2006年11月

2006年11月28日

後夜祭

db910879.jpg
26日はダヤマ歌謡祭に来てくれたみなさんありがとうございました!
たくさんの知った顔の中、初めてのソロ演奏は緊張しましたぜ‥
でもギターの弦を一回はじくともう無になるから不思議です。
もうそこにあるのは俺とギターと音だけなんですね〜
まぁ俺の演奏はともかくとして対バンの演奏はすさまじかった‥メンツの半分は外人部隊。英語でポエトリーリーディングしながらバックで音を重ねていく人や声をその場でサンプリングしながら加工して飛び跳ねる人、マイクを振り回して飛ばしてしまいあわや大惨事になるとこだった人、チャリンコを三台逆さに並べてマイクを取り付けチャリンコの様々なパーツで音を奏でる連中‥ダヤマはあまりの刺激や興奮でずっと笑ってました。おかしいのではなく純粋に楽しんでいました。俺は日本では外国人に対してできるだけ英語では話さずまた日本語を勉強しないというかしゃべろうとすらしない外国人には英語では絶対話さないと決めてい
ます。なぜならここは日本だから。ただ、英語の勉強は今でもやってるし俺は英語が好きなんで「ただ単に英語が嫌いやないん?」とか誤解はしないでくださいね。んでその外人部隊はつたないが日本語をしゃべっていたのでダヤマは大好きになりました!ただ、1人は全く日本語しゃべらなかったんですが、アメリカから演奏しに来ただけやし来たばっかみたいだったんで仕方なく英語で話しましたが、なんとこの人シャツやレコードにDVDとやけにグッズは揃っててびっくりです!しかしチャリンコで演奏するのにレコードだと全然面白くないやろ!?と突っ込みをいれたくなりましたがグッとこらえました。ダヤマも大人になりました(笑)しかしパフォーミングアーツにも近い演奏を見るのも初めてだったので新しい世界をまた見つけた気分です!
帰りしな聞きに来てくれた誉さんと「俺達はカブでやるか!」と話で盛り上がりました。もし街でカブを使って演奏してる二人組を見つけた際は何も言わずに笑顔で通り過ぎてください。子供が見てたら「見ちゃダメよ」っと教えてやってください(笑)
とにかくこのブログを読んでて聞きにきてくれた方々に対して感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!!


homaremaru at 14:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) モブログ 

2006年11月22日

もの思う季節

dc76e7e1.jpg
忘れたころにやってくる、どうもおひさしぶりですブレイキーです。皆さん寒いなかいかがお過ごしでしょうか?僕はCDを大量に購入してこの寒さをのりきろうときめました。
最近トリオという形態にすごくひかれます。音楽を構成するにかなり少ない人数にもかかわらずたった三人ですばらしい音楽を表現するトリオがたくさんあります。僕はトリオの三人という単位にストイックさと緊張感を感じずにはいられません。
そんな衝動のおもむくままいろんなトリオバンドのCDをかいました。メデスキマーティン、ブラッドメルドー、バッドプラス、ソウライブ、イーエスティー、北川潔などなどどれも彼らでしかありえない音楽が流れています。こんな音の波にうたれるにつれ、ふと昔のジャズライフにあった独自性についてのくだりを思い出しました。マーカスミラーは悩みながらもベースを弾きつづけるうちある瞬間誰のものとも違う自分の音に気づいたそうです。デニスチェンバースはオリジナリティが欲しけりゃモノマネをいっさいやめるんだといっていました。上記したCDを聴きながら僕にもいつか自身の独自性を自覚できる瞬間がくるだろうかと考えます。そして、もしそんな瞬間がきたら、こなかったら…と考えて楽しみにもなり、恐ろしくもなります。
うまくなるためには基礎練や経験の蓄積などがもちろん必要でしょう。しかし人の胸をうつ音楽は決してそれだけでつくられているはずはありません。過去の苦い思い出や強い願いや欲求、マイナスやプラスに振り切れた感情が音楽に何か得体の知れない力をあたえるんだと思います。こんなこと考えると自分の貧相な感性に思い至り凹んでしまいますがだからってやめたらそんな音楽の境地からは遠退くばかり。失敗も成功も落胆も昂揚も自分の身におこる全てを力にかえられるよう…さぁて今日も叩きましょうかね!
いきなりわけのわからん駄文を連ねてしまいましたがご勘弁。こっからはサークルの宣伝です。12/2、18時半より、スミックスホールにて北九州私立大学ジャズ研究会の定期演奏会があります!チケットなんと300円!駐車場がせまいので公共交通機関を使って頂ければ幸いです。皆さん是非是非おいでませ!


homaremaru at 18:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0) モブログ 

2006年11月21日

変更!

