5月8日は母の日です。(もう終わりますが)

ということで、当ブログ推しキャラ、瑞原はやりさん…
母、瑞原美月さんの優美なるダジャレをここでまとめておきましょう。
2016-05-04-02-16-54
↑瑞原美月さん、素敵です。


2016-05-04-02-15-34
「あ そーだそーだ クリームソーダ」 3巻 38ページ

瑞原美月さんの初登場かつ、華麗なるダジャレデビュー。
そうだとクリームソーダをかけてます。
メロンソーダでなくクリームソーダなのは、
妖怪ウォッチのキングクリームソーダの影響もあるかもしれません。(ない)


2016-05-04-02-16-11
「あなた小2でしょーに」 3巻 41ページ

~でしょうにと小学校2年生をかけてますね(説明しなくていい)
はやりんがまだ小2だということを再確認させられます。
でも美月さんははやりん(と真深さん)の気持ちを組んで、彼女を一人旅させるんですよね。

ただ、真深さんサイドがはやりん一人分のチケットを送ってくる筈もなく、おそらく2枚あったのだと思います。
それを高橋さんに渡して尾行させ、はやりんには一人でライブに行ったように見せたわけですね。
そして一人で行けたという経験と自信を与える。
本当したたかな教育をしてます。憧れます。


2016-05-04-02-16-59
「いいなー いいな 飯梨川」 3巻 80ページ

飯梨川は島根の一級河川です。
楽しい思い出で興奮するはやりんと、このダジャレを聞いた後のテンションの落差がおもしろいです。笑
私もお風呂入りたい。


2016-05-04-10-15-40
「おおムネムネんだね」 3巻 123ページ

概ねと、無念と、さらに胸もかけている…!? すごい!
でも残念ながら、はやりんの胸は美月さん同様大きくなっちゃう将来が約束されています。
中学はやりんのパッツパツ感好き。好きっ…!


2016-05-08-21-22-32
「母親がマザーちゃって」
「あらあらマーマー」 
4巻 139ページ

母(マザー)と混ざる、母(ママ)とまぁまぁ。笑
まさに母の日にピッタリの母ネタですね。
母子ともども「きつい」認定されちゃってるのも面白いです。
見た目中学生だって!やったぜ!
(ただしこの頃の閑無は自分より年上の人=中学生としか知らない可能性がある)


2016-05-08-21-48-44
「バレンタインだからチョコっとね」 6巻 88ページ

チョコレートとちょこっとをかけてます。
美月さんのチョコほしい…ほしい…商品でもほしい…
そしてその下のコマのウィンクの破壊力が抜群です。
やばい…見れば見るほどやばい…

死んでしまう…

image


以上、6巻まで美月さんのダジャレでした。(今後も出てほしい)
美月さんはじめ、シノハユ、咲シリーズに出てくる母親に感謝して生きていきたい。
ナナさんの無事も一応は確認されたし、慕ちゃんは早くナナさんに会えるとよいですね。

あ、ニーマンは現状絶対許さん。