走る家具屋のマラソン日記。

盛岡市の家具屋Holz店主のマラソンブログ。フルは一時休業中。2022年は日報駅伝での一桁順位を目指します!

HOKA ONEONE CLIFTON 8 WIDE

IMG_5783

久しぶりにナイキ以外のモノを履いてみました。
あくまでレースではなく練習用です。ここ4年くらいペガサスターボを練習では履き続けており同じモノを2足所有で使ってたのですが、そろそろ限界が近づいてきたかな〜っというのと、走る時間(距離)を少し長くしていこうという計画なので腰は当然心配なのだけど、根本的に足をまず守る事が大前提。そうなると練習でもクッション性は欲しいなと思い試してみました。

IMG_5782

ナイキはペガサスターボもヴェイパーも26.0を履いてます。
今回も26をチョイス。wideタイプがあったのでwideにしてみました。
実際履かずに購入したので、小さいよりは安心かなという感じで。

IMG_5786

写真だとターボの方が長くは見えますが、後ろが出っぱってますからね。
実際履いた感じだとターボよりちょっと大きいかなという感覚。
0.25〜0.5くらい大きいかなというくらい。幅に関してはwideでよかったかもとは思いましたが、長さ方向は少しターボよりも余る感じ。まあ紐しっかりしめれば許容範囲というくらい。

IMG_5785

全体的にターボより、しっかりどっしりしている印象ではあります。足自体が守らている感じはホカの方が強いですね。
ただ、履いて少し走ってみて最初の感想としては

『思ったよりホカホカしないじゃん 笑』

要はクッション性がもっとあるのかと思ったんだけど、想像より硬いなあという感じ。
ワタクシがホカホカフカフカのクリ布団、っとイメージを勝手に膨らませ過ぎてたんでしょうね。
目的としては長時間走なのでそんなに不便はなさそうですが、思ったのとは少し違ったというだけの話しです。もちろんだからといってオネオネする訳でもないのですが。オネオネするの意味がまずわかんないですが笑
まんず、なんだろ、絶賛したい訳でも批判したい訳でもない感じですね。
可もなく、不可もなく、ホカもなく。

IMG_5787

そんなハツホカ。

IMG_5789

履いて運動公園行ったら
2000mが1500mに変わってました。なんでだろ。
まあ2000mのコースを走ったけどね。





11月の走行距離

11月の走行距離 85km

9月と10月が50km台で終わったもんだから
なんだか100kmすら行ってないのに走った感 笑

日報駅伝の記事の時にも書いたけど、
10km以下のレースの場合

『走った距離は裏切る』

というテーマでも練習を進めても最低限は戦えるけど、
当然、速くもなる訳はなく、結果的に
『走った距離を裏切りきれない感じ』ってとこで落ち着きました。

日報後は東京マラソンに向けてガラリとテーマを変え、

『走った時間は裏切らない』

距離ではなく時間としている部分が大事ですね。
腰痛後はとにかく長い距離がただただ怖いので、
全然やってこなかった訳ですが、
さすがにフルはある程度距離を踏まないと
戦えないのは承知してます。
ただ、今回も距離といういよりは時間を重要視。
30km走というよりは3時間走。
そういう考えで進めようと思ってます。

とりあえずキロ6でいいので、
脚の耐性と腰の不安をちょっとずつですが、
取り除いていけるのか行けないのか、ど〜〜〜っち。
ってくらいの状況です。
先日75分走、100分走、まではやってみました。
状況みながら、120分、150分、180分、
最終的に200分あたりまでできたらいいなと思ってます。
東京は結果を出そうというよりは復帰レースとして
怪我なく故障なく気持ち良く完走できればいいかなと。
5月のきらめきを走るか走らないか、ど〜〜〜っち。
ってあたりで考えているので、走るとしたらこっちで
結果を出したいな〜っというふうに考えてます。
過去、一度もきらめけた事ないけど 笑





第81回 一関・盛岡間駅伝競走大会 【日報駅伝】結果

2022年ラストレースはもちろんコレ。
箱根駅伝の次に歴史ある大会でお馴染み.........
改め
箱根駅伝の次の次に歴史ある大会でお馴染みの『日報駅伝』
だったそうです 笑
昨日のLIVE動画中に説明されているのを聞いて衝撃!
知らなかったとはいえ6~7年誤報を流し続けており、すいませんでした 笑
って事で3番目に歴史があるって事ですね。
まず、そんなことやレース内容詳しく知りたい方はこちらから
あとでゆっくりとご覧くださいね。

そして今年もなんだかんだで直前にコロナがまた猛威を振るうなか、
様々な配慮や対策をしつつ開催してくださった主催及び関係者の皆様に感謝したいと思います。
一般と高校あわせて、メンバーの当日変更が32人もあったというのもかなり異例な大会になったのではないかなと思います。逆にメンバー変更なしで(まあ作戦でそもそも当日変更というのもありますが、たぶん今回のありえない人数はほぼコロナだと思います)挑めたチームの方が少ないのではないのではないかな〜っとか思ったりもします。宮古チームは自己管理能力の高い市町村1位の実力を遺憾無く発揮し、きっちり予定メンバー全員がスタートラインに立てたのはまず本当に良かった!
故郷ランナー(県内出身の現在県外在住者)に関してはコロナ禍で過去2年使えなかったのですが、今年からまた解禁になりました。これが解禁になると若い学生ランナーを沢山連れてこれたチームの戦力がガクンとあがります。故郷ランナー使えない2年間でチーム順位を上げた宮古市としては戦々恐々。
まんまと今年もそのカードを切ることができませんでした。。。県内在住者のみで頑張ります。
さて、そんな今年の宮古チーム。戦力的には昨年以上という分析ではありますが、他チームの戦力アップが凄まじそう。もちろんチームとしても個人としても一桁順位を目指してはいるのですが、なかなか厳しい戦いにはなりそう。でも何が起こるわからないのも駅伝の醍醐味ですので希望は捨てずに挑みます!
ワタクシは今年も8区(7.4km)です。
7年連続7回目の出場で初めて同一区間を走ります、しかも昨年と一緒なのでかなり昨年の走りが参考になります。2021年の自分とも勝負する事になりますね。参考までに2021年は 区間 14位 、タイムは26:20という結果でした。詳しくは昨年の記事をどうぞ。

では一応また、今後の為にまとめておきます。
IMG_5600

スタート地点の昨年までのゴロゴロ会館は真っ白になってました。
同じ建物ですが、黄色じゃなくなっただけで目印としては弱くなりましたね。

IMG_5602

南側にとなりのとなりくらいの位置にあるこのパチンコ屋さん。
トイレは今年もみんなここをお借りしてました。昨年も思ったけど日報駅伝の公式のアナウンスとしてはどうなっているのだろうか?って謎はあるのですが、あまり触れないでおきます 笑

写真は試走の時の写真ですが、本番当日は曇り。
風もほぼ無い状態で、寒さも昨年とあまり大差はなさそう。(区間にもよると思うけど)
言い訳できないですね。

そして毎年忘れるので、朝の流れを書き記しておこうと思います。
推定11:30頃、襷を受け取る予定で逆算して

6:00   起床
8:15   出発(8:00の一関のスタートをLIVE配信で少し見てから)
9:05   9区のスタート地点(石鳥谷ジョイス)に到着。車を停める。昨年より5分遅刻  笑

ここの中継所の準備はこの時点で進んでて、今年は準備早い中継所でした。

9:30   8区のスタート地点(旧ゴロゴロ会館)に到着。

その後11:30までの2時間でアップなど、
知っている顔がいたらちょっと、雑談などなど。
今年は体に貼るホッカイロを貼りまくってアップしたらわりと良かったかも。

さあレース。
黄色襷もらえるかな?渡せるかな?って状態で7区のY口君を待ちます。

トップ通過は奥州市!LIVE動画で見てたので予想通り、
ただ通過タイムが昨年より2~3分くらい早い!
そうなるとトップ差15分つくと繰り上げゾーンに入ってくるので、
トップが早すぎるのはちょっとあまり嬉しくはない状況。
昨年は11位でギリ襷をもらえましたが............
今年は予想通りのチームがぞくぞく通過し8位まで通過、
そして3チームがまとめて呼ばれる、『 ○番、○番、11番!』
きたー、11番!
9位通過、10位通過、んん??次高校生じゃん、61番?
アナウンス間違いだったんですが、11番ではなく61番でした。。
一度出て、また引っ込んだワタクシ 笑
って事で10位まで通過したあと、ちょっと空きましたね。
赤襷がトップ通過後11~2分で渡されはじめました。
わ〜際どい、たぶんだけど次来るとしたらレース展開的に宮古のはず。
14分半、本部の話しを聞いてると、なんだか15分で繰り上げすぐしちゃいそう。。
次どっかくる?みたいな話しは聞こえましたが、
小さく赤いユニが見えたような気もしましたが、
15分10秒くらいで繰り上げスタートが実行されました。
今年は受け取れなかった〜〜。
(後からLIVE動画みたら繰り上げ後43秒程でY口君激走して到着してました)

さあ、そんな訳で久々に繰り上げスタートで始まりました。
ワタクシの日報駅伝2022 いざ勝負!

【START】
●01km  3:32 
12人で繰り上げ一斉スタート(たぶん高校1チーム含む)
スタート直後は牽制しあってましたが、遠野の方がポンと出て、
それに反応する人が2~3名。入りのタイムとしては想定通りかちょっと早め。
基本3:36でも焦らず刻んでラスト2km勝負と思ってたので。

no title

●02km  3:30 
遠野の選手と大船渡の選手(走り終わってから交流できました〜)が
先頭を2人で走り、7~8秒くらい後ろをワタクシと奥州市Bの選手。
そんな4名の登場人物でのレース展開となりました。
ワタクシは奥州市Bの選手の力を盛大に借りて、完全に借り物競争の展開。
背中見ながら走らせてもらいます。想定より早いペースで進んでしまって
いるのですが、後ろも少し空いてたので単独走よりは借り物競走を選択。


●03km  3:29 
前の並走する遠野と大船渡の2人とも結構詰まってきたし、
ちょっと早いのですが、なんか行けるのか?オレ?
行けちゃうのか?オレ?少しだけ色気が出てきたかも。
それがやっぱまずかったかな。。

IMG_5598


●04km  3:36 
写真の中間点付近を越え、このあたりはちょっと横に並んで並走したり、
ちょっと前にでたり、無駄な動きしてしまったな〜っと最終的に反省。
ただただ、じ〜っと借り物競走に集中できなかったのが弱いですね。。


●05km  3:41 
ここの1kmは跨線橋越えなので落ちるのは想定内。
これを越えてからのラスト2kmちょっとが勝負です。
昨年はここから少し盛り返せたのでそのイメージだったのですが。。
5km通過は17:48~50くらい。


●06km  3:37 
いや〜、思ったよりあがらないってか奥羽市Bの選手が、
前の2人を完全に追いかけだし、
ワタクシは完全においてかれはじめました。

2

●07km  3:42 
完全にタレました。ここで最遅ラップはないな。。。
一応後ろを確認するけど、後ろも来ない。
前はこの1kmだけで結構離れたなあ。。

5


●400m(340m ) 1:08 
今年は正確に時計押したと思う。
ワタクシのGPSだと340mでしたね。
最後もがき苦しみました。

8


赤襷を繋ぐという芸当も、もちろんできず。(繰り上げ後50秒くらいだったそうです)
前の3人にも最終的に30秒近くも離されてしまった。。

って事で今回の仕上がりとしては.....

8区   7.4km     26:18(3:33/km)   区間順位  13 位  /  21(20)チーム中

今年も最悪の事態も想定しプランEくらいまで持って走りましたが、
繰り上げになった事で単独走ではなく借り物競走で進んだ為、プランAの最高パターンで前半3kmを入りました。そこでもしかしたらいけるかも?って一瞬よぎったのがもったいなかった。だまって跨線橋を超えてラスト2kmくらいになるまで借りた背中をもうちょっと借り続ければ良かったなあ。そうすればあと5秒くらいは削れたのだろうなあ。。まだまだ甘いというか弱い。今の自分の状態を少しだけ見誤った。まあそれでも前半の貯金で昨年の自分には2秒だけ勝ちました。レース展開は全然違ったけど。
ほんと昨年に引き続き、結局大化けもしないけど今シーズンの状態でこのタイムでまとめれたのにはまずまず満足はしてます。そんな同じ感想です。ただ、昨年よりは勿体なかったな〜ってのはあるけどね。
(奥州市Bの選手の方、ありがとうございました!勝手に借りるだけ借りた上に一緒に上がってもいけずタレてしまいすいませんでした。。走り終わった後にちゃんと挨拶したかったんだけどこれまたこの場を借りて失礼いたします。)

2年、似たような身体の状態で同じ区間に挑み、レース展開は真逆をやったけど結果はほぼ一緒。
って事で『走った距離は裏切る!』というここ最近のテーマの一定の結果はでたのかな〜っと思います。
最終的に『裏切りきれない感じ?』でしょうかね 笑
やはり距離を踏んで無い事で、スタミナ不足で最後の一踏ん張りが効かない感じ。
スピードが無いなりに出すと、10kmレースなら6〜7kmまで、5kmレースなら3km過ぎまで、
そのあたりまでしかイメージ通りに進めれない。そんな感じ。
その辺はまた来年から違ったやり方を模索していきたいな〜っと思います。

さあ、そして肝心のチームとしての成績は!

『11位』


結局一緒ですーーー!
まあ、故郷カード切ってないチームとしては頑張った方ではないでしょうかね。
ただ、盛岡Aが失格扱いになってしまったから実質は12位なんだけど、
まあ正式順位は11位なので、そこは素直に良い方で喜びたいと思います。

最終結果です。

【 最終結果 】
■個人    
26:18    (3:33/km)      区間順位  13 位  /  21(20)チーム中
■チーム 5:31:34 (3:30/km)     総合順位  11 位  /  21(20)チーム中


詳しいリザルトはこちらからどうぞ。

そして宮古と個人だけの過去の結果を振り返ると。


2016年
【チーム順位】   20位 / 21チーム中    タイム : 6:08:26  
【個人区間順位】19位 / 21人中
【7区 8.6km】  タイム  33:02 ( 3:51/km) 

※体調コンディション :  故障中の状態での参加。
タイムはほぼ想定通り。大崩れはなくこの時はまあこんなもん。


2017年
【チーム順位】   19位 / 21チーム中    タイム : 6:03:03
【個人区間順位】16位 / 21人中
【11区 11.2km】  タイム  41:16 ( 3:41/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。

2018年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:45:28
【個人区間順位】17位 / 22人中
【3区 10.7km】  タイム  38:36 ( 3:36/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
雪で寒過ぎ.....前半のエース区間の一つ

■2019年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:44:40
【個人区間順位】13位 / 22人中
【2区 7.5km】  タイム  26:27 ( 3:32 /km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
宮古名物2区のごぼう抜かれは今年は4人という結果でした 笑

■2020年
【チーム順位】   09位 / 22チーム中    タイム : 5:39:27
【個人区間順位】17位 / 22人中
【4区 6.9km】  タイム  27:11 ( 3:56 /km)  

※体調コンディション :  腰痛から練習できずの悪コンディションでの参加でした。
タイムは惨敗での大ブレーキ。
1区〜3区の良い流れを活かせず、2021年はチームに恩返しを!

■2021年
【チーム順位】   11位 / 22チーム中    タイム : 5:32:27(宮古新記録)
【個人区間順位】14位 / 22人中
【8区 7.4km】  タイム  26:20 ( 3:34 /km)  

※体調コンディション :  腰痛や夏場の肋骨負傷で練習できずの悪コンディションでの参加でした。
そんなにいい見栄えではないが、今シーズンとしては満足の結果でした。

■2022年
【チーム順位】   11位 / 21チーム中    タイム : 5:31:34(宮古新記録)
【個人区間順位】13位 / 21人中
【8区 7.4km】  タイム  26:18 ( 3:33 /km)  

※体調コンディション :  相変わらず腰痛持ちで距離を踏めないなかなんとか合わせる。
そんなにいい見栄えではないが、昨年同様にある程度は満足の結果でした。
来年こそはチームとして一桁復帰を目指したい。個人としても一桁狙いたい。


以上今年の結果でした。長々とありがとうございましたー。
LIVE配信のアーカイブはこちらから見れますー。


第36回 宮古サーモンハーフマラソン 結果

IMG_5555

さて、今年も宮古走ってきましたよ。
昨年同様にノーマル開催とは少し違ったカタチのタイムチャレンジ大会という事で、年代別の表彰などもありません。なので鮭獲ったどーー!的なやつはどっちみち無し。来年からはまた鮭争奪レースでガチガチのバトルを出来たらなと思いますー。
青学の選手10人きてましたー。

さて、今年の目的としてはもちろん、11月23日の日報駅伝に向けての最終調整レースという事になります。どこまであげれるか?
一応設定としては前半3:36~3:38/kmである程度攻めてみる、アップダウンあるからややキツいかもしれませんが、後半までこれで持ったら儲けもんくらいのノリですね。
さあ、そんな訳でさっそくスタート!


【 START 】
01km  3:39  1km手前に坂があるのでほぼ設定通り。
02km  3:36  いや〜、なんか辛い気がする.......かも。
03km  3:37  アップダウンきたら既にもたなそう。。。
04km  3:46  そうなるよね。もうこの辺で怪しい展開。
05km  3:46  いや〜、もうキツいです粘らないと.....【18:24 】
06km  3:44  ちょっと時計みるのが嫌になってきたなあ。
07km  3:50  上りまざると全然あかん。。
08km  3:44  無理し過ぎない程度にがんばろう。
09km  3:51  ここで最遅ラップ
10km  3:41  ラストはもがいてゴール。さて結果は......

【GOAL】 37:23 3:44/km  年代別 12位  / 総合 37位

IMG_5557


いや〜、なかなかどうして厳しいレース展開になりましたね。
ただ、良くも悪くも自分の今の実力はきっちり把握できた気がします。
横手のようにフラットだったら今回の作戦でもよかったかもですが、サーモンのコースでいくと設定がちょっと無謀でした。日報もやはり理想だけ追い求めると痛い目みるなというのも思いました。
ただ、走る区間が今年も8区で一緒なので、サーモンのタイムもこれでも昨年よりは15秒良い訳だし、戦略は練り易いかなとは思います。

そんな訳で
最高のレースにはなりませんでしたが、
最高の練習にはなりました。レースに勝る練習はないですからね。

さて、 日報まであと9日、
練習はやってあと1回だけだな。
あとは体調管理に努めます。

大丈夫、走った距離は裏切る!


