1996年09月17日

オーストラリア入国

オーストラリア大陸横断編 パース=シドニー

カンタス70便は深夜22:50、俺の期待と不安を乗せて定刻どうりにパースに到着。
そう、不安とは果たして入国できるかどうかと言うことだ。
(俺はアメリカで入国拒否を受けて日本へ帰されたことがある。別に決して怪しい人じゃないんですけどね。22歳の時に不法就労がばれて強制送還になっただけっすよ。ははっ。)
最高裁で判決を待ち受ける被告人のよ〜な気持ちで入国審査の列に並んだ。
もちろん、一番優しそうに見える審査官の列にだ。
うぉぉ、遂に俺の順番だ。
「ホリデーできたの?」「いぇ〜す。」「どこへ行くつもり?」「ちゃりんこでオーストラリアを旅するんだ!」「良い旅を!」
死刑判決から一転、無罪になってしまった気分だ。
『無罪!』と筆で書いた半紙を掲げて走り出したい気分を抑えて冷静にゲートをくぐり過ぎた。
さて、次なる難関は荷物検査だ。
はっきり言って荷物を広げて欲しくない。
チャリンコをバラしてダンボールと紐でぐるぐる巻き。
他の荷物は2時間もかけてテキトーにパッキングした。
このテキトーってのが曲者で、テキトーにびっちりしまい込んだから、広げちゃったら元に戻せない。
又しても、一番優しそ〜な検査官の列へGo!
「このでっかいダンボールは何?」「ちゃりんこ」
検査官はカッターで10cm程ダンボールに切れ込みを入れ、ちょっと覗いただけで「OK!」
はっきり言って全然見ていませ〜ん。
他の荷物は手も触れないで「OK!」と言う。
う〜ん、やっぱりオージーは(オーストラリア人のこと)いい加減だ!
さて、時計の時間は深夜0時を回ろうとしている。今夜の宿は決めていない。
空港案内所のお姉ちゃんに近所の安宿を尋ねた。
「98ドル」おぃおぃ、全然安くねぇよ。
「のぉのぉ、ちぃーぺすと。ぷりぃーず」再度俺のスペシャルイングリッシュで尋ねる。
「だから98ドルだってば」とのお答え。話にならん。俺の旅はそんなブルジョアなモンじゃねぇ(北方兼三風に)。
幸いにもここの空港は24時間営業。今夜は空港のロビーに寝袋を広げて寝ることに決定。
をぉー猿岩石の旅みたいになってきた!
取敢えずチャリンコを組上げることにした。
先ずは記念撮影と、三脚を出してカメラを構えるとレンズの前に帽子を出して邪魔するヤツがいる。何と空港警備員だ。
「このダンボールは何だい?」と聞いてきた。
「原子爆弾」と答えてやったら「フッ飛ばしてくれたら、俺は明日から働かなくていいじゃん!」と大笑い。
そして自転車を組み上げ始めると、「Push Bike」と言ってきた。
失礼な!”押してく自転車”なんて、オレの自転車はオーダーメイドのエクスペンシブなチャリンコよ。
愛車のフェラーリより高いんだから!(この当時、我が愛車ランサーターボをフェラーリと呼んでいた。ランサーターボは、いつもニコニコ分割払いで購入。バイト先の先輩から3万円の4回払いで買ったのだ。自転車はそれより高かった。)
「It's bicyle!」と言ってやった。
しかし後で辞書を引いたら「Pushbike」は自転車だと書いていた。
知らなんだ・・・(こうして俺はこの国でお利口さんになっていくのである)
自転車だとわかると、「自転車?ここは駐停車禁止区域だ。後で罰金として俺にビールを奢れよな。がはははは!」人懐っこくジョークを飛ばしてくる。あぁ、オーストラリア人なんだな。遂にオーストラリアに来たんだなと実感。
このオヤジよっぽど暇なのかまだ話しかけてくる。
自転車で一周なんてクレイジーだとか、俺は日本語が話せるとか言って騒いでる。
それで出てきたコトバが「ホンダ、ミツビシ、トヨタ」だ。然もすっげぇ得意になっている。
中学、高校6年間英語を習った日本人でさえ「Can you speak English?」と聞かれれば「Little」って答えるのにだ。
自転車を組上げると空港の隅っこに寝袋を広げた。寝ようと思うがうるさい。賭けポーカーでアツくなっている輩がいる。何のことは無い。先刻の警備員だ。
警備そっちのけで、どっかのおっさんと待合席で楽しんでいる。
こんな奴でも守れるってことは、ここは安全ちゅ〜ことなんだなと勝手に解釈し、空港のベンチに寝袋を広げぐっすり寝た。翌朝パースシティーに向け出発。



