2006年12月03日

森博嗣さんが得意!

森博嗣さんが得意なブロガーさんです。
(登録順)
※画像をクリックすればアマゾンで本を購入できます


黒夜行の通りすがりさんがオススメする森博嗣さんな1冊!!

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
森博嗣という才能が、ミステリという枠のすべてを変えてしまった衝撃の作品です。既にミステリという枠に留まることなくどこまでも突き進む森博嗣の、そのすべてとも言えるデビュー作。これを読まずにミステリを語ることはできません。
【この本の黒夜行書評はこちらから】


四季 春
ここまで辿り着くためにすべてがあったのか…とため息をつきたくなる作品です。森博嗣という才能の第一次的終着点でありながら、同時にすべての始まりでもある作品。真賀田四季という天才を物語る四部作、開幕です。
【この本の黒夜行書評はこちらから】


スカイ・クロラ
僕はまだ子供で、
ときどき、右手が人を殺す。その代わり、誰かの右手が、僕を殺してくれるだろう。それまでの間、なんとか退屈しないように、僕は生き続けるんだ。
どこまでも詩的で、どこまでも美しい、ミステリでも文学でもない、新たな地平を目指した、森博嗣の最高傑作シリーズ!
【この本の黒夜行書評はこちらから】




ひなたでゆるりのリサさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!
【ひなたでゆるりの森博嗣さんカテゴリ】

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
森博嗣デビュー作。S&Mシリーズ1作目。これを語らずして森作品は語れず。全てはここから始まったのです。森作品初体験の方はまずこの作品をどうぞ。この作品出会ったときの衝撃は未だ忘れられません。


スカイ・クロラ
戦争を知らない大人と戦争を仕事に生きる子供たちの物語。そこにはやるせない悲しみが漂っている。何のために生きるのか。森博嗣氏の新しい形だと思います。装丁と共に秀逸な作品です。
【この本のひなたでゆるり書評はこちらから】


女王の百年密室
女王が統治する幸福で豊かな楽園。不満も恨みもない世界で起こる空前の殺人事件。女王の塔の中で殺されていたのは…。
シリーズものの森博嗣さんも好きですが、SFを書く森さんも素敵なのです。全体に悲しみ漂う作品。しかしながらその根底にあるものは希望なのかもしれません。
【この本のひなたでゆるり書評はこちらから】



本の山。のMaThyさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE
女王の百年密室



Grave of memoryのシリウスさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!
【Grave of memoryの森博嗣さんカテゴリ】

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
これに始まり,これに終わる。基幹となる決して外すことのできない代表作。
理系ミステリという言葉に惑わされ,「難しそう…」と敬遠していた方に是非とも勧めたい。ただしシリーズ全てを追わずにはいられなくなるので覚悟も必要である!
【この本のGrave of memory書評はこちらから】


そして二人だけになった―Until Death Do Us Part
シリーズ外として完成度の高い傑作。多少の割り切りが必要なため,森博嗣を理解していないと駄作と判じられる可能性も。多作な著者だが,やはりミステリ作家なのだと思い知らされる。
【この本のGrave of memory書評はこちらから】


四季 秋
ファンには堪らない重厚な作品。S&MとVシリーズを読んだ方は,本作を読むのはもはや義務であると言わさせていただきたい。まぁ,シリーズを追っていて本作を読まずにいられる方がいたらお目にかかりたい。そういう1作である。
【この本のGrave of memory書評はこちらから】



+ ChiekoaLibrary +のchiekoaさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!
【+ ChiekoaLibrary +の森博嗣さんカテゴリ】

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
スカイ・クロラ
工学部・水柿助教授の日常



ながし読み日誌のソラチさんがオススメする森博嗣さんな1冊!!
【ながし読み日誌の森博嗣さんカテゴリ】

女王の百年密室



夏への扉のtriforceさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
四季 春
四季 夏



本といつでも夢の中★彡のときわさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!
【本といつでも夢の中★彡の森博嗣さんカテゴリ】

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
スカイ・クロラ
女王の百年密室



風味絶佳な日々―読書日記―のpeco0102さんがオススメする森博嗣さんな3冊!!

