走る家具屋のマラソン日記。

盛岡市の家具屋Holz店主のマラソンブログ。サブスリー遂に達成(2019.4.14)したので次なる目標は目指せサブエガ !(フル 2:50:00 切り)

2020年01月

ノーラン生活。

少しご無沙汰しております。
相変わらず2020年になってから週一、いや、今現在は記録更新中で12日走ってないです。
こうなってくると、走ってない事に対してのなんだろう罪悪感というか、やばいな〜っという感覚も薄れてきてダメループ。でも確定申告の準備もしなきゃいけない、個人事業主としては気分がなかなかのらない時期。優先順位としてはそっちだよなあ。っと言ってもそっちもなかなか捗ってないんだけどね。中学生の時にテスト前に勉強しなければいけないのだけど、まず片付けからはじめてなかなか勉強に辿り着かない状態に似てます。なので実は本来今急いでやらなくてもいい事(まあいずれはやならなければ行けないことなのだが)の方が捗ってみたり。
そんな訳でなかなかランまで辿りつけない。朝ランができる季節だといいのだが、冬はやはり色んな意味で難しい。
大阪の松田選手の素晴らしい走りや、勝田での好記録のラン友の結果などを見ていると、オレもやらんと!っとは思うのだけど、なかなかどうしてな状況。まあこういう時期もあるか。ってか毎年今時期は似たようなもんだけど。とりあえずもう少しの間はダランダランする事になりそう。
そんな状況だけど更新できただけエラいって事にしときます 笑


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 270日

トレミル 21km

ポップラインの萩原さんがツイッターでリツイートもしてくださったお陰で、
ここ2~3日普段の2~3倍の方がここを覗いてくれているみたいです。今のところ『サブチョゲ』というか『チョゲ』だけをテキトーに使うのが一番オモロイ感じだし、使いやすいみたいですね 笑 
ラスト、ちぎられた、とか、ちぎってやったぜてきな時にも『チョゲられた』とか『チョゲってやった』みたいな表現も可です。

さて、最近の走る方といえば............真面目に2020年になってから週1ペースです。。しかもジムで。先日木曜日に21kmを 5:00/kmで。ラスト1kmだけ3:30/kmでやったけど、かなり死にそうでした。全然あかんですね。そして週一の練習で中6日特に意識的に絞るような感じの事もしてないので、体重は完全にやはり冬体重になってます。東京マラソン、今の状態だとサブネガ(さっそく使ってみる。)どころか、サブスリーも怪しい、そうなると初スリーからの連勝もストップしてトリプルスリーならずとなるので、最低限そこはギリスリーでもなんでもいいので死守したいところ。

あとは青森をどうしようかまだ悩み中。きらめきはエントリー済み。青森もフルにして2020は最初の3レース、3月(東京)4月(青森)5月(奥州)の3連戦のフル祭りにするか、間の青森はハーフにしとくか。もう少し悩もう。


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 279日

サブ○○を考えよう〜。

年明けに少し書いたヴェイパーフライの厚底問題、こんなに早い段階でバンバン普通にニュースでやるようになるとは。。。まあ実際どうなるかはまだわからないみたいだけど、ナイキ独占の今の状況に対してのヴェイパー不快(フカイ)の人達はいろんな立場でいるのだろう。大迫選手が言うようにどっちでもいいので早く決めて欲しいですね、特にトップ選手達は。まあ、ワタクシは肯定派(履きたい)です。あと東京マラソンでワタクシらみたいな市民ランナーも記録は一応低いレベルでも狙ってはいるので履けるかどうかは結構違いますので。まあどっちみち規制しても技術や素材や人類は進化する訳です。タイムは確かに関係はするけど、順位はまあ同じの履いてれば一緒。う〜ん、まあやっぱどっちにしても早く決めて欲しい。

