小蒔「私にですか!?」

初美「はい!これです!」

ヒザマズケ!

巴「メタウサ姫…?」

春「メタルなのにこの甘い声…頭が変になる…」

巴「歌詞もちょっと過激?」

小蒔「えぇ~、私、ひざまずけ!とか言いませんよ~」

小蒔「もしかして、初美ちゃんには私がこういう風に見える…?」

初美「ち、違いますよ!注目は間奏の歌詞のここですよ!」

ははあぁぁ ははあぁぁ
姫!姫!姫!姫!姫!
ユカリ ヒメタル 神!神!神!神!

初美「姫です!神です!まさに姫様にピッタリです!」

春「なるほど…」

初美(実は神様降ろした姫様がたまにあんな感じだ、なんては言えないのですよー)


小蒔「姫…ですか…」

巴「どうしました?」

小蒔「…前から思ってたのですが、なんで皆さん、私のことを”姫様”と呼ぶのですか?」

初美「えぇっ?だって姫様ですし…」

小蒔「浮気をする人は、女の子の名前を間違えて墓穴を掘らないように、彼女の事をみんな”姫”と
呼ぶと霞ちゃんが言ってました!」

春「えぇ…」

初美(流石霞ちゃん、いつの時代の情報だって話ですよー…)

小蒔「皆さんも浮気してるんですか!?」ズイッ

初美「えー、姫様が変なモードに入ってますよー?」コソッ

巴「もしかして神様降りてるっ?」コソッ

小蒔「私も名前で呼んでほしいです…」ショボン

春「あっ…」

三人「…」


初美「わかりました!偉い人に怒られようが関係ありません!姫様呼びはヤメですよ!」

小蒔「!」パアア

小蒔「初美ちゃん!」

初美「はい!姫…じゃなくて小ま…ウッ!」

初美(あっれー?)

初美(おかしいですよ?)

初美(なんか姫様の顔みて小蒔ちゃんと言おうとすると、ドキドキしますよ…?)

初美(あれ~?なんだか顔が見れないっ…///)

初美「ここここ、コマクちゃんっ!」

初美(噛んだのですよー!)

小蒔「鼓膜っ…?」ガクッ

小蒔「…」シュン


巴(ハッちゃん、何やってんのよ!)

巴「私も姫様呼びはやめます!」

小蒔「巴ちゃん!」パアア

巴「はい!小mっ…はぁうっ!」

巴(ああ…わかりましたよ、ハッちゃん…)

巴(これは…)

巴(姫様が可愛すぎて…まともに顔を見れません!)

巴(小蒔ちゃん呼びはっ、照れるっ…///)

巴「っ…こここ、と、トマトちゃんっ!」

小蒔「と、トマトっ…?」ガックリ

小蒔「」ウルッ

巴(やってしまった…)白目


初美(ああ、姫様が今にも泣きそうっ…)

初美(こうなったら、はるるっ!頼みましたよっ…)


『黒糖』


初美(逃げやがったのですよー!)

~~

春「小蒔先輩」ボソッ

春「///」ポリポリ

~~

巴「やはり、私達でがんばるしかないわね」

初美「よしっ!3年の意地、六女仙の意地ですよー」

巴初美「「せーのっ」」

巴初美「「小蒔ちゃん!!」」

巴初美「「グハッ!!」」

巴(ああ…胸が苦しいっ…)

初美(これが…萌死ですかー…)

巴(でも良いわ、これで姫様の笑顔が見れるなら)

初美(ですねー…ってあれー!?」

巴「!」

巴「あっ…」

初美「姫様…」


小薪「」zzz


初美「寝てますねー」

巴「あはは…せっかく頑張ったのに…」

ゴゴゴ…

初美「ん?」

チャラララチャラララ~ チャラララチャラララ♪

巴「この音楽は?」

ニャ-----!!

小薪(神)「ひざまずけぇ!」

巴初美「「め、メタウサ姫様が降りて来た(のですよー)!!」」
image
こんな↑イメージ?笑


かえんだんさんが開設一周年を迎えたそうです。

永水推しブログだと思うので永水ネタを書かせていただきました。

ほぼSSのみでブログを更新し続けているその姿勢がまぶしいです。

私にはできなかったことなので。

初志貫徹、これからも是非そのスタイルを貫いてくださいっ☆

姫!姫!姫!姫!姫!

コマキ!ヒメタル!神!神!神!神!