2006年12月03日

伊坂幸太郎さんが得意!2

伊坂幸太郎さんが得意なブロガーさんです。
(登録順)
※画像をクリックすればアマゾンで本を購入できます


Crescent MoonのRayさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【Crescent Moonの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

陽気なギャングが地球を回す
ラッシュライフ
チルドレン



黒夜行の通りすがりさんがオススメする伊坂幸太郎さんな1冊!!

重力ピエロ
伊坂幸太郎の出世作となり、その名を知らしめた傑作。春と泉水という兄弟が放火と謎の落書きというミステリに挑みながらも、家族の確かさやその暖かさを感じさせてくれる、素晴らしい作品です。あまり本を読まない人にまっさきにオススメする本でもあります。
【この本の黒夜行書評はこちらから】


陽気なギャングが地球を回す
特殊な能力を持った四人組が銀行強盗を企てるなか、別の強盗団と鉢合わせる…と言ったところから始まる物語。映画化もされた、言わずと知れた伊坂幸太郎の代表作。
そのユーモアと精緻さに、伊坂幸太郎のすべてが詰まっています。
【この本の黒夜行書評はこちらから】



アン・バランス・ダイアリーのEKKOさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【アン・バランス・ダイアリーの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

ラッシュライフ
陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングの日常と襲撃



本のある生活のjuneさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【本のある生活の伊坂幸太郎さんカテゴリ】

終末のフール
魔王
砂漠



たまゆらのつぶやきのmomoさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【たまゆらのつぶやきの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

グラスホッパー
陽気なギャングが地球を回す
死神の精度



枯れないように水をやろうのkakasiさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!

重力ピエロ
アヒルと鴨のコインロッカー
死神の精度



ついてる日記のRokoさんがオススメする伊坂幸太郎さんな1冊!!
【ついてる日記兇琉忘箙太郎さんカテゴリ】

砂漠
人との出会いって不思議です。始めて会った瞬間にピッと何かを感じる人もいれば、時間をかけてジワジワと分かってくる人もいます。
いい人だけど、それだけの人もいれば、とんでもない奴だけど憎めないって人もいるし、同じ人間は決していないからこそ、人との出会いは面白いんですよね。
【この本のついてる日記興馼召呂海舛蕕ら】



本を読んだら・・・by ゆうきのゆうきさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【本を読んだら・・・by ゆうきの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

チルドレン
重力ピエロ
魔王



裏葉柳の河野東さんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!

ラッシュライフ
アヒルと鴨のコインロッカー
チルドレン



色々なポイント+αのしおさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【色々なポイント+αの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングの日常と襲撃
重力ピエロ



マロンカフェ 〜のんびり読書〜の板栗香さんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【マロンカフェ 〜のんびり読書〜の伊坂幸太郎さんカテゴリ】

ラッシュライフ
終末のフール
重力ピエロ



air borneの小鳥遊ハジメさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!
【air borneの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

重力ピエロ
チルドレン
アヒルと鴨のコインロッカー



読書のある日常のトシさんがオススメする伊坂幸太郎さんな2冊!!
【読書のある日常の伊坂幸太郎さんカテゴリ】

オーデュボンの祈り
陽気なギャングが地球を回す



映画な日々。読書な日々。のmasakoさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!

重力ピエロ
家族とは?遺伝子のつながりは?そして罪とは?
テーマは結構重いのに、陽気に読みやすく面白く描かれています。そして彼らは紛れもなく「最強の家族」。そんな最強の家族の絆の物語。
【この本の映画な日々。読書な日々。書評はこちらから】

陽気なギャングが地球を回す
一風変わった銀行強盗。銀行強盗のスリルとサスペンスのスリルの見事な融合。そして伊坂さん作品ならではの張り巡らされた伏線の数々。その伏線の膨らませ方がとても上手い。軽快でユーモアな強盗4人組の活躍が楽しめます。
【この本の映画な日々。読書な日々。書評はこちらから】

チルドレン
「俺たちは奇跡を起こすんだ」
5つの短編集、すべてが「陣内さん」という変わった人を中心に話が繋がっていく。どの短編でも脇役として登場する陣内さんの活躍が見物です。
【この本の映画な日々。読書な日々。書評はこちらから】



オススメ小説『超能力鑑定士』のTAKUMIさんがオススメする伊坂幸太郎さんな3冊!!

