2006年06月

2006年06月26日

スポンサードリンク
何を選んだらよいか分からない住宅ローン業界。 ↓ 答えはここ ↓
ズバット住宅ローン

↓ 業界最低金利なら楽天 ↓
住宅ローンは楽天銀行のフラット35
どうも!

ゼロ金利政策がとうとう解除された事で、住宅ローンへの影響が非常に心配されています。

- 引用 -

日本銀行が7月14日に、金融政策決定会合にて、「ゼロ金利政策」解除を決定しました。

2000年8月にも一旦解除をしましたが、わずか7ヶ月で再び「ゼロ金利政策」をとらざるを得ず、それ以来の解除となります。

今回実質0%から0.25%へ金利が上昇しましたが、「年内には再利上げはない」との市場観測に対して、日銀筋は3日、年内再利上げ含みの発言を行っています。

既に8月3日時点で、「ゼロ金利政策」の解除後の預金の利率上昇や住宅ローン金利上昇を決定した銀行も出てきています。今後もその傾向を強めるでしょう。

- 引用 -

詳しくはこちらのサイトがとても為になります。

FPコラム:ゼロ金利政策の解除と住宅ローンの行方 - 不動産連載

ゼロ金利政策を再び解除し、これから日本経済が発展していけば問題ないのですが、住宅ローンの利用者にとっては非常に心配な事です。

今後の動向に注目!

金利│ 
どうも!

住宅ローンには、金利優遇キャンペーンというものを実施している場合が、多く降ります。

これも、知っていて損はないですし、利用できる方は利用しておくに越したことはありません。

住宅ローンの金利優遇キャンペーンとは、各機関におけるある一定の条件を満たせば、金利を優遇してもらいえるシステムの事です。

金利の優遇の内容は、各銀行や機関によって様々で、とても得する条件も沢山あります。

各融資機関の優遇内容をしっかりと比較して、住宅ローン選びの基準の一つとするのも良いでしょう。

こちらは、住宅ローンの金利優遇キャンペーンを実施している機関の一例です。
参考にしてみてください。

⇒ りそな銀行:りそな住宅ローン金利優遇キャンペーン

⇒ みずほ銀行:ローン金利優遇

⇒ 北洋銀行:住宅ローン金利優遇キャンペーン

⇒ 住宅ローン金利優遇サービス:日本生命保険相互会社

⇒ 住宅ローン金利優遇キャンペーン|MONEYKit - ソニーバンク

⇒ 住宅ローン:三菱東京UFJ銀行

こういった感じで、各銀行や機関によって<金利の優遇条件や内容は様々ですが、とても好条件の優遇が沢山見られます。

金利優遇キャンペーンも、住宅ローン選びの一つの参考にしてみてください。

金利│ 
どうも!

住宅ローンの変動金利がどういった感じで推移をしているかご存知ですか?

バブル時代の金利なんて今と比べたら恐ろしいものです。

ですから、今の低金利の時代にローンを組める事というのは、こんなに嬉しい事はないのです。

しかし、住宅ローンの変動金利型で借り入れたり、ゼロ金利解除の影響に先打ちして長期固定金利型へ変更していない方も、多いのです。

まずは、これまでの住宅ローンの変動金利の推移の過程を知る事が、重要です。

住宅ローンの変動金利の推移の過程を分かりやすくまとめられているサイトを見付けました。

是非ご参考にしてみてください。

こちら ⇒ 変動金利 〜 住宅資金&住宅ローンガイド

どうですか?

今の低金利時代がどれだけ恵まれているかがお分かり頂けると思います。

住宅ローンに関しては、高額のお買い物である為、金利が1%上昇するだけで、返済金額にしたらもの凄く大きな金額へとなります。

これは、勿論、ただ金利が上昇しただけで、月々の返済額が数万円単位で上がる事もあるのです。

これからは、変動金利型の住宅ローンを組まれている方は、何らかの対策を取ったほうが、間違いなく賢明でしょう。

金利│ 
どうも!

銀行系住宅ローンの金利のチェックはしていますか?

民間融資の代表である銀行による住宅ローンは、各銀行によりサービスや金利も様々です。

銀行で住宅ローンを借りるのなら、しっかりと金利のチェック&比較をしておきましょう。

銀行系住宅ローンの金利の一覧を知るのに、とても分かりやすいサイトを見付けました。

こちらでしっかりとチェック&比較をしてみてください。

こちら ⇒ 都銀住宅ローン金利一覧

どうでしたか?

ほんの少しの金利の違いも、返済金額としたらもの凄く大きな額となります。

自分にあったより良いサービスと金利の銀行で、住宅ローンを借り入れましょう。

金利│ 
どうも!

住宅ローンの金利には、固定型タイプと変動型タイプとがあります。

この中で、金利が変動する変動型タイプの金利とはどういったものかご説明したいと思います。

まず、固定金利型をサラッと説明しておきますが、こちらは最初に設定した時の金利が固定されて、返済まで、もしくはある一定期間までは固定されているタイプです。

金利の変動に心配をする必要はなく、また住宅ローンを借りた当初の金利が低ければとても有利になる金利形態でもあります。

一方、金利がその都度変動をする、変動金利型とは、世界の金融情勢などにより金利が影響され、上がったり下がったり変動するタイプです。

こちらは、決まりとしては5年という間隔で金利が改正されるのですが、
これからのゼロ金利解除の影響を考えると、やはりオススメは出来ません。

住宅ローンの金利の変動は、緩やかに動くとは限りませんし、金利の変動によって返済計画を狂わされる事もありますので、この点はしっかりと注意をした上で金利の選択をするべきでしょう。

住宅ローンの金利の変動による影響は、返済金額にしたらとても大きな額になりますので。

金利│ 
どうも!