====
読み進むには、Comments|TrackBackの下にある『次の記事』と言うのをクリックしていけば、読み進んでいけますです!
それと、コメントも是非自由に書いて下さい。
m(__)m
みなさまからのコメントが楽しくてブログを続けています。


Posted by hondakochan at 23:33│Comments(15)TrackBack(1)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hondakochan/10593516
この記事へのトラックバック
◆ パワーストーン入りのサン・キャッチャー 天使の声を聞いて創るにて出品中のオークション。今回 私たちの出品によって初めて入札されるかたが多くて 本当にありがとうございます。 また昨年などでも まりあが出倉
ワクワクしなければ仕事しません。オークションの入札の方法☆【南国な時間でゆるゆるリゾートグッズ&癒し商品】at 2006年07月10日 13:30
この記事へのコメント
『 good morning! have a good day(ダイ【die】)!』って言われて驚いたことは何年前?!

 それと信号待ちしてるバスの中で信号が変わっても ヒトがのんきに渡っていても クラクションを鳴らすこともなく 延々と待っている運転手さん。ランチタイムに注文したものが30分経っても出てこなかったりしてもコレが普通だったり 昼の食事に2時間はかけたり 街中ジョギングしてるヒトであふれる異様な昼時。 夜のディナーには3時間はかける。などど言われ、、、カルチャーショックを思いっきり受けてしまった。これが普通の国もあるんだぁ〜!
 
 すっごくのんびりしてて いい国だなぁ〜などど思ったことを覚えています。

 あまりに新鮮で美味しかったオイスター・ロブスター、、、ん〜忘れられません。生牡蠣を一度に12個食べたのを覚えてますよ、、、hahaha(笑)

 晃ちゃん。機会があったらツーリングしましょう!!
Posted by sato san at 2004年12月15日 08:00
この自転車旅行記、すごく面白いですね!
続きが楽しみです。

新しい自転車も、おめでとうございます。
旅行記のパート兇盧ごろから楽しみになってきました。(笑)

何が起こるか分からないって生き方も楽しそうですね。
Posted by k.k@osaka at 2004年12月15日 09:28
言い忘れました。写真の白いシャツの人、晃ちゃん?
今の晃ちゃんの面影ねぇぇぇぇ(笑)
Posted by k.k@osaka at 2004年12月15日 09:32
そういえば、こ〜ちゃんが仕事を始める前の話は
聞きたいと思っていたんです。だから、旅行記は
嬉しい!!
Posted by 瞑想教室 みのり at 2005年01月13日 15:32
シドニーに1年半くらい行ってました!同じところに行ったことがあるだけで、親近感を覚えますね〜。僕が行ったのは1999−2000頃でオリンピックやってましたね。閉会式の日のシティの盛り上がりが、今でもすごく印象に残ってます(^ー^)楽しい国です。2月にまたシドニーに行くので、また楽しんで来たいと思います。
Posted by h1r0yuk1 at 2005年01月17日 14:21
本田さんがどんな旅人だったのか、以前から
非常に興味があったので、このブログで公開して
くれるのはとても嬉しいです。

続きがたのしみ〜♪
Posted by いふすけ@北海道 at 2005年01月17日 19:59
十数年前新婚旅行でオーストラリアに行きました。
Littleな英語でサーフボードをレンタル店でやっと借りて、生まれて初めてサーフボードをゴールドコーストでトライしましたが、全然映画の様にはいきませんでした!(ダメ!ダメ!全然ダメでした!)
でも、サーフボードを借りるのにレンタル店で身振り手振り英語が通じてサーフボードを借りることが出来た時は、本当に嬉しかったです!
私のオーストラリアの印象は、のんびり自由で人も食べ物も町も海もキラキラした思い出の国です!
本田さんの自転車珍道中記楽しみにしています!!!
私は本田さんの様に日本ですら自転車旅行をしたことが残念ながら無いのですが、いつかセミリタイヤして自分の子供とファミリーで自転車旅行したいです!!!
Posted by aozora obihiro at 2005年01月18日 11:25
昨日、TV見ました。
おかげで、仕事の締め切り前日に遅刻でしたが。
本田さんは、超キュ〜トですね。
Posted by 村田真美 at 2005年01月19日 08:53
いつもメルマガありがとうございます☆
携帯電話から、私が機会オンチ過ぎるらしくお返事できなくなってしまいました(;_;)
なので、悔しいから一番最初からコメントしちゃいます☆

