2016年05月28日

意地悪をする人には

13254336_1136628769713981_7982255029520801325_n

「いつも意地悪する男の子がいるの。ツバをかけてきたり叩いてきたり」
「マジで!パパがそいつをぶん殴ってやろうか!」
「ダメだよ。そんな事したら警察に捕まるんだよ」
「じゃぁどうしたら良い?」
「意地悪する子って相手の気持ちが解らないと思うの。だから悲しい気持ちになっていたり寂しい気持ちになっているってことを、今度ちゃんと伝えようと思うの。」

4歳の娘に諭される本田晃一43歳の初夏で御座います  

Posted by hondakochan at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月25日

運の善し悪し

NZ with koich 116
運が良いと思えば運は良くなるし
運が悪いと思えば運は悪くなる
 
運が良い出来事を発見する趣味を持つのか
運が悪い出来事を発見する趣味を持つのか
趣味なので、どちらも選べる
 
悩みも全部趣味だっぺ〜  
Posted by hondakochan at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月22日

セミナー収録完了♪

IMG_6331
1年以上かけて収録したセミナーが、今日で完了したのだ。
人間関係編・お金編・ビジネス編
そして今日完了したセルフイメージ編
1編につき12回、合計48回分の収録が完了したのだ。
 
でもなんか終わった気がしないw
また来月、恵比寿のセミナー会場に来て収録する感じがしちゃうんだよなー
でも1年以上かけて良くやったなぁと思う
うん、俺よくやったなーw
 
自分のセミナーを体系立てて収録したいと、10年前から思っていた。
自分の頭の中には、たくさんのコンテンツが詰まっているし、2〜300人以上とじっくり時間を共有しコンサルした。
多くの人に同じようなことを言う機会が多いので、これはもう体系化して映像化さえできれば、多くの人に活用してもらえるはずだ。
体系立てたら、多くの人と早く共有できるのになぁと思っていたのだ。
自分で言ってしまうが、はっきり言って、幸せになるエッセンスがいっぱいある。
 
ところが、俺は残念なくらい体系立てる能力がない。
収録の手配やら、セミナー会場を押さえるやら、とにかく「話す」以外は壊滅的に能力が低いのだw
セミナー会場なんて、フツーに間違えた日をブッキングしちゃうしw
 
まぁ能力の低い部分を諦めて、まぁいっか〜ってやってると、その分野で遥かに能力の高い人たちからサポートを得られちゃう。
 
苦手な部分を克服しようとするのは、それはそれで素晴らしいことなんだけど、やってみてダメだなぁ〜と思ったら、思い切って降参して他の人にお願いするのもアリだと思う。
 
俺の場合、降参したら、体系化する能力が凄い友人からサポートを得られたり、セミナー会場やセミナー運営のプロフェッショナルな友人からのサポートが得られた。
 
「会場に行ったらマイクがあって、ノリの良い受講生がいて、アドリブでとにかく楽しく話す。つい同じことを何度も言ったり、前に言ったことをフツーに忘れたりするので、体系化された素晴らしいテキストがあったらサイコーだ」
と、自分の「苦手」を素直にあぶり出し「大好き」だけにフォーカスしてみた。
これを世間ではワガママというんだろうけど、自分のハートに素直に従ってみた。
 
そしたら本当に全てが揃ってしまったのだ。
俺の凹みな苦手部分を全て補う凸な人がどんどん現れたのだ。
 
いやー、ありがたやーだわ。
アリガタヤアリガタヤ
 
何よりノリの良い受講生にも恵まれた。
爆笑しながらセミナーを運営できた。
 
楽しかったわ〜
まぁ今日は疲れたけど、まだまだこーゆーのをやり続けたいなぁと思ったのも素直な感想だ。
 
今日は歌丸師匠が50年続けた笑点を卒業された日だ。
同じ日に、一つのことを完了できてよかったなー
 
でも俺は、歌丸師匠の半分くらいしか生きていない。
若さは何よりの宝だ。
 
まだできることはあるなー
 
セミナー完了したら、温泉にでも行ってのんびりしよっかな〜とか思ってたが、意外ともっとセミナーをやってみたいと意欲が出ているのにびっくりしている。
 
これは周りのサポートに恵まれたからだよね。
 
自力だけじゃなくて他力に甘える。
その方が意欲が出る。
 
そんなことを思ったのでした。
 
みんなありがとうねー^^
 
今度は飲み会で!
 