3000m TT

昨晩は急遽トライアゲインのナイター記録会に飛び入りで参戦させてもらいました。
小2ぼんずも一緒に。ぼんずは1000m、ワタクシは3000m。
まずはぼんずから。
先日のMCMでのチャレンジランで4:28をマークしたけど、
なんだか全体的にタイムはインフレ気味だったので、
今回のトラックだと前回のグラスロと比べる事ができるので
はっきりするなと。前回のグラスロは4:50くらい。
なので今回トラックで4:30で走れたら、先日のMCMも本物だろうなと。
さて、スタート。やはり最初の200mは突っ込んで4:10〜4:15ペース。
400mでなんとなく帳尻あってきて、あとはどこまで粘れるか。
400m〜800mの一周でだいぶ落ちるかなと思ったらそこまでの大失速はせず、
最後踏ん張って4:30できっちりゴール。一応4:31と正式には発表されてましたが、
ゴールラインを間違えて2~3m前で止まって歩いてしまったので、
たぶん4:29〜30でゴールしてたと思います。
ってことでMCMの4:28は妥当だったって事ですね。
実力勝手になんだかついてきてて羨ましい。。
夏のグラスロから20秒速くなっているので、
間に小学校のマラソン大会があった事はいい練習になっているんだろうな。
あと1年後には目指せ4分切り!って感じだろうか。うかうかしてられないな。

さて、その後ワタクシの3000m
あくまで練習の一貫としてなので全力ではなく8〜9割イメージで。
そして3:30以上は前半で絶対にあげない事。
そこを条件に周りの人はまるっきり気にせずに終始時計だけを気にしてラン。
314353925_9129873257038684_3926190475266556650_n

結果こんな感じ。
まず予定通りに走れました。そして現状把握がきっちりできました。
たぶんですが、5000mだったら3000~4000mで確実にタレただろうなという感触もあります。
限界を決めすぎるのはよくないですが、良くも悪くも8km〜10kmの距離だと
3:35~3:40が現在だと妥当な実力なのだと思います。
次戦のサーモン10kmでそこをより明確にし、
本番の日報駅伝で与えられた区間の距離とコースを考え設定ペースは決め、
あとは3%ぐらいの本番のまぐれを期待して楽しんで挑みたいなと考えてます。
その為にも故障だけは引き続き気をつけて、練習しすぎないように、練習しようと思います。
今年のテーマ(に結果なってしまった)である
『走った距離は裏切る』を日報の結果で証明できるようにね 笑

10月走行距離

10月の走行距離は58kmでした。
まさかの9月10月連続で50km台という.........
今年は3月からやりはじめて、この2ヶ月が一番走ってない。
ただ、ロードレースをこの2ヶ月で3本。
啄木、よこて、盛岡、あとトラック5000mmTTを一度。
実践練習は昨年より積めているので走行距離は劇的に少ないけど、
メンタル面では昨年の今時期よりだいぶ良い状態にあると思います。
昨年はサーモン前に37分台ですら走れないのではないか?
そんな恐怖感も少しありましたが、
今年は5000mTTで一度も18分カットすら出来てないものの、
10kmロードなら36分カットの可能性もゼロではないくらいに考えてます。
宮古のサーモンは10kmですが、あくまでやはり日報駅伝の練習のつもりで。
日報で9km以上の区間を走る可能性はゼロなので、
9kmを3:36カットのペースでと思って挑みたいなと考えてます。
ラスト1kmで失速してもそれは良しという考えで。
どうせ今年も入賞はなしのウェーブスタートのタイムレースなので、
あくまで各自の設定が大事かなと。
まんず本番まであと3週間、
日報駅伝で速くなれる努力はギリギリまでしたいと思います〜。


いわて盛岡シティマラソン2022 結果

IMG_5305

さて、3年ぶりのMCMファンラン走ってきましたよー。
フルのA.B.Cブロックは岩手公園内の方が待機場所だったはず。
フルのDブロックとファンランがこちらの中央通り側の合庁となっておりました。

IMG_5306

朝6時半開場という事でしたがワタクシは7時15分頃に到着。
まだほぼ誰もランナーはいませんでした、たぶん10番以内くらいで到着。
実はここからワタクシのお店(家具屋)はそう遠くはないので、
普通に出勤するように車できて、店に停めれてという感じだったので、
駅から歩いてくる皆様よりはちょっと楽をさせてもらったかも。
人生で一番近い会場となった今回のMCM2022

IMG_5314

すぐ脇にこの内丸緑地があるのでここのベンチに荷物を置いてアップに。
(ちなみに更衣室はなしなので、雨その時は降らなくてよかった。)

フルが9:00 スタートで ファンランは9:20スタート。
7時45分くらいからアップがてらぷらぷらと。

IMG_5318
スタート地点らへんの本部テント?

IMG_5323
岩手公園下の信号側から入場っぽかった。こっちのブロック。

IMG_5320

朝8時前とかに駅から公園側に向かってくる人達は、ほぼマラソンという初めてみる幸せな光景でした。
こうやってプラプラしている間にちょこちょこ知り合いにもあいました。

IMG_5313

荷物を8:25くらいにトラックに預け。ファンランはここの桜山ゾーンに整列でした。
トイレも済ませわりと早めに並びました。
そしてたぶんファンラン総合優勝するのであろうT中さんとしばし談笑。
そして9:00フルがスタートしたようだ。問題はフルの最後尾が何分で
スタートラインを通過するか??前回はスタート位置は違うものの、
フルの後方とファンランの先頭が八幡の狭いとこでかちあってしまい大変だったと聞いてたので、少し気になるところ。前回は12~3分かかったようでしたが、今回は人数も少ないのもあるけど3600人くらいが約5~6分で抜けたようです。
って事でいよいよスタートです。和田正人さん前列に並んで走るのかな〜っと思って待ってたんですが、そうはならず、全然戯れる事なくスタート時間となりました。反対側に並んでた方はやや戯れてましたね。
さあ、レース。
前回の投稿でも言いましたが、設定としては32:00(3:38/km)です。
いざスタート!
312188300_678563907033905_535253225370953676_n

【 START 】

【 01km  3:33 】  まあ最初はやっぱりこうなるよね。やや早い。

312708267_5701529626580069_2412398268787352125_n

302012841_675250014134030_6220243604280458259_n

スタートしてすぐのまちなかゾーンは結構声かけてもらって嬉しかったですね。
できるだけ手をあげてました。なんかこの写真だと今からロンダードやります的な感じにも見える笑
バスセンターの上から呼ばれたのは一番驚いた。そして上から写真も撮ってくれてありがとうIちゃん。
ってことでありがたく使わせて頂いております。


【 02km  3:39 】
八幡のあたりまでは7番目〜8番目くらいを走行中。まさかほんとに『 7151 / 七位来い ? 』
先頭はT中さんともうひとかた。タイムは設定通りになったけど、やや下りの南大通りもこの区間に入ってるのだけど、もっと上がるかと思いきやそうでもなく、少し頭と体のズレは感じる。
ここで若そうな10代っぽい子二人くらいに抜かれてたぶん10位走行。

【 03km  3:37 】
さていよいよ橋ゾーンにさしかかってくるあたり、8番くらい走行中。
結局フルの最後尾に追いついたのは不来方橋へ向かう交差点の少し前あたりかな。
ペースは設定通りです。超ラクってこともなく超ツライって事もなく。

【 04km  3:41 】
ちょっと橋で落ちたのとなんかやや辛くなってきた。
そしてこのあたりからは最後までフルの人たちをかき分けながらの走行です。
ひとつ前を走行していた若者もやや疲れてきたのかちょっと落ちてきて追いついた。
ただ、単独走よりはな〜っと思い、ちょっと声をかけて前のあの人あたりまでは一緒追いつこうって勧誘しました笑 まあ自分が一人になりたくないだけという話しもあるけど。そんな誘いに『はいっ』っと素直に応える若者。めっちゃ素直な子。

【 05km  3:42 】
疲れとかき分けながらの走りずらさもあり、踏ん張りどころ。
かき分け走行なので蛇行しながらだけど、少し前を若者走ってくれてます。

【 06km  3:36 】
そしてあと3kmくらいか〜ってなってきたら、ワタクシも若者もやや息を吹き返してきました。

【 07km  3:36 】
このあたりでサブスリーの大集団を抜かなくてはいけなくなり、土手の方にもう入ってたので、道が狭くなかなか大変、ただここからそんなにゴールまで距離あったけ??て疑問が少し。ただ意外と人混みの中走っていると周りの景色って見えてなく、ほんと隙間をみつけて走っているので。
そしてフルとファンランがわかれるゾーンがあるんですが、フルは右でーす、ファンは左でーす、みたいな事になるその係の人の声が聞こえるタイミングとスピードがあえばいいが、声が聞き取れないまま近づいてくる。なんで逆にこっちから『ファンどっちーー?』と大きな声で叫び教えてもらって曲がりました。

【 7.87km  3:07 】
ただ、やっぱりというか、
いやまてまて、えっ、もうこっちの方きたらゴールに向かうあの道じゃない??ってなってきた。
え、どうしよ。っと思って、ワタクシがちょっと減速したりもたもたしてたら、今まで一緒にがんばってきた若者は、後ろから迷いなくゴールの方へスパートしていきました。
おじさんはそれを見て、まあそうだよね。と『?』は残しながら追っていきますが本当にこの先予定通りのゴールだとしたら、やばいやばいと思いながら特に彼を必死に追いかける事もなく『?』走行。
そしてああ〜〜、ゴール見えてきちゃったよ〜、どうしよ〜。どっかコース間違えたんだろうか?
いやでもあそこはちゃんと聞いたしな〜っとか思いながら一応万歳ポーズはいつも通りしてゴールしたものの『????』だらけです。先着していた人達に確認すると『T中』さんは1位だったんだけど腕時計をしないタイプなのでわからず、ただ他の2~3人は短い!1kmくらい短いと。やはりワタクシと同じ状況のよう。若者はゴール後どんどん先に行ったので確認できなかったけど、まあずっと一緒に走ってたし。その後、ありがとね〜っとちゃんと挨拶はできましたが。

そんな訳で結果は???  

【GOAL】 28:31  はやーーーーー!笑


どんだけPB更新でしょうか。そりゃ1km弱短い訳ですから。
あとから、他の方のタイムとかみてもやはり短かかったぽい。
正確なところは何故そういう事態になったかまだわからないのですが、
ある情報だと大きな通りの折り返しが1箇所あるのだけど、
何故かその位置が手前になってしまっていたという情報も。
まあ謎はまだあるのですが、不確定な話しをしてもなんですからね。
(11/3 追記  :  後日(10/25)に1km短かく7.7kmでしたと正式に発表がありました。)

そんでこれはタイムってかそうなるとペースだなという事です。

【GOAL】 28:31   / 3:38km

でした。なんでまあ設定ペース通りは走れましたー。
しかもラストスパートの余力結局あるのに使えず仕舞い。むしろ減速して何秒かロスってますので、
おそらくあと1km走って32:00カットはギリできたのではないかな〜?っとは思います。
なんで距離のことは置いといて合格としますー。


完走証

あとオマケみたいな感じなんですが、実は40代だと1位でしたー。
確かに39歳以下と40歳以上というところだけ年齢訳はあったんですが、総合3位までしか表彰ないので今回はあまり気にしてなかったところにネットで調べたらなんと、一定規模以上の大会では初優勝してました笑
ただ、今回本当ガチな人はほぼほぼフル走ってますからね。
でもまあ1位は1位なんで、気分はいいですよね。プチやったど〜。
7位じゃなく1位来た。

【 年代別 1位  / 総合 5位  】

実は総合もなんか順位あがっていたんですが、2位をずっと走行してた彼はフルとファンの別れるところでうまく誘導してもらえなかったらしく、フルの方をしばらく走ってしまったのだと後から本人に聞きました。結局10km以上走ってしまったみたいで棄権したそう。なんと。。。あと別の方も少し行ってしまってからすぐ気付く事ができて戻ったとか。やはりあそこも問題は残るゾーンではあるよな〜。

って事で色々珍場面続出レースではあったんですが、なんか1位だったし、
ペース自体は設定ドンピシャだったし、記憶に残り過ぎるレースになり満足ですー。
ただ、改善するべきところは改善してもっともっといい大会になって欲しいし、勝手に応援してますので、一応ワタクシに起きた出来事は書き記しておきました。
(来年はこれを機に10kmにして欲しいなあ〜、それがランナーは一番嬉しいです。)
あとから知りましたが若者は中学生だったんだね。
変なおっさんに走ってる時に絡まれたな〜......ってなってるんだろうな、ごめんね。

IMG_5332


走り終わったあとの荷物受け取り位置は前回よりだいぶ近くなって改善されててよかったポイントですね


IMG_5337

着替えた後はフルの応援に。
先頭で飛雄馬くん戻ってきた姿を見た時はなんか感動したな〜。
『ラスト頑張れー! 優勝おめでとうー!』と先走ってしまいました。
笑顔で手を応えてくれるあたりやはり本物だな〜。

312415300_622150946358254_7663992917212977564_n
ってとこがテレビに映ってたよって後で教えてもらいました。
確かに奥にブルーの服きたちっさいおじさんいるね 笑

はい、そういった感じの今年のMCMでした。
大会事務局のみなさん、ボランティアスタッフのみなさん他関係者のみなさま、
開催して頂きありがとうございました!やはりリアル大会最高でしたー!
2023年はフルに復帰できたらいいなあ〜、なんて思ったりしてますが、
まずは11/23の箱根の次に歴史ある大会でお馴染みの日報駅伝にあわせる事に集中したいと思います。
次戦は11/13の宮古のサーモンです。ここできっちり仕上げるぞー。

【11/5 追記   フィニッシュシーンがテレビ岩手さんのページに動画であがってました。】

いわて盛岡シティマラソン2022 チャレンジラン 1km

IMG_5279

さて、またなんだかんだでご無沙汰してしまいました。
順調に走れてないです、10月の走行距離も32km....ってか3回走っただけ。
この時期は仕事が忙しすぎて、本当に走る時間がとれない。
2019年はどういう生活をして、両立させてたのだろうか.....
まあ少なくとも腰痛はまだ持ってなかったのでそこが全てだろうか。
そんな愚痴を言っても何もはじまらないので、さっそく本日の話し!
明日の自分のファンラン8.8kmの受付もありましたし、小2ぼんずも
1kmのチャレンジラン(これは本日10/22開催でした)もあったので、
タカヤアリーナまで行ってきました。今日はぼんず中心で。

IMG_5281

モクTの2022バージョンを着て応援ももちろん!

IMG_5288

アップも、もう完璧だぜ!ってきな。
ちゃんとコース下見と作戦会議は一緒にしました。
IMG_5280

計測チップはシューズにつけるタイプ。

さて、コースは500mを2周で1kmです。
折り返しが多くなるのでタイムは出にくいのかな〜っと思いきや、
蓋を開けてみるとインフレ気味なタイムでみんなゴールしていた様子でした。

ぼんずのPBはグラスロで4:50くらい。
なんで4:40を設定タイムにしました。なのでイーブンで考えるなら
一周目2:20位で戻ってくればOKです。
1学年につき100名定員でしたが、6年生まで450名程のエントリーだった模様。
2年生はおそらく走ったのは60名〜70名くらいには見えました。
各学年2組にわかれて、1分あけてのウェーブスタート。
でも1kmと言えども1組目の後方に2組目の先頭は追い付きます。
見た感じ1組にまとめてもできそうな感じでしたが、
一応コロナ対策もあったのかも。ぼんずは2組目でスタート!
1周目10番くらいで2:12~3くらいで戻ってきたので予想よりだいぶ早い!
4:30切れるぞーー!っと声をかけ、結局4:28でフィニッシュ。
当然PB更新です。走る前にある程度自分でもGPSで計測もしましたし、
距離はあっているのかなと思いますが、最初にもいいましたが、
わりとみんないいタイムだったっぽい。まあ素直に喜んでおきましょー。

IMG_5291

ゴール後。わりとまだ余裕ありそうでした。
グラスロの時は結構、走り終わったあとしんどそうなんだけどな。

IMG_5295

こんなとこもあったので、目標達成!持って記念撮影。
って事で前日の午前中も楽しく過ごせました。

さて、明日はいよいよ自分の番ですが、ぼんずに負けんように適度に頑張ります。
(あくまで今年は日報駅伝にピーキングなのでそれだけは忘れないように走ろう。)

IMG_5302

荷物預け袋。今回はちゃんと大きくなって安心サイズでよかった!
500 mm × 700mm  (マチ210mm くらい)

a312b15e-s

ちなみに前回は
440 mm × 570mm  (マチ180mm くらい広いとこで)
数字でみるとそんなこと気にするーー?
って走らない人は思うかもですが、全然違うのですーー!
紐の絞り形状も今年のが正解! 
ひとつ改善されたポイントをもう発見できました。
改善点はどんどん修正してホントいい大会に育っててほしいー。

あっ、ゼッケンは

『7151』でした。

今回は入賞とかあまり関係ないかなと思いますが、
普段であればとってはいけない順位である7位。たまには狙って、

『 7151 /  7位 来い! 』って事にします。

全然そんな順位にはならないはずですけどね。

ってな訳で明日9:20スタート!
一応 仮設定タイムは32:00(3:38/km)としました。
走れても走れなくても喜びすぎず、落ち込みすぎずのテンションで挑みますー。

フルのみなさんも頑張ってくださいね!!

サブスリー余裕の人は
是非サブエガ(2時間50分切り)狙って。

完走目的の方も
是非サブエガ(午後の2時50分前にゴール)狙って。

午前9:00スタートなので、
ノーマルサブエガは午前のサブエガ。
午後2:50ゴールの方は5時間50分かけてゴールのゴゴエガという訳です。

なんで9:00 スタートのフルマラソンであるMCMは
サブエガがたくさん出るのでいいですね。

では明日みなさん楽しみましょ〜。








9月走行距離

9月の走行距離は51kmでした。
まさかの50km...........

10kmレース ×2回(啄木、よこて)
5000m TT ×1回
jog.              ×2回

合計で5日だけ。
ただ10kmレースと5kmTTはほぼポイント練という感じですし、
レースに勝る練習はないと思っているので、距離は劇的に走ってないものの
中身は非常に濃い9月..........っと考えるしかないっすね笑
実際レース後はダメージが残って、中6日欲しい状態でしたしね。
もう『走った距離はいい意味で裏切る』を立証するシーズンとして励む事にします。

11月23日までは2ヶ月きりましたが、
怪我だけは注意して調整したいと思います。



第7回 よこてシティハーフマラソン 結果

IMG_4890

さて、先日の啄木に続き3年ぶりの開催となった
『第7回 よこてシティハーフマラソン』
ワタクシは第2回大会から3年続けてハーフを走ってましたが、
今回初めて10kmにエントリー!
10kmコースもハーフと被るところは数kmあるのですが、
やはり基本的にはフラットないわゆるタイムが『出るコース』
さあ、どれくらいのタイムでこのゴールに帰ってこれるのか。

IMG_4891

10kmは9:10スタート。(ハーフは9:00スタートです)
会場には6:45分頃には到着で、会場前の駐車場はまだ余裕です。
駐車場が会場から近いかどうかというのはマラソン大会においては
めちゃくちゃ重要な訳ではないけど、そこそこ大事 笑
今回はコロナ対策などもあってか受付は結構行列になって、
少し対応が大変そうでした。(例年は全然スムーズだったのですが)
たぶん、そういった事も3年ぶりだと担当の人が変わったり、
去年みたいに!的な事が通用しなかったり細かく考えるとあるのかな。
なんにせよ、参加させて頂く側としては、開催してもらえるだけで
有難いと思っておりますーー。

さて、受付をすませ体育館内に陣取り、名簿を見て速そうな方の名前を
チェックして入賞の可能性を探る。(年代別6位入賞です)。
その後宮古チームのGakuちゃんと、会話もしつつ、アップ4kmちょっと。
トイレも済ませ、ハーフのスタートを見届けていよいよです。

設定としては前回の投稿であげたとおりで
『3:42 ~ 3:44/km で 37:00~37:20 』 の仕上がり設定です。
啄木よりはコースも全然違うので流石に攻めていきますが、
やはり練習量がない事での後半の不安は当然ある。
ただ、3kmまでは必ずこのペースでは行こうと心に決め、
いざスタート!
あっ、そういえばゲストランナーは野口みずきさんでしたので、
スタートで 2~ 3mだけ並走しました 笑
野口さんは今日どれくらいのペースで走りますかと
司会の方にふられ、3分10で〜す。
っとちょっとおちゃらけて、とてもお茶目な方でした。
さてレース。

【 START 】
01km  3:39  最初から設定破り。1km行って後ろ見た時に少し既に
02km  3:38  空いてたので、単独走よりは少し無理して前の集団を選択
03km  3:39  5人くらいの集団走で人の力を借りまくって良いペース。
04km  3:37  不思議と集団走だと設定より速くても少し安心感あります。
05km  3:42  後半少し上りがありここでやや集団がばらける【18:16 】
06km  3:43  ワタクシも引っ張ってくれてたAさんから遅れはじめる。
07km  3:41  ただ元の設定考えればかなり上出来な展開ですが......
08km  3:46  流石にキツくなってきて前半の貯金を使って粘ります。
09km  3:49  単独走&後ろから徐々に詰められてツラい〜
10km  3:30  ラストだけはもがいてゴール。さて結果は......

【GOAL】 36:44 3:41/km  年代別 4位  / 総合 15位

やりましたーーー。前半の貯金を活かしてまさかの36分台 でYGB !!
YGBというのはワタクシ個人的なやつで『腰痛後ベスト』という事です。
『PB / パーソナルベスト、SB / シーズンベスト 、YGB / 腰痛後ベスト』
10kmPBは2017年のあまちゃんと2019年の矢巾で同タイムで36:14です。
実は36分台自体も2019年の矢巾ぶりなんで実に3年ぶり。
今シーズンは11月のサーモンで36分台と思っていたのでここで出たのは
嬉しい誤算でした。ちょっと戻ってこれた感じで嬉しい。
(ワタクシのGPSだと20~30m短かったので厳密に言えば
もしかしたらあと5~6秒ラストの1kmはプラスなのかもしれませんが)
ただ、今日のレースは奥州のAさんが5kmあたりまで引っ張ってくれた
のが本当に大きい。単独走で前半のペースはありえなかったので。
最初から設定ペースを破って突っ込んだ格好にはなりましたが、
結果的には自重した単独走より、少し無理した集団走の選択をうまく
できたなと、前半の1~2kmのところでの判断でレースが決まった感じ。
こういう部分はレース感というか、レースでなければ養えない部分だし、
ロードレースの醍醐味です。改めてトラックが辛くも感じるな〜〜。
7~9kmがもう少し踏ん張れれば最高でしたが、今日のところはOKです。

309221683_2142465299259764_8457151286031559969_n
IMG_4906

4位だったので久しぶりの表彰式ですー。それも3年ぶり。
タイムとか順位とか年代とかは4がいっぱいですけどね。
副賞4位は今年は田園ハムさんセットでしたー。
ちなみに1位と6位が同じで葡萄!2位、3位、5位はまたそれぞれ。
よこては副賞の決め方がユニークだなと思います。順位がいい方が
欲しいとも限らないというか、人による感じになります。
ただ、今日においてはなんだか葡萄をみんな欲しがってましたね笑

参考までに
2019年の4位はリンゴジュース
2018年の3位はラーメンセット

C8DDC591-3438-47BB-958C-BE9E6FBCB9CB

同じ宮古の駅伝チームGakuちゃんと、揃って入賞できました。
日報駅伝の時にも襷渡しの可能性のある二人ですので、11/23までに
お互い更なるパワーアップをしたいところ。

IMG_4899

あと、話題の厚底踵無しシューズの試し履きをしてましたーー。
超きになってたのでラッキー。
MIZUNO WAVE DUEL PRO ってやつ今月末発売です!

