が搬入準備の日。
そうなると本日5月30日(火)は準備の為の準備の日。もうはじまった感がじんわり。
それこそ本日夕方17:40からは久々にてくりの『ほにほにラヂオ』にもちょろり。

写真のようなホルツオリジナル商品やコラボ商品を中心に
6月1日(木)のEXHIBITIONはバイヤーさまやご来場の皆様にアピールの日。
6月2日(金)3日(土)はこれにプラスαな商品で挑み、
少しだけお得なエントワインプライスで販売したいと思っております。
カサネコップ追加で重ねたい〜って方も遠慮なくどうぞ!

さて、そんな訳で先日、営業日程でお伝えした通り、
明日5月30日(水)- 6月3日(土)は菜園のホルツはお休みとなります。
ご迷惑おお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

今年のエントワインは過去最多の32社の出展、そして新規出展も11社!
東北を中心に遠くの方だと、東京、岡山、栃木、新潟、福岡などからの出展も。
会場はさながら大きなセレクトショップと化しますので、
きっとお楽しみ頂けるかなと思います。
1年で1番、旧石井県令邸に人が集う日でもあります。
たくさんの良い『 縁 / en 』 が生まれるといいなと思います。
そうなると自然に『 円 / en 』も動きます。
そうすると微力ながら盛岡を代表する建物の一つである県令邸の維持にも繋がり、
結果的に街の為にもなる。あくまでも結果的にという事であって、
展示会としては、まずはご来場いただいたみなさんだったり、
参加している自分達が楽しむ事をシンプルに大事に考えてます。
そういう健康的な循環が、建物に対して適切な人数で回っていく事を願います。

週末は是非、清水町の旧石井県令邸まで足を運んで頂けましたら嬉しいです。
出展者一同心よりお待ち致しております。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 16:14Comments(0)

May 16, 2023

entwine 2023

entwine_flyer_h1今朝の大谷さんはなんとHR計4本!
投手として3本打たれて、打者として1本打って。
サイクルヒットにもあと一歩。良くも悪くも大谷さんの試合でした。
良くも悪くと言えば今シーズンの雄星は
打たれても黒星がつかない運があるな〜っと思うホルツです、こんばんは。

さてさて、5月も半ばにさしかかり、あと半月したら6月ってことは......
はい、いよいよ今年もentwine / エントワイン な季節到来です。
ワタクシは今年も実行委員でもあり、出展者でもあり、
っという立ち位置でどっぷりと関わらせて頂いております。
エントワインは2015年10月に第1回が開催され、
2020年2021年の2年の休みを挟み、
昨年の6回目から開催時期を6月に移しました。
7回目の開催となる今回は過去最多の32社の出展です。
っというか会場である旧石井県令邸のサイズ感を、考えるとマックスに近いかなと思ってます。
昨年のマーケットデイはエントワインは当然ながら、
建物として考えても過去一の来場者数となり大変盛り上がりました。
反面、入場までにお待たせしちゃう事もあり、申し訳なかった部分も......。
心地よくお買い物ができる箱に対しての適切な人数、というのも大事に考えておりますし、
当然お待たせもあまりさせたくないし…….。
って事で今年は開場を1時間早めてam10:00からとしました。少しは解消できればいいなと。
entwine_flyer_h4絶賛準備中で忙しい事は忙しいのですが、今年はいつもに増して楽しみです!
初出展のブランドも11社 !
東北をベースに活動しているところが全体の2/3、
東北以外が1/3という割合で、新旧や地域バランスとしても
たまたまですが、とても理想的な布陣となっておりますー。
初日の6月1日(木)のエキシビジョンデイは、
バイヤーをはじめ、職人、デザイナー、コーディネーター、プレス関係者さんなどなど、
商談やモノヅクリに関わる人、モノの紹介や宣伝をしてくださる人達、
いわゆるその日の買い物がメインではないかた向けの日となっております。
6月2日(金)3日(土)のマーケットデイは上記の皆さまも含め、
一般の方でも誰でも入場可能となり、買い物がメインの日となっております。
会場は大きなセレクトショップと化しますので、それはそれは楽しい空間になります。
木曜日にがっちり商談して、
金曜日にゆっくり買い物なんていう連日の訪問も、もちろん大歓迎です。

今年も蔦の絡まるこの洋館で、
沢山の人達がモノや食を通じてどんどん絡んで多くの『縁/ en 』が生まれ、
それによって『円 / en 』もしっかり動けばいいなと思います。
そんな最初にも最後にも『en』があり、
その真ん中に『 iwt / いわて』 がある
東北発の合同展示会【 en twi ne 】です。

SNSで出展者の紹介や、最新情報を随時更新しております。

instagramはこちら
Twitterはこちら
Facebookはこちら
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

合同展示会 entwine 2023
|
〇日時
6月1日(木) - 6月3日(土)
10:00 - 18:00 (最終日は 17:00)
|
〇EXHIBITION
6月1日(木) 10:00 - 18:00
※バイヤーおよび関係者の商談日になりますので、一般の方のご来場はご遠慮ください。
|
〇MARKET
6月2日(金) 10:00 - 18:00
6月3日(土) 10:00 - 17:00
※どなたでも入場可能な、各出店メーカーによる展示販売会になります。
|
〇会場
旧石井県令邸
〒020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51
|
〇問い合わせ
info@entwine-tohoku.com

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:11Comments(0)

November 29, 2022

Melissa Joy Manning TRANK SHOW "Japan Tour" at raum

ホルツの姉妹店の『raum / ラウム』さん。
この秋から冬にかけての11月〜12月、
実はラウム的ワールドカップ的な忙しさでイベント目白押し。
本日11月29日がF/style展の最終日となっているのですが、
11/30 , 12/01と2日間の入れ替え作業を挟んで12月2日(金)からは
『Melissa Joy Manning TRANK SHOW "Japan Tour" at raum』
と題して、ジュエリーの展示販売会がはじまります。

312002328_492414906190527_6068617689908466001_n

2009年のラウムオープン時から取り扱っているメリッサのジュエリー。
(実はその前は少しだけどホルツで取り扱ってました。今考えると意外でしょ 笑 )
定番のモノの他、トランクショーでしかご覧いただけないモノも結構あるようです。
季節柄、自分へのご褒美だったり、大切な方への贈り物だったりにも
きっと良いのではないでしょうか。
この機会に是非、一度足を運んでみてくださいませ。
エフスタイル展に行ったばかりだそって方も、遠慮せず是非何度もでもどうぞ〜。

310397768_1449431358876914_5629940851990366153_n

【 Melissa Joy Manning TRUNK SHOW "Japan Tour" at raum 】

日時:2022.12.2(fri) - 12.11(sun) ※木曜定休
時間:11:01 - 17:00
場所:raum 〒020-0147 岩手県盛岡市大館町19-6
TEL :019-681-2678



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 15:27Comments(0)

November 15, 2022

F/style 展

278929398_860297968665456_8313148266801258866_n306647005_845050009857176_7814507030818121882_n

カオリモリオカも終了し2022年のホルツとしての大きなイベントごとはある程度ひと段落。
あっ、でも走る家具屋ホルツとしては11月23日(水祝)に超ビックイベントが残ってますけどね 笑
箱根駅伝の次に歴史ある大会でお馴染みの 一関・盛岡間駅伝競走大会。 通称『日報駅伝』
今年も地元である宮古市代表として8区を走らせて頂きますー。目指せチームも個人も一桁順位!
さて、走る家具屋ホルツはさておき、年内はここから
姉妹店 raum / ラウム はクライマックスシリーズのはじまりはじまり。
いや、今年においてはワールドカップか?そんな訳で大事な大事な初戦が
今週金曜日11月18日からスタートです。

F/style 展

もうかれこれホルツ時代を含めると通算6回目の開催となります。
まだ記憶に新しい『北のクラフトフェア』でも選考委員を努めてくれたお二人。
トークもご一緒させてもらいましたー。本当はこの時にF/style展の宣伝はすれば良かったのですが、
不慣れなワタクシがまんまと忘れてしまい......大変失礼しました。ははは。。。
エフスタイルって聞くと、業界ではもう言わずと知れた!って感じもしますが、
北クラの時に初めて知りました!って声や、若い方とかはやはり今まで知らなかったとか、
そういった声も意外にもちらほら聞きました。そりゃそうですね。
ホルツなんて店も19年近くやってますが、盛岡在住の方でも知らない方だらけですし。
何事も慣れというのは良い場合とそうでない場合があり、初心忘るべからずです。
さあ、そんな事は言っても基本的にファンが本当に沢山いる F/style
今回の企画展も楽しみにされていた方も多いかと思います。
ラウム自体は小さなお店ですが、正直普段からF/style商品の品揃えはに日本全国で見ても
ピカイチです。さらに今回は展示会という事で、普段見れない商品だったり新商品だったり、
相当お楽しみ頂ける内容になるようです。彼女達はモノをつくり流通させていく上で、
人間関係もとても大事にされています。それは作る側とも売る側とも使う側とも。
そういった人柄あってのエフスタイルなのだとも思います。
初日の18日(金)はそんなエフの二人もラウム店頭に立ってくださいます。
行くのに不便な場所ではありますが、駐車場もあって無いようなもんですが、この機会に
是非、F/styleの世界観に実際に触れてみてくださいませー。
最近のラウム日記。はエフスタイル商品の紹介が 『1日1F』 スタイルで続いてますので、
そちらも予習しておくとより楽しめるかもですね。


----------------------------------------------------------------------------------------------
エフスタイル展
2022.11.18(fri)- 29(tue)※木曜定休

場所:raum/ラウム 〒020-0147 盛岡市大館町19−6
TEL:019-681-2678
Mail:raum-1101@nifty.com
時間:11:01〜17:00
----------------------------------------------------------------------------------------------
※ちなみにDMデザインは毎度お馴染みのhimaraya designです。
 写真面は少しひいてみると『F』になってますね。
 たまたまですが、今回はF/styleもhimaraya designも新潟繋がりです。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 17:13Comments(0)

October 21, 2022

カオリモリオカ VI

カオリモリオカVI kokuchi

【 カオリモリオカVI 】

この上から読んでも下から読んでもなタイトルをつけてからは6年連続6回目の開催となります。
今年もホルツから、北の地でつくられるモリオカのカオリ(空気感)をまとった職人の作品を
松屋銀座の7階にたくさん送り込みますよー。
初登場の作家やモノも結構ありますし、ホームスパンに関しては今回も100点以上ありますので、
季節的にも是非お気に入りを見つけて頂けたらいいなと思います。
また、今年は『フィンランドデザイン × 岩手の技術』なiwatemoのスツールなんかもあります。
20代前半の頃には、まさかハッリ・コスキネンのデザインが岩手で作れられるなんて考えた事も
なかったなあ。ノックダウン式で持ち帰りもできちゃったりなモノです。
ホルツで定番でギフト人気の高い積み木セットなんかも今回は見れますよ。
子供が産まれた時の身長でケースサイズをオーダーで作り、生年月日や名前の刻印なんかもでき
受注お承り致します、普段は出産祝いなどが多いですが、時期的にクリスマスにも間に合うように
職人さんと段取りもちゃんと詰めておきましたよー!
って事で今年は少し家具要素もいつもよりあるかも。まあ(走る)家具屋ですすね 笑
その他にも色々紹介したいモノはあり過ぎるのですが、なかなか時間が追いつかず........
その辺はインスタグラムのストーリーのハイライトの『カオリモリオカ』ってとこに色々まとめてますので、
お時間ある時にでもご確認くだませー。
また、今回は会場が7階というフロア自体は変わりませんが、フロア内の場所はいつもと逆側で
『おりふしギャラリー』という新しいスペースでの開催となります。
ワタクシも初日の26日(水)から30日(日)までは終日おりますので、
是非遊びにいらしてくださいませー。(31日も早い時間帯はいるかと)その後も各作家のみなさんや、
モリオカやモリオカっぽいあんな人やこんな人達が店頭にかわるがわる立ってくださいます。
最後までお楽しみ頂けるかなと思います。
先日盛岡で盛大に開催された『北のクラフトフェア』行きたくても行けなかったー、
という方も居るかもしれませんが、北クラ出展作家の作品なども沢山ありますので、
そんな皆様も是非カオリモリオカ、おすすめですよー。
そういった訳でいよいよ来週10月26日水曜日からカオリモリオカはスタートです。
沢山のご来店心よりお待ちしております!