収録したセミナーは、夏前までに見れるようにしたいと思うので、それまでに受講案内を出すねー
無料でも見れる部分を出すので楽しみにしててねー
 
では、今から録画していた笑点を見て、歌丸師匠の勇退を見たいと思います!  
Posted by hondakochan at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

無条件の愛ってやつを、自分に注いじゃえ

IMG_9748
無条件の愛ってやつを、自分に注いじゃえ
 
無条件なんだから
どんな自分も愛しちゃえ
 
すげーダメな自分も
グダグダな自分も
実は凄い自分も
全部愛しちゃえ
 
軽いノリでいいんだ
気合いなんかいらないんだ
自分を受け入れられないと思った時
ただつぶやくだけでいいんだ
「こんな自分も愛しちゃえ」って
 
1ヶ月もつぶやいたら
見えてくる世界は
びっくりするくらい優しくなる
 
そして
びっくりするくらい愛されるようになる

メルマガ登録はこちらから
http://www.hondakochan.com
空メールでも登録
mm-kochan@jcity.com


 


  
Posted by hondakochan at 22:27Comments(1)TrackBack(0)

2016年05月18日

「夢が本当に叶うリストの書き方」

10年以上前に、貪るように読んだ本がある。
ロバートハリスさん
https://www.facebook.com/robert.harris.315080
が書かれた、「人生の100のリスト」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062812053/1net-22/
ちょうどこの頃、自分の夢をいくつも書き出すっていうのにハマっていて、色んな本を参考にしていた。
しかしハリスさんの本だけは異色を放っていた。
このリスト、ハリスさんが19歳の頃に書いた夢のリストだけあって、社会性はあまりないんだけど(失礼)、魂の叫びっていうのかな、こんなことまで書いちゃっていいのか!?と思いつつも「うおぉぉぉぉ!そうだぜ!!!」って魂の根っこから叫びたくなるようなリストばっかりだった。
それまでの自分は「誰かに見せても見栄えの良いリスト」を書いててねー。
「こんなリスト書くなんて、さすが晃ちゃん!」と言われたくてw
だから、なんつーか本心ではなくて、微妙に嘘をついたメッキのようなリストになっていたのだ。
別の言い方をすると、ちゃんと自分の欲望に向き合っていなかったのだ。
だから書いたリストを見ても、全然気持ちが踊らない。
19歳のハリスさんのノリで改めてリストを書いたら、書けば書くほど脳みそが沸騰し、パワーがみなぎってきたのを鮮明に覚えている。
そして本を読んですぐ、再び自転車を購入し、3ヶ月後にニュージーランドの南島を回る旅に出た。
他にも出版してみたい!とリストに入れて1年後、最初の本が出版された。
 
リ ス ト を 書 い て 、 
そ の 横 に 
叶 っ た 後 の 気 持 ち も 書 き 込 ん だ 。
 
てか、気持ちを書きたくなるような
心が躍るリストじゃなきゃダメなんだ。
 
他にもリストを書いたけど、恥ずかしいのでここには書かないw
とにかく当時、ハリスさんの本にはまって、他のハリスさんが書いた本も読み漁ったのだ。
俺は20代旅人として青春を謳歌していたこともあり、旅人視点で書かれたハリスさんの本は、ワクワクしながらページをめくった。それはまるで探検家になりきって冒険をしているような、そんなワクワク感だ。
 
