2006年12月03日

京極夏彦さんが得意!

京極夏彦さんが得意なブロガーさんです。
(登録順)
※画像をクリックすればアマゾンで本を購入できます


ひなたぼっこは3時までのとむぼんさんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!
【ひなたぼっこは3時までの京極夏彦さんカテゴリ】

魍魎の匣―文庫版
文庫版 狂骨の夢
続巷説百物語



眩暈坂の道標のyoriさんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!
【眩暈坂の道標はブログ全体が京極夏彦さんカテゴリです】

文庫版 狂骨の夢
書き出しからして良い。海の情景、潮騒の音色、沈んでいく魂、溶けていく肉体、それらは幻想とも、妖艶とも、猟奇的とも、ノスタルジックとも表現することが出来るだろう。歴史と宗教と精神医学の迷路に京極堂が挑む夢現の如き、美しくも妖しい物語である。
【この本の眩暈坂の道標書評はこちらから】


後巷説百物語
鈴の音と共に現れては暗躍する仕掛人達、全ての不思議は仕掛けの所存、この世に不思議なことなんてないのさあ、と京極堂ならぬ又市の呟く声が聞こえてきそうだ。
まやかしの向こうの明日のために、まやかしという仕掛けでこの世を生き抜く悪党達の物語。
【この本の眩暈坂の道標書評はこちらから】


嗤う伊右衛門
御存知、東海道四谷怪談のお岩さんが蘇る。独特の妖しくも妖艶な文章で描き出される京極版お岩さんは、健気で美しくて怪しい恋愛小説だった。
ちなみに「巷説百物語」の又市が重要な配役で登場するので、百物語を読まれるのなら、まずはこちらからどうぞ。
【この本の眩暈坂の道標書評はこちらから】



njfの日記 つねにやるきなくのnappingjellyfishさんがオススメする京極夏彦さんな1冊!!

魍魎の匣―文庫版



み〜くまのひとり言 もしくは ドラゴンライダーファンクラブのみ〜くまさんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!
【み〜くまのひとり言 もしくは ドラゴンライダーファンクラブの京極夏彦さんカテゴリ】

文庫版 陰摩羅鬼の瑕
魍魎の匣―文庫版
文庫版 絡新婦の理



うらひろのひろねこさんがオススメする京極夏彦さんな2冊!!
【うらひろの京極夏彦さんカテゴリ】

続巷説百物語
後巷説百物語



樽井さんの読書&電化よもやま話の樽井さんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!

文庫版 姑獲鳥の夏
文庫版 鉄鼠の檻
巷説百物語



みすじゃん。のおんもらきさんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!
【みすじゃん。の京極夏彦さんカテゴリ】

魍魎の匣
文庫版 絡新婦の理
続巷説百物語



今日できることは明日でもできる。のまり数さんがオススメする京極夏彦さんな3冊!!

姑獲鳥の夏
鉄鼠の檻
ルー=ガルー ― 忌避すべき狼



(TBはオススメ本と同じ本でお願いします)