(盛岡の店舗の営業日程はこちらからご確認お願いします。)


【カオリモリオカVI 】
会期 : 10月26日(水)-11月8日(水)
場所 : 松屋銀座7F おりふしギャラリー
時間 : 10:00 -20:00
※初日は12:00からとなります。




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 16:29Comments(0)

October 13, 2022

北クラ と ぼんず と MCM と 営業日程

47682132_773786659635295_6757995134605852672_n

『多幸感』そんな言葉で包まれた北クラな連休でしたね。
フラットに考えると物凄い数の人が、岩手公園の芝生広場を中心にして、
中津川挟んでの北クラキッチンの方や、赤レンガや、バスセンター、
そして大通菜園のマチナカの方まで溢れた本当に奇跡のような2日(3日)間だったのではないでしょうか。
ただ、個人的にはもっと凄い人になる可能性も?と真面目に考えて無駄な心配もしていたので、
そのあたりが本当にいい塩梅に自然と良い感じになったのかな〜と思います。盛岡マジック!
一応来場者数、何万人的なものは今後でるのだろうけど、その数字というのはもはやどうでも
いい数字だなと思ってて、あのみなさんの満足した表情や雰囲気が全てなのだと思います。
常々、外イベントの来場者数と高校野球のスラッガーの高校通算本塁打は
あまり鵜呑みにする数字ではないと思ってます。(まあ、でも知りたいですけど 笑)
目安には確かになるけど、あくまで目安。人が沢山くればいいイベントという訳でもないし、
沢山HR打っても(練習試合も入っているし)プロで打つかは別問題だとも思うし。
打率の方がやはり大事。イベントに来た人の中のどれくらいの皆様の心にヒットしたのか、
満足されたのか、満足度という事。そういう面でも素晴らしい北クラだったのではないかな〜っと思います。
作家の皆様、選考委員の皆様、実行委員の皆様、ボランティアの皆様も本当にお疲れさまでした!!
唯一の心残りはトーク1で、ワタクシが想像以上に上手く出来なさ過ぎて申し訳なかったな〜ってくらいでしょうか 笑
ただ、聞いてくれた友人に、走る家具屋でファシリテーター(最初から肩書きは外したけど笑)であれば
『ハシリテーター』が最適の肩書きだったね!っと言われ今後使えるネタも頂きましたよ。何事も経験!
まあ、それはさておき、今回芽吹いた北クラが今後どうなっていくかは楽しみですね。
なんにせよ、大きな一歩が北の地、盛岡で刻まれたな〜っと思います。

さて、ゆっくり休んで......って訳にもいかず
MCM(盛岡シティマラソン / これは仕事ではないけれども...)も23日(日)そして
26日からは松屋銀座7F での『カオリモリオカ VI』もはじまります。
(必死に準備します、間に合うのでしょうか本当に......いや、間に合うんだよ!お待ちしてます !!)
あと16日(日)は子供の体操の大会でお休みを頂きます。スイマセン。。
小学校のうちだけは最低子供の追っかけがしたく、しないと後悔絶対にしそうだし。
プライベートな用事で申し訳ありません。
親になるまで子供の運動会で休む親なんて、仕事を舐めてる!
なんて真面目に思ってた人とは思えませんね 笑
23日(日)は15:00頃からはMCMで走った後ですがopenはする予定です。
ぜひ、マラソン談義したい方はお待ちしてますよ。

あとお待ち頂いてた方に業務連絡です。近々エムピウの財布が入荷予定です。
入荷時、一番最初の情報はおそらくインスタになるかなと思いますので、
探してた方はチェックくださいませ。

下記今週から来週の営業日程です。

【営業日程 】
10月13日(木)  定 休 日
10月14日(金) 12:00 - 19:00
10月15日(土) 12:00 - 19:00
10月16日(日)  休 業 日
10月17日(月) 12:00 - 19:00
10月18日(火)  休 業 日
10月19日(水)  定 休 日
10月20日(木)  定 休 日
10月21日(金) 12:00 - 19:00

イレギュラーな日程が続く秋で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い致します。




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 18:35Comments(0)

October 04, 2022

北クラ と 下クラ と 営業日程

275977749_8006435916049096_7986523855712626183_n

いよいよ今週末、岩手公園(盛岡城跡公園)の芝生広場で北のクラフトフェアが開催されます。
3月に一度、北クラに対してのワタクシの思いの丈は書きましたが、本当にいよいよ!
たぶん、凄い数のお客様が岩手公園を訪れるのだと思います。
ワタクシも午前中は当然朝一から見にいこうと企み中。
そしてそれこそ店の人としては、こういう時は店を普通に開けるのが仕事中の仕事だと
思っておりますので(さんさとかはまたベクトルが違うのですが)8日(土)と9日(日)は
きっちり営業中でございます。
そして一応ささやではありますが『下のクラフトフェア』というものを、
北クラのストリート企画内の一つとしてホルツとして考えましたよ。

keyaki

盛岡駅を出て開運橋を渡るとY字の交差点があります。
そこを左側に真っ直ぐ進むとアーケードのある大通り、右側の開運橋通りを7~8分突き進むと
岩手公園の石垣前のこの大きな欅のあるT字路にぶつかります。ホルツはこの信号の一つ手前の
信号を左に曲がるとすぐ。この欅のT字信号は『岩手公園下』という名前がついてます。
そんな公園下すぐにあるホルツで開催するささやかなクラフトフェアが
『下のクラフトフェア』です。キタではなくシタです。下クラですね 笑
普段のホルツで取り扱っているクラフトモノを見せかたを再編集しての展示販売という感じです。
芝生広場の北クラが人でいっぱい過ぎだ〜、ちょっと人に疲れたぞ、って時には
公園下の『下クラ』を暇つぶしがてら覗いて見てくださいませ、それくらいユルスタンスで笑
ちなみに下クラは7日の(金)〜 9日(日)の3日間となりますー。

47149ee8588e94a5965b

そして10日(月・祝)に関してはホルツもお休みとなります。
北クラのトークセッションの第1部にファシリテーターふうの人として、
壇上にあがることになってしまいました。最初話しを頂いた時は、
飲み会ですらその場をまわすタイプでないワタクシとしては荷が重すぎるな〜っ
という感じで、北クラ実行委員の人選をちょっと疑いましたが 笑
せっかく頂いたお話しですので、どきどきではありますが、うまくやろうとはせず、
ってかそもそもファシリテーターという肩書きを勝手に外したノリで楽しくできればいいなと思います。
正式なテーマは『売る愉しみ・繋ぐ喜び』というお題を頂いておりますが、
『ボクらの時代』と『さんまのまんま』を足して『北クラ』で割ったらこうなりました
.....的な『北ラのまんま (ぼくらのまんま)』な雰囲気でお届けできればと思います 笑
壇上もF/style のお二人と日野さんとワタクシと実行委員の加賀谷さん達と考え、
自分達の愛用のクラフトなどを持ち寄り、セット?を少し組ませてもらいますよ。お楽しみに。
こちらは北クラのwebサイトからの予約制となります。ちなみ3部(話)は1日で完売したそうです。
1部(話)と 2部(話)はまだ空きある模様ですー。

47682132_773786659635295_6757995134605852672_n

そして最後に今週から来週にかけての営業日程です。


【営業日程 】
10月04日(火) 12:00 - 19:00
10月05日(水)  定 休 日
10月06日(木)  定 休 日
10月07日(金) 12:00 - 19:00
10月08日(土) 12:00 - 19:00
10月09日(日) 12:00 - 19:00
10月10日(月)  休 業 日
10月11日(火) 12:00 - 19:00
10月12日(水)  定 休 日
10月13日(木)  定 休 日
10月14日(金) 12:00 - 19:00

秋は本当に毎年そうなのですがやる事が多いですね。
秋の作戦は毎年立ててるつもりですが、全然功を奏さず、ただただバタバタしており
本当に学習能力のロースコアが露呈される結果になります 笑
あと、まだ全然告知できてないですが、10/26(水)- 11月8日(火)は松屋銀座7Fで
今年も『カオリモリオカVI』やりますよー。っと宣伝も突然入れてみたり。
ワンオペ家具屋ですので定休日(閉業日)なども配達だったり作業はしていたりはします。
春の新築に向けての家具のご相談なども、既に早いという訳でもなく今オーダーしても
時間かかる商品などは2023.3月とか4月という商品などもありますので、
何かあればお早めにご相談くださいませーー。

ってことで、最後はお伝えしたいことを強引に沢山ぶっ込んでしまいスイマセン.......
お店のOpenしている日数が少し減った事でご迷惑をお掛けしてしまう事も多く、
大変申し訳ないのですが、一人でのお店のまわしかたとしては現状はこれがベストと思って
やっております。長く続けて行く為に、何年経っても日々試行錯誤してやっております。
先日のミナでみかけた言葉の雰囲気を少しお借りするとしたら

『変わないでいる為に、変わる事も続けてる』 

そんな感じ。
そのあたり温かい目で見て頂けたら幸いでございます。

本日10/4 open のバスセンターも、バスセンターである為に風貌も新たに復活ですね。
2022の盛岡の秋はなんだか歴史的な感じすらします。
みなさま、どうかそれぞれの楽しい秋をお過ごしくださいませ。
あっ、10/23(日)のMCM(盛岡シティマラソン)もお忘れなく 笑


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 10:28Comments(0)

September 30, 2022

つづく

IMG_4933昨日の定休日、青森県立美術館まで行ってきました。
約16年ぶり。(ブログは自分の記録として本当に役立ちます。)
確かこの時は弘前のA to Zとハシゴだったかなと思います。
そう考えるとまた、弘前れんが倉庫美術館
奈良さんの展示をこのタイミングでやっているというのは
なんだかまたね。(こちらはまた改めて行きたいなと思います。)

IMG_4934




今回の目的はもちろん

IMG_4937


mina pelhonen
minagawa akira

『つづく』


です。
10月2日(日)までだったので、
滑り込みで強行で行ってきました。
IMG_4940





移動行き2時間
IMG_4945




滞在2時間
IMG_4957




帰りも2時間
IMG_4959
でしたが、行って本当によかったなと思う展示でした。
ワタクシがミナの服を着る訳ではないですが、
ミナや皆川さんのこれまでの仕事や考え方など、
そういうモノゴトを視覚的にリアルに感じれるというのは
凄く良い時間でした。

最後の方にあったこの言葉はなんだか凄く響きました。

相反する事のようだけど、近い事のような気もしないでもないし。
共通しているのはどちらも『つづけている』という事だなと。
ホルツはどちらかというと後者のスタンスの考え方なのですが、
やはり時が経つと結果的に色々変わっているし。
ただ、変わらない場所でまだまだつづけたいという事は
最初から18年半程変わらずに思ってます。
100年とかは考えた事ないけど、
最低でもフルマラソンくらい、
42年くらいできたら理想だなと思ってやってます。
まだまだ『つづく』ように日々精進していきます。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 13:36Comments(0)

