2006年12月03日

梨木香歩さんが得意!

梨木香歩さんが得意なブロガーさんです。
(登録順)
※画像をクリックすればアマゾンで本を購入できます


おいしい本箱DiaryのEriさんがオススメする梨木香歩さんな3冊!!
【おいしい本箱Diaryの梨木香歩さんカテゴリ】

裏庭
ファンタジーの形をとり、重層的に語られる裏庭にこめられた歴史と、照美のたどる心の旅。読むたびにいろんなものを語りかけてくれる、深い物語です。
【この本のおいしい本箱Diary書評はこちらから】


エンジェル・エンジェル・エンジェル
熱帯魚が呼び覚ます、おばあちゃんの記憶。
優等生の憂鬱に悩まされるコウコとおばあちゃんの、魂の交歓のようなふれあいが瑞々しく書かれる物語。
【この本のおいしい本箱Diary書評はこちらから】


村田エフェンディ滞土録
異国の地に織り成す友情の物語。おだやかに語られる幻想的な土地の風情と典雅な日本語が美しい。その友情のシンボルであるオウムの最後のセリフが悲しい・・。
【この本のおいしい本箱Diary書評はこちらから】



日だまりで読書のそらさんがオススメする梨木香歩さんな3冊!!
【日だまりで読書の梨木香歩さんカテゴリ】

家守綺譚
裏庭
エンジェル・エンジェル・エンジェル



おもひでブルージーのcoutacaさんがオススメする梨木香歩さんな1冊!!
【おもひでブルージーの梨木香歩さんカテゴリ】

沼地のある森を抜けて



moco*mocoのこのはず9さんがオススメする梨木香歩さんな3冊!!
【moco*mocoの梨木香歩さんカテゴリ】

家守綺譚
村田エフェンディ滞土録
水辺にて―on the water/off the water



たぬきの書棚のたぬきさんがオススメする梨木香歩さんな3冊!!
【たぬきの書棚の梨木香歩さんカテゴリ】

村田エフェンディ滞土録
土耳古(トルコ)に留学中の村田の楽しくも不思議な日常。そんな生活が戦争によって簡単に引き裂かれる。失ったものの大きさはあとになってから分かる。物を言わなくなった鸚鵡は村田のラテン語を聞いて一言言った。その言葉に号泣してしまった一冊です。
【この本のたぬきの書棚書評はこちらから】

からくりからくさ
一軒の家に住む4人の女性が出会った物や人。それが彼女達の人生を翻弄していく様子は、一冊の小説として読むと濃いなぁと思います。過去の人間関係が複雑になってきていたのでメモしながら読んだのですが、理解した後はストーリーに引き込まれました。恐ろしいくらいすごく波長の合った本でした。
【この本のたぬきの書棚書評はこちらから】

西の魔女が死んだ
登校拒否をしている「まい」が、祖母と二人で暮らすことになるのですが、祖母は自分を魔女だと言い、まいに魔女になるための助言をします。設定自体は突拍子も無く思われますが、こんな助言者がいたらいいなって思います。そして、こんな心が休まる場所が欲しいと心から思います。
【この本のたぬきの書棚書評はこちらから】



心に残る本の牛くんの母さんがオススメする梨木香歩さんな1冊!!

西の魔女が死んだ



陽だまりの図書館のなぎさんがオススメする梨木香歩さんな3冊!!

からくりからくさ
西の魔女が死んだ
春になったら苺を摘みに



(TBはオススメ本と同じ本でお願いします)

