減税

2006年06月09日

スポンサードリンク
何を選んだらよいか分からない住宅ローン業界。 ↓ 答えはここ ↓
ズバット住宅ローン

↓ 業界最低金利なら楽天 ↓
住宅ローンは楽天銀行のフラット35
どうも!

住宅ローンの減税で注意をしなければいけないのは、繰上げ返済を行った際に、通算の返済期間が10年未満になってしまう事です。

これは住宅ローンの減税の条件として「返済期間10年以上」というモノがあり、繰上げ返済によりこれを満たせなくなる可能性があります。

ですの、住宅ローンの繰上げ返済をする場合には、この減税制度の条件を良く考えた上でしなければなりません。

住宅ローンの控除と繰上げ返済には、こういった関係性もあるという事も、しっかりと覚えておきましょう。

住宅ローンの減税の繰上げ返済の関係については、こちらのサイトが非常に分かりやすく紹介されています。

⇒ ローン返済を軽くする奥の手は?繰上げ返済って何?

是非参考にしてみてくださいね。

 
どうも!

住宅ローンの減税がシュミレーションできるサイトがあるのをご存知ですが?

一体どれくらい減税されるのかも、最初はピンとこないと思います。

ですので、まずは自動で減税をシュミレーションしてくれるサイトを利用しましょう。

住宅ローンの控除をシュミレーションしてくれるサイトはこちらです。

⇒ 住宅ローン控除試算シミュレーション

そして、住宅ローンの減税だけではなく、その他に関してのシュミレーションも揃っています。
是非活用してみてください。

⇒ 資金シミュレーション|ミサワホーム

いかがでしたか?

こういったシュミレーションサイトは簡単に素早くシュミレーションを試算してくれるので、色々な場面で活用できると思います。

事前に自分でシュミレーションを把握できるのは、とても助かりますね。
続きを読む
 
どうも!

住宅ローンの減税を受ける事は、控除制度がある内は是非申請しておきたいですね。

しかし、まずは、ゼロ金利の影響を考えて、住宅ローンの借り換えを済ませておいた方が良いと思います。

基本的には、今の超低金利時代と言われるこの時に、なるべく長期固定金利型へ移行させておくべきでしょう。

現在変動金利型で借りれいる方は、これから間違いなく金利の上昇があるこの時に、そのままにしておいても何のメリットもありません。

これは、これから住宅ローンを借りようと考えている方も当然同じです。

返済額の残りが足らなくなる前に、しっかりとその辺の対処はしておきたいものです。

住宅ローンで一番気をつけるべき点の金利が、これからどうなっていくか分からない以上、金利に関するリスクはできる限り少なくする必要があります。

これからどのように急激に金利が高くなるかも分かりませんので、その点だけはしっかりと注意しておきましょう。

住宅ローンの減税制度も、受けられるうちに受けといた方が良いですね。

 
どうも!

平成18年度の住宅ローンの減税制度は、前年からどう変わったのかご存知ですか?

住宅ローンの減税制度は、平成16年から徐々に縮小しています。

そして、現在平成18年度から、更に平成20年まで縮小を続けられ、平成21年度には住宅ローンの控除制度は完全廃止する見込みだそうです。

現在、平成18年度は、丁度中間地点であり、これから更に条件は塾称されていく事となるのです。

内容としては、控除の最大金額が縮小され、そして適用される条件も少しずつ縮小されます。

平成18年度<の住宅ローンの減税制度に関して非常に詳しく説明されているサイトがありましたので、ご紹介されていただきます。

⇒ 税金トピックス

現在、平成18年度はこういった条件となります。

住宅ローンの減税はこれからどんどん縮小されますので、どっちみち購入が決定している方は、年度中に進めたほうが良いですが、住宅ローンの減税制度に合わせて無理に急ぐ事はないと思います。

とにかく、住宅ローンの減税<制度を自身でしっかりと理解しておいて、損はないと思います。

 
どうも!

住宅ローンの減税を受けるには、確定申告をする必要があります。

確定申告は初年度だけの手続きとなり、給与所得者であれば翌年からは年末調整による還付となります。

しかし、個人事業主などの、年末調整度受けられない方は、毎年ご自身での確定申告をする必要があります。

住宅ローンの減税の際の確定申告は、必要書類がいくつか要りますが、そんなに難しいことではありません。

手順にそってやればよいだけです。

住宅ローンの減税の際の確定申告に関して、非常に分かりやすく解説されているサイトがありましたので、ご紹介しておきます。

⇒ 住宅ローン控除&確定申告記録

是非参考にしてみてくださいね。

 
どうも!

住宅ローンの減税を受ける為の適用要件をご存知ですか?