前のメルマガで、晃ちゃんは人に認められたいがためにオーストラリアをチャリンコで走ったですよね!?
そのワールドワイドな見栄 笑 すご過ぎます!
と、同時に大きな切なさも感じた夜でした。

ではまた!
Posted by ワタナベ○アカリ at 2005年06月13日 11:45
すご〜!!高校の時、ママチャリで12時間かけて(帰りに迷った・・・)埼玉から筑波山へ行った事があってかなり誇りに思っていたのに、上には上がいたかぁ〜・・・。
Posted by プチポチ at 2005年06月25日 19:04
トラックバックした記事にまたまた メンター本田さんのことをちらりと・・・・。

あ〜 なつかしの大好きなアデレード通るんだ!!!

ああ〜〜〜 あ。今 冬よね(笑)


本田さん ちょっとまた 病気回復しましたですよ、まりあは♪

そして 芸大出身のヒーラーとコラボ作品の不自由な手で作ったサン・キャッチャーが好評で♪

あなたの夢のための世界にただひとつのオーダーメイドの詩も 注文が まりあのペースにあったくらいに入ってくれるし♪

願いが叶っていってありがとうでしゅ〜〜〜〜☆★
Posted by まりあ at 2006年07月10日 13:35
晃ちゃんのDVD等を見れば見るほど、この晃ちゃんの好奇心の源はどこからきているのかを知りたくなってきました。もしかしたら、この旅行記にヒントがあるのでは!(何だかんだ言いながらオモシロいからなんですけどね)なんて思いながら読んでいます。仕事がひと段落したときの自分への御褒美にします。自分は2ヶ月オーストラリアに自転車修行で行ってきたことがあるんです。自転車レース(競輪とかロードレースとか)の修行でした。初めての海外がオーストラリアで、その人生の楽しみ方に対する価値観の違いに驚かされた記憶があります。だって、大手スーパーマーケットが夜は家族との時間〜〜。みたいな感じで夕方の5時には閉店しちゃうんだもん。休日はスポーツの日!!
家族の誕生日は100%水入らず!そんな考え方が大好きでした。晃ちゃんのビジネスを加速させたこのオージーピープルとのトゥギャザーライフを研究させていただきますね。(ルー語)
Posted by nara at 2008年01月17日 07:54
晃ちゃんのDVD等を見れば見るほど、この晃ちゃんの好奇心の源はどこからきているのかを知りたくなってきました。もしかしたら、この旅行記にヒントがあるのでは!(何だかんだ言いながらオモシロいからなんですけどね)なんて思いながら読んでいます。仕事がひと段落したときの自分への御褒美にします。自分は2ヶ月オーストラリアに自転車修行で行ってきたことがあるんです。自転車レース(競輪とかロードレースとか)の修行でした。初めての海外がオーストラリアで、その人生の楽しみ方に対する価値観の違いに驚かされた記憶があります。だって、大手スーパーマーケットが夜は家族との時間〜〜。みたいな感じで夕方の5時には閉店しちゃうんだもん。休日はスポーツの日!!
家族の誕生日は100%水入らず!そんな考え方が大好きでした。晃ちゃんのビジネスを加速させたこのオージーピープルとのトゥギャザーライフを研究させていただきますね。(ルー語)
Posted by なら at 2008年01月17日 07:58
これから

オーストラリアの自転車旅を読んでいくことが

楽しみです。

ありがとうございます。

Posted by 磯博樹 at 2014年02月14日 23:01
今の晃ちゃんの面影がなくって晃ちゃんにもこうゆう時代があったのですね♪
Posted by よっち at 2016年09月22日 18:04