2008年11月

2008年11月29日

『美少年オンザラン』表現・さわやか

『美少年オンザラン』表現・さわやか 11/29(土)駅前劇場

気がついたら第5回公演。毎年1回は必ず公演してるから嬉しい〜

〜 以下、ネタバレの入った部分 〜
 やっぱり金賞コントは“モンド・セレクション”でしょう(爆笑)あるヨーグルトを “モンド・セレクション”に認定してもらうべく、“モンド伯爵”宅を訪ねる話。
そうやってモンド・セレクションって決まるのね、て、絶対ないけど(笑)
モンド伯爵役の村上航さんよかったなー なんか妖怪みたいだった・・・でも何だかかわいかった・・・召使役のイケテツさんが「(伯爵は)恐らく300歳になります」と普通に言っているのも笑った。でも無事“モンド・セレクション”認定されてよかったね。認定するとあのお菓子箱に入るんだ〜て、いちいちツボでした(笑)

 伊藤明賢さんが前回を上回るキャラがなかったのが唯一残念★自称バットマンには笑わせて頂きましたよ。しかし駅前劇場で見てるから、明賢さんの汗がすっごかったのもビックリ!だってそのコント、最初のコントだったからね・・・

 車メーカーの“プロジェクトX”的な話もおもろかったー!車の代わりにダンスかいっ!そのダンスがちゃんとした様式でねぇ・・・ダンスが意外に長いのだけど、全然楽しんで見れたり。

 イケテツさんは女装!個人的に絶対毎回やってほしい!(笑)身長あるし体格もガッシリしてるけど、女装役が結構ハマるんだよね〜 今回はアメリカ人だけど日本の男を追っかけてきて、水商売で覚えたのが関西弁という・・・逃げた男役の岩本さんと漫才の時間があるんだけど、イケテツさんの関西弁&女性でのボケはコントから別の『漫才』って空間になってて、そこだけ切り取って別の笑いになってましたよ〜 そんな空気も好きです!

 いけしんさんの“クローン長渕”は、演出のイケテツさんのS心が炸裂したのか?かなり自由にやっているけど、完全にツッコんで欲しい時間にも絶対ツッコまず・・・延々と“クローン長渕”を1人で続けておりました・・・個人的にはそういうのも結構好きですが。若干引いているお客さんもいたのが悲しい・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
来年は春に「ワースト オブ表現・さわやか」を。夏に本多にて「ベスト オブ表現・さわやか」が上演決定!今までのネタを入れて、新作もあるのかな?いろいろ構成を練っている最中だとか。
楽しみにしてますよー

そうそう、帰りに食べたお好み焼き美味でしたー!店員(焼き係・きっと1番偉い人)さんが自ら切ってくれたのが関西の切り方だった。ちょっと感動!



honeybee893 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月23日

菌類のふしぎ → したまちコメディ映画祭

菌類のふしぎ → したまちコメディ映画祭 11/23(日)

かもされてから笑い転げてきましたー(笑)

菌類のふしぎ〜きのことカビと仲間たち〜 国立科学博物館
ナビゲーターが“もやしもんキャラ”ということで行ってきましたっ!
中にはいるとまずオリゼー達が映像でご案内(萌)菌類を扱っているからか?それとも科学博物館の規則なのか?館内は飲食禁止でした。しかし長時間うろつくので最後は水を飲みたくなった・・・
キノコやカビの展示はもちろん、“キノコのニオイを嗅いでください”とか“光るキノコをココから(ついたてにある穴から)のぞいてご覧ください”とかの体験系もあり。光る菌ではオリゼーの形どったシャーレに菌があり、その日によって光る%が違うらしく、この日は50%でそこそこオリゼーの形が分かる感じで(笑)
 “もやしもんキャラ”は、菌ということで大層な数のキャラ達(10cmくらい?)が壁にべったりくっついているブースがあって、そこでまず皆さん記念撮影(笑)個人的にはクリソゲノムがでっかいミカン箱のような形状の箱に、ぎっしり散乱しているのが萌え〜でした。これはさすがにみんな「かわい〜」より先に「げ!」と言ってたのが笑った。だって唯一展示じゃなくて“散乱”してる状態ですから、あえてね。

 そしてメインが石川先生の“らくがき”!!会場内の壁は70%くらいがダンボール状の材質で出来ているので、石川先生がちょこちょこ“もやしもんキャラ”をらくがきしているワケです。宝探しのように細か〜い場所に書かれていて、みんな必死で探していました(笑)あ、館内1部を除いて画像は撮影OKなので、携帯やらデジカメの嵐。しかし前を行く人が撮影しているとそこにキャラがあるのは分かるワケで。相当数を写メってきたけども、帰ってきて色んな人もブログを拝見したらまだまだまだまだ知らないらくがきがあったよ(泣)

第1回したまちコメディ映画祭「バカ映画に愛を込めて」 浅草公会堂
総合プロディーサーはいとうせいこうさん。マルクス兄弟やら渥美清やらファレリー兄弟から、もう好きな人がザックザクの企画(笑)しかし今年の11月はなかなか都合がつかず、唯一外したくないコレに絞りましたよ。

みうらさんといとうさんの、トークライブということで。今回はコメディ映画際というテーマに沿って、いつものゆるゆるトークを展開しました。
自称パンフレッターのみうらさん(笑)映画を観たら確実にパンフも買って帰るそうで「パンフレットを買って、映画が見終わるんだからね、みんな」と言っていた・・・昔は買ってたけど、ミニシアターで1000円になってから思いっきり選別するようになったんだなあ・・・

みんなが映画館へ行くときに“バカ映画”かどうかはパンフレットを見れば分かる、というトーク。いわゆる宣伝段階で“おバカ映画”と言っているのは“バカ映画”とは違うワケです。まあ、どう違うかはそのパンフの特徴をこれから説明するから観てくれと(笑)
「バカは青空」「バカはどアップ」「バカは新」とか。確かにそのテロップの後に写し出されるパンフを観て納得(笑)ウェインズ・ワールドなんて地球の“外”に2人がいるのに背景が“青空”!(爆笑)

ラストは以前みうらさんが夕張映画祭に出品した映画のフルバージョン(40分程度?)を上映。そうそう、まだ全国区ではない頃のナイナイ岡村さんが主役!天素のメンバーも若かった〜 フルバージョンは初めて見ましたが、そもそもこの作品あんまり上映されないそうで・・・貴重な体験でしたよ。

帰りはプリン屋さんでコーヒープリンを買って帰りました、美味〜


honeybee893 at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)