オーデュボンの祈り
アヒルと鴨のコインロッカー
魔王



book chocolateのyumiさんがオススメする伊坂幸太郎さんな2冊!!
【book chocolateの伊坂幸太郎さんカテゴリ】

死神の精度
グラスホッパー



(TBはオススメ本と同じ本でお願いします)

honblo at 00:00│TrackBack(16)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 終末のフール 伊坂幸太郎  [ "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! ]   2006年12月10日 21:01
3 終末のフール ■やぎっちょコメント いや〜。すがすがしいお話でした!! 小惑星が地球にぶつかるまで3年。仙台郊外の各家庭を舞台に8つの短編から成っています。 伊坂さんお得意の、ストーリーの登場人物を他のストーリーにちょい役で登場させたり、登場人物にカッコ良....
2. 『終末のフール』 伊坂幸太郎  [ ついてる日記?? ]   2006年12月15日 22:54
終末のフールposted with amazlet on 06.09.05 伊
3. 「砂漠」伊坂幸太郎  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:29
「砂漠」伊坂幸太郎(2005)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、若者、群像、青春、大学 ※あらすじあり。未読の方は、注意してください。ネタバレはないと思いますが・・。 仙台を舞台にした、大学生を中心とした若い男女の物語。 「魔王」で考えろ、考えるんだと...
4. 「終末のフール」伊坂幸太郎  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:30
「終末のフール」伊坂幸太郎(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、近未来、if、人類滅亡 大好きな本読み人仲間でこぽんさんが絶賛していたので、図書館に購入希望を出して借りてみた。へへへ、一番だぜ(当社比)。というわけででこぽんさんの連続登場。尤も、実...
5. 「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:31
「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、ユーモア、ギャング 備忘録としての詳細なあらすじあり、未読者は注意願います。 「陽気なギャングが地球を回す」の続篇。あの素敵な四人が帰ってきた。市役所勤め...
6. 「魔王」伊坂幸太郎<あらすじ編>  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:32
「魔王」伊坂幸太郎(2005)☆☆☆☆★ <レビュー:あらすじ編> ※[913]、国内、現代、小説、中篇、連作 あまりにも心に響きすぎて、感想がまとまらなかった作品。個人的には伊坂のベスト作品。 しかし冷静に、客観的に顧みた場合、単体の作品としての完成度はどうなの...
7. 「魔王」伊坂幸太郎<感想編(ざれごと編)>  [ 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 ]   2006年12月16日 18:32
「魔王」伊坂幸太郎(2005))☆☆☆☆★ <感想編(ざれごと編)> ※<あらすじ編>(2005.12.5)[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/18525465.html]の続きです。 孤高でありたい。 いつも、そう希ってきた。他の人と違うと云うことではない。たった一人の自分でいた...
8. 『死神の精度』  [ immrama * ]   2006年12月23日 12:16
『死神の精度』 著者 : 伊坂幸太郎 出版社 : 文藝春秋 出版社/著者からの内容紹介 ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 Amazon.co.jp...
9. 『終末のフール』  [ immrama * ]   2006年12月23日 12:29
『終末のフール』 著者 : 伊坂幸太郎 出版社 : 集英社 装丁 : 鈴木成一デザイン室 出版社/著者からの内容紹介 あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 2XXX年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩...
10. アヒルと鴨のコインロッカー  [ higeruの大活字読書録 ]   2006年12月27日 03:27
3  3年近く前『陽気なギャングが地球を回す』を読んでビックリした。今まで読んだことのないタイプの小説だと思った。  今年になって『陽気なギャングの日常と襲撃』を読んだ。前作ほどの衝撃は無かったが、少し後に文庫化された『重力ピエロ』も読んでみた。まぎれもない伊...
11. 『チルドレン』  [ immrama * ]   2007年03月16日 22:21
『チルドレン』 著者 : 伊坂幸太郎 出版社 : 講談社 装幀 : 鈴木成一デザイン室 装画 : 宗誠二郎 出版社/著者からの内容紹介 こういう奇跡もあるんじゃないか? まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが...
12. 死神の精度/伊坂幸太郎  [ ふっても、はれても。 ]   2007年07月23日 20:37
内容(「MARC」データベースより) 「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。 収録作品:死神の精度/死神と藤田/吹雪に死神/恋愛で死神/...
13. 魔王 伊坂幸太郎  [ 活字中毒日記 ]   2007年07月25日 14:05
3 選挙の演説がうるさい今日この頃に読むとちょっとタイムリー気分が味わえる小説。 他人のセリフを操ることができる主人公の超能力の話なのかと思いきや、憲法改正やファシズムの予兆や群集心理の怖さあたりの話。 メインストーリー自体はあまり好みではなかったけど ...
14. ラッシュライフ 伊坂幸太郎  [ 活字中毒日記 ]   2007年07月25日 14:31
5 5冊立て続けに伊坂幸太郎を読みましたが、読んだ中では一番古い(デビュー2作目)この作品が一番良かった。 このような「一見何も関係なさそうな登場人物たちが、実は最後には全部つながる」という群像劇が好きなんです。 そして各登場人物の視点でのストーリーが実....
15. チルドレン/伊坂幸太郎  [ ふっても、はれても。 ]   2007年08月27日 20:58
出版社/著者からの内容紹介 こういう奇跡もあるんじゃないか? まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。 吉川英治文学新人賞作家、会心の...
16. 砂漠  [ どくしょ。るーむ。 ]   2007年09月20日 02:34
この本は活字の砂漠で溺れたいさんから紹介していただきました。 著者:伊坂 幸太郎 出版社:実業之日本社 紹介文: なんだかとても気持ちの良い作品でした。 伊坂ワールドの住人は強烈なキャラクターが多いですが、今回登場する西嶋はさらに凄腕です。剛腕・西嶋(....
【本ブログを探す】
【ジャンルから探す】
このジャンルが得意な本ブロガーさん