さてさて、今日は純粋に走るというのとは別ネタですが、せっかく世間でマラソンの話題をしてくれますので最近考えた事を記事にしたいと思います。
先日第2回盛岡シティマラソンの正式な発表もあったわけですが、記念すべき第1回のゲストランナーの一人であった、ポップラインの萩原さん、設楽選手のモノマネ芸人、もしか設楽さんといった方がわかりやすいかな。その萩原さんがポップラインとして相方さんとYoutubeでフルマラソンでの『サブ○○』という新しい呼び方を考える!ってのを年末にやってました。こういうの大好きです。
って事で今日は冬休みの宿題的な感じでワタクシも考えてみました。ジムでトレミルやりながらとかにはうってつけの宿題です。
まず現在使われているものから整理しましょう。
やはり筆頭はサブスリーでしょう。ワタクシも3時間を切っているのでサブスリーランナーですという事ができます。一応市民ランナーのひとつ目指すところ。

『サブスリー』 フルマラソンで3時間を切って走ること。

同様に

『サブフォー』     フルマラソンで4時間を切って走ること。
『サブファイブ』 フルマラソンで5時間を切って走ること。

とか。『サブ3.5』『サブ4.5』も普通に言いますね。
『サブテン』これに関してはフルマラソンの場合2時間10分を切る事をいいます。川内選手がレースに出ると、何回目のサブテンを達成とかよくニュースで言われたり。サブテンの回数は一番多いのではなかったかな?レースも100レース出てるし。

あとはマラソン知らない方にも言葉を言って結構もりあがる筆頭は

『サブエガ』です。

このブログを読んでる数少ない読者の方はわかるかな。たまに出てくるし、ワタクシが今目指しているところです。

2:50:00を切ることをサブエガといいます。エガは江頭2:50さんからきてます笑 覚え易いですし、話しとして盛り上がります。
このように数字自体が世間一般的にある程度浸透している事が『新しいサブ○○』を考えるときには必要な条件かなと思います。あと純粋にオモロイかとか響きとか言いやすいかとか。
ポップラインのyoutubeでは3時間15分とか3時間45分とか間の間だけど結構使いそうなところを考えてましたね。ちなみに
315は『サブベリー』っとなってました。イチゴからですが、これは個人的にあまりピンとこなかったかな。逆に
345『サブリノ』これはいいなと。
サシコからきてます。元AKBの指原さんの345サシコの下の名前の莉乃リノがとられてサブリノ。
ワンクッションあるけど、コレはタイム的にも覚えたら使えそう。
他はサブイブという2:40:00もありましたが、なんとなく見た目は12月24日ではなく2月24日なのでう〜んとは思ったけど、日にちを使うというのは誰しも共通してわかるな〜っとは思いました。
って事で日にちでまずはワタクシ考えてみました。


■2時間14分の場合  『サブチョコ』

もちろんバレンタインデーからきてます。覚え易いし、言いにくくもないし、義理チョコの別のいい方っぽい感じもあっていいのだけど、いかんせん市民ランナーでこのタイムは.........なかなか使える機会がないのが弱点。でもお返しはいけそう。


■3時間14分の場合  『サブシロ』

これはお返しのホワイトデーですね。もちろんホワイト=白という事です。
15分ではなく14分でキリがいいタイムではないけど、使う機会はあるかもです。タイム的に格上の人から格下の親しい人には言ういやすいかもね。『おまえもそろそろ、サブしろ!』てきな感じで。

参考までにここまでを友人に話したら、オレンジデーなる日もあるらしい。ワタクシは知らなかったけど..............っとなると、4月14日のオレンジデーもセットにしてみた。ちなみに第3の愛の記念日らしい。

■4時間14分の場合  『サブオレ』

まあオレンジという事でこうなるね。
タイム的にはかなりいそうなところだけど、サブチョコとサブシロが浸透するかどうかで全然使えるかそうでないかが変わってくるので、そういった意味でもやはり第3になる。

こうなってくると遊びでというか勢いで5月14日も調べてみたけど、語呂的には碁石(514)の日だったからサブイゴ(囲碁)とかも一瞬思ったけど515と紛らわしいし、そもそも囲碁の日は1月5日みたいです。なんでこれは正式ボツ。

