2006年09月

2006年09月30日

パーティーいかなあかんねん

7046cf33.jpg
10月22日(日)ライブ開催します!題して「NEW WAVE JAZZ PARTY VOL.1」.赤煉瓦造りで雰囲気のいいお店を会場に多種多様な若手の4バンドをブッキング.1DRINK付でなんとチケット1000円!アルコール含めドリンクも各種ご用意してます.ホール隣りにはオープンカフェスペース(メインステージ入れ替え時にはこちらでセッションも開催予定)もありゆっくりくつろげるかと,,カジュアルな雰囲気で演奏を楽しんで頂けるイベントになりそうです.老若男女問わずお気軽にお越し下さい!m(__)m
以下詳細
開催日:10月22日(日)
開場:15:30
開演:16:00
チケット:¥1000(1drink付)
会場:BRICK HALL 北九州市門司区大里本町3−6−1(JR門司駅北口旧サッポロビール醸造棟)
出演
16:00〜rampSKAnk
元気溢れるホーン入りスカバンド!
17:00〜MOVEMENTS
誉丸&ブレイキ−が所属するアコースティック・カルテット!
18:00〜九州歯科大 Swing Jazz Orchestra Blue Notes
北九州を代表する迫力&伝統のビッグバンド!
19:00〜GOOD GROOVIN'with JAZZ HEART BREAKERS
当ブログでもお馴染みの2バンドが夢の共演(!?)当の本人達もどんな内容になるかわからない未知数ジャム・ジャズ・バンド!
以上4バンド出演
※屋外セッション・ホストバンド 北九州市立大学ジャズ研究会K&K

お問い合わせはコチラ↓
homaremaru@hotmail.co.jp
どうぞよろしくお願いしますm(__)mm(__)mm(__)m


homaremaru at 02:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) モブログ 

2006年09月28日

涙がでちゃう

a6daa683.jpg
先日実家に秋冬の衣類を取りに帰ったダヤマです。みなさんお久しぶりです。最近までタオルケットで寝てたのですがさすがに寒く、耐えられなかったのでブレイキーに愛車便所バエを借りて実家に帰りました(笑)
その際両親とうまく時間が合わず一度も顔を合わせることなく帰宅したわけですが、衣類の中のダヤマの通称「テロテロスーツ」がクリーニングに出されてあり、親の無言の愛に感動しました‥涙がとまりませんでした(嘘)しかしこのスーツ、買って以来実に7年間クリーニングに出したことないもので、いつも洗濯機で回されていました(笑)それが綺麗に里帰りしちゃって‥ダヤマ感激!!ありがとうお父さんお母さん!
無言の愛に乾杯!!
ちなみに画像は最近やっと完成した老人ホームの庭です。風呂から覗く庭ということで造ったのですがゲートボール大会などが重なり困難な作業でした(笑)まぁダヤマは庭師見習いの下っ端なんで親方の言われたとおり掘ったり埋めたりしただけですけど(笑)
庭や木々についての質問はぜひダヤマまで!もちろんなにかあっても責任は‥とりません!!(笑)


homaremaru at 21:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0) モブログ 

2006年09月22日

この瞬間をまってたぜ!!

5aaf610a.JPG気持ちよい秋晴れが続きますねぇ。皆様いかがお過ごしでしょうか?
音楽の秋!ライブの秋!ということで誉丸の所属する「GOOD GROOVIN’」のライブ告知させていただきます。
博多の実力派ブラックンロックンロールバンド「博多ザ・ブリスコ」さん主催のイベント「この瞬間をまってたぜ!!vol.15」にGOOD GROOVIN'も参加します。博多ザ・ブリスコをはじめとするバンドの皆さん、そして東京ツアーで充電したGGメンバーの全5バンドが会場にてお待ちしております。何か刺激を求めてる皆さん、また「週末秋物を買いに福岡に行こうかしらん、ついでにライブにも寄ってみようかしらん」と思ってる皆さん、お気軽に是非ご来場下さい。(連絡いただければチケット取り置きしておきます)

日時:9月24日(日)開場18時 開演18時半
チケット:前売¥1500(要1ドリンクオーダー)
当日¥1800(要1ドリンクオーダー)
出演バンド:ゲールズ、マルツカ道、RUNT、GOOD GROOVIN’、博多ザ・ブリスコ
場所:博多エキマエ音舗 tel092−481−7380
福岡市博多区博多駅前3丁目26−5Mビル1号館地下1階
詳しくは→ http://sound.jp/ekimae-onpo/

そうそうGOOD GROONIN’で出場した北Qミュージックオーディション(昨年BREAKERSも出場)の演奏画像がアップされたのでPCお持ちの方は下記アドレスから是非覗いてみて下さい。
http://kita-q.jp/music/live/02/p2006-03.htm