IMG_4901

めちゃくちゃ歩きにくいシューズです笑 
常につま先立ちみたいな感じで、フォアフット矯正シューズ的な。
走力のあるフォアフットランナーに感想を聞いてみたいですが、

IMG_4900

ワタクシぐらいの走力の非フォアフットランナーが履こうと思ったら、
相当な覚悟がいるシューズだなと300~400mな試走してみて思いました。
現段階では履きこなすのは至難の技だとは率直なところ思うけど...
履きこなせたらスーパー速いのではないか?っとも思います。
足入れの感覚も思ったより悪くはなかったですし、
ヴェイパー26cmですがこれも26cmで良さそうでした。
また画期的なのが出てきましたねー。
みなさんも機会あれば是非試してみてくださいませー。

40代半ばにもなってくるとシューズには絶対に頼りたいので、
シューズの進化も気になるお年頃。
ただ、今年はこのままヴェイパー2で頑張りますー。

一関やあまちゃんなどもあった本日、走られてた皆様お疲れさまでした!
次戦は盛岡シティマラソン(8.8km)です。
10kmにして欲しいところですが、
日報駅伝の練習と考えれば絶好の距離ですね。



第7回 よこてシティハーフマラソン

啄木マラソンから2週間。
想像以上にダメージが残り、全然走れてません笑
今回は右ふくらはぎ。シンスプでもなくハムでもなく、
ふくらはぎってのは過去にはあまりないです。
啄木マラソンから1週間後に一度10km走り、
2週間後の昨日、宮古チームで5000TT(18:14)
30℃近くあったのもあるけど、
またもや似たようなタイムで18分カットもできず。。。
終始ひっぱるカタチで走りましたが、
3000m以降はやはりタレてしまい3:40かかってしまう感じ。
まあ、タイム自体は特にこれでも現段階ではいいのですが、
さっそく今度は左のふくらはぎへのダメージがかなり残ってます。
前回が右、今回は左。実際右もまだ軽く残ってる感じはあるし。
たぶん走行距離が極端に少なく、足が全然仕上がってないところに
スピードだすもんで、心肺というよりは
普通に足が耐えれずにダメージとして残るのかなと思います。
今月に至っては昨日の5000mまで含めて30kmしか走ってないしね。。
なんにせよ、箱根駅伝の次に歴史の長い大会でお馴染みの
日報駅伝まであと約2ヶ月、やれる事をやっていきます。

さて、そのやるべき事の一つとして今度の日曜日は
『よこてシティハーフマラソン』です。ハーフは過去に3回参加して、
毎回わりと結果が出ている大会で相性は良いですし、好きな大会です。
今回は10kmなので初めて参加になります。5km~6kmのところだけ、
少し上りがあるみたいですが、それ以外はわりと走りやすそうな高低図。

今回設定は『37:00~37:20』
啄木より約1分短縮設定です。
3:42~3:44 / kmのペース を淡々と刻んでいくというイメージです。
直近の啄木、5000TTの2レースを考えると、
3分30秒台で刻んで行くのは現状としては厳しいのかなと思います。
なので前半はきっちり想定ペース刻んで18:35前後で5km通過をイメージ。
5km〜6kmの坂を越えてどれくらい脚が残るかでラスト2~3kmで
勝負できる状況になるのが理想です。ただロードレースですので、
ちょっとだけ無理してでも前についた方が結果的に楽な展開もあるので、
その辺は集中力切らさずに、レースをうまくよんで走れたらなと思います。

IMG_4857

ゼッケンはもう届いておりますー。
語呂合わせがなかなかムズイ.........
朝ドラファンとしては『ちむどん』の長男にむけて
一度反省していただくという事で

『 2209   /  ニーニーお灸  』

無理ありすぎるな。全然しっくりこない。。
まんず、レースは楽しんで走れたらいいなと思います。

第32回 啄木の里ふれあいマラソン大会 結果

まず、こういうタイトルの記事を書ける日がやってきたな〜っというのがなんとも感慨深い。
リアルロードレース、やっぱり楽しいです。
この2年くらいでグラスロなどトラックレースもだいぶ身近になってきて、それはそれで楽しいですがやはりロードのマラソン大会は、レース前にトイレに何回も行ったりするのも含め、走ってない時のラン仲間と会話だったり、他諸々やはり最高です。

C8EEA071-8315-4F32-B1E1-9DA426C83909

3年ぶりとなった啄木マラソン。前回の2019年の夏はワタクシ、初めてのスランプに陥ってる時でしたが、この大会から復活して結局その後の秋レースで10km、ハーフ、フル、全て PB更新というシーズンでした。
最初の頃にうるまにも招待選手としてラッキーな事に連れて行ってもらったのもこの大会。
なので、記録がでるコースではないが、相性は良い大会なのかなとは思ってるワタクシ。
さあ、今日はその相性の良さはどうでるか?
朝は寒いくらいでしたが、雨もあがりレースの頃には絶好のどん曇り。まあちょっと蒸し暑さだけは残りましたが、それほど悪いコンディションではないです。

設定としては前回の投稿であげたとおりで
『3:48~3:50/km で 38:00~38:20 』 で仕上がり設定。
最近の練習量から定めた今現在の実力、コースの厳しさ、このあたりを踏まえると、
上記設定で行ければ、現段階では合格点です。さあ、いざ勝負!

【 START 】
01km  3:43  設定よりは5秒程速く入ってしまったけど久々のご愛嬌で。
02km  3:57  上りはあるけど、こんなに遅いか??正直このレース黄色信号。
03km  3:45  少し前の集団に意図的に追いついてペースアップ。
04km  3:49  人の力を借りてなんとなく最初の設定に戻せました。
05km  3:44  今回は入賞絡む確率ないので折り返しでも順位数えず笑
06km  3:47  さて、ここからのアップダウンの3kmくらいを粘れるか。
07km  3:44  大化けも大崩れもないけど、しっかり前みて走れてます。
08km  3:49  辛いけどちょっとずつ前を拾える展開で、設定タイム通り。
09km  3:49  このあたりは流石に蒸し暑さピークでしたが、踏ん張る。
10km  3:37  ラストだけは少しあげれてゴール。さて結果は......

【GOAL】 38:00 3:47/km  年代別 9位  / 総合 36位

っという事でなんと設定タイムの上側にピッタリという結果でした。
タイムだけみれば、まだまだですが今日に関しては合格点といっていいでしょう!
2km地点だけ、なんであんなに遅かったのは謎ですが、そこから崩れずにきっちり立て直して最後まで集中切らさずにレースに入りこめたのは良かったです。今回は完全に人との順位争いは無しでタイムだけ。自分の状態をまずまず正確に把握できた上で、狙ったパフォーマンスを出せるというのはわりと嬉しいもので、次戦9/25の『よこてシティハーフマラソン 10km』に弾みがつきました。
よこてはわりとタイムが出るコースなのでここでは37:30前後の設定になってくるかと思います。展開によっては37分台前半が欲しいところではありますが、あまり欲ばらず、最終的に11/23に速く走れればそれでいいので、まだまだ冷静にやって行こうと思います。

とにかく、今日は久々のロードレース大会に参加したという事が楽しかったです。それに尽きます。
参加された皆様、大会関係者の皆様、お疲れさまでした。そしてありがとうございました!




第32回 啄木の里ふれあいマラソン大会

グラスロのようなトラックレースを除いて考えると
2022年の初レースとなります。
っていうかマラソンで言えば、昨年11月の宮古のサーモンぶり。
いや〜なんだか久々の感覚。
練習も全然積めてないので、
当然タイムも期待はせずに挑む訳ですが、
一応設定はきちんとしておくのは大事。
現在の実力を正式に把握して
次に向けて活かすという意味でも設定タイムはわりと重要。
まず啄木マラソン10kmとハーフは決してタイムの出るコースではない。
そのコースを走るうえでの現状の体調から考えると、
『38:00~38:20』このあたりが妥当かなと。
早過ぎても.......遅過ぎても.........っと考えると
3:48~3:50 / km でイーブンで走れれば合格というレベルだと思います。
間違って37分台が出たら上出来過ぎですし、
38分台で走れないのもちょっと危険。
ただ、天候などもあるので崩れた時も心だけは折れないように
最後まで走りきろうとは思います。
まず、今シーズン初戦なので良くなくても悪過ぎなければ合格という
甘々採点で挑んできたいと思います。
IMG_4707

第6回 グラスロ 結果

2ヶ月ちょっとぶりの更新でございます。ごぶさたしております。
さて、久しぶりなので先に少し近況報告から。
まずは走行距離ですが、

6月  89km
7月  77km

っという感じでした。相変わらず100も走れない今シーズン。
月に回数で言えば回前後、距離でいえば10km前後のjogで
相変わらずのちんたら調整中です。
あっ、四十肩だけは7月頭くらいにようやくほぼ居なくなりました。
なかなか思うようには練習内容も向上していきませんね。
ざっくりとだけど練習計画は長期的スパンでは立ててはいるのだけど、
違和感どこかあると、無理しない、慌てない、勝負は11月精神で、
良くいえば柔軟に対応し過ぎてますからね 笑

さて、昨日のグラスロなはなし。
前回のグラスロ以降、1000m以上の距離をスピードだして走って
ないので今回も不安満載なスタート。
前回は18:30のPMに最後の1周まで引っ張ってもらい、
最後は一人であげて気分よくゴールな18:16という結果でした。
って事で今回は18:00PMに張り付いて同様の事ができたら最高のパターン。
ってか18:00切れたらかなり上出来という感じで挑みました。

その前に、お馴染みキッズ1000mのレースの応援から。
小2ぼんずは前回は手元の時計で4:56、
大会のページにはもっといいタイムで掲載されてたけど、
4:56がたぶん正解なので最低ラインはこのタイムで目指せ4:45
今回はあまあますぎる父は900mくらいほぼ伴走。
計算上は100mを28.5秒で走れば4:45です。
なので400mの一周を1:54で走ればよくて、200mだと57秒でいいのですが、
やはり毎度最初の200mをかっ飛ばして48〜50秒位で入ってる感じなので、
今回はイーブンペースというのを何度も伝え、
同時にいくら前に離されても気にするなと、6年生も一緒に走るのだから
順位ではなくタイムなのだとPB更新だけを目指すのだと。

IMG_4511..

あっ、ちなみに今回のMCMKOK-T(モクT)は新色を親子で着用。
MCMKOK(モクモク)テントでも販売しましたよ。

1222

って事で広告を2行はさみ結果。
順位は後ろから2番目でしたが、前半抑えた分、
後半の落ち込みが少なく手元の時計で4:51、見事PB更新でした!
5秒短縮。ここ2回くらいは5秒ずつ更新なので
次回こそ4:45カットしたいですね。

さて、ぼんずの1000mをアップにしていよいよワタクシの5000m。

※トラックでの100m前後の誤差を考えると18:00であがるには
 3:33 ~ 3:35/kmが最低限必要なスピードです。

【START】
1000m 3:33   PMに背中にはりつて淡々と。そんなに辛くもなし。
2000m 3:31   少し貯金もできていけるかな?と一瞬思ったけど....
3000m 3:32   2800m前で既に辛くなりPMに離されかけ、くらいつく展開
4000m 3:40   自力ではつけなくなり、何度もPMに励ましてもらったけど....
5000m 3:43   つききれず....タレてくいっぽう。。
0080m 0:16   ラストも当然全然あがらず、終了.........。

【GOAL】 18:16   3:36/km  

っという結果でした。
タイムだけみると、全然意識しなかったのだけど
まさかの前回とすっかり一緒 笑
ただ、展開としては真逆です。
心理的実験(した訳ではないけど)としてはやはり、
圧倒的に前回の方がいいですよね。面白いもんですね。
まあ今回のも練習にはなりました。
ただ、久々にスピードだしたら一晩寝ても今日は腰痛いっすね。
秋はロードの10kmレースが入ってくるので、
回復の時間もちゃんと考慮して挑んだ方が良さそう。
啄木、よこて、MCM、宮古サーモン、は日報前に走る訳なので、
サーモンで37分カットできるところまでは持っていきたい。
啄木はコースもコースだし、
今年初の10kmレースになると思うので安全運転で。

日報駅伝まであと3ヶ月半。まだ焦らずゆっくり調整です。


5月走行距離

最終的に5月は97kmでした。ギリ100kmいなかないくらい。
走行距離はあくまで目安ではありますが、
その部分はちょうどいいあたりに落ち着きました。
中旬頃(15日〜25日あたり)はコンスタントに
中1日もしくは中2日で、10km前後の距離ではあるけど、
質の良い練習をこなせてました。
中1000mのスピード(3'30)にも慣れてきた感あったし。
そして5月25日、昨年の11月より悩まされている四十肩がふっと
少し軽くなりました。4/10にも一度そういう感覚はあり、
1ヶ月半経ってさらに改善したかな、いよいよ最終盤に突入!
.........っと思ったのですが、5/27あたり突如としてまた調子悪い。
基本四十肩は2月くらいからは横ばいか改善の方向だったのに、
初めて、また一歩下がるてきな。。
っと同時に腰もまたちょっと微妙。。
そんな訳で5/末になってまたなんだかやや不安な感じ。
2022年シーズン走りはじめてちょうど3ヶ月。
数字だけみれば予定通りではありますが、まだまだ慎重にやっていかないと。

5月練習

あいかわらず、ちんたらとやっております。
5月もやはり100km行くか行かないかくらいのペースで順調に進んでます。
ちなみに今朝は11km jog(頑張ったほう)

2019年までの練習内容だとノーマルjogの日は
おおよそ12~3km です。
途中1000mを3'30の感覚で走ってみるという事は、
わりとやってて、調子の確認のような感じでした。
2019まではレースもたくさあり、ちゃんと出てたので、
レースがポイント練習という位置付けでした。
なのでとくにポイント練習決めてやるということはありませんでした。

2020年の秋に腰をやってからは、
コロナ禍もあるし練習スケジュールや内容は試行錯誤の末、
今現在の早朝ではなく午前中8〜9時台で9km前後のジョグという
中途半端な時間と距離に落ち着いてきました。

2022年(厳密には2021年12月から)は2月までノーラン生活をし、
3月1日に走り初め 笑

今年に関しては走り始めてから約3ヶ月が経とうとしていますが、
今のところ予定通りに進んでいます。
5月6日のグラスロ5000mは18'15''で予定よりは良かったし、
走行距離も無駄には増えてはいません。
9kmjogを基本として、ひと月に10回前後走るというサイクルで過ごした3ヶ月。
5月から途中に1000mを入れれるようになり、
3'30のスピードも忘れないようにしながら。
6月〜8月も基本は現状と同じような距離や練習方法をとりながら、
3月〜5月よりは少しだ強度をあげれればいいなと思ってます。
8月のグラスロは17'40 ~ 17'50あたりを狙って行きたいですね。
宮古のTTも夏にどっかでは1回参加したい。
9月〜11月はレースも入れていきレース勘を取り戻しつつ、
いよいよ仕上げの時期、怪我だけしないように
11/23の日報駅伝を迎えたいです。

そいや『よこてシティハーフマラソン』も先日エントリーしました。
よこてはハーフのPBを出した大会でもあるし、
初めてハーフ80分カットに成功した大会でもあるし、
タイムもでるし、入賞に関してもわりと相性はいい大会です。
なのでとりあえず、その時期に成功体験は気分的に欲しいなと。
そういう意味あいもあり、よこてを選択。
盛岡シティマラソンも10月にエントリーしてます。
さらにグラスロも10月におそらくあるかな〜っと思うので、
9/末からはホント実践練習ですね。
最後の総練習みたいな感じで宮古のサーモンマラソンが11月2週目。

っという事で全て11/23から逆算しての練習や大会選択になってます。
まあ、予定通りにいかないのも当然想定はしつつですが、
プランが明確であるというのはとてもやりやすい。

怪我や故障、腰や肩の悪化だけは気をつけながら計画的な
月間 100km 前後練習でやっていこうと思います。



4月の走行距離。

3月は91kmでしたが、4月は88kmでした。
ほぼ一緒ですね。
4月の内容としては走った回数は9回(全てジョグ)
4/10に17kmと少し長い距離を一度だけ走りましたが、
残りの8回は全て7〜10km程度を5'00 ~ 5'30/km程度です。
100km行きそうでギリ行かないですね〜。
走行距離にこだわりはないけど、
いくら今年まではハーフ以上の大会を回避するといっても、
100kmは最低限いけばいいなとは思ってはいるんですけどね。。
走る時間を早朝から2〜3時間後ろにずらした午前中に変えた事で、
仕事が早い日は必然的にノーランという生活です。昨年から。
以前は忙しい時も早朝走ってたので、普通に走れてましたが、
今はそうはなりません。
でも今のこのサイクルで結果が出せるようになるのであれば、
それはそれで良いかな〜っと思ってます。
まあ、フルは絶対これで結果はでないですけどね。。
今年は10kmまでなので、月100kmでも内容次第で結果は出るのでは
ないかなと、半分実験みたいな調整ですね。

あっ、そういえばMCMもエントリーしました。
8.8kmのファンランにしました。
上記の通り2022はフルは完全に捨てましたので。
中途半端に考えていると逆に痛い目みそうですしね。
いろいろスッキリとしてきたので、
まずは次のグラスロに向けてまたゆっくりあがてこうと思います。
ちなみにいまのところ、5月も100kmは行かなそうな雰囲気 笑



第5回 グラスロ 結果

集合写真

約1ヶ月ちょっとぶりの更新でございます。
みなさまGW満喫しておりますでしょうかー?
昨日は第5回目のグラスロに参加してきました。
グラスロ?な方に簡単に説明してきますと
東大箱根ランナーでお馴染みの盛岡一高卒の
阿部飛雄馬くん主催のユルいトラックレースです。
陸連登録などとは無縁で参加できます。
草野球を楽しむようにトラックレースを楽しみ草レース。
キッズもあるし、PMもきっちりつくのでいろいろな楽しみ方が
できますね。気が早いけど次回は8月6日(土)なそうですー。

IMG_3713

さて今回も小2になったぼんずと参加してきました。
彼のアップは交通公園での自転車です 笑

IMG_3716

IMG_3717

友人の子と並んでちびっこ2年コンビ。
最後はうちのぼんずおいてかれたけど、終始デートランしてました。

3DB474FD-5074-4722-8F58-267581394D58

ラストは父ちゃんひっぱりでなんとか5分切りで4:56(手元の時計で)
のPB更新。ってことでまた褒美をねだられる事に決定。
彼のモチベーションはそこにしかきっとない。。
でもスポーツは器械体操に絞られてきてはいるのだけど、
まだこうやって理由はどうあれ、一緒に走ってくれるのは嬉しい。
今回自分は1500mは走らなかったけど、いよいよ、真面目に
彼の1000 vs 父1500  はいい勝負になってきましたね。

IMG_3721

さて、そして1500mをDNSにしたワタクシの今回の本命5000m
.......ですが、最初2組目で登録してもらいましたが、1組目に変更。
トップのPMが18:30設定です。
2組目は17:00 ~18:00までPMつくのですが、18:00で走れる気が1mmも
しないので、最後タレて終わるよりは、18:30で気分よくあげて終われた
方が、今時期だと体力的にも精神的にもいいだろうなと考えての選択。
『選択、集中、妥協』っという飛雄馬くんに教えてもらった言葉を
今回は体現できたかな〜っとは思います。
って事でいざスタート!