アンダーラインを引いて読むよりも、早く次の展開は?と気になりページをどんどんめくった。
旅人の好奇心そのものを刺激しまくるのだ。そしてハートにガツンと刻まれるようなメッセージがあったのだ。そう、アンダーラインなんか引かなくても刻まれちゃうから良いんだ。これは読書じゃなくて旅をしているのと同じ感覚だ。
旅だけでなく、人生で凄く大変だったテーマから、こんな赤裸々なことをオープンに書いちゃうの?ってくらい書かれていて、それは本当に自由そのものの世界観だった。
先週、久しぶりに再読したけど、俺もこんな風に書けたらいいなと思った。
 
そして先週、ロバートハリスさんと初めてお会いし、いろんな話を直に聞き、一緒に飲む機会に恵まれた。
俺が行った少人数制のグループコンサルを受講した人限定で、シークレットのセミナーを現在行っている。
友人の高橋歩さんに主催とメイン講師をお願いしていて、半年間少人数で時間を共有するスペシャルなシークレットセミナーだ。
そこに歩さんの友人である、ハリスさんをゲスト講師として招いてもらったのだ。
いやー、嬉しかったね。
そういえば10年前、リストに「ロバートハリスと飲む」と書いてたんだ、俺。
ハリスさんの話に、ひたすら腹を抱えて笑っていたのだが、いくつも共感することがあった。
 
ハリスさんの本、面白いので読んでみてねー
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062812053/1net-22/
 
そうそう、本にサインをしてもらった。
すげー嬉しかったw
俺ね、著者の友達が多いから、今更サインをもらってもそんなにテンション上がらないんだけど、ハリスさんから貰った時、すげーテンション上がったw
俺も著者だから、サインを求められることが多いんだけど、ぶっちゃけ書いてて「何が嬉しいのかな?」と分からなかった。
俺がサインもらっても、そこまでテンション上がらなかったからw
でも、ハリスさんからサインもらってテンション上がる自分を客観視して初めて気づいたのは「あれ?俺からサインもらったら、こんな感じで嬉しいって思っててくれてたのか」と今更ながら気づいたことw
それと、当時ハリスさんの書いた著書を全部読み漁ったけど、もしかしたら、俺の本を全部読み漁りたいって人もいるんじゃないかって気づいたこと。うん、本を2冊書いただけで満足してちゃダメだなw物足りないよなw
ということで、本を書く意欲が突如として湧いたのだw 
 
そして、再びアツいリストを書きたくなったのだ。
このリストの書き方、叶う叶わない以前に、読み返すだけで元気になる、そんなステキングなリストなのだ。
当然熱量があるから、叶ってしまうんだな。これが。
ハリスさんの本を参考にしてみてねー
 
それと今週金曜夜にハリスさんのワークショップがあるのをフェイスブックで見つけたので、俺も行こうかなと思ってるよ。
これね
http://www.littlecamera.jp/robert_harris_workshop.html

har  
Posted by hondakochan at 12:29Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月15日

「悲しい」は「素晴らしくて素敵なこと」

先週月曜の昼過ぎ、お袋から実家の犬の様子を知らせるラインが入った。
「昨日の夜から、様子が変だ。臨終の時がきているのかもしれない」
夕方、4歳の娘を連れて実家に車を走らせた。
14歳になりたての実家の秋田犬は、午前中ヨタヨタながらも歩いてたらしいが、午後になり横たわるようになってしまった。
実家に到着して様子を見ると、少しだけ荒い息遣いをしながらも、そんなに苦しそうな様子でもない。
それでも段々と遠くに行くような予感がひしひしと伝わってきた。
俺と娘が到着して30分くらいしたら、眠るように息を引き取った。
大切なものが遠くに行く瞬間に立ち会うという、そんな瞬間は4歳の娘にはヘビーなのかなと思いつつも、大切なことかなとも思った。
その瞬間は俺の両親も俺も娘も涙を流した。
 
そして1時間くらい経過してから娘が言ったことに驚いたねー
お袋に向かって
「ばぁば、泣かないで。マリちゃん(犬の名前)は、ばぁばと一緒にいられて幸せだと思うよ。だから悲しまなくていいんだよ。お空からばぁばのことを見ているから悲しんだらマリちゃん困っちゃうと思うの」
と言う発言をするのだ。
うーん、4歳だというのに、なんでこんな発言ができるのだ?
 
