study_night_boy



上越市・妙高市・糸魚川市では、毎年8月10月11月に上進連テストという実力テストが行われます。


高校受験を控えた中学3年生が対象で、各中学校でも進路指導の参考になります。

三者面談では、上進連の成績をふまえて、「〇〇高校はこのまま行けば大丈夫」とか、「あと〇点は上げよう」とか。




もちろん、高校入試でライバルとなる上越地区の全中3生が参加しているので、自分の実力は測れるでしょう。

ただし、上進連テストと実際の高校入試の問題とでは、問題構成や難易度・配点にやや違いがあります。


つまり、上進連の点数は、入試本番の点数に換算できませんし、
上進連が同じ成績の二人の受験生がいても、本番では同じ点数にはなるとは限りません。
(当然、入試本番の傾向をつかんで、対策した受験生が有利)


入試傾向を掴むためには、過去問を分析し、くり返しやっていくことと、
形式の近い新潟県統一模試を受験したり、過去問をやってみることです。


その上で、上進連テストの結果や内申点と合わせて、自分の実力を確認し、
目標に向けた受験勉強の計画を立てていくことが志望校合格への近道です!




関連記事
近年の入試出題傾向の変化について
 


中3生にオススメの家庭教師



上越市スマホ