※トラックでの100mくらいの誤差を考えると18:30であがるには
 3:39 ~ 3:40/kmが最低限必要なスピードです。

【START】
1000m 3:40   PMのお陰でほぼ設定通りの入りです。そんなに辛くもなし。
2000m 3:33   ほぼ時計みてなかったけどここ、はやかったんだなあ 笑
3000m 3:36   PMにビタビタでただただ無心で走ってます。
4000m 3:35   3600mを過ぎてなんとなく最後まで行けそうな気が。
5000m 3:29   ラスト1周だけはPMに自分でいけそうですと告げてスパート
0120m 3:24   最後だけは3:30を切るスピードで気持ちよく行けて良かった。

【GOAL】 18:16   3:34/km  

っという結果でした。
PM(畠山さんありがとうございました!)が居なかったら単独走だったのでこの結果では
なかったと思います。腰痛前のPBよりは1分以上当然遅いわけですが、
春先の現段階での練習状況や体の調子を考えると満足の行く内容でした。
1500mをDNSしたのも、5000の1組目を選択したのも今回は正解でした。
結果的に本当にいい練習になりましたし、精神的にも19:00とかかかるかもしれない........
っと真面目にどっかで思っていた部分があったのでひとまずホっとしました。
今回で今年の基準がまずできたので、次回3ヶ月後のグラスロは最低ラインを18:00切り、
状態によっては17:30を目指そうと思います。
秋にはまた17分前半を狙える状態に持って行きたいです。ひと月10秒縮めていけば良い訳です。
そんな計算にはならないだろうけど、結果的に12月とかに、
ならせばそんなシーズンだったな〜と言えれば最高ですね。
あくまでターゲットレースは日報駅伝のみというのもブレずに行きたいと思います。
IMG_3720

IMG_3718

そんな日報駅伝を一緒に走るであろう宮古チームの面々も
みんな調子よさそうでした。秋が楽しみ。
とにかく、故障だけはしないように、じっくりゆっくりやって行きたいです。

グラスロな皆様、お疲れさまでしたー。

3月の走行距離

【 3月走行距離 /   91km 】

目標が50kmだったので以外と前半に走りましたね。

7km jogを6回こなし、
9km jogを3回こなし、
11kmjogを2回と、徐々に距離も増やしならしていきました。

ただ、月末8日間は全く走れず......
なのでまた10日間くらいあいてしまってますが、
一周継走も応援のみなので、焦らずゆっくりの春です。

4月は100km走れたら上出来かな。
でも5月は、遅い前提できばらずですが、
グラスロは走るので、少しはスピードもだしてみようかなと。

あとは今日からMCM(盛岡シティマラソン)もエントリー開始です。
フルにするかファンランにするかまだ迷ってます。
ファンランの場合、日報駅伝に対してのポイント練習という位置付けで
まあまあ本気に近いスピードで挑む事になるでしょう。
フルの場合は、サブスリー狙うような状態には仕上げれる自信もないし、
はなからそんなつもりはないので、
走る場合は2023の東京マラソンに向けての距離練習の位置付け。
サブ4.5くらいで走りたいという感じでしょうか。それも怪しいけど。。
ただ、その場合は非公式PM的なノリで、
誰かの役に立てたらいいなとは思ってたりはします。
要は個人の為のPM引き受けます的なノリです。
でも誰かの為といいつつ、一人で走るよりは誰かと一緒に走った方が
自分自身もモチベーションを保てるかな〜っというのも正直あります。
42.195はスピードを出してもそうでなくても、そんな楽な話しではありません。
まあ、それはどっちにエントリーするか確定してからではありますが。

まず、まだまだゆっくり調整していきたいと思います。
まだまだ引き続き四十肩です笑






2022年走り初め

1週間前の3月1日。
なんとなんと2022年の初走り 笑
やっとこさ動きだしましたー。
東京マラソン走るような年であれば、流石にこれはないけど、
冬レース何もない年はこれでもいいのかなーとも思えるようにはなってきました。
モチベーションが落ちたとはまた違うベクトルですね。
モチベはガンガンあります笑
ただ、40歳前後の時は全ての大会で年代別の入賞は目指して走ってましたが、
2020の10月に腰をやってからは(まあ大会もコロナで少なかった訳だけど)
50歳でピンピン走るにはどうすればいいか?って事を考え、
そうなると、腰との上手な付き合い方を模索しながらという事に。
1年半くらい経って、なんとなーく、ようやーく解ってきた気がします。
ただ、今現在は絶賛四十肩でそっちの方がはるかに大変ですが........。

春はじっくりゆっくり、夏にちょっとずつあげて、
秋の箱根駅伝の次に歴史の長い大会でお馴染みの『日報駅伝』にあわせる。
今の段階で既にそこだけにほぼ絞ってます。
他のレースもチャンスあれば出たいとは思ってますが、
あくまで日報で結果を出す為のレースという位置付けです。

そしてその後は2023の東京は一応権利をもっていて走る予定なので、
走り込みができるようであればいいなと思います。
2021 , 2022 と調整のような年になりそうですが、
40代を折り返したあたりからはまたギアあげれるよう、
少し先をみてやっていこうと思いますー。
3月は週1,2のジョグをまずは楽しくやってこうと思います。






2021年 走括

2021年最後の更新でございます。
と言っても今年はこの投稿入れても6回しか更新できてないですけどね笑
レースもグラスロを2回、サーモン10km 、日報駅伝のみの参加でした。
腰の事もなども考慮し、春からずっと日報のみを唯一ターゲットにした1年でした。日報の結果は前回の更新を見て頂ければその通り。最低限の仕事はギリできたかなというくらいの結果。可もなく不可もなく。
来年はもうちょいどうにかしたいですが、今現在は絶賛肩痛です。四十肩疑惑です。
四十肩よりは上がるんだけどね。まあ痛いのは変わりないので結局どっちでもいいのですが、おそらくこれも時間はかかるんだろうなと思うので春まではまた走眠生活になるのかな。ユルジョグ程度はできそうな時はしようと思ってますが。忍者走りで。

今年唯一の収穫は、しばらく走らなくてもモチベージョンは維持する事ができたという事。
実際、真面目に走るようになってからモチベーション維持に苦労したという事はないのですが、こんなに走らない期間が長い事が年に何度もある、というか走ってない期間の方が長いなんて事は、いまままでなかったので。そういう意味では来年も狙うレースは絞って取り組むという感じになりそう。

腰だったり、肋骨だったり、肩だったり、痛い部位が足じゃないってのがなんとも歳を感じるけど、40代後半や50代もちゃんと走りたいので、この2〜3年で新しい自分なりの調整方を徐々に変化させながら良い方向に持っていければいいなと思ってます。なんで来年あたりまではあまり気張らずにいこうという感じです


■2021年  年間走行距離 610km 

01月  / 018 km(腰を考え休養)
02月  / 010 km(腰を考え休養)
03月  / 012 km(腰を考え休養)
04月  / 031 km(ちょっとずつ走りだす)
05月  / 078 km(ちょっとずつ距離増やす)
06月  / 094 km(ちょっとずつ距離増やす)
07月  / 103 km(ちょっとずつ距離増やす)
08月  / 018 km(息子アタックで肋骨負傷)
09月  / 094 km(再スタート)
10月  / 053 km(息子と公園で調子のって再負傷)
11月  / 071 km(日報駅伝後肩痛悪化)
12月  / 028 km(たまに忍者走りジョグ)

2020年が2296kmだったので、1 / 3 すら走れなかったって事ですね。
当然過去最低の走行距離ですが、そもそも走行距離には走れてる時も固執していないですし、いい経験になった1年だったかなと思います。

さて年末年始、1度くらいは走れるかな?
みなさま、今年も【摂取  vs 消費 】のカロリー合戦がんばってくださいね。
ワタクシも含めて、消費組の勝利報告はあまり聞いた事がないですが。。。

では良い年末年始をお過ごしくださいませー。身体は大事にしましょうね。

259885120_969037573688233_5261171469333884346_n

来年こそは一桁順位をチームも個人もとりたいー。




第80回 一関・盛岡間駅伝競走大会 【日報駅伝】結果

2021年、ラストレースの結果報告。
っと言ってもほとんどレースは無かったし、そもそも腰にはじまり、色々なところの故障にも悩まされまくった1年でしたので、あっても走れないのが多かったと思います。そういう意味では今後の40代、50代以降のやっていき方のいい実験となった年だったような気がします。
そんな訳で箱根の次に歴史ある大会でお馴染みの日報駅伝。今年も無事に終了しました。
今年もこんなご時世ですのでスタンダードな開催が難しいなか、
様々な配慮や対策をしつつ開催してくださった主催及び関係者の皆様に感謝したいと思います。
そして80回記念だからなのか、こんなご時世だからなのか、もっと早くやって欲しかったけど
遂にLIVE配信が行われましたね。例年はリアルタイムはラジオだけで、しかもずっと流されてる訳ではなく、きっちりと人生相談とかも入ってて『昔の彼女と友達の関係を続けたい』みたいな悩みをボロクソに言われてたり、そんなの今聞きたいんじゃないんだよーー!って感じだったんだけど、LIVE配信の映像はやっぱり良いですね。

さて、今年の宮古チーム、戦力的には昨年と同等くらいという分析ではありますが、他チームの情報なども聞いてると昨年の9位(金ヶ崎棄権になった為、実質は10位)を死守というのはなかなか簡単ではないだろう、個人的な見立てでは12位〜13位かなとは思って挑みました。
ワタクシが担当したのは今年は8区(7.4km)です。久々に後半区間に戻ってきました。
ただ、初めて走る区間です、ってか6年連続違う区間やってます 笑
一応また、今後の為にまとめておきます。
来年以降に8区を走るチームメイトはもちろん、別のチームの人にも参考になればいいなと思います。
知っている情報はおしみなく今年も共有していきますー。

(※ポイント写真は試走の時の写真で、当日ではないです。この日は快晴でした)
1.8区中継点

まずはスタート地点はココ。ゴロゴロ会館です。
営業してないので、トイレなどはここのすぐ手前(南側)のパチンコ屋さんをお借りしました。
みなさん、そうしてる方が多かったけど大会運営側としてはどういう指示だったのかは確認しておりません。わりとアナログな部分がたくさん残っている歴史ある大会、日報駅伝 笑

今年は1~2区は雨には降られませんでしたが、3区以降はたぶん少し降られたり、やんだり、
たまーに晴れ間でたりな変な天気だったと思います。ワタクシの8区もアップ時からずっとそんな感じでした。風がそんなになく、多少あっても追い風(南風)から横風(西風)な雰囲気でした。
区間にもよるかと思いますが風速2m~3mくらいだと思います。気温は6℃〜8℃くらいかな。
ってことで天候コンディションは雨には降られたものの、わりと良い部類に入ったと思います。
全体的にタイムも昨年より上がったというか戻ったという感じでしたし。

そして毎年忘れるので、朝の流れを書き記しておこうと思います。

推定11:30頃、襷を受け取る予定で逆算して

6:30   起床
8:10   出発(8:00の一関のスタートをLIVE配信で少し見てから)
9:00   9区のスタート地点(石鳥谷ジョイス)に到着。車を停める。

12.9区中継点

9:20   8区スタート地点到着(さっきのゴロゴロ会館)

走り始めるであろう2時間前くらいまでには到着というのを毎回目処にしてます。
ここはみなさん、ゴロゴロ会館の軒下あたりに陣取るか車で暖をとってました。

9:40~  
アップしながらトイレ情報や、知り合いと腹のさぐりあいをしながらのコミュニケーション。

10:53
1回目点呼
これは本人ではなくてもいいので友人にゼッケンついたユニを持っててもらい、お願いします。

11:13
2回目点呼
これはトップ予想通過時刻(11:23)10分前で必ず本人着用で確認です。

はい、そろそろはじまりますよー。毎回ドキドキバタバタです。
予想としては10位前後到着予定。
花巻A、奥州Aあたりがほぼ同じくらいでトップで通過。
続いて盛岡A、北上A、紫波、金ヶ崎と順当に通過、そして洋野町が7位!去年は4区でこの順位だったけど今年かなり粘っているー。そして8位二戸、9位滝沢(滝沢は例年より後ろですね)から1分半して、さ〜そろそろかな〜、おっ、一関......か〜。まあそうだよな。そしておっ、9番 宮古ーー!きた。
ここまで来てからいいますが、今年の個人テーマは『襷』
毎年襷をもらってからなかなか納まりが悪くずっと『なで肩 vs 襷』という無駄でしかない対決を序盤戦にするので、今年はランパンではなくハーフタイツに!(まあ襷の理由でかえた訳ではないけど)
前回のサーモンマラソンでハーフタイツだとさっきの無駄な対決はしなくて良いという事を学習済み。
そして、せっかくなので7区のJ義君は前日が誕生日だったので、きっと今まで日報駅伝でやった事がないであろう、ハッピバースデー襷渡しを敢行。
作戦はこうだ。
受け取る時に通常のセリフ『ナイスラン!ラストー!』だけど、
そこが

平山『ナイスラン、誕生日おめでとうー』

そして誕生日の人側から逆に『襷』というプレゼントをもらう、

J義  『ありがとうー、はいプレゼント』

平山『ありがとうー』

出発てきな、実に2人だけしか楽しくない日報史上初のどうしようもないおっさんの襷渡し作戦。
野球で言ったらマウンドに集まって、会話している内容は『今日の晩飯はどこに食いにいく?』てきなやつを公開でやるというね。でも実は細かいことはそんなにJ義君には伝えてません。
なのでただビックリして何もおこらず、普通に終わる可能性もあるが..........

さあ時はきた。J義君がきた。一関が通過してから36秒後の光景。

平山『ナイスランーー!昨日誕生日おめでとーー!』

259022517_2074121919393671_2217341902580751301_n

J義『ありがとうー、はいプレゼント!』

ひらやま心の声 『すげ〜、台本渡してないのに台本どおりーー!』

258886337_649401432743251_4184483713650833278_n

平山 『ありがとー!』

260191114_4684165338307209_1356928350192609962_n

ひらやま心の声 『たしかにうけとったー!』

って感じの襷作戦は無事成功し、愉快にスタートをきりました。
そして受け取るちょい前に今回は時計押したつもりが押ささってなかったのか、押せてたのに押せてないと勘違いしてしまったのか20~30mたぶん計測されないタイムがでたかなと、結局襷作戦に気をとられすぎて、時計でミスってるという。。。
まあ、襷はちゃんと腰に納まったし、ランに集中です。さあいざ勝負!
ちなみに後ろ12位以降は一斉繰り上げスタートになったので、宮古チームが8区で黄色襷の最後のチームになりました。

【START】
●01km  3:33 
入りは基本3:36と思ってましたが、少し早くはなったけど想定内です。
一関の姿は直線ゾーンで小さくですが、なんとか確認はできます。

2.2km付近jpg
2km手前付近

●02km  3:34 
この2kmまでで調子を見極めようというプランでした。この時点で感想としては昨年とはまず違う。
そこそこ行けるかも。なんだったら展開によっては一関食ってやる!くらいにも思えた時間帯。

3.2.5km付近jpg
2.5km付近 塚の根交差点。

ここから3km手前の逆ひばあたりまでが下りとなるので、
このゾーンを『塚の根の休息』としてました。
少し楽にイーブンを保つか、キロ2~3秒あがったら儲けもんだなという算段でした。

4.3km付近jpg

●03km  3:35 
ただ休息しただけでしたね.....やはりそう甘くはない。ただプランBはまだ行けそう。
3:36で5kmで18:00通過をプランBくらいで考えてました。
4km~5kmで跨線橋があるのでもし足が残れば後半劇的アップで18-8作戦をBからのAプランとして持ってました。要は5kmを18分、残り2.4km(試走で実際少し短かそうだったし)を8分で26分であがるというプラン。
6
中間点付近

●04km  3:40 
おっと、跨線橋直前で少しペースダウン、一関の姿も見え隠れに。。

7.4km付近跨線橋最初jpg
さあ跨線橋登ります。

8.跨線橋下りjpg
さあ下ります。ちょい一関また見えた。

●05km  3:41 
ここで劇的な落ちはなかったものの、後半追い込める雰囲気は.....微妙。
5km通過が18:02~03くらいだったのでまだかすかに18-8作戦はあるけども。。

●06km  3:33 
おし、少し持ち直した!一関は見えるような見えないような。
でもここからは必死でもうあまり考えれる頭が残ってなかったかな。

9
ラスト1km付近

●07km  3:37 
あとは襷をきっと繋げれるはず!

258803856_249158093866937_5761917264707716141_n

襷もはずして、顎もあがってきてもがいてラストスパート

256662368_569606084340706_3984149229475173398_n
Iクミちゃん、毎年写真提供ありがとう!

●400(300)m 0:58 
ラストは必死に走りましたね。ただ、9区のT崎さんは既にいませんでした。。。
1〜2分前に繰り上げスタートが行われたそう。実際15~20分で繰り上げなんですが、
ワタクシ到着はトップ通過後16分過ぎ頃だったと思うので、繋がっても全然おかしくはないんですが。一関も繋がらなかった模様.....。繰り上げはやっ。。
この辺の判断はもうその中継点の審判が判断するようなので、しゃーないですね。悔しいけど。
この辺はピタっと時間できっちりきる方がいいのかな〜っとは思うけど、
80年やってきているものだからそう簡単には変わらんよね。
85回くらいまでに変わったらいいな笑(希望)

っということで終始単独走だった今回の仕上がりとしては

8区   7.4km     26:20(
3:34/km)   区間順位  14 位  /  22チーム中

でした。たぶんですが最初ちょっと時計もたつきがあったので正確ではないですが、試走の時も含めて考えて、実際ガーミンだと7.32~7.33kmくらいかなと思います。なんで実際は3:35~3:36kmくらいのペースだったのかな〜っとは思いますが、7.4km換算すると3:34くらいでした。プランEまで持ってましたが、プランB想定でした。今年も状態がお世辞にもいい状態とは言えなかったので、レース中にどんな事になっても切り替えてポジティブに走れるプランとしてそういう頭の準備だけは用意しました。最後の方はその頭もまわんないんすけどね。マラソンや駅伝は準備のスポーツです。体の準備が充分ではない場合、頭と心の準備だけは売るほど用意しないと、という事ですね。
結局大化けもしないけど、今シーズンの状態でこのタイムでまとめれたのにはまずまず満足はしてます。
しいていうなら順位をもうちょいあげたかったな。あとで結果みたら後ろの繰り上げの人達(実力ワタクシとも近い人多かった)はたぶん集団でそこそこは進んでラストで少しタイムがわかれたと思うのだけど、ワタクシの前後のタイムは多かったです。なので、個人タイムだけを考えたら逆にそこに混ざったほうがタイムは伸びたかもですが、駅伝だし、そもそも繰り上げはできればしたくないですからね。
でも単独走で最低限がんばれたのはなんだか、少し戻ってきたかなーという気もしました。来年に繋がる走りにはなりました。ちなみに一関との差は詰まってもおらず、逆に17秒あけられてました。。

さあ、そして肝心のチームとしての成績は!

『11位』


結局11位でもらって、その後繰り上げにはなりましたが、順位はずっと変わらずキープでした。
9区〜11区のみんなもがんばりましたーー。
思ってた順位より一つはよかったし、10位の洋野町とも1分差なかったので、去年とほぼほぼ近い感じだったんだなーと。チームとして地力と自信がついてきたなーっと感じました。

最終結果です。

【 最終結果 】
■個人   
26:20    (3:34/km)      区間順位  14 位  /  22チーム中
■チーム 5:32:27 (3:30/km)     総合順位  11 位  /  22チーム中

詳しいリザルトはこちらからどうぞ。

そして宮古と個人だけの過去の結果を振り返ると。


2016年
【チーム順位】   20位 / 21チーム中    タイム : 6:08:26  
【個人区間順位】19位 / 21人中
【7区 8.6km】  タイム  33:02 ( 3:51/km) 

※体調コンディション :  故障中の状態での参加。
タイムはほぼ想定通り。大崩れはなくこの時はまあこんなもん。


2017年
【チーム順位】   19位 / 21チーム中    タイム : 6:03:03
【個人区間順位】16位 / 21人中
【11区 11.2km】  タイム  41:16 ( 3:41/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。

2018年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:45:28
【個人区間順位】17位 / 22人中
【3区 10.7km】  タイム  38:36 ( 3:36/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
雪で寒過ぎ.....前半のエース区間の一つ

■2019年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:44:40
【個人区間順位】13位 / 22人中
【2区 7.5km】  タイム  26:27 ( 3:32 /km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
宮古名物2区のごぼう抜かれは今年は4人という結果でした 笑

■2020年
【チーム順位】   09位 / 22チーム中    タイム : 5:39:27
【個人区間順位】17位 / 22人中
【4区 6.9km】  タイム  27:11 ( 3:56 /km)  

※体調コンディション :  腰痛から練習できずの悪コンディションでの参加でした。
タイムは惨敗での大ブレーキ。
1区〜3区の良い流れを活かせず、2021年はチームに恩返しを!

