2006年04月

2006年04月27日

やばい

パスポートを無くしたダヤマです。気付いたら無くなってました‥どこかで無くしたみたいです。
同棲相手の誉さんと探した結果見つからないので、警察に行って紛失届を出しました。はっきりいってなんて言われてるかまったくわからず泣きそうでした。とりあえず日本総領事館に行かないと行けません!まさか無くしてしまうなんて自分自身にあきれてしまいましたよ。
とにかく前回に予告した通りジャズレコードセンターに誉さんと行きました。ダヤマは興奮してCDやらビデオとかとにかく気になるものは全部買ってしまえと思い、かなりの量を持ってレジに行きました。そしてカードで支払いしたところ‥カードの使用限度を超えてしまいました(笑)こっちではほとんどカードで買い物してたので‥カード内容も初期設定なので海外での使用限度額が低いのです。今月の支払いまで待たないと‥
結局CD4枚で泣く泣く断念‥隣でDVDを買いまくってる誉さんがうらやましくもうらめしかったです(笑)
んでそのあとブルーノートでロニープラキシコ、55バーでマイクスターンを聞いて帰りました。誉さんは一流ミュージシャンをはしごできて感激したみたいでよかったよかった!
しかしマイクスターンのライブが15$でドリンク二杯ついてくるって一体どゆことよ!実質ライブチャージタダ同然かよ!おそろしい‥
とにかくいろんな意味で吠えました(笑)
以上只今帰国不可能なダヤマでした!


homaremaru at 03:47|PermalinkComments(8)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月26日

フランクリンバッヂ

7c7722fe.jpgNYに行ったことのないJHBの中の田舎者のトキです。
ブログ内の雰囲気がとてもラブラブマンハッタンなのでここで日本の引きごモリ気味な部屋に変えようとおもいます。

ゲームを買いました。スーファミソフト以来であろう新品です!

それは
MOTHER3
です!

このシリーズは埋蔵金発掘、最近ではほぼ日刊イトイ新聞でおなじみの糸井重里さんのゲームソフトなのです。とにかく雰囲気が大好きでついつい顔がほころんび楽しく長時間あそんでしまいます。しかも今回は初のお父さんキャラが登場したりするからもう興奮ものです。たまりません。

でも泣いてしまうぐらい切ない話もあるのです。もう大人なのに涙をながしてしまいました。
ドットのくせに!(泣笑)


http://www.1101.com/MOTHER3/




-----------------------------------------------
得するキャンペーンやプレゼント情報を是非ご覧下さい!
livedoor 懸賞
http://present.livedoor.com/



homaremaru at 17:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月25日

ライブ三昧

75d823a8.jpg
都会の水があわずGERI-Pだった誉丸です.日曜はパットマルティーノのウェスモンゴメリートリビュートバンド,本日月曜はロニープラキシコ,ハシゴしてマイクスターンのライブに行ってきました.パットマルさんのライブは「FOUR ON SIX」から始まり,我がJHBのレパートリーでもある「FULL HOUSE」などウェスの曲中心で楽しめました.まるで「おひょいさん」みたいに飄々とした雰囲気の方でしたが記憶喪失になったりと複雑な人生を送ってこられたんでしょうね.噂どーりの八分音譜マシンガンフレーズ炸裂で客席からも溜め息と共に「COO〜L」という声が聞こえてきました.
プラキシコはメッセンジャーズに所属してたりカサンドラ・ウィルソンの音楽監督をやってたベーシストです.ファンクをやる時によく参考にしてたのでダヤマ氏と張り切って最前列で聴いてきました.が,これが失敗.ドラムとベースの爆音に耳をヤラレマシタ.フロント二人とも二重顎&腹が出てたのが気になりました.特にSAXが駄目なオースティンパワーズ(笑)みたいでいただけませんでした(人のフリミテ,,ナントヤラ)KEYのジョージコリガンは頑張ってました.
その後5分歩いてマイクスターンが同じ建物内に住んでるいう55BARへ.このギタートリオはほんと強力でした.ベースはアンソニージャクソン.ドラムは知らない人でしたがみな超テクニクシャンでパワフル.ロックもバップもブルースも何でもこいて感じでメタメタかっこえがった.長髪のギタリストはロックスターのようでした.マイルスとやってた男はやっぱ違うぜ!この演奏がなんと15$(しかも2DRINK付きなのでCHARGEはタダみたいなもん!)なんて真珠られない,,NY恐るべし!

homaremaru at 17:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月23日

誉丸NY到着!!