honblo at 00:00│TrackBack(30)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「家守綺譚」梨木香歩  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:33
「家守綺譚」梨木香歩(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、文学、幽玄、幻想、近代、ファンタジー あぁ、巧い。確かにこんな日本はあったよな。そう思わせる世界がここにある。和歌山の海難事故が触れられており、そこから「ほんの百年すこしまえ」となるわけだが、...
2. 「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:33
「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、近代、小説、文芸、友情、国家 今年のオススメの一冊「家守綺譚」[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/11777750.html] の姉妹編にあたる。本作品の主人公の村田は、綿貫や高遠の共通の友人と...
3. 『村田エフェンディ滞土録』 梨木香歩  [ ついてる日記?? ]   2006年12月17日 09:59
村田エフェンディ滞土録posted with amazlet on 05.03
4. 「家守綺譚」 梨木香歩  [ ついてる日記?? ]   2006年12月17日 09:59
家守綺譚posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.18 梨
5. 『家守綺譚』 梨木香歩  新潮文庫  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2007年01月29日 15:58
4 少し前に読み終えたのに、なかなか感想を書けないでいました。本のなかの世界があまりに今の自分の現実とかけ離れていて、戸惑ってしまったのかもしれません。ファンタジーとか、非現実ということではないのです。この本の持つ静かな精神世界があまりに清潔で美しくて....
6. 『村田エフェンディ滞土録』  梨木香歩 角川書店  [ アン・バランス・ダイアリー ]   2007年01月29日 15:58
4 何だか難しいタイトルですが、「エフェンディ」というのは、学問を修めた人物に対する敬称で、この本は、村田という青年が歴史文化研究のために土耳古(トルコ)に留学滞在していたときの物語です。時代は1899年、今から100年ちょっと前の時代。そう、「家守綺譚」と同....
7. 桜の花も、そろそろ……  [ チョコちょこ読書雑記 ]   2007年05月06日 19:21
竹やぶに秋が訪れていますね☆ 緑のスキップも、トットトットと、お庭を通り過ぎてしまいました。 川べりの桜も随分と花を散らしてしまい、水面が染まっています。 ふと、『家守綺譚』(梨木香歩/新潮社)の一場面を思い出していました。 疏水の流れは...
8. 村田エフェンディ滞土録 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年05月31日 13:58
3 村田エフェンディ滞土録 ■やぎっちょ書評 ほんぶろでもオススメに指定されていたこの本。本屋さんで文庫化されているのを見つけて手にとってみました。奥付を見ると、やはり単行本が発行されてから3年が経っています。3年が標準なのですねぇ。 梨木さん初読みです。いつ....
9. 家守綺譚 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年06月09日 15:43
3 家守綺譚 この本はディックの本棚のディックさん、おいしい本箱DiaryのERIさん、コンパス・ローズの雪芽さん、老水亭のOimizuさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 植物。草、花が見事に描かれていました。 たとえて言うなら、...
10. エンジェルエンジェルエンジェル 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年07月24日 00:50
5 エンジェル・エンジェル・エンジェル ■やぎっちょ書評 とうとう来てしまった。。。 今年2冊目の5つ★・・・。(ビジネス書入れると3冊目) いつも思うけど、5★本はヤバイ。 いろんな意味でヤバイ。今日はカフェで泣きそうになってやばかった。 読みはじめてすぐに....
11. 裏庭 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年08月03日 18:04
3 裏庭 ■やぎっちょ書評 これは驚きました。ファンタジー!? ファンタジーという心の準備が全然できていませんでした。梨木さんがファンタジー??「家守綺譚」もよく考えると不思議な話はたくさんあったけど、あれは日常的なというか、不思議な世界がさも「当たり前」だ....
12. 「沼地のある森を抜けて」梨木香歩  [ Ciel Bleu ]   2007年08月08日 10:23
 [amazon] [bk1] 叔母の死によって久美が引き取ることになったのは、家宝だというぬか床。これは元々は長女だった久美の母が世話していたもので、久美の両...
13. 「水辺にて」梨木香歩  [ Ciel Bleu ]   2007年08月08日 10:24
 [amazon] [bk1] ふとしたことでカヤックに乗ることになり、夢中になっていったという梨木香歩さん。琵琶湖や北海道、アイルランドやカナダの水辺にいる時...
14. からくりからくさ 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年08月12日 11:26
