2004年11月14日

神奈川・野球のご当地ネタ

 野球blogのお仲間うちで、「ご当地踏み絵」というのが流行しているようだ。僕も別blogの方でやってみた
BayStars18_MiuraDaisuke
 神奈川のチェック項目の中で、「Y校と横浜高校は別な学校だと知らない他県の人に説明するのは飽きた。」というのがあって、それで、一つチェック項目を思いついた。

 「横浜ベイスターズの三浦大輔投手は、横浜高校出身だと思っていた」

 僕の知り合いで、Y校(横浜市立横浜商業高等学校)出身・バリバリのハマっ子がいるんだけど、実際に三浦投手のことをそう思っていたんですよ。いや、その気持ちは大変よくわかる。

 これは、何がツボかというと(こういう話は、説明すると長くなるし、興ざめなんだけど(^^;)

 まず、横浜高校=愛甲投手=トッポいにーちゃん、というイメージがありまして。愛甲投手が甲子園で活躍した70年代終わり当時の横浜高校、というのは、本当にシロウトは近づけないツッパリハイスクールだったはずで。
 12月26日追記:地元では横浜高校を、今でも専門用語で「与太高」と呼んでいるようです。

 ハマの番長こと三浦大輔投手。イメージ的に、完全に愛甲投手の系譜を引いている。さらに、「三浦」という苗字がいけない。昔の豪族の名前で、神奈川の半島の名前にもなっている。この苗字の投手が横浜ベイスターズにいたら、そりゃあ横浜高校出身だと思うはずなんですよ。
BayStars06_TamuraHitoshi
 実際には、最近の横浜高校は、西武の松坂投手や横浜の鈴木尚典選手・多村選手、巨人の斉藤宜之選手などを見ればわかるとおり、「ツッパリ」とは対極。見た目も、どちらかというと頼りなさそ〜、な感じ。いつから校風が替わったかはしらないけれど。ガタイは立派だけど心は優しい広島・高橋建投手の世代あたりが転換点としてはあやしいけど....
Carp22_TakahashiKen
 あ、それから、三浦大輔投手は、別名「奈良の銀狼(ぎんろう)」。神奈川県とは特に関係ありません。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/honeywar/9305419
この記事へのトラックバック
横浜新チケット「8時だよ!全員集合」 20時以降入場料半額 [Web報知 より]  入場料が高い事で知られている横浜スタジアムだけれど、佐伯がFAの際の値下げ要求の流れだろうか?  僕は都内で仕事をしているので、平日にプレイボールの時間に間に合う事は先ずはない。そう
8時だヨ! 全員集合チケット〜横浜スタジアム〜そして千葉県民【The Fool on the Web】at 2004年11月23日 22:39
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
確かにある年齢より上のハマっ子は必ず「横浜高校=与太高」と言いますよね^^;20代後半ぐらいより下になるとどうも横浜高校はそんなにガラの悪いイメージはないそうです。愛甲はすごかったらしいですね。どの学校も「とてもうちでは・・・」としり込みするほどのワルだったそうです。今どうしてるんでしょう。

愛工大名電や中京もワルかったと聞いています。石川は昔は知りませんが星稜・金沢は比較的良い学校でした。遊学館は・・・。コメント控えます^^;女子高の頃は「・・・・」でした。

三浦投手は実家が花屋と聞いております。
Posted by kawahara at 2004年11月14日 20:12
kawahara様>

> 「横浜高校=与太高」

 与太高!(爆) いや〜、実は記事を書いているとき、昔の横浜高校を表す、ふさわしい言葉を捜してたんですよ。結局「ツッパリハイスクール」にしたんですが。
 与太高! これですよ、これ。
 「ある年齢より上」というのもポイントですね。僕より2つ上の愛甲投手はもちろんナニでしたが、それより10歳下の鈴木尚典選手は、カタギだと思うので、その10年間に、大きな変化があったんでしょうね。
 愛甲さん、今どうしてるんでしょうね。

> 愛工大名電や中京もワルかったと聞いています。
 昔の甲子園の強豪校は、結構そうでしたよね。横浜の新監督とその母校(浪商)も....(^^;

> 星稜・金沢は比較的良い学校でした。
 妻もそう証言しておりました。(笑)

> 三浦投手は実家が花屋と聞いております。
 そのはずです。
 尚典選手の一つ下の三浦投手。横浜高校が与太高でなくなったころ、その波は奈良に波及していたのかと思うと、味わい深いです。
Posted by Honeywar at 2004年11月16日 01:44
おはようございます。
ぼくは、この記事を読んだとき、
Y高(横浜商)に三浦という投手がいましたよね。そっちを思い出しました。

たしか水野あたりとおなじころで甲子園でも結構活躍したと思います。
プロでは大成しませんでしたけど・・

「横浜の三浦」と聞くとそっちのほうがパッと浮かぶという人も多いような気がします。

結構、甲子園の思い出とプロ野球とがリンクできてない人って多いですし。
だれがだれより年上かとかそういうこととか。
Posted by しけたろう at 2004年11月17日 07:10
しけたろう様

 こんにちは! Y校の三浦将明投手でしょうか。今調べたら、阿波の金太郎・水野投手と確かに同年ですね。中日に、山本昌投手と同期入団....その後はおっしゃるとおり大成しませんでした。

> 結構、甲子園の思い出とプロ野球とがリンクできてない人って多いですし。

 アマチュアとプロ野球は、「両方好き」な方もいれば、「どちらか片方」の方もいますし、たとえ両方好きでも、リンクしないことはよくあるようですよね。

 僕の場合、特に働き出してからは、アマチュア野球まで手が回らなくなってしまいました(年度によっては、プロ野球もあまり見ていなかったことも)。選手の上下関係は、特に印象的なできごとがあったときに、ピンポイントで覚えているようです。

 以前、水野さんが横浜戦の解説をしていたとき、他の選手は呼び捨てなのに、当時現役だった畠山選手だけ「畠山先輩」と呼んだことがあって(笑)。「あ、そういえば」ということになり、我が家では今でも畠山さんのことを「畠山先輩」と呼び習わしています。
Posted by Honeywar at 2004年11月18日 03:24