2006年12月03日

東野圭吾さんが得意!

東野圭吾さんが得意なブロガーさんです。
(登録順)
※画像をクリックすればアマゾンで本を購入できます


Gotaku*Logの眠り猫さんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【Gotaku*Logの東野圭吾さんカテゴリ】

白夜行
天空の蜂
悪意



乱読日記のjunn_411334さんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【乱読日記の東野圭吾さんカテゴリ】

白夜行
東野作品の中でもモンスターといわれている作品。全てがさいごにならないとつながらない、伏線の塊。
正直に疲れる反面、読み進まないといけないと取り付かれる“なぜ?”そのことが最後まで心に残る、そんな作品です。
【この本の乱読日記書評はこちらから】


探偵ガリレオ
天才湯川の突っ込みと、ぼけでなく、ぼやきで返す草薙刑事の見事なコンビネーションがはまる作品。同シリーズに「予知夢」「容疑者Xの献身」があり、こちらでもこのコンビは健在。
この本を読んでると、超常現象というものはやはり存在しないのだろうなという気分にさせてくれます。
【この本の乱読日記書評はこちらから】


悪意
人の先入観というものを徹底的に利用した作品。そして人が普段理性で抑えているものが死を前にした時は開放されてしまう…
それがもし、「悪意」だったら…。自分自身の感情、先入観いろいろなものと向きあわさせられる作品でした。
【この本の乱読日記書評はこちらから】



活字の砂漠で溺れたいのyoriさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【活字の砂漠で溺れたいの東野圭吾さんカテゴリ】

白夜行
加賀刑事も湯川先生も登場しないけれど、私の東野圭吾といえばこれです。文章は淡々としていて、物語にはざらついた金属のような質感があります。硬質で、冷たくて、触れるだけで自分が傷ついてしまう。傷つくと解っていても触れてみたくなる、白夜行は、そんな小説です。
【この本の活字の砂漠で溺れたい書評はこちらから】


分身
人間の尊厳とか命とか、それは一体誰のためのものなのでしょうか。生まれて生きて生き抜いた先の人生は、確かに自分の物であるはずなのに、人はそれをそうだと断言できない。でもそんな弱さが実は人間らしさ、なのかもしれません。「分身」は切ない小説ですね。
【この本の活字の砂漠で溺れたい書評はこちらから】


悪意
異色です。このミステリー小説は、犯人探しではないし、トリック物でもないし、密室物でもなければアリバイ崩しでもありません。人はなぜ人を殺すのか、テーマは深いです。そんな高いハードルに、お馴染み「加賀恭一郎」が果敢に挑みます。
【この本の活字の砂漠で溺れたい書評はこちらから】



ほんだらけのuririnさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【ほんだらけの東野圭吾さんカテゴリ機

秘密
白夜行
悪意



本を読んだら・・・by ゆうきのゆうきさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【本を読んだら・・・by ゆうきの東野圭吾さんカテゴリ】

秘密
白夜行
時生



眠り猫の憂鬱のせつらさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【眠り猫の憂鬱の東野圭吾さんカテゴリ】

浪花少年探偵団
眠りの森
手紙



COCO2のバスタイム読書のCOCO2さんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!

容疑者Xの献身
片想い
天空の蜂



本の虫のなおさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【本の虫の東野圭吾さんカテゴリ】

時生
白夜行
赤い指



No Story, No Lifeのpear_pictureさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!

パラレルワールド・ラブストーリー
どちらかが彼女を殺した
鳥人計画



ふわごこちのことりさんがオススメする東野圭吾さんな3冊!!
【ふわごこちの東野圭吾さんカテゴリ】

秘密
白夜行
分身



(TBはオススメ本と同じ本でお願いします)

