2006年01月20日

カネに目がくらむ人生とは?

ここ最近のニュースを見てふと思いましたので、
僕なりのビジネスに対して思うことを書きたいと思います。

書く理由は、まだ解明されない事件を、
あーだこーだ無責任に語るのではなくて、

 金儲けをすればする程、悪いことだ!

なんて思われたら、そりゃーちょっと、寂しいよなぁと感じたからです。


 不幸せな力を使うと、ビジネスは崩壊します。

 幸せな力を使うと、ビジネスは永続します。


ビジネスの本来の姿は、ビジネスをすればするほど、
みんなが豊かになるようにできています。

誰かだけが豊かになるのではなく、関わる人全てが豊かになります。


シンプルに説明します。

お金が流通する前は、物々交換をしていました。

お魚と、きのこを交換したりしていました。

漁師は美味しいお魚を、山に住む人はめずらしいキノコを
それぞれ持ち寄って交換していました。

お互いが山や海へ出向く手間が省けるし、
お互いが専門化することによって、より美味しい食材を
手にすることができました。

だから、

 交換すればするほど、皆が豊かになりました。

ですので、

 ビジネスもすればするほど、皆が豊かになります。

これが、本来の姿です。

もし、インチキをして、魚に石ころを詰めて重くたり、
ペンキを塗ってきれいに見せかけて、
一度に大量のキノコと交換したとしても、
もう2度と取引は成立しなくなるでしょう。

そんなことをするより、もっと豊かになりたいと思えば、
相手がもっと喜んでくれることをすれば良いのです。

氷をつめたり、イケスを用意して、鮮度を保つ工夫をし、
できるだけ新鮮で美味しいお魚を持っていけば、
相手は喜んで、もっとキノコを与えてくれるでしょう。

自分と相手の喜ぶ顔を鮮明にイメージすれば、氷もイケスも
手間にはならないでしょう。
手間に感じるのは、自分と相手の笑顔がイメージできないからです。

取引は、お互いが、自分の持ち物よりも価値があると思って
初めて成立します。

取引後、相手が想像もしなかったような価値を感じてもらえれば、
相手は感激して、今度の取引に友人を連れてやってきます。

その友人もまた、友人を連れて・・・
そうやって、ほっといても豊かになるようにできています。

本来の商い・ビジネスとは、そういうものです。
相手を豊かにすればするほど、自分も豊かになるようにできています。

自分のビジネスの現状が、今説明した状態とかけ離れていれば、
なぜそうなのか、しっかり反省する必要があります。

どうして、そうならないのか?
どうして、変なビジネスをしてしまうのでしょうか?


僕は代表的な原因が、『貧困意識』だと感じています。

貧困意識に支配されて、ビジネスをしている人は、
常に次のように感じています。

1.そうでもしないと稼げない(表面上感じていること)
 この商品は好きになれないから、無理に売らないと稼げない
 (深い部分で感じていること)

2.もっと稼ぐと、みんな認めてくれるぞ(表面上感じていること)
 ありのままの自分なんて誰も認めてくれないのさ。
 (深い部分で感じていること)

3.相手から奪ってやれ!(表面上感じていること)
 豊を自分で生み出すことなんてできない。だから、奪ってやる。
 (深い部分で感じていること)


貧困意識に支配されると、常に、自分と自分の商品に信頼を
持てません。
もっと深いレベルで見ると、自分の人生そのものを信頼して
いません。
自分の人生を信頼していないので、同時に
自分には全く価値が無いと感じています。
だから、自分の価値を証明しようと突っ走ります。

「自分が一体なんのためにビジネスをしているか」を問うよりも、
「俺は凄ぇんだ!」と価値を証明するために、暴走します。

  そして、ブラックエンジンを搭載して、

         超ポジティブに振り切り暴走を続けます。

ブラックエンジンとは、黒煙と騒音を撒き散らし周囲に迷惑をかけ、
燃料は「負けるもんか!」「見返してやる!」「俺のもんだ!」
と言うアドレナリン全開の感情を使います。

隣の車線を走る車が、時速200キロで抜かしてくると
「なぬー!負けらんねぇアクセル全開だぁぁぁぁ」とさらに加速し
爆走します。
そしてやがてやってくるコーナーに気付かず300キロで突っ込みます。

恥ずかしい話ですが、これは、かつて僕自身も経験しています。
(今回書くと長くなるので別の時に書きます。)