一度このへんでカレンダーからは離れます。
世の中で共通認識の数字を考える。例えば110番とかは誰しもがわかる数字ですよね。電話じゃないにしてもそういう要領。はっ、関係ないけど芸人さんの東京03ってそういう事?はじめて知った。

数字的にはサブシロと一緒になるのだけど、
数字という事で算数(数学)で考えてみた。

■3時間14分の場合  『サブパイ』

そう、円周率といったら3.14 / パイです。
これはサブチョコなくても単独で成立するバージョンとして。

あとはほぼ忘れたけどルートの計算『平方根』とかいう言葉あったね。。。
あったかな??ホントに忘れた。。。でもルートの語呂合わせとかはなんか覚えている...気がする。
ルート2とかルート3とかジャンプで連載されてた『まじかるタルるートくん』とかは覚えている。

{\displaystyle {\sqrt {2}}=1.41421356\cdots }
一夜一夜に人見頃(ひとよひとよにひとみごろ)
{\displaystyle {\sqrt {3}}=1.7320508075\cdots } 人並みに奢れや女子(ひとなみにおごれやおなご)
{\displaystyle {\sqrt {5}}=2.2360679\cdots } 富士山麓鸚鵡鳴く(ふじさんろくおーむなく)
{\displaystyle {\sqrt {6}}=2.4494897\cdots } ツヨシ串焼くな(つよしくしやくな)、煮よ良く弱く(によよくよわく)

5と6はかなり速い選手はひろえそう。

■2時間23分の場合 『サブルート5』
■2時間44分の場合 『サブルート6』

いや.......わかりにくい。。。非常にわかりにくい。それなら2時間23分は『サブフジ』富士山からね。これの方がよほど分かり易い、第1回盛岡シティマラソンの優勝タイムでもあるし。でもなんかあんまりオモロい感じはしない。
あっ、それであればサブエガやサブリノの方向性に戻って、『サブナギ』というのはどうだろ?
ナギという響きにはエガみたいなインパクトがあり、芸能人でも特定しやすくツヨシとなれば元SMAP、現新しい地図の草彅剛さん!わりとエガのようにナギからだけでも引っ張ってこれそうな気もする。江頭さんともきっと仲良しだと思うし、タイム的にもサブエガの次はサブナギ狙いになりそうだし。

244/ツヨシという事で

■2時間44分の場合 『サブナギ』

これは今書きながら流れで生まれました笑
っていう、新しい流れもあるけど、一度算数(数学)からは離れます。
でもかけ算九九の中にも何かありそうな気はしたりしてます。
248あたりは『サブニシ』とかいけそうだけど。キリないのでやっぱり一度離れます笑

ちょっと方向転換してみます。
5時間台の言い方があまりないので、何かないかと考える。
ご...ご.......ごご...........

■5時間50分の場合 『サブタヌーン』

かなり思い切った方向転換です。
英語にするとsubternoon 『afternoon / 午後(55)』と合体させました笑
これはきっと賛否両論な気がします。ただシチュエーションとしては意外と使い易いと思うんですよね。制限時間が6時間の場合はギリ完走できて『よっしゃ〜!』『良かった〜』ってあたりの層のランナーに対して使う事ができます。そしてこの時間の方たちはまず午前中にゴールするという事はありえません。朝8時スタートでもゴールするときは午後です、アフタヌーンです。でもしっかり完走できてグッドアフタヌーン!です。そんな訳で『(グッド)サブタヌーン』
やばい、これは書いてる途中に色々浮かんでくるパターンです。複数人で会議をしたらきっとかなり出るな〜っという気もするな。

あと今の自分の目標的な感じあてはまるのも思いついた。まあ『サブエガ』には変わりないんですが、ワタクシの走りの理想系でいくと『サブネガ』の方が一粒で二度美味しいというか一言で二言分というか。
エガを前提に響き的に進化させてサブネガ。じゃあネガは何かというとネガティブスプリットのネガ。
ネガティブスプリットというのは前半21kmの通過タイムより後半21kmのタイムの方が早い事をいいます。前半の方が早い場合はポジティブスプリットとなります。一般的にはポジティブの人の方が多いですね。これはどちらがいいとか悪いとか言う事はなく考え方なので、人によって違いますが、まずその部分は今は論点ではなく言葉遊びの部分。
『サブエガ』を知っている前提では『サブネガ』は説明が早いですね。

A選手   :  今日どれくらいで行く感じですか〜?サブエガすか?