3 からくりからくさ この本は香桑の読書室の香桑さんにお勧めいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 最後読み終わったら(読み終わる少し前から)胸にぐっと来るものがありました。泣くまでには至らなかったけど。 まず全体的に植物と織物との知....
15. 『西の魔女が死んだ』  [ 裏葉柳 ]   2007年09月07日 18:48
『西の魔女が死んだ』 著者 : 梨木香歩 出版社 : 新潮文庫 カバー装画 : 早川司寿乃 デザイン : 新潮社装幀室 内容(「BOOK」データベースより) 中学に進んでまもなく、どうしても学校へ足が向かなくなった少女まいは、季節が初夏へと移り変るひと月あ...
16. 「からくりからくさ」梨木香歩著  [ 映画と読書の感想ブログ ]   2007年09月30日 18:46
からくりからくさ 梨木 香歩 梨木香歩の作品を読むときに側に置きたいのが樹木図鑑や野草図鑑です。 彼女の作品はどれも様々な植物が主人公の生活に密着していて、この作品でもヨモギ、タンポポ、ノゲシ、ヨメナ、カラスノエンドウ、カシワ、エンジュ、キンモクセイ、...
17. 「西の魔女が死んだ」梨木香歩著  [ 映画と読書の感想ブログ ]   2007年09月30日 18:47
西の魔女が死んだ 梨木 香歩 中学生になってすぐに登校拒否になってしまった少女まいは自然がいっぱいの田舎に住む英国人の祖母の元で療養生活を送ることになる。そこでおばあちゃんから魔女修行と称して色々大事なことを教わっていく、という心温まるファンタジー。 ...
18. 家守綺譚  [ こどもの時間 ]   2007年10月12日 13:46
家守綺譚梨木 香歩 (2004/01)新潮社 この商品の詳細を見る 先日、「からくりからくさ」以来数年ぶりに読んだ梨木香歩さんの小説「村田エフェンディ滞土録」にいたく感動して、リンク??.
19. 「沼地のある森を抜けて」梨木香歩著  [ 映画と読書の感想ブログ ]   2007年10月25日 06:42
沼地のある森を抜けて 化学メーカーの研究室で研究者として働く上淵久美は、叔母の時子が突然亡くなったことで代々伝わる「ぬか床」を引き継ぐことになった。ぬか床を引き継いでから不思議な現象が相次ぎ、その謎を探っていく。というお話。 サイドストーリーとして異...
20. 沼地のある森を抜けて 梨木香歩  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年12月07日 01:38
3 沼地のある森を抜けて ■やぎっちょ書評 梨木さんの小説(エッセイ以外)は全部読んだと思っていたのに、まだあった!うわわ。 それにしてもこのところ、自分の好き好き作家さんばかり読んでいるから、なんか精神的に安定しているというか、楽。 この本はなんかもう、....
21. 蟹塚縁起  [ こどもの時間 ]   2007年12月27日 10:43
蟹塚縁起(2003/02)木内 達朗、梨木 香歩 他商品詳細を見る ああ この土と、もっと親しんで生きたかった 何千もの兵を率いて戦った武将の、無念の死を遂げる間際のその思いが、今...
22. 少女の永遠――梨木香歩「マジョモリ」  [ こどもの時間 ]   2008年01月08日 10:46
マジョモリ(2003/05)早川 司寿乃、梨木 香歩 他商品詳細を見る まじょもりへ ごしょうたい 不思議な植物のつるが運んできた、うすいみずい??.
23. 魔女が遺してくれたもの――梨木香歩「西の魔女が死んだ」  [ こどもの時間 ]   2008年01月12日 14:52
西の魔女が死んだ (新潮文庫)(2001/07)梨木 香歩商品詳細を見る 最初にタイトルを見たとき、「オズの魔法使い」に登場する、善き魔女グリンダを逮..
24. 村田エフェンディ滞土録  [ こどもの時間 ]   2008年01月22日 15:49
村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)(2007/05)梨木 香歩商品詳細を見る 「家守綺譚」とリンクしている「村田エフェンディ滞土録」 先に読??.
25. 西の魔女が死んだ  [ 窓際プログラマーの読書三昧 ]   2008年01月26日 21:25
■西の魔女が死んだ ■新潮社 ■梨木 香歩 前回読んだ、『ポプラの秋』に設定がものすごく似ていたせいか、主人公の「まい」と『ポプラの秋」の主人公、千秋がダブってしまい、中学生のまいが小学校低学年の女の子に思えてしまい、イメージを修正するの苦労しました。...
26. 春になったら莓を摘みに  [ こどもの時間 ]   2008年02月06日 15:54
春になったら苺を摘みに (新潮文庫)(2006/02)梨木 香歩商品詳細を見る 梨木香歩さんのエッセイ。 英国に留学していた頃の、下宿の女主人であギ..
27. エンジェル エンジェル エンジェル  [ こどもの時間 ]   2009年01月21日 17:24
エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)(2004/02)梨木 香歩商品詳細を見る キーワードは「天使」 ほぼ寝たきり状態のおばあちゃんの...
28. f植物園の巣穴  [ こどもの時間 ]   2009年05月26日 10:00
f植物園の巣穴(2009/05/07)梨木 香歩商品詳細を見る 千代を捜しに。 梨木香歩さんの新刊です。 文庫落ちするまで待とうかどうしようか迷っ??.
29. りかさん  [ こどもの時間 ]   2009年05月28日 15:20
りかさん(1999/12)梨木 香歩商品詳細を見る リカちゃん人形が欲しいと言ったようこの元に、おばあちゃんから送られてきたのは古い市松人形のり...
30. 沼地のある森を抜けて  [ こどもの時間 ]   2009年06月26日 13:44
沼地のある森を抜けて (新潮文庫)(2008/11/27)梨木 香歩商品詳細を見る ひとことで言うなら、「ぬか床から始まる壮大な命の物語」 時子叔母が亮..
【本ブログを探す】
【ジャンルから探す】
このジャンルが得意な本ブロガーさん

