わが犬山祭が、ユネスコの無形文化遺産登録間近です。
ユネスコ1
日本各地の山、鉾、屋台などを中心としたお祭行事33件を一括で、ユネスコ無形文化遺産に登録しようと言う物です。
わが愛知県からは、犬山祭の他、津島天王祭、半田亀崎潮干祭、知立の山車文楽とからくり、蟹江須成祭の5つが、そして、岐阜県や、三重県、富山県、石川県からもいくつかのお祭が登録予定で、東海北陸地方は全体の中でも非常に多くのお祭が登録されます。

『無形文化遺産』ということは、お祭の山車など、有形の物が登録されるわけではなく、行事そのものが登録されるわけです。

つまり、私たちがお祭当日以外に行っている、日常の様々なこと、例えば、子供たちのお囃子や、からくりの練習、車山(やま)や、懸装品の管理保全、その他、伝統文化の継承などが登録されることになるのです。

これからは、楽しいだけではなく、もう少し緊張感を持って接していこうかと思いを新たにしています。
でも、やっぱり楽しくなくちゃ駄目ですけどね。

ユネスコ2

ユネスコ3