September 20, 2022

ものづくりで地域をつくる

ものづくり
明日は定休日ですが、秋田でこちらに参加させて頂きます。
専門学校すら1番ノリで辞めているくせに、一応ゲスト講師として呼んで頂きました 笑
ただ、メイン講師兼ファシリテーターの永田さんはじめ、
ゲスト講師も、てくりの木村さんや、カサネツムグの田宮さんも一緒ですので、
ワタクシなんぞは居ても居なくてもくらいのノリで気楽にお話しさせて頂こうかと思います。
『場づくりから考えるものづくり』というお題が一応ありますので、
『entwine / エントワイン』の事を中心に惜しみなく知ってる事、経験した事は
お話しできたらいいなと思うので、聞いてくださる事業者さまの何かヒントになる事が
一つでもあればこれ幸いでございます。




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 16:45Comments(0)

July 29, 2022

Link up! FUTAGAMI はじまりました。

IMG_4477いよいよスタートしました。
Link up ! FUTAGAMI at Holz
店内の1階の天井から吊っているペンダントは
現在はなんと全てFUTAGAMI製品になっております!!
今まで展示のなかった円錐 / 長 タイプや、
ランタンランプの吊りタイプなども。
あとは定番の円錐や半球や明星も
色や仕上げ全タイプみれるので圧巻ですよ。
IMG_4465..そしてスイッチやネームプレートも
ほぼ全タイプ確認できます!
ぜひカチカチしてください。
ネームプレートも
ご相談お気軽にどうぞー。
IMG_4463ネームプレートに入ってる家型に関しては
ホルツ別注仕様です。
そしてホルツオリジナルのポストに付ける事のできる
真鍮の〒マークも、製造はFUTAGAMIさんです。
なのでこういったセットもホルツでオーダーできるメリットですね。
IMG_4436
初期からの人気のラインナップももちろんあります。
特にタオルハンガーは
キッチン周りの引き出しの
ハンドル兼タオルハンガーとされる方も多く、
発売当初よりも今の方が人気のある商品だったり。
面白いものですね。
IMG_4440
あとは製造時の型枠や型枠から取り出したばかりの
状態のまだこんあ状態のものなども見る事ができるのは
展示会ならではですね。
栓抜きの日食は一つの型枠から8つできるという訳です。
ここから取り外して一つ一つ仕上げていく事になります。
という訳でなかなかマニアックな部分もありつつ、
お楽しみ頂ける展示にはなっているかなと思います。
会期は8/21(日)までですので、
いつもの展示会よりはちょっと長めです。
是非どうぞー。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 17:35Comments(0)

July 28, 2022

Link up! FUTAGAMI at Holz いよいよ明日7/29 スタート!

1200お伝えしていた富山県高岡市の真鍮鋳物メーカー、フタガミさんの巡回展
『Link up! FUTAGAMI at Holz』はいよいよ明日からスタートです。
昨日、今日の定休日は終始準備をしておりました。
今回は照明やネームプレート、スイッチは全種見れますので、
ピンポイントでそういうタイミングの方には願ってもない
チャンスかなと思いますよ。フロアスタンドとかも見れますー。
フタガミさんのショールームを除けば、
今現在はどこよりも現物確認ができる場所な訳です。
今回の期間中照明お買い上げの方には無料メンテナンスカードが
1回分ついてくるという特典も。
あとは納期が少し通常より短縮されますので、
9月末までには欲しいぞーという方も諦めるにはまだ早いですよ!
1201ホルツではまだデビューしていなかった掛け時計も届きましたよ。
3種ともみれます。写真は照明で言えば明星的な雰囲気の
『トウィンクル』これは黒ムラも見れます。
鋳物の特性を活かしたこういうデザインはいいですね。
サイズは確認してたけど個人的には思ったより、
現物みたらコンパクトな印象だったのが余計よかったですね。
明星がある空間にこれは特にいいかも。残りの2種も素敵ですよー。

8/21(日)までの会期となります。
会期中も水曜日と木曜日は通常通り定休日となりますので、
ご了承くださいませ。

それでは明日からの Link up! FUTAGAMI at Holz
沢山ご来店をお待ちしております!

□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 17:33Comments(0)

July 19, 2022

2020 SALE 明日20日(水)スタート

2020sale1以前よりお伝えしておりました。
【 20周年まであと20ヶ月位ですSALE 】
通称 : 2020SALE (ニーマルニーマルセール)ですが、
いよいよ明日7月20日(水)12:00よりスタート!
会期は7/24(日)までの5日間でこの期間は休まず営業します。
実は、まだ準備は完了しておりませんが、
おおよその写真だったり、雰囲気だったり、ルールを
先にお伝えさせて頂きます。
まず軽家具類が今回は一番の目玉かなと思います。
オリジナルのF-TOOLだったり、ennewキッズチェアだったり、
iwatebacoくるみバージョンまで!
全て一度価格の見直しだったり、仕様変更だったり、
職人さんが変わったりする為、一度現在有る在庫はSALEとなります。
あとは新品の小ぶりなテーブルなんかや、raumから引っ越してきた、
ガラスケースなんかも。
あとは工具箱やペーパーホルダーやフックなどの工業系も。
2020kasane
こちらも今回かなりお得です。
現在も人気のカサネシリーズのベースサイズとプレート。
それぞれ漆タイプです。
このサイズに関してはセットだと蕎麦猪口的に使うのがすごくハマります。
アウドドアそう麺されている方もおりますえ。
漆だと余計に!もちろんソロでコップや小鉢、豆皿としての使用もいいですし、
既にノーマルカサネコップをお持ちの方も漆タイプを組み合わせて使ったりすることで、
またそれぞれの良さを感じる事もできたりするかなと思います。
これはセットで¥11,990(税込)→ 33%offで ¥8,000(税込)となってます。
数量は何セットかありますー。来年復活予定なんですが、職人の手が変わったり、
イタヤタイプは無くなる予定なので、その辺も含めたリニューアル準備でSALE。
ベースやプレートは木地部分の露出が下の僅かな部分だけなので、
樹種を2種類にしてる必要性があまりないかもなと笑
それで来年からは山桜のみになる予定。通常のウレタン仕上げタイプは2種で継続です。
2020tategu
こちらも長きに渡って制作してきたH40シリーズのTATEGUやin HOUSEなど。
木の職人さんが、そろそろ制作活動のペースを落としていくという決断をされましたので、
ホルツでお願いしていたものも、ワタクシも色々と考えて一度終了の決断を。
たぶんTATEGUに関しては復活はないかなと思います。
非常にシンプルに見えて手間のかかる作りなので、
手が変わるというのはあまり想像できなかったりします。
モノによってやはり、その職人さんとだったから出来てたなとか楽しかったなというのも
あったりはするものです。
在庫はいくつかありますー。
tripodあとはこちらのホルツ→ラウム→ホルツみたいな感じで
渡り歩いてきた小ぶりな3本足のテーブルのスツール。
くるみの無垢材に鉄脚で雰囲気も良しです。
ダイニングテーブルよりは遥かに小さく、サイドテーブルとしてはデカいという
絶妙な、なかなかないサイズ感のテーブルです。
スツールの方は、それこそサイドテーブル仕様もいいかもです。

あとは写真にない商品なども沢山ございます。
お楽しみに。

あといくつか今回の2020SALEでのお願いを。

⚫️支払い方法
お買い物金額が¥15,000(税込)以下の場合は現金でお願い致します。
お買い物金額が¥15,000(税込)を超える場合はカードやPayPayが可能です。

⚫️通販対応
店頭でのお客様を基本優先とさせて頂きますが、
7月24日(日)会期終了後にまだ在庫有るモノに関しては可能です。
メールでのお問い合わせの返信なども7月24日以降になる事もありますので、
ご了承くださいませ。

⚫️市内近郊配達
軽家具などの市内近郊の配達ですが、できればお持ち帰り頂けますと助かります。
普段、椅子などの配達の場合、ホルツからお客様宅への配送料金は頂いておりませんが、
今回SALE価格で販売になっている為、もし配達という場合も送料を頂く事もございますので、
ご了承頂けますと幸いです。

以上となります。
それでは10年に一度系の2020SALE、お楽しみに!!


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 15:37Comments(0)

July 14, 2022

Link up! FUTAGAMI at Holz 7/29 ~ 8/21

Link-up!-FUTAGAMI_holz_rogo
展示会のご案内です!
先日お伝えした2020 SALE(ニーマルニーマルセール)の直後となりますー。怒涛の7月後半です!

【 Link up! FUTAGAMI 】

と題した富山県高岡市の真鍮鋳物メーカーである FUTAGAMI / フタガミさんの全国巡回展です。
2022年の3月から2023年の3月位までの1年間をかけて11軒くらいのお店を巡ります。
ホルツでも7/29(金)〜 8/21(日)の3週間ちょっとの期間、開催させて頂きます。
二上さんとの付き合いは10年以上、っというかFUTAGAMIがデビューした時から
取り扱わせてもらってます。
2019年はホルツ主導企画で、デザイナーの大治さんや山崎さんや二上社長も来盛頂き
イベントを開催した時もありました。
そんなFUTAGAMIの全国巡回展となったらホルツでやらない訳がない!

内容的には今回は住宅系アイテムの方がわりとメインになります。
照明やスイッチやネームプレート系って事ですね、
ただ、まだホルツでご紹介できてなかった掛時計や新作の小物系なども並びますので、
みなさんが、楽しめる内容にはなるかと思います!
照明とネームプレートは、元々ホルツ店頭にもまあまああったりはしますが、
今回はここに関しては全ラインナップ展示しますのできっちりご確認頂けますよ!!
なかなか全てを見れるという機会はありませんので、ここぞとばかりにどうぞー。
そして通常1ヶ月半〜3ヶ月半程かかる照明やネームプレートなども、
今回期間中にご注文頂いた分は、通常より納期を早めて(もちろんできる範囲でですが)
制作頂けるそうです。9月に新築だけどまだ決めてなかったー!って方もまだチャンス有り!
あとは年内とか来年の春までに新築予定という皆様にもとても良いタイミングかなと思います。
さらに、イベント期間中特典としてペンダントの円錐、半球、明星のランプを
ご購入のお客さまには指紋や変色で汚れた際に工場で磨き直しを行うメンテナンス券を
なんとプレゼント!長い目で見るとかなり有難い券で、嬉しいですね。

そんな訳で Link up! FUTAGAMI at Holz お楽しみに!!


