2007年08月05日

続ぐるり台湾3日目その3

美濃で一番旨いといわれる美光板條店(by浜井先生)に到着した私ら。

ぱっと見、お店には数人しか座れるスペースがなく満席だった。
美光板條店入り口店内







並んで待とうかなぁ、と考えていたら右脇に入り口を発見。奥でも食べられるようになっていた。どうやらこちらがメインらしい。
日曜の昼時ということもあり家族連れで賑わっていた。なんとか2人分席を探して並ばずに着席。


私らの注文はこちら。
乾板條板條湯炒板條







画像左から私の乾板條、嫁の板條湯、そして二人で炒板條。板條とは米粉で作ったうどんみたいな麺。
乾板條(汁なし)も板條湯(汁入り)もしっかりとコシがある麺がかなりうまい。玉ねぎを煮詰めたような甘辛いタレがいいアクセントになっていて、絡めて食べるとこれがまたうまいんよ。嫁はあっさりスープ&タレがうまいと気に入って全部飲み干していた。
炒板條は、烏酢(ウスターソースに似た香り)のような物で炒めてあり、コシは楽しめるものの、麺そのものの旨みを味わうにはやはり乾か湯のほうがいいと思いました。
それでもはるばる屏東から1時間かけて来た甲斐は十分にあったよ。よかったよかった。

食べ終わってすぐに美濃バス停へ。
美濃バス停貸切バス里港







なんせこの14時5分のバスを逃すと次は2時間20分も待たなきゃならんもんね。
乗車すると帰りもまた私らだけで途中までは見事に貸切(笑)
途中里港の町で渋滞かと思ったらお祭りを開催して交通規制をしていた。楽しそうなので降りてみたかったけどバスの本数が〜ww

屏東に戻るとバスターミナルではなく慈鳳宮の真ん前が終点みたいだった。ラッキー!
慈鳳宮
いっつも台鉄列車内からうっとり眺めていた壮麗な慈鳳宮。
その彫刻の精緻さと派手な色彩は台湾でも有数といわれている名刹である。
やっと見学するチャンスがやってきた。じっくり見るぞー!




慈鳳宮に入り目を輝かせて大喜びの嫁。
働く嫁1働く嫁2







今回の旅3日目にしてやっと自分のカメラを取り出したと思ったら、あっちゃこっちゃ撮影して働いてました。
ほんまにおもろいやっちゃ。つづく。
Posted by honakaki_2gou at 07:56│  
この記事へのコメント
板條うまそー!
ちょーうまそー!!
これは食べてみたいです。
とても食べてみたいです。
私は特に汁の方が気になります。
でも、台北から出ない人にははるか遠くのお店ですよねぇ。
うーむ。
今度行ったら、台湾の友達にリクエストしてみちゃおうかなぁ。
すっごい困った顔するんだろうなぁ。
いくらなんでも悪いよなぁ・・・

慈鳳宮で大喜びしているお嫁さまの姿がよくわかります。
その姿を後ろから撮っている師匠が素敵と思いました。
Posted by 外付け胃袋 at 2007年08月05日 09:12
これがあの浜井先生絶賛の板條ですね〜。
バスで1時間かけて、食べて、とんぼ帰り・・・尊敬してしまいます!!
きれいな真っ白い麺にうっとり見とれてしまいましたが、師匠もお嫁さまも絶賛のいい色のタマネギ!
見た感じでいい仕事をしているんだろうな〜って思いましたよ〜。
ああ、ワタシもあっさりスープを飲み干したいです。
あと、お嫁さまの激写姿!ステキです♪

Posted by kiyo at 2007年08月05日 11:06
外付け王子こんにちは!
本場の板條はウワサ通り旨いと思いました。麺に甘みがあるな〜と思ったら、さつまいものでんぷんも入ってるらしいですね。(ネタ書く前に調べようよ>自分w)
>台湾の友達にリクエスト
風のウワサでは台○に連れていってくださるとか。
○南からならおそらく1時間強ぐらいでアプローチできるかと思いますよ。
あっ、台○にも旨いもんがたくさんありますね〜。これまた難しい選択になりそうですな。
>大喜び
たまにゃ真面目に食べ物とか撮ってレポを手伝ってもらいたいもんですww

