ホームページ作成フランス料理

ホームページ作成フランス料理

ホームページ作成フランス料理 スマホ拡販に自信=販売台数、相次ぎ上方修正―携帯各社

携帯大手各社は、今後もスマートフォン(多機能携帯電話)の普及が急速に進むとみて、年間販売台数を相次ぎ上方修正している。当初目標に比べ2~4割引き上げた。新型iPhone(アイフォーン)の発売効果も手伝い、消費者の関心が高く、年末商戦に向けた各社の販売競争は激しさを増しそうだ

ホームページ作成株式会社杉山システム スマートフォンホームページ作成原宿 スマートフォンホームページ作成吉祥寺 スマートフォンホームページ作成代官山 スマートフォンホームページ作成六本木 スマートフォンホームページ作成赤坂 スマートフォンホームページ作成池袋 スマートフォンホームページ作成恵比寿 スマートフォンホームページ作成美容室 スマートフォンホームページ作成居酒屋 スマートフォンホームページ作成ホルモン焼肉

ホームページ作成フランス料理 鎌倉惣菜、スープストックとのコラボメニュー販売-調理用ベースの使い方提案 /神奈川

 テークアウト専門の総菜店「鎌倉惣菜」(鎌倉市小町1、TEL 0467-50-0449)で現在、Soup Stock Tokyo(以下、スープストック)の調理用ベース「家でつくる」シリーズを使ったオリジナル料理を期間限定で販売している。(湘南経済新聞)
7月に発売されたばかりの完熟トマトと野菜のうま味を合わせた「トマトスープベース」と、スパイスの香りで魚介の味を引き立てる「シーフードカレーソース」を使ったスペシャルメニューを、3人のシェフに依頼した「スープストック」の特別企画。調理用ベースは店内で試食できないことから、「飲食店で味わう機会を提供し、家庭での使用感を体感してもらう」ことを目的として実施する。これらのメニューは、各シェフの店舗で提供するほか、同社のホームページでレシピを公開している。

 その1人である「鎌倉惣菜」の阿部シェフは、鎌倉の店舗で添加物に頼らない総菜を量り売りで販売している。「食とは、おいしいのはもちろん、食べること、作ることがコミュニケーションを生む」という阿部シェフの思いが同社のコンセプトに重なり、今回コラボレーションが実現した。

 提供しているメニューは、蒸し煮で仕上げた「シーフードカレーのブルグールチキン」(100グラム=320円)と、豆乳を使った「ベジラグーと豆乳のラザーニャ」(同=350円)の2種類。「スープストックは以前から好きな店で、今回の企画に参加できたのはとても光栄なこと。トマトスープベースは動物性食材不使用で、ラザーニャも肉や乳製品を使わずに仕上げた。カレーソースはシーフードのうま味たっぷりなので、チキンを合わせてうま味を重ねた。ぜひ一度味わっていただければ」と阿部シェフ。

 営業時間は11時~14時、16時~18時。月曜、第1、3日曜定休。販売は10月29日まで ホームページ作成株式会社杉山システム

フランス料理ホームページ作成 ビジネスと投資機会の宝庫として注目集める「ハッカソン」

昨年開催された「ハッカソン」で、米グループ・ミーの共同創業者、スティーブ・マートッチ氏とジャレッド・ヘクト氏は、複数の参加者が同時にテキストメッセージをやり取りできるプログラムを24時間で開発した。今年8月、両創業者はグループ・ミーを、ルクセンブルクのインターネット通話ソフト大手スカイプに約8000万ドル(約62億円)で売却した。

 かつてはソフトウエア開発業界の片隅でひっそりと行われていたハッカソンだが、今やメジャーな催し物になりつつある。同じテーマに興味を持ったコンピュータープログラマーが集まって短時間でアプリケーションを開発し、その成果を競うイベントで、これをきっかけに起業をもくろむ人も多い。企業や投資会社も安価で楽しくイノベーション(技術革新)をけん引できる方法の1つとみている。

 12-14日にかけて米カリフォルニア州サンフランシスコで開催されるIT(情報技術)系ブログサイト、テッククランチ主催のイベント「ディスラプト」でも、ハッカソンの受賞者は大きな注目を集めることになるだろう。それに先駆けて週末に行われたハッカソンには約700人が参加した。グループ・ミーの創業者がグループ・テキスト・メッセージ・プログラムを開発した、昨年ニューヨークで行われたハッカソンの参加者約300人を大幅に上回る人数だ。

 ハッカソンが初めて登場したのは1990年代後半。当初はオープンソフトウエアの開発を目的として複数の開発者のコーディング力を結集するために行われていたが、米インターネット検索大手ヤフーが05年12月に社内向けのハッカソン「ハック・デイ」を開催したことがきっかけで、より多くの注目を浴びるようになった。

 「昨日入社したばかりの人であろうと、勤続10年の人であろうと、才能ある開発者を手軽に発掘できる」と、ヤフー・ハック・デイの共同創設者で、現在は手作り品専門のネット通販サイト「エッツィー」の最高経営責任者(CEO)を務めるチャド・ディッカーソン氏は話す。

 こうしたコンセプトは大受けした。米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手フェイスブックのエンジニア、ペドラム・ケヤニ氏は「いいね!」ボタンをはじめ、フェイスブックの重要な機能の一部は、エンジニアの創造力強化を目的とした社内ハッカソンから生まれたものだと話す。

 そうは言っても、開発した作品に注目してもらうのはそう簡単ではない。テッククランチのエリック・ションフェルド編集長は、デモが行われる100作品のうち約70作品はお蔵入りとなり、何らかの進展が見込めるのは30作品ほどだと話す。しかもそのうち実際に製品化されるのは約10作品で、起業にまで結び付くのはせいぜい5作品だという。

 だが、テッククランチのハッカソンの過去の受賞作品には、法律文書共有サイト「Docracy」やファイル共有サービス「Dispatch.io」など名前が知れ渡り始めているものもあり、それがますます多くの参加者を引きつけている。

 政府もハッカソンを利用し始めている。米ニューヨーク市は今年7月、5年ぶりに市の公式ホームページのデザインを一新するにあたって、ハッカソンを開催し、デザインを募集した。

 市は受賞作品を必ずしも採用するとは約束していないが、チーフ・デジタル・オフィサーのレイチェル・スターン氏は、検索機能や位置情報データ、Q&A形式の要素など、ハッカソンで生まれたアイデアや機能の一部をデザインのヒントに使用する予定だと述べた。

 ハッカソンを投資機会発掘のチャンスとみている人たちもいる。

 マートッチ氏によると、グループ・ミーがハッカソンでグループ・テキスト・メッセージ・アプリを初披露したときも、投資家からの問い合わせが殺到した。「タイミングも場所もばっちりだった」とマートッチ氏は話す。

 グループ・ミーはハッカソンの受賞は逃したものの、ハッカソンから約2カ月後の7月半ばまでに、投資家の一人、ファースト・ラウンド・キャピタルのチャーリー・オドネル氏が投資ラウンドを取りまとめ、85万ドルの資金を調達することができた。

 オドネル氏は「1週間で起業は無理かもしれないが、少人数の投資家に投資対象のアイデアが持つ可能性を納得させることはできる」と話す。
ホームページ作成株式会社杉山システム
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