走る家具屋のマラソン日記。

盛岡市の家具屋Holz店主のマラソンブログ。サブスリー遂に達成(2019.4.14)したので次なる目標は目指せサブエガ !(フル 2:50:00 切り)

いわて盛岡シティマラソン

ニュースプラス1いわて

今日はお知らせです。
岩手県の人にしかあまり意味ないお知らせかもですが。。
テレビ岩手で夕方18:15〜放送の『ニュースプラス1 いわて』という番組があります。
今週は"夢追い人"というシリーズが放送されているのですが、
そのシリーズ最終日となる12月6日(金)(※12/10追記 また放送日変更になったみたいです、なのでワタクシもまだわかりません。。決まったらまたここ書きます。スイマセン。。。)
放送回でワタクシご紹介頂く事になりました。
"夢追い人"というタイトルがフィットするかどうかは置いといて、ご紹介頂けるのは素直に有り難い事だなと思います。お店をやっていると業種にもよりますが宣伝スタイルというのは様々でテレビ完全NGってとこもあるし、しょっちゅう見るな〜っというところも、テレビではみないけどwebでは勢力的だったり、今の時代珍しくSNSすらやっていないリアル店舗超重視タイプだったり。ホントイロイロ。
ホルツはそこに関しては特ににどれかに特化している訳ではないかな。どちらかと言えば消極的な方かも。一つだけ決めている事はお金をかけてまで宣伝はしないという事。それは一貫して15年。何かあるとしたら、それは宣伝という事ではなく、そこに、その人に協力したい、そういう場合ですね。
ただ、仕事ではなくマラソンも関わってくると少し話しが変わってくる笑 マラソンというか盛岡シティマラソンといった方が適切かもだけど。これは宣伝しなくては行けない事なのだ。勝手にそう思っている。そりゃ勝手に応援する会も作る訳である。今回のテレビのお話しは『仕事×マラソン』という意味あいで頂いた話しだとなんとなく解釈しているつもりだけど、きっとテレビ的にはマラソンをフューチャーしたいのだろうなと思うし、まあそうなるよねという認識もしている。
まあ仕事面に関しては最初に書いたようなスタンスですしね。
マラソンは、盛岡シティマラソンは第2回以降が重要ですので(まだ発表はされてないけど開催されると信じて)ここはまだまだ継続して宣伝する部分だ。そういう意味では第1回が無事終わったからといってトーンダウンしている暇はないのです。むしろ今が大事な時期。第2回の発表はできるだけ早い方がいいと思いますよー、実行委員のみなさまー 笑
そういった側面からは今時期にこういうお話しを頂けるのはとても有り難いと思っています。っと言ってもスマートに言いたい事を端的に話せるタイプではないので難しいところというか編集頼みなんですけどね..........。
なんにせよ、ご都合あう方はご覧頂けたら嬉しいです。そして(走る)家具屋ホルツも盛岡シティマラソンも引き続き応援頂けたら幸いでございます。よろしくどうぞ。

走行距離。

今日ちょっと用事があり、約1ヶ月振りにMCMのゴール地点に行ってきました。まだピンはうたれているし、黄色い目印もありましたね。なんだか今振り返っても真面目に興奮してきます。それくらいやはり自分にとっても大きな1回目のMCMだったんだなあと改めて実感しました。
第2回(あると信じて)まであと11ヶ月ですね 笑

さて夏から秋にかけての走行距離をまとめてなかったので3ヶ月分まとめてみました。

08月   176 km
09月   265 km
10月   221 km

いつもいうけど、走行距離はあくまで目安としては考えてますが、それほど重きをおいていません。目指すレースがどの距離なのか、どの大会なのかにもよりますしね。あくまでそれに見合った中身の練習ができてればOKです。
7月も175 kmだったので夏場は意外と走れてませんでしたね。7月8月は、はじめてスランプらしいスランプも経験したしね。9月はその反動からかかなり走れました。250km越えることはワタクシの場合なかなかない。そんで今月もきっと175前後になりそう。今年はポイント練習もほぼゼロ、大会がそれになってはいますが。でも秋に10km、ハーフ、フル全てベストが出ました。練習はウソはつく訳でもつかない訳でもないと思うけど、シューズが頑張ったのかな笑 ネクストになってから絶好調です。色々な意見はあるかと思うけど、少なからず影響はあるでしょうね。あとはそれによってリミッターが外れたというのもあるかも。
100mで桐生選手が9秒台を出したら、続きましたよね。
マラソンもキプチョゲ選手が非公式といえどもSUB2やったことで、できるんだという空気感にはなったよね。
ワタクシなんぞでも春にサブスリーやったことで、MCMは当然できるつもりで挑んでベスト更新できたしね。
話し遡る事30年、小学校の時なんか3重跳びがどうしても1回しかなできなくて(1回でしゃがんでフィニッシュするので2回目にいけないやつ)行き詰まってた時に、壊れかけの木が腐ってぼよんぼよんしてた校庭の号令台の上でやってみたら5〜6回跳べちゃって、直後に土に降りてやったらそのままできちゃったとかね。やはり成功体験というのはたとえ何かの力を借りたとしてもメンタル的にかなり大きい、前人未到に関しては自分じゃなくてもいいって事になるしね。これはライバルってのがそういう役割をしてくれますな。ワタクシの場合は永遠のライバルはC葉さん、こないだ50歳になりさっそく栗原で初優勝を飾ってましたね。
ってことでネクストと縄跳びはコウテイハなワタクシ。
不可能ではない、出来るのだと自己暗示をかけることのできるものは大事です。なのでMCMの第2回も、東京でサブエガも、50歳でサーモン優勝も全部できると思ってます。
東京に向けて考えると、12月と1月はできるだけ距離は踏んどきたいですね。いよいよ冬到来な気温になってきたので風邪だけは気をつけたいですね。そんな寒さにめっぽう弱い最近のちっさいオッサンです。




ランナーズ 1月号

runners_2001_1

11/22 発売のランナーズ 2020 / 1月号
なんとMCM(盛岡シティマラソン)の特集8Pですー。これは有り難いですね、嬉し過ぎますね、第2回をやらない理由などどこにもないですね。早めの発表期待しております 笑

FullSizeRender

この写真は圧巻でいいですねー。スタートの狭さもある意味わかりますけども、雰囲気とても伝わっていい。いや〜なんか1ヶ月しか経ってないけど、なんだかもっと前のような気もする。ってかあと11ヶ月って事だな 笑 来春は青森市でも第1回のフルマラソンが開催されます。(青森市は最初から公式で第1回とつけているので第2回はやること前提でスタートしてるね。)もともとハーフマラソンの経験は豊富にあるので、きっとこなれた感じで開催してくるでしょう。盛岡も負けてられませんね〜。別に勝ち負けではないけど。意気込みとしてね。

IMG_7706

話しは誌面に戻りますが、実はワタクシも1P紹介頂きました。ありがとうございます。
マラソンはじめるキッカケになった地元宮古市のサーモンマラソンの事から、kakeashi / かけあし や、MCMKOK / モクモクの事などなど。走る家具屋も地味にそれっぽくなってきましたね 笑
地元の行事に何か参加しよう〜、それで初めて走ったのが宮古サーモンハーフマラソンでしたので、こうやって誌面でサーモンマラソンというワードを載せてもらうだけでも嬉しいですね。たぶんだけど、盛岡の2週間後に開催される(11月第2週)大会なので今年は参加者が500人くらい減りました。。ここ数年は3000人超えてたのでローカル大会としては立派な人数居るのですが、やっぱり減ってしまうと淋しいですね。来年は是非サーモンも宜しくお願いします。マラソン大会沢山でてるけどサーモンマラソンほどふるまいが充実している大会はないです、お世辞抜きで。

IMG_7707

お隣りページにはワタクシもたまにお世話になっている盛岡のランニングクラブ、
Try Againe RC 監督の畠山さんも載ってます。ちなみに畠山さんも宮古出身という!

その次のページは薬王堂の西郷さんも載ってましたね。あとM貴史さんは盛岡がルーツの人だったのね。初めて知った。ご本人からMは盛岡のMでもあります!っというコメントもツイッターで頂きました笑 今までよりもっと応援したいと思います!