honblo at 00:00│TrackBack(26)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 白夜行 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2006年12月10日 21:09
3 白夜行 ■やぎっちょ評価コメント [この本はすみれさんに紹介いただきました] 3月15日再設定。★3つにしました。 この本はミステリーってよりも、壮大な・・・ナントカスペクタクル。。。 ま、そういうのはどうでもいいとして、結局人生白夜のもとを歩くことにな....
2. 時生  [ higeruの大活字読書録 ]   2006年12月12日 15:36
5  もうちょっとのところで今日の読書タイムが終わってしまったので,今日は過去本。東野ファンとしてまだ一冊しか紹介できていないので,昨年読んだものから。  未来の息子が父親に会いに来て…という,タイムスリップがモチーフの一つになっているお話。読んだ当時のメ....
3. 容疑者Xの献身/東野圭吾/文藝春秋  [ おいしい読書生活 ]   2006年12月13日 11:53
あの湯川の好敵手度★★★★★ あまりの衝撃的トリックに興奮がおまらない!! 石神ーーーーー(>__
4. 原作と映像化  [ GREENFIELDS ]   2006年12月17日 10:54
白夜行東野 圭吾 集英社 1999-08売り上げランキング : 79410Amazonで詳しく見る by G-Tools 東野圭吾『白夜行』読了。 男と女の物語が綴られている。 この男女の接点はどこにあるのか。 次々起こる事件と因果関係。 ドラマを見ているので最初は困惑しました。先週放送分を...
5. 秘密 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年01月12日 05:44
3 秘密 この本は「Ciel Bleu」の四季さんにオススメしてもらいました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 グッと来ながらどこか晴れきらない読後感。 もちろん文句なんか全然なくって、素晴らしいいい本でした。だからこそ感じるこの心の中に糸を引く一言では...
6. 『容疑者Xの献身』 東野圭吾  [ ついてる日記?? ]   2007年02月03日 11:32
容疑者Xの献身posted with amazlet on 05.12.07
7. 白夜行  [ 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ ]   2007年02月06日 22:00
********************************************************************** 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。 最後に被害者と会った女がガス中毒死して 事件は迷宮入りする。 物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。 当時小学生だった二人が成長し 社会で“活躍”す...
8. 悪意 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年04月01日 00:57
4 悪意 ■やぎっちょ書評 おーこれはすごかったですよぉ! ほんぶろの東野圭吾さんページで多くの方が勧めているので読んでみたら明らかに「当たり!」でした。 ミステリーではなく、久々の「推理小説」。しかも展開が異色。犯人はわかってるんだけど・・・。 まずですね....
9. どちらかが彼女を殺した 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年04月13日 18:13
4 どちらかが彼女を殺した この本は本の虫のなおさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 わからん! わからんわからんわからんー。 (以下犯人(ネタ)バレまくりです)
10. 鳥人計画 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年04月17日 00:53
3 鳥人計画 この本は活字の砂漠で溺れたいのyoriさん、日だまりで読書のそらさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 加賀刑事モノを一度離れてこの本を。 これはあれかなぁ。スキーのジャンプが一時期盛り上がった頃がありましたよね....
11. 赤い指 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年04月29日 17:24
3 赤い指 この本はどくしょるーむのia.さんにオススメしてもらいました。ありがとうございました! ■やぎっちょ書評 加賀刑事モノの最新作。いきなり加賀父が出てきたのでビックリしました。この本が第7作で、第6作の「嘘をもう一つだけ」を読んでいないので、ひょっとす...
12. 【東野圭吾】容疑者Xの献身  [ higeruの大活字読書録 ]   2007年05月12日 01:37
5  この本は体に悪い! 面白すぎ→ページをめくる手が止まらない→つい夜更かしをしてしまう→寝不足になる→体調を崩す、という図式である。 文藝春秋 2005/12/5 第八刷発行  文庫落ちは来年くらいかと思っていたところ、近所の古本屋で発見。新本同然の状態で400円、...
13. 142『白夜行』  [ 慧の本箱 ]   2007年05月14日 13:23
    幼いあの日の      無残な出来事で     芽生えた 毒の華を  枯らすことなく育てつづけることは        あまりにも   哀しいことではないでしょうか 白夜行 東野圭吾のベスチセラー『白夜行』を 遅ればせながら 読んでみました こ....
