中年クライマー始末記

中年クライマーの中年クライマーによる中年のための始末記。 中年というカテゴリーを脱却して日々前進する奮闘記です。 ちょっと寄り道で、お酒や食べ物、旅行、温泉、文学なんかも練り込んでます。

WESTROCKコンペ

さて、先月末に行われたウエストロックの準決勝、
前日に娘のところに泊まり、体調も万全であったのだが・・・
準決勝は、70分1ラウンドのみ10課題。
これはとおもう課題に並び、あれれ?と落ちたのがケチのはじまり。
なんだか体が固い硬い。
たしかに準決だけあって課題も辛かったのだが、とにかく10分すぎても2ボーナスのみ。ヤバいヤバいと何かに追われ、気持ちだけがあせる。まるでタマちゃんを追いかける去年の予選のよう。
30分すぎで2完だけ。
これはマジヤバいなあーとあきらめムードになったが、他選手がガンガンに登っている様子もなかったのでいったん落ち着く。
予選が5位か6位だったのだから、上位にいたスーパーキッズはともかく、他の選手も苦しんでいるはず。
完登数が少ないのでボーナス狙いはやめ、落とせそうな課題を集中して攻める。
1503742573085

1503742586147

1503742718356

1503742725947

70分が終わり5完登4ボーナス。さすがにこりゃあアカンなあ~と。
決勝進出は上位5名。同率ならば予選からカウントバックし、絶対に5名だけらしい。
リザルトがでるまでの間に昼食をとり、結果をみてみると、
1503718627991

何とギリ下。何でやねん。
6完登が最高だから、やっぱりみんなギリギリの登りをしてたんだなあー。
悲しいような、頑張ったような。が、予選の成績がそのまま準決に反映されたのだから、これは仕方ないことだろう。予選も精一杯だったから。
DSC_1888

オグリンがマスターで3位に入ったから、まあよかったよかった。

Jアラートの夜

その地方その地方でちがうだろうが、我が家の方ではJアラートとともに大音量のサイレンと同様の警告が市内に流れた。
「空襲警報か!」
と一瞬、時代錯誤に陥るほどのリアルな危機感。
帰郷していた娘はすっかり同様してしまい、
「どこに落ちるの?どこに逃げるの?死んじゃうの?」
今何が起こっているのかは理解できないが、危機的状況であるのでは?と認識してしまうほどのアラートとサイレン効果だった。
どこに向かうか、どこを通過するかもわからぬまま北海道から 長野までの東日本が大騒ぎしたことだろう。
地形的に見ると利根川を挟んだだけの茨城県坂東市側はお騒ぎし、千葉県野田市はテレビで騒ぎを知るという、ちょっと何だかな~の警報区割りだった。
まあ、Jアラートの対応に関する問題はともかくとして、テレビ、ネット等で情報を収集したであろう娘だが、夜になっても不安は治まらず、
「来月9日も発射するかもしれないから、美味しいものを食べよう!」
ただのこじつけではあるが、
1504005338064

1504004904739

地元のいわゆる回らないお寿司屋さんに二人でいく。
堪能している娘を見つつ、平和が続くように祈るのでした。

ある日の港区・文京区

家庭の所用で港区・文京区通いがはじる。
お盆は身体は動かし腕を休めろということか。
のんびりと食事をする時間もないが、夏バテのないよう旨い早い安いをモットーに食す。
1502355604790

新宿で食した棒寿司。
1502337936284

お茶の水の山形風しらす丼。
1502278151048

朝から晩まで都内を動き回り、東京タワーに癒されるのでした。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