本藍染矢野工場 blog

江戸時代から伝わる「天然灰汁発酵建てによる本藍染」を伝承し、平成の時代となった今も日本古来の「本藍染」の色を守り続け、常に日本トップクラスの技術を維持し続けています。

展示作品

教室から出品したすべての作品と展示の様子です。
1631403334099
1631403334046
1631403334023
1631403334002
1631403333968
1631403333948
1631403333908
1631403328169
1631403291658
1631403291630
1631403291609
1631403291591
1631403291574
1631403291533


1631403278312

1631403278354
1631403252875
1631403252859
1631403252927
1631403252839
1631403252817
1631403252792
1631403252739

令和3年度全国現代クラフト展


9月9日に審査があり、教室の生徒さん
4名が、受賞されました。

一柳美幸さん    文部科学大臣賞
岡田麻理さん    NHK徳島放送局局長賞
浦屋節子さん    佳作
藤原博文さん    佳作

皆さま、おめでとうございました★
1631403064772
1631403064755
1631403064734
1631403064664

本藍染体験

子どもたちが染め体験に来てくれました。
ろうで絵を描いて染めました。
DSC_2363
DSC_2366
DSC_2362
1629599460881

最終日


藍建て研修最終日です。
全ての工程を終え、最初の撹拌での華の確認と試し染めです。
予定通り明日から使用可能で、試験布の染まりも想定内です。
今回も意味のある藍建て研修でした。

1628861828125
1628861825369

最終工程


いよいよ藍建て研修の最終工程です。
止石後は華も締まり、力強さを感じます。
撹拌後は灰汁取り実演です、弊社使用の灰は2種類の混合ですが、今回のpHも完璧です。
1628827818330
1628827822388
1628827820355

灰汁上げ


藍建て研修もいよいよ終盤となり、今日は灰汁上げ作業です。
発酵初期からスムーズな動きで色の出も良好、今回も良く溶けています。
1628688071372
1628688068207

生葉染め


藍液も順調に発酵が進み、藍建て研修も後半となりました。
今日は夏限定の生葉染め研修です。
弊社横の藍畑から早朝に刈り取り、葉と茎を選別、直ぐに染めです。
短時間で手早く染め上げる事で、生葉染めとしては濃く冴えたブルーに染まります。
今回も納得できる色が出ました。
1628589697877
1628589688372
1628589690837
1628589693261
1628589699910

藍甕


今日は、藍撹拌の合間に藍甕の製作現場「大谷焼」の研修です。
現在藍甕を焼いている窯元2軒を訪問し、製作工程を学びました。
焼き上がり直後の藍甕もあり、タイミングの良い訪問でした。
1628504685270
1628504678694
1628504674779
1628504681774


藍染庵


仕込んでいる藍も発酵が始まり、予定通りの動きです。
撹拌時間の合間に鳴門のHさんを訪問して、藍甕2本の小規模での装備を見学です。
その後、板野町にある「藍染庵」で今後の報告を済ませました。お札をいただくのは少し先になりそうです。
1628419305548
1628419299337
1628419302088
1628419293622

研修3日目


藍建て研修3日目となり、今日は染め体験です。
独立後の藍液管理を想定し、素手でしっかり触感を覚えてもらいます。
1628328032889
1628328030266

藍建て研修


本日より藍建て研修スタートです。
外気温の安定もあり、夏場は予定の組みやすい季節です。
明日から本格的に仕込みに入ります。
1628167414375
1628167407048

高校生


地元高校生の見学、取材がありました。
染色作業〜藍液撹拌調整までの作業を見てもらいました。
質問も多く、皆さん真剣です。
1628112622694
1628112620452

子ども文化フェスティバル

8月8日(日)13時〜シビックセンターで子ども文化フェスティバルが行われます。
弊社もワークショップを出しますので、お気軽にお立ち寄りください。
お子様の自由研究にもどうぞ。
1627896463533
1627896463573

Tシャツ染め体験


今日は市内から染め体験がありました。
以前も来ていただき、今回2回目の作品作りです。
今回は絞りに挑戦、しっかり勝色まで染め込んで綺麗に仕上がりました。
流石に2回目となると、慣れたものです。
お疲れさまでした。
1627739139714
1627739136945