honblo at 00:00│TrackBack(14)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「続巷説百物語」京極夏彦  [ Ciel Bleu ]   2006年12月07日 16:37
 [amazon] [bk1] ものすごーく久しぶりの京極作品。「巷説百物語」の続編です。今回も連作短編。小股潜りの又市、山猫廻しのおぎん、事触れの治平、考物の...
2. 「続巷説百物語」/御行奉為・・・  [ 日常&読んだ本log ]   2006年12月08日 22:57
京極 夏彦 「続巷説百物語 」 扉から、そのまま引きます。言葉の調子が実にいいんだよ。 人の世に凝るもの。恨みつらみに妬みに嫉み、泪、執念、憤り。 道を通せば角が立つ。倫を外せば深みに嵌まる。そっと通るは裏の径。 所詮浮世は夢幻と、見切る憂き世の狂
3. 『魍魎の匣』京極夏彦  [ 道草読書のススメ ]   2007年01月02日 22:29
シェアブログ1152に投稿 うははは、ついに読み終えました。 就寝前にちょびちょび読み進めて10日ほど(遅読) (この本は『就寝前本』だったのだ。なんか夜の似合う作品だと思いませんか?) 今日のお休みを利用してラストスパ
4. 115『魍魎の匣』  [ 慧の本箱 ]   2007年05月14日 13:11
 男は匣を持っている     大層大事そうに膝に乗せている        時折話しかけたりする           「ほう」          匣の中から聲がした       鈴でも轉がすやうな女の聲だった 魍魎の匣 京極 夏彦の作品『魍魎の匣』を読んで...
5. 116『嗤う伊右衛門』  [ 慧の本箱 ]   2007年05月14日 13:12
  菊重ね模様の蒔絵の櫛を       己が心の証しとして・・・ 嗤う伊右衛門 1997年に泉鏡花文学賞を受賞した 『嗤う伊右衛門』です 4世鶴屋南北の最高傑作とされる 『東海道四谷怪談』を京極夏彦は斬新な解釈を 施して現代に蘇らせています  この作品...
6. 絡新婦の理 【京極夏彦】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月10日 10:09
血塗られた鑿(のみ)をふるう目潰し魔と、怪力の絞殺魔、 聖ベルナール女学院に現れた『蜘蛛の僕』を名乗る謎の集団と、売春グループによる黒ミサ。 それらは、一見関連性の無い事事のようだけど… 事件に関わるものは皆、蜘蛛の意のままに操られ、張り巡らされた蜘蛛の...
7. 狂骨の夢 【京極夏彦】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月10日 10:10
――『私は、人を殺したのでございます』―― 朱美は教会で、殺した夫が何度も復活して自分のもとを訪れ、その度、その死者を殺しては首を切ることを繰り返してしまうと告白する。 『髑髏(どくろ)を俺に返せ』と言うらしい。 殺しても殺しても蘇る屍体とは?? 夫は本当...
8. 魍魎の匣 【京極夏彦】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月10日 10:11
匣にみっしりと詰まっている綺麗な少女、 バラバラに切断され箱に入れて捨てられていた、少女達の四肢、 箱のような巨大な建物、美馬坂近代医学研究所、 魍魎を閉じ込め信者を救済するという、箱を祀る奇妙な新興宗教・御筥様(おんばこさま)、 箱、匣、筥、はこ… ...
9. 姑獲鳥の夏 【京極夏彦】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月10日 10:11
―― 人は、20箇月もの間子どもを身篭っていることができるのか? ―― 昭和二十七年の夏、関口巽は『子供を20箇月も身籠っている妊婦がいる』との奇怪な噂を耳にする。 ひょんなことから、これに関わる事件の真相を探ることになるのだが… 京極夏彦さんのデビ...
10. 嗤う伊右衛門 【京極夏彦】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年08月21日 16:26
笑ったことのない、寡黙で実直な侍、伊右衛門。 疱瘡を病み顔崩れても、気丈で聡明で凛として正しさを失わない、岩。 この二人の、狂おしいほどに互いを想う愛が描かれた、儚く美しい究極のラブストーリー。 岩は、あの四谷怪談で有名な『お岩さん』。 でもこれは、四...
11. 京極夏彦 姑獲鳥の夏  [ すべてに広く浅く  ]   2007年11月29日 21:03
「この世には不思議なことなど何もないのだよ」古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす。東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。「B...
12. 巷説百物語  [ こどもの時間 ]   2012年02月15日 16:10
巷説百物語 (怪BOOKS)(1999/09)京極 夏彦商品詳細を見る 前から読んでみたいとは思っていたものの、なんとな〜く腰が退けていた京極作品。 なんというか、タイトルや表紙からして おどろおどろしいし、...
13. 続巷説百物語  [ こどもの時間 ]   2012年02月15日 16:12
続巷説百物語 (文芸シリーズ)(2001/05)京極 夏彦商品詳細を見る 「続」というからには当然「巷説百物語」の続編…と思っていたら、ちょっと違った。 「巷説百物語」のそれぞれの短編を繋ぐような形で話が...
14. 後巷説百物語  [ こどもの時間 ]   2012年02月23日 16:14
後巷説百物語 (Kwai books)(2003/12)京極 夏彦商品詳細を見る 「巷説百物語」「続巷説百物語」の 後(のち)の物語。 直木賞を受賞したというから、その当時は 前の二作を読まずに本書だけを読んだ人も...
【本ブログを探す】
【ジャンルから探す】
このジャンルが得意な本ブロガーさん

