2007年01月16日

ぐるり台湾2日目その2

鼎泰豊本店で遅い朝食をとってから宿へ戻ってチェックアウト。

次の目的地へ移動するために台北駅に向かった。

威風堂々たる台鉄台北駅の外観は6年前と全く変わらず。
台鉄台北駅

当日券売り場窓口にて筆談で、次の目的地新竹までの切符を購入。
一番近い時間の12時45分発莒光21号の切符が取れた。
莒光号は日本でいうところの急行列車にあたる全席指定列車で乗り心地も快適だ。



約1時間30分後に新竹の駅に到着。
新竹駅

別名「風の城」と呼ばれるぐらいに風が強く、その風を利用して乾かした「米粉(ビーフン)」の名産地として有名で「貢丸(肉団子)」も名産品である。
近年では台湾のシリコンバレーとしても世界的に名高い街でもあるらしい。




荷物を持ちながら駅から徒歩10分強で新竹城隍廟に到着。
新竹城隍廟

この入り口から入った奥に廟があり、その周りには名物の米粉を食べさせてくれる屋台が立ち並ぶ。
実は4年前に浜井先生の本を参考にここを訪れて、本場の米粉の魅力にすっかり感動してしまい、再訪となった。




目指す「蘇家」は今でも健在だった。
蘇家

懐かしいお店を発見した喜びで思わずガッツポーズが出ちまっただよw
メニューも当時と全く変わらない。さーて、まずはここで旨いビーフンを食うぞ!




お店を覗き込むと。
超極細米粉蘇家のおじさん







おっ、そうそう、これこれ! 画像左上の超極細ビーフン。これがたまらなくうまいんだな。
おじさんが1人でお店を切り盛りしていた。以前行った時はおばちゃんだったけど。
あのおばちゃんどうしてるのかな?



こちらが私の「貢丸米粉湯(肉団子入りビーフンスープ)」(40元也)
貢丸米粉湯

超極細ビーフンは極細ながらもしっかりとコシがあり、豚肉の旨みがぎゅぎゅっと詰まった貢丸、揚げニンニクのタレと香菜の香ばしさ、そしてあっさりスープ。全てにおいて非の打ち所がないパーフェクトである。
今回の旅2食目にして早くも文句なしに感動の5つ星。やはり来て大正解だった。



嫁は「乾米粉(乾麺のビーフン版)」(30元也)に初トライ。
乾米粉

画像をご覧いただければ一目瞭然の揚げニンニクたっぷりの香ばしいタレは抜群に美味。
そして超極細ビーフンに混ぜ混ぜすると、きめ細かい麺にタレがじっくりと絡むのですな。
これまた旨すぎで文句なしの5つ星。



そしてもう一軒お気に入りの老舗「阿城號」も健在だった。
阿城號炒米粉







さらに私は、かつて食べた時にここの炒米粉(30元也)が激ウマだったので注文。
麺は相変わらず食感がツルツルしてはいたものの、秘伝のタレの絶対量が少ないじゃんw
店番がバイトのおねーさん風だったのでそのあたりも影響していたのかも。
おねーさーん、もっとタレをかけてくださーい!ww


食べ終わってから思わず夫婦で井戸端会議を始めてしまった。
私:「新竹は昼飯食べるだけで台中へ移動する予定だけどどうする?」
嫁:「そうよね。これ以上美味しいビーフンはおそらく他所では期待できないわね。」
私:「夜もここで旨いビーフン食いたいよな。」
嫁:「異議なし。でもお店閉まっていたらどうする?」

そこでガイドブック片手に筆談開始。
必殺筆談メモ

お店のおじさんに「何時閉店ですか?」と尋ねた紙とペンを渡したら、笑いながら10と書いてくれたではないか。

よーし、今晩は新竹泊決定! さーて宿を探すぞ。つづく。
Posted by honakaki_2gou at 00:02│  
この記事へのトラックバック
こんばんは! またホームページのほう更新いたしました。ブログのほうでも書きましたが7回目の旅行記です。新竹のうまビーフンの会なのですが・・・ですが・・・・!!!このすとれっちさんご夫妻の食べた乾米粉がうまそうすぎておかしくなりそうです・・・! あと、ハワイ...
うましうまも!7回目の台湾旅行記更新しました!【うましうまもブログ!!】at 2007年01月16日 22:18
さてさて、城隍廟内です。 ここ新竹城隍廟の歴史は、日本統治時代にさかのぼり、当時から『庶民の味の殿堂(庶民味覺的殿堂)』と言われていたそうです。そしてこの城隍廟内にある小吃攤は、だいたい3〜4代続く老店(老舗)ばかり。
台北からの小旅行 新竹 その2  米粉@阿城號【★kiyo的網誌★】at 2007年01月19日 20:50
この記事へのコメント
当日の宿泊地を食で選ぶなんて・・・かなりロケンローですねw かっこいい♪
そこまでになるビーフン、どんなだか食べてみたいです^^
Posted by みつぶ at 2007年01月16日 10:08
みつぶ師匠こんにちは!
>かなりロケンロー
イエーイ!w 台湾の楽しみは食だぜベイビー!ww
本場新竹のビーフンの激ウマさは感動もんでした。また食べに行きたいっす^^