そして夜になり、娘と家に帰る途中
「マリちゃんいなくなって悲しい」
と車内で泣き始めた。
凄く凄く我慢してたらしいけど、俺と二人になって、我慢の蓋が取れちゃったみたいで。
でもそれはそれで良いことなんじゃないかなぁと思いながら
「悲しいってのはね、それだけマリちゃんのことが大好きだったってことだから、悲しいってのは素晴らしくて素敵なことなんだよ。だからいっぱい悲しんで良いんだからね。大好きだったんだね。マリちゃん嬉しいと思うよ。」
と言いながら家まで車を走らせた。
そしてそんな娘を今まで以上に物凄く愛おしく感じたのだ。
 
臨終に間に合わなかったけど、妹ファミリーも駆けつけたりして、悲しいって気持ちを共有しながらも、その奥にある、なんとも言えない愛っていうのかな、暖かい気持ちを同時に感じたんだよなー
 
なんだろ、悲しいんだけど、暖かいっていうのかな
この世界から去る瞬間という、自分の感覚がとんでもなく研ぎ澄まされるっていうのかな、普段感じないような些細なものまで全部感じ取っちゃう瞬間に、なんとも言えない大きな温かさと愛情を感じた、不思議な感覚だった。
 
悲しいかもしれないけど、幸せっていうのかな。悲しいだけじゃないんだよなー。
1週間経ってもうまく言語化できないんだけど、悲しさよりも、凄い大きな幸せを感じたのだった。
 
今日は妹ファミリーと実家で楽しく過ごした。両親の寂しさを孫に会わせたら少しは気が晴れるだろうと思い合流したんだけど、こーゆーのも幸せの形なんだろうなぁと思ったのだ。

IMG_0065

  
Posted by hondakochan at 21:36Comments(1)TrackBack(0)

2016年05月13日

仕事は追われるものではなく

IMG_0321

仕事は追われるものではなくて、追いかけるもの
でも大切な何かを置き去りにするものでもない

メルマガ書いてます。登録はこちらから
http://www.hondakochan.com
空メールでも登録できます
mm-kochan@jcity.com

フォロワー歓迎です。
 


  
Posted by hondakochan at 21:22Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月07日

人生を楽しく思い通りに生きたければ、

人生を楽しく思い通りに生きたければ、
「世間からどう見られるか?」
に意識を注ぐより
「この世界をどう見たいか?」
に意識を注いだ方が簡単カンタンかんたん
 
自分が見い出した世界は、
世界が自分を見い出すものと
深くリンクしてるからね〜

IMG_2362


メルマガ書いてます。登録はこちらから
http://www.hondakochan.com
空メールでも登録できます
mm-kochan@jcity.com

フォロワー歓迎です。
 


  
Posted by hondakochan at 19:28Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月01日

収入の設定は

003636

自分の収入を
「喰うのに困らないように」
なんて考えると、マジで喰うのに困らないレベルになる。
どうせなら
「遊ぶのに困らないように」
なんて考えてみた方がいいっぺよ
  
Posted by hondakochan at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月24日

「知ってる」から「出来る」までは時間がかかっても良い。

「知ってる」から「出来る」までは時間がかかっても良い。
「知ってる」から「理解する」までも時間がかかっても良い。
これにオッケーが出ると、変なプライドが無くなるよん。
自分を責める事も無くなるし、他人を責めることも無くなってピースフルになるんだな、これが  
Posted by hondakochan at 23:39Comments(1)TrackBack(0)