住宅ローンにおけるゼロ金利解除による影響がとても気になります!

住宅ローンの破綻者を急増させない為にも、より安心できる対策が欲しいのが、多くの住宅ローン利用者の心情です。

ここで、住宅ローンのゼロ金利解除の影響について予測できるような情報満載のサイトをご紹介します。

こちら ⇒ asahi.com:朝日新聞 ゼロ金利解除 ―ニュース特集―

住宅ローンだけに限らず、他の事にも大きく関わる情報が満載です。

これからどういった動向があるのか、そして経済全体においてもどういった影響があるのか、非常に注目すべき点です。

住宅ローンをすでに利用している人、またこれから利用しようと考えている人、様々ですが、住宅ローンの金利が上昇する事だけは確かですから、事前にしっかりと出来る限りの対策はしておく事は、絶対最低条件でしょう。

金利│ 
どうも!

住宅金融公庫は11日、7月の日本銀行のゼロ金利解除に関して、住宅ローン利用予定者らの意識調査結果を発表した。今後1年間でローン金利が上昇すると予想する人が9割近くに達し、金利が変動しない全期間固定型の住宅ローン希望者が7割を超えた。

 調査は、ゼロ金利が解除された7月14日前後に実施。インターネットで03年以降に住宅を取得した4231人と、5年以内に住宅取得予定がある4667人に聞いた。

 ローン利用予定者の今後1年間の金利の読みは「急激に上昇」が9.4%、「徐々に上昇」が77.1%。全期間固定型の希望者は1年前の調査の54.1%から71.3%に増加。一定期間金利を固定する固定期間選択型は33・4%から21.8%に、変動型は12.5%から7%に減った。

 住宅ローン利用者の45.4%が返済額増が最も心配と答えた。金利上昇で返済額が増える場合は42%が一部繰り上げ返済を、24.1%が借り換えを検討するとした。

- ここまで引用 - asahi.com:住宅ローン、「長期固定」志向に ゼロ金利解除で - 暮らし


やはり、住宅ローンにおいてゼロ金利解除の影響は非常に大きいようです。

このデータから見ても、かなり多くの人が住宅ローンの返済に対して、大きな不安を感じています。

ゼロ金利が解除されるという事は、それだけ社会の景気が良くなってきつつあるという事でもあるが、それほどすぐに一般の人間に実感出来るモノではないし、ただ負担が掛かるだけにはならないで欲しいという思いがどうしても出てしまう。

とにかく、住宅ローンにおけるゼロ金利解除の影響が、これからどの程度出てくるのかには、注目が集まるところです。

金利│ 
どうも!

ゼロ金利の影響もあり、これからますます金利と住宅ローンの関係をより理解していくべき時代へ入っていきます。

金利は、言うまでも無く住宅ローンにとって大きな部分を占めており、金利の上昇により月々の返済額が数万円もアップする事は十分あることです。

そして、ゼロ金利解除の影響により、金利は上昇し始め、この金利上昇分の負担に早めに対応できなかった人が、住宅ローン破綻者へとなってしまう危険性があります。

ですから、何より、早めにきちっとその分野の専門家へ相談をし、長期固定金利型へ借り換えるなり何らかの対策を取らなければ、非常に危険が大きいものとなります。

金利が住宅ローンの返済に大きな負担となることは、金利の上昇から言っても明らかなこれからは、金利と住宅ローンの関係をよりしっかりと理解を深める必要があるのです。

金利│ 
どうも!

0金利が解除された事により、住宅ローンの金利が急上昇するのではないか、という行く末を心配する声がチラホラ。

そして、実際に早めに今の低金利の内に長期固定金利型へ借り換える動きが多く見られます。

0金利が解除がもたらす住宅ローンの金利への影響はやはり大きいものがあり、未だ借り換えを出来ていない状況というのはマズイようです。

金利の上昇が緩やかなものであれば良いが、急激な上昇があれば、住宅ローンの破綻者も急増すると思います。

現時点でもそういった方が多いという事は良く聞きますし、これからは長期こて金利型の時代なのでしょうか。

0金利解除による、今後の住宅ローンの金利の変動に、注目が集まります。
続きを読む
金利│ 
どうも!

住宅ローンの金利の優遇は、各銀行系をはじめ、様々なキャンペーンと称してされています。

展開も様々なのですが、銀行の新型総合口座を作れば、住宅ローンの金利の優遇が受けらるなど、あります。

みずほ銀行、東京三菱銀行、三井住友銀行、UFJ銀行、りそな銀行、新生銀行、の住宅ローンの金利の優遇は、各社で差がありますので、その点もしっかりチェックしておきましょう。

住宅ローンの金利の優遇制度を知っていて、絶対に損はありません。

少しの金利の差でも、返済金額へとしてみたら、もの凄く大きな差へとなりますから。

しっかりとチェックしておきましょう!
続きを読む
金利│ 
お気に入りに追加


My Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoor Readerに追加
1円クリック募金はこちら
記事検索
  • SEOブログパーツ


seo great banner

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank フィードメーター - 住宅ローン・借り換え・金利 NAVI
track feed 住宅ローン・借り換え・金利 NAVI
  • ライブドアブログ