はやりの如く。

咲-Saki-、シノハユ、田村ゆかりさん。 感想、創作など。瑞原はやり推し。

めがね橋と道の駅みやもりに行ってきました。色々変化が。

久しぶりに、めがね橋のある道の駅みやもりに行ってきました。9巻表紙の場所ってことはもう説明不要ですね。相変わらず良い景色。川のせせらぎが気持ちよいです。(亦野さんのようなフィシャーが釣りをしていました。左にチラッと映ってますよね。)さて。宮守女子を感じた後

湯町中スタメン過去との比較。

最近はシノハユの1巻や2巻を読み直しています。いやしかし。小学生故、顔立ちが幼いですねえ。6巻の中学時と比べてみると。いやあ、皆大人になりました。色気づいてきました。慕も閑無も杏果も、面長になって美人になりましたね。杏果なんか特に大人っぽくなったのではな

  エレベーターが開くと、独特の空気とにおい。 小学校の頃、足しげく通っていたことを思い出す。 その時の記憶なのかな。  入院病棟って、なんか嫌い。   壁はこんなに白いのに。 床も手すりもこんなに綺麗なのに。 どうしてこんなに息が詰まるの。   部屋

咲-Saki-の重大発表出ましたね。

咲-Saki-の重大発表が発表されましたね。実写化プロジェクト…マンガ作品の実写化はよい評価をあまり聞かないので、なんだか不安。あと準決勝編アニメ化だと99%思ってたので、そこは期待がはずれてがっかり。笑という気持ちです。さて、TLを見てると、実写化は新しいファン

↑このページのトップヘ