ネイルサロンホームページ作成

ネイルサロンホームページ作成

ホームページ作成ネイルサロン 「テレビ時代」終止符も… ソニー、販売計画2000万台に半減

 ソニーが2012年3月期に4年連続の最終赤字見通しとなったのは、液晶テレビ事業の赤字が通期で1750億円に達するとみられることが大きい。これを受けて同社は、2年前に4000万台と計画した13年3月期のテレビ世界販売台数を2000万台に半減することを軸にした新たな収益改善策を打ち出した。ソニーのテレビ事業の苦境は他メーカーにも共通しており、一時代を築いた日本メーカーの「テレビ時代」に終止符が打たれる懸念さえ出てきそうだ。

 ◆液晶パネル過剰

 「(液晶パネルの供給は)現状では過剰で、4000万台体制の前提が大きく変化した」。平井一夫副社長は2日の決算発表で厳しい表情を崩さなかった。

 平井氏は4月からテレビ事業を統括したが、4~9月期だけで550億円の営業赤字で、通期では赤字が1750億円に上る。このため抜本的な事業の方向転換が急務だと判断し、まずは今年度のテレビ世界販売台数を2200万台(7月時点)からさらに2000万台に減らし、来年度以降も同水準を維持。量を追う戦略とは決別する。

 この日打ち出したテレビ事業の収益改善策では、12年度に赤字を半減させ、13年度に10年ぶりの黒字化を目指す方針だ。その柱となる液晶パネルの調達コストの削減は、韓国サムスン電子とのテレビ用液晶パネルの合弁事業の解消が焦点になりそうだ。これについて平井副社長は「サムスンと競争力改善のための方策を協議する」と事業解消の可能性に含みを持たせた。

 ソニーに限らず、かつて日本の産業の“屋台骨”を支えたテレビ事業の収益悪化は各社共通の経営課題だ。

 パナソニックが10月31日に発表した構造改革策は、国内外に5つあるテレビ用パネル工場を2つに集約。パネルの生産能力を42型換算で年間1380万台から720万台に半減させる一方で、より安価なパネルの外部調達を強化する。パネル生産からテレビの組み立てまでを一貫して自社で手掛ける“自前主義”と決別するという荒療治だ。

 シャープも、テレビ用液晶パネルを生産している亀山工場をスマートフォン(高機能携帯電話)向けなどの中小型液晶に順次切り替えるほか、付加価値が高い60型以上の商品を強化する「超大型化」にシフトする。日立製作所も今年度中にテレビの自社生産から撤退し、海外メーカーなどにすべて生産委託することを検討している。

 ◆待たれる新発想

 1953年に量産を実現して以来、革新的な技術を世界に送り出してきた日本製テレビの誕生から約60年。しかし、韓国や台湾勢などの追い上げもあって、テレビは高級品から汎用(はんよう)品へと変貌。価格下落や円高なども加わり、「テレビを取り巻く環境がこれまでにないほど悪化している」(電機担当アナリスト)のが現状だ。

 ただ、パナソニックの大坪文雄社長が「グローバル商品の象徴で引き続き重要な商品」と位置づけるように、テレビは家電製品の中枢に位置する戦略商品。ソニーの平井副社長も「画質や音質を差異化する技術はある」と語るように、コスト削減以上に従来の発想を超えた新たな“和製テレビ”の登場が待たれる。(古川有希)

                   ◇

 ■テレビ事業をめぐる主な構造改革の動き

シャープ   ・亀山工場で年内に中小型の量産化を開始

       ・台湾メーカーとテレビ用液晶パネルの相互供給で合弁会社設立に合意

ソニー    ・2012年度の世界販売台数を4000万台(2009年の計画)から2000万台に半減

パナソニック ・テレビ用パネルの生産工場を5工場から2工場に集約

       ・電子看板などテレビ以外の製品を拡大

日立製作所  ・テレビの自社生産からの撤退を検討 ホームページ作成株式会社杉山システム ホームページ作成セサミン ホームページ作成青汁 ホームページ作成アミノ酸 ホームページ作成アセロラ ホームページ作成アロエ ホームページ作成カルシウム ホームページ作成クエン酸 ホームページ作成玄米 ホームページ作成タンパク質 ホームページ作成冬虫夏草