取材


東京から取材がありました。
柄加工、染色、洗い仕上げまで通しでの作業を説明させていただきました。
最近の取材スタッフは機材の進歩もあり、少人数の場合が多いですが、今回はカメラ、音声、照明、他に別れた大きなチーム取材でした。
今回は初めて藍液の中にカメラを入れての撮影でした。
編集後が楽しみです。
1627516129233
1627516127189

お気に入りに追加
 
訪問者数
  • 累計:

アクセス



本藍染矢野工場ホームページ

771-1253
徳島県板野郡
藍住町矢上字江の口25-1
088-692-8584


周辺地図

メールでのお問い合わせ

本藍染教室

月,金,土曜日の10時00分〜11時30分まで、本藍染教室を開講しています。

初心者の方から経験者の方まで、幅広く募集しています。

日本が誇る「天然灰汁発酵建てによる本藍染」の技術を優しく丁寧に指導致します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

本藍染教室の様子

本藍染教室 入会案内

体験染め

本藍染教室とは別に、体験染めも可能です。

県外の方や、社員旅行のイベントなどに最適です。

体験染めは、曜日に関係なく受け付けています。

予約制ですので、事前にご連絡下さい。

夏休みの自由研究に

お子様の夏休みの自由研究に、本藍染を体験してみませんか?

学校でヒーローになること間違いなしです。

化学染料を一切使用しない、天然染液ですので、お子様の肌が荒れたりする心配もありません。

希望者には、使い捨て手袋をご用意いたします。

保護者の方も一緒に体験していただくことも可能です。

予約制ですので、お早めにご予約ください。

徳島県伝統的特産品



弊社の製品は、徳島県伝統的特産品に指定されています。

日本藍染文化協会 認定証



この証紙は、日本藍染文化協会が認定した天然灰汁発酵建て本藍染技術保持者の手によって制作された本藍染製品にのみ貼付されます。

アーカイブ
本藍染リンク

本藍染矢野工場ホームページ
当社のホームページです。

佐藤阿波藍製造所
日本が誇る藍師一家です。

日本藍染文化協会
「本物の藍」だけにこだわる勇士が集まっています。

あまから
日本最高級の「大島紬」を扱う会社です。

フラワーショップ 慶
日本で唯一、天然藍で染めた布を使って造花を作る花屋さんです。

藍染工房 楓
本藍染めに加え、様々な草木染めも手がけられています。

織・仕覆 田中藍子
山梨県八ヶ岳山麓で織りをされている会員さんのブログです。

05works

青藍窯
同じ町内で徳島を代表する焼き物をされている工房です。

オカケン。のブログ
同じ町内で「将来はアパレル業界で自分のブランドを作る」という夢を追いかけている若者のブログです。

リンク

阿波ナビ
徳島県の観光情報サイトです。

JRT 四国放送
いつもお世話になっている放送局です。

国際空手道連盟 極真会館 徳島支部
普段お世話になっている極真空手の道場です。

NHK 徳島放送局
いつもお世話になっている放送局です。

B-FM791
いつもお世話になっているラジオ放送局です。

SIDO オンラインショップ
斬新なデザインの下着「甲冑パンツ」のオンラインショップです。イチローも愛用。

fortune dress
オートクチュールでウェディングドレスの製作をされています。本藍染とのコラボレーション作品も多数企画。

エーアイテレビ
藍住町・板野町がエリアのケーブルテレビです。

2ND
「昔から在り、今も在り、これからも在る一生モノを皆様に」をモットーに営業されているアメカジショップです。

大西陶器製造所
徳島県鳴門市で陶器を製作されています。弊社で使用している藍甕(あいがめ)を作っていただきました。

由理夏
あじろ・木の食器・内装材ブランドです。環境に優しい木の逸品を製作するにあたり、当社は染色を担当させていただいています。

桃太郎ジーンズ
純国産岡山県発の最高級ジーンズブランドです。「出陣」モデルを愛用しています。

白山衣料株式会社
徳島県吉野川市山川町の縫製会社です。極真空手の師匠の会社です。高品質、安心納期。

記事検索
注意事項

ブログ内に掲載されている全ての画像、その他の無断掲載を固く禁じます。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