2009年11月

2009年11月27日

The Birthday 〜愛でぬりつぶせツアー〜

11月27日(金)ZEPP TOKYO

 夏に発売された「愛でぬりつぶせ」のツアー・ファイナル。
 今回のセットリスト(←下記参照、kaiさんから転載させて頂きました、ペコリ)を見ると3枚目のアルバム「NIGHT ON FOOL」と新曲からがほとんど。
 で、年末〜年始には3枚シングルが発売、その後アルバム発売、そして再びツアーという、まさに“止まらない”活動をしているThe Birthday。
 その加速し続ける活動ペースと反比例して、ライブは不思議に安定しているようにも見える・・・かと言って、それに飽きるということはない。
 何だか不思議なバンドになったなぁ。
 
 この日のチバくんのMC、いつにも増して爆笑&失笑でした・・・
 まずはマクドナルド・クォーターパウンドのインスト曲『HUM69』演奏の前「あのーマ、マクドナルでいま新しいCMやってるでしょ?あの、し、し、“新種”?」・・・“新発売”と言いたかったのだと・・・
 『マディキャットブルース』前には、何かを説明しようとして全然説明出来ず(笑)結局「いいや」という感じで説明を止めてしまう始末(←おい!)
 で、その後、同日発売の『ディグゼロ』のときに“さっきそれを言いたかった”的な事を言っていた。あぁ来年発売とかその辺を言いたかったのか・・・

 んでMCではないけど、極めつけが『アリシア』。その前の『ディグゼロ』は本編でやっていたけど、撮影するという事で、アンコールに再び演奏をした。
 で、次の『アリシア』に入ろうとする前、チバくんが何か言おうとした瞬間、キュウちゃんのドラムが始まってしまい・・・「あ!待って!」とチバくんがキュウちゃんに言うも遅し。ハルキくんもイマイさんも、ドラムによって演奏がスタートしてしまった・・・ので、前奏が演奏されてるなかで「ダイブはしないで」ボソっと言って歌に入っていた。
 確かに『ディグゼロ』で「撮影があるからダイブしないでね」と言ったけど、『アリシア』もまた撮影してるのは言わないと分からない。しかしそのあまりにものタイミングの悪さに、会場の客が(自分も)ちょっと吹いてしまった・・・
 とはいえ、演奏が始まったら相変わらずのテンションにもっていってたあたりはさすがですが。
 
 何と言うか、説明が上手くない人というか・・・テンションあがってるライブ中だけ?まあミュージシャンだから音で説明出来ればいいのか。
 いいのか?(笑)

 最終的に相当前で見ていたけども、このバンドの“ぐわん”とくる音はやっぱり好きだ。
 しかし本当に音がデカいバンドだなあ。


セットリスト

01. 愛でぬりつぶせ
02. カレンダーガール
03. マスカレード
04. ガーベラの足音
05. ディグゼロ
06. BABY TONIGHT
07. FUGITIVE
08. ピアノ
09. ひかり
10. Sheryl
11. タランチュラ
12. モンキーによろしく
13. STRIPPER
14. LUCCA
15. あの娘のスーツケース
16. いとしのヤンキーガール
17. 涙がこぼれそう
18. Nude Rider
19. SUPER SUNSHINE

encore 1
01. HUM69
02. 45 CLUB

encore 2
01. マディキャットブルース
02. ローリン

encore 3
01. ディグゼロ
02. アリシア

honeybee893 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月21日

The Birthday 〜 electraglide

 千葉LOOKから幕張メッセという千葉エリアのイベント(笑)移動も楽に行けましたー

The Birthday
愛をぬりつぶせツアー@千葉LOOK


 ま、さ、かチケット取れるとは!というか自分のチケット運ではございませんが(やはり)
 チケット当選だけでなく、整理番号1・2番(!)という目玉飛び出るほどの狂喜的状況を引き当ててくれたkaiさんに感謝です!