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
「先生、現実って何でしょう?」
「現実とは何か、と考える瞬間にだけ人間の思考に現れる幻想だ。」この会話だけでもお金を取れる。認識論による森ミステリィの幕開け。
【この本の風味絶佳な日々―読書日記―書評はこちらから】

スカイ・クロラ
子供たちが戦う姿は、彼らの虚無感、虚しさがひしひしと伝わってくる。だが、その姿は美しい。戦争は悪いと言うのは簡単だ。だがその渦中にいる子供達に誰がそんなこと言えよう。本当に綺麗なものを描いた物語。
【この本の風味絶佳な日々―読書日記―書評はこちらから】

ナ・バ・テア
子供たちが、生きるか死ぬかのぎりぎりの極限状態で、それでも美しく、飛び、戦う。しかし「僕」自身が抱える本質的な矛盾に、苦しみ出す。飛ぶことがすべての子供はこどものままではいられない状況に自らを追い込むことになる。
【この本の風味絶佳な日々―読書日記―書評はこちらから】



じゅん’S読書感想/森博嗣氏のじゅんさんがオススメする森博嗣さんな3冊!!

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER
森博嗣氏の作品の第1作目。その1作目から真賀田四季の登場です。この天才真賀田四季にこのFで出会い今でも魅了されています。真賀田四季のいる部屋が出口の一つしかない密室。その真賀田研究所がまた密室。妃真加島が密室。興味のある人は四季シリーズも是非読んでみてください。このときの真相が分かります。
【この本のじゅん’S読書感想/森博嗣氏書評はこちらから】

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN
いつものミステリィとは一種違った感じ。未来のSFの話で、不思議な世界観でした。
だからいつもの殺人事件は現実味があったのにイマイチすんなり入っては来にくいかな。でも世界観としては面白かった。この街を作るに至った技術も四季のストーリーにも絡んでる?直接的な表現はないけれど、そんな風に思いました。
【この本のじゅん’S読書感想/森博嗣氏書評はこちらから】

四季 春
殺人事件に関しては特に問題はありません。関係ないです。真賀田四季の幼少の頃の話です。ミステリィのようでミステリィではない感じ。でも真賀田四季博士自体がミステリィのような。語り手の僕に気づくまで、分からないまま読み進めましたが途中で全てがつながる感じ。なるほど・・・と。
【この本のじゅん’S読書感想/森博嗣氏書評はこちらから】



(TBはオススメ本と同じ本でお願いします)

honblo at 00:00│TrackBack(8)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「スカイ・クロラ」森博嗣  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月15日 21:00
「スカイ・クロラ」森博嗣(2001)☆☆☆★★ ※国内、小説、近未来(?)、飛行機、プロペラ機 蒼空と白い雲の装丁が素晴らしい。 某S・N・Sでの知人の評価の非常に高い作品。ほかの方々の評価も高い。ということで、読んでみました。 読みはじめは「男の子...
2. 生き続ける・・・  [ GREENFIELDS ]   2006年12月17日 11:04
女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN森 博嗣 新潮社 2004-01売り上げランキング : 25058Amazonで詳しく見る by G-Tools 森博嗣『女王の百年密室』読了。 2113年、小型飛行機で所在が分からぬ場所に不時着したミチル。相棒はロイディ。老人マイカ・ジュクに出会い、ルナティ...
3. 12冊目 すべてがFになる  [ コンフォートライフ ]   2007年01月13日 02:37
森博嗣のミステリーを読んだことはありますか? 今回は森氏の作品の中でも有名なS&
4. すべてがFになる  [ 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ ]   2007年02月05日 17:33
********************************************************************** 孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された 生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。 彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を 切断された死体が現れた。偶...
5. スカイ・クロラ 森博嗣  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年03月28日 18:41
2 スカイ・クロラ ■やぎっちょ書評 森博嗣さん初作品。 ミステリー作家さんですよね?たしか。そういうつもりで読んだんだけどどうやら違った。。。ブックオフの文庫本で聞いたことのあるタイトルだったので買ってみました。 が。 どうも自分には合わない感じです。 散....
6. すべてがFになる 森博嗣  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2007年04月19日 01:35
3 すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER ■やぎっちょ書評 「すべてがFになる」及び、森博嗣さんを勧めてくださった皆さん。ありがとうございます。が、この本が限界かもしれませぬ。。。 前に読んだ「スカイ・クロラ」の散文調な様子はなく、それは良かったのですが、森さ...
7. 森 博嗣  女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN  [ すべてに広く浅く  ]   2007年12月14日 20:36
2113年の世界。小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルと、同行していたロイディは、森の中で孤絶した城砦都市に辿り着く。 美しい女王が統治する幸福で豊かな楽園のような国だった。そんな不満も恨みもあるはずない世界で空前の殺人事件が起こった。「女王の塔」の中...
8. 森 博嗣「スカイ・クロラ」  [ Blanc Casse ]   2008年06月12日 23:48
生まれることと死ぬことと・・・ ★★★☆ "------- あらすじ 出版社より -------------------- 僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、亮..
【本ブログを探す】
【ジャンルから探す】
このジャンルが得意な本ブロガーさん