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 17:05Comments(0)

July 12, 2022

7月の営業日程

47682132_773786659635295_6757995134605852672_n
さて、7月も気がつけば中旬です。
3年ぶりのリアル開催となるMCM(盛岡シティマラソン)までもあと103日ですよ。
みなさん、エントリーはお済みですか? フルマラソンはまだエントリーできるようですので是非!
今年は腰をいたわり、ファンラン8.8kmにエントリーしたホルツです、こんにちは。
ゲストランナー和田正人さん、いいですね。箱根ランナーですしね、陸王の平瀬ですしね。
ランチューバーの『たむじょー』くんも呼んでくれるともっといいですね 笑

さて、7月のスケジュールです。実は後半からイベント盛り沢山みたいです。
それに伴い営業日程結構変わります。下記に一応後半のスケジュール予定は表記しておきます。
ご確認くださいませ。先日、2020 SALE(ニーマルニーマルセール)のことはお知らせしましたが、
(わりと反響ありまして有難い限りです、軽家具系がかなり充実してると思いますー)
その後すぐに真鍮でお馴染みFUTAGAMIさんとのイベント(Link up! FUTAGMI) をお盆開けまで開催しますよ。
照明、ネームプレートに関してはほぼ全種見れますよ。スイッチなんかも。
あとは新作の掛け時計なんかもやっとホルツに並びますよーー。是非この機会に。


【7月営業スケジュール】


7月13日(水)  定 休 日
7月14日(木)  定 休 日
7月15日(金) 12:00 - 18:00(短縮営業)
7月16日(土) 14:00 - 19:00(短縮営業)
7月17日(日) 12:00 - 19:00
7月18日(月)  休 業 日
7月19日(火)  休 業 日
7月20日(水) 12:00 - 19:00(2020 SALE 初日)
7月21日(木) 12:00 - 19:00(2020 SALE 2日目)
7月22日(金) 12:00 - 19:00(2020 SALE 3日目)
7月23日(土) 12:00 - 19:00(2020 SALE 4日目)
7月24日(日) 12:00 - 19:00(2020 SALE 最終日)

7月25日(月) 12:00 - 19:00
7月26日(火) 12:00 - 17:00(短縮営業)
7月27日(水)  定 休 日
7月28日(木)  定 休 日
7月29日(金) 12:00 - 19:00(Link up ! FUTAGAMI スタート)
7月30日(土) 12:00 - 19:00
7月31日(日) 12:00 - 19:00

※Link up! FUTAGMAIは7/29(金)〜8/21(日)までとなります。
 (Link up! FUTAGAMI期間中のお休みはまだ後日連絡いたします。)


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/  
Posted by holz at 16:11Comments(0)

July 08, 2022

20周年まであと20ヶ月位ですSALE

2020SALEタイトルの通りなのですが、長いので誰かに伝えたい時は

【 2020 SALE / ニーマルニーマル セール 】

って言った方が早いと思います。
でもなんで2022なのに2020なの?って事になると思うので、
最終的にはタイトル通りの説明が必要になるのかもしれませんが 笑

そんな訳で2004年の3月27日のOPENしたホルツですが、
20周年まであと20ヶ月位という、
かなり中途半端極まりないタイミングでのスペシャルサンクスSALEを行います。
ホルツとしては初売り以外で、こういうSALEはたぶん数年に一度なので
結構珍しい事ではあるかなと思います。

確実に変なタイミングではあるのですが、
ここ1〜2年くらいは20周年とか、50歳とか数年先の事を
真面目にだったり、ふざけてだったり、結構考えていました。
50歳の事はあと5年ちょっとあるので一度今回は置いときますが、
20周年はそう遠い話しではないなーと思ってて、
20周年の時に行うような事を今やっておいて、
いろいろと物理的にも気持ち的にも整理できた状態で
20周年を迎えれたらいいなという思いで約20ヶ月前に決行という訳です。
ちなみに10周年の時は10周年を2014年3月27日に迎え、
その後にホルツ始まって以来の大セールを行いました。
そして一度店の中を空っぽにして、床から壁から何から、全てひっぺがしての
リニューアル工事を約3ヶ月に渡り行いました。当時もやはり10年後20年後を見据えて。
今からだとちょうど8年くらい前ですね。
2014年の7月はこんな感じでした。
絶賛工事中です。その間にたまにイベント出たり、走ったりもしてましたが、
とにかく体力勝負でしたね。30代半ばって自分もそうだったし、他の人を見てても
一番頑張りが利くし、なんでもできそうなお年頃だな〜って思ったりします。
今は腰痛かったり、四十肩はぼぼ治ったりだけど、そんなですからね 笑

話しは戻りますがタイミングの話しでいけば、上記の通りで、
10周年の時は10周年後に行って、20周年は20ヶ月前にみたいな事なのですが、
その理由としては大きく分けると2つあります。

まず一つは、今まで長く付き合ってきた数人の職人さんが、
ここ1〜2年で、制作に対しての向き合い方が年齢や生活スタイルの変化と共に、
変わってきた事などもあり、いくつかのホルツオリジナル商品の制作も
この先長い目で考えると少し難しい状況になってきた。っというのがあります。
ホルツは職人ではないので、自分の手だけでモノを作りだす事はできません。
職人さんとの関係のもと成立しているので、職人さんの環境やスタイルの変化での
こういった事は致し方ない事ですし、わりと年に何回かは顔を会わせる人達なので、
その過程も見たり、聞いたりはしてたので、遂にその時がきたか〜っという感覚です。
年齢的にも年下世代、ほぼ同年代、ひとまわり半くらい上世代の職人さんで、みんな理由も違います。
そういう方に作って頂いてたオリジナルのモノなどは一度、生産終了となります。
今までオープンして18年と数ヶ月、特にオリジナル商品で廃番にします!
みたいな事はほぼ無くやってきましたが(もちろん、今つくってないのもあるけど)
今回は一度生産終了にするものが結構あるかなと思います。
ただ、1年後とかに作る職人の手が変わって復活みたいな事もあるかもしれませんが、
一度線引きを今回はしておいた方がいいかなという判断ですね。
なのでやはり廃番!ってのとも少しニュアンスは違いますが、
しばらくの間、無い事には違いはないですので。

一つ目はそういった作れなくなってしまうモノが多く、
一度そのあたりのモノのに関しては気持ち的にも前向きに整理するという意味合いです。
職人さん達とは人としての付き合いは続きますので、モノの話しとして。

二つ目、これは単純に物理的にモノがこの建物内に多くなり過ぎ.............って部分。
10周年のリニューアルでバックヤードも少しだけ広くなり、
在庫や小さな什器や備品など置けるようになった反面、モノが増え過ぎ。。
整理しようと思って、ロフトに上がったのに逆に誤って背中やケツがぶつかり、
下にモノを落下させて破損........みたいな事もたまにありました。
8年もすると色々溜まってきますね、カサネコップの箱なんかも沢山あるしね笑
基本、店内見えるところの商品量ってそんなに多い店では無いかなとは思うのですが、
もっと少なくてもいいかなというのは日々思ってたりします。
同じモノを長く売りたいというスタンスは最初の頃から基本的には変わってません。
もちろん、そう思ってても、そうならないモノも沢山あるのですけどね。
正直自分の店だけどコントロールが難しい場合もあったりもしますが、
『店』っていうのはそういうのも含めて『店』だとは思います。
でもワタクシは職人にも憧れるけど『店の人』が一番好きでやりたい事なので、
その『店』を長く続ける為に、できる範囲で環境は整えて行きたいと思ってます。
ロフトに上がって、ケツがぶつかってモノを落下させて破損させたくもないです 笑

っというような大きく分けると2つの理由です。
20周年を見据え、そこからのさらに10年〜20年の事も考えての【 2020 SALE 】
という感じです。タイトル長いけど説明も長くなってしまいスイマセン。

まあ、そんな訳で色々とスペシャルプライスで販売する5日間を予定しております。
今回は上記の理由ですので、全品SALEという事ではありません。
該当商品に関してはセールプライスというノリです。
おおよそ、20% OFF ~ 50% OFF くらいです。
普段あまり見たことなかったぞ、ってモノなども少し並ぶ予定です。
軽家具的なものもわりとお得かなとは思います。
時間があれば対象商品の説明などもここでできればいいなとは思いますが、
SNSだけになるかもしれませんし、あまり説明できずにスタートの可能性もあるので、
そのあたりはご了承くださいませ。
いずれ、2020SALEの事は当日前にはもう一度説明はさせてもらえればとは思ってます。

今日はとりあえず、2020 SALE の意図や日程だけまずはお伝えしようという更新でした。

あっ、その日程ですが、まだ画像以外触れてませんでしたが、せっかく2020 SALEなので
7月20日(水)スタートとします。7月24日(日)までの5日間を予定しております。
水曜日と木曜日は通常は定休日ですが、そこはどちらもオープンします。
その変わり、直前の18日(月)と19日(火)が休業日になる予定です。

という訳で今日は
【 20周年まであと20ヶ月位ですSALE 】( 通称 : 2020 SALE / ニーマルニーマルセール )

のご案内でした。
よろしくお願い致します。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 17:08Comments(0)

June 24, 2022

エントワイン 2022 終了しました。

IMG_4042もう会期が終わってから一週間経ちますが、
遅ればせながら感想をまとめておこうと思うホルツです、こんばんは。
3年ぶりとなった今回は過去一の来場者数となり、
そう想像以上の盛り上がりとなりました。
なんと1日の来場者数はエントワインとしては当然ですが、
旧石井県令邸としても史上最多を記録。
沢山のご来場本当にありがとうございました。
訪れてくれた皆様はじめ、
出展者、実行委員、ボランティアスタッフ、
県令邸のさっちゃん、県令邸の手前やお隣に住まれてる方、
関わってくださった全ての皆様に感謝したいと思います。

県令邸の屋根の赤、蔦の緑に
ペンギン文庫さんのトラックのネイビーグレーな感じ。
トラック位置が前回と変わった事で、
新たな県令邸の景色ができあがったな〜っと
個人的には思いました。
286719306_1023459881895298_5032377869691717745_n沢山の方に足を運んで貰えたのは本当に嬉しいし感謝しているのですが、
最終日は夕方まで終始、人数制限をかけての入場となってしまった為、
暑い中、外でお待たせする事になってしまったり、
時間が無かった方は入場できずに諦めてしまった方もいるかもしれません。
そのあたりは本当に申し訳なかったなと思います。スイマセン。。。
来年は外も更に楽しめるように何かまた工夫していければいいなと思ってます。
建物内は、少しお待ち頂いたぶん、適正人数でとても楽しそうに買い物されたり、
久しぶりの再会に嬉しそうな皆様の表情が印象的でした。
IMG_4035
ホルツブースはこの什器をお借りして
コンパクトに平たくまとめました。
カサネ祭りにはピッタリな環境でした。
毎度お馴染み結構不在がちなブースでしたが笑
IMG_4037



1Fのこんな部屋や
IMG_4039




2Fのこんな部屋
IMG_4040


元金庫室など旧石井県令邸での展示会は
階や部屋がわかれているのも特徴です。
写真あまりとってなかったんでアレですが、
屋根裏のラウンドロビンさんも素敵すぎました。
ちょっと屋根裏は暑くて大変な部分もありましたが。。
IMG_4062最後に撤収後、建物前で
実行委員や県令邸のさっちゃんとお疲れさまでした、
っと散った直後に突然あがった打ち上げ花火には
エントワインにあげてもらったようでかなり感動でした。
6月に変更して開催した3年ぶりのエントワインは、
なんだか1回目の時のような新鮮な気持ちになりました。
イベント事を同じテンションで継続していくというのは
仕組みをかなり細かく綿密につくらないと難しいかなと思いますが、
エントワインは30社程の数の合同展で100社以上のそれとはまた少し
違う形態かな〜っとは思ってます。
ギリ出展者同士も全体で交流とれる数というか、縁になりそうな数というか。
会場に関しても旧石井県令邸でなければエントワインではないとも思ってます。
箱も展示会の一部だし、エントワインの場合その箱もかなり重要ですし。
なので今回時期は変わりましたが、会場は今後も変わる事はありません。
ただ、そういった変えないブレない頑固な部分は持ちつつも、
展示会の細かい輪郭は柔軟に、時代にあわせて変化させていきたいなと、
同じ箱内でのクオリティをあげる試みはし続けたいなと思ってます。
今年も沢山の『en / 縁』が生まれた合同展示会になっていたらいいなと思います。
来年も6月頃に開催予定です。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 16:46Comments(0)