・ 恋愛小説(54)
・ ヒューマン(58)
・ ミステリー(172)
・ ハードボイルド・エスピオナージュ(21)
・ SF(23)
・ ファンタジー(52)
・ ホラー(13)
・ 歴史小説(29)
・ 文学(56)
・ 翻訳物(29)
・ 児童文学(35)
・ 童話・絵本(16)
・ ノンフィクション(21)
・ エッセイ(14)
・ 実用書(22)
・ ビジネス書(28)
・ 新書(18)
・ マンガ(35)
・ ジャンル問わず濫読(117)
【作家から探す】
この作家が得意な本ブロガーさん

あ行の作家
・ 青木祐子(1) 本の紹介
・ 赤羽末吉(1)
・ 日日日(あきら)(1)
・ 浅田次郎(3)
・ あさのあつこ(1)
・ 芦原すなお(1)
・ 東直己(1)
・ 阿部和重(1) 本の紹介
・ 綾辻行人(4)
・ 有川浩(4)
・ 有栖川有栖(2)
・ 飯田譲治(1)
・ 安房直子(1) 本の紹介
・ 池上永一(1)
・ 伊坂幸太郎(17) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎2(16) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎3(1)
・ いしいしんじ(3)
・ 石田衣良(4) 本の紹介
・ 市川拓司(1)
・ 絲山秋子(2)
・ 稲見一良(1)
・ 井上祐美子(2) 本の紹介
・ 上橋菜穂子(4) 本の紹介
・ 魚住陽子(1)
・ 歌野晶午(1)
・ 打海文三(1)
・ 江國香織(7) 本の紹介
・ 江戸川乱歩(1)
・ 海老沢泰久(1)
・ 大江健三郎(1)
・ 大崎善生(2)
・ 大沢在昌(2)
・ 大島真寿美(1)
・ 岡嶋二人(1)
・ 小川一水(1) 本の紹介
・ 小川洋子(6) 本の紹介
・ 荻原規子(3)
・ 荻原浩(5)
・ 奥泉光(1)
・ 奥田英朗(7)
・ 奥野修司(1)
・ 乙一(8)
・ 小野不由美(7)
・ 恩田陸(13) 恩田陸2(12)
か行の作家
・ 海堂尊(1)
・ 垣根涼介(1)
・ 角田光代(6) 本の紹介
・ 霞流一(1)
・ 加納朋子(2) 本の紹介
・ 金城一紀(2)
・ 茅田砂胡(1)
・ 川上弘美(6) 本の紹介
・ 川島誠(1)
・ 川端裕人(2)
・ 神林長平(1)
・ 川端康成(1)
・ 菊地秀行(1)
・ 北方謙三(2)
・ 北村薫(1)
・ 北森鴻(1)
・ 桐野夏生(2)
・ 京極夏彦(8) 本の紹介
・ 栗田有起(1)
・ 栗本薫(2) 本の紹介
・ 黒岩重吾(1)
・ 黒川みつひろ(1)
・ 香月日輪(1)
・ 五條瑛(1)
・ 古処誠二(1) 本の紹介
・ 小松左京(2)
・ 五味太郎(1)
さ行の作家
・ 斎藤美奈子(1)
・ 桜庭一樹(1)
・ 佐藤賢一(1) 本の紹介
・ 佐藤多佳子(3)
・ 佐野眞一(1)
・ 沢木耕太郎(1)
・ 沢村凛(1)
・ 重松清(6) 本の紹介
・ 篠田節子(1)
・ 篠原一(1)
・ 司馬遼太郎(1)
・ 柴田よしき(2)
・ 島田荘司(3)
・ 島本理生(1)
・ 清水義範(1)
・ 朱川湊人(1)
・ 殊能将之(1)
・ 小路幸也(3)
・ 真保裕一(1)
・ 瀬尾まいこ(4)
・ 妹尾ゆふ子(1)
た行の作家
・ 高階秀爾(1)
・ 高野秀行(1)
・ 高橋源一郎(1)
・ 高村薫(1)
・ 竹内真(1)
・ 田中芳樹(2) 本の紹介
・ 長新太(1)
・ 辻村深月(2) 本の紹介
・ 筒井康隆(5)
・ 都筑道夫(1)
・ 豊島ミホ(2)
・ 戸田誠二(1)