以前ご連絡した九工大の学祭[11月26日(日)]での演奏開始時間についてですが,諸事情により
15:00→13:00 に変更になりました.関係者,読者の方にはご迷惑おかけしております.おまちがいなきよう宜しくお願い致しますm(__)m


homaremaru at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モブログ 

むむむ‥

06a2fb00.jpg
26日のライブのフライヤーをお店に取りにいったら店休日で仕方なく小倉ぶらぶらぶらさげてをしてしまったダヤマです。
とりあえず大型CDショップに行き試聴しまくってたらコーネリアスの新盤を聞いて、その格好良さにしびれてしまいました!みなさんはコーネリアスリーダーの小山田さんが女装してお菓子のCMに出てたのを知ってますか?リアルタイムで見たときダヤマは子供だったので理解不能な気持ち悪いCMに困惑したものです(笑)
んでジャズコーナーに行ったらなんとダヤマの敬愛するギタリスト、グラントグリーンの未発表ライブ音源が出てました!ダヤマはいわゆるグラントグリーンのレゾネのような本を持っているのですがそれに記載されてないやつです。きっと誰かが当時勝手に録音したのを会社が買い取ったんだと思います。
レコーディングの際の未発表音源とは違い、こういうCDは難しいと思います。なにが難しいってアーティストが認めていない音源が世に出るのでアーティストとしては絶対嫌なはずです。それでもファンは聞きたいはずです。会社側も金もうけがあるにせよ、少しでもファンにたくさんの新しい音を聞かせたいと考えるでしょう。だから難しい‥どうすればいいかわかりません‥ましてや本人はこの世にはいないし‥とりあえず保留にして店を後にしました。とにかく音源を売ったやつはそんなことしないで家で自分だけの楽しみに聞けよ!っと思います。
まだきちんと調べたわけではないので、もしかしたら当時発売するはずやったのが今になってやっと実現したとかかもしれません。てかそうであって欲しい!
でも今はアーティストすら知らない海賊盤が平気で店頭に並ぶ時代なんですよね‥そして海賊盤はいくら売れてもアーティストには金が入りません。失礼な話です。サックス奏者のジョーヘンダーソンがインタビューで「もし意図せずに海賊盤を買ってしまったらとりあえず個人用に録音してお店に返すべきだ。」っと言ってました。でも返金されないから意味ないじゃん!!と突っ込みを入れたくなります(笑)
ほんとに難しい問題です。ただ、買う人もなんも考えずに店にあるから買うんじゃなくてアーティストに対する礼儀や自分自身に対してプライドみたいなのを持つべきなのかなっと思います。‥なんか久しぶりに真面目に書いたような‥
ちなみに画像は後輩から薦められて聞いたバンド、シガーロスです。美しい演奏をするバンドでダヤマ大好きです!!最近はヒーリングミュージックとかが商業的にも注目されており流行っていますが、いかにも「こうすれば癒されるんだろ!?」的な偽善者っぽい内容で聞いてて反吐がでます。そんなものは美しくない。
ブルース、ソウルやヒーリングなどなど‥感覚というものは人それぞれなのにどうして感覚をジャンル名にして一つにするのか疑問です。
同じ日本人でさえ「あなたのソウルフードといえば?」と聞いたら、ご飯だったりパンだったり味噌汁だったりとバラバラの答えになるのに‥え?ダヤマのソウルフードですか?ダヤマのソウルフードは‥モツ鍋です!!(笑)


homaremaru at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モブログ 

2006年11月15日

「楽器ふきたい」

23af37c7.jpg
↑題名はあるミュージシャンの座右の銘です.さぁ誰でしょう?,,,
答えは誉丸のアイドルサックスプレイヤー「川嶋哲郎」さん.昨晩はビックバンド(ブレイカーズもライブでお世話になってるお店)に工藤隆トリオのゲストとして哲郎さんが出演.高い技術と情熱をビンビンに感じる圧倒的な演奏で盛り上がりました.それだけでも満足しましたが,ライブ後の打ち上げに自分も勝手に参加.だって皆さんと話がしたかったんちゃん.濃く熱い本音トークは深夜(早朝?笑)まで続き,学ぶことがテンコ盛り!う〜んなるほど...
なんとその上!大先輩T部さん(あえてイニシャル笑)にご考慮頂き,翌日のレッスンに特別参加させて頂くことに,,(実は誉丸は東京にいるうちに一度でいいから哲郎さんに指導頂きたいと願っていたが,根性なしで一歩踏み出せず実現しなかった過去があった)ので大興奮!!ギラギラムラムラすわ.
そのレッスンの内容は,,,

秘密どぇす(-.-)ククク.
哲郎さんは演奏も生き方もとにかくかっこいい方でした.ほんと刺激的な二日間.さっコツコツと新たな練習課題に取り組むぞえ.
来年も福岡に来てくれるみたいなんで九州のサックスプレイヤーは次回ライブ必見.
カワテツさんありがとう!一緒に食べたハンバーグ定食の味は忘れませんぜ.


