三笠フーズを発端とした事故米流通事件に対して農林水産省からは毎日新しい情報が発表されているが、末端の加工食品まで考えると何処まで広がっているのかが判らないだけに、不安この上ない。

人体に影響がないという理屈は判らないでもないが、
中国の餃子で知られることとなったメタミドホス、最強の天然発癌物質とさているアフラトキシンなどの名前が出てくると、
ほんの少量でも何年にも渡って食べていたかも知れない、という想像を止めることができなくなる。

加えて農水大臣の軽い発言は、不安と不信を増幅させてしまう。

これは妄想だが、
農水省自身が相手国のブローカーのような勢力と組んで、使えない米を買い取ることで農業団体を押さえてもらうような仕組みを作ったのではないか?
で、買い取った米はかつてからの事故米、つまり水害などで発生したものを引き取っていた業者に卸した、というところではないのだろうか?
全体として農水省はこの仕組みを理解していたのではないかという気がしている。

業界内では、事故米のロンダリングは当たり前のように行われていたのかもしれない。
なんだか、ミートホープなどの食肉偽装の手口にも似ている。食品業界がこんなのばかりだと理解されてしまうと、食品関係の業界にとって大変な影響を及ぼすことになる。

まぁ、普通に考えても「どうしてこの値段でこの商品が・・・」という場面はあるわけで、
いくら大量生産だ大量仕入れだと言っても、工業製品と食品は違うのだから、限度というか限界があるはずだと思うんだが・・


  落語じゃなくて怖い饅頭 帆波



人気ブログランキング