な行の作家
・ 永井荷風(1)
・ 中川ひろたか(1)
・ 中村うさぎ(1)
・ 梨木香歩(7) 本の紹介
・ 夏目漱石(1)
・ 七井翔子(1) 本の紹介
・ 南條竹則(1) 本の紹介
・ 西加奈子(1)
・ 西尾維新(5) 本の紹介
・ 西澤保彦(2)
・ 貫井徳郎(1)
・ 乃南アサ(1) 本の紹介
・ 野矢茂樹(1)
・ 法月綸太郎(1)
は行の作家
・ 灰谷健次郎(1)
・ 畠中恵(3)
・ 帚木蓬生(1)
・ 林真理子(1)
・ 原田宗典(2)
・ 東野圭吾(10) 本の紹介
・ 東野圭吾2(4)
・ 樋口有介(1)
・ 平岩弓枝(1)
・ 平安寿子(1)
・ 藤原新也(1)
・ 藤本ひとみ(1)
・ 船戸与一(1)
・ 古川日出男(2) 本の紹介
ま行の作家
・ 舞城王太郎(3)
・ 万城目学(1)
・ 町田康(1) 本の紹介
・ 松井今朝子(2) 本の紹介
・ 松谷みよ子(1)
・ 麻耶雄嵩(1)
・ 三浦綾子(1)
・ 三浦しをん(5)
・ 三崎亜記(1)
・ 三島由紀夫(1)
・ 光原百合(1) 本の紹介
・ 宮城谷昌光(2)
・ 宮部みゆき(12) 本の紹介
・ 宮本輝(1)
・ 村上春樹(8) 本の紹介
・ 村上龍(2) 本の紹介
・ 村山由佳(2)
・ 室積光(1) 本の紹介
・ 本谷有希子(1) 本の紹介
・ 森絵都(3) 本の紹介
・ 森奈津子(1)
・ 森博嗣(9) 本の紹介
・ 森見登美彦(1)
や行の作家
・ 山田詠美(2) 本の紹介
・ 山田悠介(1)
・ 山本一力(1)
・ 山本文緒(1)
・ 夢枕獏(1)
・ 横山秀夫(6)
・ 吉川英治(1)
・ よしもとばなな(4)
・ 米澤穂信(2)
・ 米原万里(1)
ら行の作家
・ 連城三紀彦(1)
わ行の作家
・ 若竹七海(2)
・ 渡辺淳一(1)
その他
・ クラフトエヴィング商會(1)
外国人作家
・ アーダルベルト・シュティフター(1)
・ アガサ・クリスティー(2)
・ アゴタ・クリストフ(1)
・ アン・タイラー(1)
・ イタロ・カルヴィーノ(1)
・ A&Bストルガツキー(1)
・ エラリイ・クイーン(2)
・ エーリヒ・ケストナー(1)
・ エリザベス・バーグ(1)
・ ガルシア=マルケス(2)
・ キャロル・オコンネル(1)
・ クリストファー・パオリーニ(1)
・ コナン・ドイル(1)
・ サン=テグジュペリ(1)
・ サンドラ・ブラウン(1)
・ J・R・Rトールキン(1)
・ ジェフリー・アーチャー(1)
・ ジェイムズ・P・ホーガン(1)
・ ジョージ・P・ペレケーノス(1)
・ ジョン・ディクスン・カー(1)
・ スタニスワフ・レム(1)
・ スティーヴン・キング(2)
・ ダイアナ・W・ジョーンズ(1)本の紹介
・ タニス・リー(1) 本の紹介
・ ダレン・シャン(1)
・ トマス・ハーディ(1) 本の紹介
・ ヴァージニア・ウルフ(1) 本の紹介
・ パトリシア・A・マキリップ(1)本の紹介
・ ポール・オースター(1)
・ ポール・ルバイン(1) 本の紹介
・ マーガレット・アトウッド(1)
・ マイケル・ムアコック(1) 本の紹介
・ ヨースタイン・ゴルデル(1)
・ リンダ・ハワード(1)
・ ル・グウィン(1)


マンガ家
・ 池田理代子(1)
・ 岩館真理子(1)
・ 浦沢直樹(1)
・ 小畑健(1)
・ くらもちふさこ(1)
・ 清水玲子(1)
Ciel Bleu

Ciel Bleu "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!