June 12, 2022

いよいよ今週はエントワイン

a0141072_08571771いよいよ今週の6月16日(木)- 18日(土)は3年ぶりの 【 entwine / エントワイン 】
エントワインってなんぞや?って方はリンク先の記事を読んで頂ければ
おおよその概要はわかるかなーっと思います。
昨日のチャグ馬にしろ、ここ1~ 2ヶ月は ”3年ぶり" っというワードを
良く耳にしますが、エントワインもまさにその通り。
会期は10月から6月にリニューアルしたけど、場所は変わらず、
お馴染み、清水町の旧石井県令邸です。
蔦も紅葉した赤オレンジな時期ではく、青々もさもさした時期。
それだけでもまた、訪れた時の印象は違うかもですね。
エアコンがない県令邸、10月の時はヒーターを完備して開催してましたが、
6月は暑くも寒くもないかな?
ただ予報だと設営準備の日(15日)と最終日(18日)の
最高気温の差は10℃あるけど。
どちらにしても建物の設備と気温考えると6月の方はきっと
過ごしやすいだろうなと思ったりはしてます。
IMG_0058ホルツは主催側の一人でもありますが、
出店側の一人でもあります。16日(木)のバイヤーデイは、
今回はサイズも増え、重ねたり、入れ子になったり、
組み合わせバリエーションも大充実したカサネコップシリーズを
改めてバイヤーさんやプレス関係者さんにも
じっくりとご覧頂きたいなと思ってます。
お店をやってたり、モノヅクリをしてていつも思う事は、
自分自信がそのモノに飽きない事。
出来てから3年くらい経過しているモノはお店としては
新商品とは言い難い。ただ、ウチのような小規模店が作ったものは
それが3年でどれくらい人の目に触れたか?
そう考えると世間的にはまだまだ新人枠と思ってますし、
そもそも10年経っても20年経っても職人さんが元気に制作してくれる
限りは販売したいと思ってます。そういう長期スパンでの考えのもと
色々な提案をしていければいいなと思ってます。
8E41A975-1FA5-4C32-B9C8-397D8B4138E7
最初のカサネコップが発売されてからは5年が経ちました。
ワタクシの制作時のイメージとしては
基本的にはウチカサネ(家や店でのインドア使用)なイメージで進めました。
実際、そういう使いかたの方がまだ多いかとは思います。
ただ、ここ2~3年、お客様によく言われるのが、
ソトカサネ(山やキャンプなどのアウトドア使用)でもかなり活躍してますと。
ワタクシ自信、マラソンはしますがトレランはしないし、
キャンプもほとんどした事がありません。なので
『そうなんです、ありがとございます!』とはなるけど、
実感があまりありませんでした。
でも重なるし入れ子になるし、軽いしで確かに適してはいます。
今年は『キャンプ行くぜ!』と思い、
snowpeakのコレをとりあえず買ってみたら............
ここまでシンデレラフィットするなんて!
BAC5C02C-BE44-43A1-BE00-D62489C3928B
コレように作ったかのようですが、
こんなシンデレラフィットは1mmも考えずに
ただただ握った感触の1mmはシビアに考えて
horimokuの堀さんと作りました 笑

ソトから

snow peakのシングルチタンマグ300
kasane kop / カサネコップ
kasane kop mini / カサネコップミニ

というナイスシンデレラです。
1200最後に17日(金)と18日(土)のマーケットデイについて。
基本的にカサネコップ含めたオリジナル商品を中心に
ちょっとだけお買い得プライスで、
消費税分は一律無しの10% OFFで販売致します!
写真のタンバリン張ったF- TOOLなどは次回生産は価格もあがりますし、
まだちょっと目処たってないので、諸々考えても結構よいかなと思います。
他にも普段から狙ってたモノがあればこの機会に是非どうぞ。
会場でのホルツブースの支払い方法に関しては、
現金 or PayPay となります。
(支払い方法は各出展者ブースごとで異なります。)
このマーケットデイは旧石井県令邸自体が27店舗の
大きなセレクトショップのような空間になります。
クラフトフェアやマルシェなどの外空間でのソレとも
また異なった空気感できっとオモシロイと思いますよ。
出展者自身も例年わりと散財してしまうケースも 笑
IMG_4014
そんな訳で本当にワタクシも楽しみな
3年ぶりのentwine / エントワインです。
沢山のご来場を心よりお待ちしております!

今年はちょっとだけBICリなお土産つきですー。


※17日(金)18日(土)のマーケットデイの朝一は混雑する可能性があります。
 状況により入場制限をさせて頂く事もございますのでご了承くださいませ。


【 営業日程 】
6月13日(月) 12:00 - 19:00(通常営業)
6月14日(火) 12:00 - 19:00(通常営業)
6月15日(水) 定 休 日(entwine 設営準備)
6月16日(木) 定 休 日(entwine 1日目)
6月17日(金) 休 業 日(entwine 2日目)
6月18日(土) 休 業 日(entwine 最終日)
6月19日(日) 12:00 - 19:00(通常営業)


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/
  
Posted by holz at 13:39Comments(0)

May 22, 2022

entwine 2022

entwine6_flyer_h1

3年ぶりの開催となる東北初の合同展示会【 entwine / エントワイン 】
『衣・食・住』様々なジャンルで活動するメンバーが東北を中心に全国から27社集います。
2015年10月に初めて開催し、2019年まで毎年10月固定で開催されてきましたが、
2020 , 2021の小休止を挟み、2022年から6月に時期を変更し、気分も季節も新たに6回目を迎えます。
大きな変更理由としては、季節が良い秋だと当然世の中でのイベントごとも多く、
ワクワク、ドキドキ、セカセカ、そんな忙しい季節でもあるなと感じておりました。
『その季節に今後もずっと開催していけるだろうか?』
そう思った時に、逆にあまりイベントごとも多くなく、カレンダー的にも
祝日が1日もない6月はどうだろう? 雨には当然降られたくはないが、エントワインは外ではないし。
(一部外出展もありますが、おおよそという意味で)
出展者にもバイヤーさんにもお客様にも、ゆっくりと楽しんで欲しいし、
主催側もやはり楽しんで開催したい、などなどトータル的に長期スパンで考えた結果、
楽しく続けていく為に6月という季節を選びました。2023以降も6月開催で進めていく予定です。
例年は建物(旧石井県令邸)に絡む蔦も紅葉シーズンでしたが、今年からは青々とした時期です。
エントワインで『モノ』を通して新しい『en / 縁』がたくさん生まれて欲しいなと思います。
当然、楽しい事が前提ではあるけど遊びではないので『en / 円』も結果的に生まれて欲しいです。
『絡む/絡まる』という意味の『entwine / エントワイン』という言葉は、
ヒトがモノを通して積極的にどんどん絡んで『縁』や『円』を生まれていって欲しいという想いと
建物に絡まる蔦という部分から付いた名前で、旧石井県令邸が会場だという部分も大きいです。

あと、実はスペルを解析してみると『en twi ne』 普通に読んでも逆から読んでも『 en 』
ちゃんと縁と円がスペルにも入ってます。更に逆から読んだ場合は『 i(い)w(わ)t(て)』
真ん中に隠れてます。最後のは、ほぼ強引な後付けに近いですけどね 笑
『縁、岩手、円』そんな展示会だと思って頂ければわかりやすいです。わかりやすいか?笑

entwine6_flyer_h4

今回は新規出展もなんと10社!楽しみですねー。
全出展社の活動地域を東北を基準に分けてみると、東北 20社 , 東北外 7社 という比率です。
今回は過去一の東北率かと思います。厳密に決まっている訳ではないのですが、
東北で開催する展示会なので最低半分以上は東北で活動する皆様に出展して頂けたら
有難いなと思ってます。ただ、100%東北とかを目指したりなんかするつもりは1%もなく、
あくまで東北外の空気感も感じる事のできる東北の展示会でありたいと思ってます。

ホルツは主催の一人という立ち位置でもあり、出展者でもあります。
3年ぶりというのもありますが、今までで一番純粋に楽しみな感じが既にしております。

どっちの立場でも例年通りドキドキワクワクしてますが、
セカセカはせずに当日を迎えれそうだなーっというのも大きいなと感じております。
皆様もどうぞお楽しみに。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【 合同展示会 entwine 2022 】

⚫️日時
6月16日(木)- 6月18日(土) 11:00 - 18:00 (最終日は17:00)

〇EXHIBITION
6月16日(木) 11:00 - 18:00
※バイヤー、ブレス、関係者の方の商談日となりますので一般の方のご来場はお断りしております。

〇MARKET
6月17日(金)11:00 - 18:00
6月18日(土)11:00 - 17:00
※どなたでも入場可能な、各出店メーカーによる展示販売会になります。

⚫️会場
旧石井県令邸
〒020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51

⚫️問い合わせ
info@entwine-tohoku.com
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/  
Posted by holz at 16:07Comments(0)

March 17, 2022

北のクラフトフェア

275735519_536130227938725_2876313801303592253_n
ここ数年は以前よりは足を運ぶ機会は少なくなってきてはいましたが、
2010年前後あたりは何かと理由をつけて頻繁にクラフトフェアを巡っていたような気がします。
もちろん以前よりは頻度は減ったとはいえ、例えば県内だと小岩井とかは近年も
だいたい足は運んでいましたけどね。
2010年11年のよこてのお城山クラフトフェアなんかは店という立ち位置ではあるのですが、
オリジナルのモノを制作しているという事で、おおらかな観点でみて頂き、
ありがたい事に出展させてもらった事なんかもありました。
商売柄もあるけど、基本仕事としてもプライベートとしてもクラフトフェアというのは
好きなイベントではある訳です。
そして思うのは、やはりせっかくならクオリティは高いに越した事はない。
美しいモノを見て触って刺激を受けるし、純粋に選抜された作家の作品を
一堂にみれるは楽しいなと思います。大きなクラフトフェアなんかはモノの甲子園みたいなものですね。
そういった意味で言えば、歴史、クオリティ、認知度、どれをとっても
まずまっさにに思い浮かぶのは毎年5月に開催される松本のクラフトフェアでしょう。
ワタクシがはじめていったのは2009年のこの時。(こういうのはホントブログが一番だなと思います)
なんか東京に行ったかのように、いろんな人に会いまくるので、
クラフトフェアも当然だけど、松本自体が面白すぎた衝撃的な出張でした。
小泉さんに美術館で突然話しかけられた時はホント驚いて、驚いた勢いで、
Sandwich Tableのオファーをその場でしたのを今でもよく覚えています。
そうなると2010年も行ってる2011年も行ってますね。
2012年.....あたりからはマラソンによく行くようになっているようです 笑
2016年は with てくり さんで『いわてんど』を松本開催したこともありました。
そうやって、クラフトフェアを軸に街自体が物凄く盛り上がっているのは
凄く親近感が湧きました。そもそも松本の雰囲気って盛岡とよく似ているなとも思うし。

ちょっと松本の話しが長くなってしまいましたが、
盛岡でも2022年10月に遂に岩手公園(盛岡城跡公園)芝生広場内で

『北のクラフトフェア (通称 : 北クラ / キタクラ たぶん......)が

開催される事になったようです。結構な事件(当然良い意味での)だなと思いました。
それこそ2010年代前半はワタクシも岩手公園でのクラフトフェアというのを、
夢物語りとして口にだして話していた時期もありましたが、それを実際に自分でやろうというか、
行動に起こそうと真剣に動いた事なんてなかったし、実際その時は現実的ではないかもなとも思ってました。
それがどうでしょう、一周まわるとやるべき人が、かなりスペシャル過ぎる布陣を組んで
開催するというではないですか!
しかも日程が元のentwine / エントワインの時期。
(たまたまですが、今年からentwineは6月に開催を変更したばかり)
ワタクシはキタクラの実行委員な訳でもないので、当然日程に関しては知りませんでした。
そうなると、これは勝手にお手伝いはできそうだなと 笑
たぶん、松本と同じ事をしようともおそらく考えてないとは思います。
キタクラはキタクラらしい楽しみ方が必ず生まれるはずです。中津川もすぐだし。
ただ、こういうイベントの時のマチナカのお店の役割みたいなものってなんかあるような気はしてて、
ワタクシは職人でもデザイナーでもイベンターでもプロランナー(これはなれるならなりたい!笑)でもなく
『いち店の人』なのでそういう立ち位置で全力で応援して勝手に関わって行こうと思ってます。

