悲劇ってどう思いますか?~『HAMLET(ハムレット)』byウィリアム・シェイクスピア

このエントリーをはてなブックマークに追加  
こんにちは、くりぼうです。

昔こんな文章はやらんかった??

To be to be ten made to be
↑英語ではありません☆

今回紹介する本で有名なセリフはやっぱり

To be or not to be (生きるべきか死ぬべきか) 
ということでウィリアムシェイクスピアの悲劇代表作、HAMLET(ハムレット)いきます!

登場人物

人物相関図
ハムレット:本書主人公。デンマークの王子様。演技が上手く話術に長けている。彼の台詞を額面通りに受け取ってはいけない。
ハムレット王:ハムレットの父。弟のクローディアスに殺された?
ガートルード:ハムレットの母。ハムレット王亡き後すぐに弟のクローディアスと再婚。
クローディアス:故ハムレット王の弟。いろいろ悪いこと考えつく。
ポローニアス:クローディアスの右腕。クローディアスに助言をする。この人も話しが上手い。
オフィーリア:ポローニアスの娘。ハムレットから好意を感じている。想像妊娠しそうなタイプ。
レアティーズ:名前がかっこいいオフィーリアの兄。絶対シスコン入ってる。
ホレイショー:ハムレットの親友。上記の登場人物一覧の中で唯一生き残る。


あらすじ

昔々、デンマークというところを治めていたハムレット王が急逝!!
王様の座とお妃様のガートルードはそのままそっくり弟のクローディアスがいただくことに。
それに納得のいかないのが故ハムレット王とガートルードの息子、ハムレット。

ハムレット1
 
ハムレットは王様の死でショックを受けて狂人になったように装って

 ハムレット2

ハムレット王殺人事件の真相を追い求める。うん、装ってるだけよ。演技なのよ。

そして、ハムレットは、クローディアスの右腕で、想いを寄せているオフィーリアの
父親でもあるポローニアスをぐさりんちょ♪

ハムレット3

「いやね、この人恋は邪魔しようとするわ、俺を島流しにしようとするわ。
たぶんおやじ殺人事件もこいつが策略立てたんじゃないかと思うわけよ(ハムレット談)」

しかしそして!!この事件にショックを受けたオフィーリアが自殺。

 ハムレット4

父親を殺されたことと、妹を自殺に追いやったことに怒った
兄のレアティーズはハムレットに勝負を挑む!!
、、、ように、クローディアスが仕組んだんやけどね。

ハムレット5

果たして勝負の行方は!?!?
 

作者について

「ハムレット」の作者は有名なウィリアム・シェイクスピア。
、、、なんですが、シェイクスピアってかなりの謎の人物。
1600年前後に演劇界で活躍していたウィリアム・シェイクスピアっていう人は
いたことはいたらしいねんけど、なんせ彼自身に関する資料が少ない。
大学には行った記録がないのに専門知識が必要な高等な文章を書いてたりとか、
自筆文章が全く残ってなかったり、とかね。

でも、彼の作品が残した功績はすごく多い。
英語の文句、諺の中にはシェイクスピア由来の台詞がいっぱいあるらしい。

ちなみに、イギリスのジョークでこんなものもある。

「シェイクスピアの作品を読んだけどつまらないわ」 
「なぜ?」
「だって、よくある文言ばかりが使われているんですもの!」


感想

人は悲劇を見て何を思うんやろう。
うちは基本的にはハッピーエンドが好きやから
ハムレットがクローディアスを懲らしめてクローディアスが改心して
ハムレットとオフィーリアが結婚したらええやんか!
って思うけど、そんな話にしたらハムレットはこんなに有名にはならんかったんやろな。

ハムレットは悲劇やからええのんか。
やからって全員死ぬんはよくわからん(←落ちを。。。笑
なんていうか、最後まで読み終わってすっきりせやんし納得いかん!笑 

やっぱシェイクスピアは『真夏の夜の夢』とか喜劇のほうが好きかも!
一度本格的な舞台で見てみたいな~。




そんなこんなで、今回はウィリアム・シェイクスピアのハムレットお送りいたしました♪
最後までお読みいただきありがとうございました!!

くりぼう 


このエントリーをはてなブックマークに追加      

トラックバックURL

悲劇ってどう思いますか?~『HAMLET(ハムレット)』byウィリアム・シェイクスピア へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

悲劇ってどう思いますか?~『HAMLET(ハムレット)』byウィリアム・シェイクスピア へのコメント一覧

まだコメントはありません。

コメントする

悲劇ってどう思いますか?~『HAMLET(ハムレット)』byウィリアム・シェイクスピア にコメントする
絵文字
記事検索
  • ライブドアブログ

トップに戻る