B選手   :  そうっすね〜、そうだけどできればサブネガが理想ですね。

A選手   :   ああ〜、Bさんはそういうタイプですよね、自分は前半から行きます。

B選手   :   じゃあ35km以降で会いましょう笑  ではお互いがんばりましょうー。

てきな。


あと最後に言いたいだけってやつもあります。

■『サブチョゲ』

チョゲはもちろん世界記録保持者のキプチョゲ選手からきてます。『チョゲ』だけでたぶんマラソン好きの人には通じます。そうなると、2時間を切ること、いわゆるサブ2の事に普通ならなってしまうけど、市民には現実的ではないので、
『キプチョゲ選手くらい、とてつもないタイムで走ってしまった。凄いスーパーPBだしてしまった時』
などに使うのはどうでしょう。

レース後

A選手   :  どうでした?サブエガできました?

B選手   : ※テンション高めで『出来たもできた、サブエガどころかサブチョゲですよ!!』

A選手   :   マジすかー?チョゲりました?チョゲったんすか?何分すか?

B選手   :  まさかの2時間28チョゲです!!

A選手   :  ヤバチョゲですね!チョゲ男ですね〜!!チョゲチョゲですね〜!!!


スイマセン、チョゲりすぎました 笑
もはや凄い時の単位的な扱いの方がいいかなと思ってきました。
メガ、ギガ、テラ、ペタ.........チョゲ てきな。


なんだかキリがないし、方向性を見失いつつあるので、一度今回はそろそろこの辺にしときたいと思いますが、サブ○○に限らず、新しいマラソン用語思いついたらまた、たまに書こうかなと思います。地元ならではのやつとかも面白そうだなと思います。方言マラソン用語的な。なのでMCMではかなり通用する言葉とか。

一応今回出たのをまとめると

『サブチョコ』    2時間14分をきること
『サブシロ』     3時間14分をきること
『サブオレ』     4時間14分をきること
『サブパイ』     3時間14分をきること
『サブルート5』  2時間23分をきること
『サブフジ』     2時間23分をきること
『サブルート6』  2時間44分をきること
『サブナギ』     2時間44分をきること
『サブニシ』     2時間48分をきること
『サブタヌーン』   5時間50分をきること
『サブネガ』          2時間50分をきってネガティブスプリットで走ること
『サブチョゲ』      キプチョゲ選手くらい凄いタイムで走ってしまった時の表現
『チョゲる』       サブ関係なく、マラソンの話しで凄い事を話すときの表現、もしくは単位。


何が皆様はお気に入りでしょうか?MCMまでにどれか流行ったらいいですね、もしくはもっともっといい言葉をみんなでかんがえれたらいいですね。
でも最初(最後)に言っておきます。この記事の元ネタはポップラインさんなのでそこは誤解しないように、あくまで当ブログは発展させて考えました。という事で0を1の作業ではなく1から2の作業というか遊びです。みなさま楽しく遊びましょう。結果的にマラソンに興味をもつ人が増えるといいですね。


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 282日

第2回 いわて盛岡シティマラソン

slide01_next

第2回の盛岡シティマラソンが本日決定して正式な発表がありましたね!
めちゃくちゃ嬉しいですーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
小さすぎる力だし、開催するか否かには対して関係ないかもしれませんが、昨年のMCMKOKの活動や『kakeashi/かけあし』の制作はこの日(第2回発表の日)の為にやっていたようなものですので、まずは本当に心から嬉しいし、開催を決定してくれた盛岡市バンザイ!!と声を大にして言いたい、ちっさいオッサンです。公式HPにも掲載されてますね。基本コースは変わらないようですが、ファンランは10.4kmという表記あるから多少変わるのかな。その辺も明日の新聞とかで載るのかな?なんにせよ、早い段階で発表してくれたのがグッジョブですね!今後はこれで第3回4回といい大会に作り上げてくだけですね。真価が問われる今年はかなり重要です。マラソン大会のいわゆるヤル気的な意気込み的なものはなんとなく参加しているしてないに関わらず、気にしている人には遠くまで届くものなので今年は今後の方向性を示す上でも非常に大事な大会になるかなと思います。MCMKOK / モクモクも今年も勝手に応援しまくっていきますよー。