14. 秘密 【東野圭吾】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月08日 13:34
妻・直子と、小学5年生の娘・藻奈美を乗せたスキーバスが崖から転落。 この事故によって、平介は最愛の妻を失い、娘は意識不明になるが…。 妻の葬儀の夜、奇跡的に意識を取り戻した娘の身体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。 助かった、娘の体と妻の意識。 体...
15. 赤い指 【東野圭吾】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年07月12日 21:17
「あなた、すぐに帰ってきて」 帰宅した昭夫の目に飛び込んできたのは、庭に転がる見知らぬ少女の死体だった。 犯人は、中学3年の息子。 警察へ通報するか? それとも…… 両親は悩んだ末、息子に罪が着せられないよう遺体を遺棄処分し、 そして息子を守るため――...
16. 分身 【東野圭吾】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年08月11日 10:31
両親に似てなくて、母親から愛されていないと思い、悩んでいた、北海道育ちの氏家鞠子。 彼女が中学生の時、母親は一家心中を図り家に火をつけ、母親だけ焼死していまいます。 かたや、母にテレビ出演を禁じられていた、東京育ちの小林双葉。 アマチュアバンドのボーカル...
17. パラレルワールド・ラブストーリー 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年08月17日 15:45
3 パラレルワールド・ラブストーリー この本はBOOKCASEの琉歌さんにお勧めいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 興味そそられる話でした。電気信号のコントロールによる記憶の改編。 去年から科学の分野にちょっと興味を持っているので、そうい....
18. 白夜行 【東野圭吾】  [ *読み出したら止まらない* ]   2007年09月01日 10:17
――廃墟ビルで、質屋桐原の主人の死体が発見された。 ――容疑者は浮かぶものの、最後に被害者と会った容疑者の女性がガス中毒死をし、結局事件は迷宮入りする。 主人公は、その殺人事件の被害者の息子 桐原亮司と、ガス中毒死をした女性の娘 唐沢雪穂。 それ以降、なぜ...
19. 分身 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年09月10日 10:43
3 分身 この本は活字の砂漠で溺れたいのyoriさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 一番驚いたのは、1刷が1996年なんですが10年間で遺伝子やクローンに関する情報がものすごく進歩しているということですよ。 この本に書かれているこ...
20. 東野圭吾  探偵ガリレオ  [ すべてに広く浅く  ]   2007年11月25日 18:10
警視庁捜査一課の草薙俊平は奇怪な事件がおこると、友人の帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学を訪ねる。 突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…。湯川はその難解な事件を科学的に次々と解決していく。 連作...
21. 【東野圭吾】赤い指  [ higeruの大活字読書録 ]   2007年12月15日 22:46
5  『使命と魂のリミット』、『夜明けの街で』とも残念ながら「このミステリーがすごい! 2008年版」ではBEST10入りならずだったが、本作は2007年版第9位、久々の泣けるミステリーであった。まだ感想をアップしていない本が4,5冊あるのだが、この感動が冷めぬうちに書いてし....
22. 秘密  [ 窓際プログラマーの読書三昧 ]   2008年01月26日 21:26
■秘密 ■文春文庫 ■東野圭吾 妻と小学5年生の娘を乗せたバスが崖から転落し、妻は死亡、娘は、妻の葬儀の夜、意識を取り戻す。しかし、娘の体には、死んだはずの妻の魂が乗り移っていた。妻は、娘・藻奈美として生きてゆくことに... ストーリー、心理描写、伏線、思...
23. 黒笑小説/東野圭吾  [ ココロの本棚??大好きな本に囲まれて?? ]   2008年05月04日 01:39
黒笑小説/東野 圭吾 ¥1,680 Amazon.co.jp 上のリンクは違いますが、とうとう待ちに待った文庫が出たよ?? 「快笑小説」、「毒笑小説」に続くブラックユーモア短編集です。 今回はブラックの度合いが強かった気がします。 シリーズの中では比較的笑いの部...
24. 時生 東野圭吾  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2008年07月13日 23:26
3 時生 ■やぎっちょ読書感想文 ダメ人間ぶりにちょっとイラっ 物語がはじまりますよ。序章。 時生のお父さんとお母さんの話。出合った頃から時生を生むまでの問題。 そこに存在する病気。成長する時生がはい入院! そして場面は時生が死ぬ直前!! ダイジェスト版....
25. 『探偵ガリレオ』  [ 雨読夜話 ]   2009年01月31日 20:42
探偵ガリレオ (文春文庫)東野 圭吾文藝春秋 2002-02-10売り上げランキング : 210Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 予知夢 (文春文庫) 容疑者Xの献身 (殮.
26. 『分身』  [ 雨読夜話 ]   2009年01月31日 20:42
分身 (集英社文庫)東野 圭吾集英社 1996-09売り上げランキング : 1916Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 悪意 (講談社文庫) 変身 (講談社文庫) 宿命 (講...
【本ブログを探す】
【ジャンルから探す】
このジャンルが得意な本ブロガーさん