ダヤマ氏を追いかけ、NYに来ちゃった誉丸です。
約一ヶ月間滞在する予定です。しかし旅行初日は決して順調とはいえませんでした。
まず「福岡→成田間の飛行機は順調順調」と機内放送のロンドン交響楽団のラプソディーインブルーを聴きながら優雅に富士山を眺めていたのもつかの間、成田の上空が悪天候のため着陸できない&(けちったのか)上空待機する燃料がないということで、羽田に緊急着陸→給油→待機(一時間)→成田という流れで時間に追われ、ハラハラどきどき、ギリギリでNY便に乗ることが出来ました。
で、サックスを機内に持ち込んだのですが、置くスペースがなく、持ち込みは無理なのでつみ直すことになりそうだったんですが、なんとか頼みこんで乗務員さんのロッカーに置いて頂きました。だってサックス壊れちゃうもん。印象的だったのが「エコノミークラスの方は楽器の持ち込みを禁止してます!!」とキレ気味のフライトアテンダントに言われた言葉。やっぱ世の中お金&階級なのね、、
そうこうしてるうちにJFK空港に到着。しかし迎えに来る予定のダヤマ氏がいないっ!しかも自分の携帯が圏外になってしまい連絡もとれない、、今日は路頭に迷うかも、、と頭の中が真っ白になりアタフタしましたが、冷静に考えればなんてことなく、公衆電話から連絡して合流できました!ダヤマ氏は到着ターミナルがわからずしらみつぶしに捜してくれたみたい。ありがとう!その後ダヤマ氏のNYでの苦労話を聞きながら彼の家へ、落ち着く時間もなくマキマキとの待ち合わせ場所にGO。待ち合わせ場所の情報はかなりアバウトだったし、遅刻してたので会うのは無理と諦めた瞬間、交差点にマキマキ君発見!三十分以上も待っててくれたのねありがとう!
そしてマキ君お薦めの韓国料理を三人でおいしく食べた後、バンドが入ってるバーにも連れてってもらい夜遊びしました。
メトロカードを即効無くしたりのオノボリサン状態の自分に比べ、二人がものすごく頼もしく感じた旅行初日でした、、
ライブもどんどん行く予定ですのでまた報告しまっす!ちなみに連絡を取りたい方がいらっしゃれば
homaremaru@hotmail.co.jp
までメールお願いします。
ではでは

homaremaru at 10:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0) 誉丸の部屋 

2006年04月20日

結局

なんだかんだでCDを買ってしまったダヤマです。この前コロニーという楽譜専門店に行きコールマンホーキンスやレスターヤングとかのコピー譜を買ったついでにその店にある数少ないCD販売をチェックしてたらつい四枚も買ってしまいました(笑)
その中で特筆したいのがケニーバレルのやつで、サイドにフレディグリーンがいるのです!そしてピアノがいない!そしてフランクウェスのワンホーン‥たまりません。まさかこんなアルバムが存在してたなんて‥フレディグリーンを聞きたいがためにこれを買いました。もしいなかったら買わなかったでしょう。それぐらいダヤマは彼が好きです!そして一曲だけフレディグリーンがソロをしてるのです。いつも通り4ビートカッティングしてるだけなのですが、このワンコーラス分だけはっきりと彼の妙技が聞くことができます!まさに4ビートカッティングの模範演奏なのです。
あともう一つ特筆したいのがチャーリーハンターというギタリストのやつでベースレスで、サックスとドラムによるトリオで全体の雰囲気はファンクです。ベースがいないのにサウンドは分厚いし、かっこいいのです。これまた参考にして勉強する価値ありです!
四枚買って25$、やはりニューヨークはあなどれません。でもグラントグリーンは全部持ってて収穫ゼロだったのが残念です‥やはり行くっきゃない!世界最大のジャズレコード専門店、ジャズレコードセンターへ。次号ダヤマ、ジャズレコードセンターへ行く!の巻を乞うご期待!!





homaremaru at 14:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月14日

リンカーンですわ

どうも、最近やけに便通がいいダヤマです。今日バイトが終わった後、セッションしに行きました。今のバイトは深夜に終わるのでセッションに行くにはちょうどいいのです!んでクレオパトラに行ったらリンカーンジャズオーケストラのベーシストとピアニストが遊びに来てました!二人と一緒にやったのですが、やっぱすごいっすね。お客さんをぐいぐいひきつけますわ‥んでもう一人ジムキャリーそっくりのピアニストがいたんですけどこいつが凄いの!なにが凄いってアウトしまくり(笑)バッキングからアドリブまで凄いのなんの‥面白かったし、かっこよかったんですけどかなりしんどかったです‥ついていくので精一杯でした。セッション終了後彼からビザの事を聞かれ、一緒に演奏やらないか?っぽいことを言われましたが、観光ビザだと伝えたら、「ならダメだ」みたいな事言われました。やはり観光ビザしかなかったらどうしようもないですよね。んで帰り際に老齢のトランペッターからこう言われました。
「お前は演奏中受け身というか待っている!待つな。行くときはガツンといけ!」いや〜心に染みるお言葉です‥ありがとうじいさん!今度からバイト帰りは必ず寄るよ!ダヤマがんばるから!
そういえば先日ジョンハートカルテットを見に行きました。マークターナー目当てで行ったのですが、ピアノが少し前に日本でもライブしたバドプラスの人でした。バドプラスのときとはうってかわって4ビートの演奏になると音数がめちゃくちゃ少なくて驚きました!すごい音を吟味してるのだなっち思いました。
まず日本ではありえないメンバー編成でのライブが見れるのもニューヨークならでは!来週はバリーさんのワークショップに行くので遊んでいられません!先月は一回しかなかったワークショップも今月は毎週あるんで楽しみです。しかし先月ワークショップ行ったときの感想はバリーさん、水道橋博士みたい!でした(笑)






