桜筋から少し東にあったお店。現在は違うお店になっています。
馴染みの嬢が休みだったのでフリーで入り、スリムで愛嬌のある嬢にあたりました。

MBC


案内の声に待合室を出て、二階への階段の所に座っています。

「Mです。 よろしくお願いします」
「よろしく」

腕を組んで階段を上がり部屋に通されました。
ベッドに座ると、嬢は床に座り

「お飲み物は何にされます?」
「ウーロン茶、お願いします」

お茶飲みながら、よく遊びにくるのとか、この店は初めてなのとか
定番の世間話をしたあと

「じゃぁ、失礼します 」

と言いながら、脱がせてくれます。 
あっという間にパンツ一枚にされ、バスタオルをかけられ
パンツも脱がされました。
バスタオルの中で肉棒を握られると固くなっていきます。

「固くなってる」

バスタオルをとり、目の前に露わになって肉棒をしゃぶり始めました。

「まだ、洗ってないのに」
「これが、美味しいの」

肉棒の先から我慢汁が滲んで来ます。
我慢汁を吸いだす様に、じゅるじゅる音を立てて

「美味しい」
「ぴくぴくするたびに溢れてくるよ」
「凄く気持ちいい」

嬢の口の周りは、我慢汁と唾液でベトベトになっています。

「かた〜い」
「後ろから突いて」

お尻をこちらに突き出しおねだりしてきます。

「ねぇ、早く」

固くなった肉棒を握って自分のあそこに持っていき
腰を振って入れようとします。

「すけべな女やなぁ」
「そんなに欲しいんか」
「早く欲しいの」

腰を掴みぐっと挿入していきます。

「うわっ、入ってくる」

更に奥まで突きあげます。

「すごい、奥に当たってる」
「生で入ってるよ」
「うん、気持ちいい」
「おまんこも気持ちいい」
「我慢できない」
「きて、このまま」
「いいの?」
「いっぱい出して」

嬢のお尻を掴み、腰を激しく打ちつけます。
パンパン、パンパン、パンパン

「いくよ」
「あん、ああ〜、いく、いくぅ〜」

嬢の中に思いっきり出してしまいました。

ベットに横になって、嬢は股間にテッシュを挟み
タバコに火をつけ、渡してくれます。
大きく煙を吸い、大きく吐き出します。

「気持ち良かったよ」
「良かった」
「ハマってしまいそう」
「うふふ、いいですよ 笑」

タバコを吸い終わると、洗い場で椅子洗い
一旦湯船に浸かり、その間にマットの準備をしています。

「どうぞ、気をつけて下さい」

マットにうつ伏せになる。
ローションまみれになり、背中からお尻へ舌が這っていきます。
そして、肉棒を握りながらのアナル舐めに快感が背中を走ります。

手を持ってくるりと仰向けになり
乳首を舐めながら肉棒をしごかれます。

「固くなってきた」
「いれるよ」

嬢は騎乗位で腰をグラインドします。

耐えきれず二回目の発射です。

「もう満足」
「ダメェ、ベッドでいかせて」

ローションを洗い流してもらい、浴槽で身体を温めてます。
身体を拭いて貰って、ベッドに座り一服です。

ベッドで三回目の挑戦です。
嬢を責め、鳴かせるとこちらも興奮してきます。
再度のおねだりに、嬢の膣深く暴発しました。

男を立たせるプロです。
90分3本勝負はやられてしまいました。
ここまでやってくれる嬢はいません。
何より、自分が楽しんでいるようにエロに徹する姿勢
には頭が下がります。

2017-06-05-10-44-27
※写真はイメージです

2020/11/21 02:12 ver 1.1
2017/08/27 21:23 ver 1.0

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。