2011年08月

2011年08月14日

SUMMER SONIC 2011

8月14日(日)幕張メッセ〜QVCマリンフィールド

 猛暑の昨今、年々過酷になってゆく夏フェス(泣)今年も不快指数200%!でした。

Yanokami(BEACH STAGE)
 直前にハラカミくんの訃報があり、それでも演奏をしてくれた矢野さんにただただ感謝です。yanokamiは「1度見たい」と思いながら時間が合わずに逃していた。「また次回」はないんだ、ということを痛感させられることに。
 矢野さんはハラカミくんの新しい音を聴かせてくれた。yanokamiとしてもアルバムの制作中だったという。
 音が流れるたびに「あぁ、ハラカミくんだなあ」と思う。唯一無二、だけど孤独感はない、むしろ包み込むような多幸感がある。もっともっと新しい音を聴きたかったな。
 矢野さんの演奏は本当に素晴らしかったです。このひとも 唯一無二の世界、だからこそハラカミくんと合っていたんだろう。
 「最後に、私がレイ・ハラカミを知った曲を・・・『ばらの花』」と言った瞬間、泣きそうになった。『ばらの花』はわたしもハラカミくんを最初に知った曲だったからだ。くるりの『ワールズエンド・スーパーノヴァ』が聴きたくて買ったのに、あの曲ばっかり聴いていたことを思い出した。
 本当にいいステージでした。ありがとう、ハラカミくん。お疲れさまです、やのさん。

X JAPAN(MARINE STAGE)
 初 JAPAN!じゃなくて初X!1曲目でさっそくステージから火がでてる!「あ〜 X!」とまず感動。セットリストには『紅』『ENDLESS RAIN 』という決め曲も入れてくれて、初参加の私も楽しめましたー
 「これがうわさのYOSHIKIさまのドラムか!」と体感してびっくり。太鼓の連打が地鳴りのようにこちらの腹に響くひびく。で、ピアノに座れば一気にしっとりとするのだから、その静と動の振り幅にファンは惹かれるんだろうなあ。
 最後は舞台の端から端まで全員で丁寧にお辞儀。その間にBGMが流れているので、一瞬「サマソニ終了?」と思いましたが、彼らのパフォーマンスではここまでで1つのステージなのだろう。フェスという状況の中で、独自の完成された世界観を作るのはさすが!

RED HOT CHILI PEPPERS(MARINE STAGE)
 アンソニー!4年ぶり!!
 来日前はアンソニーの髭や髪型にツっこんでいましたが、見終わってみると『アンソニー=カッコいい』としか感想がないとはコレいかに。
 ジョッシュが入って最初の曲は「By the way」。新しいギタリストとしていろいろ感想は言われているようですが、わたしはアリかと。これから徐々にバンドに慣れてもっとハジけるようになってほしい。
 フリーは親日家なので震災後を意識したコメントを言っていた、ハッキリした日本語に出来ないのが残念だけど、何度も丁寧にコメントを言っていて嬉しかった。
 チャドは本当に安心する、絶対いて欲しい存在。今回のMステでもエンディング直前のCM中にタモさんにキスしたそう!オンエア中にしてくれ〜
 アンソニー!今回も飛んでました、踊ってました、歌ってました。途中途中、前に置いてある紙を切っていましたがアレはカンペ?バレバレですが(笑)その切り方もものすごく雑で乱暴なので、ちゃんと次のが見えてるのかすら気になった。
 セットリストは新旧混ぜて18曲演ってくれて大!満!足!『Sir Psycho Sexy 〜They're Red Hot 』はアガった〜 特に『They're Red Hot 』はもう演奏しないと思っていたので超アガった!そもそも演奏力の高いバンドなので(2004年のTHE ROCK ODYSSEY でアンソニーの声が出ないため数曲を本番で変えて対応していた)、さくっと昔の曲(それも代表曲じゃない)を入れてくれるのが嬉しい。
 最後に日本語で「アリガトゴザイマシタ」と言ってアンソニーは帰ってゆきました。
 あ〜カッコいい〜(何度でも言う)
 そして最後にペコリとお辞儀をしたのはもちろんフリー。日本人でも感心するキレイなお辞儀でしたー

〜セットリスト〜
01.By the way
02.Charlie
03.Can't Stop
04.Scar Tissue
05.新曲 Factory Of Faith
06.Dani California
07.I like dirt
08.Other side
09.The Adventures Of Rain Dance Maggie
10.Throw away your television
11.新曲 Ethiopia
12.Right on time
13.Californication
14.Higher Ground
15.Under the Bridge
enc.
16.Sir Psycho Sexy
17.They're Red Hot
18.Give It Away
--------------------------------------------------
 灼熱のなかのキビしいフェスでしたが、見たバンドはどれもすごく素晴らしく、演奏中は自分でもびっくりするくらい不快な環境を忘れるほど没頭していました。「この煩悩の塊である自分が!?」と思うとホントにスゴイことだぞ!
 

honeybee893 at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)