征子と光源氏古代飛鳥をガイド

古代史をなぜ研究するか?それは古代の人々の行動、意思決定から人間は如何に生きるべきかを教えてくれるからです。古代をそのまま記述しても面白くない。そこで光源氏の恋人、征子との出会いと恋愛を通じてドラマとし語ります。ご期待下さい.。但しインタビューは古代史上、謎とされる事項で史実に基づくものです。

光源氏と征子の古代旅・・ご期待
ご批判、ご意見お待ちしています!
なお古代史ドラマは史実に基づいています。
飛鳥、奈良、平安時代が学べます。
但しインタビューは古代史上、謎とされる事項で史実に基づくものです。

DSC_0094


DSC_0012 (1)奈良の空海寺です。
You of a gathering, how do you do? I am Tadao Kurashige.
The contents about which I speak are about the meaning and importance of the Nara sightseeing.
Why is the Nara sightseeing important?
How was Japanese culture produced?
When unified Japan for the first time? ,
When was the Emperor born?
Getting to know these is traveling Nara.
I exist really, so that ancient ruins are surprised at Nara. Ancient gods exist in actual space. The thing grows into the illusion which carried out the time slip before also 1500.
It is the first reason this thing travels from Nara.
The oldest book in Japan is the Kojiki.
The Kojiki was completed in A.D. 720.
The God oldest in the contents is an izanagi and an izanami.
The amaterasu was produced from this God.
An amaterasu, a susanoo, and a tujuyomi are called sankisin. The gods who cannot finish counting from these gods are born.
A reason is for justifying Emperor Jimmu's birth.
It is for complicating and carrying out by making it get confused.
But now, the trick is clear.
The posterity of an amaterasu grows into Emperor Jimmu.
Emperor Jimmu is the Japanese founder Emperor.
That is, the first Emperor is a legendary hero.
The contents on account of ancient events begin from earth creation. And Emperor Jimmu is on B.C. January 1, 711.
Although National Foundation Day is on February 11, it becomes by the lunar calendar on January 1.
Emperor Jimmu's birthday grows into National Foundation Day. In Japan, February 11 becomes a public holiday.
That he is surprised has an ancient huge Imperial mausoleum in Nara Prefecture. The true character is a keyhole-shaped mound and a big Imperial mausoleum.
The Imperial mausoleum from the first jinmmu Emperor to the 49th generation Emperor Konin exists really.
This thing hits in the period of 661 to [ B.C. ] era 781. The visitor settled about in the 300s.
The 500s came and the visitor told the yamato country (Japan old name) the China culture. I follow and it is surmised that the ancient culture in 1000 was formed from the 500s.

Ancient ruins in the meantime and ancient history data can feel in Nara. Moreover, it is that many in the oldest book Kojiki exist really.


The first jinmmu Emperor came to Osaka from Kyushu, and conquered the yamato. In Japanese history, I remain as jinmmu conquest of the East.







Kashihara Jingu in Nara Prefecture is with the background of accession to the throne.

The Kojiki is also called apocryphal book.
It is the book which combined an anecdote, a myth, and actual existence.
Therefore, I am whether it is the right history, and I will become an apocryphal book if it says. However, many are telling the fact.

The fact is existing in Nara.
Description of the Nihon shoki exists mostly in a similar manner. Furthermore, a manyouka monument sticks to an old road and has become a tourist draw.
Moreover, I see the former site of asuka Miya, Fujiwarakyo, and a heijyoukyou, and am impressed.
Thus, 300 to [ era ] 1000 years of history becomes important.
Because, since it is the beginning of the ancient Japan culture, I am important. A character, poetry, and writing are the foundations of ancient culture.


Japanese ancient-times culture moved from Nara with Kyoto, Osaka, and Tokyo. Here is the reason I begin sightseeing from Nara. Then, I wrote this book in the meaning which expresses the history of Nara intelligibly. Two young men and women fall into love, do a time slip to ancient times, and come at the ancient times of Nara.