 という分けで最前列。「2列目以降は見えない」と噂の千葉LOOKなので、必然的にこうなるワケです。うあー近い近い、見える見える、ハルキくん側。

 ここから見る4人はホントにスゴい迫力・・・最前で見る機会はまずないですから、セットチェンジであんなにチバくんがチューニングを丁寧にチェックしてるとか、そういうことひとつが、あんなに演奏を見ていても新発見だったワケです。

 途中、「あれ?音が小さい?」と思う瞬間があった。
 1列目にいてそんなワケはありません。
 近すぎて 自分の耳がヤられていた のですわ・・・・・あぁコレも新発見(笑泣)

 チバくん「ここは千葉じゃん、俺の苗字もチバじゃん。どう違うの?」て言われても即答出来まへんがな(笑)何故MCでそれを聞きたかったんだろう・・・

 1回1回のライブはそれぞれ大事ですが、今回のライブはやはり特別感が強い。
 ライブハウス、整理番号、そういったこと全てが「行ってこい」と背中を押されているような気さえしていた。
 だからこそ、心して、食い入るように(耳がヤられようが)その1曲1曲を体感してきた。

 さすがに後ろからの圧力がハンパなかった・・・最前の自分は柵で支えるワケですが、その柵後ろからの圧力でがイタイイタイ(笑)
 途中、さすがにアバラが折れそうな予感がしたので(・・・)柵の間に腕を挟んでいたら、翌日からしばらく腕が痛かった・・・

electraglide@幕張メッセ
 長くなるので主なライブのみ。
 しかし寒い時期のイベントで、フードエリアを外にするのはヤめてほしい。並ぶの寒いし、冷めるの早い(泣)
 
【Battles】
 初見。何故ドラムのシンバルがあんなに高い位置に(笑)
 しかしそれがカッコよかったですわ。
 今回はkaiさん曰く「まったりモード」の演奏だったそうで。
 ラストに4人がぐわーっとなるのが本来の Battlesっぽさだそう。
 そこは確かに自分もアガった〜!

【クリス・カニンガム】
 コレが楽しみでした!運良くこちらでも最前列をゲット。
 ネタは前回とほぼ同じ。「女性の髪が揺れるシークエンスが途中途中で挿入する」クリップは初。そのカットの挿入は美しいではなく“怖い”のです(笑)
 
 前回見ていたネタも、本人の手による“映像と音の同期”を、あの大きな場所で楽しめるのは貴重。
 やはり身体が動くよりも、そのスゴさにただただ一瞬たりとも見逃したくない想いで、微動だにせず目と意識だけを動かしていた。

 エィフェックスと違うのは、やはり“同期”なのかな。
 そのへんは映像作家ならではの特徴かも。

 ネタ的に(裸・暴力・グロ等)ソフト化はまず無理でしょうが(笑)
 それだけに、ここで体感!の大事さをここでも実感。
 最前で観れてよかったー!

【レイ・ハラカミ】
 初見。
 矢野顕子さんとフェスとかで演奏している印象だったので、エレグラ?という感じでしたが、エレグラ的な演奏にビックリ!
 だってCDタイトルが「あさげ」とか「ゆうげ」の人ですよね?
 アー写もまったりしていて、勝手に癒されていたのですが・・・・
 
 この日はガッツリ肉食!(笑)
 いや、全然違う面が見れて楽しかったですよー
 
 しかし途中で風邪薬を飲んだからかここでダウン・・・座って見ていたので途中で寝てしまった、残念★

honeybee893 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月20日

菊地成孔コンサート2009 スペシャル・トークイベント

11月20日(金)@オーチャードビュッフェ

 キクチさんは初なのですが、初の生・キクチさんが演奏ではなくトーク(笑)

 しかし、来月ダブセクステットのチケットを引き取っていたので、今回のトークは入門編として非常によかったですー

 というのもこの日は映画監督の冨永昌敬さんが撮っていたキクチさん関連の演奏記録(なんとある時期から全てのステージを録画しているらしい)を、キクチさんの解説で見られるという。

 色んなバンド編成を経ているキクチさんだけに、時代を追って映像と演奏を見れるのは面白かったですよ。

 笑ったのが「1度会社みたく人事異動というものをしてみたかった」だけの理由で、ペペからダブに異動させられたというベース・鈴木さん(笑泣)
 鈴木さんも「ペペからきました、鈴木です」と、所在なさげに挨拶をしていたそう(笑)

 あとは「とあるブランドに蝶ネクタイの新作が出ると買いに行く」というキクチさん。スーツではなく蝶ネクタイだけなので、店員さんが「お仕事は?」と聞かれたときに「ボーイなんです、ウチの店自前で揃えるんです」と答えていたそう(笑)
 「いまはもうバレでるんですけどね」で、そうでしょうよ!

