オーストラリアは日本に比べたら太っている人の率は高いけど健康に気を配るのは割と一般的な意識で、ジムに通っている人が多いです。マラソンやトライアスロンに参加する話もよく聞きます。体を鍛えるのが趣味の1つみたい。私の偏見かもしれないけど目で見える範囲では筋肉トレーニングと縁がなさそうな小さい子供のいる主婦がヨガやジムのメインのお客さんみたいです。
先日メルボルンの中心街で起こった車の暴走事件、目撃した人が「止めたらよかった」と悔やんでいるコメントをしていました。その人たちの親は逆に刺されたかもしてないから近寄ったらダメだったと当然のことながら言っていました。
日本の新聞でよく「お手柄高校生!」とかシチズンズ アレストの記事を見ますよね。スーツ着たサラリーマンらしき人が引ったくりを捕まえて確保とか。日本はオーストラリアに比べたら学校の授業や部活で柔道や剣道など武道に接したり趣味で空手や護身術を習っている大人の率が多い筈です。それに一応拳銃やドラッグもごくわずかな筈。だから治安がいいと言えるのかも。取っ捕まえてやるって意識がある社会。
武道をやっていて体鍛えてますとは言わないけど武道の師範て60代で現役指導者がザラという程心身の鍛錬に繋がる趣味よ。一石二鳥だと思う。