っという楽しい誌面になっておりますので、書店で見かけた際は是非ご覧下さいませ〜。



いわて盛岡シティマラソン 結果 【総括 編】

MCM(盛岡シティマラソン)が終わってから早3週間。
MCM後に仕事で松屋銀座での企画展で7泊の出張だったり、先週は宮古のサーモンマラソンだったり、来週は日報駅伝だったり、色々あるのだけど、未だMCMの話題で溢れているホルツです。ってか盛岡自体まだMCMの会話がふわふわと行き交っている気がする.......のはワタクシだけ??
なんにせよ記念すべき第1回(あえて書きます)の盛岡シティマラソンが無事に終了しました。実行委員でもなんでもないくせに、っぽい口調ですがそれくらいの事はやったかなという自負はある。非公式だけどね。
2月にMCMKOK(盛岡シティマラソを勝手に応援する会 / 通称 : モクモク)なる会を立ち上げ、非公式で大会自体を盛り上げる活動に勤しんできた約8ヶ月。最も大きな活動としては【マラソン× まち 】をテーマにした本『kakeashi / かけあし』を制作したこと。(Special Thanks  by  まちの編集室)

かけあし表紙

本と呼ぶには仕上がりサイズは20ページと薄過ぎるかもしれないが、内容は今までどこにもないモノになったのではないかと思うし、ワタクシの盛岡マラソン熱に関してはぎゅうぎゅうに詰まっている本が完成しました。
お陰様で有り難い事に、新聞、雑誌、テレビと多方面で取り上げて頂き、活動自体は少しだけ知られるようになり、定期的に通っている眼科の先生から毎度の『スポーツは何かやっているのか?』っという質問もされなくなりました。地元の新聞のパワーとは凄いものですね。ランナーズにまで紹介頂いたのは嬉しいですね。『マラソン × まち 』というテーマをコンプリートした感が少なからず出るし。

FullSizeRender-1
FullSizeRender-2

その他、モクモクTシャツやモクモクトートなどのグッズも制作し、その収益で当日はモクモクでの私設エイド『喫茶もくもく』を作り、給水用の紙コップやのぼりまでオリジナルで制作し、

DSC09328
FullSizeRender

仮設トイレまで用意しました。私設エイドの範疇を完全に超えた存在感は示せたようで、こちらもとても沢山の方に喜んで頂けました。ブラウニー食べれたり、コーヒー飲めたり、vespaまであったり、客観的に見てもわりと凄いエイドになったなとは思う。そしてモクボラ(モクモクのボランティア)の皆様には感謝しかない。しかも来年またやりたいと既に言ってくれている、きっとこの人達は半分狂っているのだと思う 笑
狂っているけど、とても素敵な人達だ。

p-6

ただ自分達が頑張った、楽しかった、それはもちろん大事だが、もっと大事なのは大会全体としてどうだったかという部分だ。第2回が約束されている大会ではないからね。
ここまで盛大に1万人規模のフルマラソン大会を開催して2回目が無いというのは想像しにくいが、名言もまだされてないのも事実。モクモクの活動は第1回を盛り上げ第2回に繋げる。これが一番の目的。なので2回目の開催が発表されるまでがとりあえず最初の使命だと勝手に思っています。

そして終わってみての素直な感想としては正直こんなに『楽しかった〜』っという声がリアルに聞こえてくるとは思わなかった。嬉し過ぎる誤算です。もっと否定的な意見も溢れるかもな......とは覚悟はしてたものの、自分の住む街で開催される初めてのマラソン大会、なんだかみんなわりと楽しかったようなんです。走って楽しかった。応援して楽しかった。どっちも。
ホントでもこればっかりは蓋をあけてみないとわからない。
まず、もはやコレが悪いとどうしようもないというか完全に運まかせにはなってしまいますが、天気!
これはホント幸運でした。恵まれましたね。この時期としてはまだ暖かく、マラソン大会としては絶好のどん曇りというのも良かった。走る人にも応援する人にもスタッフにも。
あとはきっと盛岡の人達の優しい人柄に救われたのが一番なのかなと思う。
ランネットの口コミなど理不尽な書き込みもわりと普通は多いものだが、そういったものはかなり少ない印象。運営も『第1回としては』というフレーズはつけざるをえないものの、成功と言っていいものだったと思います。勿論改善しなければいけない点も鬼のようにありますけどね 笑
改善してもっともっと良い大会を目指して欲しい!っという想いであえてかきます。

■荷物預けの袋が小さい
この状態で 440×570mm 
マチ部分はセンターの広い部分で180mmくらいかな。
なので端の方は当然かなりタイトです。

73425132_1260310754149565_4753410511742173184_n

IMG_4735

ちなみにコレ東京マラソンの時です。ワタクシのノースフェイスのリュックわりとパンパンにしても上をしっかり締める事が可能です。今回は相当荷物を少なめに用意してギリギリむりくり押し込みました。地元だからかなり減らす事はできましたが、遠方から1人で参加の方は結構困る方もいるかも。地元だとしても気候的に10/末だと厚着にもなるのでやっぱり袋はもう少し大きいのがベター。他の大会と比べてもかなり小さいかなと思います。これは大会慣れしている人はやはり同意見の方多数でした。
あっ、あとゼッケン番号ついた荷札のようなやつよりはベタっと大きくシールタイプの方がわかりやすいですね。(そういう大会が多いです)

■フルのスタート時間とファンランのスタート時間が近すぎ。
フルのスタートが9:00
ファンランのスタートが9:20
フルの最後尾の人がスタートラインを超えるのに13分弱かかったと聞いてます。ファンランの先頭の方は既に2km手前中央通りではフルの最後尾に追いついてしまいます。そのまま4kmのあたりで八幡に突入し、フルのランナーを少し誘導してファンランの人達の通過幅はとったとは聞いてますが、接触もけっこうあったとも聞いてます。道路の交通規制の時間の都合はあるにせよ、これはさすがに無理があったかと。

■スタートがさすがに狭過ぎ
これは一つ前の事にも少し含まれますけどね。岩大スタートに決まった時点でしょうがないですが、もう少し時間など含めて改善の余地はありますよね。

■プログラム(名簿)が無い
普通はあります 笑 たいがい最初に偉い人の挨拶があって、コース概要、会場概要、ゲストランナー紹介などあって、ランナーの名簿、後半広告、そんなやつ。決してかっこいいモノではないやつ。
今回もオサレなのは期待はしてないけど、どんなのができるかと思ってましたが大会2週間くらい前に聞いた情報で無いらしい...... っと。無いという選択肢は正直想像してませんでした。実際普段見るのって名簿くらいのもんだし、当日しか必要あまりないものなのですが、ホントに無いとは。。名簿だけはみたいですね、走る人も、応援する人も。なので無いならせめて名簿だけはネットでpdfでダウンロードできるようにしたり色々やり方はあるかなと思いました。

■完走証はその場でもらえず自分であとからプリントアウト
コレに関してはペーパーレスとか時代とかそういう事の前に無きゃダメなやつですね。やはり一生懸命がんばって走った証としてほぼ大多数の人はその場で欲しいかな〜と思います。ネットで出したい人はあとから出しますが、そういう環境が無い人もいるとも思うし。


■ゴールしてから荷物受け取りまで1km弱はさすがに歩かせ過ぎ
導線がその方がよくなるのは分かるけど、あれくらい歩くのは東京マラソンくらいかな。。
もっと寒くて雨だったらここはかなり言われる部分かなと思います。もし歩かせるなら東京マラソンのようにアルミシートのようなものだったり、何かしらそれを補うモノは必要かもですね。

■荷物受け取りの場所での対応
ワタクシが受け取った時はまだ混み合う前でしたので感じませんでしたが、ここでの対応は一番言われてたような気がします。全然預けた番号と違うところにあったり、勝手に持っていって状態で防犯上どうかという方もいたようです。


っとまあ、色々言い出せばきりがないです。ただこれは実際、蓋を開けなくてもわかってた話し。
そう、やる前からそうなるよね.....っていう話しです。言い方を替えると改善はしやすい問題点。
蓋をあけて明らかにまずかったといのは最後の荷物の受け取りの時の対応くらいかなと。やはりそこの指摘はホント多かったようです。

逆にこれはでかしたMCM!
ってのは神野選手がゲストランナーだった事かな。やはり石田純一さん(が悪い訳ではありません)が出てくるより、山の神が登場する方が、マラソン大会は盛り上がるんですよ。神野選手は余計女性人気もあるしね〜。
あと松野明美さんがテレビでのゲスト解説だったのにはちょっと驚きでした。まあ、普通に話題性もあるし、地方のマラソン大会としては凄い事だと思います。でもランナーとしては完走証をその場で欲しいかなと 笑
松野明美さん(が悪い訳ではありません)の解説もいいのですが、限られた予算でやるとしたら、やはり完走証の方が優先順位は高いような気はします。ランナーファーストなのであれば。そのあたりどうでしょうか、実行委員のみなさま。っと少し不平不満を言ってしまいましたが、まあ言う事は言わないとね、良い大会にする為には。いろんな意見ありますし、あくまで今言った事もワタクシ個人の意見ですので、違うふうに思うかたもいるとは思いますし。でもマラソン大会数十回出ている経験の元から思った事をのべているのも事実です。良くも悪くもとてもマスコミ的(テレビ的)な印象も強い大会かなと思ったけど、盛岡の人達の人の良さが県外参加の人達にそれをあまり感じさせなかった。盛岡に住む一市民としてはそういう印象をうけたかな〜。マラソン大会の本質的な部分をもっとしっかりと整えた上でそういった色付けはかなり効力はでると思います。まず最初ほど基盤をしっかり考えた方がよいな〜っと思いました。