貧困意識に支配された人は、自分は豊かであると言うことを、
もう一度思い出す作業が必要になります。

次のようにつぶやいてみて下さい。

 「そもそも、自分は何がしたいんだっけ?」

一度つぶやいても分からなければ、
具体的に、次のようにつぶやいてみましょう。

「そもそも、僕がこのビジネスを始めた理由は、
○○を提供し、多くの人に喜んでもらいたいからだ」

「そもそも、僕がビジネスを起こした理由は、
家族ともっと○○なことをしたいからだ」


何のためにやっているのか?
これを自分に問いてみてください。
ビジネスの行き着く先が大きく変わります。

何のためにやっているのか、自分に尋ねたら、
時には苦しいと感じるかもしれません。
そんな時は、急いでいるからかもしれません。

少しづつ、昨日よりは少し分かってきたかも・・・くらいの
ゆっくりなペースに戻してみましょう。

なにも超特急で行く必要はありません。
僕はゆっくりペースの自転車旅が大好きです。
目的地に到着することだけが目的ではなく、
道中ゆっくり色んなことを感じることも目的になります。
道端に咲く知らないキレイな花に気が付いたりします。
速い自動車では気が付かない豊かさを感じられます。

旅はゆっくり行くほど豊かだとされています。
飛行機旅より、船旅の方が高いし、より豊かな意識の人が使います。

ビジネスは効率の世界で、速さが必要な時も多いでしょう。
でも、メンタルにはゆったりとした豊かさが必要です。

ビジネス本来の姿で話を進めると、
相手が喜ぶ取引を重ねれば重ねるほど、より豊かになります。

相手が驚くほど、新鮮で美味しい魚を渡せば、次々に
お客さんがやってくるはずです。

1回の取引を大事に育てて行くには時間がかかりますが、
時間をかけて育てたものは、一瞬にして失うことはありません。

それが、信頼と言う大きな財産です。
同時に、心は豊かさで満ち溢れるはずです。

この時、ホワイトエンジンを搭載して走っていることでしょう。
ホワイトエンジンは、クリーンで空気を汚さず周囲に迷惑を
かけません。
燃料は、自分以外の力も使います。
それは、周囲の大勢の人からの応援です。
隣に車がやってきても、競うことをせず、
「一緒にドライブ楽しもう!」とピクニック気分です。

ブラックエンジンから、ホワイトエンジンに乗せ変えたばかりの頃、
エンジン音はしないし、疲れないし、スピードは遅いし、
本当に走っているのか、ちょっと不安になります(笑)
でも、それがホワイトエンジンなのです。


さて、起業したての頃の動機が素晴らしくても、
実際にビジネスを続けていると、
突然やってくるライバルの出現や、不景気、詐欺など
不可抗力とよべるものが現れます。

その瞬間に、自分の不安な意識とつながり、
カンタンに貧困意識に支配されます。

残念ながら、僕も時々貧困意識に支配されます。

「ん〜ブラックはやばいけど・・・これくらいなら、
ホワイトかな・・・うんホワイトだ。ホワイトと言うことにしよう!」

 これを、グレーと言います(笑)

自分がグレーなゾーンにいて、時々ブラックかホワイトか
分からないときがあります。

そんな時は、自分に5歳くらいの子供がいると仮定して
「パパ(ママ)は、こんなお仕事をしているんだよ!」
と胸を張って言えるかどうか、チェックすればスグに分かります。