■2021年
【チーム順位】   11位 / 22チーム中    タイム : 5:32:27(宮古新記録)
【個人区間順位】14位 / 22人中
【8区 7.4km】  タイム  26:20 ( 3:34 /km)  

※体調コンディション :  腰痛や夏場の肋骨負傷で練習できずの悪コンディションでの参加でした。
そんなにいい見栄えではないが、今シーズンとしては満足の結果でした。
来年はチームとして一桁復帰を目指したい。個人としても一桁狙いたい。


以上今年の結果でした。長々とありがとうございましたー。
いや〜、駅伝って本当に楽しいですね!
LIVE配信のアーカイブはこちらから見れますー。

259885120_969037573688233_5261171469333884346_n



第35回 宮古サーモンハーフマラソン 結果

かなーーーーりご無沙汰の更新となってしまいました。
腰とも付き合いながらなんとか走ったり、休んだり、休んだり、休んだり、走ったりしてます。
10月のグラスロも走ったけどそいや更新できてなかったですね。
一応さくっと触れておくと

1500m  /   4:54
5000m  /   3000mでDNF

こんな結果でした。

久々すぎるので走行距離なんかもまとめて書いちゃいますー。

2021年
01月  / 018 km(腰を考え休養)
02月  / 010 km(腰を考え休養)
03月  / 012 km(腰を考え休養)
04月  / 031 km(ちょっとずつ走りだす)
05月  / 078 km(ちょっとずつ距離増やす)
06月  / 094 km(ちょっとずつ距離増やす)
07月  / 103 km(ちょっとずつ距離増やす)
08月  / 018 km(息子アタックで肋骨負傷)
09月  / 094 km(再スタート)
10月  / 053 km(息子と公園で調子のって再負傷)
11月  / 032 km(再スタート)

4月〜7月までは計画通りでしたが、真夏の大失敗になってしまい撃沈。
10月中旬から再び走り出し、ゆるゆるポイント練だけでなんとかあわせようという魂胆です。
IMG_2137

さて、そんな訳で昨日はひっさびさのロードレース。
2年ぶりに宮古のサーモンマラソンを走ってきました。
リアル大会ですが、タイムトライアル形式で8人ずつ5秒ごとのウェーブスタートです。
入賞や表彰などはありませんー。
現状だと10km走る事すら不安なので3:45~3:50で走り38分切れたら御の字という感じ。
天候コンディションだけは過去一くらいの晴天無風でした。
そして2010年の時ぶりのシーサイドコース。細かいアップダウンはまあまああります。
ワタクシは3列目くらいからスタート!

【START】
01km 3:46   まずは自重して落ち着いて入る
02km 3:47   女子トップのHちゃんにすでにここで抜かれる笑
03km 3:47   落ち着いてペーラン的に単独走を続けます。
04km 3:48   このあたりでだいぶ後方からスタートしたS君に抜かれる。
05km 3:50   折り返しは19分少しカットしたくらい
06km 3:42   自然と少しあがりました。でも後半持つのか不安。。
07km 3:43   なんとかいけるのかな?って感じはしてきた。
08km 3:45   あがってはいないけどなんとかいけそう。
09km 3:46   劇的に辛くはないけど、当然楽でもない。
10km 3:37   ラストだけはちょっとあがりました。

【GOAL】 37:38   3:46/km   年代別 12 位  /  総合 35

IMG_2139

って感じの久々のロードレースでした。
まずは10kmをペースダウンなく走れた事に一安心。
38分カットも最低限できてネガティブスプリットで行けたのもよかった。
現時点での自分の実力をわりとしっかりと把握する事ができました。
11/23の日報の最終調整として走りましたが、実は日報でかける襷の練習も笑
いつも襷でわちゃわちゃしてずっと なで肩vs襷 みたいな事を3kmくらい
やっているので今回は襷をあらかじめ用意してマラソンなのに襷をかけて走りました。
昨年の日報駅伝の黄色い襷。きっと地味に史上初の試みです。
ハーフタイツを今年から履いてるので、それに挟んだら襷もビシっと納まりました。
さて、あとは日報駅伝当日ちゃんと黄色い襷が
ワタクシの8区まで届く事を信じて、9区へ届けれる事を信じて、
最後の悪あがきをあと数日したいと思います。

ってな訳で久々更新でした。

第3回 グラスロ結果

遅くなりましたが、グラスロの結果です。
まず全体の結果みたい方はグラスロ公式結果からご覧くださいー。

さて、ワタクシ自身の話しだと今回は1500mのみエントリー。
あと、小1のボンズが1000mにエントリー。

まず、ボンズの結果は
前回大会(2020 / 10月)が 5:45 に対して、
今回大会(2021 / 05月)が 4:53 ということになってますが、
ワタクシの手元の時計では5:30くらいでしたが 笑
まあ、そこは良い事にしときましょ〜

ワタクシの1500mは前回が  4:42
ちょうどグラスロ前日に腰痛発症(今も完治してません)したんですが、
その前のスピ練の貯金で走った感じでそれなりに走れましたし、
1500mも経験積めばもうちょいいけるのかな?っという感触ではありました。
今回は5分切れたら万々歳。正直5分半かかる事も予想してましたが、
きっちり 4:59 で走りました 。
久しぶりに3:20 / kmのペースで走ったという事になりますが、
1500mという距離であれば意外と練習そんなやってなくても走れるんだなとやや安堵。
そして心肺も死ぬほどつらい〜って事もなかった。(そもそも頑張りすぎないのが今回はコンセプト)
ただ、ラスト一周もうちょいあがるかなと思ったけど、どうにも足が廻らない感覚。
練習してない感はこっちの方が感じましたね。
そして3000mとか5000mになったらもっとメタメタなタイムなんだろうなと。

5000m = 短い距離

と思ってた腰痛前とは違い、今はとてつもなく長く感じる。
それなりにスピードを出して17:30(3:30/km)で走るレベルに戻すには、
やはり少し距離も踏まないといけないなとは実感しました。
かといって月間200kmとかは当然いらなくて120~130km走れれば十分だと思います。
あとは内容の問題となってくると思うので。
9月くらいでどういう状態になっているかにもよるけど、
11月にはYGB(腰痛後ベスト)ではなく、
きっちりPB(17:10切り)を出したいとは現段階では思ってます。
最終的には目指すところはやはり16分台。
腰の不安がなくなれば、可能だと自分では信じてます。
ただ、まずはあせらずゆっくりオジサンなりの調整を。


5月 月間走行距離

あっという間に6月です。
グラスロも一応走りましたよ。
それはまたゆっくり書こうかなと思いますが、
現状でいけば合格点ではありましたー。

さて5月の月間走行距離  79kmでした。
80kmを目安にしてたのでちょうどいいくらいですね。

6月はそろそろ100kmくらいまではいいかなと思うのと、
3000mか5000mは一度タイム関係なく8割くらいの雰囲気で
やってみて一つの基準は作れたらいいなと思います。



1月〜4月 月間走行距離

さて、お久しぶりです。
早速ですが直近4カ月の走行距離。
まとめておきます。
5月から腰痛改善に本格的に取り組みながら、
少しずつ走りはじめてますが、ひとまず4月までを記しておきます。

【1月  018km】
【2月  010km】
【3月  012km】
【4月  031km】

4ヶ月で71km、はい、ほぼ走ってない家具屋ですね 笑
5月は1ヶ月で70~80kmにはなりそうな気がします。
いつも言いますが、月間走行距離はあくまで目安で、
沢山走れば早くなるという訳でもなく、
目指す種目(距離)によりけりで距離を踏まねばという事はもちろんありますけど。
今年は1ヶ月の最大走行距離は秋(10月)で150km以内くらいになれば十分かなと思ってます。
内容重視ですね。11/23の日報駅伝一つにターゲットは定まっているので、
腰と付き合いながら、その日に速く走るにはどうすればいいかという事だけを考えての年間計画で練習(休み事も含め)しております。
そういえば今度の土曜日はグラスロで久々に1500m走ります。
前回のグラスロが昨年10月24日でちょうど腰を痛めた翌日でした。
ただ、まだ貯金でなんとか走れて4:42 という結果。
今現在は到底そんなタイムで走ろうとは思ってないし、走ろうと思っても走れないし、
5:00カットできたら上出来の万々歳。
それに現段階では無理して出し切って5:00切るよりは少し余力残して5:10~15の方が、
実際のところは良い走りをしたという事になると思います。
レースでテンション上がってしまって頑張りすぎない事も大事です。
今年はあくまで11/23が全てだからね。
『選択・集中・妥協』を忘れずに挑みます〜。




近況報告。

実は2021年初更新。
みなさまお久しぶりでございます。
書きはじめると長くなりそうなので、
近況を箇条書きにしますー。

⚫️腰痛はまだ未解決
⚫️今年になってから3回くらいしか走ってない。
⚫️走行距離の合計が30kmくらいでほぼノーランに等しい。
⚫️言い訳としては、仕事多忙、子供春から小学生、雪が多い冬だった。
⚫️謎のモチベーションはあります。
⚫️10月下旬〜11月23日ここにピーキング。
⚫️他の期間に今年は早く走る理由がない。
⚫️日報駅伝が最大のターゲットレース。

そんな訳で、7ヶ月くらいかけてじっくりゆっくり焦らずに
やっていこうと思います。まずは腰の解決から。。。



第79回 一関・盛岡間駅伝競走大会 【日報駅伝】結果

さて、遅くなりましたがご報告です。
2020年、考えてみれば駅伝だけど初のロードレースだったかも。
箱根の次に歴史ある大会でお馴染みの日報駅伝。無事に終了しました。
まずは、このようなご時世で開催も危ぶまれた状況下の中、
様々な配慮や対策をしつつ開催に踏み切ってくださった主催及び関係者の皆様に感謝したいと思います。本当に走らせて頂き『感謝』これに尽きます。ありがとうございました。
恩返しは来年以降も無駄に『箱根の次に歴史ある大会』という、
キラーワードをいちいち付けて、勝手に発信していこうと思います。
そして本当に"お馴染みの"と言えるレベルで浸透すればいいなと、
日報ファンが増えるといいなと思います。

さて、今年はワタクシ4区(6.9km)です。
一応また、今後の為にまとめておきます。
来年以降4区を走るチームメイトはもちろん、別のチームの人にも参考になればいいなと思います。
知っている情報はできるだけ共有した方が楽しいしね。

今年は雨にも雪にも降られませんでしたが、北風がヤバかったですね。
区間にもよるかと思いますが風速4m~8mくらいだと思います。
気温は5℃〜9℃くらいかな。
特に4区は風強い区間でお馴染みのようです。
建物がなく、モロに風をうけるゾーンが結構長い。
なので昨年に比べたら天候はバットコンディション。
毎年忘れるので、朝の流れを書き記しておこうと思います。

推定9:30頃、襷を受け取る予定で逆算して
(※写真は試走の時の写真で、当日ではないです。この日は快晴で超あったかかったんだけどなあ。)
4:30  起床
6:10  出発
7:10  5区のスタート地点に到着。車を停める。友人の車で4区まで乗せてってもらう。
IMG_9897
IMG_9896

7:20  4区スタート地点に到着。(4号沿いスバル裏)

今年はコロナ対策でまずは検温などなど。
そしてスバルが開くまではトイレ借りれず、4号挟んで向かい側のホテルのトイレが
選手用のトイレとして借りれるようになってました。
でも9時以降はスバルも借りれるようになりましたので、
直前トイレはわざわざ4号越えなくても大丈夫でした。

超寒いし腰もやっぱりまだちょっと痛いけど、アップ。
トータル4kmくらいjogりました。走り始めれば痛みはそこまでは気にならないだろうという判断。
(実際痛み自体は気になりませんでした。)

1回目点呼は8:55
これは本人ではなくてもいいので友人にゼッケンついたユニを持っててもらい、お願いします。

2回目点呼は9:15
これはトップ予想通過時刻(9:25)10分前で必ず本人です。

さて、近年の宮古チームは序盤戦だいぶ賑やかな傾向があり、
冗談抜きでトップでくるとかも少しは想定に入れておかないといけない。
(実際2区で一度トップを獲りました!)
なのでまあまあ落ちつかないですね。
一応ワタクシの予定では9:30ちょうどくらいの襷渡しで7〜9位くらいかなと。
さあ、はじまります2020年のワタクシの日報駅伝。
3区のM浦選手、何位でくるかな。きっと二戸あたりと近くでくるかな。
さあ、トップがきました。
金ヶ崎!盛岡A、奥州A、北上A 、滝沢、花巻A、と順当にちゃんと速いところが続々と。
そして7番目は洋野町!ここはちょっと以外、そして、きた!
ってか3人の団子状態、紫波と宮古と二戸!ホントに二戸一緒にきたー。
ちなみに二戸は3区区間賞のE人君、さすがだ。
正式には紫波8位、3秒差で宮古9位、1秒差で二戸10位でした。
良い具合に近くに他チームを残し、
準エース区間とも言われる3区で一桁で踏みとどまったM浦選手はホントナイスランでした。
さあ、目標12~3位のチームなのでここからの踏ん張りです。
ほぼ予定通りの時間と順位でいざスタート!
126622612_952432188617697_2309180258677982875_n

【START】
●01km  3:37 
3秒差だったはずの紫波の選手はあっという間に行ってしまいました。
二戸の選手は実は宮古人なんだよね〜。走る前に少し話してましたが、ガチで一緒に笑
襷で毎度もたつくんですが、その間にあっさり先行されました。
ってかあえて前に出して、風除けにしてついてこかうかなくらい........のはずでした。。。
入りは3:30位を想定してましたが、想像以上に風で進まず、密かに狙っていた24:00という
最高のパターンはそうそうに諦めました。大崩れだけしないように。
でも最初の1kmでたぶん10秒くらい離されたかも。

IMG_9886

●02km  3:51 
4号沿いを走っていきます。
2km、ここのラップがまさかの3:51........二戸にもだいぶ離されて、これは
とりあえず、視界に入るところで踏ん張るしかないなと。
ってかここまで遅い事にショック。
そして2km地点を過ぎてからが本当の地獄のはじまりでした。。


●03km 3:59  
ほぼキロヨン..............フルマラソンじゃないよ。
風をこのあたりから更にうけます。
胆沢城跡あたりがちょうど中間点3.4~5kmになるのだけど、
ここでの風はヤバすぎました。体調コンディションがただでさえ悪い人には、
こういう天候の悪コンディションは更に輪をかけて追い討ちをかけます。
IMG_9888
IMG_9889


●04km 4:11 
サ、サブスリーペースまで............
試走の時、単調なコースだから気を抜いてたらすぐ終わるなとさえ感じてたコースは
とてつもなく長く感じました。ちょっと信じられないくらいに。
きっと駅伝じゃなかったらDNFするくらいでしたね。

IMG_9891

●05km 3:59 

ここの橋を越えるとらスト2kmです。なげえ。。。
どんだけがんばってもこれしか出ないって、もう泣きそう。。
ただ、1~3区までの貯金のお陰でここまでボロクソなのに、
11位の選手が全然きません。
なので順位は変わらず10位をへこたれながら走ってます。

IMG_9894

●06km 4:10
 
ラスト1.5kmくらいのとこで、ここだけは登りです。
スタートからゴールまでで考えると20mくらいは高低差あって、
もらった時より渡す時の方が高い位置という事になります。
こうなると4:10でも、もはや不思議ではないです。
駅伝なのにサブスリー狙ってる人みたいなタイムで走ってます。
ここの途中に昨年も応援してくれた中学の恩師がまた応援してくれました。あざす!
必死すぎて全然応える事できずスイマセン。。

●07km 3:21 
ここはラスト900mくらいなので。
でも3:50ギリきるくらいまでしかきっとでてないですね。
出てるのはランパンの紐くらいのもんです。瀕死の状態です。
そしていつもワタクシの区間を応援してくれるT様、今年も写真ありがとうございます!
嬉しかったです。

127021762_453194845665717_5884196443201640614_n
IMG_9895

ラストはこういう商店街を走りぬけます。

IMG_9898

そしてようやく中継点まで。
5区のエースK川君に。ちなみに昨年は2区と3区でこの襷リレーでした。
昨年は良い具合に前にランナーを残せたのだけど、今年はただただ離されただけで、渡した時点からかなり単独走にさせてしまいスイマセン。それでも一人拾ったみたいで9位と順位をひとつあげてくれたK川君はやはり頼れるエース。

って事でワタクシ自身の結果としては

27:11   (
3:56/km)  区間順位  17 位  /  22チーム中


ボロクソでした。ホントスイマセン。
ブレーキとはこういう事を言うんだよっていうお手本中のお手本的な大ブレーキ。
もちろん、はじめての経験です。それこそ、はじめて日報駅伝を膝故障中の状態で走った時よりも遅いです。まあ区間や気象状況は違えどここまでのボロクソは初でした。
やはりマラソンとか駅伝は準備のスポーツだなと改めて実感しました。
9割型まぐれはでないスポーツです。でもやっぱり1割くらいは期待してしまうんですよね。
こんなところまでイチワリマラソン(エキデン)笑
実際走っている時に痛みはありませんでした。でもただただ走れない。。。そんな感じでした。
直前1ヶ月がまともな練習ができなかった。それによってメンタル的にも行けるという自信はもちろん無い状態で挑んでます。過去3年は絶好調の状態で挑んで大化けも大崩れもなく、ほぼ実力通りという結果だったので、そういう部分から考えると妥当だったのかもしれません。
実際今年の場合、24:00で走ったら区間5位とか6位のレベルでした。昨年だと10位とかです。なので条件は圧倒的に悪かったので、25分台とかでまとめるだけで区間13位くらいでした。なんであと1分ちょっと早いだけで順位は3〜4つ変わったという事です。
反省点をあげるとすれば、自分が遅いという事だけでこれはヤバイなあという最終判断をしてしまい走っている途中にモチベーションを見つけれなかった事。
走っている途中に別のチームのランナーもかなりタイムは崩れるだろうという判断を冷静にして、悪いなりに最低限の目標をレース中につくりなおせなかった事ですね。
26:30でOKという判断ができればあと40秒早くK川君に繋げて、K川君も前をもっともっと追いかけ易くなったでしょう、そうなると自分のタイムだけでなくチームとしてのタイムも変わってきます。まだまだ経験不足。でも本当にいい経験になりました。
でも、もうこれで昨年まで磨いた『抜かれる技術』のメンタル、
更にプラスで『大ブレーキ』のメンタル、これも経験した事である意味怖いもんなしです 笑 
ここ3年で前半区間を経験させてもらったのは大きい。来年チームにはきっちりと恩返しします。

さて、でもですよ、チームとしてはね、なんとなんとなんとーーー、9位!!!!
まさかの一桁順位でしたー。後半区間のみなさま、順位をほぼ落とす事なく踏ん張りました。
(金ヶ崎がアンカーで棄権があったんで実質は10位ですが)
これはホントに快挙です。夢の一桁ですからね。
いわゆる『ふるさと選手』が使えない今年、生え抜きランナーの実力があがった事、あと補強も成功した事、他のチームが戦力ダウンを余儀なくされた事、この3つの条件が重なり、17位からのまさか8つもジャンプアップ!大躍進です!!
ワタクシのブレーキなんてもう忘れていいですね、これは。
こんなチームとして最高の時にブレーキである意味救われました〜。

最終結果です。

【 最終結果 】
■個人   
27:11   (3:56/km)      区間順位  17 位  /  22チーム中
■チーム 5:39:27             総合順位  09 位  /  22チーム中(21チーム)

詳しいやつは公式のコチラからどうぞ。


そして宮古と個人だけの過去の結果を振り返ると。


2016年
【チーム順位】   20位 / 21チーム中    タイム : 6:08:26  
【個人区間順位】19位 / 21人中
【7区 8.6km】  タイム  33:02 ( 3:51/km) 

※体調コンディション :  故障中の状態での参加。
タイムはほぼ想定通り。大崩れはなくこの時はまあこんなもん。



2017年
【チーム順位】   19位 / 21チーム中    タイム : 6:03:03
【個人区間順位】16位 / 21人中
【11区 11.2km】  タイム  41:16 ( 3:41/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。



2018年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:45:28
【個人区間順位】17位 / 22人中
【3区 10.7km】  タイム  38:36 ( 3:36/km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
雪で寒過ぎ.....前半のエース区間の一つ



■2019年
【チーム順位】   17位 / 22チーム中    タイム : 5:44:40
【個人区間順位】13位 / 22人中
【2区 7.5km】  タイム  26:27 ( 3:32 /km)  

※体調コンディション :  絶好調の状態での参加でした。
タイムはほぼ想定通り。大化けも大崩れもなくやっぱりこんなもん。
宮古名物2区のごぼう抜かれは今年は4人という結果でした 笑


■2020年
【チーム順位】   09位 / 22チーム中    タイム : 5:39:27
【個人区間順位】17位 / 22人中
【4区 6.9km】  タイム  27:11 ( 3:56 /km)  

※体調コンディション :  腰痛から練習できずの悪コンディションでの参加でした。
タイムは惨敗での大ブレーキ。
1区〜3区の良い流れを活かせず、2021年はチームに恩返しを!


来年はチームとしては目指せ7〜8位!
個人としても区間順位一桁を目指します!!

そんな訳で今年は宮古大躍進でしたーーーー!
自分の事は棚にあげまくり、おくのおくの見えないとこまで追いやって嬉しいですーーーー!