・ 恋愛小説(54)
・ ヒューマン(58)
・ ミステリー(172)
・ ハードボイルド・エスピオナージュ(21)
・ SF(23)
・ ファンタジー(52)
・ ホラー(13)
・ 歴史小説(29)
・ 文学(56)
・ 翻訳物(29)
・ 児童文学(35)
・ 童話・絵本(16)
・ ノンフィクション(21)
・ エッセイ(14)
・ 実用書(22)
・ ビジネス書(28)
・ 新書(18)
・ マンガ(35)
・ ジャンル問わず濫読(117)
【作家から探す】
この作家が得意な本ブロガーさん

あ行の作家
・ 青木祐子(1) 本の紹介
・ 赤羽末吉(1)
・ 日日日(あきら)(1)
・ 浅田次郎(3)
・ あさのあつこ(1)
・ 芦原すなお(1)
・ 東直己(1)
・ 阿部和重(1) 本の紹介
・ 綾辻行人(4)
・ 有川浩(4)
・ 有栖川有栖(2)
・ 飯田譲治(1)
・ 安房直子(1) 本の紹介
・ 池上永一(1)
・ 伊坂幸太郎(17) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎2(16) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎3(1)
・ いしいしんじ(3)
・ 石田衣良(4) 本の紹介
・ 市川拓司(1)
・ 絲山秋子(2)
・ 稲見一良(1)
・ 井上祐美子(2) 本の紹介
・ 上橋菜穂子(4) 本の紹介
・ 魚住陽子(1)
・ 歌野晶午(1)
・ 打海文三(1)
・ 江國香織(7) 本の紹介
・ 江戸川乱歩(1)
・ 海老沢泰久(1)
・ 大江健三郎(1)
・ 大崎善生(2)
・ 大沢在昌(2)
・ 大島真寿美(1)
・ 岡嶋二人(1)
・ 小川一水(1) 本の紹介
・ 小川洋子(6) 本の紹介
・ 荻原規子(3)
・ 荻原浩(5)
・ 奥泉光(1)
・ 奥田英朗(7)
・ 奥野修司(1)
・ 乙一(8)
・ 小野不由美(7)
・ 恩田陸(13) 恩田陸2(12)
か行の作家
・ 海堂尊(1)
・ 垣根涼介(1)
・ 角田光代(6) 本の紹介
・ 霞流一(1)
・ 加納朋子(2) 本の紹介
・ 金城一紀(2)
・ 茅田砂胡(1)
・ 川上弘美(6) 本の紹介
・ 川島誠(1)
・ 川端裕人(2)
・ 神林長平(1)
・ 川端康成(1)
・ 菊地秀行(1)
・ 北方謙三(2)
・ 北村薫(1)
・ 北森鴻(1)
・ 桐野夏生(2)
・ 京極夏彦(8) 本の紹介
・ 栗田有起(1)
・ 栗本薫(2) 本の紹介
・ 黒岩重吾(1)
・ 黒川みつひろ(1)
・ 香月日輪(1)
・ 五條瑛(1)
・ 古処誠二(1) 本の紹介
・ 小松左京(2)
・ 五味太郎(1)
さ行の作家
・ 斎藤美奈子(1)
・ 桜庭一樹(1)
・ 佐藤賢一(1) 本の紹介
・ 佐藤多佳子(3)
・ 佐野眞一(1)
・ 沢木耕太郎(1)
・ 沢村凛(1)
・ 重松清(6) 本の紹介
・ 篠田節子(1)
・ 篠原一(1)
・ 司馬遼太郎(1)
・ 柴田よしき(2)
・ 島田荘司(3)
・ 島本理生(1)
・ 清水義範(1)
・ 朱川湊人(1)
・ 殊能将之(1)
・ 小路幸也(3)
・ 真保裕一(1)
・ 瀬尾まいこ(4)
・ 妹尾ゆふ子(1)
た行の作家
・ 高階秀爾(1)
・ 高野秀行(1)
・ 高橋源一郎(1)
・ 高村薫(1)
・ 竹内真(1)
・ 田中芳樹(2) 本の紹介
・ 長新太(1)
・ 辻村深月(2) 本の紹介
・ 筒井康隆(5)
・ 都筑道夫(1)
・ 豊島ミホ(2)
・ 戸田誠二(1)