そんな時こそ、
 「そもそも僕は何がしたいんだっけ?」
をつぶやいて、軌道修正してみて下さい。

そうすると、外に奪われた意識が、もう一度自分の中に戻り、
本来の力を発揮できるようになります。

ちょっと、試してみて下さい。

感想、ご意見、気付いたことは、次のコメントへお寄せ下さい。
あなたが気付いたことをシェアしてもらうと、他の人の気付きが深まります。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hondakochan/50305527
この記事へのトラックバック
ここ最近のニュースを見てふと思いましたので、 僕なりのビジネスに対して思うことを書きたいと思います。 書く理由は、まだ解明されない事件を、 あーだこーだ無責任に語るのではなくて、  金儲けをすればする程、悪いことだ! なんて思われ...
カネに目がくらむ人生とは?【☆I luv SD☆】at 2006年01月20日 23:29
ここ最近のニュースを見てふと思いましたので、 僕なりのビジネスに対して思うことを書きたいと思います。 書く理由は、まだ解明されない事件を、 あーだこーだ無責任に語るのではなくて、  金儲けをすればする程、悪いことだ! なん...
カネに目がくらむ人生とは?【☆I luv SD☆】at 2006年01月20日 23:34
ここ最近のニュースを見てどう感ていますか? これからを迷わず惑わされずに生きていくために、ぜひ読んでいただきたいブログがあります。
■カネに目がくらむ人生とは?【大人の男のビジネス身だしなみ・着こなし講座】at 2006年01月21日 03:12
週末が来るのが最近非常に長く感じます。 昨年までは月日が経つのが早かったはずなのに・・・ その理由は自分ではよくわかっています。 長くなるので、説明はしません。 とこ
小さな感動を続けたい【あした元気になーれ!】at 2006年01月21日 22:29
おはようございます。 ちょっと起きたんですけど 携帯の電池が切れてアラームがならなかった…。 ちょっとかるーく冷や汗もんやん。 ホリエモンの出来事があってから自分を見直してます。 僕も同じようなコトで以前に成功&失敗をしたもので…。 本田晃一さんのブログを見...
あぶねぇ。【Temptation Talk】at 2006年01月24日 01:11
いつも興味深く読ませていただいております!トラックバックさせていただきます。
モテる方法 〜アルベンス命名の由来〜【★ とある女社長の告白 BLOG ★】at 2006年02月21日 23:16
キーワード: 「ものを売るときは、売れるのが当たり前 という感じを持つことがいちばん大切だ。」 解説: 「時間があれば、自分がセールスしているところを想像する。 お客さんが喜んでくれるところをイメージし、 現実のように感じられるまでそれをやりなさい....
「絶対売ると決める」−本田健語録NO.28【本田健さんに学ぶ1日1分成功の智恵−本田健語録365(ブログ)】at 2007年12月14日 05:03
キーワード: 「金持ちになるためには、最初にたくさん稼がなくてはならない。」 解説: 「この『稼ぐこと』ができなければ、 あとの四つの知識がどれだけ増えても意味をなさない。」 (本田健『ユダヤ人大富豪の教え−幸せな金持ちになる17の秘訣』 大和....
本田健語録38 たくさん稼ぐ【本田健さんに学ぶ1日1分成功の智恵−本田健語録365(ブログ)】at 2008年01月18日 16:01
この記事へのコメント
私も、今起きてる出来事のニュースを読みながら
ブラックエンジンを積んでいる人たちだと
感じていました。
これを機会に、いろんなことに気づきが訪れて
くれればと。

私は、自分のことを好きになれたけれど、まだ自分のやりたいことにたどり着けていなくて、少し焦りがありました。貧困意識もやっぱり訪れます。

その反面、誰かに何かをする時、その人が喜ぶ顔を思うと、ニヤニヤしてワクワクしてしまう経験をしました。それがホワイトエンジンのビジネスをする心なんでしょうか・・。
どんなときも、「そもそも・・」と自分に問いかけ自分に嘘をつかずに自分に誠実でいたいと思います。
今日も本当に心温まる記事をありがとうございました。(^ー^)
Posted by 竹之内 at 2006年01月20日 23:03
本田さんが言ってる事は、すごく確かなことだと思いました。とても上手く説明できてると思います。しびれました。
みんなに喜ばれるようなビジネス(仕事)をしていきたいと、素直に思いました。
Posted by キャンディ at 2006年01月20日 23:17
本田さんが言ってる事は、すごく確かなことだと思いました。とても上手く説明できてると思います。しびれました。
みんなに喜ばれるようなビジネス(仕事)をしていきたいと、素直に思いました。
Posted by キャンディ at 2006年01月20日 23:18


改めて、気づかされます^^

自分は、ビジネスをやっている目的を忘れないように、

紙に、将来の最終目標を書いて、部屋に貼り付けています。

「とにかく人の笑顔を見る」

それをビジネスを行うためのモチベーションにしています^^

Posted by ゆんて@プチ天然系 at 2006年01月20日 23:30
表面上で感じていることと、深い部分で感じていること。

自分の心の深い部分の本音に向き合うことって、
とてもキツイ作業なんですよね。

でも、その自分を本当に愛して、大切にしてあげるコツを知ると
人生を生きるのはとても楽になるような気がしています。

何かに迷ったら、これは自分の魂に恥じない行為かどうかを
自分の魂にきけば、とてもシンプル。

あ、魂は「かたまり」ではなくて「たましい」です(笑)