Let's begin the history of Nara.
Seiko and Genji show ancient Nara.

WIN_20150418_155435
It is explained in English version with a profile and guide .
PH総研                                          ・ホームページ1 :http:://furusatookosi.jimro.com

・ホームページ1;http://kurasige.info/

・ホームページ2:http://kurasige.info/tadaophsouken/

・ブログ1;http://blog.livedoor.jp/honjisuijyaku/

・ブログ2;http://blog.livedoor.jp/honjisuijaku/

・メールアドレス;kurasige@gamma.ocn.ne.jp

・電話&FAX;042-591-6955



Phttps://furusatookosi.jimdo.com/lease take a look!


DSC_0012 (1)

 << profile>>.

-Incorporated company PH research institute

- The last school education : graduation from Hosei \University.

- Representative director Kurashige Tadao.

 

- A medium and small business consultant.

-an IT coordinator,

-a first-class hannbaisi.

- Herman international authorizationfacilitator.

- the Japan Chamber of Commerce and Industry registrationlecturer  

- Nara -- the 1st class of connoisseur.

- bunkagakuen University Lecturer Successive service in various posts .

-the Toyama Nanto sightseeing ambassador appointment, andYamanashi Prefecture, and 1000 national total one.

 

 


<< talk 1 >>.

 I am Tadao Kurashige.
The contents about which I speak are about the meaning and importance of the Nara sightseeing.
Why is the Nara sightseeing important?
How was Japanese culture produced?
When unified Japan for the first time? ,
When was the Emperor born?
Getting to know these is traveling Nara.
I exist really, so that ancient ruins are surprised at Nara. Ancient gods exist in actual space. The thing grows into the illusion which carried out the time slip before also 1500.
It is the first reason this thing travels from Nara.
The oldest book in Japan is the Kojiki.
The Kojiki was completed in A.D. 720.
The God oldest in the contents is an izanagi and an izanami.
The amaterasu was produced from this God.
An amaterasu, a susanoo, and a tujuyomi are called sankisin. The gods who cannot finish counting from these gods are born.
A reason is for justifying Emperor Jimmu's birth.
It is for complicating and carrying out by making it get confused.
But now, the trick is clear.
The posterity of an amaterasu grows into Emperor Jimmu.
Emperor Jimmu is the Japanese founder Emperor.
That is, the first Emperor is a legendary hero.
The contents on account of ancient events begin from earth creation. And Emperor Jimmu is on B.C. January 1, 711.
Although National Foundation Day is on February 11, it becomes by the lunar calendar on January 1.
Emperor Jimmu's birthday grows into National Foundation Day. In Japan, February 11 becomes a public holiday.
That he is surprised has an ancient huge Imperial mausoleum in Nara Prefecture. The true character is a keyhole-shaped mound and a big Imperial mausoleum.
The Imperial mausoleum from the first jinmmu Emperor to the 49th generation Emperor Konin exists really.
This thing hits in the period of 661 to [ B.C. ] era 781. The visitor settled about in the 300s.
The 500s came and the visitor told the yamato country (Japan old name) the China culture. I follow and it is surmised that the ancient culture in 1000 was formed from the 500s.

Ancient ruins in the meantime and ancient history data can feel in Nara. Moreover, it is that many in the oldest book Kojiki exist really.


The first jinmmu Emperor came to Osaka from Kyushu, and conquered the yamato. In Japanese history, I remain as jinmmu conquest of the East.








Kashihara Jingu in Nara Prefecture is with the background of accession to the throne.

The Kojiki is also called apocryphal book.
It is the book which combined an anecdote, a myth, and actual existence.
Therefore, I am whether it is the right history, and I will become an apocryphal book if it says. However, many are telling the fact.