な行の作家
・ 永井荷風(1)
・ 中川ひろたか(1)
・ 中村うさぎ(1)
・ 梨木香歩(7) 本の紹介
・ 夏目漱石(1)
・ 七井翔子(1) 本の紹介
・ 南條竹則(1) 本の紹介
・ 西加奈子(1)
・ 西尾維新(5) 本の紹介
・ 西澤保彦(2)
・ 貫井徳郎(1)
・ 乃南アサ(1) 本の紹介
・ 野矢茂樹(1)
・ 法月綸太郎(1)
は行の作家
・ 灰谷健次郎(1)
・ 畠中恵(3)
・ 帚木蓬生(1)
・ 林真理子(1)
・ 原田宗典(2)
・ 東野圭吾(10) 本の紹介
・ 東野圭吾2(4)
・ 樋口有介(1)
・ 平岩弓枝(1)
・ 平安寿子(1)
・ 藤原新也(1)
・ 藤本ひとみ(1)
・ 船戸与一(1)
・ 古川日出男(2) 本の紹介
ま行の作家
・ 舞城王太郎(3)
・ 万城目学(1)
・ 町田康(1) 本の紹介
・ 松井今朝子(2) 本の紹介
・ 松谷みよ子(1)
・ 麻耶雄嵩(1)
・ 三浦綾子(1)
・ 三浦しをん(5)
・ 三崎亜記(1)
・ 三島由紀夫(1)
・ 光原百合(1) 本の紹介
・ 宮城谷昌光(2)
・ 宮部みゆき(12) 本の紹介
・ 宮本輝(1)
・ 村上春樹(8) 本の紹介
・ 村上龍(2) 本の紹介
・ 村山由佳(2)
・ 室積光(1) 本の紹介
・ 本谷有希子(1) 本の紹介
・ 森絵都(3) 本の紹介
・ 森奈津子(1)
・ 森博嗣(9) 本の紹介
・ 森見登美彦(1)
や行の作家
・ 山田詠美(2) 本の紹介
・ 山田悠介(1)
・ 山本一力(1)
・ 山本文緒(1)
・ 夢枕獏(1)
・ 横山秀夫(6)
・ 吉川英治(1)
・ よしもとばなな(4)
・ 米澤穂信(2)
・ 米原万里(1)
ら行の作家
・ 連城三紀彦(1)
わ行の作家
・ 若竹七海(2)
・ 渡辺淳一(1)
その他
・ クラフトエヴィング商會(1)
外国人作家
・ アーダルベルト・シュティフター(1)
・ アガサ・クリスティー(2)
・ アゴタ・クリストフ(1)
・ アン・タイラー(1)
・ イタロ・カルヴィーノ(1)
・ A&Bストルガツキー(1)
・ エラリイ・クイーン(2)
・ エーリヒ・ケストナー(1)
・ エリザベス・バーグ(1)
・ ガルシア=マルケス(2)
・ キャロル・オコンネル(1)
・ クリストファー・パオリーニ(1)
・ コナン・ドイル(1)
・ サン=テグジュペリ(1)
・ サンドラ・ブラウン(1)
・ J・R・Rトールキン(1)
・ ジェフリー・アーチャー(1)
・ ジェイムズ・P・ホーガン(1)
・ ジョージ・P・ペレケーノス(1)
・ ジョン・ディクスン・カー(1)
・ スタニスワフ・レム(1)
・ スティーヴン・キング(2)
・ ダイアナ・W・ジョーンズ(1)本の紹介
・ タニス・リー(1) 本の紹介
・ ダレン・シャン(1)
・ トマス・ハーディ(1) 本の紹介
・ ヴァージニア・ウルフ(1) 本の紹介
・ パトリシア・A・マキリップ(1)本の紹介
・ ポール・オースター(1)
・ ポール・ルバイン(1) 本の紹介
・ マーガレット・アトウッド(1)
・ マイケル・ムアコック(1) 本の紹介
・ ヨースタイン・ゴルデル(1)
・ リンダ・ハワード(1)
・ ル・グウィン(1)


マンガ家
・ 池田理代子(1)
・ 岩館真理子(1)
・ 浦沢直樹(1)
・ 小畑健(1)
・ くらもちふさこ(1)
・ 清水玲子(1)
Ciel Bleu

Ciel Bleu "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!