homaremaru at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライブ情報・報告 

2006年09月20日

トーキョーは朝の7時♪

2a28ed53.JPG誉丸が所属するバンド「good groovin'」で東京ミニツアーに行ってきました!!
待ち受けるは「逗子マリナーズ」!充実した毎日で東京満喫してきました。
☆一日目は横田基地の隣にあるアメリカンな「パラダイスカフェ」で演奏。ここではサックスのチンサクさんと初対面。お互い愛車は「カブ」(原付でバリトンとソプラノを同時に運ぶ人初めて見た!)だし、メガネだし、身近な印象を受け、初めての共同作業(演奏ね)もスムーズ。勝手に「東京の兄貴」と呼ばせて頂きます。バンドのみんなにはサプライズバースデイソング&ケーキまで頂き感動!ライブ後はミッドナイト東京観光&朝までボーリング大会。企画してくれた上に優勝までしちゃうベースのターキク氏に感謝!感激!(笑)
☆二日目は昼に起きて、ライブのある西荻窪に集合。心優しい逗子マリメンバーの掌の上で気持ちよく演奏させて頂きました。二管だとついつい興奮しちゃいます。ライブ後も落ち着くことなく、深夜セッションの会場に移動。ノンジャンル、やんややんやで朝まで盛り上がりまくり!(写真は最後の曲の場面)こんなに楽しいセッションは初めてかも。音楽も人柄も素晴らしい東京ミュージシャンと演奏できてすごく刺激になりました。いやあほんと良かった。みんな音楽すきなのねえ。僕もね。
☆三日目はホーン奏者の竹内直さんのカルテットライブを鑑賞。ライブ前にレコード屋行ったらドラムの江藤さん発見。即座に気付いて江藤さんのアルバムを店内に流す店員さんの心遣いに感動。
直さんは独特の音・ノリを持ってて大好きなミュージシャン。この日の演奏も自分のバンドに参考になるプレイが随所に。民謡をジャズ化した「コキリコブシ」がかっこよかった。勉強になりやした。
☆四日目は音楽関連に絞った買い物。管楽器街の新大久保行って、新宿のディスク・ユニオン、渋谷の楽器屋、ヤマハ、レコファン、ディスク・ユニオン(時間なくてタワレコ行けなかったのが残念)をばたばたと移動。やっぱ東京すげえや。廃盤になってたりして必死に探してたCDがざっくざく。しかも1000円以下。感動です。
ジョシュアレッドマンの参加CDも二枚ゲット(コンプリートを密かに狙ってる誉丸)吹いてみたいレアなサックス、マウスピースもタクサン。モノが溢れててお金があったらこんなに楽しい街はないだろう。日本語通じるし。
長くなりましたが、とにかく東京は刺激的!また遊びにいきたか!物好きなミュージシャンの方これに懲りずにまた付き合ってくださいまし。
最後に、お世話になった逗子マリのみんな、東京のミュージシャン、お店の皆さん、福岡からわざわざ参加のGG一派、そしてライブにご来場頂いたお客様に感謝致します。
ありがとうTOKIO!

homaremaru at 12:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ライブ情報・報告 

2006年09月13日

HOTEL

d5bcb197.jpg
映画「有頂天ホテル」を観た誉丸です.三谷さんの「ラジヲの時間」とかコラムなどの作品も好きですが,何故か本人にも愛着を感じる気になる人です.
おもろい映画でした.フザケタ人物が多数でてきてドタバタする話(例えばLOCK,STOCK&TWO SMOKING BARRELSとか)は個人的に好きなもので,,登場人物と今まで実際に会って来た人の境遇・雰囲気を照らし合わせたりして楽しみました.今回は副支配人,政治家に該当する人が,,まだ観てない人は是非大晦日まで我慢して待って観てみて下さい.お勧めっす.
写真は待望のブランフォードカルテットの新作「BRAGG TOWN」!さぁじっくり鑑賞して秋の夜長を楽しむぞう.


homaremaru at 03:37|PermalinkComments(10)TrackBack(0) モブログ 

2006年09月05日

’’M字開脚’’

86e6dc9b.jpg
週末、最後の夏を満喫した誉丸です。
午前中は「横山大観展」&「吉村サクジの早大エジプト発掘40年展」、午後からは巷で噂の「sunset live」に行ってきました。タイトなスケジュールでしたが、脳みそ刺激受けまくりの非常に有意義な一日。横山大観は「素晴らしい!」の一言。大観さんの画業は時代によって多彩で、出展数も多く非常に楽しめました。図録まで買っちゃった、、サクジは時間もなかったのでお目当ての「セヌウの青いミイラマスク」だけ観て満足。そしてライブ会場まで直行。
ライブ会場はステージ、出店含め予想よりチープな作り&適当な雰囲気に非常に好感が持てました。バカンスな感じで東京からわざわざ来る理由もわかる気がします。PA、一部のバンド(笑)に若干不満がありましたが、普段あまり聴かないジャンルのライブが聴けて刺激になり、現代の若者は「踊り狂う音楽」(笑)が好きなことも実感。なによりイベントの雰囲気、理念に共感がもてました。いつか自分も福岡でこんなジャズ系のイベントがしたいなぁ、、
そうそう多数の皆さんからリクエストあったインリンのM字開脚写真ですが、熱狂的ファンに阻まれ、残念ながら遠くからしか写せませんでした、、画像はインリンのステージ。そこにインリンがいるはず。ダヤマ君、あんなに楽しみにしてたのにごめん!

帰りの電車の中でバンド仲間のハモンドナオキさんと話したんですが、「何か表現する(output)にはまず貪欲に様々なことを吸収(input)してから」という結論に達しました。読者の皆様、音楽だけでなく何か楽しげで刺激的なイベント、展覧会があったら是非教えてください。では最後に胸を打たれた大観さんのお言葉をご紹介、、

作家はどこまでも創造して行くことが貴いので、人の真似はいけません。
自分の今日の作品と、明日のそれとは変わっていてよいのです。
またその変化のない人は駄目です。ただ一つの我は日本人であるという誇りをどこまでも堅持してもらいたい。『大観画談』「第十章 創造の世界」


homaremaru at 12:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 誉丸の部屋