近況報告。

気がつけば2ヶ月以上更新の期間が空いてしまいました。
その間に無事にイチワリマラソンも終了しました。
奇跡の『42』とも言える大会となりました。
はじめての事でと言い訳をしつつも、
色々と事務局の不手際でご迷惑やご心配お掛けしてしまい、反省点は沢山ありました。
ただ、それ以上にあたたかい声も沢山頂き本当に、
参加頂いてくれたみなさなや関わってくださった皆様に感謝でした。

9月10月11月の上旬くらいまで、バタバタし過ぎてというか限界値を色々ときっと超えてしまい、
10月末から1ヶ月くらい腰痛に悩まされております。
多少やわらいではきましたが、約1ヶ月まともな練習ができてない状態。
でも痛くなる1週間前には5000mmTTで17:10というPBを出せたのだけは今年の収穫。
第2回のグラスロは腰痛発症した頃だったので5000mは回避。
1500mで4:42だったので、これも別に悪い数字ではない。たまたまだけど42だし笑
ただ、この日を最後にここまでのスピードはもちろん一度もだせず、
そして11/23はいよいよ日報駅伝。
今年の宮古は戦力十分、ワタクシ加入してから過去最高順位を狙います。
目指せ12~3位です。(ちなみに昨年は17位)
日報駅伝で5個とか順位上がったら結構凄い事です。
ワタクシは今年は4区。みんなの足ひっぱらないようにだけしたいです。
そして今年は腰痛かろうがなんだろうが、走れる事に感謝しつつ、
楽しませて頂ければと思います。

来週にでも結果をゆっくり更新できればなと思います。
箱根駅伝の次に歴史の長い大会でお馴染みの日報駅伝、よろしくお願い致します。


ICHIWARI MARATHON / イチワリマラソン

topimg

イチワリマラソンの準備が最低限のところまではなんとか整いました。やっとこさ。webも遂に公開となりました。

そしてエントリーは本日!
9月17日  木曜日   pm4:20 スタートです。
モクモクなので木曜日、マラソン42kmなので、4:20です。
定員は420名となりますので気になる方はお早めにー。

さて、そもそもイチワリマラソンってなんぞや、
オンライマラソンってなんぞや、の方の為に簡単に説明しときますね。でもたぶん長いけど。。

ICHIWARI MARATHON / イチワリマラソンは
MCMKOK(モクモク  / 盛岡シティマラソンを勝手に応援する会)が主催のオンラインマラソン大会です。距離だったり、参加料だったり、様々な規模感が1割くらいの小さな大会です。雰囲気も1割くらいはオフラインでお楽しみ頂けます。


まず、そもそもオンラインマラソンというのは?
コロナ禍の中で生まれた新しいマラソン大会のやり方で呼び方自体、
GPSマラソンとかデジタルマラソンとか色々あります。でもたぶんオンラインマラソンが呼び方としては今現在は多いかも。
オンラインと言っても走るのは基本外です。ただホントの大会のように実際集って受付してゼッケンつけて、トイレ並んで、みたいな事はありません。WEBでエントリーをしたら走るのは日本全国(イチワリマラソンは国内限定にしてます)どこでも良くて、一番簡単なのは普段の練習場所で良いかと思います。そのタイムをランニングアプリ(TATTAなど)で計測して大会側にメールで申告するだけ。そうするとその地域の特産品や大会グッズが届くよ。そんなのが一般的なオンラインマラソンです。

モクモクのイチワリマラソンは距離はフルの1割で4.2kmです。
たぶんワタクシはガチランしたら15分くらいだと思います。でも今これを読んでいて、例えばランに興味がないそこのあなたでも、1時間散歩するだけで終わるどころかお釣りがくるくらいです。歩いても1時間有れば十分な距離です。4.2kmは走れなくても1時間歩く事は大体のかたがクリアできるのではないな〜っと思います。

参加料は1000円(税込)です。
フルのリアル大会はエントリーが約1万円なのでそれの1割。
参加賞はなかなか1000円にしてはいいですよ。

【 参加賞 】
⚫️その1 『kakeashi / かけあしの最新号
表紙1200

かけあしはモクモクが発行する『ランとマチ』をテーマにした冊子です。
今年も"てくり”でお馴染みの『まちの編集室』のご協力を頂き製作しました。
走る家具屋が、1年に1度だけ、走るなんちゃって編集長になる日です笑


⚫️その2
六月の鹿のコーヒー  or  喫茶cartaのグラノーラ  or  両方のハーフset

六月の鹿
六月の鹿 / コーヒー豆 80g(写真はイメージの為100gです)

盛岡市桜山にある『自家焙煎珈琲 六月の鹿』のコーヒー豆。
イチワリマラソン用特別ブレンド『10% / イチワリ』をお届けします。

or

カルタ2
喫茶carta / グラノーラ 100g
盛岡市内丸にある『喫茶carta』自家製のグラノーラ。
そのままおやつに、アイスやヨーグルトに添えてもおいしいです。

or

シカルタ2

それぞれのハーフセット。



⚫️その3   イチワリオリジナル完走賞(紙)
web完走証がオンラインマラソンは多いけど、イチワリマラソンはあえて紙で発行します。

っという参加賞です。
【 その1+ その2 +その3 = 参加賞 】なのでこれ全部もらえるという事ですね。

これを読んでいる1割くらいの人はきっとマラソン自体より参加賞の方が気になったはず 笑
しかも遠方の方も参加料は変わらず。送料まで1000円に含まれているので、イチワリマラソンと言いながらコスパは10割以上真面目にあります。
さらにさらに県内の方で10/25にクロステラス盛岡で直接受け取れる方は、もう一品盛岡の何かが貰えるという、1時間散歩するだけでいい事尽くめなマラソン大会です。
そしてガチラン勢の為にも、タイムレースではないよと言いつつ総合男女3位まではユルく表彰致します。(後日何かしらモクモクや大会グッズ、盛岡の何かが送られます。)なので速く走る方が楽しい方は頑張って走ってくださいませ。走る方、歩く方、どちらにしても楽しむ事が最優先とは思っております。

そんなモクモク主催のオンラインマラソンです。(10/25は当日オフラインイベント)
エントリー方法はマラソン大会など一度も参加した事がない方へのハードルがどうやったら下がるのだろうかと考えた結果、あえてランネットを通らなくても気軽に参加できるように、ECサイトのBASEで出走権を購入するというお買い物方式にしました。普通に出走権と参加賞を1000円で買い物するという感覚です。そちらのサイトも既に見ることはできますので、どれにしようかなと考える事はできる状態になってますよ。


⚫️ロゴについて。

白300300グレー


大会内容としてはかなりゆるゆるだけど、オンラインだけど、一応マラソン大会なので
『数字』とか『記号』というモノから構成したマークにできないかと考えました。

【  1割 =   1/10   =   10%  】   

この3つは全て同じ量を表してます。たぶんね。
パっと見のビジュアルとしては『%』です。そして内容は色々な角度からの1割になってます。
角度という意味では実は、斜めのICHIWARI MARATHONというスペルですが、45度ではないんです。
どこまでもこじつけるイチワリマラソンですので、ここは42度設定となっております。きっとデザイン的には45度の方がデザインしやすいのだろうけど、あえて、バレるかバレないかの42度になってます。
直感で気づいた人は凄いですね。でもその部分には"よく気付きましたで賞"てきなものは何もないです 笑

あともう一つだけ付け加えると、イチワリマラソンなので1/10になってますが、この数字を変えると何割マラソンでも可能という事。
2/10 でニワリマラソンにも、 3/10 でサンワリマラソンにも、 1/2 でハーフマラソン(ゴワリ)マラソンにも、いかようにでも変えていく事も可能です。そういったとても汎用性のあるデザインにもなっているという訳です。一応今後何があるかわかりませんしね。
シンプルですが、色々と考えて作られているロゴマークです。

オフロゴBL背景1200

あとは日付け表記とも似ているので、こういう応用もしていけるという使いやすさもあったりね。
カラバリも増やしやすいかなと思います。


その他イチワリマラソンの中での面白い企画はまだまだ用意しております。
WEBでまだお知らせできてない事もあるので、たまに覗いてみてくださいね。

そんな訳でエントリーどしどしお待ちしておりますー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 大会概要 】
⚫️大会名称  :  ICHIWARI MARATHON 2020

⚫️主催         :  MCMKOK(通称 : モクモク /   盛岡シティマラソンを勝手に応援する会)

⚫️開催日程  : オンラインマラソン 10月15日(木) -  10月25日(日)12:00まで
                     : オフラインイベント  10月25日(日)13:00 -15:00   盛岡クロステラス内

⚫️種目距離  : 4.2km(走っても歩いてもOKです!)

⚫️申込期間  : 9月17日(木)pm 4:20 〜 
                       ICHIWARI MARATHON BASE特設サイトかお申込ください。

⚫️参加定員  : 420名 ※定員に達し次第締め切ります。

⚫️参加資格  : 日本国内にお住まいの6歳以上の健康な方

⚫️参加料金  : 1000円(税込)(参加賞の送料まで含まれます)

⚫️参加賞     :   1. 『kakeashi / かけあし 2020  最新号』
                        2.  コーヒー or のグラノーラ or 両方のハーフセット
                        3.  イチワリマラソンオリジナル完走証(紙)
        ※イチワリマラソンですがコスパは10割以上ありますよ。
        ※更に10/25当日イベントで受取り希望の方には+1品サービス

⚫️計測方法  : GPSウォッチやランニングアプリ(TATTAなど)で計測
 
⚫️申込方法  : イチワリマラソン特設メールフォームにて必要事項を送信頂きます。
    

6月〜8月の走行距離

なんだかんだバタバタしててまた時間が少し空いてしまいました。
書きたい事は山ほどあるんですけどね。
イチワリマラソンの話とかICHIWARI MARATHONの話とか10%マラソンの話とか。
表記を3種類に分けてまで話したいって事は相当話したいようですね笑 
近日中にここでもしつこいくらい宣伝します。
さて、直近3カ月の走行距離。
4~5月はほぼ100kmで全然はしれませんでしたがこの3カ月はいいペースですね。
こんな感じ。

【6月  199km】
【7月  189km】
【8月  203km】

ワタクシは180~200あたりでおさめるのが、脚の故障とタイム向上との兼ね合いを考えると一番いいあたりだという自己分析をしています。これ以上走ると故障しがちです。かといって100kmくらいだと精神面で折り合いがつかなくなってきます。そう考えるとこの3カ月はある程度距離に関してはいい具合にまとまったなと。実際8月はもう少し距離行けそうでしたが、後半は意図的に少し減らしました。案の定、脚に少し違和感を感じはじめてたので。完全に痛くなる前に対処しないとですね。
でも9月もなんだか微妙な違和感と背中合わせの中走ってます。引き続き気をつけねば。

そんなここ最近です。
早くMIZUNOのハイカットで3000Mか5000Mやってみたいなあ。


MIZUNO WAVE DUEL NEO

23A0691F-632F-4645-B740-11EC891633D8-1

また3週間程あいてしまいました。お久しぶりでございます。
その間に新しいシューズが増えましたので、気持ちが新鮮な間にちょっとレビューしとこうかなと。グラスロ以降トラックに興味津々なワタクシ。トラック(タータン)での相性の良さが多方面から聞こえてくるコレ。MIZUNO WAVE DUEL NEO / ミズノウェーブデュエルネオ
オッサンになってからデビューした市民ランナーのワタクシは王道のミズノを通っておりませんので初ミズノという事になります。しかもそれがハイカットというね、マラソン業界では画期的な一足。ナイキの厚底への対抗馬筆頭と考えても良いのかも。このシューズは箱根好きの人には記憶に新しい、2020年の箱根で唯一、非厚底で区間賞を10区で獲得した創価大の嶋津選手が履いてたやつです。あの時履いてのは真っ白のハイカットで、これのプロトと言われてて、謎の白シューズでした。のちにミズノのものだったとわかり、7月に正式にデビューしたモデルです。もちろん嶋津選手の力によるものですが、シューズ目線だけで喋ると、唯一ナイキのヴェイパーに箱根で勝ったシューズ。そりゃ履いてみたいですよね。
IMG_9323

まず履く前にに重さ、26cmで185gという事でしたが、ほぼその通りでした。
左187g

IMG_9322

右はドンピシャリの185gです。
重さだけだとヴェイパーが183gだったのでほぼ一緒。

IMG_9328

そしてハイカットって事ですね。
色んな方がレビューしている通り、足はいれにくいです。ただ、マラソンシューズとしては入れにくいの方が正式ですかね。それか入れにくいと聞きすぎたからハードル下がったのか、ワタクシはそんなに気になりません。確かに入れにくいけど、想定内という感じでしょうか。脱ぐ時も大変という方もいますが、ワタクシはあっさり。じゃサイズデカいんじゃないの?って思う方もいるかもだけど、そこはいつも通りの26cmでバッチリでした。足入ってからのフィット感は完璧でした。ワタクシは足幅あるほう(2E~2.5Eくらいのノリ)ですが、問題なしです。そして紐はもはや飾りってくらいでゆる〜くでもよかったです。脱げるような感じはないです。
そんな訳でフィット感はサイコーです。

IMG_9331

見た目だけど参考までに。全部26cm。
右から
ペガサスターボ
ヴェイパーフライネクスト%
ミズノ ウェーブデュエルネオ
NB1300
最後は普段のだけど。

見え方としてはシャープですね。
IMG_9327

わりとつま先は上がってます。歩く時に少しだけ前にカクンという感じはあります。ただ、最初のズームフライみたいなあそこまでではないです、もちろん。アウトソールは写真のような感じ。わりと硬いですね。そしてウェーブプレートが半月状にすこし見えます。カーボンではないミズノ独自のスパイクとかにも使われている素材なのだそう。高い反発性には重要な役割。
そう走ってみると反発力結構感じます。ロードをジョグだとあまりわからないけど、やはりトラックでスピードを出した時はかなり感じます。ヴェイパーは跳ねる感じで、自分の足が地に設置している感覚は正直あまりないです。いいとこに足を置いてくと勝手に弾んで走るような感じです。どちらかと言うと自分で走ってはいるけど、乗りモノっぽい。
一方このデュエルネオはしっかり地の感覚が足にあります。すごく食いつきがいいですね。足が回転する感じがあるし、ストライドも伸ばせてる感覚も少しあります。自分の足で走ってる感はかなり強いです。スピードでますね。
ヴェイパーは自分の力とシューズの力が7:3くらいに感じますが、コイツは9:1くらいに感じます。なので例えば、同じ距離を同じスピードで走ったら達成感的なモノはデュエルネオの方が高いかも。
ただフルマラソンで使うのはどっち?と聞かれたらヴェイパーですね。10km(10000m)だとまだ悩みます。トッラク5000mだとネオですね。きっと。
今のところの感想はこんな感じです。まだ2回しか履いてないけど。
公認とか非公認って話しは一度おいといて純粋に距離に対して、使うシューズの選択肢は増えた気がします。早くレースで履いてみたいなあ。

第1回 IWATE GRASS-Lot RACE 結果

IMG_9160

ひっさしぶりに大会の結果というものをご報告できます。
なんだか結果はどうあれ、そういう記事が書けるだけで幸せですね。横断幕は初回なのにSince 2020と入れてくるあたりが今後もやっていくよ!っていう主催側としての意思表示の気がしてなんだか嬉しい。
そして心配しまくった天気ですが、8/1(土)当日になっても晴れマークが全然なかったにも関わらず晴れました。夕方までは雨の気配すら感じさせず。ワタクシの執念もだし、皆様のいろんな気持ちがこの天候にしてくれたのかな〜っと。なんだか少し感動しました。天気ひとつでね。

IMG_9156

夕方4時前くらいだったかな。
ちゃんと向こうに真っ黒い雨雲もいたんですけどね。大雨警報だか注意報も出たんですけどね。最終的にホント奇跡的にココは降らなかったです。パラソルは対『陽』だけで活躍する事になりよかった。

IMG_9142

ただ実は個人的に天気を心配してたのは走る事でというよりは、『kakeashi / かけあし』の取材も兼ねてたから。ネタバレですがグラスロも取材させて頂きましたよ。そんで他のコーナーの写真などもこの日に結構集中してて、kakeashi / かけあし的にはこの日が晴れるかどうかは死活問題でしたね。大袈裟な言い方かもだけど笑 
右側では撮影、左側ではインタビュー取材。kakeashiはカメラマン、デザイナー、ライター、それぞれちゃんとプロにお願いしているんですよ。お店とかに取材行くとだいたい、思ったよりちゃんとしててビックリ!っと言われます笑  ワタクシ一人でもちろん作れる訳ないですので〜。ワタクシは名ばかり編集長って感じです。

IMG_9149

主催の元東大箱根ランナーである阿部飛雄馬君は当日もモクT着てくれてて感激でしたー。

IMG_9165

さて、かけあしの方はひとまず、なんとかなりそうなので、競技場へ。
こっちではテレビクルーの皆様が早速。飛雄馬君は常に取材受けてた感じでしたね。

Eee7HQwUYAARnmc

そんでワタクシも実はNHKの『おばんですいわて』さんから大会前からお店だったり、練習風景だったり、当日のレースだったり、取材をして頂いておりました。
佐々木成美キャスター大変お世話になりましたー!! いい思い出になりましたー。
そしてなんとご自分もレース参加されるという。キャスターの鏡ですね。いつかライズボール見せてくださいね 。

IMG_9180

さて17:00からレーススタートで。キッズの1000mからスタートして、写真は大人の1500m1組目。
トラックレースはスタート前に名前呼んでもらうのが新鮮ですね。

IMG_9170

さて、そんな訳でワタクシもいよいよ出陣です。
5000m(全3組)の2組目で19:10スタートです。この組はペーサーのトップが18分設定(3:36/km )
まあ、18分で申告したんでその通りだけど、ホントは最終組の後方を走れたらな〜なんて思ってました。17:30申告の方がきっと多かったんだろうな〜。っとか。まあそれはさておき。
なんにせよ、18分カットできれば現段階ではOKです。トラックだとGPSでとると100Mくらい長くなるので、実際は3:33/kmくらいのペースでいかないと怪しいところ。なのでプランとしては3:30/kmですね。
非公式レースのいいところで、直前に3:30/kmの豪華なペーサーもついてもらいましたしね〜。元800m日本チャンプですから。さてそんな訳でいざスタート。

【START】
⚫️01km  / 3:31
まずはトップに出たのはラン仲間の走る美容師さん、この人は相変わらず強気の姿勢です。そのあとをインスタ繋がりでもあるYさん、そしてワタクシと続きます。入りは先頭が3:25くらいで入ったので、ワタクシはついてはいかず、3:31でほぼ設定通りに。

⚫️02km / 3:27 
すこ〜しずつ前の二人と詰まってきてペーサーのTさんを先頭に後ろに3人続くような陣形に。少し追いかけてるであがってます、いいペースですね。

⚫️03km / 3:24 
この区間の途中でトップ入れ替わりYさんが先頭に。ワタクシは2番目に。そして2.5kmあたりで先頭まであがりました。テレビ的に一度くらいは先頭になった方がいいかなという色気を少しだしてしまったのが、アカンよね。もう少し後ろで粘れば良かったです。
117105552_1667489933432357_980243001033824179_n

⚫️04km / 3:35     
案の定ここで疲れるよね。2.5~3.5kmくらいだけ前にいた感じかな。あとはYさんの背中をおっかけて。

⚫️05km / 3:31
でもこうなると最後力残ってなかったです。最終的には10秒くらい離されました。スパート全然かけれなかったのが反省点

⚫️06km / 0:18  
やはりGPSでは5.1kmであがり。
117040098_314233029697167_3731774529851589080_n


IMG_9195

って事で最終的には

【GOAL】 17:47  /  3:33/km  (3:30/km)

全体の記録はグラスロHPから確認くださいね。
個人的には、まず満足の結果ですね。現段階では十分かなと思います。ホントは17:30くらいまではいければいいですけど。でも何よりホント楽しかった。
もちろん走ってる時は苦しいのだけど、久々の苦し楽しいって感覚です。
めちゃくちゃいい大会が生まれたなと。
月曜日は飛雄馬君はテレビも生出演でした。

116707311_295125588598186_7456545027751770370_n

なんとその時もモクモクTーーー!
どこまでもいい人ですね。走る家具屋はホント感激でした。
2回目以降も全力で応援し、関わらせてもらえたらなと思いますーー!今回参加できなかった方、知らなかった方、次回ぜひぜひどうぞー。そしてその頃にはコロナも落ち着いてたらいいな〜。

主催の皆様、ボランティアの皆様、この状況下で感染対策など含めかなり準備も大変だったと思います。このような機会を作ってくれて、走らせて頂き本当にありがとうございました!
今後のグラスロも楽しみにしておりますーーーー。



第1回IWATE GRASS-Lot RACE

cropped-グラスロタイトルロゴ-1-1

皆様お久しぶりです。
イロイロな事がおこりまくる2020ですが、みなさん元気にお過ごしでしょうか。
なんだかんだで約2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。やはり大会が無いと更新する口実がなくなってしまうようなもんなのでなかなかどうして。ただ、その分MCMKOKのNOTEの方、モクノートでは相変わらずだらだらと喋っております。こっちは暇な時にでも是非どうぞ。
さて6月の走行距離は199kmでほぼ200kmでした久々にこれくらい走れましたね。そして7月も明日走れたら180kmくらいになるかな。そんな訳で走行距離は例年並みにもどってきました。
調子は.....正直レースをしていないからわからないけど、ほどほどだとは思います。
そんなところについにレースのお知らせですーー。
IWATE GRASS-LOT RACE(通称 : グラスロ)
岩手の市民ランナーの為の肩肘はらない、ゆる〜いトラックレースというところですね。
8/1(土)17:00 ~    はい、3日後ですー。
ワタクシは5000Mにエントリーしました。スタートリストもでグラスロページ内にでているのでご興味ある方は覗いてみてくださいね。そしてこのグラスロは企画したのが、まだ記憶にも新しい方も多いのでは。2020の箱根ランナーの阿部飛雄馬君。地元岩手出身のナイスガイ。
盛岡一高卒、東京大学教育学部卒、現東京大学大学院生というエリート。
そして足も速いという訳です。
箱根は関東学生連合のアンカー10区を務め、東大生ランナーとして注目も集めましたね。
この大会がいいのは、トラックだけど、市民ランナーや子供にも開けた大会であるということ。
とてもハードルの低い、トラックレースという事。でもガチで走る人も、もちろん楽しますしね。ペースアランナーも細かく配置するようです。ホント楽しみです。
天気だけお願いだから晴れて欲しいなあ。

ワタクシは最低17分台では走りたいですね。17:30を切ろうとかは思ってません。
現段階で17分台で走れればひとまずは合格です。
ラスト1000Mだけは思い切り勝負できる足が残れば18分を切って
17分なんぼまでいけるかってとこですね。
まんずトラックレース自体あまり経験ないので楽しみたいと思いますーー!