homaremaru at 18:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月12日

なんたかんだで

バリーさんのコンサートには行かず中村健吾さんがトラで演奏したウィリアムアッシュトリオに行ったダヤマです。健吾さんのベースがとても素敵でした!肝心のアッシュさんのギターはあまり好きではありませんでした‥なんか無機質な印象を受けました。
んでライブ終了後一緒にご飯をたべたのですがダヤマ手持ちの金がなくご飯を奢ってもらう始末‥健吾さん、ごちそうさまでした!こっちのピザはでかくて安くてチーズたっぷりなのでダヤマのお勧めです!
そして今日はグラントスチュワートを聞きにジャズスタンダードに行きました。ギター入りクインテットでギターはピーターバーンスタインで初めて彼を生で見ました。
しかしギターにとって永遠のテーマなのがピアノとの共存共栄(笑)だとダヤマは思います。弾かないのも手だと思います。しか〜しやはりバッキングしたくなるものなのです。弾くときと弾かないときのバランスがとても難しいのです!仮に弾いてもピアノとぶつかっては意味ないし‥いろんなギタリストがこの問題の解決方法を教えてくれましたが、このライブでも一つの解決方法を学んびました。
ありがとうピーターさん!話してはないけどダヤマがんばるから!
最初はつらいことだらけだったNYでしたが慣れてくると、この街が好きになり帰りたくなくなっているダヤマです(笑)今考えるとなにも決めずに航空チケットだけ持ってこの街に来て誰にも助けを求めずよくここまで安定させることができたもんだと自分で若いな〜と思いました。この前バイト先の人が銃をつきつけられ強盗にあったそうです。楽しくも危険の街ニューヨーク!まだ襲われてないのが奇跡に感じるダヤマでした。



homaremaru at 10:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月11日

泣く子も踊る!?

4f683756.jpgこちらスタジオの誉丸です。日曜日、別に所属するバンドGOODGROOVIN'のメンバーでライブPRのため初ストリート演ってきました。場所は天神ど真ん中ケゴ公園。機材不十分のため音が小さく満足できない環境でしたが楽しくやれました。勉強になったのは演奏する曲によって立ち止まってくれる年齢層がかわること(詳細はこちら
有名曲の受け方。また野外で演奏する爽快感が実感できました。このバンドは同世代というよりご年配、外国人さん、特に子供たちに受けがいいのかな(笑)そんなバンドが今週末ライブするんですが若者にも是非来ていただきたく宣伝させて頂きます!東京から多数のゲストを迎え盛り沢山な内容で盛り上がる予定っす!是非遊びに来てくださいましませ。

2006.4.15(土)「KOKURA GROOVE PARTY」
場所:BIG BAND
TEL:093-551-4395
チケット:1,500円(1ドリンク込)
OPEN:18:30
・rampSKAnk(九工大メンバーが所属するスカバンド)も登場!セッションもあるので、プレイヤーは楽器持参で参加下さい!

2006.4.16(日)
場所:博多エキマエ音舗 福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館 地下1階
TEL:092-481-7380
チケット:1,200円(要1ドリンク)
OPEN:18:00
・他4バンド出演


homaremaru at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ライブ情報・報告 

2006年04月10日

TSUTAYAデビュー

6d8c17f6.jpg公道でエンスト♪仮免受かったものの公共の迷惑ブレイキーです。最近やっとツタヤでお金を節約することを学びました。写真はローリングストーンズ。ドラムの人がジャズあがりというのも選んだ理由の一つですがこれからしばらく名前はよく聞くけど実際あんまし聴いたことないってバンドを主に借りてみることにしました。手始めにこのストーンズとクリーム、ジョンスペンサーブルースエクスプロージョンの三つ。いきなりブルースよりのロックにジャンルがかたよってしまいました…。
聴いた感じではクリーム、ジョンスペンサー(略)はすんなりかっこいいと思うんですがストーンズは正直まだ…?です。まぁこいつらのアルバムたくさんあるので気長にいくとします。
次はツェッペリンにPファンク、タワーオブパワーでいきましょうかね。無節操とかいうツッコミは禁止です♪