HPを下までじっくり見ると実行委員もですが、選考委員の顔ぶれを見るだけでも
普通にワクワクする名前しか並んでないですしね。ご存知でない方もいるかもしれませんが、
インテリアやクラフト界隈で考えると、とてつもないメンバーです。
当然、主役は出展される作家だとは思うのですが、
まず選考委員のこの面子が一堂に会する事もなかなかないだろうし、
その場が盛岡だというのが嬉しすぎますよね。
わかりやすくなるかなと思って、例で松本松本と言ってますしベクトルは少し違うかもしれないけど、
それ以上のモノがなんだか近くで生まれようとしているのかな〜っと勝手に思ってます。

モノヅクリの作家の方にはホントに応募して欲しいなーと(2022/4/10 締め切りです!意外とすぐ!)
思いますし、見たいぞー、欲しいぞー、盛岡行くぞー、っていう県内の方も遠方の方にも
たくさん来て欲しいなと思います。(ややこしくなるので一度コロナの事は棚にあげて書いてます)

秋のモリオカはキタクラにMCM(盛岡シティマラソン)に楽しみ過ぎますね。
参考までにですが、MCMのスタートも、もりおか歴史文化館前ですので
ざっくり言えば、どちらのイベントもおおよそ、同じ場所で起こる楽しみです。
"バスセンター" や "monaka"も含め、2024年頃までにモリオカはだいぶ進化しそうですね。

まずは『北のクラフトフェア』楽しみ過ぎます。



【 北のクラフトフェア MORIOKA 2022 】
会期:10月8日(土)〜10日(月・祝日)
会場:盛岡城跡公園
主催:北のクラフトフェア実行委員会
選考委員:皆川明、三谷龍二、日野明子、ナガオカケンメイ、F/ style、光原社

オフィシャルサイト
https://kitanocraft.com/
※出展の応募要項や応募方法もオフィシャルサイトからご確認いただけます。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 13:19Comments(0)

December 28, 2021

2021 / 2022

2Inbox-Low3Inbox-2

年内最後の更新となります。
みなさまお待ちかねの初売りの詳細はこの記事の後半でお伝え致します!
まずは、2021年ホルツ最後のたわごとをお読み頂ければ幸いでございます。

さて、2021年の営業は昨日12月27日で終了致しました。
改めまして1年間本当にありがございました!
今年も多くの皆様へ感謝感謝の1年でした。お陰様で今年もなんとか年を越せそうですー 笑

やはりコロナ禍での一年となった訳ですが、様々な事への制限があったり、
やりにくい事、生きにくい事は引き続き多々あったかと思います。
ただ、2020年と少し違うのは最初からざっくりとした部分は想定できてた事。
2019年末には想像すらしてなかったけど、2020年末はまだ続くのだろうという予測のもと
単独で完結する事に関しては計画をできたという事。
2020年にジタバタしながらも試した事を、2021年に色々と改革をしていけたのは良かったかなと。

って事で唐突ですが、まだやってなかったのでホルツ的今年の漢字一文字の発表です。
ちなみに過去を調べてみました。見つけれない年も結構あったけど。

2013年 『 走 』  (ガッツリ走りはじめた年ですね。確定)
2015年 『 起 』  (エントワインなど新たな事を起こした年)
2016年 『 我 』  (12周年で一周して我を振り返ったりな年)
2018年 『 続 』  (継続という事を様々な観点から考えた年)
2020年 『 試 』  (コロナ禍で様々な事を試し成功失敗した年)

そして今年2021年はぶっちぎりで

『 改 』

に決定です。満票です。発表前からやや先走ってましたしね。
当然、改革の改で、2020年の試すを最大限に活かし、
2021年から営業日の変更、営業時間の変更、ここは大きく改めました。
閉業日というわかりにくい言葉まで作りましたしね。
走る方に関しても2020年の秋の腰痛を期に、早朝ランは辞め、走る時間も改めました。
あとは、ぼんずが小学生になったという事で必然的に生活リズムが変わり、
色々と時間に関してはプチ改革が春と秋にありました。

そんな訳で、こんなご時世でイベントを沢山した訳でもないですし、
近場でもそれほど出歩いてなかった時期もありますが、
普通にホルツの事や自分の家の事などの近い未来を考えた基盤作りに徹した年だったし、
ただただそれに没頭した1年だった感じがします。なのであのイベントいけなかったーとか、
あそこにまだ行けてないなーとか、多少はあるけど正直ホルツの事や家の事を考えるのが、
近年で一番純粋に楽しかった気がします。
情報過多な世の中なのでなんとなく周囲の情報をどこまでいれるか、いれなくてもいいか、
そんな事も意図的に意識してたりもしました。限られた時間を何に割り当てるかということ。
今現在44歳ですが50歳を目標にしてた20歳の頃の自分に最近また会えてる気がします。
『何を言ってるかちょっとわかんないんですけど 笑』て方がほとんどかと思いますが、
20歳の頃に50歳の漠然とした目標は立てて、しばらく忘れてて、
ここ数年でそういやそうだったなーっあと6年もないんだなって感じです。
20歳の頃よりはさすがに具体的なイメージが作れるので理想のオッサンを目指して
まだまだ頑張ろうと思います。健康でいないとな〜っと考える年になったな〜笑

そんな2021でした。
長々とオッサンのたわごとにお付き合いありがとうございました。

あっ、あと今回は年末年始カードですが、紙での印刷は一度辞めてみました。
必要と感じた場合、来年はまた紙にすると思いますし、このあたりも改革中。
そういう訳で今年はそのあたりはこの添付データでの挨拶で失礼させて頂きます。


さ〜て、お待たせしました。
2022年の一発目。
皆様、お待ちかねの初売りの詳細ですー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 2022 ホルツ初売り詳細 】
1月3日(月)〜1月5日(水)の3日間

■特典その1  【支払方法 / 現金、カード、paypay 】
ほぼ全品10%OFF ※一部除外有り
この機会に狙ってたあんなモノやこんなモノを是非どうぞ。


■特典その2  【支払方法 / 現金(振込可)のみ】
新築さんいらっしゃい! ※リノベさんもマンションさんも可。

2022年もやります!正直かなりお得なやつです。
新築やリノベ、マンション購入される方には
タイミングが良過ぎの超おトク典な3つのコース。

30坪コース / 限定 5名 】

なんと30万(税抜)で36万(税抜)分のお買い物ができます!
(実質16%OFF)

【 50坪コース / 限定 3名 】
なんと50万(税抜)で63万(税抜)分のお買い物ができます!
(実質20%OFF)

【 75坪コース / 限定 1名 】
なんと75万(税抜)で100万(税抜)分のお買い物ができます!
(実質25%OFF)

家具をご購入されるタイミングは、新築、リノベ、マンション、アパート引越し、
おおよそはそういうタイミングかなと思います。
家具、照明、表札、POST、他、色々買い揃えたいモノは出てくるかと思います。
ホントはソファの張地をこっちにしたい、樹種をこっちにしたい、
できればオットマンまで欲しい、なくてもいいけどあったら便利なスツールが欲しい、
スタンドタイプの照明が欲しい、壁付けのブラケットが欲しい、
他にはないカッコイイ表札やポストが欲しい、
そんな感じで元々買う予定はあるものの、最後にどこか少し妥協してしまいがちな部分を
補う事ができればいいなという想いで
『新築さんいらっしゃい!』という令和の初売りからはじまった昭和な企画です。
家と家具は同じ年月使えますし、家よりももっと身近な存在で、
へたしたらもっと長く使うかもしれないのが家具です。
良いモノを選べばある程度の年月が立ってもそれなりの価値はキープできたりもします。
家自体はもちろん大事です、箱がないとはじまりませんので。
ただ、家具なども同じくらい大事なモノかなとも思うので、せっかくなら
やはり気に入ったモノを選んで、大切に長く使ってもらえればと。
そんなあなたへの企画です。
タイミングがハマる方は是非有効利用して頂ければと思いますー。
とは言っても、2021年とかそれ以前に建ってるよ、引越したよ、
って方もギリセーフにはしたいと思いますのでお気軽にご相談くださいー。

【支払い方法】
1/15までに全額もしくは半金を現金(振込 可)で頂きます。
家具の詳細仕様が決定時(正式発注時)に残金を現金(振込 可)で頂きます。

※2022年12/27までに全て納品できるタイミングでオーダー頂きます。
各商品の基本納期に関しては店頭でお伝えさせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういった訳で今回も初売りは結構盛大な感じです!!
来年もどんな年になっていくかはわかりませんが、
できる事を着実に、ゆっくりでいいので進めればなと思ってます。
2022年もHolz &r aum 共々何卒宜しくお願い致します。

それでは皆様、良き年末年始をお過ごしくださいませ!!


【 年末年始営業日程 】
12月28日(火)  休 業 日
12月29日(水)  休 業 日
12月30日(木)  休 業 日
12月31日(金)  休 業 日
01月01日(土)  休 業 日
01月02日(日)  休 業 日
01月03日(月) 11:00 - 17:00(初売り / 短縮営業)
01月04日(火) 11:00 - 17:00(初売り / 短縮営業)
01月05日(水) 11:00 - 17:00(初売り / 短縮営業)
01月06日(木)  定 休 日
01月07日(金) 12:00 - 19:00(通常営業)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 17:42Comments(0)

October 25, 2021

カオリモリオカ V

kaoromorioka5さて、盛岡シティマラソンオンラインも終了し、
(来年はリアル大会できますように〜)
これが終わると松屋銀座7Fではカオリモリオカ
そういうサイクルになってきているホルツです、こんばんは。
今年でカオリモリオカというタイトルつけてからは5回目ですが、
その前の年(たぶん)からやっているので実質6回目かな?
まあどっちでもいいんだけど、毎年バタバタする時期です。
学習能力が無いのか、要領が悪いのか、容量が小さいのか、
全部当て嵌まっているとは思いますけどね.........
そんなどうやったって、
上から読んでも下から読んでもカオリモリオカなイベントです。
簡単に言うと、モリオカにあるホルツという小さなお店のフィルターを
通しセレクトされた盛岡や岩手の良いモノを紹介する。そんな感じです。
厳密に言えば岩手以外のモノもありますが、ホルツとは関わりの強いモノ
ですのでそういうモノもモリオカのカオリをまとって銀座に旅立ちます。
yokotakagoここ最近インスタではちょいちょい紹介しておりましたが、
(#カオリモリオカ #カオリオリオカ5 で探すと早いかもです。)

ブログではまとめて紹介したいと思いますー。
まあ、インスタやってない人もたくさんいると思うし。
ちなみにワタクシはLINEは未だにやってないです笑

さて、カオリモリオカといえば、
やはり宮古の横田かごは外せない存在ですね〜。

今年はサイズは数種類あるのですが、
全体的な数としては例年よりご用意することができず....
サイズ色々あわせて10コですー。
takezaiku1200

その変わりと言う訳ではないけど、
横田かご以外の
宮古の真竹のかごイロイロご用意できましたよ!
弘前の根曲竹も少しありますーー。
竹細工は全部で約50〜60点程並びます。
hashimototake

竹細工繋がりでいきますと、
橋本晶子さんのつくる、
すず竹の茶漉しと椀かご。
茶漉しは桐箱に入ってますー。

その他、編み系ですと
オズのかごバックが製作する、
胡桃のかご、山葡萄のかごも
かなり充実しております。
LOPPIS1

そして今回は
盛岡のLOPPIS153の小泉さんの作る
白樺トランク!
初登場です、
見た目もカワイイですし、実用的です。
ie

実は白樺ハウスもありますよ。
ホルツのH40シリーズが丁度よく
納まるようなサイズ感。
あとは一つ一つは家型になっている
dessertの製作の
真鍮と木の箸置きhomeもたまたまですが、
すっぽり入ります。
革のケースに束ねれられた姿は薪のようにも見えるし、
そうなると白樺の家はなんだか山小屋のようにも
見えてきますね。相性がいいような気がします。
sekisouあとさっきも出たけどH40のコレ。
カバはカバでも樺(桜皮)細工の方です。
秋田の若き伝統工芸士である米沢研吾さんとホルツとで
制作している樺細工の家。これは桜の皮を積層にして厚みを
出し、そこから削りだすという茶筒とかとは全然異なる技法で
制作されます。今回は限定で間に経木を挟んだものもやってみました。