Posted by アリスエ at 2006年01月21日 00:04
そもそも自分は 何をしたいのか、

いつも問いかけて 忘れずにいきたいです。



「人の笑顔を見る」って 素晴らしいですね。^^



私もそうしたいです。
Posted by UNOママ(^^)。 at 2006年01月21日 00:05
やっているうちに、何がやりたいのか自分を見失いそうになりながら、立ち止まる事もできず、流されそうになっていました。
熱い想いではじめたビジネスにもかかわらず、思うように出ない結果を前に、どんどんと焦点がずれてき始めていました。
目先の貧困に不安になり、自分の居場所を見つけられなくなっていました。
自分の価値すらも薄っぺらいものに感じられるような。
でもわかりました。
相手をよろこばせたいと思う気持ちがかすんでいたのかもしれません。
あなたの喜ぶ顔が見たいから・・・そう(*^-^)これです。思い出しました。晃一さん、ありがとう。
Posted by tomy at 2006年01月21日 00:21
僕がブラックエンジンを積みたくなるとき。
それは「月末の支払いが怖くなり、何でもして稼ぎたい」と思っているとき。

やりたいことがあってもそれで稼げる、あるいはどこかからお金がやってくることを信頼できず、行動がちぐはぐになってしまう状態。

実は今僕が持っている悩みです。
晃一さん、僕にとってもタイムリーな話題をどうもありがとう。
Posted by 愛 和人 at 2006年01月21日 00:26
 金持ちって考え方の根本が違います。
金持ちが悪いことなんて言いますが、とある本を読むと、え---ってなります。金持ちって金の猛者ではないです。投資したほどに稼げるのです。全て財産をなくしても取り返せるのです。そこが違うのです。その本にですが、で、悪いですが、全く同様のことで、明記されてます。 ※この本に関して、お答えしません。人それぞれの考え・・あります。それぞれの人生ですので、口出しはしません。自分も成功と言う文字に食いついてました。納得のいく解答を見つけました。
Posted by ほっときっす at 2006年01月21日 00:42
いつもありがとうございます。

ブラックエンジンとホワイトエンジンは、自分ではなかなか判断がつけられないときがあります。

子供に胸を張っていえるか、誇れるか、という判断でさえ自分をごまかしてしまうこともあるものです。

私たちはとても強く、そして弱いので、このことを契機に自分の中にある偏った考え方に焦点を当ててもらったのだと考えています。

貧困意識がなくなり、豊かな意識のみになったら、一体どうなるのでしょうか?
そんな世の中が楽しみです。

どうもありがとうございました。
Posted by iwashi at 2006年01月21日 00:44
晃一さんこんばんは。
彼女が出来たそうですがおめでとうございます!

とてもタイムリーな話題ですね。

ホワイトエンジン地球にも、人間にもやさしいです。

改めて考えます。
Posted by 星大好き店長 at 2006年01月21日 01:16
どうして貧困意識が生まれるのか、なぜブラックエンジン全開で走ってしまうのか。それは、たぶん・・・・・。・・・これは、あくまで仮説ですが、その原因は一つではないし、絶対これだって理由は証明できないし、またそれを特定することにあまり意味はないと思います。でも、何であれ、そこに「愛」がない限りそれはいつかだめになってしまう。。。。これを両親、またはそれに代わる人たちからしっかりもらって受け取っているのと、もらいそこねてしまったのとでその後の考え方に大きく差が出てしまうのだとすると、誰が悪いとは誰も言えなくなってしまう。。。なぜなら、その両親たちも・・・忙しくて忘れちゃっていたかも知れないから。。。特にお父さん。
Posted by あ!まっつーCAFE。 at 2006年01月21日 01:49
本田さん、はじめまして。大きな気づきをいただきました。ありがとう。とても勉強になりました。またこの記事はできるだけ多くの方に読んで欲しいと思いました。
Posted by camaleao at 2006年01月21日 02:56
大地に両足をつけて 地道に本当の仕事をすることが一番強いと感じました。
自分に本当の仕事をしているか 問うと、いいかげんなときもあるし、さぼるときも、また真剣なときもあるというのが現状。
テレビで心には垢が溜まりやすいから朝、瞑想しているという若き企業家がいました。正解だと思った。ホワイトエンジンを搭載することができます。
このコーナーに両親の愛について書いてくださっている方がいらっしゃいました。自分を振り返ると、両親の愛は、人間形成の屋台骨だと実感します。ここに不安があったとき、うまく生きていけませんでした。
ここがしっかりしていると安定していきていけました。人間っていろんなことに気づくための「気づきの旅」をしているのでしょうか。
Posted by rei at 2006年01月21日 03:53
自転車旅、ホワイトエンジン、

