中年クライマー始末記

中年クライマーの中年クライマーによる中年のための始末記。 中年というカテゴリーを脱却して日々前進する奮闘記です。 ちょっと寄り道で、お酒や食べ物、旅行、温泉、文学なんかも練り込んでます。

紐エナ魂2017

数年ぶりの浦和エナジー!
1500693327809

いつの間にか壁が変わっていた。業務用スーパーもなくなってたし。
それはともかく、初の試みとなる紐エナ魂2017にカテゴリーは違えどもパピーと参加する。
最近のクライミング人気による爆発的なボルダラーの増加とは裏腹に、道具やパートナーの問題からリーダーはまだまだ地味な存在であり、リードコンペもユース中心のガチな大会がほたとんどであったりする。
そんな中でエナジーが主催するリードコンペ。
企画段階から色んな試行錯誤があったのでしょうが、正直に、よくもこんなに人数が集まったなあ~というのが率直な感想。
リードを愛する老若男女が約60名。中高年の比率が高いのもミソですね。
とにかくリードを楽しめるコンペでした。
1500684625323

1500684693654

さて、パピー。
3年ぶり位となるリードコンペ。予選一本目は手を出せちゅうのに核心でつまってフォール。
2本目は予選がかぶって応援にまわれなかったが完登できたとのこと。
フラッシングながら申し込み順にて予選2本とも第一登者となるアンラッキーがありながら、何とかギリギリで決勝進出。
ギリ進出にて決勝もオンサイトながら第一登者となるが、
1500706214052

カンテスタートとなるフェイクたっぷりの課題を冷静に登る。
1500706280812

ボテのホールドをいかに保持するかが最大の核心。やや息づかいが荒れ、明らかに動きが鈍り出した瞬間、
DSC_1880

予想だにしないダイナミックムーブで核心を押さえ込む。一瞬、はがされた~と思ったが、魂で止める。
こんなムーブが出せるんだ~とただただ感心しきり。
マックスのアドレナリンがなせる最高の登りで見事オンサイト。これは凄いことです。
続く登者が核心で落ち続け、終盤まで優勝か!という期待が持てる闘いでした。
カウントバックにて4位に終わるも、本人も自身最高の登りとのこと。練習は嘘をつきません。

興奮しましたー。

1500725729119

こちらも負けじと予選2本を完登し、
1500728126532

1500728322549

1500725688529

1500725679156

決勝は前半のデカホールドさえこなせば後半はカチの連続の比較的好きな課題だったので、タイム差になるのはわかっていたが、やっぱりルートは楽しんで登りたいのでレストしつつ確実に登る。
予選・決勝共に完登者が5名出る混戦のなかタイム差で3位に滑り込む。
1500725666597

エナジースタッフのシノさんにもビレーしてもらえたし、有意義な1日だった。

エバフリプチコンペ

シノさんに誘われて見知らぬ大久保のエバフリプチコンペに参加する。
DSC_1878


ファン
レディース
ミドル
マスター
の4カテゴリーに別れ予選は全員参加の60分8課題
ミドルクラスで参加。
強傾斜・ルーフは比較的ガバ系が多く、むしろスラブ、垂壁の方がテクい感じ。
1500127770328

1500127786840

1500218167004

地下にあるちょっと狭いジムながら、それほど待つというほどでもなく、6完登(一撃)2ボーナスで予選を終了する。
無駄うちはなかったが、やっぱり暑さにバテふらふら。
6完1、2ボーナスが準決勝ラインらしく、2位通過で準決勝4名にのこる。
汗だくのTシャツをきがえマイユニフォームへ。
1500131279453

1500128302099

なんだか見知らぬ煙草屋Tシャツをきた親父が準決2課題3分のベルコンを勝ち上がり、そのまま決勝も制してしまう。
「あいつ誰?」
と思ったかどうかはしらないが、
1500128331584

煙草屋の名は刻み込まれたことでしょう。
夜スタートのプチコンでいまいち時間をもて余したりしていたのだが、調整はバッチリではあったのでプチコンペであろうと結果をのけせてよかった。
今年はドラミロックからプチコンペを含め2位がすでに5回。
レベル云々ではなく、勝ちきれない自分にあきらめムードも漂っていたので、勝ててひとしお。10、20代を叩きのめすのは心地よい笑

真夜中の疾走!ECHOES3周年BBQ

土曜日、仕事を終えECHOES3周年記念BBQに参加する。
開始から1時間遅刻だが、すっかりみんないい感じになっていた。
DSC_1873

DSC_1872

DSC_1874

DSC_1875

こんな田舎にジム作ってどうすんねん?とも思ったおらが町のクライミングジム。すっかりなくてはならない存在になったのではないでしょうか。
一応、市民としてECHOESの宣伝活動はそれなりにしてきたつもりです笑 ボルダーコンペの所属ジムは当然ECHOESですし。

さて、ほどよく飲んでほどよく食べて、自己責任でほどよく登り、そろそろお開きになろとすると、Y中君から、もっと飲みましょうよ~とお誘いが。
体重もアップアップでん~っていうとこだったが、JRと関東鉄道を乗り継いでわざわざ来てくれたとのこと。
これは行かないわけにはいかないと、車乗車組を尻目に、なぜだかママチャリ2台とスケボーに乗ったY中君の3名でギャーギャー騒ぎながら守谷へ移動。
良い子は真似してはいけないことです。
DSC_1877

いわゆる3次会までいき、何を話したか何を飲んだかもわからぬまま帰宅する。
ECHOES愛に溢れた1日だった。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