The fact is existing in Nara.
Description of the Nihon shoki exists mostly in a similar manner. Furthermore, a manyouka monument sticks to an old road and has become a tourist draw.
Moreover, I see the former site of asuka Miya, Fujiwarakyo, and a heijyoukyou, and am impressed.
Thus, 300 to [ era ] 1000 years of history becomes important.
Because, since it is the beginning of the ancient Japan culture, I am important. A character, poetry, and writing are the foundations of ancient culture.


Japanese ancient-times culture moved from Nara with Kyoto, Osaka, and Tokyo. Here is the reason I begin sightseeing from Nara. Then, I wrote this book in the meaning which expresses the history of Nara intelligibly. Two young men and women fall into love, do a time slip to ancient times, and come at the ancient times of Nara.


《talk 2》
Let's begin the history of Nara.
Seiko and Genji show ancient Nara.

It will be why that a man and a womanencounter and feels love for a moment. Isn't it because it possibly comes intocontact with to truth? in a life, this is actual -- I want you to be dream .Supposingit encounters failure, it will give up, if this is true. Is that right sureenough? It is a question whether it of only is true. No, there is other truth.I do not want to consider simply that it is alive in infinity. It is notnecessary to give up. The truth which encountered is one of thedecision-making.

By chance, it only chose from plurality.Therefore, there must be other choices. But, it has given up simply.

 

A social rule, a rule, ethics, a limit,abandonment, etc. make truth ignorant. This world is infinite and is spacewithout substance. After all, it is having also considered decision-making inman's brain. Over 2000 or more, Buddhism is what and the Buddhist scripture of20,000 points, and presupposed that it is finally "empty." Aphilosopher gives up with I think, therefore I exist.

But that I am here only presupposes that itis a fact.

 

The physicist presupposed that a neutrinois the minimum unit after all, and has obscured truth. If it points out likethis, reality is a process of decision-making and supposes that it is true. Forexample, the following.

It has made decisions in the instant whichchanged the signal to yellow. And they are 1/10 of decision-making for 1second. In this case, a car may be parked or thrust in. If it becomes so, itmay have stopped suddenly or may thrust in.

 

It is both actual and it true. or [choosing which from two or more decision-making ] -- the person himself/herself-- it is order.

 

When it thinks so, isn't decision-making ofman and woman of encounter also the same? There is a turning point of failureand a success by momentary decision-making. Go into decision-making insuper-slow motion.

The reality and truth of the success arewaiting for the decision-making. The hikarugenji went into decision-making ofthe success and asked for the woman of the ideal. And also by chance, he metSeiko. It is an uphill of that garden of flowers. This tale begins from there.

 


NEC_0078
tadaokurasige@gmail.com 
http://furusatookosi.jimdo.com/

HP・メール上記のアドレス・URLに変わります。よろしくお願い致します.

:C0ntact Informationn

- Homepage 1; http://furusatookosi.jimdo.com/

-- Blog1;http://blog.livedoor.jp/honjisuijyaku/.

- Mail address;tadaokurasige@gmail.com.

- Telephone &FAX; 042-591-6955.

 -------PH ResearchInstitute/tadao kurasige-------




DSC05788

歴史書は偽書になりやすいのは、時の政権に影響されるからです。

今でもそれは変わりません。しかし偽書だからと言っても歴史をひも解くために必要不可欠なものです。例えば古事記は日本最古の歴史書と言われますが偽書と言えば偽書になりますがそこから真実が見えてくるのも事実です。古事記には女王卑弥呼の事実を隠蔽していますが卑弥呼の代わる事実を人物や年代を変え表現しています。郷土史のひも解きもこれと同じです。このひも解きをしていかなければ真の歴史は見えてきません。世界史、日本史、近隣地域等の関連からひも解いて下さい。必ず時代のヒーローやターニングポイントになった人物を特定することができます。これがふるさとおこしでの歴史発掘のポイントです。