homaremaru at 12:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月08日

なんて骨体

バイトで皿洗いだけでなく野菜の仕込みもやっていてまるで板前見習いのようなダヤマです。
先日ポールモチアンのライブに行きました。ベースはラリーグレナディアでサックスはグレッグオスビーにピアノはプーさんの愛称で親しまれている方です。ライブは全編にわたってほとんどリズムがない。というかあるんだけどないっないんだけどあるっち感じで口では説明できません(笑)
んでダヤマが一番驚いたのがライブの観客の中にいた一人の男性。カウンターに座っていた人なのですが、顔をふと見たら‥ビルスチュワートじゃん!!どうなっとんニューヨークっち感じですわ。この時ばっかりは興奮しました(笑)
さすがニューヨークと感じました。以前ケニーバロン、シダーウォルトンをはしごした後にセッション行った日もやっぱニューヨークにいるんだと感動したもんですが、このライブの日もニューヨークという街に感動しました‥ちなみに地下鉄ですっぴんの山中千尋さんを見たこともあります(笑)
以上、日本人だろうがアメリカ人だろうがミュージシャンや有名人に会っても一度も話しかけたことがないダヤマの現地リポートでした!!スタジオにお返ししま〜す




homaremaru at 03:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月04日

あなたの脳年齢は?

386f7845.jpgみなさんお花見はいかれました?先日小倉城の桜をちらっとみてきた誉丸です。夜桜もよかですね〜
話変わってついに我が家にニンテンドウDSがお目見えです。母上がピンクのDSを購入。ソフトはまだ二本(^_^;)「脳を鍛えるヤツ」と「英語漬け」ですがなかなかおもろい。最初に脳年齢を検定したら70歳(笑)でした。しかし毎日の努力の結果現在はMAX値の20歳に到達したのです!
一方英語の検定の結果も「アルファベットが読める程度」という散々たる有様、、今はなんとか「挨拶ができる程度」になりました。でもちょっとサボるとすぐランクダウンしちゃいます。英語も楽器も毎日の積み重ねが大切なんですね。
英語のレベルアップのためカリスマ家庭教師の無礼キーに指導してもらおうかしらん。

homaremaru at 12:23|PermalinkComments(9)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月03日

まいったわーん

この前見たことない黒人の青年達にペットボトルを投げつけられたダヤマです。
はじめて人種差別を味わい悲しくなりました‥
ところでいつもどおりセッションに行ったらグラディテイトさんや岡崎好郎さんとか錚々たるメンバーがいてびびりました!他にも日本のプロの人達がいてすごいセッションでした‥んで俺が演奏してるとテイトさん、ずっとNoを連発‥他の方達の演奏中は聞いてもいないのに‥ただ岡崎さんのアドリブはずっと聞いていて絶賛してました。
それでノーを演奏中に連発されてそんなに俺は駄目なのか!っと泣きそうになりながら帰ろうとしたらテイトさんのバンド仲間らしきコンガ奏者が握手してきて、「お前はグッドプレイヤーだ!また会おう」と言ってくれたので意気揚々と地下鉄に乗って帰りました(笑)
他人の評価はあてにはならないとはわかっています。大事なのは自分が自分をどう評価するかだってことも。でもやっぱり誉められると嬉しいんです!ダヤマは単純なんです!(笑)誉められて伸びる子なんです!
これでまたギターを弾くのが楽しくなってきたぜぃ!


homaremaru at 15:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) モブログ 

2006年04月01日

初タンゴ

ae4c0eb1.jpg脱輪、エンストならおまかせ!どうもブレイキーです。小倉のクリームというカフェにてトリオファンダンゴスというタンゴのバンドをみてきました。バイオリン、アコーディオン、ピアノのトリオなんですがすごいすねぇタンゴ!グルーブがうねるうねる。そして三人とは思えない厚みのある演奏でした。MCではタンゴについて色々説明をしてくれたんですがこの人達がやっていたのはアルゼンチンタンゴというジャンルでヨーロッパで広まる前のタンゴだそうです。ヨーロッパで流行はじめるとコンチィネンタルタンゴというジャンルになっていったそう。比較しやすいように2種類を演奏してくれましたがリズムが違いましたね。どう違うかと言われると難しいですがとりあえず違いました(笑)
5月にはツアーがあって小倉ではリバーウォーク小劇場で今度はダンサー交えてやるそうです。機会があれば是非熱さと美しさ合わさったタンゴを聞いてみてください。


homaremaru at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モブログ