素晴らしい言葉ですね。

この言葉をイメージして、

楽しめる自分を味わって生きたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by おぐりん at 2006年01月21日 04:10
そうなんです。
私はビジネスのことはさっぱり(^^;)ですが、肌で感じる「この人品がないわ」と言うお仕事の仕方は、全部ブラックエンジンなんですね。

物々交換の例え、とっても分かりやすかったです。
先日の日記とシンクロしてるけど、視点が変わるとこんなに分かりやすい表現になるんですね。

トラバさせていただきます。
Posted by 半熟卵 at 2006年01月21日 06:44
すばらしいお話記事ありがとうございました。

そうですよね。。。

今の僕にとても必要な話でした。

感謝です。

(人-)謝謝(-人)謝謝

相手の喜ぶ顔を想像することが大切。
これを忘れないようにします。

ありがとうございます。

Posted by ノブ at 2006年01月21日 07:19
事業を始めて1年過ぎ、おっと危ない、グレーゾーンに落ちるところでした。いいタイミングでこの記事が読めてよかったです。ありがとうございます。
Posted by Miwa at 2006年01月21日 07:32
 始めまして、メールを読ませて戴いている51歳の一読者です。本田さんは若いのに、いつも無料で素晴らしい気付きを戴いて、とても感謝しています。
 今日の話は、私にとっては「ベスト」。自分が「貧困意識」に陥っている時には、この事に気付かないのが「貧困意識」の「ブラックエンジン」たる所以なんですよね。
自分自身常に戒めていく為に、今日の話を大きく印刷して一日の終わりに毎日読みます。
 心からありがとうございます。
Posted by piyon2 at 2006年01月21日 09:38
本田さん、 はじめまして。
今回の記事、 本当に有難うございます。
 
自分の生きた過程を振り返りながら
なぜか涙があふれてきてしまいました。

自分のもとに 良いもにがあふれるほどあるから
無い人のところに 届けて使ってもらいたい。

そういう目で、自分の今やっている商材を
見直したとき、 
なんとも 商品たちがいとおしくなってきました。
そして、自分自身も 穏やかになってくるのが
わかりました。

自分のビジネスだけではなく、
生き方も変わりそうな気がしております。

新たな 初心にたどり着いた気分です。
本当に 本当に きっかけを下さり 有難うございます。

Posted by リゾッチ at 2006年01月21日 11:41
漠然と感じていて、明確に言葉に出来なかったことを、こんなにもわかりやすく書いてくださって、心から感謝です。

チェックの方法も最高です。

自分の子どもに胸を張って言えるかどうか?

本当にそうですね。

ありがとうございました。
Posted by ぴぐまりおん at 2006年01月21日 11:54
ありがとうございます。

思わずコメントしたくなりました。

わかり易い表現でこれほど的確なことをアドバイスして戴けるとは…

これからインターネットを使って収入が得られないものかと考えて、情報商材なるものを購入し始めたり等しておりました。

しかし、ただ単にお金を得ることだけを目的とすることに対して何となく抵抗を感じていました。

この本田様のe-mailを見て
「自分を通じて提供されるものは、自分がためしてみて人々が豊かになると感じられるものでなければならない」
と再認識させて戴けました。

ありがとうございました。
Posted by 貧乏人 at 2006年01月21日 13:13
きょうの本田さんの話は会社を操縦していく社長の大基本の考え方だと思いました。絶対はずしてはいけない会社運営のミッション、スピリッツですね。
私一人の人生は短いけれど、次代に繋がる素敵な種・苗を、バトンタッチしていきたいです。
すばらしいメール、ありがとうございました。
Posted by HOOK at 2006年01月21日 17:15
ニュースでM前首相が「そもそもお金は、汗水流して真っ黒になって初めて得られるものだ。」と言ってました。この発想はちょっといただけないですよね。これでは苦労してがんばらないとお金は得られない。それ以外は罪悪だと聞こえます。そうやって日本人の勤勉さが培われてきたのですね。
人を喜ばせて自分も楽しくなることをする。その過程で汗水流してもいいですし、真っ黒になる人もいるかも・・(笑)。
こーちゃん的発想をもっと多くの人に伝えて欲しいと思いますが、発想の転換って結構難しいんですね。
Posted by 星 at 2006年01月21日 19:04
うんうんとうなずいて読ませていただきました。
ホワイトエンジンに変えます。
自分の仕事に自信を持って楽しくできるようにします。
Posted by terra at 2006年01月22日 00:34
相手に喜んでもらえるから自分も喜びを感じられるし
相手の心に豊かさ・幸せを与えることによって
自分も豊かに、そして幸せになれるんですよね。