ここでは、住宅ローンの減税の適用要件についてご説明したいと思います。

それ程難しいことではありませんので、しっかりとチェックしてみてください。

1 床面積が50m2以上ある事。
2 中古住宅の場合はマンションなど耐火構造は築25年以内、それ以外は築20年以内の物件である事。
3 店舗・事務所などの併用住宅または増改築の場合は、居住部分が全体の床面積の2分の1以上ある事。
4 住宅を取得後6ヶ月以内に入居し、控除を受ける年の12月31日までに居住する事。
5 控除を受ける年の所得が3000万円(給与所得のみの場合は年収が約3336万円)以下である事。
6 取得した年とその前後2年間(通算5年間)に、「3000万円特別控除」や「居住用財産の買い換え特例」などを受けていない事。
7 ローンの返済期間が10年以上である事。
8 住宅の建物および敷地を取得するために借りたローンである事。
9 社内融資の場合は基準利率(年1%)以上である事。

これが住宅ローンの減税の適用要件となります。

これらをクリアして初めて住宅ローンの減税を受ける事ができます。
続きを読む
 
どうも!

住宅ローンの減税の申告は、初年度は確定申告をする必要がありますが、翌年以降は勤務先の年末調整で還付を受けられます。

ただし、個人事業者などで、年末調整が受けられない方は、毎年確定申告をしなければなりません。

この点もご存知ではない方が多いので、しっかりとチェックをしておいてください。

住宅ローンの減税と年末調整に関する情報を詳しく解説されているサイトを紹介しておきます。

⇒ 住宅ローン控除延長について 本当にお得なの?住宅ローン減税 - [住宅ローン]All About

しっかりとチェックしておいてくださいね。

 
どうも!

住宅ローンの減税には、いくつかの条件があります。

その条件をクリアしなければ、減税制度を受ける事が出来ません。

まず、住宅ローンの減税を受ける為の条件を、簡単にご説明したいと思います。


1 床面積が50m2以上ある事。
2 中古住宅の場合はマンションなど耐火構造は築25年以内、それ以外は築20年以内の物件である事。
3 店舗・事務所などの併用住宅または増改築の場合は、居住部分が全体の床面積の2分の1以上ある事。
4 住宅を取得後6ヶ月以内に入居し、控除を受ける年の12月31日までに居住する事。
5 控除を受ける年の所得が3000万円(給与所得のみの場合は年収が約3336万円)以下である事。
6 取得した年とその前後2年間(通算5年間)に、「3000万円特別控除」や「居住用財産の買い換え特例」などを受けていない事。
7 ローンの返済期間が10年以上である事。
8 住宅の建物および敷地を取得するために借りたローンである事。
9 社内融資の場合は基準利率(年1%)以上である事。


これらをクリアできて、初めて減税対象となります。

住宅ローンの減税制度の条件に関しては、こちらのサイトが非常に分かりやすく為になります。

私も参考にされていただきました。

こちら ⇒ 住宅ローン控除を受け入れられる人の条件は?-住宅情報ナビ

是非ご参考にしてみてください。

 
どうも!

住宅ローンの減税の「還付」とは何かご存知でしょうか?

住宅ローンの減税にある「還付」というのは、住宅ローンの減税の申告である確定申告をすると、その減税措置により、その年に払い過ぎている事になる税金が、返ってくる仕組みの事を言います。

ですから、還付というのが減税措置による払い戻しの事を言うのです。

住宅ローンの還付をされるには、先にも述べましたが確定申告をする必要があります。

これが手続きとなります。

住宅ローンの減税と還付についてとても詳しく解説されているサイトを見つけましたので、こちらのサイトを参考にしてみてください。

⇒ 住宅取得減税/還付金額はいくら

住宅ローンの減税については、事前にしっかりと知識を蓄えておきましょう。

 
どうも!

住宅ローンの減税制度をしっかりと理解をしていますか?

住宅ローンの減税制度の条件等を理解していなければ、実はこんなに減税されるのに知らなかった!何て事にもなってしまいます。

住宅ローンの減税制度の対象となるのは、新築家屋・中古家屋・増改築等です。

適用される為の条件には、少し細かな条件がありますが、そんなに難しいものではありません。

住宅ローンの減税制度は、平成16年度から段階的に縮小が始まって、平成21年には完全廃止になるようです。

現在の平成18年はまだ適用されます。

住宅ローンの減税は、税制の改正以前は中古物件への減税に規制がありましたが、現在では基本的な耐震基準さえ満たされれば、中古物件・中古マンションにおいても、住宅ローンの減税制度を受ける事が出来るようになりました。

平成20年までに住宅購入の予定がある人は、少なからずとも減税されるので、是非利用しましょう!

 
お気に入りに追加


My Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoor Readerに追加
1円クリック募金はこちら
記事検索
  • SEOブログパーツ


seo great banner

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank フィードメーター - 住宅ローン・借り換え・金利 NAVI
track feed 住宅ローン・借り換え・金利 NAVI
  • ライブドアブログ