ホームページ作成ラーメン

ホームページ作成ラーメン

ホームページ作成ラーメン 中之条のラーメン店が高崎に移転-チャレンジメニューも

「愛の貧乏脱出大作戦」(テレビ東京)に出演した中之条町のラーメン店「らーめん くいしん坊」が9月9日、高崎・飯塚町に移転オープンする。(高崎前橋経済新聞)

同店は2009年9月、吾妻郡中之条町で開業。「富山ブラック」と呼ばれる濃いしょうゆ味のラーメン「黒ラーメン」を提供する店としてアナウンスしたが、北海道産の赤みそをベースにした「くいしん坊 味噌らーめん」の方が評判になった。

 店主の後藤直彦さんは「高崎、前橋からも多くの人に足を運んでもらった。出店の誘いもあった。後継者ができたのをきっかけに移転を決めた」と話す。

 店舗は幹線道から1本入った立地だが、抜け道として利用するドライバーも多く、交通量は少なくない。

 メニューは「くいしん坊 味噌らーめん」(650円)、「黒らーめん」(700円)、「焼らーめん」(600円)、厚切りチャーシューを使った「王様のチャーシューメン」(1,400円)など。麺1キロ、野菜1.5キロ、スープまで30分以内に完食すれば3,000円を進呈するチャレンジメニュー(3,000円)も用意する。

 営業時間は11時~24時。火曜定休
ホームページ制作杉山システム

ホームページ作成ラーメン

[新製品]シマンテック、「ノートン モバイルセキュリティ」に新機能を追加、端末の紛失・盗難対策に

シマンテックは、スマートフォンなどAndroid搭載端末向けセキュリティアプリ「ノートン モバイルセキュリティ」で、端末紛失・盗難時に効果的な機能を追加する。アップデートしたアプリは、家電量販店などで11月18日に販売を開始する。価格は、1年版が2980円、2年版が5480円。「ノートン モバイルセキュリティ」のユーザーは、使っているアプリから新機能を入手することができる。

追加したのは、端末が紛失や盗難にあったときに、SMSメッセージの送信やリモート操作によるアラームなどで発見することができる「スクリーム」機能と、SMSを利用してリモートから端末の検索やロック、データを消去する盗難防止機能。

 また、盗難防止サイト経由で紛失した端末の検索や端末へのメッセージ表示、端末の内蔵カメラでリモートから撮った写真を盗難防止サイトにアップロードする「スニークピーク」機能も搭載している。このほか、フィッシング詐欺から個人情報を守る機能、悪意ある人が自分の端末でウェブサイトにアクセスしようとした場合に警告を通知する機能、すべてのアプリを自動的にスキャンしてマルウェア対策を行う機能を備える。

 11月1日に開催した記者会見では、米国本社のコンシューマビジネス担当グループプレジデント、ジャニス・チャフィン氏が、「デジタル情報が爆発的に増えている一方で、脅威は進化している。当社は“先進的”な脅威に対抗する」とアピールした ホームページ作成株式会社杉山システム スマートフォンホームページ作成町田 スマートフォンホームページ作成厚木 スマートフォンホームページ作成小山 スマートフォンホームページ作成熊谷 スマートフォンホームページ作成京都 スマートフォンホームページ作成兵庫 スマートフォンホームページ作成岡山 スマートフォンホームページ作成広島 スマートフォンホームページ作成岐阜 スマートフォンホームページ作成三重

ホームページ作成ラーメン東電の賠償請求手続き、膨大な書類を前に途方に暮れる住民、自治体も猛反発

福島第一原子力発電所事故に関する賠償請求手続きをめぐり、被害を受けた住民や地方自治体が東京電力のやり方に反発を強めている

 第一原発が立地する福島県双葉町では、避難生活を強いられている住民からの苦情を踏まえて井戸川克隆町長が9月17日に東電の西澤俊夫社長に住民向け説明会の中断を要請。現在、住民による賠償請求手続きは事実上中断している。
 
 計画的避難区域に指定され、全住民の避難に追い込まれた飯舘村は、「賠償額に不満や疑念がある場合は、安易に合意しないようにしましょう」と呼びかける文書を28日付けで村民に配布した。

 自治体や住民が反発しているのは、東電が9月半ばから住民に配布した請求書類や説明書(タイトル横写真)が膨大なページ数にのぼるうえ、その内容に多くの問題が含まれているためだ。

 双葉町が臨時の町役場を置く埼玉県加須市の旧埼玉県立騎西高校。校舎内で避難生活を送る男性(44)は、「精神的損害に対する賠償金が9月から今までの半額以下の5万円に減らされることが書かれていてびっくりした」と話す。
 
 この男性は震災当時、仕事がなく無収入で、東電からの仮払金や義援金で生活費を捻出してきた。当面、東電から払い込まれる賠償金の大半は精神的損害に関わるものに限られるため、減額は死活問題。月5万円という額は、生活保護基準で定められている最低生活費をも大幅に下回るものだ。

 58歳の双葉町男性は「請求書類自体にきちんと目を通していない。当面、郵送せずにそのままにしておく」と語る。というのも、東電による説明会が中断しているうえ、請求書類の内容についてもよくわからない点が多いためだ。

東電は旧騎西高校で避難生活を送る双葉町住民に対して、9月14日から職員が住民が生活する教室を回って希望者を対象とした説明会の開催を連絡。そのやり方は「住民1人に対して東電職員3人が対応する」というものだった。
 
 だが、「住民から『マンツーマン方式』の説明のやり方に違和感があるとの苦情が複数寄せられた。一方的に単価が決められているなど、内容についても批判が多かった」(大住宗重・双葉町秘書広報課長)。

 「補償金ご請求のご案内」と題された個人向け説明書(写真)は156ページにものぼる。その147ページには「合意書(見本)」という覧がある。
 
 ここでは「なお、上記金額の受領以降は、上記算定明細書記載の各金額及び本合意書記載の各金額について、一切の異議・追加の請求を申し立てることはありません」との一文がある。
 
 飯館村はこの記載を問題視。「一度合意をしてしまうと、その期間のその項目の損害について、それ以上の請求ができなくなるおそれがあります」と文書で村民に注意を促している。

 双葉町の井戸川町長は「町民の皆さまへ」と題した文書(9月25日付け、双葉町のホームページに掲載)で、「このような難しい請求書は無視するぐらいの決意がないと町まで壊されてしまいます」と憤りをあらわにしている。

 政府は国会答弁で合意書の文面を改めさせることに言及したが、煩雑すぎる手続きや東電が一方的に決めた金額の見直しなど、根本的な問題は解決していない。
(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ホームページ作成株式会社杉山システム
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