ただ、実際実行委員のみなさんの大変さは本当に相当だったと思います。開催してくれた事に対しては正直に感謝しかない。初回は何でもそうかもしれませんが、想像を絶する労力と不安感があると思います。そんななか自分の住む街でこれくらいの規模のマラソンが開催されるのは夢のような話しなんです。そこは本当に素直に『ありがとうございます!』っと声を大にして言いたい!
完走証は思っている以上に必要ですよ!ってのも同じくらい言いたいけど 笑 
でも最終的に一番言いたいのは『第2回の開催も宜しくお願いします!』これに尽きる。
『 0 ⇒1 』 たぶんコレが一番難しく大変な事だと思う。そして一番大事なのは『 1 ⇒ 2』ここです。ここである意味今後、金沢マラソンや水戸黄門漫遊マラソンといったような同日開催の人気大会と対等になれるかが決まります。勝ち負けの話しではないですが、1万人規模をやるという事は、1000〜3000人のローカルマラソン大会をやる感覚とは違うのです。サーモンマラソンはサーモンマラソンの良さが凄くあります。でも1万人規模になると用意周到にやらないと簡単には生き残っていけないと思います。(全国で見るとマラソン人口はある意味増え切った感はあるので、まあ盛岡市で考えると確実に増えたと思うけど)終わって一安心ですが、終わってからがさらに大事です。2回目は黙ってたら普通に考えれば参加人数は減ります、おそらく。
成功!っと言ってよかった初開催だったと思いますが、良くも悪くもやはり第1回なんです。それは東京と仙台から参加した約1500人の人がどう思ったかというのも数字的にはかなり来年は影響してきます。
少なくとも来年のエントリーが始まるまでMCMの話題が世の中に、街に、ランネットに、ふわふわと残っていればいいなと思います。
なのでモクモクはまだまだ盛岡シティマラソンを勝手に応援し続けますよ。自由さが非公式の強みですしね 笑 
色々書きましたが、本当に素直な意見です。色んな角度からみて良い大会になって欲しい、その一心です。盛岡という街はすごくポテンシャルがある街です。
【 マラソン × まち 】 この関係性からもまだまだ色んな事が生まれる隙間もあると思うしね。

なんにせよ、シンプルに最高に楽しかった第1回のMCMでした !! 

来年も是非みなさん参加しましょ〜〜。
非公式ゲストランナーとかもワタクシは今から考えてますよ 笑



【 いわて盛岡シティマラソン2019から 21 日 】

いわて盛岡シティマラソン 結果 【私設エイド編】

仕事で長期出張(銀座ライフ / 皇居ランももちろん)だった為、ちょっと遅くなってしまいましたがMCMの【 私設エイド編 】です。MCMKOK(盛岡シティマラソンを勝手に応援する会  通称 : モクモク)で作った私設エイド『喫茶もくもく』です。こんな心強いモクボラの皆様のお陰で他ではきっとないであろう相当素敵なエイドが完成しました。本当にご協力頂いた全ての皆様ありがとうございました!今日は写真めっちゃ多いです。(撮影 LITERS / Mちゃん  ありがとう!)
p-6
場所は28.8km地点に設置しました。公式のエイドは13箇所とわりと豊富に設置されたMCMですが、一番エイド間の距離があるところ、そして辛いところ、単純にスペースの問題、色々考えロケハンも入念に実施し、練りにねってこの位置に設置しました。28kmの折り返し後の出現なので折り返す前に一度場所の確認ができて、折り返し後にちゃんと寄れます。結果、大正解だったようです。まあ当日ワタクシは何もできないので、通過する時にお疲れ〜〜っと言ってくくらいのもんですが。

p-1
OOD(ウード)さんのブラウニー。県内外のイベントでとっても人気のブラウニーです。きっとウードさんの事を知っているランナーはかなりびっくりだと思います。エイドで食べれるのは結構贅沢ですね。お陰様でブラウニー美味しかったの声は沢山頂きました。

p-2
このエイド用に作ったモクコップ。捨てるものなので公式で全エイドで作ったら経費がかさむだけなのできっとできないと思うので、モクモクはこのコップに関しては1000個制作しました。残りは市販の無地タイプ。もちろんこちらのゴミもモクボラの皆さんがしっかり拾ってくださいました。

p-3
このもう喫茶としか思えない方のやつにお世話になった方もいるかも?
これはもう座って飲む人用ですね。
六月の鹿のK君には本人も出動してもらって手伝って頂きました。コーヒー飲めるエイドも画期的ですね。でも3大麺ほどわかりやすくないですが、喫茶文化のあるまち盛岡ならではのおもてなしだと思ってますコーヒーは。六月の鹿に手伝ってもらうのはとっても贅沢な感じもあるけどね。
こちらもエイドでコーヒー飲むのは初めて!っとか美味しかった、救われた〜っという声も頂き有り難いですね。

p-4
VESPAも小袋60コですが、協賛頂きました。かけあしで紹介させてもらってますが、スズメ蜂パワーのVESPA、これ実は盛岡で作っているんですよ!エイドでVESPA、これはありつけた人はラッキーでしか無いですね。

p-5
ドリンク側は 水、スポドリという順序で設置です。
その次のテントでブラウニーとコーヒーという布陣です。

p-7
私設エイドではありますが、ゴミ箱や2台ですが仮設トイレまで準備しました!

p-14
ゴミはゴミ箱へ。躍動感ある投コップです。

p-10
ランナーに対して正しい渡し方ですね。

p-8
トップはゲストランナー神野選手通過でした。

p-12
サブスリー集団でワタクシ『お疲れ〜〜っ』のとこ。引っ張るのは結局MCMのサブスリーペーサーを1人で最後まで全うしてくれた(12kmからの1kmはワタクシやったけどね 笑)栃木県から来てくれた沢登くん。ワタクシ、スカウトした甲斐ありました。

p-13
ぼんず君ありがとさん。ちゃんと獲れました。

p-16
エイドも順調に進んだようです。

p-18
想像以上に盛況だった模様。

p-21
ブラウニー&コーヒーは最高ですね。

p-22
水戸黄門さまも寄ってくれたようです。

p-17
ブラウニーを最高に美味しそうにほおばられてますね。

p-19
MORIRUN のMちゃんも寄ってくれたようです。

p-15
S君はベスパにありつけた模様。

p-20
かおなしも食ってますね。

p-26
『あ〜ん』ってのもあったみたいです。

p-9
タンバリンは自発的にモクボラ番長が持参 笑

p-24
ってな訳で聞いた話しだとサブ4.5で完走しているランナーあたりまでは何かしらはありつけてるようです。サブ5あたりからもう何もなくなってしまった模様。私設なので限界はあるのでしょうがないとは思うのですが、辛いところの人に程出せなくて悔しかったというモクボラ魂も後日聞き、第2回が正式に決まったらこちらも初回を上回るクオリティで挑みたいなと思います。でも無くなってからもみなさん、必死に声援は送ってくれたようです。一番人が居ない場所でもあるのでランナーには励みになったかなと思います。
後日モクボラの勇姿もテレビで確認しました。

IMG_7548
IMG_7550
IMG_7552
IMG_7553
ちゃんと映ってましたね。

p-25
皆様お疲れさまでした。ワタクシも水とブラウニーは取らせてもらいました。ブラウニーのサイズはランナー目線でもドンピシャでした。位置もよかったですね。エイドをつくるという事はワタクシも初めての経験でしたし、未知数のところはありましたが、成功だったと言っていいかなとワタクシ共は思っております。私設エイドの充実というのもマラソン大会には欠かせない部分だと思います。第2回は最後のランナーにまで提供できるようがんばりたいですね。

立ち寄ってくださったランナーの皆様、モクボラの皆様、本当にありがとうございました。
客観的にみてもいいエイドでしたよ『喫茶もくもく』


次回はワタクシなりに初開催のMCMの総括をしたいと思います。
おっと、でもその前に明後日は宮古のサーモンですよ!!今年はMCMに労力をかなり費やしたのでここでの登場頻度が少なかったものの、ワタクシのマラソン人生キッカケの生まれ故郷の大会ですからね。今年は台風の影響でハーフが少し短い距離になってしまうようですが、しっかり鮭は獲ってきたいと思います!




いわて盛岡シティマラソン 結果 【レース編】

さて、MCMも無事終了しました。沢山のご声援ありがとうございました!
どうやっても長編になってしまいそうなので数回に分けて書こうかなという事に1人脳内会議で先程決定しました笑 
って事でまずは早速【 レース編 】で純粋にワタクシのレース結果の部分を。
週間予報や台風情報を見ながらやきもきした一週間でしたが、蓋をあけてみれば15℃くらいでどん曇りという絶好のマラソン日和となりました。これはもう言い訳できない天候です。サブスリーやらんとあかんです。
公式サブスリーペーサーは実はワタクシ栃木県よりスカウトした沢登くん。
ワタクシの春の初スリーの時のこの彼です。なんだかんだでサブスリーペーサーはまさかの1人という。。。3.5やサブ4は3〜4人ついたんですけどね。。沢登くんの力を今回も盛大に借りるプランです。
御所湖の山登りまでは絶対に集団を離れない事は絶対条件。下ってからどれくらい脚が残るかでラスト10kmは攻めるのか苦しむのか。さあ、どうでるか。
いよいよMCMがスタートです!!