・ 恋愛小説(54)
・ ヒューマン(58)
・ ミステリー(172)
・ ハードボイルド・エスピオナージュ(21)
・ SF(23)
・ ファンタジー(52)
・ ホラー(13)
・ 歴史小説(29)
・ 文学(56)
・ 翻訳物(29)
・ 児童文学(35)
・ 童話・絵本(16)
・ ノンフィクション(21)
・ エッセイ(14)
・ 実用書(22)
・ ビジネス書(28)
・ 新書(18)
・ マンガ(35)
・ ジャンル問わず濫読(117)
【作家から探す】
この作家が得意な本ブロガーさん

あ行の作家
・ 青木祐子(1) 本の紹介
・ 赤羽末吉(1)
・ 日日日(あきら)(1)
・ 浅田次郎(3)
・ あさのあつこ(1)
・ 芦原すなお(1)
・ 東直己(1)
・ 阿部和重(1) 本の紹介
・ 綾辻行人(4)
・ 有川浩(4)
・ 有栖川有栖(2)
・ 飯田譲治(1)
・ 安房直子(1) 本の紹介
・ 池上永一(1)
・ 伊坂幸太郎(17) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎2(16) 本の紹介
・ 伊坂幸太郎3(1)
・ いしいしんじ(3)
・ 石田衣良(4) 本の紹介
・ 市川拓司(1)
・ 絲山秋子(2)
・ 稲見一良(1)
・ 井上祐美子(2) 本の紹介
・ 上橋菜穂子(4) 本の紹介
・ 魚住陽子(1)
・ 歌野晶午(1)
・ 打海文三(1)
・ 江國香織(7) 本の紹介
・ 江戸川乱歩(1)
・ 海老沢泰久(1)
・ 大江健三郎(1)
・ 大崎善生(2)
・ 大沢在昌(2)
・ 大島真寿美(1)
・ 岡嶋二人(1)
・ 小川一水(1) 本の紹介
・ 小川洋子(6) 本の紹介
・ 荻原規子(3)
・ 荻原浩(5)
・ 奥泉光(1)
・ 奥田英朗(7)
・ 奥野修司(1)
・ 乙一(8)
・ 小野不由美(7)
・ 恩田陸(13) 恩田陸2(12)
か行の作家
・ 海堂尊(1)
・ 垣根涼介(1)
・ 角田光代(6) 本の紹介
・ 霞流一(1)
・ 加納朋子(2) 本の紹介
・ 金城一紀(2)
・ 茅田砂胡(1)
・ 川上弘美(6) 本の紹介
・ 川島誠(1)
・ 川端裕人(2)
・ 神林長平(1)
・ 川端康成(1)
・ 菊地秀行(1)
・ 北方謙三(2)
・ 北村薫(1)
・ 北森鴻(1)
・ 桐野夏生(2)
・ 京極夏彦(8) 本の紹介
・ 栗田有起(1)
・ 栗本薫(2) 本の紹介
・ 黒岩重吾(1)
・ 黒川みつひろ(1)
・ 香月日輪(1)
・ 五條瑛(1)
・ 古処誠二(1) 本の紹介
・ 小松左京(2)
・ 五味太郎(1)
さ行の作家
・ 斎藤美奈子(1)
・ 桜庭一樹(1)
・ 佐藤賢一(1) 本の紹介
・ 佐藤多佳子(3)
・ 佐野眞一(1)
・ 沢木耕太郎(1)
・ 沢村凛(1)
・ 重松清(6) 本の紹介
・ 篠田節子(1)
・ 篠原一(1)
・ 司馬遼太郎(1)
・ 柴田よしき(2)
・ 島田荘司(3)
・ 島本理生(1)
・ 清水義範(1)
・ 朱川湊人(1)
・ 殊能将之(1)
・ 小路幸也(3)
・ 真保裕一(1)
・ 瀬尾まいこ(4)
・ 妹尾ゆふ子(1)
た行の作家
・ 高階秀爾(1)
・ 高野秀行(1)
・ 高橋源一郎(1)
・ 高村薫(1)
・ 竹内真(1)
・ 田中芳樹(2) 本の紹介
・ 長新太(1)
・ 辻村深月(2) 本の紹介
・ 筒井康隆(5)
・ 都筑道夫(1)
・ 豊島ミホ(2)
・ 戸田誠二(1)
な行の作家
・ 永井荷風(1)