 最後は質問コーナー。
 色んな質問があったけど、キクチさんは極めて丁寧に答えていた。そして非常に頭の良いかたなんだと思った、というのも使う言葉が知的過ぎて一瞬「?」とその文字が浮かばないときも・・・
 
 ジャス演奏家や文筆家、コラムニスト、こういったトークなど、多彩な活動をされているだけに色んな分野で彼を発見している人が多いんだろうな。
 それがどれも“人を楽しませる”という姿勢で活動しているのが印象的。
 一見“俺的”に見えて、実はかなりエンターティナーな人だとトークを見て思った。

 そして来月の演奏が楽しみですー

honeybee893 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月08日

吉祥寺ぶらり旅

11月8日(日)

 友達と「ぶらりしよう」と吉祥寺にやってきたー

 まずはランチ。シャポー・ルージュは既に行列のため断念し、ぶらぶらしているとカフェめしが。そこで食べたビーフチチューはかなり煮込んでいて美味でしたー

 さらにぶらっとしていると伊勢丹1階にイタリアンヨーグルト・ジェラードのお店 Yogorino が。ここは友達がテレビの吉祥寺特集で見たとのこと。さっそく並んでみると、ジェラードには色んなトッピングが出来る。スプレーチョコやマシュマロ、イチゴやソースなどなど。
 そして塩キャラメルソースに決定!甘じょっぱくてサッパリしていたー

 その後、吉祥寺エリアを何度もぐるぐる(笑)途中で服を買ったり、雑貨を見たり。
 吉祥寺は食から服からカルチャーから、全て網羅していて非常に便利な街なので、人気なのも納得。

 先日「アド街・吉祥寺」で、ゲストのオードリー・若林くんが出ていて。このエリアは学生の頃からよく遊んでいるそう。
 パルコの近くにあるタコ焼き屋でバイトをし、丸井側の焼き鳥屋でよく呑むのだそうだ。
 歩いていると、それらのお店を発見!思わず若林の思い出を巡る旅にもなった(笑)

 しかし丸井〜井の頭公園の道は激混み・・・萎えるくらいの混雑ぶりで、お茶をしようとお店を探すだけで疲労する状況・・・結局イタトマカフェに落ち着く(笑)

 そして何度来ても「ブラウニー」にはありつけない・・・自転車でお兄さんが売っているのだけど(自転車の移動販売らしい)、並んでいたらわたしの2人前で完売でした・・・

 最後に中華屋でゴハン。
 ここがハンパないボリューム!店前のディスプレイには標準の1人前なのに・・・うっかり春巻・かた焼きそば・五目そばを頼んだら「全てが2人前程度」だったのでした。
 2人でがんばったけど、完食は無理だった〜

 寒くなりかけだけど、うろうろするとまだまだ暖まるこの時期。
 また歩ける季節になったらぶらりしたいー

honeybee893 at 17:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年11月07日

「カイジ」

11月7日(土)新宿バルト9

 今回もマンガ原作。
 こちらは主に賭博黙示録を映像化したもの。
 原作は賭博黙示録〜賭博破壊録の途中まで読破してましたー

〜 以下、ネタバレの入った部分 〜(全て敬称略にて) 
・藤原くんは非日常におかれたヒーローが似合う。「バトルロワイアル」から、今回のカイジを観てさらにそう思った