【START】
01km 3;50   抑えたつもりがまさかの3:50 、地元開催のアドレナリン。
02km 3:58   でも全然辛くない、体が軽くてちょっと逆に恐い。
03km 4:01   中央通りを堂々と走れる楽しさ!
04km 4:08   3km貯金を作って、ここからサブスリーらしいペースに。
05km 4:10   八幡の声援結構ありました、南大通りも【 20:11 】
06km 4:08   良いペースで辛くもなく軽快に序盤戦を走ります。
07km 4:13   盛南大橋あたりなので少し落ちますね。
73341397_2652256328227912_6124313593874743296_n

08km 4:07   サブスリー集団の前方でたんたんとレースを進めます。
09km 4:12   たまに沢登君と会話できる余裕ももちつつ。
10km 4:12   10km通過。相変わらず集団走      【 41:05 】
11km 4:11    さすがのペースメイクです。安心感半端ない。
12km 4:08   しかし、まさかのここで沢登くんトイレ行きたいと。

沢『平山さん、ちょっとトイレ行きたいんでこれ少し着といてもらっていいですか?』

平『えっ、マジすか?? すぐ戻ってきてくださいね〜』

って事で、ワタクシまさかのビブス着て1kmだけペーサー風で走行。
っという貴重な経験もあり、沢登くんきっと3:30/kmくらいのペースで
爆走で戻ってきてくれて元通りに。

13km 4:09   良かった、そこまでペース崩れなくてニセペーサー。
14km 4:09     相変わらずの集団走。
15km 4:06   まあまあ余裕をもったレース展開です。
16km 4:06   集団自体がなんか押せ押せの勢いですね。
17km 4:05   半分ペーサーをあおるくらい上げてくる感じも。
18km 4:11   2回目の折り返しもしてラン仲間の状況も確認。
19km 4:08   みんな少し前方に位置してて快調な走り。
20km 4:09   この辺から御所湖に向かって向かい風ゾーン。       
21km 4:12   ハーフ通過 は1:27:36 くらいだったかな。予定通り。
22km 4:08      風が一番気になったゾーン。集団走でしのぎます。
23km 4:09      坂までは絶対に無理しないです。
24km 4:08      さてゆるく登りはじめ。太田のテニスコートらへん。
25km 4:10      さあ、そろそろですね。問題の坂。
26km 4:28      ここでペーサーに20mくらい離されます。。。
27km 4:04      でもなんとか上りきって、すぐに追いつきます。
p-1

28km 4:11      御所湖の折り返しでまたラン仲間の位置確認。
29km 4:10      後日【 私設エイド編 】で紹介しますが喫茶もくもくも通過
30km 4:18      30km通過は2:05:16、ここも少し上り。
31km 3:48      そして一気に下りでここで最速ラップ。
32km 4:12      って事で遂に集団から前にでて1人旅のはじまり。
33km 4:09      脚は??残ってますね。しかも在庫ありすぎくらい。
34km 4:03     平地になっても辛さはない。ってか進む!
35km 4:03      だいぶ前もつまってきてちょこちょこ拾う展開。
36km 3:59      ここにきて4分切り。どんどん拾って順位をあげます。
37km 3:51      ハーフみたいなラップになってきて在庫一掃SALE状態。
38km 3:50      こうなってくると押せ押せのごぼう抜き。
39km 3:54      2:55:00カットもこのまま行けばありうる??
40km 3:46      まだ上がる!まさかまさかの40kmでレース最速!
41km 3:46      っを、連発です。自分でも信じられない展開。73498033_1236248273242213_6761458939830730752_n

こうなると声援にガッツポーズして走れて楽しくて仕方ない。

75625287_401148467494733_5997596807213875200_n

42km 3:50      帰ってくるタイミングが良かったようでテレビに
43km 1:34      めっちゃ映ったんだそうです。

73372235_458822518080613_3424506115205890048_n

最後にサングラスを外してガッツポーズのゴール。
ってのを一度やってみたかったのをせっかくなので笑


【GOAL】 2:53:27   4:05/km   年代別 13 位  /  総合 65

2019moriokacity

ラストの2.195kmが8:17とかありえないです、ワタクシの実力だと。
同い年で県内のワタクシの憧れのランナーであるKや君とラストのここのタイムだけは1秒違い!まあ全体のタイムとしては当然足元にも及ばないんですけどね。でもなんか嬉しい。
30km以降がキロ4切って走れたのは、下り基調とはいえかなり自信にはなりました。
42.195km通して劇的に辛い部分もなく、真面目に終始楽しかった。そんなでした。
声援の多さが本当に力になりました。地の利です。ホームの強みですね。そんな部分も最大限に活かさせてもらった神レースとなりました。ペーサーの沢登くんにもホント感謝。また30kmも背中見て走ったから、好きになりそうな勢いですよ。同じビブスも着たしね。 女だったらもう3回くらい告ってるレベルです 笑

写真はみなさまから頂いたものを使わせて頂きましたー。ありがとうございました。
って事で個人的なレースとしてはワタクシのマラソン今のところのマラソン人生の中では過去最高のベストレースになったかなと思います。マラソンの神にご褒美をもらったような心境です。第2回に向けてまた日々練習です。おっとでもまだまだ今シーズンは宮古のサーモンと日報駅伝あるからまずはそこ。

ってことで【レース編】はこんな感じでした。また【エイド編】や【MCM総合編?】てきなものも後日ゆっくり書きたいと思います。今日から江戸出張1週間なのできっと戻ってきてからですが。。松屋銀座7Fの端っこの方に11/5(火)の昼くらいまではずっと居るので、お時間ある方は遊びにいらしてくださいね笑 

朝はきっと皇居走っていると思います 笑 
それではまた。


【次回大会予定は 11/10(日) 宮古サーモンハーフマラソンです。】



いわて盛岡シティマラソン 【 2日前 】

DSC09348

マラソン後の仕事の準備であたふたの一週間。全然時間ないっす〜〜。
こっちのブログも、ホントはもっとゆっくり更新したいですが、とり急ぎ、ゼッケン!
明日更新できずにこのまま本番になる可能性もあるので〜。
『90』です。
これはサブスリーをしなさいと言っているようなゼッケンですね。
ん?意味わかんない?まあ、雰囲気です、雰囲気、3の倍数だし 笑
天気は当日は回復しそうだし、やれるだけの事はやりたいと思います。
では明日更新できなかったら月曜日に!みなさんがんばりましょー、たのしみましょー!
MCM、盛り上がりますように!!!



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 2


MCMKOK のぼり

FullSizeRender

台風情報が気になり過ぎますが、本番まであと6日です。
喫茶もくもくに立てるのぼりも完成です。『MCMKOK』のこのタイプと『喫茶もくもく』の2パターンあります。それぞれ2本ずつ。勝手になのでだいぶ非公式を訴えているのぼりです。でも公式にひけをとらないエイドになりそうな気はしてます。
なんとかウードのブラウニーだけはサブスリーペースで走りながらゲットしたいと今も思ってます。
喫茶もくもくの非公式エイドから約1.2km進むと(30km地点)公式エイドがあるのでそこで給水はする事にして、もくもくでは給スイーツに専念しようと 笑


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 6


MCMKOK 紙コップ。

DSC09328

MCMKOKエイド『喫茶もくもく』で使用する紙コップも完成しました。
6.5oz (約190ml)くらいなのでよくマラソン大会で使われているやつよりはちょっと小振りです。でも真っ白とかよりはテンション少しだけあがるでしょ。
エイドにはもちろんモクボラの方もおりますが、できるだけゴミ箱に捨てて頂けると助かります。
あっ、あと記念に欲しい方はホルツのお店まで来て頂ければ差し上げますよ。いくつかは残しておこうと思ってますので。10月26日(土)か10月28日(月)に限ります。もしかしたら27日当日夕方2時間くらいだけ営業するかもしれないのでするとしたらその時とかでもいいです。
当日エイドではこのモクコップ切れたら普通の未晒しか白の紙コップになりますのでご了承くださいませ。台風....どうか影響でませんように。。


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 7





MCMKOK私設エイド/ 喫茶もくもく

いよいよMCM(盛岡シティマラソン)まであと8日。来週の日曜日ですよ。遂にですね。
ワタクシは順調に調子を落としてます 笑
8月の絶不調大スランプを乗り越え、9月中旬10月上旬は絶好調モード突入、からの仕事での大きなイベントを終え、普通に体調急降下。一応先日強行30km(本番コース御所湖の坂含む)やりましたが、28kmでリタイア。。家までの残2kmは徒歩帰宅。そんな最近です。
でもやっとこさあの坂を自分の脚で経験してみたのでなんとなく起伏の感覚は掴めました。あと下りきって平地になって33km~あたりが実は結構キツく感じるということ。
なんとなく2段階で脚を残すイメージが妥当かな。上りにめっぽう弱いワタクシは25km~26.5kmの上りはサブスリーペーサーから少し離されても焦らないこと。30mくらいまでは許容しよう。下りで追いつく頭で。まずは28kmの折り返しまでは脚を残すのは当然。そして下って最後の折り返し過ぎ35kmあたりでまだやはり多少の余力は欲しい。あの山をどう越えるかで35km以降が地獄になるか、40km以降ニコニコ天国で走れるか。坂にやはり気を取られがちだけど、勝負どころは33~36kmあたりかなと思ってます。サブエガは東京で目指します。今回はサブスリーが目標。このコースで今の調子でいければ御の字。まあ個人的にはそんなところ。