あっ、あと漆の家、
ウルワシも久々に数量限定で復活しましたー。
1200
漆といえば、こないだも紹介した
ワタクシ個人的に超オススメな蕎麦猪口set !!
カサネシリーズの組み合わせで構成されてます。

ただ、
カオリモリオカの時って実は松屋銀座の7Fで
岩手ウィーク的なノリで滴生舎さんを筆頭に
漆チームの皆様も同時期にデザインコレクション前で
企画展やっているんですー。
なんで漆大好きな人はそちらでも沢山見れます!
IMG_2002
カサネシリーズといえば、
コップのサイズも確かに増えました。
そして更にはカサネコップを入れる事を想定して
TEMBEAさんに別注したコラボ、ミニミニトートも登場です。
通常のTEMBEAさんのお馴染みのバゲットトートを、
めちゃくちゃ小さくして、上部には巾着構造も兼ね備えた2WAY仕様。
小さいですが、贅沢な仕上がりです。
TEMBEAの商品は色々使ったりしてますが、
お店としてコラボできたのは初で嬉しい。
TEMBEAファンにとってもちょっとレアな逸品かなと思います。
ryubokutori
さて少し話しは飛んで、飛ばない鳥であるコレ。
35年以上にわたり流木の鳥を作り続ける、
この道の第一人者である針原修さん。
そんな針原さんの作品のベースを南部鉄器に!
しかもよく見るとベースも形が3種類あり、
針原さんに分けてもらった流木を形どったものが2種。
horiomokuの堀さん(もちろん"ひよこ"もいくよ)に
原型を挽いてもらったシンプルな形状のモノ。
そして仕上げも黒と錆茶の2種類が存在します。
唯一無二感満載。
ベースも重くなって魅力も安定感も倍増。
comonoire1200
鉄と木、という異素材の組みあわせといえば、
これもですね。
どっちも小物入れではありますが、
揺れない方のcomonoireと
揺れる方のcomonoyure

沢山のウッドターナー、木地師、鋳造作家に携わってもらい
制作してます。
鉄の部分に関しては先ほどの流木の鳥もそうですが、
南部鉄器職人の高橋大益さんに制作してもらってます。
今回のカオリモリオカでは大益さんの鉄瓶が
なんと約35点も並びますよ、こちらもきっと圧巻だと思います!
tetukomono
南部鉄器は他にもこんな小物たちも並びますよ。

釜定の職人でもある
大村さんの作る、鳥やカタツムリ。

南部鉄器な八重樫さんと
ホームスパンな厚谷さんによるコラボな
小さな鉄の羊『てつじ』

などなど。

あっ、あとホームスパンに関しては10工房(職人)が参加して
約120点ほどの作品が並びこちらもボリューム満点になる予定。
BECOUMA

鳥や羊以外にも

お馴染みの

ベコや馬も今年も並びますー。
f-tool
あと今年の『何屋さんですか?』質問には、
『家具屋さんです。』もしくは『走る家具屋さんです。』
な一面を垣間見れる商品といえば、コレ。
オリジナルで以前より制作しているF-TOOL / フツール
座面が板座ではなく張りバージョン(最初はタン張リンにしてみた 笑)
初登場です!銀座デビューっす笑
wood長い.....自分で書いてて長いですが、そろそろ終わりですので。。
ホルツといったらウッドボウル系がないのはやはり寂しいっすよね。
こちらも初登場で、現在は岩手と山梨、2拠点で制作活動をされている
ウッドターナー三好さんのウッドボウル。
写真はカシの木です。カシは逆に岩手では見ない木ですので、
2拠点で活動されているというのがワタクシには凄く魅力的です。
カシ特有の木目を活かした素晴らしい作品結構ありますよ。
ちなみにワタクシが家でここ数年つかっているキャベツボウルは
三好さんのカシのボウルなんです。これはたまたまだったんですが、
縁を感じで今年から三好さんの作品はホルツに並んでます。

ってな感じっというかまだまだあるのですが、ざっくりこんな内容の今年のカオリモリカ。
竹細工約60点、クルミや山葡萄や白樺は約80点、鉄瓶約35点、ホームスパン約120点、
あとウッドボウルやホルツオリジナルのものなどなど沢山。
間違いなく過去一のボリュームだと思いますー。

いろんな角度からお楽しみ頂ければ幸いでございますー。
カオリモリオカ 5 よろしくお願い致します。


【 カオリモリオカ V 】

会期 : 10/27 (水) - 11/09(火)
時間 : 10:00 - 20:00 ( 日曜日は19:30 , 最終日は18:00 )
場所 : 松屋銀座 7F ダイニングプロモーション / 東京都中央区銀座3-6-1
電話 : 03-3567-1211(大代表)




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 16:53Comments(0)

May 23, 2021

いわてんど at Mother Duck

iwatendo_md_omote
iwatendo_md_ura

久々に『いわてんど』開催のお知らせなホルツです、こんにちは。2年ちょっとぶりかな?
今回は福島市のMother Duck /マザーダックさんでの開催となります。
本来は1年前の2020年6月に予定していた企画だったのですが、1年延期しての今回となります。
MotherDuckさんとのお付き合いはかれこれ10年以上にはなるでしょうか。
自由学園での業者向け合同展示会 FOR STOCKISTS EXHIBITION での出会いが最初だったかな、
っと記憶してます。ワタクシも実行委員をさせてもらっている盛岡での合同展示会(2021は見送り)
『 entwine /エントワイン』にもいつも顔も出してくれますし、とにかくフットワーク軽く、
全国の良いモノをセレクトし販売している素敵なお店です。
『いわてんど』では、いわての良いモノはもちろん、ホルツやラウムのフィルターを通してみた
良いモノ、オススメのモノをご紹介できたらと思ってます。


【 いわてんど at Mother Duck 】

会期 : 6/4(金) - 6/13(日) ※ 6/7(月)休み
場所 : Mother Duck
住所 : 〒960-8041 福島県福島市大町2-23 吉田ビル1F
時間 : 11:00 - 19:00(火〜金) , 11:00 - 18:00(土・日)
電話 : 024-522-1135
Web : http://motherduck.la.coocan.jp/



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 15:08Comments(0)

December 14, 2020

kasane kop exhibition 終了しました。

コンプリート2カサネ祭り終了しました。
沢山のご来場、誠にありがとございました!
とは言ってもどやどやと人が多くなりすぎる事は全然なく、
ホントじっくり見て、選ばれてのリピートという感じの
お客様の出入りで、こういうのはホントハマる時は自然とそうなります。
なかなかないですけどね。。お店ってやはり、お客様多い時間帯と
そうでない時間帯がわりとはっきりするものなので。
そういう角度からみても、今回の展示会はなんだかホント不思議と良い時間が
流れてた気がしました。
またコンプリートボーナスをゲットしてくださる方も、
想像以上に多くびっくりしました。
そして、これを機にまず一つとノーマルサイズを買ってくださった方も
わりと多く、こちらも同じくらい嬉しかったですね。
コンプリート1近くだけど、わざわざ場所を借りて開催した今回の展示会ですが、
販売という部分以外の気持ち的な部分でも、なんだか腑に落ちたことや
、得るものも多かったような気がします。
そしてこの4日間はカサネコップのことばかり考えて過ごせて純粋に楽しかったですね。
おじさんになってくると、なんだかんだでやる事多くなってきてしまいます。
いや、おじさんに限った話しではないか。
生きてると勝手にやらなければいけない項目って増えてきますよね。
意図的に削っていかない限り増え続けます。
まあ、人によるかもだけどワタクシの場合は少なくともそうです。
比較的同じ事を続けるのが得意な方だとは思ってますので余計そうかも。
その中での小さな変化の積み重ねで未来ができていきます。
一応どうなりたいか、どこに向かいたいかというような大きな目的はあるけど、
日々の目標設定はフレキシブルに変わりますね。
禰豆子を鬼から人間に戻す事が目的で、
その為にイロイロな目標設定を竈門少年はしていく訳ですよね、きっと。
(少ししかまだ知らないくせに笑)
ドラクエでいけば、世界平和が目的で、その為に大魔王を倒す!
っという大きな目標が勇者にはある訳ですよ。
(これはそうだ!っと世代的に言える)
ちょっと話しはそれたけど、簡単に言うと、
師走の忙しい時期にちっさいおじさんがコップのことばかり考えて過ごせたこの4日間は
とても贅沢で貴重な時間でした、そういう事です。ありがとうございました!
タイミングとか色々な条件あるけど、今回はそれが揃ったのだと思いますし、
揃える準備ができたのだと思います。マラソンとイベントは準備が8割ですからね。
10月にやったマラソンのイベントはイチワリだけど笑

内丸16-16な皆様お世話になりました。出勤というカタチでの4日間、楽しかったです。
また、次は普通にお客さんでお邪魔しますね。

カサネシリーズですが、今回有難い事に沢山旅立っていきましたので、
欠品になってしまったアイテムもございます。
次回入荷はおおよそのアイテムは2月頃を予定しておりますので、少しお待ち頂ければ幸いです。
でもまだまだ在庫豊富にあるよってのもあるので、遠慮なくお問い合わせくださいませ。

って事で カサネ祭り2020 はひとまず終了です。今後も地道に積み重ねて行こうと思います。
20th Lotあたりになったらまたなんか特別なのつくりたいなあ。。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:05Comments(0)

December 11, 2020

kasane kop exhibition スタート!

DSC02686kasane kop exhibition遂にはじまりました!
いや〜、なんか市内だしわりと近いし、
普段からちょこちょこと来る建物ではありますが、
Toastという空間をお借りして開催する展示会はもちろんはじめて。
凄く新鮮で楽しいですーー。
初日からコンプリートボーナスを
ゲットされてるお客様もいらっしゃったり、ひよこがさっそく
在庫薄になってしまっったり。そしたらすぐに持ってきてくれる、
堀さんだったり。さらにひよこの漆タイプも思いがけず届いたり。
木の展示会だといつも思うのですが、木目などをみなさん、
しっかり、じっくり選ばれるのが印象的です。
こういうのは通販だとできない事であって、やはりこうやって
選んでもらえるのが作り手としても一番幸せな瞬間です。
決して通販がダメな訳でもないし、自分の店だって弱いながらも
やっておりますが、やはり今回のようなのは理想だなと。
通販はお金や時間も買ったり得したりしている感覚だとは思いますが、
こういう一手間かける満足感と記憶を一緒にもって帰れるのが、
やはりリアルで買うことで得られる特権です。
ポイントで買ったものと、記憶が残る買い物。
同じモノでも満足度や愛着度は全然違います。
それは自分で買い物しても、そう感じますしね。
是非、お木に入りの木ップを見つけてくださいませ。


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/





  
Posted by holz at 19:21Comments(0)

December 10, 2020

kasane kop exhibition 明日スタート!

DSC02681

搬入準備完了です。いよいよカサネ祭りは明日12/11(金)11:00よりToastにてスタート!
この期間だけ『全品10%off 』& 『3種コンプリートでカサネプレートプレゼント』などの
普段ではありえない特典もご用意しました。詳しくは12/8のブログをご覧ください。
カサネシリーズ(片口ボウル"ひよこ"もちょっとあります)だけの贅沢な展示販売会となります。
また、お隣Cygでも面白そうな企画展やってますので、是非ハシゴしてみてはいかがですか?