・しかし「限定ジャンケン」は省きすぎな印象も、、、まあ「人間競馬」〜「Eカード」まで網羅するから仕方ないとはいえ
・というのも「限定ジャンケン」で、何も持たないカイジが極限状況におかれてギャンブル(や状況を見ること、裏まで読むこと)の感覚が砥ぎすまされていく。
 カイジという人物が生まれ変わってゆく、結構大事な部分と思うからだ

・プラス、“クズの中のクズ”または“キング・オブ・クズ”という不名誉極まりない異名を持つ安藤の存在がいないもの残念(笑)ある意味、黙示録のクライマックスなだけに

・カイジの魅力のひとつに「上に立つ物にカモにされ、その洞察力でカラクリに気づき、独自の方法でカラクリを暴くだけでなくギャンブルに勝つ」という一連の流れ
 この“勝つ”シーンでは、マンガでは珍しく思わず歓声を出してしまうほどである

・なのでEカードで「鼓膜を賭けない」「耳も切らない」のはなあ・・・・・・・・
・さすがに全国ロードショーでは無理か(涙)

・そういう意味ではEカードを香川照之と藤原竜也と天海祐希3人の演技力だけで持たせたのはスゴいことだとも思う

・「人間競馬」でも「人は常に1人で孤独である。誰も自分を助けることは出来ない、だけど隣に“居る”だけでその孤独を消すことが出来る」というテーマは使われなかった、残念
・しかし光石さん演じる石田さんのエピソードはまんま使われていた。あれは泣ける・・・

・泣けると言えば、あの温厚で色んな現場をくぐってきた光石さんは今回の現場で、あまりの過酷さに「出来ねえよ!」とキレたそう・・・・
 「人間競馬」か「地下強制労働」のどちらを言ってるのか不明ですが、どちらも債務者役は過酷過ぎる扱いだものね・・・お疲れ様でした・・・
 あの役は光石さんでホントによかったですよー 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 興収がよかったそうで、続編が決まったとのこと。
 続編は何のエピソードを使うんだろう、そしてカイジ以外のキャストは誰になるんだろう。楽しみ〜 

honeybee893 at 16:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月01日

「20世紀少年 〜最終章〜」

11月1日(日)地元シネコンにて

 最終章だけ見る、というね・・・・・
原作はハマって読んでいたのですが、この「続き物映画」というのが不精の自分には合わず、「マトリックス」も気づけばだぶん最後だけ見ていない。。。それすらも確かではない。。

〜 以下、ネタバレの入った部分 〜 
・そんな不精な自分向けに「第1章〜第2章のダイジェストを30分くらいで見せます」という親切な心配りがあった(笑)
 かなり原作を忠実に映像化しているな〜と感心

・キャストはほぼ原作と違和感なし。この時代にそれだけ即した俳優さん達がごっそりいたのはスゴいことだな。

・しかし残念だったのがケンジの曲が自分の想像と全く違っていたこと(笑)
 これには自分で吹いた・・・フォークでもっと癒しっぽい歌かと思ってたから、いきなりマイナーコードの暗い曲なのにビックリ

・それにも増してビックリだったのが万丈目(石橋漣司)の最後・・・・・ともだちを銃で撃つという偉業をしていながら、その後ともだち作のロボットに踏まれて死亡・・・なのに現場にいる全員がともだちに駆け寄り「そのまま万丈目が一切映らずにシーン変わっちゃった」よ・・・
 原作では違う死に方だったので予想外だったことと、スルーされる漣司の扱いっぷりにビックリ・・

・『原作とは違うラスト』とはそういうことね。中学校時代のカツマタとケンジにちゃんとした触れ合い&会話が足されていた。
 これはクレジット後に出てくるので、クレジットで“神木隆之介?”と見ていたら、ここに登場。
 本来、原作と違うと(しかもラストのラスト)不満が残ったりするけども、ここは結構よかった。神木くんの存在感がまたよかったのかも。

・原作があれだけSFで、スケールデカくて、長くて。
 それを映像化するのは大変だけど、3編にわたる製作・キャスト・スタッフが「妥協せずに作る、原作の良さを活かす」その忠実な姿勢が感じられた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
映画はお祭りというけども、それを“大人の本気なお祭り”として実現した作品だった!

honeybee893 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)