Posted by すとれっち at 2007年01月16日 12:28
すとれっちさん

新竹ビーフン。
さっすが、大陸が「新竹」ブランド使っちゃうだけの本場ですね。

〉肉団子入りビーフンスープ
「センミー・ムゥー・ムゥーサップ」
うまいに決まってますね。ニオってきます。
香菜のせ〜〜。

次回レポも楽しみにしています♪
Posted by エスニカン at 2007年01月16日 15:15
美味しそうですね〜 汁ビーフン+肉団子。
乾米粉もニンニクたっぷりでたまりませんね。
夫妻をして夜にまた帰って来させるほどの旨さとはいかに。
あ〜腹が鳴る!!
Posted by F at 2007年01月16日 17:35
       。   。
        \   /
キタ━━━━━━( ∀ )━━━━━━!!!!
こんばんは!
もう、昼休みじゃダメだと思って、帰ってから腰を据えてコメント書き込んでおります!
なんですか!もう、乾米粉のうまそうさは罪ですな!!
にんにく祭りじゃないですかー!
あとやっぱり貢丸も新竹で食べてみたいなあ!
すとれっちさん〜 およめさま〜!おいしそうすぎですよう!
はー、それにしても自由旅ってステキですね。
新竹宿泊が決まる流れの会話とかなんかよかったです〜
Posted by boneori at 2007年01月16日 21:37
あっ・・・目がズレてしまいました・・・_| ̄|○
Posted by boneori at 2007年01月16日 21:38
皆様こんにちは!

エスニカンさま:
>大陸が「新竹」ブランド
そうだったんですか。他の街でもビーフン食べましたがやはり「新竹」がイチバンでした。
>「センミー・ムゥー・ムゥーサップ」
たしかにタイ料理に通じるものがありますね。
文中で肉団子と書きましたが食感はほとんどルークチンでして。旨みエキスじゅわ〜でした。
香菜はタイのパクチーよりも臭いがやや弱い気がしました。


Fさま:
乾米粉も汁ビーフンも激しく旨かったです。
とくに超極細麺と秘伝の揚げニンニクタレの絡み具合は芸術品でした。
夜も行って大正解でしたし。機会があればぜひ行っていただきたいわん。なんちってw

Posted by すとれっち at 2007年01月17日 12:16
ボネちゃん:
トラバありがとうございます!
>乾米粉のうまそうさは罪
先生すみません。お先に激しくうんまい乾米粉食べちゃいましたw
>にんにく祭り
そうなんですよ。特に秘伝の揚げにんにくタレだくの「蘇家」はスバラシイお店でした。貢丸も旨かったし。
>自由旅
足の向くまま気の向くままに計画変更できるのがメリットです。
内緒ですが宿探しや切符手配、さらには筆談や撮影や金銭管理、そしてレポまで全部私の仕事なんですよ(笑)。

Posted by すとれっち at 2007年01月17日 12:23
そうこなくっちゃですよねー(笑)

旅は行き当たりバッタリがいいですよねー。
昔ドイツを放浪したとき、
「どうする?」
「まあ、急ぐわけじゃないし、ここにとまろうか」
的に決めてフラフラしていました。
娘とふたりで。(ちなみにそのとき娘は小学校1年)

というわけで、彼女は今もそういう旅が好きらしい。
一緒じゃないときは心配なんですけど、
自分が蒔いた種なんで、しょうがないか(涙)

それにしても米粉美味しそう。
私、あの、タレ少な目のやつが食べてみたい。
タレ多めにって中国語でなんていうのかな。
Posted by KAZ at 2007年01月17日 18:51
こんばんわ!初めてお邪魔します。
boneoriさんのblog経由でやって来ました。
ワタシも『台湾まんぷくスクラップ』は読み込みました!
去年初めて新竹の地を踏みましたが、米粉は阿城號のみでしたが、
浜井先生の本にもある蘇家の貢丸入りの米粉湯も、めちゃくちゃ気になっていました。
やっぱりおいしいんですね・・・・(泣)。
新竹は貢丸も名物ですもんね〜。
新竹城隍廟内の別の屋台で貢丸を食べましたが、史上最高においしかったです。次回は必ず!と決意を新たにしました。
Posted by kiyo at 2007年01月17日 20:31
KAZさま、先ほどはどーもでした!
久しぶりにお声が聞けてうれしゅうございました♪

>旅は行き当たりバッタリ
ですよね〜。ドイツ放浪とはカッコイイですなぁ。
しかも小さなお嬢様を連れて放浪されてたなんてスゴイ!
>フラフラしていました。
フラフラするのもいいもんですよね。 お互いに近鉄ファンですしww
>タレ少な目のやつ
こちらはツルツルしたコシのあるビーフンでした。
タレ多めにって何て言うんですかね? 全くわかりませぬ。ははは。

Posted by すとれっち at 2007年01月17日 21:57
kiyoさま、はじめまして!

ボネ先生のblogでお名前はよーく存じあげております。
>『台湾まんぷくスクラップ』は読み込みました!
我が家も『台湾まんぷくスクラップ』は読み込みましたよー! 磨り減りましたー!(笑)。
>去年初めて新竹の地を踏みました
おおっ、そうだったんですか。ビーフンうますぎて一度訪問するとまた必ず行きたくなる場所ですよね〜。
>屋台で貢丸を食べましたが、史上最高においしかったです。
うっ、そんなうまか貢丸があったとですか? それはうらやましかです!

Posted by すとれっち at 2007年01月17日 22:05