831食べ夜祭Hawaii 旅行記<準備編〜フライト>

2013年09月21日

東京03悪ふざけ公演『タチの悪い流れ』

草月ホール

 東京03の10周年記念公演ですー

 彼らと言えばコントグループ、キングオブコントの覇者という1面と。
 やっぱり角ちゃんでしょうか(笑)ゴッドタンでの『歌うまでカッコ良いのに歌詞が超情けない曲』、そして異様に上手い素人のバンド陣編成で覚えました。

 がっつり観るのは初めてでしたがゲストが おぎやはぎ、日替わりゲストがザキヤマという人力舎勢ということもあってか、記念公演に相応しい豪華で楽しい特別イベントになってました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下、ネタバレ(敬称は略してます)〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 大まかな構成はコントだけど、それらは全て同じ登場人物で繋がっている。超人気歌手の小木十三(小木)と彼の担当であるレーベル会社の角ちゃん、生意気な角ちゃんの後輩に豊本。角ちゃんの家に住みついた謎の人物(ハマケン)などが絡んでくる。

 角ちゃんの叫び声聞けたー!
 彼らの持ち味とも言える構図(生意気な豊本vs情けない角ちゃん)の中で必ず出てくる角ちゃんの叫び。
 も〜これ大好き!です!
 情けないんだけど面白い、悲しいんだけどクダらない、意外にありそうな状況で、その姿がかわいい。
 またちょっとガラった声がいいんですよ!

 で、いっつも地味な飯塚さんですが。
 彼がネタ書いてたんすね・・・今回初めて知った(いっつも心の中でスルーしてました、すんません・・)

 コント公演というと、いくつかあるコントの中で数個が最終的に絡みあうというのは多いですが、こうやって全編コントを取りながら進んでいくのは初めてでした。
 ということでキャラや設定を守りながら笑いのシーンを数多く生み出すのは非常に難しいことであり。
 それこそが彼らがいまコントグループとしてノっており、誇りにしているようにも感じました。
 終演後にフリートークがなかったのもそれを象徴している、あくまでコントを見せる人たちなのだ。

 おぎやはぎ、と言えばセリフを覚えるとか面倒臭がりそうなイメージでしたが(笑)
 TVでは噛みがちな矢作さんもサクサク台詞を言っており、小木さんはTVのイメージと同じような嫌〜な役を好演しとりました(笑)

 この日はザキヤマがゲスト!
 楽しみにしてましたー!
 生で観るのは初めてでしたが、ようやく現れた黒幕・ザキヤマのシーンを長々とボケし続けており出演してる芸人全員が終わらないボケに困っていました。でも、これが観れて嬉しかった〜
 ちなみに“ムチャぶり”というのはありますが、私は彼を“ムチャボケ”というBOXに勝手に入れております。

 んでハマケン!
 かわい〜〜〜〜!(すいません) 謎の役が合いすぎ!だって勝手に角ちゃんの家に住みつく、鍵かけてるのに入り込んでる、角ちゃんの陰毛を集めて帽子作ってそれ嬉しそうに被ってる(・・・)
 どれもがなんかハマケンがやるとしっくり来る・・・
 最終的に女の子に間違われ、そのままデビュー(ヒゲ有)って彼にしか出来ない、芸人には出来ない。

 舞台にはGENTLE FOREST JAZZ BANDという数十人の生バンドがいて、コントに合わせて生で演奏が聴けるのも贅沢な舞台。シティボーイズもそうですが、コントと音楽って大事。

 フリートークが苦手とあって、お茶の間でたくさん見れるグループではないですが。
 コント職人としてこれからもたくさん笑いを作ってください

honeybee893 at 15:55│
831食べ夜祭Hawaii 旅行記<準備編〜フライト>