NEC_0078

『日出ずる処の天子、書を日の没する処の天子に致す。恙無きや』

蛮夷の書は儀礼をわきまえていない。二度と奉上しないように(隋の皇帝鰑帝の怒り)607年の出来事でした。更に独立の書簡を送ります。

『倭王は天を以って兄と為し、日を以って弟と為す。天、未だ明けざる時出でて政を聴き、日出ずれば直ちに事務を停め、弟に任す』

明らかに挑戦文です。独立を意識した瞬間です。日本が倭として中国の属国から脱却したのです。対外的に倭から大和(ヤマト)になり日本(最初はヤマトと呼んだ)となり、日本の独立が開始されます。これと同じことが各地域で興っています。そこを郷土史から発見して下さい。そこから今日まで時系列的にひも解く必要があります。ふるさとには長い悠々とした流れがあるのです。

DSC05788

最古の書物、古事記は『日本の創世』を述べていますが、『日本』とは名乗っていいないし、『日本』の文字を使っていても『ヤマト』と発音しています。このことは、『日本書紀』と書いて『ヤマト書記』と発音すべきです。この時代『ニホン』と発音する慣わしはありませんでした。『ひのもと』あるは『ヤマト』であったと考えます。日のもとは太陽が上がるもとです(極東だから)。古事記がアマテラスを重視するのもここにあります。さらに、日本の神道や祭りや神社を探れば地域の始まりが判るかもしれません。それは日本人が古から何を神と崇めたかを知ることは、地域の崇拝象徴を特定し、その崇拝神を特定することは地域のリーダーを探ることになるからです。古事記の創生期表現は古代ではどの地域も同じ捉え方が出来たはずです。そこを理解すれば地域の始まりも理解できるしこの創生期の捉え方が重要になります

DSC_0012 (1)

地域の最初の名前(記録にある最古)は、何時から始まったか、リーダーは誰かを明らかにする。地域の歴史的を郷土史を入て調べることです。もともと人間は、ばらばらでなく、集団あるいは共同生活をしていた。その集団が拡大し集落となり、やがては生命を守り、集団の安心、安全が求められるようになる。その過程で、子を生み出す女性の力が魔力として崇められようになります。子を生むことは生命の誕生と集落の発展につながるからです。日本の歴史で言えば女王卑弥呼の時代で一定地域を支配しました。やがて豪族のリーダーが地域間の争で勢力拡大と統一と言う政治がはじまります。日本全体はこの歴史の流れを古事記で神武東征として表現しています。歴史的に命名されたのはリーダーは豪族、王、大王、皇尊(スメラミコット)と言われていました。やがて天皇の歴史として推古天皇まで綴っているのが古事記です。このような流れは、どの地域の歴史にも必ずあります。そこを明確にすること。つまりこの流れの地域版を創ればいいのです。地域の古名、リーダーの存在が歴史の原点になります。ふるさとおこしの始まりです。


DSC_0251

歴史は日本の歴史、世界の歴史、地域の歴史

個人の歴史等があります。ふるさとを多面的に見るためには大きい視野で広く、見る必要があります。講和で詳しく説明しますが基本は日本の歴史になります。

古代まで戻りますとより鮮明に地域の歴史が見えてきます。古代史は全国市町村にとって平等で必要不可欠なものなのです。日本の歴史がいつから始まったか?ここからスタートになります。日本史~地域史までを簡単に概説して行きます。そこからふるさとの歴史が見えてきます。歴史書は書き記す瞬間に偽書になると言われます。これは正解です。しかしそれを詳しく分析すれば真実が見えてくるのです。次回おたのしみに・・・・

image
『写真は日本を改革した女王卑弥呼の慕陵・奈良県』

4)地域将来の目標値
ふるさとおこしの長期計画、中期計画、初期計画が必用になります。
20年後、10年後、5年後の目標になります。
時代は20年サイクルで移り変わると言われる。
5年後~10年後では政治、経済は変動してもその変動が社会面にまで
浸透し地域住民の意識や生活スタイルの及ぶのは20年かかるとの考え方です。
ここでは戦略の話ですから具体的戦術については後述致します。
まずは20年後どう変わりたいのか?どう変われば住みやすくなるのかを考えることです。
そうすると目標と現状のギャップが出ます。そのギャップを埋めていくことになります。
その際理想的なものでも結構です。実現できないから・・は現実打破は出来ません。
全国行脚での経験で学んだことはたった一人の気狂いが居るだけで地域活性化は可能です。
このやる気人間をつくることが成功の秘訣です。それではどうすればやる気人間を形成して行き
地域ふるさとおこしをどう進めるのかを次回から概説致します。

