img_0


安倍晉三日本の首相が終戦記念日である15日靖国神社神社参拝を差し控えることにしたと共同通信が6日、政府関係者の言葉を引用して報道した。

これは来る11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議日中首脳会談を成功させるために中国に一定の配慮が必要であると判断したのにによるものと思われる。安倍首相はしかし、昨年と同様に自民党総裁資格で捧げ物を奉納することを検討している。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode

 
【韓国人→大勝利・・・安倍総理今年の終戦記念日に靖国神社参拝保留へ】の続きを読む

PEP20131202117201034_P2_99_20140806191303


ピルレイ代表の声明...「慰安婦被害者の人権も蹂躙" 前例のない"糾弾」...日政府に圧迫されるように

国連人権問題上の首長が日本軍慰安婦問題に対する日本政府の態度を強く批判し、包括的かつ公平であり、恒久的な解決策を考え出すよう促した。

蝶ピルレイ国連人権最高代表は6日(現地時間)、「日本は戦時性奴隷問題について包括的かつ公平であり、恒久的な解決策を用意するのに失敗した"としながら「いわゆる慰安婦として知られている被害者たちは、第二次世界大戦が終わって数十年が過ぎた後でも、まだ人権蹂躙を受けている」と正面批判した。 

ピルレイ代表はこの日発表した声明で、「私は去る2010年、日本を訪問した際、日本政府の展示性奴隷被害者に対する適切な補償をすることを促した」とし「私の任期が終了した時点で、自分たちの人権のために戦ってきた勇敢な女性たちが当然受けるべき賠償と権利の回復なしで一人二人の世界を去ることを見ることが胸が痛い」と切ない心情を吐露した。

国連人権条約機関と国連人権理事会などを管理する国連人権最高代表が日本軍慰安婦問題にこのように強力な批判発言をしたのは今回が初めてである。

南アフリカ出身のピルレイ代表は去る2008年9月から6年間在任しており、今月末に任期が切れる。 ピルレイ代表はまた、「これらの女性のための司法の定義と賠償が行わなければこれらの人権侵害が継続されるため、この問題は、過去の歴史ではなく、当面、現在の問題」とし「それでも、これらの女性は、正義の実現どころか、日本の公人から漸増する事実を否定と侮辱的言辞に直面している」と嘆いた。 

ピルレイ代表は、特に日本政府が任命した調査チームが、6月20日報告書で「これらの女性が強制的に動員されたということを確認することができなかった」と発表した後、東京でいくつかの関係者が公の場で「慰安婦は性奴隷ではなく、展示の売春婦」と述べていた事実を指摘しながら、「このような言動は避け、女性に甚大な苦痛を与えるべきでも日本政府はどのような公式反論もしなかった」と批判した。

表が韓日両国関係がなく、女性の人権に焦点を合わせて、個人の信念に基づいて、日本軍慰安婦問題について次のように強力で明瞭な声明を出したのは今回が初めてだ」と述べた。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode

 
【韓国人→国連人権委員のトップが日本に慰安婦問題を反省し解決するように促してるぞ】の続きを読む

image_20130423165714


超党派議員の会などの政治家、今年も参拝するように 

安倍晋三日本の首相が今年日本の敗戦日(8月15日)に靖国神社神社を参拝する代わりに、賛辞を奉納する案を検討中だと共同通信が5日報道した。 

報道によると、安倍首相は、昨年と同様に自民党総裁の名前であるマグ(玉串·灰かに白い紙を甘いもの)料をサビに出すことを検討している。 多まくり試料は神社·神殿に捧げるオマージュのようなものである。 

共同通信は関係者の発言をもとに安倍首相が直接参拝を見送ると伝え、11月、中国北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、習近平中国国家主席と首脳会談を実現するために中国に配慮する必要があると判断をしたと見られると分析した。 安倍首相が多まくり試料を奉納することは参拝の代わりに自分の支持基盤である保守·右翼の有権者をなだめるためのものと見られる。 麻生太郎(麻生太郞)日本副総理兼財務相はこの日の靖国神社参拝について「8月15日に訪れたのは、これまで一度もなかった。

それ回答である。今年だけで変更する必要はない」と述べた。古屋圭司拉致問題担当相は「8月15日には、常に参拝している。適切に判断したい」と事実上参拝するという意味を明らかにした。 神道吉高(新藤義孝)総務相も「前から個人的な行為として私の心に基づいて行動している。行くかしないかその是非については言及しない」と述べた。 稲田朋美行政改革担当相は先月15日、「安倍内閣の一員として適切に判断して行動したい」と明らかにした。 

古屋担当相、神道総無償、または多担当相は昨年敗戦日にも靖国神社を参拝するなど、定番の参拝」で異変がない限り、今年もこれらの超党派の集まりである「みんなで靖国神社を参拝国会議員の会」所属議員など日本の政治家が大挙靖国神社を参拝すると予想される。

 
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode

 
【韓国人→また挑発だ・・・安倍総理が8月15日に靖国神社へ奉納の検討】の続きを読む

PYH2014080500600007200_P2_99_20140805121205


米国政府の最初の慰安婦問題の議論

アメリカニューヨークの玄関口に4日(現地時間)に建てられた「軍慰安婦碑」の除幕式に合わせて米国を訪れたイオクソン(87)、川日出(86)二祖母が「極秘裏に」米国ホワイトハウス·国務省関係者と会談したことが分かった。 