さてさて、公式でもエイドが発表されましたので非公式も正式に発表しますよーー!
MCMKOK(盛岡シティマラソンを勝手に応援する会)による私設エイドは

『 喫茶もくもく 』

設置位置は28.8km地点、御所湖の折り返しをして800m〜900mくらいです。
一番公式の給水間隔があくポイント。(13箇所あるのでわりとあります。)
イメージとしてはその名の通り喫茶です。急坂も越えて、30kmも目前で、そろそろ元気なくなりかけてきた頃に出現する憩いの場。それが喫茶もくもく。
水やアクエリアスはもちろんありますが、ここは喫茶の街もりおかという事でやはりコーヒーを。
給水ならぬ給ーヒーですね。そのコーヒーはココ。

六月の鹿

桜山の人気喫茶、六月の鹿さんに提供頂きます。アイスもホットもありますよ。なんだったらここでもう疲れた。。少し休んでいきたい...って方は奥でこれで飲ませてくれるかも? あっ、もちろん捨てちゃだめなやつですよ笑
アイスに関してはMCMKOKオリジナル紙コップで提供しますー。これはちゃんとゴミ箱に。

DSC06610

コーヒーがあるならやはりスイーツも。給スイーツですね。
ってなると県内外のイベントなどでも大人気OODさんのブラウニー。

FullSizeRender

味は何なるかは当日までわかりません、お楽しみに。
サイズ的には通常の一つの1/6サイズくらいの予定です。
これなら走りながらでも行けるかもですね、ワタクシもとれるかチャレンジしてみます。



gazou1

あとは、かけあしでも紹介させて頂いたVESPA。
携帯タイプの小袋を少量だけ用意してます。
欲しい方はモクボラ(モクモクボランティア)の方に声かけて下さいね。なかったらごめんなさい。

っといった豪華布陣で挑みます。
でもみなさん、忘れないでくださいね、あくまで私設だという事を。潤沢な予算が無いという事を。フルは7000人が走りますが、7000人の用意は当然ないですからね。なのでもし足りなくなっても文句無しですよ〜 笑 コーヒーも利尿作用はありますからね、でも仮設トイレも準備は致しますよ。
諸々そのあたりご理解頂いた上で存分に喫茶もくもく、ご堪能くださいませ。神野選手にも是非寄って欲しいですね。

まあワタクシ自身はここをあまり堪能し過ぎないように激走できればと思ってます。
また詳細は追ってお伝えします。


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 8


ヴェイパーフライ ネクスト%

MGC盛りあがりましたね〜。
ワタクシの予想(希望)は大ハズレでしたが、基本日本のトップレベルの人しか走ってない訳だからどうなってもおかしくはないですよね。男子のラスト1kmはシビれましたね〜。
ひとつ、しいて言えばきっと本人が一番そうなんだろうけど、井上選手が最下位はビックリでしたね。全員そうなんだろけどやはり4強とあげられてた選手は特に凄い重圧だったんでしょうね。
MGCかなり話題になってて成功と言っていいのではないかな。(まあ、そこは東京オリンピックの結果次第でもあるとも思うけど。)
そして大成功はやはりナイキでしょうね。ピンクシューズで話題の『ヴェイパーフライ ネクスト%』
MGCの日を発売日に設定するあたり、そして4%の時みたいに品切れにならないし。ビジネスとしてもしてやったりではないでしょうか。ご存知ない方いればあれなんで少し補足しますが、グリーンは数ヶ月前に発売されてました。その新色としてピンク登場です。
FullSizeRender

じゃん、そしてワタクシはというと、ピンクが登場する少し前にこれを手に入れました。ネクスト%のカスタムタイム。BY YOUですね。BY 貴士で届きました。ネクストのノーマルのアッパーは雨にも強いとは思うのですが、伸縮性の部分でサイズ的に少し心配あったので4%で確認済みのフライニットで作りました。(ちなみにピンクでたらBY YOUはナイキのWEBから消えたので、短い期間だけの販売だったのかも?)まあなんにせよ、このシューズでこの秋は戦う事になるかと思います。

IMG_6880

開けるとこんな感じです。
4%よりもボリューム感ありますね。カミさんにはドクター中松シューズと言われます 笑
一部の世代にしか通じないかと思ったんだけど、実はあれまだ売ってるんですねピョンピョン跳ねるやつ。
IMG_6882

アッパーは4%同様のフライニット。

IMG_6881

ここの数字もカスタムできて、ワタクシは東京で目指せサブエガという事で『02:50:00』

FullSizeRender-2

ペガサスターボとならべてもヒールとんがってますね。

IMG_5331

ちなみにこれは左ターボで右が4%
そう考えるとやはり一番ネクストがボリューミー

FullSizeRender-1

けど200gない(26cmです)のでやはり軽いです。ターボはあと30gくらい重いです。
でもアシックスのターサージールは160gちょいだったので、やはりそこが最軽量。
ただ50~60g違うと結構違うけど20g程度はそんなに気になりませんね。

IMG_6884

って事で今週の日曜日の東京マラソンをかけた大一番、個人的MGCにあたる一関国際ハーフはこれで勝負となります。昨年設定タイムの1:21:00に9秒届かなかった因縁の大会。今年はなんだろうな、変な力みはゼロ。重圧ゼロ。一度夏場にスランプ経験してどん底まで落ちたからかな。それ抜けたら今度は根拠の無い自信みたいなのが沸々と笑 
81分と言わずに80分カットもしてPB狙うかくらいの変な心境。コンディションとしては昨年の方がいいのは歴然としてるだけど、スランプ越えてメンタルだけが育った感ですね。まあ今年はとります。フライニットなので雨だけは、微妙だけどね。
イチノセキノキセキ、おこすぞ。とか言うけど、言いたいだけで奇跡とは思ってないです。普通にとってきます。自信と過信は紙一重ですが今回はプラスに作用すると信じて。



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 39


MGC / MCM

明日はいよいよMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
一ヶ月半したらMCM(盛岡シティマラソン)
今日はさすがに前者のはなし。
いよいよですね、東京オリンピックの代表が男女それぞれ2名は確定します。
男子はやはり現日本記録保持者の大迫選手vs 前日本記録保持者の設楽選手の対決がわかりやすく気になるところですが、4強となると井上選手と服部選手もやはり手の届くあたりにいるのだろうなと思います。優勝予想となるとなかなか難しいですが、2位以内という事だと井上選手が確率高いかなという気はしてます。全く根拠はないですが勘です。
でもやっぱり大迫選手がぶっちぎるとこも見たいしね。設楽選手がうまい棒食うとこもみたいしね。ダークホース的な扱いをしたら失礼かもしれませんが、やはりMCMのゲストランナーである神野選手は応援したいよね。
って事で予想というか希望になるけど、個人的には、
1位 大迫傑選手
2位 神野大地選手
IMG_6876

言われないと絶対わからないと思うのですが、実は『kakeashi / かけあし』のP17の左上のランナーの先頭の2人、大迫選手と神野選手(2019東京マラソン)イメージの配色ユニフォームになっているんですよ。ちなみにP16の右上には走る家具屋イメージの選手もこっそり紛れてます。そんなちょっとした遊びがここのページは隠されてたり笑

っていう小ネタはさておき、女子。
これは文句無しで応援するのはこの人しかいません。腹違いの妹説すらうっすら流れるこの人。
IMG_0407

福士加代子選手。ほぼ家族写真。もしくはほぼカヨコ写真。(オクサンもカヨコなんで)
あっ、ちなみにワタクシ福士さん本人公認ですから笑 2大会連続狙って欲しいです。
あともう一人は鈴木亜由子選手かな。腹筋女王、松田選手強い気がするけど、ここはやはり