WIN_20160114_114524

3)地域の歴史点検と郷土史の確立

地域の歴史を検証し、地域アイデンティティを見つけ出すことはふるさとおこしで最も重要なことす。

地域の歴史でふるさとのターニングポイントいなった時、人物、往時の状況等詳しく調査します。この調査で編成される構成員と5回程のミーティングでターニングポイントを決定いたします。地域にしか表現出来ないことが生まれます。そこからふるさとおこしは開始されます。

http://furusatookosi.jimdo.com/   参照下さい。

WIN_20160114_114528

2)民間企業とのアライアンス

民間企業には伝統企業や新興企業など様々です。

企業がどのように地域に貢献しているか、地域のアイデンティティをどのように表現しているかを調査します。

民間企業のアイデアを生かす街づくりがポイントです。この際民間企業のアライアンスでの生み出す商品化が重要になります。地域振興のテーマを話し合い、それを実現するには異業種間のアライアンスがふるさとおこしには不可欠です。

WIN_20150418_155435

地域の抱える四つの視点

1)街づくり会社の創設


街づくり会社は法人、個人、団体、第三セクター、地域諸団体問いませんが
必ずふるさとおこしの組織化が不可欠です。
この組織は一つだけでなく出来るだけ多い組織に参加して貰うことです。
特に若者参画の組織が重要ですが理想的にはあらゆる階層や団体のりーダーを入れることです。
行政を入れたこの組織図栗が要になります。沢山の組織で自由な発想で地域HPをつくることがか要です。
組織原則があり、詳しくは講演でお話しいたします。この原則を十分理解し組織を形成し確立すべきです。
ふるさとおこしは思い付きやキャラクターで考える時代は終わりました。
詳しくは編集画面に戻る http://furusatookosi.jimdo.com/  からお問い合わせのメールで下さい!

image


ふるさとおこし戦略とは

地域の抱える四つの視点

1)街づくり会社の創設

2)民間企業のアライアンス

3)地域の歴史点検と郷土史の確立

4)地域将来の目標値

この4つの視点で地域振興を進めます。

次回から詳細に入ります! 

NEC_0104

ふるさとおこしは地域の原点に戻り掘りおこす地域振興です。

誰しもふるさとはあり、そこから離れてもいつかは戻ります。
戻り方は人それぞれです。
ふるさとに戻りおこしを実践するのもよし、外部から提言するのもいいい。

但し主役は住民であることを忘れてはいけません。
全国を回り観光振興に成功したが住みにくくなったり、
特産開発に成功したが価格が高く手が出ない、
イベントを実施しても住民は参加していない。
こうしたが現状はふるさとおこしの原則を逸脱しているからです。

http:://furusatookosi.jimro.com
詳しくはHPで!

DSC_0094

キャラクターの時代は終わった!
http://furusatookosi.jimdo.com/

DSC_0094

http://kurasige.info/     ホームページ

http://blog.livedoor.jp/honjisuijyaku/ ブログ

よろしくお願いいたします。倉重忠男


DSC_0094
http://kurasige.info/
このホームページでご注文下さい!
ブログでは奈良時代まででしたが平安中期源氏物語の時代まで完成!
光源氏と征子の幸せ結末は!ご期待下さい!