4月、5月の走行距離

みなさま、ご無沙汰しております。
3週間以上更新があいてしまいました。。。ただモクモクのnoteの方は相変わらずほぼ毎日喋ってますね。時間ある時にでも聴いてください。特におもしろくもなんともないですが、続けていればいつか何かがきっと生まれるのだと信じてだらだらとやってます笑
さて、そしてランの方もあまり走れてないですね。。

走行距離
【4月  101km】
【5月  100km】

たまたまです。100kmを狙って走った訳ではなく、おおよそ1回のランが10〜12km位で8〜9回しか走ってないという事ですね。オールジョグです。ポイント練習など一度もしておりません 笑
大会もないので春はおとなしくしておりました。走ってないくせに体のあちこち痛かったし。やっとあまり痛いとこなくなってきたかな、そんな感じです。とりあえず、年内の県内大会で今可能性が0でないものは、一関、MCM(盛岡)、宮古サーモン、日報駅伝あたりですね。ワタクシがいつも出ているやつで言えば。個人的に一番可能性があるのはマラソンではなく、駅伝です、日報です。箱根駅伝の次に歴史ある大会でお馴染みの日報駅伝です。県内で完結できるということと、マラソンほどの人数でもなく密にはなりにくいですからね。MCMは先日、正式発表は6/末とアナウンスがあり、全国で同時期開催は軒並み中止を発表している中、粘りました。良いとか悪いとかの前にビックリでした。さあ、どうなるか。まあ応援はやってもやらなくても変わらず、し続けますけどね。
そんな今日この頃です。


【 盛岡シティマラソン2020まで あと 145日 】

丸7年

ガチで走りはじめてから丸7年が経ちました。
2013年の仙台ハーフを境に本気で走りはじめたので。その前の2〜3年は宮古のサーモンだけ、もしくはサーモンと仙台に遊びで出てました。2度目の仙台(それが2013年)で遊びとはいえ、前年とほぼタイムが変わらなかった悔しさをキッカケにガチランになって行く訳です、そこのスイッチが入ってしまうとみるみるマラソンジャンキーになっていきます。そんなマラソンおじさんはきっと沢山いるでしょう。

ただ、今年はなかなかどうして。
やはり大会がモチベーションにはなっているので大会がない今、調整も例年よりかなりスローな訳です。だいたい逆算してレースも使って本命レースに向けて仕上げて行く訳なのですが、ほぼ年内消滅の2020。遂にMCM(盛岡シティマラソン)と同日開催の勝手にライバルにしている(何事もライバルは大事)金沢マラソンも本日中止の発表をしましたしね。水戸黄門とかはだいぶ前に発表してますね。これでその近辺の主要フルだと残すは盛岡。。。ですが、正直かなり厳しい状況でしょう。岩手はいまだコロナはゼロを続けてるものの、マラソン大会は規模感にもよりますが、少なくとも盛岡の場合1万人規模の大会だし外から人を呼ぶ訳ですし、なかなか厳しい。マラソン大会という準備が必要なイベントという性格上、今月末か6月の早い段階では結論はおそくともださねばでしょう。
応援はもちろん継続的に続けますが、今年の開催はやはり厳しいかな。
あっ、でも『kakeashi / かけあし』に関してはどちらにしても頑張ってつくろうとは思ってます。こんな状況で今年は協賛頂くにもかなり申し訳なさすぎるし、御願いするのも心情的にシンドイのですが。図々しい御願いだしタイミング的に最悪なのに、シンドイとかなんだよソレと思うかもしれませんが、それは諦めてはおりません。まだはじまったばかりの大会、せめて話題だけは今年も継続させたいと本気で思ってますし、目指せ勝手に満足度東北一の大会ですので。

あと、うっすらですが期待しているのは日報駅伝。11/23でMCMよりも1ヶ月後ろという事と、外から呼ぶマラソン大会とは性格が異なる大会だという事。県内の市町村対抗駅伝であり、基本的には内の話し。そしてそこまで極端な密にはならない。あとは準備もきっとマラソン大会と比べるとギリまで粘れる?一応箱根駅伝の次に歴史ある大会とも言われている、伝統ある大会で経験値はありますし。

って事で春先、全然走れてませんが、僅かな望みは捨てずに地味にゆっくり調整して行こうと思います。


【 盛岡シティマラソン2020まで あと 167日 】

東京マラソン2020からの荷物。

久々の更新です。
MCMKOKのnoteの方は喋るのも含めるとほぼほぼ毎日更新をしてます。って事でこちらが少し疎かに。。。せっかくこないだnoteで書いたのでこちらでもほぼ同じ内容にはなりますが、更新しておきますー。以下noteより。


やっと2度目の『書きます。』マガジンの更新です。このnoteをはじめる前から、ブログ自体は結構マメに更新するタイ プだと思ってたワタクシ。思ってたというか、わりとそっちよりのタイプ。世間では比較的真面目な性格といわれている岩手県人ですからね。やりはじめるとコ ツコツやる。スタートをきってしまえばやるんですよ。でもなかなかスタートを切らなかったりはする。かも。何にせよ最初の『書きます。』と2度目の『書き ます。』の間にこんなに『喋ります。』を挟むとは思っていなかった。喋る事の方がハードルは高いと思っていたが、実は内容のクオリティをいったん一昨日に 置き忘れた前提でいうと、そんなに高くはない。むしろ低い........ということもない。2丁拳銃風 に言うと、ちょうどえぇ。1分でも15分でもなく『5分』、ちょうどえぇでしょう。長めの待ち時間のカップラーメンくらい、ちょうどえぇでしょ う〜。........という事でちょうど良さに引っ張られすぎて2度目が今日に。みなさん、こんにちは、友人Y氏のラジオが大好きな42歳のちっさいマ ラソンおじさん平山です。喋る、喋る、喋る、走る、喋る、喋る、書く、喋る、喋る、くらいの頻度の更新で今後ともよろしく御願いします。

さて、そんな訳でやっと東京マラソン2020から届いた荷物の話し。

picture_pc_5255b6cb2fd99784a91af966a69d40b0

モクラジで言ってた、端っこにノンアルはこういう事です。そして簡単な挨拶と入っているモノリストの紙があります。

picture_pc_5b44deb7c045d8fc68598b42b2c76979

まずはもちろんゼッケン。これがないとはじまらない。準エリート枠は4000番からスタートしていた模様。ワタクシは4156で『4156/良い語呂』で す。モクラジでもこう喋るのが正解だったんだろうなと悔やまれる。『書きます。』だと書き直す事はできるけど『喋ります。』はそういう修正が利かないの と、機転が利かないと、っていうのが難しいところだ。でも更新するには、ちょうどえぇでしょう。5分というのはやっぱり老若男女、世界共通でカンボジアで も岩手でも、ちょうどええでしょう。

picture_pc_1a3c3b668d5964015f38846a83733e3e

オフィシャルプログラム。しっかり作られてます。紙質もある程度お金かかってますし、中もカラーページが多い。ただ東京マラソンといえども、内容という面 では地方の大会のそれとそんなに変わる訳ではない。エラい人の挨拶があって、ゲストランナーの紹介があって、大会の概要的なものがあって、出走者リストが あって、広告があって。厚さは『いわきサンシャインマラソン』のように驚異的な厚さがある訳でもなく、『盛岡シティマラソン』のようにまさかの " 無し" という訳でもなく、いわゆる普通の厚さです。ちょうどえぇでしょう。A4サイズの厚さ約10mmくらい、ちょうどえぇでしょう。ただ『kakeashi/かけあし』の ような雰囲気は盛り込まれてはないです。あれはローカルだからできる特権のようなものかとも思うし、そもそもの性格がちょっと違う印刷物ではありますから ね。東京マラソンでもそういう印刷物を別で用意している訳ではないという事。盛岡はそれを最初にやたというのは我ながらタイミング的によかったなと思いま す。2018でも2020でもなく2019年が最初にはちょうどえぇでしょうー。

picture_pc_9354fee35bb67dbdec21f0cbf5aa5d64
picture_pc_e65dfd0a691cd827955f933104019cf7

ここのページに名前が掲載されたのはそれだけでやはり嬉しい。2020の権利を2021 or 2022 どちらにスライドさせるかはまだ考え中。スライドした時もAブロックスタートは約束されるのかどうかはまだ謎。

picture_pc_ef2fd472a166c1e7de5d3b95337819c7

これが噂のランナーローブ。バスローブみたいな感じですタオル地です。テレビで小池都知事が当日着てたやーつ。2020年の春、普通にマラソン大会が各地で開催されてたら、きっとこれをスタート前とかに着ている人がちらほら居たりしたんだろうなとか思ったりする訳です。

picture_pc_58092ebf1025488da534e8e68d4442d8

あとはおおよそこういった感じで特に変わったところは......あっ、右上のモノは?青ベースに白文字のやつ。青に白 といったら大塚製薬のポカリスエット。それかアクエリアス、もしくはローソン、沿岸だと海の上のかもめくらいのもんだ。そしてかもめといったらかもめの玉 子だ。岩手県大船渡市に本社を構えるさいとう製菓の 看板商品であり、岩手を代表するお菓子の一つだ。♪ホワイトチョコに包まれた〜、甘く広がる旅の味、白い〜思い出〜♪ かもめのた〜ま〜ご♪っというCMソングでもお馴染み。岩手県人ならきっとホワイトチョコに包まれた〜、ふふ、ふ、ふふふん、っと途中までは口ずさめるけ ど、全部歌えるのは3割くらいの人ではないかという程の名曲だ。そんな訳で右上のモノはどうみてもポカリブルーだ、大塚製薬さんありがとうございます。さ いとう製菓さん、モクモクへの協賛お待ちしております 笑

picture_pc_f38d16e1f3ef71d18e375a83b040c8bf

アクエリでもローソンでもなくやはりポカリブルー。ちょうどいい青です。シアンとマゼンタの加減がちょうどえぇでしょう。ポカリスエットといったら、やっぱり77世代、42歳のおじさんとしたら学生の頃はCMに釘付けでした。瞳をそらしてる時間はありません。一色紗英さん同い年なんですね。ななななな世代。(な余り)

picture_pc_eef2c38817912995f70691645e9be351

そんなポカリブルー、いや一色ブルーのリストバンド。リストバンドとかはあまりつけて走るタイプではないけど、2021 か2022の東京で是非つけて走りたい、そう思います。元青学の一色選手がもし盛岡に来てくれるなら、盛岡はコレを緑に塗り替えて、一色グリーンで走る覚 悟もあります。一色選手、一色紗英さん、お待ちしております。

という訳で東京マラソンの荷物の話しでした。長過ぎず短か過ぎず、久々の割にはちょうどえぇ投稿でしたね。

はい、書きました。


【 盛岡シティマラソン2020まで あと 182日 】

MCMKOK グッズ Web Shop

INDIGO-C44

ここではちょっとお久しぶりでございます。
noteの方をわりとまめに更新しておりましたので、こちらをなかなか更新できずにおりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。当然なのですが、大会は軒並み中止が発表され2020年もしや一度も大会を走れないのでは?っていう不安は少なからず出てきてはいますが、まだワタクシはMCM(盛岡シティマラソン)諦めておりません。難しい状況にはだんだんね.........なってきているのかな、っというのは理解はしておりますが、希望だけは残しておきたいというか信じていたいというのはありますね。
さて、そんな訳でモクモクの活動は続けております。
早速モクモクグッズのTシャツNEWカラーも登場しましたし、WEBSHOPもこさえました。ご興味ある方は覗いてみてくださいませ。万一、今年大会が開催されなくてもモクモクは2021に向けて応援は続けていきます。こういったグッズの売上であったり、こんな時期なのに協賛頂いてる会社さんや個人の方からの大切な支援金は大会を継続的に本気で盛り上げていく事に全力で使わせてもらいます。
今年も盛岡市シティマラソンを勝手に応援するマガジン『kakeashi / かけあし』は大会開催される、しないに関わらず制作するつもりです。100選には選ばれたとはいえ、まだ1回しか開催してない、いわばまだ根付いてない大会には違いありません。その状態で1年すっとばさなければいけない状況になると、なかなかどうして.......。興味無い方にしてみたら3~4年前にマラソンやったっけ?みたいな事を言われても不思議ではない。そうならない為にも、継続して盛岡市民の人にも全国の方に向けてもアピールは続けねばと勝手に思ってます。
こんな時ですが今年もできる事をモクモクとやっていこうと思います。有り難過ぎて感謝以外何ものでもないご協賛頂けるという会社さま個人さまいらっしゃればお気軽にご連絡くださいませ。

あっ、Tシャツはインディゴが結構人気です。これはコットンなので普段から着れますよ。


【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 192日



MCMKOK / モクモクの note はじめました。

マガジンヘッダー『書きます。』

先日モクモクのTwitterはじめました。っというお知らせをしましたが、
note も何を持してか分からないけどはじめました。何も持せずしてはじめました。モクモクのノートなので『モクノート』です。今後モクモクのプラットホームというか本拠地としてこのモクノート内で、書いたり、喋ったり、走ったりして行こうと思います。このモクノートを作った理由というか目的、頂上は、やはり言うまでもなく『MCMを東北一の大会に勝手にする事』です。実は内緒で日本二も勝手に目指してます 笑
その為のモクモクの活動。その活動をする為のモクノートという感じですね。
こちらもどうぞ遠慮なくフォロー宜しくお願いします。必要不急です、重要不急です。
今のところ、連続投稿更新中です。
ゴールの見えないマラソンのようなこのご時世ですが、エイドのように使ってもらえればと思います。できるだけバラエティにとんだここだけのオモシロイものを準備できればいいなとー。



【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 205日



3月の走行距離。

【 3月の走行距離     77km 】

少なかったですね。中旬頃はシンスプ怪しかったり、肩痛かったりで、2週間休みましたからね。
あと根本的にこん(ろ)な時期ですしね。日に日に深刻な状況にはなっていってますが、気持ちだけでも滅入らないように、楽しい事も考えて免疫力はあげていかないとですね。たまに走ってます。
大会はやはり軒並み中止。ワタクシがエントリーしていた青森、奥州きらめきも。仙台も中止発表しましたので、6~7月の大会まではおそらく難しいですよね。しょうがないですよね。
ってか10月のMCMもこうなってくるとホントにどうなるか解らなくなってきましたね。ホント毎日状況が変わっていきます。1ヶ月2ヶ月後に今こうして『まだ秋にはできるのではないか?』って言っている時点であの時はまだ全然わかってなかった、マラソンどころの話しではない。。そうなっているかもしれないですし、何か希望の光がホントに見えはじめているかもしれない。ホント全然わかりません。
色々な事を想定して秋の事も考えつつ、目の前の事も考えつつ、臨機応変に対応できるよう無理なく走っていこうかなと思っている今日この頃。

【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 207日


MCMKOK / モクモクのTwitterはじめました。

クリエイターヘッダー


【 MCMKOK / モクモク】

と言ったら" 盛岡シティマラソンを勝手に応援する会 "の事ですね。もうお馴染みですね。厳密には読めないけど、雰囲気で読んでね。深くは考えないでねってやつです 笑
でも本気でMCM(盛岡シティマラソン)を満足度最強の東北一のマラソン大会にしたいと勝手に思ってます。東京マラソンには勝てません。って白旗をはあげつつ、東北一であり日本ニを狙っているというのはまだ内緒。
そんな訳で今年は昨年より更に腹をくくって応援をはじめました。まずはMCM非公式MCMKOK公式Twitterをはじめました。遠慮なくフォローお願い致します!


【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 217日


持ちタイム と 余地タイム

昨日の名古屋ウィメンズの話しの延長みたいになってしまうけど、な話し。
マラソンで選手の実力を評価する時に持ちタイムが良く言われる。昨日のレース中も細か過ぎる解説でお馴染みの増田さんが、一山選手が30km付近で前に出た時に『2時間19分や20分の外国人ランナーを従えて走ってますからね、凄いですねえ〜。』的な解説もあったような気がします。
市民ランナー同士でもどれくらいで走るんですか〜?っという持ちタイム(PBもほぼ一緒な感じですが)を聞く事とかもよくあります。やっぱランナーは数字がどうしても少なからず気になる。
昨日の一山選手はもちろんPBで2:20:29という記録でフルの持ちタイムは、これからはこのタイムになる訳だけど、あのコンディションでの記録なのでまだまだ伸びる余地がありそう。そう、『持ちタイム』以上に、『余地タイム』が凄くありそうな印象ですよね。展開とコースとコンディションでもう2分くらいいけそうでは?っと期待してしまいます。まあ簡単に言うと伸びしろなんですけど。
まあ時間の競技なので、それ用の言葉があったらおもしろいなと思って浮かんだのでたまたま書いたという訳ですね『余地タイム』 そう、言いたいだけです笑 予知ではなく余地ね。
ワタクシなんかでもフルの余地タイムは現段階でも2~3分あると思っててサブエガ(2:50:00切り)までは行けるのではと思ってます。ただサブナギ(2:44:00切り)までは練習とシューズの進化 笑  が必須です。現段階で非厚底の方はかなり余地タイムを持ってると思いますよ。まあ、あうあわないはあるけど、思っている以上にヴェイパーは沢山のランナーが履けるシューズだとワタクシは感じてます。
そんな、ただ言いたいだけ、余地タイムな話しでした。持ちタイムの話しになった時のセット販売的な用途がオススメです。


氏名 :  平山貴士
所属 :  走る家具屋ホルツ

記録 :
フルマラソン     2:53:28 (YT  2~3分)
ハーフマラソン    1:19:43  (YT 1~1.5分)  
10km                      36:14  (YT 0.5~1分)

てきな笑


【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 230日

名古屋ウィメンズマラソン

最近はシンスプが怪しく相変わらずスロー調整中。っていう休足。
さて、今日は名古屋ウィメンズ&びわ湖でしたね。男女共にこのレースの結果でオリンピック代表の3人目が決まります。でも男子は大迫選手で9割9分決まりの状況なので楽しみにしてたのは女子ですね。岩出選手や一山選手、そして青森ルーツの平山家としては本当に他人とは思えない我らが福士選手のラストチャレンジ!応援しない訳にはいきません。
717130de
写真は2017年の走れメロスマラソンにタイトルは 『ほぼ家族写真』