世界がホワイトエンジンで満たされる日を目指して
ぼくもホワイトエンジンでこれからの人生を
ゆっくり楽しみながら歩んでいきます。

晃一さん、心に響く記事ありがとうございました。



Posted by T.O.C at 2006年01月22日 00:35
晃一さん、いつも、すばらしい気付きをありがとうございます。

なぜ、人は、貧困意識に支配されてしまうのか。

自分も少し前までは、自分の存在価値を証明しようとして、無意識のうちに周囲と競争していました。でも、その結果、手に入れたものよりも失ったもの方がはるかに大きかった。

私自身は、晃一さんの一つ一つの気付きで、だんだん修正できてきています。
世の中にホワイトエンジンがあるってことをもっと多くの人が知れたら本当に良いのに。

道端に咲く知らないキレイな花に気が付けることって、幸せなことだと思います。
ここに集まっている皆が、晃一さんから気付かせてもらったことを忘れずに、自分で良い関係、ビジネスを産み出していって、ホワイトエンジンを増やしていきたいですね。
Posted by ひえちゃん at 2006年01月22日 00:40
たまにフラッときて読ませていただいています。
最近一人でこじんまりと商売をはじめ、順調なスタートを切りました。
お客さまが増えるにつれ、自分の中でなんだかズレてきたような気がして困っていました。
本田さんの記事を読んで、ゆったり行こうと思えました。ありがとうございました。
Posted by mio at 2006年01月22日 00:42
宝は天に積みなさい。と言う言葉があります、この世で目にする物すべて幻です、何時かは消えてなくなって
しまいます、しかし心に刻まれたものは永遠です。
 私が創った物でお客様に喜んで戴いた瞬間は永遠の宝になります、これこそ あなたの主なる神を愛せよ、あなたの隣人を愛しなさい、であり、敬天愛人です。
 人はいつまでも同じ事を繰り返して 本質を分かろうとしない これでは本当にいつか間引かれる時が来てしまうのでしょうね。
Posted by KAZ at 2006年01月22日 12:40
大事なことはなにか。
正直に言って、僕はそれを働いてるときに見失っています。
だから働いても働いても幸せになれない。
がんばってもがんばっても幸せになれない。

どっかで自分の価値を認めて!!って、
叫んでいます。

僕は、自分もみんなも幸せになれ!って
そうしたいはずなのに。

自分に価値を見出せないし、知識とか、お金とか、権力とか、自分の周りに人を集めたり、
そういうことで自分を必死に守ってんやなって、
思います。
なんとかしたい。
Posted by hiro at 2006年01月22日 22:06
とっても興味深く、とっても大事な話だと思いました。

当たり前といえば当たり前だけど、多くの人が実行できていないことなんだと思います。

世の中のみんなが実行できれば、想像がつかないほど素敵な世の中になるような気がします。

晃一さんでさえグレーになることがあるとのことで
自分自身、よく注意していこうと思います。
Posted by 渡辺 at 2006年01月23日 11:51
こんにちは。私がブラックになる時、それは、
孤独な時です。

もちろん友人や家族、同僚、いるのですが、表面的な関係しかない時は自分のことで頭がいっぱい→相手を思いやれない→自分ひとりで生きてる気になる。。

という悪循環です。
私は幼少からこのような状況が多かったのですが、本田さんなどの言葉で、自分を信じること、相手あっての自分、ひとりで生きてるんじゃないということなど実感できるようになってきました。

最近は、「これ、貧困意識かな?」とチェックするようにしてます。
Posted by のあざみ at 2006年01月23日 12:57
「ビジネスの本来の姿は、ビジネスをすればするほど、みんなが豊かになるようにできています。」