DSC01974
784年長岡京遷都は呪われた場であった。
桓武天皇は神聖な新都を求め、794年、『平安京』に遷都した。

京都は三方に囲まれた内陸盆地である。
北は北山があり、南は平野が広ある。
東は比叡山、東山、醍醐山、西は西山山地が広がる。
四神相応の地である(風水説)。

井上内親王(光仁天皇の皇后)、その子、他部(おさべ)皇子の怨霊から
逃れるようして新天地を求めた。
桓武天皇と、藤原百川による謀により、井上内親王と光仁天皇の子に
他部親王がいたが母子とも呪詛の罪で廃された。
怨霊は桓武天皇を襲い、天然痘、天災や不可解
な事件に悩まされての決断だ!

光仁天皇の異母兄弟の桓武天皇が即位。
こうして平安京は開かれたが不安なスタートであった。
桓武天皇は父、光仁天皇だが母は、百済系の末裔である。
一抹の不安を内在しての即位であった。

桓武天皇は不可解な仏教・神社(祟りの化身である)を奈良に置き去りにした。
(このお蔭で1200年後の奈良観光が確立することになる)
京都には新しい神社仏閣が生まれ、また空海・最澄の出現を促した。
奈良に主力寺院を置き去りにしたことが政権と武力の乖離を生むきっかけとなっていく・・・
≪光源氏が桓武天皇にインタビュー≫
天皇の母方は渡来系ですか?
≪桓武天皇≫
本筋は他部震央だが廃されたので、光仁系の流れは自分しかいない。
父親が光仁天皇だから問題ない!
≪光源氏≫
井上内親王と他部親王、早良親王の怨霊は心配ないですか?
≪桓武天皇≫
大変心配している
≪光源氏≫
三人を弔って下さい!彼等は無実ですよ!
≪桓武天皇≫
判りました、あらゆる弔いをしたい!
≪光源氏≫
『平安京』は長らく続くでしょう。
しかしそれは天皇政治の終焉を迎えます。
そうならないように組織で政治をして下さい。
奈良の神社仏閣は僧侶という武力をもち、やがて武力集団が政権を握りますよ!
我々は1000年後を経験しています。
≪桓武天皇≫
私も44歳です。後任を早く決め新しい律令国家を創ります。
法治国家を目指します!
≪光源氏≫
その通りです、頑張って下さい!

登場人物
光源氏   32歳
 征子   25歳
 光仁天皇61歳
 桓武天皇44歳
DSC_0094
http://kurasige.info/ホームページご参照下さい!

DSC01878
(平城京の大極殿)

光仁天皇は在位770年~781年の11年の短期政権で62歳の即位であった。
藤原家の強引な推薦での即位だった。 
父は志貴皇子(吉野同盟6皇子は最後の一人・天智天皇7子)。
子が天皇になったので父も春日宮天皇をの追尊を受けている。

≪光源氏、光仁天皇にインタビュー≫
何故酒に溺れたのですか?
≪光仁天皇≫
天皇に成りたくなかったから!
≪光源氏≫
一転即位した理由は?
≪光仁天皇≫
60歳過ぎて政治に自信ができたからだ!
≪光源氏≫
皇后を愛していましすか?
≪光仁天皇≫
愛している!
≪光源氏≫
何が起きても信頼して下さい。
私は1200年先の歴史をみてあすから、これは忠告です!
最悪は奈良時代、そして平城京の終焉になりますよ!
≪光仁天皇≫
判りました、忠告ありがとう!

井上内親王は謀反とされ、皇子共に処刑された。その後、皇后・巫女に怨念が襲った!
次々と主要人物が奇怪な死が続き、平城京を襲った。もはや平城京は呪いの場と化した!
光源氏お忠告も空しく、奈良時代は終焉へと進み出した。

平安中期まで続きます!お待ちください!

登場人物
光源氏   32歳
 征子   25歳
 光仁天皇61歳
来週から平安時代ですよ!!!(*・ω・)ノ///
・・・ですが、ここから先は本で読んでください
http://kurasige.info/seiko1.html

↑このページのトップヘ