さて、そんな訳でびわ湖ごめんなさいで、今日は朝から名古屋ウィメンズに釘付けです。キラメイジャーはあとまわし。ぼんずにも聞いたけど、『録画しているから後でいいし』っと言ってipadに夢中でした。今どきの5歳児。父ちゃんの時と時代が違いすぎる。。
序盤から忍者走りでお馴染みの安藤選手がペーサーにぴったり張り付いてまさにくのいちのよう。省エネ走法の極み。余裕たっぷりの前半でしたね。一山選手も順調に強さを感じさせる余裕の展開。そして我らが福士選手は前半から集団の後方に位置してましたが、余裕があって後ろというよりはやはり、ペースが速いんだろうな〜って感じにも見えました。前半は前でレースを進めてた岩出選手が落ちてきたのと似たようなタイミングで遅れはじめ、最終的には30km過ぎでDNFだった模様。でも最後まで走りきったようです、3時間20分で。Finish地点まで一応いったというのは、引退.....という意志表示なのかな?  わかりませんが、第一線から退くという事でしょう、きっと。ひとまず本当にお疲れさまでした。これからの人生も勝手に応援させてもらいます。
レースはというと30kmで仕掛けた一山選手が圧巻の強さでしたね。海外勢もぶっちぎって文句無しの優勝&タイムでオリンピック代表を決めました。想像以上の強さと速さでした。(松田選手は残念でしたが、もめない選考基準になったのがよかったMGC)
シューズはアルファフライでしたね。シューズ&タイムだけのインパクトでいくと先週の大迫選手の時より今回の方が遥かにあった気がしますね。細田選手や佐藤選手もヴェイパーだったかな??女子選手は今まであまり履かない印象でしたがやっぱり履けば伸びそうですね。でもあくまでシューズはプラスαであって走るのは選手、これは大前提。けど、どのシューズを選択するかというのも選手。スポンサーとかついてると容易に変える事ができない場合もあると思います。その辺の選択も含めて走る意外の部分もうまくハマッた人が勝つ。そんな時代でしょうか。まあワタクシも含めてオッサン市民ランナーは早くなれるのであれば大概迷い無くそれに飛びつきますけどね。アルファフライにはまだ『どうなのかな』っとも個人的には思ってますけど。早く履いてからの感想をのべてみたいです。
一山選手なんてまだオリンピックまでに伸びそうな気もするし、ホントにメダルも可能性あるかもですね。でも最終的に一番ビックリしたのは優勝インタビューで喋り出したら想像以上に声がかわいかったこと 笑 それまで声聞いた事なかったので、話しはじめビックリしたオッサンでした。強い走りのあとだったので余計にそう聞こえたのかもですね。
なんにせよ2週続けて胸の熱くなるレースでした。大会なくてやきもきしている市民ランナーにもとても良いモチベーションになりますね。さて、明日もあたたかそうだし朝はゆ〜っくりジョグろうかな。

【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 231日








10km jog

ここ10日間ほど、脚(膝とシンスプ)に違和感があり、練習を我慢してます。
コロナ時期もなんのそのマラソンの一人練習にはあまりダイレクトには関係しない、かな。
普通に東京(走れなかったけど)に向けて3週間コースでサブエガやろうと急激に(2週間で約150km)走ったのが完全に響いている。まんまと......って感じですね。
直近では3/1の朝に中4日での12kmjogそんで今朝また中4日で10kmjog(54:45   5:29/km)といった感じ。大会の目処は何もたってないので、まあ3月はこんな調子でもいいのかも。中3~4日でゆるっとやってなまらない程度で調整。サブナギ(2:44:00 カット)への道はまだ始まったばかり。でも1年前に明確に大会を限定して目標をたてたのは40歳でサーモンで表彰台!って時ぶりだな。あの時は達成後、マジで大迫選手の10倍は号泣したワタクシ 笑 1年後は満面の笑みで両手を4、4で広げてゴールしたいですね。
来週末頃からは第2回のMCM(盛岡シティマラソン)のエントリーも始まります。今年はホントに長期的スパンで考えて練習しないとな。
まあMCMに関してはMCMKOK(盛岡シティマラソンを勝手に応援する会 / 通称 :モクモク)の方の事も考えねばだけど。
まんず、そんなきょうこの頃。

【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 233日

東京マラソン2021でサブナギ

東京マラソン2020
いや〜、でましたね日本記録。大迫選手おめでとうございます。ホントに最後感動しました。ワタクシまで雄叫びをあげてしまいました、そして真面目にちょっと泣いた。強かったですね。一度離れてからのあの巻き返しはなかなかできない。給水失敗続いたり、ペーサー早くはずれてしまって先頭のペースがあがってしまったり、小さな誤算やミスはあったと思うのですが、フィニッシュ前のカーブまで冷静にやりきりましたね。ラスト5kmくらい?ずっと脇腹おさえながら走ってたけど相当辛かっただろうね。それでも自身の記録を21秒更新の日本新。
大迫選手が勝った事が無い(実際最高順位は3位)と、そこを結構言う方いるけどメンタルは鬼メンタルだと思う。勝った事がないのはそういう大会に出てないだけ(MGCは勝ちたかったけどね。)でたいした問題ではないとワタクシは思う。今日の走りを見てメンタルが弱いと思う人はほぼいないと思うし。あれだけ期待されて注目されて狙って獲るというのはやっぱ凄い。
あとは井上選手も途中まではホントに神がかったチョゲった走りでしたね、日本記録が生まれたのは井上選手のパフォーマンスも大きく影響したのかなと思います。あと第2集団でレースを進めた日本人選手も好記録ラッシュ!2時間6分台が2人。7分台がなんと7人。(下田選手、小椋選手、一色選手など青学OB勢がけっこういましたね。)8分台が5人、9分台が4人と日本人だけでサブテンが計19人。す、凄い。
個人的には8分台を目指す、っと、ある意味自分の現在地をきっちりと見据えた目標設定だった神野選手が12分台に沈んでしまったのが今後のメンタルにどう影響するかが少し気になります。
あと完全にたまたまですが、昨日ブログの中でのプチ予想が珍しく的中。
井上選手の途中までのチョゲり具合と日本人トップのタイムがほぼドンピシャだった奇跡笑 でも井上選手が最後まで行くのでは?っと途中までホントに思ってましたけどね。

それとやはり気になっているのはアルファフライの実力。もちろん走るのは選手なのでそれは大前提ですが、やっぱヴェイパーと比べてどうなのかというのは相当気になる。設楽選手がアルファを選択しなかったのが意外。でもわりとヴェイパーの方が多かったようにも見えました。まだ履き慣れないものへの不安みたいなモノはあるかと思うし、重さもあるのかもだけど、今回のサブテン19人の中にアルファを履いた選手が何人いるかのわからないけど、アルファの影響というのはいい意味であまりなかったのでは?っと。大迫選手の日本記録もシューズに関してはヴェイパーでも出たような気もしますしね。
履いてはみたいけど、なんかそれで記録が伸びるような感じは正直ヴェイパーの衝撃に比べるとなさそう。ナイキの2020の本命シューズは今のアルファのもう少し軽くしたカルファフライが出るのではと個人的には思っている。今のアルファはもしかしたら練習用のシューズとして開発を進めてたものを厚底規制対策で前倒ししただけではないんかな?違うか。。その辺はよくわからないけど、サブエガやってないので買う権利も得れなくて悔しかったっていう話しです 笑
大迫選手にアルファの感想聞いてみたいですね。

さてとにかく興奮した東京マラソン2020
ワタクシはアルファの権利はないけど、東京マラソン2021の権利は今のところ持ってます。盛り上がったついでに1年後の目標設定をします。目標なので大きくでます!ってかこの記事のタイトルだけど。

【 東京マラソン2021でサブナギ!】 

※サブナギは2:44:00 を切る事。サブエガの次のターゲット。ちなみにツヨシで2:44となっており、ナギは草ナギ剛さんのナギです。江頭さんとも仲良しそうだし、サブエガの次はサブナギとしてます。

サブエガをまだやってないくせに大きな事を言ったもんだ笑 でも昔から言うではないか、『体は小さく、目標は大きく!』っと.......言うか??笑 あっ、ワタクシは何かに取り組むときはそう思って生きてきました。って事ですね。他では言うかは知りません。
ただ、自己分析としては調整ある程度できて、ヴェイパーを履いて、今日の天候で、東京マラソンのコースを走ったらサブエガまでは今の実力でも行けるのではないかな〜っとは思ってたりします。ポジティブに考えてね。ただ今のベストが2:53:28なのでサブナギ目標って事は約10分縮める事になります。さすがにそれは大きな進化をしないといけません。自分の実力&シューズ。結局シューズ頼みかいッ笑
(仮)カルファーフライを正月前に販売して〜、みたいな。既に現アルファへの情熱がうすれぎみ。。。
今年はレースがいつからできるようなご時世になるかわからないですが、今のところサブナギへの道を達成させるには、10月のMCMで最低でもサブエガ。別大(まだ出た事ないけど出れた場合)で2:46 ~2:47、そんで東京でサブナギという、そんなにうまく行く訳ないっつーのプランです。あとはサブナギという言葉自体、1年間言い続けたら定着するのか??っていう実験も兼ねてたり 笑

そんな訳で1年後フィニッシュラインで両手を広げてピースではなく指は左右4本4本でサブナギ達成できるよう頑張ります。3:53/kmくらいかあ。。。
が、が、がんばろう。。



【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 238日



2月走行距離

2月の走行距離は159kmでした。
1ヶ月での距離という意味ではやや少なめですが、極端に少なくもなくという感じです、ワタクシの場合。ただ、今月に関しては2/11~25の2週間だけで一気に走った距離なので、瞬間的には多いです。ってか多過ぎたかな。。。先日のぼっちハーフ練のあとから微妙に膝とシンスプに違和感あり、ちょっと休足中でした。4日あけたし、明日は東京マラソンなので、久々に早朝ランゆっくりしてみようかな。
今のところ次の大会の目処もさすがにたちませんので、まあ無理する必要も無し。走れそうなら走る。それくらいの感じです。
さあ、明日の東京はアルファフライもデビューするだろうし楽しみだな。もちろん3強の走りも。個人的には井上選手にMGCのリベンジでチョゲった走りを期待。日本記録は出てもおかしくないかなと思ってます。2時間5分30秒あたりが日本人トップでどうだろ。昨年のような寒さはなさそうだし、むしろ暑い?なんにせよ楽しみ。


【第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 239日

ぼっちハーフ練。

さて、大会が開催されるかされないかは気にはなるけど、開催できなくてもしょうがないので、ごちゃごちゃ言わずに練習あるのみ。ひとつだけ言えるのは大会はランナーも作っている側だということ。
ランナーは大会に向けて練習という準備をします。主催側は色々な実質的に時間やお金のかかる準備にもかなり追われます。開催できない場合、関わる人達、みんなが残念ではあるけど、ある意味しょうがない。そうなった場合、ランナー以上に主催側のダメージの方がかなりデカイきっと。リアルにマラ損大会になってしまう。そう考えるとランナー側はまだそこは最小にとどめれる。練習という準備は損はしないですからね。
ってことでいつ開催されてもいいように走りこんでおきますよ。5月のきらめきあたりが開催できるようであれば、実質対フルマラソンに3ヶ月も準備ができる。そこまでの期間フル対策だけに務めたことはないし、ある意味記録でるんじゃないかとさえ思う。まあ根拠のない自信ですけど 笑
って事で根拠を少しでもつくる為に、今朝はぼっちハーフ(結果的に)
先日、じーちゃん(ワタクシの父)がバレンタイにもらったチョコを食べ切れないからと言って孫(ワタクシの息子 5歳)にと持って来た(たぶん)2箱あったチョコですが、9割食べたのはワタクシ。しかも晩飯後に一瞬で。甘いの大好き、そこそこならなんぼでも食えます。酒と甘いの一緒も平気。キャベツとチョコだけは同時は嫌だけど。
って事でとり過ぎたカロリー消費ラン的な感じで今朝は走りはじめました。ハーフまで走るかどうかは考えずにスタートしたものの、なんかそこそこいい感じだったのでハーフまでやりました。
せっかくなので大会風にラップを記録しときますー。


【START】
01km 5:17  まずはまだ寝ぼけながらスタート
02km 4:54  この時点で4分台は珍しいですね。
03km 4:49  いつもの運動公園外周コースに。
04km 5:02  ここの区間はうっすらのぼり基調。
05km 4:52  朝ジョグにしてはいい感じです。
06km 4:37  外周大廻りコースにしました。
07km 4:38  いいペースですね。
08km 4:44  さて、15kmくらいでやめようか。
09km 4:37  せっかくだから20kmまでやろうか。
10km 4:35  よしハーフまでやりきろう。 48'10"
11km 4:31   って事でそこそこスピード維持
12km 4:28  しないと仕事遅刻してしまう。
13km 4:40  なので30km練の最後みたいなのは×
14km 4:34     4:30前後でいきたいですね。
15km 4:26  ちなみに当たり前ですが終始独走。
16km 4:31  さてラスト5kmでどうなるか。
17km 4:26  まだ脚は大丈夫。心肺も平気。
18km 4:27  さてラスト3kmは家に向かうだけ。
19km 4:25  最後せっかくだからきちんと......
20km 4:24  まとめれそうですね。
21km 4:08  最後だけ少しあげて、
22km 0:29     一度も先頭を明け渡す事なくゴール。

【GOAL】 1:37:48  4:37/km    年代別 1位 / 総合 1

そんな訳でぶっちぎりの総合優勝です 笑
途中、犬の散歩選手やおじさんチャリ選手などとの駆け引きはありましたが圧倒しました。
今時期のぼっちハーフとしてはまあまあいい練習ができました。(ってか今時期に雪なくて出来る事自体が凄いけどね。)
まあそんなつもりでスタートした訳ではないけど、今朝はカロリー消費が最優先事項。結果的にハーフペーラン的な感じでいけたので、思いがけずいい練習になりました。
フルは先週までの30km練考えるとまだまだだけど、ハーフであれば来月あたり走っても、82~3分では走れそうなくらいの自信までは回復してきたかな、この2週間で。
今年の初戦がどの大会になるかわかりませんが、せっかくなので初戦からチョゲった走りをしたいなとメラメラを存分に蓄えておきます。
そんな今朝のぼっちハーフでした。


【2回 盛岡シティマラソンまで   あと 244日

2週連続 30kmLSD

2週連続の30km LSDを決行。
先週はトイレ休憩2回、補給(休)憩を計3回入れたのに残5kmの地獄ランで完遂したとはいいにくいような結果でした。先週の段階では東京マラソンのエリートのみでの開催というニュースはまだ流れてなく、一応走るつもりでいました。それがなくなったのでモチベーション的にはどうしても落ちてはしまうけど、まあ地道に脚作りの期間と考えて今週も30kmやってみました。まあ懲りずに何も持たずに無補給ランで挑む。ただ、今週はフラット周回コースです。

結果は   2:35:09    5:10/km 

まあ数字だけみればまあある程度予定通りなのだけど、内容はいまいち。やはり25kmすぎからキツくなってきてラスト3kmはまたガス欠で地獄の3kmでした。。学習能力ゼロ笑 (トイレは1回だけ)
ってかキロ5の速度であればなんとかなると思っている自分がいてスタートするのだけれど、それは仕上がってる時の話しであって、冬場の自分は想像以上に遅いというか弱いという事をすっかり忘れている。まあ脚作りには多少なっているのと、歩くか?歩かないか?の葛藤に打ち勝てるかどうかのメンタルトレーニングに近い。この感覚だけは本気で苦しくならないとできないトレーニングだ。
そんな訳で何をしているかよくわからないけど、2021年の東京マラソンに向かって走っている感じです。
なんとなく3月いっぱいまでは地方の大会も中止の方向で動いてるのがほとんどのようだし(まあ、東北はあまり大会が無い時期だけど、いわきサンシャインとかね。)4月の青森や5月のきらめきだってどうなるかは今の段階ではわからない。主催側のみなさまも凄く難しい判断だと思います。今後の状況によりけりですが、東北の場合、仙台ハーフの判断が前後の大会にはかなり影響してくるのではないかなと思ってます。なんにせよ、とにかく早く収束に向かって欲しいと願うばかり。。
なのできらめきらへんまで、もしかしたら大会走れないかも?っというのも頭におきながらなので、モチベーションを保つのがなかなか難しいですが。。。
練習量(距離)と結果は比例するとは思ってないタイプ(する場合もあるとは思うけど、どの距離目指してやってるかにもよるので)ですし、人がどれくらいやっているかで自分の練習内容はあまり変わりもしませんが、多少気にはなりますよね。いい意味で。目標大会が無い時こそ、そういうのは気にした方がいいかなとは思います。シリアスランナーは大会がモチベーションになっている人は多いと思うので、失わない為にラン仲間の『あいつ走ってんな〜』ってのは少なからずプラスに働くとは思ってます。なのでこういうワタクシの失敗30kmの話しとかもテキトーな刺激にしてもらえればこれ幸い。


【2回 盛岡シティマラソンまで   あと 247日

もっと新しいサブエガ

ゴゴエガ
確定申告の憂鬱さ一転、終わらせた個人事業主の解放感といったら、それはそれは凄いもので、今朝は18kmジョグ。予定より、3kmオーバー。仕事危うく遅刻するとこだった。あぶね〜。でも5:10/kmでらく〜に走れた。東京マラソンがなくなってしまった今時期としてはいい練習でした。
ランナーではないかたによく聞かれますが『走っている時って何を考えているの?』
スピード出す時は正直なんも考えてないです。考えてるとしたらタイムの事だけです。
今朝みたいな時は、くだらないことばかりかんがえてます。特に今は脳内HD容量の空きが凄いので。
昨日新しいサブエガというのを書きましたが、今朝走っててふと思いました。
サブタヌーン(5時間50分)で午後2:50にゴールする新しいサブエガ。
サブタヌーン自体が午後(55)ありきですし、9:00スタートの場合は5時間50分かけて午後2:50ゴール.......もうゴゴエガでいいのでは?笑
ってことでさらに発展させてサブタヌーンと新しいサブエガを合体させたものを、もっと新しいサブエガとして『ゴゴエガ』でいかがでしょう。
盛岡シティマラソンで完走が目標のランナーのみなさま、是非ゴゴエガでグッドサブタヌーンを!
みたいな事ばかり考えてます。
その『下らない / くだらない』という言葉自体の事も考えてみたり、
下らないって、たいしたことないみたいな感じに聞こえるけど、
下らないならフラットか上るって事だよな?むしろ良くない?右肩上がり?左肩下がり?みたいな笑
マラソンだと下り好きのワタクシとしては、下らない、いわゆるフラットor上りコースは歓迎できないけど。まあ、くだらなくてもそうでなくてもどっちでもいいのだけど、そんな事ばっかり無駄に考えているマラソンおじさん。でもこういうの考えれてる時は楽に距離を踏めるのでいいですね。
ってことで今日のジョグの収穫はもっとあたらしいサブエガ『ゴゴエガ』でした笑


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 249日

新しいサブエガ

東京マラソンの事、色々話したいけど全然違う話し。
続・新しいマラソン用語。
以前に、もしか設楽でお馴染みのポップラインさんがやってた新しいサブ○○をワタクシも考えてみたりしたのですが、今流通しているマラソン用語の中にサブエガというのがあります。フルマラソンで2:50:00切る事をいいます。もちろん江頭2:50さんからきており、サブ3を達成したランナーの次の目標となるのがサブエガ。って人が多い。ちなみにその次はサブナギ(2:44:00切り)を個人的には今絶賛アピール中 笑   草なぎ剛さんの244(ツヨシ)から。二人の奇縁な関係性などもふまえて。
そて、そのサブエガ。シンプルに考えるとリアルサブエガが存在する事に気付きました。
フルマラソン。制限時間が6時間。am9:00スタート。
盛岡シティマラソンを含むこの時間設定の大会の場合、2つサブエガが存在する。
ひとつは先程の説明のサブエガ。そしてもうひとつは、完走できるかできないか、でもギリ完走したいランナーに適用されます。2時間50分切りを目指すランナーではなく、リアル2時50分を目指すランナーです。最初のサブエガランナーは11:50までにゴールします。一方、新しいというかリアルサブエガランナーは5時間50分をかけて午後の2:50までにゴールする訳です。たぶん制限時間内完走目標ランナーはこれくらいの時間にゴールする方も結構いるはず。5時間40~49分(PM 2:40~2:49)あたりのランナーに適用されるサブエガ。
スタート時間や制限時間にも多少影響するけど盛岡に関しては使える言葉だと今気付いた。
前回の新しいサブ○○だとサブタヌーンと同じタイムラインですね。新しいサブエガ達成したランナーには是非ナイスラン!完走おめでとう!グットサブタヌーン!と言ってあげましょう。
みなさん走力にあわせた方のサブエガ目指して頑張りましょう〜。


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 250日
自己紹介
1977年生 走歴9年
ちっさいオッサンランナー

2010年に地元のマラソン大会に初参加。以降年に1回〜2回だけ半分遊びでの大会参加でしたが、2013年の5月の仙台ハーフをきっかけにマラソン熱着火で本格始動。
自己ベスト(グロス)
【5000m】17:10
2020 宮古 5000mTT

【10km】36:14
2017 あまちゃんマラソン
2019 矢巾町ロードレース

【ハーフ】1:19:29
2019 よこてシティハーフマラソン

【フル】2:53:28
2019 いわて盛岡シティマラソン


〜2016.2月までの道のり。
2016年2月までの記事はコチラからお読み頂けます。
  • ライブドアブログ