1位 鈴木亜由子選手
2位 福士加代子選手

って事で。いや〜楽しみですね。



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 43

30km練習

kakeashi_fb
少しご無沙汰です。啄木マラソン以降、やや走れる家具屋に復調ぎみです、こんばんは。
盛岡シティマラソンを応援し過ぎるあまり、発行してしまった本『kakeashi / かけあし』も有り難い事にとても好評頂いております。東京の下北でのトークイベントも沢山の方にご来場頂きありがとうございました。アールビーズの方までいらしてくれたのにはびっくりでした。嬉しいですね。そしてホントに自由過ぎってくらいに喋らせて頂きました。純粋に楽しかったです。引き続きMCMKOK/モクモクは盛岡シティマラソンを勝手に応援し続けます。
さてさて、ワタクシ個人の練習の方といえば、ホントに啄木マラソンが転機でスランプからは脱出、きっと。普段のJOGもなんだかいつもより少しぺースが自然にあがりますね。だいたい朝走る時は12~3kmジョグって感じが多く、途中そのままの流れで止まりはせずに1000mを1本か2本やってみます。3:30/kmの感覚で基本走ってみて、調子が悪いときは走れないし、良いときはまだまだ余裕だったなという事もあります。スランプのあたりは3:40/km前後とかもよくありました。今はだいたい3:25前後くらいではいけてます。同じ感覚で走って15秒くらい違うというのはコンディションの違いはあきらかですね。一関までにもう少しスピードだしたいですね。
とは思いつつ、その先のMCM(盛岡シティマラソン)に向けてそろそろやらないとなと思ってたけど、全然できてなかったロングを昨日実行。仕事も忙し過ぎてめっきり車の車検を忘れており、危うくきれる寸前でしたが、ギリセーフ。待ち時間を利用して宮古で実施。(ホントは運動公園でスピード練習したかったのだけど、いったら工事中でした。)
って事でふれあい公園を走りまくりました。こんな感じ。
【START】
01km 5:13   まずはロードをこうえんに向かいます。
02km 5:11   とりあえず、キロ5分で2時間半を目安に
03km 5:08   ここからは公園内の約1マイル(1.6kmコース)
04km 5:03   をひたすらグルグル。
05km 5:03   最初の10kmくらいまで結構つらい。【 25:40 】
06km 5:04   一人だしね、ひまだよね。
07km 4:59   こういう練習はできれば誰かとやりたい。
08km 4:58   でもだいたい突発的にやるから結果一人。
09km 4:46   さて、少し慣れてきた、
10km 4:59   あたりに一度トイレに駆け込みます 【 50:29 】
11km 5:00   すっきりして仕切りなおし。
12km 4:55   たんたんと、
13km 4:48   もくもくと、
14km 4:44     ぐるぐると走ります。
15km 4:49   微妙にペースがあがってきました。 【 1:14:48 】
16km 4:43   ペーサーが欲しいです。
17km 4:40   ひまです。
18km 4:36   一関のレースのいいイメージとかを妄想
19km 4:26   準エリどころか
20km 4:33   PB大幅更新で夢の78分台!             【 1:37:48 】
21km 4:33   とか妄想レースをしながらひまつぶし。
22km 4:36      でもやっぱりハーフをすぎると
23km 4:42      徐々に疲れでてくるよね。
24km 4:42      無補給ランなので、
25km 4:48      それもあるよね。                             【2:01:12 】
26km 4:40      エイド欲しいよね。
27km 4:52      さて公園はこの一周でラスト
28km 4:35      って事で少しがんばって、
29km 5:22      ロードに出てほぼ終了〜。もうガス欠です。
30km 5:19      ローソンに入って終了  【 2:26:05 】

【  2:26:05       4:52/km   】 という30km練習でした。

まあ最後くたばりましたが、準備無しでやったわりには走れた方かなと思います。
やれてなかったやりたい事が一つできたので少しスッキリ。
さて、あとはスピ練を来週一度どこかでやって、いよいよ一関。
夏場考えたら今年準エリとれたら奇跡のようなもんだけど、おこすんですよ奇跡は。
おこすためにあるんですよ。


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 44

B&B 喫茶もりおか トークイベント

68251133_2798931193468412_5693889404741877760_n

今日はイベントのお知らせです〜。東京近郊の皆様特によく聞いてくださいませ〜。ってそもそもこのブログを関東圏の方がどれくらい読んでいるのかという話しもあるのだけれども。。
まあ、なんにせよこっちのブログでこういったお知らせをするとは走りはじめた頃には予想もしなかった。人生はどこでどうなるかわからないものです。バク転ができたからワタクシ家具屋になれた訳だし、マラソンにハマったら結果的に本を作って、下北の本屋さんB&Bでトークをさせて頂く事になりました。
これは盛岡の企画の中の一つでもあるのですが、簡単に言うと9/2は大坊さんと蕪木さんのコーヒーの話し。9/3はワタクシとてくりの木村さんの先日発売した『かけあし』の話し。9/2のお二人はコーヒー業界だと新旧で知名度あるお二人。木村さんも『てくり』なんてリトルプレスのはしりですし、アートディレクターとしてそれなりに活躍している方。まあワタクシと言えば、う〜ん、ただの走る家具屋ですので戦闘力としてはちょっと弱いよね〜。大坊さんが10000だとしたら蕪木さんと木村さんは7000くらいだろか、ワタクシはきっとヤムチャくらいのもんで、せめてクリリンの協力くらいは欲しいところだ。
まあ、でもせっかく東京でお話しさせてもらえるので、沢山の人に聞いてもらえたら嬉しいです。盛岡シティマラソンにエントリーしている方にはピンポイントでかなり面白い話しになる自信はありますけどね笑
あと当日は仙豆は無いけど、ベアレンビールも飲めますよ、けものさんの演奏も聞けますよ。岩手を盛岡を下北にいながら感じる事のできる2日間になるかと思います。
あとは先日紹介したモクモクTシャツやモクモクトートやランコロキーホルダーなど走る家具屋的ラングッズの販売もありますので、こちらもよろしくどうぞ。
1FullSizeRender
2FullSizeRender-1

イベント詳細、予約はこちらからどうぞ〜。

っという今日は関東圏のみなさまへ向けての宣伝でした〜。




【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 61日


MCMKOK GOODS / モクモクグッズ

FullSizeRender

『MCMKOK / 盛岡シティマラソンを勝手に応援する会 通称 :モクモク』

実際、モクモクとも読める訳ではないのだけど、雰囲気でモクモクと読んでくださいね。でも何も言わなくても10人に1人くらいは、もく、も、く?? みたいな感じで正解を導きだす女性もいます。ここ半年程、無駄に言い続けてきましたので、少しだけ浸透してた気がします。

『最近、モクモクはどう?』

『もちろん、モクモクとやってますよ〜、本も遂に発売しました!でも自分のランは絶不調です!』

てきな。
SNSでは軽く発信はしてましたが、モクモクグッズ(モクモグッズも可)の方に関しては既に数ヶ月前から完成して地道な宣伝活動をしておりました。Tシャツに関しては7月頃からワタクシほぼ毎日色違いで来ております。いつどこで誰にあっても自分の胸を使って、コース高低差の説明ができるシステムとなっております。全体的な雰囲気はカレッジテイスト。もちろん数字はマラソンですので、42.195km   死に行く覚悟です。
高低図フェチなのでこれは最初から入れる事は決めてました。小さな文字の英文は友人のTちゃんに御願いして『盛岡シティマラソンを勝手に応援する会』を英訳したもの。って事でモクモクは予算もありませんのでグッズデザインは自分で。
子供用もご希望あれば製作可能です。
FullSizeRender-3

練習や大会の時はドライ素材のものをまあ普通にきるのですが、普段着ようと思ったら普通にコットンだよね、っという事で素材は2種類作りました。手前はコットン/ Printstar 、奥はドライ/glimmer です。ボディはこれといって特別なモノではないです。みなさんのお宅のクローゼットにも一枚くらいはあるかもですね。

FullSizeRender-1

そんで持って、コットンの方に関しては3色展開に。
これをワタクシはローテーションで着回してます。ちなみに今日はネイビー右上(結構濃いので黒っぽいネイビー、黒ではないです。)

FullSizeRender-2

あとはトートバックも作りました。これもナチュラルど定番で入れつつ、ネイビー、あとライトグレーも作ってみました。グレーはちょっと新鮮かもですね。自分は走らないからTシャツは着ないかな、当日応援にいくけど、実際10/27は寒いからTシャツ着てても見えないよね、って方にもオススメ。
こんな感じでモクモクグッズもMCM / 盛岡シティマラソンの応援に是非普段からどうぞ。
ちなみにですが、グッズや本が売れるときっと当日のエイドであったり、大会自体が少し楽しくなったりするはず。そのような使い道にあてるつもりです。とにかく第1回の盛り上がりを第2回に繋げたいっ!勝手にその一心です。大会自体のエントリー自体は終了しましたが、大会のクオリティを上げる事は今からでもまだまだ出来る事です。公式でも個人スポンサー募集もしておりますし、まだまだ応援の仕方は色々ありますよ。公式も非公式も両方よろしく御願いします〜笑

■MCMKOK - Tshirts / モクモクティー
size  : 160 , S , M , L     ※キッズサイズは随時お問い合わせください。
color : ●コットン /  WH ,  NV , GY        ●ドライ / WH
price : ¥2,000(税抜)

■MCMKOK - Tote / モクモクトート
size  : w36 ×w37 × マチ 11cm
color : NA ,  NV , LGY      
price : ¥1,500(税抜)

モクモクグッズの販売に関しては、ホルツ(holz@m8.dion.ne.jp)までお問い合わせくださいませ。


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 64日

kakeashi / かけあし 取扱店一覧

『かけあしはどこに売ってますか??』
と聞かれる事が多くなってきましたので一覧にしました。
是非手にとって頂けたら嬉しいです。


『 kakeashi / かけあし』
 取扱店一覧

【 岩手県 】
○盛岡市
・さわや書店  本店
・さわや書店  フェザン店
・東家
・ベアレン醸造所
・旧石井県令邸
・ひめくり
・六月の鹿
・吉浜食堂
・hina
・Licht
・carta
・rasiku
・figuleti
・BOUNDE COFFEE
・BOOKNERD
・Due Mani
・Taku
・cafune
・RHINO
・LOCALERS
・the S
・道具屋
・ダニーハ
・なんだり館
・風とaoの美容室
・みなみの整骨院
・NAGASAWA COFFEE
・Epicerie Citron
・Holz
・raum