・ 恋愛小説(54)
・ ヒューマン(58)
・ ミステリー(172)
・ ハードボイルド・エスピオナージュ(21)
・ SF(23)
・ ファンタジー(52)
・ ホラー(13)
・ 歴史小説(29)
・ 文学(56)
・ 翻訳物(29)
・ 児童文学(35)
・ 童話・絵本(16)
・ ノンフィクション(21)
・ エッセイ(14)
・ 実用書(22)
・ ビジネス書(28)
・ 新書(18)
・ マンガ(35)
・ ジャンル問わず濫読(117)
【作家から探す】
この作家が得意な本ブロガーさん

あ行の作家
・ 青木祐子(1) 本の紹介
・ 赤羽末吉(1)
・ 日日日(あきら)(1)
・ 浅田次郎(3)
・ あさのあつこ(1)
・ 芦原すなお(1)
・ 東直己(1)
・ 阿部和重(1) 本の紹介
・ 綾辻行人(4)
・ 有川浩(4)
・ 有栖川有栖(2)
・ 飯田譲治(1)
・ 安房直子(1) 本の紹介
・ 池上永一(1)
・ 伊坂幸太郎(17) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎2(16) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎3(1)
・ いしいしんじ(3)
・ 石田衣良(4) 本の紹介
・ 市川拓司(1)
・ 絲山秋子(2)
・ 稲見一良(1)
・ 井上祐美子(2) 本の紹介
・ 上橋菜穂子(4) 本の紹介
・ 魚住陽子(1)
・ 歌野晶午(1)
・ 打海文三(1)
・ 江國香織(7) 本の紹介
・ 江戸川乱歩(1)
・ 海老沢泰久(1)
・ 大江健三郎(1)
・ 大崎善生(2)
・ 大沢在昌(2)
・ 大島真寿美(1)
・ 岡嶋二人(1)
・ 小川一水(1) 本の紹介
・ 小川洋子(6) 本の紹介
・ 荻原規子(3)
・ 荻原浩(5)
・ 奥泉光(1)
・ 奥田英朗(7)
・ 奥野修司(1)
・ 乙一(8)
・ 小野不由美(7)
・ 恩田陸(13) 恩田陸2(12)
か行の作家
・ 海堂尊(1)
・ 垣根涼介(1)
・ 角田光代(6) 本の紹介
・ 霞流一(1)
・ 加納朋子(2) 本の紹介
・ 金城一紀(2)
・ 茅田砂胡(1)
・ 川上弘美(6) 本の紹介
・ 川島誠(1)
・ 川端裕人(2)
・ 神林長平(1)
・ 川端康成(1)
・ 菊地秀行(1)
・ 北方謙三(2)
・ 北村薫(1)
・ 北森鴻(1)
・ 桐野夏生(2)
・ 京極夏彦(8) 本の紹介
・ 栗田有起(1)
・ 栗本薫(2) 本の紹介
・ 黒岩重吾(1)
・ 黒川みつひろ(1)
・ 香月日輪(1)
・ 五條瑛(1)
・ 古処誠二(1) 本の紹介
・ 小松左京(2)
・ 五味太郎(1)
さ行の作家
・ 斎藤美奈子(1)
・ 桜庭一樹(1)
・ 佐藤賢一(1) 本の紹介
・ 佐藤多佳子(3)
・ 佐野眞一(1)
・ 沢木耕太郎(1)
・ 沢村凛(1)
・ 重松清(6) 本の紹介
・ 篠田節子(1)
・ 篠原一(1)
・ 司馬遼太郎(1)
・ 柴田よしき(2)
・ 島田荘司(3)
・ 島本理生(1)
・ 清水義範(1)
・ 朱川湊人(1)
・ 殊能将之(1)
・ 小路幸也(3)
・ 真保裕一(1)
・ 瀬尾まいこ(4)
・ 妹尾ゆふ子(1)
た行の作家
・ 高階秀爾(1)
・ 高野秀行(1)
・ 高橋源一郎(1)
・ 高村薫(1)
・ 竹内真(1)
・ 田中芳樹(2) 本の紹介
・ 長新太(1)
・ 辻村深月(2) 本の紹介
・ 筒井康隆(5)
・ 都筑道夫(1)
・ 豊島ミホ(2)
・ 戸田誠二(1)