【 第2回 盛岡シティマラソンまで   あと 289日


あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。2020年最初の更新です。

さてまず年末年始恒例の『摂取カロリー vs 消費カロリー』の結果。
消費軍団の圧勝です。大晦日意地の30kmやったのもほぼ意味なし 笑
どれだけ周囲を見渡しても、勝てる要素は見当たらない感じでした。毎日、相沢君と勝負してたようなもんです。毎日が繰り上げスタートです。それくらい惨敗中の惨敗。まあ年末にも書いたけど、今年はあまり気負いのない対決だっただけにしょうがないけど、意外と........ってのは無理でしたね。年末年始という名の化物に勝つにはかなりストイックに挑まねば無理という事もある意味証明されました。一生勝てる気はしませんが。。。
って事で2月までにコツコツと落としていきたいと思います。

箱根もちょっとだけみました。
ナイキのネクストの威力が凄まじかったですね。選手の実力アップ&天候というのはもちろんあるけど、完全にシューズ無しではあそこまでの記録は一気には出ないですよね。まあワタクシは肯定派ですので、規制とかはしないで欲しいと思ってます。詳しい事は正直わからない部分はあるけど、他のメーカーも近い事はやりはじめているのだし、他のメーカーも近いクオリティのシューズを作ってナイキ1強じゃなくなればそこまで騒がれないのではないかな。レーザーレーサーと比べられるけど、ネクストは市民ランナーにまで結構浸透しているものなので、水着の時の規制ともまた違う気もするし。(当時の水泳業界の事詳しくは解りませんけどね。。)
いずれ時代と共に進化するのは問題ないように個人的には思います。
3区のヴィンセント選手はもはやバカリズムの間違って2秒いくつで金メダルとってしまって空気読めなくてスイマセンネタに近いものがあるよね。そりゃ青学の鈴木くんも笑うしかない。(でも譲った時は後ろにつくつもりだったとテレビで言ってたけど)しかも初めての駅伝ときたもんだ。相沢君はすげ〜っと思うけど、ヴィンセント選手はすげーを通りこしてしまっているので、言葉がない。たぶん2:45~46で走っている。きっとハーフマラソンの世界記録に限りなく近いくらいで走ってるのでは?
岩手出身ランナーも結構居ましたね。拓殖大、東洋、明治、関東学生連合、他もいたかな?東洋の10区は一関学院だった子だね。1年でアンカーは凄い。今後が期待ですね〜。

さて、ワタクシの今年の目標は
個人だとやはりサブエガ(フルで2:50:00切り)かな。
あとは日報駅伝での宮古市の躍進。
それと大きな意味ではもちろん第2回MCM。

って事でまずは1月は新年会も楽しみつつ、1/末にはなんとなく体重も帳尻あわせたいですね。
冬はどっちみち苦手なので、ゆっくりときばらずに行こうと思います。

自己紹介
1977年生 走歴6年
ちっさいオッサンランナー

2010年に地元のマラソン大会に初参加。以降年に1回〜2回だけ半分遊びでの大会参加でしたが、2013年の5月の仙台ハーフをきっかけにマラソン熱着火で本格始動。
自己ベスト(グロス)
【10km】36:14
2017 あまちゃんマラソン
2019 矢巾町ロードレース

【ハーフ】1:19:29
2019 よこてシティハーフマラソン

【30km】2:04:11
2015 錦秋湖マラソン

【フル】2:53:28
2019 いわて盛岡シティマラソン


〜2016.2月までの道のり。
2016年2月までの記事はコチラからお読み頂けます。
  • ライブドアブログ