ネイルサロンホームページ作成 渋谷で共同ラジオキャンペーン-NHK・民放5社、若者に存在感アピール /東京

渋谷・NHK放送センター(渋谷区神南2)をメーン会場に渋谷エリアで10月2日、NHKと民放連の共同ラジオキャンペーン「はじめまして、ラジオです。」が開催される。(シブヤ経済新聞)

 NHKと民放ラジオ在京5社が初めて協力し展開する同キャンペーンは、「ラジオを聴いたことのない、存在すら知らない」若者にラジオの存在をアピールすることを主眼に、「今後の音声メディアの将来に関する共同作業」の一環として行う。

 同センター3階駐車場スペースにメーン会場となる特設ステージを設置。各地から集まった高校生、ハイティーン10組の歌や演奏、語り、「音によるパフォーマンス」で自己表現を行う「シブヤ音フェスタ2011」などの高校生参加型のイベントのほか、南海キャンディーズの山里亮太さんをMCに、AKB48のメンバー(10人前後)が出演し、ミニライブやトークを行う「AKB48 ラジオ王決定戦『ラジオもガチです』」、お笑いコンビ・オードリーの「オールナイトニッポン」公開収録、キャンペーンソングを歌う4人組バンドSEKAI NO OWARIを招いたTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」の「特別授業」などを展開。

 渋谷マルイシティ(神南1)前では、ニッポン放送アナウンサー吉田尚記さんが音楽・アニメ・漫画情報を発信している番組「ミュ~コミ+」の公開収録を行うほか、ラジオDJでナレーターのやまだひさしさんがゲストらとトークバトルを展開するTOKYO FM「ラジアンリミテッドF」の公開収録、J-WAVEナビゲーター藤田琢己さんが4人組バンドflumpoolをゲストに迎え「TOKYO REAL-EYES」の公開収録を行う。

 渋谷パルコ・パート1(宇田川町)前では、高校生サポーターが企画・運営するイベント「高校生のホンネ!2011高校生白書」を展開。文化放送で放送中の「桐谷美玲のラジオさん。」「のん子とのび太のアニメスクランブル」の公開収録などを予定。

 開催時間は9時~18時。開催時間などはホームページで確認できる

 ホームページ作成株式会社杉山システム

ネイルサロンホームページ作成 「Welcoming アベノ・ミュージックフェスタ」開催へ-スキマスイッチも /大阪

あべのキューズタウン(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)東側で10月8日~10日、音楽イベント「Welcoming アベノ・ミュージックフェスタ2011」が開催される。(あべの経済新聞)

 近畿日本鉄道、東急不動産、JR西日本が手を組み同地域の活性化を目的に2009年から続く「Welcomingアベノ・天王寺キャンペーン」の一環で開く同イベント。これまでと比べて最大規模になるという。

 アカペラコンテストは、各地から集まったアマチュアアーティストによる予選が8日~10日に行われ、10日に決勝大会が催される。

 併せて、地元の学校の吹奏楽部や音楽パフォーマンス団体によるステージも展開。参加団体は阿倍野中学校吹奏楽部、文の里中学校吹奏楽部、大谷中学校・東大谷高等学校合同吹奏楽部、大阪市立工芸高等学校吹奏楽部、明浄学院高等学校吹奏楽部、天王寺高等学校吹奏楽部、大阪キリスト教短期大学(フラダンスと創作ダンス)、よさこい鳴子踊り花華、ピッコロ・ソーニョ(歌・ダンス)、あべの吹奏楽団。

 10日には、FM802特別番組の公開生放送(11時~14時55分)を予定。DJ にスキマスイッチと加藤真樹子さんが出演。スキマスイッチによるライブを、あべのキューズモール3階スカイコートで開くほか、ゲストに現役高校生シンガー・ソングライターの井手綾香さんと堺出身のガールズスカロックバンド「オレスカバンド」も予定する。

 10日に阿倍野区で開催される「第2回あべのパレード」「第38回あべのカーニバル」とも連動し、同区は総称として「10月10日(祝)はあべのでー!」と名付けた。

 スケジュールなどの詳細はWelcomingアベノ・天王寺のホームページに掲載する予定。
ホームページ作成株式会社杉山システム
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