川嶋哲郎さんのサイト:http://tetsudas.com/


homaremaru at 00:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 誉丸の部屋 

2006年11月12日

ダヤマ歌謡祭の前座!?

83957fe4.jpg
「ふつつか者ですがまたよろしくお願いします」m(__)m
「いや,こちらこそ」m(__)m
ということで「GOODGROOVIN' WITH JAZZ HEART BREAKERS」の合体バンドで再度演奏します.
先日のNEW WAVE JAZZ PARTYでのこのコラボバンドはメンバー自身も楽しめ,またお客さんからもご好評頂いたため企画復活!九州工業大学の学園祭(JAZZ喫茶)に参加させて頂きます.九工大のダイナマイトウ級ビッグバンド「サンダーボーイズ」は勿論,他にも色々なバンドが参加するとのこと.イベント,出店等も盛り沢山な学祭を楽しむついでにこちらのお店にも是非足を運んで頂きたくお願い申し上げますm(__)m
以下 詳細
日時:11月26日(日)
14:00〜GG WITH JHB
(読者の方で当日の他のバンドのタイムスケジュール・お勧めメニュー等ご存知の方は是非教えて下さい)
場所:九州工業大学内・サンダーボーイズ出店Jazz喫茶(普段は学生食堂の場所)にて
以下 誉丸でした.


homaremaru at 11:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0) モブログ 

2006年11月10日

ダヤマ歌謡祭

db833683.jpg
部屋が綺麗‥そんな単純なことが嬉しいなんて‥どうもダヤマです。学生のときは部屋が汚かろうが無視し、掃除と言えば物を奥においやるだけだったのが今では週1で雑巾がけまでします!今の部屋は狭いせいか自分の許容範囲内だからだと考えています。いや〜男たるもの自分の城を持つのは楽しいもんですな!アパートですが(笑)
ところでダヤマ、ひとりぼっちで演奏します。詳細は‥
pimplepeople...46
2006年11月26日(日)
at GALLERY SOAP(093-551-5522)

open 18:30 start 19:00
adv 1000yen day 1500yen(共に1 drink order)

出演:david moscovich、portland bike ensemble、shayne bowden、warai no
tsubo、FRATENN、山田耕一

問合せ先:GALLERY SOAP
093-551-5522,info@g-soap.jp

です。
主に絵画を展示したり映像によるアートを表現したりするギャラリーのようで、ここで行われるライブイベントに参加します。出演メンバーを見ておわかりのように俺だけ浮いてます(笑)
俺はバンド以外に家でこそこそギター一本でどこまで実験的に頭のイカレタ演奏をできるかを追求していて、それを初めて人前でやるのですでに緊張しています‥
自分以外はノイズ系ロックバンドやポエトリーリーディングのバンドだったりと幅広いラインナップになっているらしくリスナーの立場としても楽しみです。
ちなみにタイトルがダヤマ歌謡祭になってますが俺は歌いませんし決して俺がメインのイベントでもありません!(笑)
あぁ‥出演メンバーのデビッド・モスコビッチとシァイン・ボーデンが気になる‥
あと画像はイベントとは全く関係ありません。ただかっこよかったので‥


homaremaru at 00:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0) モブログ 

2006年11月05日

なんじゃこりゃ!

e788f8d4.jpgスマステの松田優作特集を観た誉丸です。
「俺たちが黒澤や小津の撮り方をしてもしょうがない。俺達のやり方で俺達の時代を写し出さねえといけねえ!」(注:うろ覚え)という内容の彼の言葉が印象的でした。
今度、「YUSAKU MUSIC NOTE ー優作が愛した音楽ー」という優作さんが通ったジャズバーのオーナーが、彼が愛し聴いていた音楽を選んだコンピレーションCDが出るとのこと。愛聴曲は、ミンガス、オーネット・コールマン、ローランド・カーク、ピアソラの曲など、、う〜ん、個性的でトゲのあるミュージシャンばかり。ロンリーウルフ、男のダンデズムですなぁ。彼に俄然興味を持ちました。
ぶっちゃけ出演作ちゃんと観たことない(笑)んでまず「ブラックレイン」「家族ゲーム」あたり借りてみよっと。どなたかお勧め作品があったら優作初心者の僕ちんに教えてくだされ。


homaremaru at 02:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 誉丸の部屋