尚、菜園のHolz / ホルツに関しては会期中はお休みとなります。
何か急ぎのご用件、ご相談がもしある方はToastにご来店頂くか、会期終了後に菜園の店舗まで
お願い致します。



【Toast / kasane kop exhibition での 感染症対策 】
会場のToastの提示する感染症対策にご協力お願い致します。



□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:59Comments(0)

December 08, 2020

kasane complete bonus

IMG_9872kasane kop exhibition は12月11日(金)スタートです。
12月12日じゃないんだね、そこの数字は重ねないんかいっ!
っとツッコまれるかなと思ってましたが、まだ誰からも言われてなく、
ちょっと拍子抜けしたホルツです、こんばんは。
12月11日(金)スタートです。お間違い無く。
会場も菜園のHolz / ホルツでは無く、
内丸のToast /トーストですのでこちらもお間違いないようお願いします!
インスタではちょこちょこ載せてたけど、
ブログで実はあまり紹介できてなかったモノもあるかな。
まずは写真のコレ、コップ自体のサイズが今回増えたのにあわせて、
それぞれほぼ実寸のパンフレットも制作しました。
折りたたみな事で面白い仕様に仕上がりましたよ。
実物がないところでもこの紙のパンフ一つで、
少しだけ立体的な説明ができるといえばいいかな。気に入ってます。
IMG_9951そしてこちらは今回の展示会のDM。
これはかなり厚みのある紙を使いました。
こちらは10%ほど実物よりは大きいのですが、
型抜きにしたのでカサネコップ自体のイメージは当然わきますよね。
手にすっぽり納まって、なんだかトランプみたいな感触。
DMもパンフも毎度お馴染みのhimaraya design にお願いしました。
ってな感じでこういう紙モノから今回は気合い入れてやりました!
これだけでも結構持って帰りたいヤツかなと思いますよ。
urushi


これはノーマルのカサネコップと漆タイプ。
そしてカサネミニの漆タイプの組み合わせ。
ミニはノーマルサイズの中にすっぽり納まります。
単体だと、小鉢にしてもいいですし、漆で仕上げると
やはりぐい呑感がだいぶでますね。
urushi2でも裏面にはノーマルタイプ同様に
レーザーが入ります。あえて下部は木目を見せてます。
このあたりは漆で仕上げてもホルツらしさを出してる部分ですね。
漆の最大の長所はワタクシはやはり口当たりだと思ってます。
見た目だけで言ったら、正直全部塗っているお椀とかより、
木目の見えるものの方がどちらかと言ったら好きです。
だったらですよ、いいところ取りしちゃえばいいのでは?
カサネコップは形状からいっても塗り分ける事がスマートに
できるデザインだし、これ以上な事ないよね。(塗るのは実はムズいけど。)
漆はどうしても少しお堅いイメージあるけど、このスタンダードな
馴染みあるカタチと組み合わせた事で、
日常的に肩肘はらずに普通に使って欲しいなと思います。
漆は紫波で活動する塗師の内記友和さんに塗ってもらっております。
毎度感謝です。漆タイプは当然ですがこの方なくして完成しませんので。
kasaene2そして、現存するカサネシリーズをなんとなくまとめてみました。
実は径を合わせて制作したカサネプレートも完成です!
(昔一度だけ代打的にやったことあるけど、スタメンになりました。)
これはノーマルのカサネコップやカサネコップベースの蓋のようにもなるし、
ベースの下にもピッタリはまります。
収納時もなんだか見栄え的に美しく嬉しいです。


_kasane-10
じゃんっ!
重ねるとこうなる訳ですね。
基本的に木の種類は『山桜』と『イタヤカエデ』の2種類。
カタチがプレートまで入れると4種類。
それぞれのカタチで漆タイプがあり『溜 / ため』 と『朱 / しゅ』の2種類。
え〜っと仕上げ、カタチ、樹種、全パターン入れるとこれ何種だ?
一つのカタチにつき......
山桜、イタヤ、山桜(漆/溜)、山桜(漆/朱),イタヤ(漆/溜)、イタヤ(漆/朱)
6種類だな。そして4つのカタチだから24種って事かな?だな。
おお、だんだん整理するのが大変になってきたけど、面白くなってきた 笑


さて、っという訳でやっとタイトルに辿り着きます。
今回の展示会中に

kasane kop / カサネコップ     ¥3,900
kasane kop mini / カサネコップミニ  ¥3,300
kasane kop base / カサネコップベース ¥3,600


この3サイズを揃える事に成功された方にはなんと

『kasane plate / カサネプレート』 ¥1,600

がボーナスとしてついてきます!
カタチをコンプリートした方へのホルツからのささやかなボーナスです!
例えばですが、既にノーマルカサネコップを所有している方がミニとベースを今回お買い上げで
3サイズ揃うという方も対象となります。(もちろん漆が混ざってもOK、漆は価格上がるけど。)
ノーマルとミニの2つを既に持っている人なんて、
ベースを買うだけでプレートが付いてくるという事になりますね。
まだ発売して間もないのであんまりいないとは思うけど。
(現在所有しているモノがある場合はそれを証拠品 笑 としてお持ちくださいね。)

さらに、

会期の4日間限定で全アイテム10% OFF での販売とさせて頂きます!

ダブルボーナス的な感じですよホントこれは。
ボーナスで出た方(出ない方も)、是非ボーナス使って、ボーナスゲットしてくださいませ。
こんなご時世ですが、少しくらいささやかな自分へのご褒美も良いのではないでしょうか。
もしくは、大事な方へクリスマスにオクリマスでもいいのではないでしょうか.....
まあ、なんにせよかなりお得でございますー。

通常価格で4つ購入すると¥13,640(税込)になります。(漆の場合、価格は変わります)
それが、
今回は3つ購入する事で4つを¥10,800(税込)で購入できるという計算になります。

はい、それが【 kasane complete bonus / カサネコンプリートボーナス】て事ですね。

ちょっと長くなりましたが、純粋にせっかくの機会ですので手にとって見てもらいたいです。
今年はなんだかんだで色々な事があり、9月から11月頭くらいまでバタバタし過ぎて、
一人で出来る量の限界を体力も脳ミソも超えてしまった感があり、体調が優れない時もありました。
今も腰は微妙ですが。でも良くも悪くも一生懸命取り組んだ結果ではあります。
って事で、実は今回の展示会は開催する事自体が、自分へのご褒美という感覚もあります。
勝手にですけどね、スイマセン。
なんで2020の最後はバタバタして、ってだけではなくて純粋に楽しくやりたい!そう思ってますー。
もちろんコロナ対策はきっちりとした上で、ルールの中で満喫できればいいなと。
なのでワタクシ自身凄く楽しみにしているのです。
ちなみに、会期中(12/11,12の2日間)は喫茶cartaさんで下記商品をお使い頂いております。
何のメニューで使われるかはワタクシもまだ分かってないけど笑

kasane kop
kasane kop urushi
kasane kop mini urushi
ひよこ(小)


なので、家具と違って普通は試してから買うという事ができないコップなども、
ある程度cartaさんでイメージをさらにふくらます事も可能ですよ。
会場も背中合わせですし、是非ご利用くださいませ。

そんな訳で12月11日(金)〜14日(月)の4日間は内丸16 -16(イロイロ)を
楽しんでもらえればと思います。よろしくお願い致します。
(その期間中は菜園のホルツはお休みとなります。)


□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/


  
Posted by holz at 18:42Comments(0)

November 25, 2020

kasane kop exhibition

kasane_DM_omotekasane_DM_ura

2020年最後の企画展です。最後と言っても今年はコロナ禍で、中止になった事も多いですが。
昨年はホルツ15周年&ラウム10周年というアニバーサリーイヤーだったので、
意図的に1年通して計画して企画展モリモリイヤーでした。(まだ今年でなくてよかった。。)
数少ないイベント最後として、特別のモノではなくホルツ定番に育ったkasaene kopの展示会です。
定番で3年販売し、今年満を持してサイズが増えました。
通常のカサネコップの中にすっぽりと納まる『kasane kop mini 』
通常のカサネコップの下側がすっぽり納まる『kasane kop base』
そして『kasane kop base』の中ににも『kasane kop mini』は納まります。
要はどの組み合わせをしても収納可能という事ですね。
なのでノーマルのカサネコップをお持ちの方の追加などにもばっちり。
キャンプや登山にも重宝します。(って実際使用している人に教えてもらいました )
なんだか積み木とかマトリョーシカチックな雰囲気もありますね。
ミニはぐい呑みくらいのサイズ感。ベースは蕎麦猪口なんかにもいいかも。
それぞれ、木目の全部見えるノーマルと漆タイプがあります。
まんずこれは展示会の時にズラリ並んだところで見比べて頂きたいですね。

昨日の『ニュースプラス1いわて』ではkasaneシリーズを挽いてくれている木地師の
horimoku 堀さんが紹介されました。ワタクシもちらっと友情出演 笑
堀さん無しではkasaneシリーズは成立しません。
"ひよこ"という片口ボウルで出会い、カサネコップは一緒に積み上げてきてます。
ワタクシは職人ではないので、考えて企画する事はできても自分の手では加工はできません。
でもカサネコップは、きっと職人ではないワタクシのような能ミソもないと生まれない商品
かなとも思います。もし生まれたとしても、育てる事は職人さんだけだときっと手がかかり過ぎる子で
難しいだろうなとも思います。職人は自分の手で産み出せる人、ワタクシみたいなのは育てれる人。
そういう事だなと最近思います。産みの親と育ての親。どっちかではなく、どっちもと継続的に
関わっているような子(モノ)、そういうのがカサネコップみたいなホルツオリジナル商品。
なのでホルツみたいな小さなお店が『オリジナル作ってます。』って言うと必ず『職人なんですか?』
って質問がきます。『加工するのが職人で、それ以外を全てやるのがホルツです。』と答えます。
なので作っている人は職人も、ホルツも、どちらもが作っている人。そういう事です。
かと言って『デザイナーですね。』って言われるのにも全力で否定する面倒くさいヤツなんです 笑 
シンプルに『ホルツというお店のオリジナル商品』だとダメ?って思ってます。
そういう面倒な事も来月の展示会の時に聞かれたら、ゆっくりご説明しま〜す。
こういうモノヅクリも存在するのだよという事も一緒に伝えたいとう事ですね。
一個のモノに関わる人間が増えるほど、それが売れて、使われてとなると、
そのサイクルの中で喜ぶ人が普通に増えるという事でもあります。
会期中の13日(日)PMはhorimokuの堀さんもおりますので、
是非、生の職人の声も聞いてみてくださいね。
ワタクシの好きな職人ランキング(何だソレ 笑)常に上位にいる人です。
展示会の場所はホルツではなく内丸のToast / トーストとなります。お間違いなく!
ご来場お待ちしております。
Toastの感染症への対策対応もしっかりお読みくださいますようお願いします。)
是非お木にいりのコップを見つけてくださいませ。


【 kasane kop exhibition 】

■会期 : 2020年12月11日(金)- 12月14日(月)※会期中無休
■時間 : 11:00 - 18:00 (最終日 15:00)
■場所 : Toast 〒020-00237 盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F(Cyg art gallery内)
■電話 : 019-623-8000(Holz) / 019-681-8089(Toast)
■mail : holz@m8.dion.ne.jp




□HoumBaseはこちら。
https://holzraum.thebase.in

□Holz公式ホームページはこちら。
http://www.holz-raum.com

□raum日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/raum1101

□走る家具屋のマラソン日記。はこちら。
http://blog.livedoor.jp/holzrun/

  
Posted by holz at 18:24Comments(0)