この本質を見失わないよう、
自分のペースや、今自分の周りに居る人たちを忘れないよう、頑張ります。

晃一さんはいつも何故か不思議に、グットタイミングでメッセージをくださります。。

「ホゥ」としました。ありがとうございます。
Posted by ナホミン at 2006年01月23日 16:34
ホワイトエンジン、本当に大切だと思う。
 人間の感情って、鏡だと思う。誰かに憎しみを向けると、憎しみが返ってくるし、微笑を向ければ、微笑が帰ってくる。
 僕は世界10カ国を旅しました。ほとんどの場合、泥棒は貧しい人です。
 どんな人でも、食べるものが無ければ、人のものを盗んでしまう。それは個人と環境、両方の問題。
 じゃあ、環境を良くするには?
 一人一人が、他人に思いやりを持つことだと思ってます。
 最初に自分が友達に優しくする。
 僕の優しさは、友達A君という鏡に届く。
 友達A君の鏡は、優しさを反射してくれる。
 その優しさを受けた僕の鏡は、感謝という新しい波長を持った、もっと暖かい光を返す・・・。
 一人旅していると、泥棒に必ず遭います。僕は(笑) でも、必ず誰かが優しくしてくれる。”人を嫌いになんてなれないよ”って思える。
 他人への思いやり、すごく大切ですよね?
Posted by わくわく at 2006年01月26日 01:08
はじめまして、本田さん。
あるブログのリンクからこちらにお邪魔しました。
目がうろこといいますか、ほんとぉに心に響いく文ありがとうございました。

なぜ、私がいつもうまくいかないのか?理由がわかった気がします。
幸いにも私の連れ合いは本田さんのおっしゃるようなことわかるひとで、いつも私を諭してくれています。

でも、かなしいかな、私は素直にその言葉がきけないのです。
私の心にも、貧困意識がふかーいところにすんでいるんだなぁと思いました。

わが子に誇れるような人でありたい、そう思いました。

少しずつでも変えて生きたいです。

ありがとうございました。
これからも、拝見させていただきます。
Posted by naimei at 2006年01月26日 10:41
はじめまして!
アツと申します。

いつもたくさんの気づき、ありがとうございます。

全く…おっしゃるとおりだと思います。

分かりやすく説明頂けましたこと、感謝いたします。


Posted by アツ at 2006年01月26日 14:21
本田さんを知ることができてとってもうれしく思っています。あなた様の文章を読んでいると、勉強になるのはもちろんのこと、なにも疑いなしに読むことができます。人をだましたりだまされたりといやなニュースが飛び交うなかで安心できるというのは
とてもありがたくほんとにうれしいのです!

これからも拝見し、勉強させて頂きます。


ありがとうございました!
Posted by ショウコ at 2007年05月29日 11:11
すばらしい。
そう思えた自分も。
それをくれたあなたも。
それに支えるみんなも。

なんか嬉しい。
Posted by Hiroaki at 2007年05月30日 01:49
うーん。確かにその通りだとは思います。根本は意外にシンプル。
でも誰もが、ブラックエンジンを搭載して起業しているわけではないと思います。

要するに、初めはホワイト、しかし今の環境や状況、何かしらの転機があって自然にグレー、ブラックに変わっていってしまったのだと思います。

初めからブラックの人は成功しません。
Posted by 自営業。 at 2007年07月28日 14:23
はじめまして、最近本田さんをある本で知りました、私は大阪でフランチャイズのてっちり屋をしてるのですが、独立を目指しています、もの凄く不安で半分楽しみで…、しかし本田さんの話を読んでいると楽しみの方が大きくなってきました、しかし僕自身まだまだ未熟でどんな店にしたいとか夢物語のようにあるのですが…、これから本田さんの色々なコメントを読ませて頂き勉強させて頂きます
Posted by しょうじ at 2008年03月17日 21:20
先生〜!とってもべんきょうになりました☆

魚ときのこを交換していた時代に行ってみたいと思いました。
物が多い今の時代も好きですが、物が少ない時代もとても興味があります!

だって、これから感動的なものをたっくさん生み出せるわけですもんね〜☆

タイムマシーンって、先生の力でもできないんですか?
ぼくは旅行が好きですが、タイムマシンに乗って、時代旅行してみたいんです!☆

ほんっっっとぅに、先生、タイムマシーンつくってください!!☆


はるき
Posted by はるき at 2009年05月23日 12:01