・ 恋愛小説(54)
・ ヒューマン(58)
・ ミステリー(172)
・ ハードボイルド・エスピオナージュ(21)
・ SF(23)
・ ファンタジー(52)
・ ホラー(13)
・ 歴史小説(29)
・ 文学(56)
・ 翻訳物(29)
・ 児童文学(35)
・ 童話・絵本(16)
・ ノンフィクション(21)
・ エッセイ(14)
・ 実用書(22)
・ ビジネス書(28)
・ 新書(18)
・ マンガ(35)
・ ジャンル問わず濫読(117)
【作家から探す】
この作家が得意な本ブロガーさん

あ行の作家
・ 青木祐子(1) 本の紹介
・ 赤羽末吉(1)
・ 日日日(あきら)(1)
・ 浅田次郎(3)
・ あさのあつこ(1)
・ 芦原すなお(1)
・ 東直己(1)
・ 阿部和重(1) 本の紹介
・ 綾辻行人(4)
・ 有川浩(4)
・ 有栖川有栖(2)
・ 飯田譲治(1)
・ 安房直子(1) 本の紹介
・ 池上永一(1)
・ 伊坂幸太郎(17) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎2(16) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎3(1)
・ いしいしんじ(3)
・ 石田衣良(4) 本の紹介
・ 市川拓司(1)
・ 絲山秋子(2)
・ 稲見一良(1)
・ 井上祐美子(2) 本の紹介
・ 上橋菜穂子(4) 本の紹介
・ 魚住陽子(1)
・ 歌野晶午(1)
・ 打海文三(1)
・ 江國香織(7) 本の紹介
・ 江戸川乱歩(1)
・ 海老沢泰久(1)
・ 大江健三郎(1)
・ 大崎善生(2)
・ 大沢在昌(2)
・ 大島真寿美(1)
・ 岡嶋二人(1)
・ 小川一水(1) 本の紹介
・ 小川洋子(6) 本の紹介
・ 荻原規子(3)
・ 荻原浩(5)
・ 奥泉光(1)
・ 奥田英朗(7)
・ 奥野修司(1)
・ 乙一(8)
・ 小野不由美(7)
・ 恩田陸(13) 恩田陸2(12)
か行の作家
・ 海堂尊(1)
・ 垣根涼介(1)
・ 角田光代(6) 本の紹介
・ 霞流一(1)
・ 加納朋子(2) 本の紹介
・ 金城一紀(2)
・ 茅田砂胡(1)
・ 川上弘美(6) 本の紹介
・ 川島誠(1)
・ 川端裕人(2)
・ 神林長平(1)
・ 川端康成(1)
・ 菊地秀行(1)
・ 北方謙三(2)
・ 北村薫(1)
・ 北森鴻(1)
・ 桐野夏生(2)
・ 京極夏彦(8) 本の紹介
・ 栗田有起(1)
・ 栗本薫(2) 本の紹介
・ 黒岩重吾(1)
・ 黒川みつひろ(1)
・ 香月日輪(1)
・ 五條瑛(1)
・ 古処誠二(1) 本の紹介
・ 小松左京(2)
・ 五味太郎(1)
さ行の作家
・ 斎藤美奈子(1)
・ 桜庭一樹(1)
・ 佐藤賢一(1) 本の紹介
・ 佐藤多佳子(3)
・ 佐野眞一(1)
・ 沢木耕太郎(1)
・ 沢村凛(1)
・ 重松清(6) 本の紹介
・ 篠田節子(1)
・ 篠原一(1)
・ 司馬遼太郎(1)
・ 柴田よしき(2)
・ 島田荘司(3)
・ 島本理生(1)
・ 清水義範(1)
・ 朱川湊人(1)
・ 殊能将之(1)
・ 小路幸也(3)
・ 真保裕一(1)
・ 瀬尾まいこ(4)
・ 妹尾ゆふ子(1)
た行の作家
・ 高階秀爾(1)
・ 高野秀行(1)
・ 高橋源一郎(1)
・ 高村薫(1)
・ 竹内真(1)
・ 田中芳樹(2) 本の紹介
・ 長新太(1)
・ 辻村深月(2) 本の紹介
・ 筒井康隆(5)
・ 都筑道夫(1)
・ 豊島ミホ(2)
・ 戸田誠二(1)