・ 中川ひろたか(1)
・ 中村うさぎ(1)
・ 梨木香歩(7) 本の紹介
・ 夏目漱石(1)
・ 七井翔子(1) 本の紹介
・ 南條竹則(1) 本の紹介
・ 西加奈子(1)
・ 西尾維新(5) 本の紹介
・ 西澤保彦(2)
・ 貫井徳郎(1)
・ 乃南アサ(1) 本の紹介
・ 野矢茂樹(1)
・ 法月綸太郎(1)
は行の作家
・ 灰谷健次郎(1)
・ 畠中恵(3)
・ 帚木蓬生(1)
・ 林真理子(1)
・ 原田宗典(2)
・ 東野圭吾(10) 本の紹介
・ 東野圭吾2(4)
・ 樋口有介(1)
・ 平岩弓枝(1)
・ 平安寿子(1)
・ 藤原新也(1)
・ 藤本ひとみ(1)
・ 船戸与一(1)
・ 古川日出男(2) 本の紹介
ま行の作家
・ 舞城王太郎(3)
・ 万城目学(1)
・ 町田康(1) 本の紹介
・ 松井今朝子(2) 本の紹介
・ 松谷みよ子(1)
・ 麻耶雄嵩(1)
・ 三浦綾子(1)
・ 三浦しをん(5)
・ 三崎亜記(1)
・ 三島由紀夫(1)
・ 光原百合(1) 本の紹介
・ 宮城谷昌光(2)
・ 宮部みゆき(12) 本の紹介
・ 宮本輝(1)
・ 村上春樹(8) 本の紹介
・ 村上龍(2) 本の紹介
・ 村山由佳(2)
・ 室積光(1) 本の紹介
・ 本谷有希子(1) 本の紹介
・ 森絵都(3) 本の紹介
・ 森奈津子(1)
・ 森博嗣(9) 本の紹介
・ 森見登美彦(1)
や行の作家
・ 山田詠美(2) 本の紹介
・ 山田悠介(1)
・ 山本一力(1)
・ 山本文緒(1)
・ 夢枕獏(1)
・ 横山秀夫(6)
・ 吉川英治(1)
・ よしもとばなな(4)
・ 米澤穂信(2)
・ 米原万里(1)
ら行の作家
・ 連城三紀彦(1)
わ行の作家
・ 若竹七海(2)
・ 渡辺淳一(1)
その他
・ クラフトエヴィング商會(1)
外国人作家
・ アーダルベルト・シュティフター(1)
・ アガサ・クリスティー(2)
・ アゴタ・クリストフ(1)
・ アン・タイラー(1)
・ イタロ・カルヴィーノ(1)
・ A&Bストルガツキー(1)
・ エラリイ・クイーン(2)
・ エーリヒ・ケストナー(1)
・ エリザベス・バーグ(1)
・ ガルシア=マルケス(2)
・ キャロル・オコンネル(1)
・ クリストファー・パオリーニ(1)
・ コナン・ドイル(1)
・ サン=テグジュペリ(1)
・ サンドラ・ブラウン(1)
・ J・R・Rトールキン(1)
・ ジェフリー・アーチャー(1)
・ ジェイムズ・P・ホーガン(1)
・ ジョージ・P・ペレケーノス(1)
・ ジョン・ディクスン・カー(1)
・ スタニスワフ・レム(1)
・ スティーヴン・キング(2)
・ ダイアナ・W・ジョーンズ(1)本の紹介
・ タニス・リー(1) 本の紹介
・ ダレン・シャン(1)
・ トマス・ハーディ(1) 本の紹介
・ ヴァージニア・ウルフ(1) 本の紹介
・ パトリシア・A・マキリップ(1)本の紹介
・ ポール・オースター(1)
・ ポール・ルバイン(1) 本の紹介
・ マーガレット・アトウッド(1)
・ マイケル・ムアコック(1) 本の紹介
・ ヨースタイン・ゴルデル(1)
・ リンダ・ハワード(1)
・ ル・グウィン(1)


マンガ家
・ 池田理代子(1)
・ 岩館真理子(1)
・ 浦沢直樹(1)
・ 小畑健(1)
・ くらもちふさこ(1)
・ 清水玲子(1)
Ciel Bleu

Ciel Bleu "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!