○宮古市
・さとう衣料店

○平泉
・SATO

【 宮城県 】
○仙台市
・Antique Show
・TATAMIZE

【 東京都 】
・B&B
・jokogumo
・ROUND ROBIN

【 長野県 】
○松本市
・栞日


※買取りのみとなりますが新たに取り扱って頂けるという店舗さんもしありましたら
holz@m8.dion.ne.jp   (平山)までご連絡くださいませ。何卒宜しくお願いします。



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 65日

kakeashi / かけあし

かけあし表紙

約半年前から進めていたプロジェクト(っというほど大袈裟な事ではないけど)が遂にカタチになりました。実はMCMKOK(盛岡シティマラソンを勝手に応援する会 / 通称 : モクモク)として本の製作をしておりました。もちろんワタクシ走る家具屋で本屋ではないので『てくり』でお馴染み、まちの編集室のお力を盛大にお借りしてではありますけどね。
盛岡シティマラソンの開催が決まらなければ、こういう動きにはなりませんでしたが、普段からマラソン大会に参加して色々こうだったらいいのに、こんなのがあればいいのに、盛岡だったらこうだな、ってのは元々あったので勢いで走り出しました。
このブログ記事の中でもメダルの話しだったり、ロゴの話しだったり、色々しておりますが最初に疑問をもったのはプログラムだったり、名簿の冊子です。大小問わずおおよその大会は当日もしくはゼッケンなど郵送の場合はそれと一緒に、何かしら届くと思います。大会規模によって内容は少し違うけど、おおよそは似たりよったり。最初に偉い人の挨拶があって、会場内のレイアウトの説明などなどがあり、参加名簿があり、後半は広告ページという流れだ。だいたいの人はその時だけ見るもので、大会が終わったらポイだろう。(まあ、とっておく人もいるとは思うがたぶん少数派)
ほぼ必ず作るものなのに、ほぼすぐ捨てられる、そうなるとクオリティにもそんなにこだわらない、担当の人もそこで余計な仕事は増やしたくない。そんな流れができあがってくるだろう。誤解しないでほしいのは無くした方がいいとかそう言う事ではない。なきゃないできっと色々困るだろうし。なんとかならんかな?っと思っているけど、具体的な解決案はもちろん見つけれている訳でもなく。(ってかそもそもワタクシの仕事でも何でもなく勝手に考えてただけ)
盛岡シティマラソンもきっと作るとは思うけど、1回目だし過度な期待は禁物 笑
ただ、こうやってあーでもない、こーでもないと言うだけは簡単。もうそれだったら一度自分で作ってみよう。当日だけではなく前後に読んでも面白い、とっておきたくなるようなマラソン絡みの紙媒体を。そんな訳でこのプロジェクトは動きだしました。
真っ先に相談したのは『てくり』のデザイナーでもある木村さん。てくりは創刊号からホルツでは取り扱っているので本として姿勢的な部分はある程度理解しているつもり。そして25号ではホルツの事も有り難い事に特集して頂きましたので、てくりに取材される側の気持ちもなんとなく解ります。
てくりに協力してもらおうと思った時点でタイトルはすぐ決めました。ってかこれしかないなと悩む事もなくすんなり出て来ました。『kakeashi / かけあし』
てくりはてくてく歩くとかそんな意味あいも入ってる言葉、今回はマラソンの本なので流石にてくりてくり歩くというノリよりはスピード感だしたいよね。かといって激走てきなノリでもなく。そう、『かけあし』くらいがちょうどいい。走る人はもちろんそうだけど、応援する人にも、家族だったり付き添いの人にも楽しんでもらえるようなものがいい。
盛岡の『ふだん』を綴る本である、『てくり』と一緒に作ったという意味でも『かけあし』というタイトルはなんかリンクする雰囲気あるしね。後付け的にいえば盛岡というマチとマラソンの『かけはし』的な本でもありたい。意外とこういう視点の本は無い。ワタクシが知っている限りですけど。

2月のおわりのあたりからちゃんと動きだしたと記憶している。まずは内容決まらないと作れないけど、なんとなくぼんやり既にワタクシの中では決まっていたので、そこにはあまり時間はかからなかったかな。そうなるとどれくらいのクオリティ、ページ数、印刷部数などなど金銭面など現実的な事も考えなければいけません。一応、プロのデザイナー、ライター、カメラマンが動いてくれる訳なのでそれなりのクオリティにはなるが、最低限のお金はかかりますからね。っという事でそこは協賛を各方面から頂きました。クラウドファンディングは使わず。アナログファンディング?で直接説明に行けるところは行ったり、メールだったり、電話だったり。とにかく何かねじれて伝わる事だけは避けたかったのでまさに、自分の足を使って動きました。とりあえずこの時がみなさまの優しさに触れちょっと泣けた1回目。マジでみなさん優しい。有り難いですね。
4月から5月中旬に少し内容を詰めて、実際の撮影や取材は5月後半から6月というスケジュールでしたね。梅雨ど真ん中。。。雨に泣かされた、泣き2回目。スケジュール組みはホント難しい。。リスケという言葉も嫌でも覚えます。
そして7月にあらかた全体の仕上がりの初校をみた時は、無駄に感動してしまった。泣き3回目。プロダクトを作る感覚とまた全然別モノの感動や達成感ありますね。モノヅクリは色々してきたけど、これはなんか初めての感覚でした。きっと次回があるとしてもこれは味わえないというかビギナーズラック的な感動なのだと思いますが。本を作ると3回泣くんですよ、皆さん覚えておいてください。

そして盛岡シティマラソンエントリーの最終日であり、当日まであと70日という
8月18日(日)本日、正式発売となりましたーーー。


いわて盛岡シティマラソンを勝手に応援するマガジン
『 kakeashi / かけあし 』

発行 / MCMKOK   盛岡シティマラシンを勝手に応援する会
編集 / LLP まちの編集室
¥420円(税別)
(マラソン 42.195km の本なので¥420円です。10円 / km ペースです。)


嬉しいです、ホント沢山の方の協力があり完成しました。改めて関わってくださった全ての皆様に感謝致します。本当にありがとうございました!!
さて、でもここからが本番ですね、作って感動ーーばんざいーーー!だけだと意味ないですからね。あとはこれはここから、この本を必要な人の所に届けなければありません。沢山の人に見て頂いて、たくさん感想を言って頂いて、遠慮なくSNSで沢山拡散して頂いて沢山いいねして欲しいです 笑 
とにかく、この本を作った目的は今年の盛岡シティマラソンを盛り上げる、そしてそれを2回目へ繋げる!これに限ります。極端に言えば2回目に向けて作っていると言っても過言ではないです。
盛岡のマラソン行ったらこんな本あったんだよ、とか遠方から来た人が盛岡のプラス要素として持ち帰って欲しい。あとは既にエントリーしている人とか家族は早々とこれを目にしてマラソンや盛岡に対しての楽しみを膨らませて欲しい。今年エントリーしてない人も、来年エントリーしようかなと思って欲しい。そんなに厚い本ではないですが、色んな想いは沢山詰まっております。

ちょっとどこまででも書いてしまいそうなので今日はこの辺にしておきますーー。
時間ある時に各ページの中身の事に関しても少しまた触れてみたいなとは思います。
とりあえず、発売しました!ってお知らせでしたー。購入できるところも後日ちゃんとまとめてお知らせしますが、盛岡市内だと雑貨屋さんと喫茶とかで今のところ置いてるところ多いですー。

※『kakeashi / かけあし』取扱店舗一覧 更新しました。(2019/8/23)



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 70日




いわて盛岡シティマラソン 6

さてさて、
MCM(盛岡シティマラソン)ですが、少し動きが出てきましたね。
6月15日の新聞から。

まずは岩手日報さん
FullSizeRender-1

おお〜。神野選手!待ってました。コースの高低図的にもひと山あるコースなので山の神の神野選手にきてもらえるのは嬉しいなあ〜。MGCの結果次第で盛岡どう走るかは変わってくるとは思いますが、来てくれる事がまずは嬉しいですね。
正直言ってMCMの発表があった2018/2/14の新聞記事からこれまでの流れの中で一番嬉しいお知らせですね。
あと佐藤洋太選手は地元出身の元世界王者ですから、ある程度そうなるかな〜という感じかな。スイマセン、ボクサーっぽく目の手術とかはしてますが、ボクシング自体はそんな詳しくないので、普通テンションで。。

こちらは盛岡タイムスさん

64230614_695875494205572_1639387883011833856_o

川内選手のモノマネでお馴染み、M高史さん、
設楽選手のモノマネでお馴染み、ポップライン  萩原拓也@もしか設楽さん、
神野選手のモノマネでお馴染み、放課後ハートビート  松下シュートさん、