な行の作家
・ 永井荷風(1)
・ 中川ひろたか(1)
・ 中村うさぎ(1)
・ 梨木香歩(7) 本の紹介
・ 夏目漱石(1)
・ 七井翔子(1) 本の紹介
・ 南條竹則(1) 本の紹介
・ 西加奈子(1)
・ 西尾維新(5) 本の紹介
・ 西澤保彦(2)
・ 貫井徳郎(1)
・ 乃南アサ(1) 本の紹介
・ 野矢茂樹(1)
・ 法月綸太郎(1)
は行の作家
・ 灰谷健次郎(1)
・ 畠中恵(3)
・ 帚木蓬生(1)
・ 林真理子(1)
・ 原田宗典(2)
・ 東野圭吾(10) 本の紹介
・ 東野圭吾2(4)
・ 樋口有介(1)
・ 平岩弓枝(1)
・ 平安寿子(1)
・ 藤原新也(1)
・ 藤本ひとみ(1)
・ 船戸与一(1)
・ 古川日出男(2) 本の紹介
ま行の作家
・ 舞城王太郎(3)
・ 万城目学(1)
・ 町田康(1) 本の紹介
・ 松井今朝子(2) 本の紹介
・ 松谷みよ子(1)
・ 麻耶雄嵩(1)
・ 三浦綾子(1)
・ 三浦しをん(5)
・ 三崎亜記(1)
・ 三島由紀夫(1)
・ 光原百合(1) 本の紹介
・ 宮城谷昌光(2)
・ 宮部みゆき(12) 本の紹介
・ 宮本輝(1)
・ 村上春樹(8) 本の紹介
・ 村上龍(2) 本の紹介
・ 村山由佳(2)
・ 室積光(1) 本の紹介
・ 本谷有希子(1) 本の紹介
・ 森絵都(3) 本の紹介
・ 森奈津子(1)
・ 森博嗣(9) 本の紹介
・ 森見登美彦(1)
や行の作家
・ 山田詠美(2) 本の紹介
・ 山田悠介(1)
・ 山本一力(1)
・ 山本文緒(1)
・ 夢枕獏(1)
・ 横山秀夫(6)
・ 吉川英治(1)
・ よしもとばなな(4)
・ 米澤穂信(2)
・ 米原万里(1)
ら行の作家
・ 連城三紀彦(1)
わ行の作家
・ 若竹七海(2)
・ 渡辺淳一(1)
その他
・ クラフトエヴィング商會(1)
外国人作家
・ アーダルベルト・シュティフター(1)
・ アガサ・クリスティー(2)
・ アゴタ・クリストフ(1)
・ アン・タイラー(1)
・ イタロ・カルヴィーノ(1)
・ A&Bストルガツキー(1)
・ エラリイ・クイーン(2)
・ エーリヒ・ケストナー(1)
・ エリザベス・バーグ(1)
・ ガルシア=マルケス(2)
・ キャロル・オコンネル(1)
・ クリストファー・パオリーニ(1)
・ コナン・ドイル(1)
・ サン=テグジュペリ(1)
・ サンドラ・ブラウン(1)
・ J・R・Rトールキン(1)
・ ジェフリー・アーチャー(1)
・ ジェイムズ・P・ホーガン(1)
・ ジョージ・P・ペレケーノス(1)
・ ジョン・ディクスン・カー(1)
・ スタニスワフ・レム(1)
・ スティーヴン・キング(2)
・ ダイアナ・W・ジョーンズ(1)本の紹介
・ タニス・リー(1) 本の紹介
・ ダレン・シャン(1)
・ トマス・ハーディ(1) 本の紹介
・ ヴァージニア・ウルフ(1) 本の紹介
・ パトリシア・A・マキリップ(1)本の紹介
・ ポール・オースター(1)
・ ポール・ルバイン(1) 本の紹介
・ マーガレット・アトウッド(1)
・ マイケル・ムアコック(1) 本の紹介
・ ヨースタイン・ゴルデル(1)
・ リンダ・ハワード(1)
・ ル・グウィン(1)


マンガ家
・ 池田理代子(1)
・ 岩館真理子(1)
・ 浦沢直樹(1)
・ 小畑健(1)
・ くらもちふさこ(1)
・ 清水玲子(1)
Ciel Bleu

Ciel Bleu "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!