な行の作家
・ 永井荷風(1)
・ 中川ひろたか(1)
・ 中村うさぎ(1)
・ 梨木香歩(7) 本の紹介
・ 夏目漱石(1)
・ 七井翔子(1) 本の紹介
・ 南條竹則(1) 本の紹介
・ 西加奈子(1)
・ 西尾維新(5) 本の紹介
・ 西澤保彦(2)
・ 貫井徳郎(1)
・ 乃南アサ(1) 本の紹介
・ 野矢茂樹(1)
・ 法月綸太郎(1)
は行の作家
・ 灰谷健次郎(1)
・ 畠中恵(3)
・ 帚木蓬生(1)
・ 林真理子(1)
・ 原田宗典(2)
・ 東野圭吾(10) 本の紹介
・ 東野圭吾2(4)
・ 樋口有介(1)
・ 平岩弓枝(1)
・ 平安寿子(1)
・ 藤原新也(1)
・ 藤本ひとみ(1)
・ 船戸与一(1)
・ 古川日出男(2) 本の紹介
ま行の作家
・ 舞城王太郎(3)
・ 万城目学(1)
・ 町田康(1) 本の紹介
・ 松井今朝子(2) 本の紹介
・ 松谷みよ子(1)
・ 麻耶雄嵩(1)
・ 三浦綾子(1)
・ 三浦しをん(5)
・ 三崎亜記(1)
・ 三島由紀夫(1)
・ 光原百合(1) 本の紹介
・ 宮城谷昌光(2)
・ 宮部みゆき(12) 本の紹介
・ 宮本輝(1)
・ 村上春樹(8) 本の紹介
・ 村上龍(2) 本の紹介
・ 村山由佳(2)
・ 室積光(1) 本の紹介
・ 本谷有希子(1) 本の紹介
・ 森絵都(3) 本の紹介
・ 森奈津子(1)
・ 森博嗣(9) 本の紹介
・ 森見登美彦(1)
や行の作家
・ 山田詠美(2) 本の紹介
・ 山田悠介(1)
・ 山本一力(1)
・ 山本文緒(1)
・ 夢枕獏(1)
・ 横山秀夫(6)
・ 吉川英治(1)
・ よしもとばなな(4)
・ 米澤穂信(2)
・ 米原万里(1)
ら行の作家
・ 連城三紀彦(1)
わ行の作家
・ 若竹七海(2)
・ 渡辺淳一(1)
その他
・ クラフトエヴィング商會(1)
外国人作家
・ アーダルベルト・シュティフター(1)
・ アガサ・クリスティー(2)
・ アゴタ・クリストフ(1)
・ アン・タイラー(1)
・ イタロ・カルヴィーノ(1)
・ A&Bストルガツキー(1)
・ エラリイ・クイーン(2)
・ エーリヒ・ケストナー(1)
・ エリザベス・バーグ(1)
・ ガルシア=マルケス(2)
・ キャロル・オコンネル(1)
・ クリストファー・パオリーニ(1)
・ コナン・ドイル(1)
・ サン=テグジュペリ(1)
・ サンドラ・ブラウン(1)
・ J・R・Rトールキン(1)
・ ジェフリー・アーチャー(1)
・ ジェイムズ・P・ホーガン(1)
・ ジョージ・P・ペレケーノス(1)
・ ジョン・ディクスン・カー(1)
・ スタニスワフ・レム(1)
・ スティーヴン・キング(2)
・ ダイアナ・W・ジョーンズ(1)本の紹介
・ タニス・リー(1) 本の紹介
・ ダレン・シャン(1)
・ トマス・ハーディ(1) 本の紹介
・ ヴァージニア・ウルフ(1) 本の紹介
・ パトリシア・A・マキリップ(1)本の紹介
・ ポール・オースター(1)
・ ポール・ルバイン(1) 本の紹介
・ マーガレット・アトウッド(1)
・ マイケル・ムアコック(1) 本の紹介
・ ヨースタイン・ゴルデル(1)
・ リンダ・ハワード(1)
・ ル・グウィン(1)


マンガ家
・ 池田理代子(1)
・ 岩館真理子(1)
・ 浦沢直樹(1)
・ 小畑健(1)
・ くらもちふさこ(1)
・ 清水玲子(1)
Ciel Bleu

Ciel Bleu "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!