Posted by すとれっち at 2007年08月05日 16:51
kiyo姫こんにちは!
>浜井先生絶賛の板條
前からとても気になっていたんですよ。先生の足跡を辿った気分でうれしかったです。
>バスで1時間かけて、食べて、とんぼ帰り
忙しいったらありゃしないでしょ?毎度毎度のジプシー旅ですが、1箇所でのんびりするほうが私ははるかにストレスたまっちゃうもんでw
あのたまねぎを煮詰めたようなタレはうまかったなぁ。シコシコ麺もうまかったです。
>激写姿!
そういえば揚○飯店でも変わったオブジェを激写してましたな。
ヤツがカメラを取り出すタイミングが未だに全くわかりましぇん(爆)

Posted by すとれっち at 2007年08月05日 17:00
うーん。
美味しそう!

私は、「湯」の方でお願いします。

慈鳳宮いいですね。
お嫁さまがカメラを取り出すのも
なんか、わかります。

>ほんまにおもろいやっちゃ

ふふ。
(こちらも)ごちそうさまです。
やっぱし「愛だろ、愛」って感じ(笑)
Posted by KAZ at 2007年08月05日 21:25
ハデハデのお寺、いいです!
タイでもインドでも アジアは キンキラ、派手派手なんですね〜
なんか、絢爛豪華でないと、物足りなくなりますよね。
お嫁様を後ろから激写とは、すとれっち様の愛があふれています…。
Posted by hamutaro at 2007年08月05日 23:49
おはよーございます!

KAZさま:
そちらも「湯」ですか。人気ですな。
慈鳳宮のスケールの大きさと見事な彫刻には感動しました。
>(こちらも)ごちそうさま
いやー照れるな〜。なんちってw


hamu師匠:
たしかにアジアにはハデハデきんきらきんのお寺も多いですね。
この慈鳳宮の内部は目がくらむほどきんきらきんでした。
>後ろから激写
前からだと口開いてて人様にお見せできません(笑)

Posted by すとれっち at 2007年08月06日 08:00
こんにつは!!
私はやっぱり乾でお願いしたいです!!
麺の白さとつやつやーがたまりません!!
ここでしか食べられないなんてむごすぎる・・・!
・・・気もしますが、屏東からバスで1時間かけてここまで来たごほうびだと思うと納得のうまそうさです!
しかも1本逃すと2時間20分のタイムロス!これは旅行者には痛いですよね。
あー、うー、タレが!!タレがすごくうまそうです〜!!(;´ρ`)
Posted by boneori at 2007年08月06日 12:29
乾キターーーーー!!!

ぅボネ会長こんにちは!
やっぱ餃子は焼きだし、麺類も乾がよいですね〜!(´∀`)
会長に一生ついていきますw

>2時間20分のタイムロス
これやっちゃうと屏東散策とじっくり慈鳳宮が消えちゃうので必死でした。
たまねぎ煮つめたようなタレもシコシコ麺も言うことなしで満足しましたよ。
再訪するにはかなりキツイので一生の思い出にしたいと思いまっすww

Posted by すとれっち at 2007年08月06日 12:49
今頃ほんとに失礼いたします。
板條湯でお願いします(汗)。
スープ、美味しそうですー。
遅れ馳せながら非常に恐縮です。
ほんとにもう。

屏東から1時間!そしてこの板條〜。
すごい旅してらっしゃいますね。尊敬です。

そして慈鳳宮〜!!すごーい!!
お嫁さまの後姿、イキイキしてらっしゃいます!!!
Posted by niko at 2007年08月11日 01:29
nikoさま、こんにちは!
今頃だなんてとんでもないです。
遊びに来ていただいただけで十分ありがたいわん。

やっぱ湯は人気ですなぁ。スープは私もちょびっともらいましたが、
嫁が全部飲み干すだけのことはありました。

>すごい旅
てか、普通の旅行者の方は、まず足を踏み入れない場所ですよね。
自分でも変わりもんだと思います(爆)
>イキイキ
慈鳳宮の見事な彫刻にイキイキするのはわかるんですが。
変なオブジェでもイキイキするのはようわからんとですww

Posted by すとれっち at 2007年08月11日 14:16