5人中3人がモノマネ芸人さんって....いいけどもちょっと多過ぎでは〜〜笑
それでいて、金栗四三さんの、がんばれゆうすけさんは、いないんか〜、っていう。
でも
ワタクシの友人の
大迫傑選手のモノマネでお馴染み、小迫すぐれない君は出ますけどね。
ね、L君 笑

錦木関の応援団長はパワーありそうで適任ではないでしょうかー。

って、とりあえず何様だよという感じですが、個人的な感想を一応のべてみました。
ついでにいっとくと、
ゲストランナーは個人的にはサブスリー姉妹こと福島姉妹を呼んで欲しかったな〜。
(以前から知ってたけどトークイベント行ってから、めちゃくちゃ影響受けてるワタクシ 笑)

姉 福島和可菜さん(芸能界最速女性ランナー)元自衛官
妹 福島舞さん  (トレイルランナー兼編集者)

さて、そしてゲストもなのですが
実はそれよりもっと気になったのが完走メダルですね〜〜。
南部鉄器になるのは200%予想通りです。素材としてそうなるのはまず当然ですね。
富山マラソンなどは真鍮鋳物で能作さんが作ってたりもします。
この辺の事に関しては本業の家具屋の方というかモノヅクリをしているハシクレとしては猛烈にきになるところなんですよ。
デザインに関してですが...........これはもう、ロゴが決まってしまっている以上、まあこうなるよね..........としか言えません。来年こそちゃんと盛岡の優秀なグラフィックデザイナーにも情報提供してカッコイイの作って欲しいですね、はっ、言っちゃった。。。でもこういうのも言う人が居ないといけないと思うのでね。2回目以降の事を考えれば、いい大会になって欲しい、そういう想いからですので。。
あとサイズ表記がありました。

直径  5.5 センチ
厚さ  3.5 ミリ
重さ 250  グラム

っとあります。サイズはなんとなくイメージつくかもしれませんが、普通重さはイメージしにくいかなと思います。南部鉄器のオリジナル商品も作っているワタクシとしては、『そんなに重くないでしょ!』それが素直な感想。

しかもまあ、ワタクシ、マラソンジャンキー & 仕事柄 の影響で既に1年前には南部鉄器のメダルのモックを勝手につくっているんです 笑 狂ってるでしょ。
とりあえずサイズ感などだけを見る為に、のぺっとしている状態ですが、真ん中のやつね。
左はちなみに東京マラソン2019、右は金沢マラソン2016です。
FullSizeRender-2

FullSizeRender-3
これはそれぞれの裏面です。

サイズと重さを測ってみると(おおよそです)

【東京マラソン2019 】
直径 6センチ
厚さ 4mm
重さ 67g (紐無しだと55g)

【金沢マラソン2016 】
直径 6.6センチ(一番広いとこ、紐かける所含まず)
厚さ 3.8mm
重さ 73g (紐無しだと63g)

【南部鉄器サンプル 】
直径 6.8センチ(紐かける所含まず、内側の丸で55mm)
厚さ フチ6.8mm  中3mm
重さ 139g (紐無しだと129g ※紐は金沢の10gを装着)

っとなるとワタクシが付き合いある南部鉄器職人さんに作ってもらったサンプルの方が一回り大きいです。それでこの重さですので、250グラムという事はないよね。最低半分くらいの重さだと思う。
まあ、きっと100人この新聞記事読んで、一人思うか思わないかくらいの事をここで詳しく勝手に言っているので基本ほとんどの人は気にならない、というか正直どっちでもいいで〜す、という人も多いかな?でもシューズの重さとかも普段気にしてる人はなんとなく気になるかな?まあなんにせよジャンキーの職業病ですのであしからず 笑

IMG_5758

紐装着するとこんな感じになりますね。どんな紐つくのか分からないけど、超シンプルに想像するとこうなったり??ってのをこれまたこのモックのさらに2ヶ月位くらい前??今からだと1年3ヶ月くらい前には勝手に考えてました。文字は正直テキトーです。
ちゃんとやるならここはきっちりグラフィックデザイナーに頼むのが妥当です。
ワタクシがモックにわざわわざフチをつけたのは下記の図のように県産材の広葉樹などを鉄と組み合わせたデザイン案も面白いかなと思ったから。自分だったらこう作るかな?ってイメージ。
南部鉄器だけでいくなら文字部分とサイドの小口部分ミガキ仕上げがちょっとオモロいなとか。
まあ、コスト部分はちゃんと計算してないけどね 笑
ただ、めちゃくちゃシンプルなのであれだけど、メダル自体の形は新聞発表のもの、結果的にドンズバでしたけど(苦笑
フィニッシャーメダル.


デザインがそんなに良くなくても別に困りはしません。でもどうせ作るんだったら普通にカッコイイのが良くないですか?メダルでたまたま参考例として出しましたが、完走証だったり、タオルだったり、Tシャツだったり、その他諸々。ロゴデザインに完全に引っ張られてしまうので、そこは重要。
そう思いますーーー。
なんかすげー、ディスってるな〜っと思う方もいるかもだけど、逆っすからね、逆!いい大会にする為には言う事は言わんとダメです。でも愛を持ってね。愛なしのあーだこーだは担当者がさすがにかわいそ過ぎるので。2回目以降の開催の事を思うと、やはり自分の住む街で行うマラソン大会はいい大会、誇れる大会になって欲しい。金沢マラソンなんて開催日一緒なので、正直いまやライバル大会です。でも参加しているから分かるけど、とってもいい大会でした。開催前からこんな遠い岩手までなんとなくやる気的なものはwebなどを通してでも伝わってきてましたからね。今年は1回目ですからたぶんそこそこ人は集まるかと思います。でも2回目以降は遠方のランナーからは天秤にかけられますからね、きっと。

って事で....
フルは7000人が定員です。今5500人くらいのようなのでそろそろ迷っている皆様、エントリーどうですか〜〜?っとMCMKOK(盛岡シティマラソンを勝手に応援する会   /   通称 : モクモク)らしく勝手にあおってみます 笑 是非ー!


【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 132日


第7回 秋田リレーマラソン

6月2日(日)にはじめて、リレーマラソンというものに参加します。
岩手県人は安比リレーマラソンがピンとくるかと思いますが、それではなく秋田リレーマラソン。いわゆるガチの駅伝的なものではなく、みんなで楽しくワイワイ系のやつ(きっと)
4人以上から参加なんですが、我らがチームは5人男女混合で参加。男子2人、女子3人。
1.4kmのコースを30周で42kmのフルマラソンですね。ガチランのヤーツはワタクシだけだし、4人は特に走りたい〜〜って訳ではないので、必然的にワタクシが半分以上は走る格好にきっとなります。1周おきに登場するちっさいおっさんになりそうです。
6月はどっちみち来週眼の手術で入院して術後はしばらく走れないので、遊びの大会だけど、いっそのこと、超追い込んだレペ練習にしてもいいかも。多少足痛くなっても休んでる間に治ると思うし。
ってことで3:33/km設定だと1.4kmを5分ジャストくらいなのでこれを何回こなせるか?そういう練習にしようかなと、きっとレストは8分はあるかなという想定です。
5人でサブ3.5が目標です〜。
チーム名は

『MCMKOK』 

モクモクと強引に読んでください。ワタクシが勝手に作りました 笑

M 盛岡
C シティ
M マラソンを
K 勝手に
O 応援する
K 会

『MCMKOK / 盛岡シティマラソンを勝手に応援する会』で秋田で宣伝活動を勝手にしてきます〜。


最後に5月の走行距離は283kmでした。
今月も走りました。6月は入院前に走った距離が全てになりそうです。
5月と6月の距離をいい意味で自信にして、7月以降またつくりなおします。
って事でまずは人生初のリレーマラソンを楽しんできます。



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 153日

DNF #5 【サブ3】 更新されました。

n1577

サブ3を達成してから1ヶ月近く経ちました。その嬉しさをLITERSさんの中でコーナーを持たせてもらっているDNFでも綴らせてもらいました。しつこいおっさんですね。でもそれくらい嬉しいものです。ペースランナーの大事さたるや。MCM(盛岡シティマラソン)でも予定してない訳はないと思いますが、わりと.5刻みくらいで細かくつけてくれると嬉しいですね。サブ3.5は欲しいよね。
あと半年切りました。楽しみですね。エントリーはお早めに!



【 いわて盛岡シティマラソン2019まで あと 173日
自己紹介
1977年生 走歴6年
ちっさいオッサンランナー

2010年に地元のマラソン大会に初参加。以降年に1回〜2回だけ半分遊びでの大会参加でしたが、2013年の5月の仙台ハーフをきっかけにマラソン熱着火で本格始動。
自己ベスト(グロス)
【10km】36:14
2017 あまちゃんマラソン
2019 矢巾町ロードレース

【ハーフ】1:19:29
2019 よこてシティハーフマラソン

【30km】2:04:11
2015 錦秋湖マラソン

【フル】2:53:28
2019 いわて盛岡シティマラソン


〜2016.2月までの道のり。
2016年2月までの記事はコチラからお読み頂けます。
  • ライブドアブログ