特に「二祖母とホワイトハウス·国務省回動'は、米国政府の要求に応じて任意の同席なしに徹底的に秘密裏に進行されて関心を集めている。 

なお、米国政府の最高機関であるホワイトハウスと国務省が相次いで軍慰安婦おばあさん ​​に会ったのは今回が初めてで、今回の議論を契機に、米国政府の軍慰安婦関連の政策に変化が来るか注目される。 

おばあちゃんとホワイトハウス関係者の議論は、先月29日に、国務省関係者との出会いは、翌日の30日にそれぞれ1時間余りの間進行されたと伝えられた。 特に米国ホワイトハウスと国務省は、それぞれの議論の前に、「何も同席せずに会うことになっている"は条件をつけた。

ただし、今回のことに関与したソースは、「米ホワイトハウスと国務省が軍慰安婦おばあさん ​​を相次いで会ったのは前例がない」とし、 「今回の議論を契機に、米国政府の日本軍慰安婦問題に対する政策の方向に一定の変化があると予想される」と期待した。 それとともに情報源は二つの祖母を議論したホワイトハウスと国務省関係者らは、両機関内の韓国と日本の問題を対処の専門家許容とだけ仮定した。 

これと関連し、今回の秘密の議論は、今年1月、米国連邦下院が米国国務省にとって日本政府に去る2007年、米国連邦議会の「従軍慰安婦決議案」を遵守するよう奨励する歳出法案を通過させたことと無関係ではないと分析される。 

特にこの法案を主導したマイクホンダ(民主·カリフォルニア)下院議員は最近、「米国国務省が法案通過にも具体的なフォローアップを取っていない」と批判していることを考えると、米国政府がフォローアップを用意するために両方の祖母を相次いで面談したと観測される。 この法案は、今年1月15日と16日の米国上·下院を通過したのに続き、翌日、バラク·オバマ大統領が正式に署名した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode



 
【韓国人→アメリカとは対立しなくていいよ・・・アメリカ軍慰安婦問題で米国のホワイトハウス·国務省と秘密の議論】の続きを読む

140722191986_20140806_99_20140805165503


1990年代から日本国内で日本軍慰安婦問題を提起してきた<朝日新聞>は5日1面コラムの2ビートを割いて、「慰安婦問題の本質は、人間の尊厳を剥奪した」と指摘し、右傾化している日本国内の雰囲気に警鐘を鳴らした。

安倍晋三首相政権後、日本政府は、日本軍慰安婦動員の強制性を認めた「河野談話」の検証結果を発表し、河野談話に傷をつけ、極右マスコミは慰安婦問題に対する日本の責任を否定する態度の報道をしてきた。<朝日新聞>の今回の特集は、このような雰囲気の懸念を明らかにし、<産経新聞>など極右マスコミの批判に対する反論と解説を入れた。

<朝日新聞>は1面に載せた「慰安婦問題の本質に直面を」というコラムで、「安倍政権が河野談話を作成するプロセスを検証して、6月に報告書を発表した。一部で「慰安婦問題は<朝日新聞>の捏造」という式の根拠のない批判が起こった。

読者も「(捏造というのが)本物か、なぜ反論をしないのか」などの問い合わせが入ってきた」と特集記事を載せる理由を明らかにした。本稿では、1面のコラムで「被害者を売春婦などに貶めて自国の名誉を守るという一部の論調が日韓両国のナショナリズムを刺激して、問題を悪化させる原因となっている」とし「戦時中に日本軍兵士の性の相手を強要された女性がいるという事実を消すことはできない。

慰安婦としての自由を奪われ、女性としての尊厳を踏みにじられたことが問題の本質だ」と指摘した。また、2面にかけての解説記事では、現在までに発掘された強制連行の証拠と強制論争について主に詳しく扱った。これは最近の日本国内で慰安婦動員の強制であったかなかったかを置いて論議があることを意識したものである。

<朝日新聞>は解説記事で、「日本の植民地だった朝鮮半島と台湾では、軍の依頼を受けた業者が「良い仕事がある」と騙して連れて行った場合が多かった」とし「軍による強制連行を直接示す公的文書は発見されなかった」と書いた。「日本軍の占領地であったインドネシアとフィリピンなどでは、軍が現地の女性を暴力的に連行したという記録がある。

2002年フィリピン政府の報告書によると、フィリピンで日本軍が現地の女性を暴力的に拉致連行し、当時の兵舎として使用された教会や病院に監禁して集団レイプを続けた事例もある」と書いた。新聞は「(朝鮮半島と台湾とフィリピンなど)の共通のは、女性が自分の意思に反して慰安婦にされた強制があるということだ」と強調した。

しかし、「強制連行の定義について官憲の職権が発動された「慰安婦狩り」ないしは「略取的連行」に限定しようという見解と軍や総督府が選定した業者が略取誘拐や人身売買による連行でまで見てみようという見解に分けられる」とし「このため、93年以降<朝日新聞>は強制連行という言葉をするように書いていない」という立場も明らかにした。

このように作成した記事の一部に事実関係が間違っていた。取材が不十分だった点は反省する。いくつかの不正確な報道が慰安婦問題の理解に混乱をもたらした」とし「しかし、このような理由から、「慰安婦問題はない」という主張や「慰安婦被害者に対する謝罪する理由はない」という主張には同意できない」とした。

<産経新聞>は吉田の主張が創作しながら、これを伝えた<朝日新聞>慰安婦報道について批判してきた。<朝日新聞>は解説記事で「吉田の主張を1982年に初めて報告したが、当時の記事を作成した記者は、「吉田の主張が詳細して全く疑うことができなかった」と話した」としますが、それ以降、済州島の現地取材を通じて見見ると吉田の主張に信憑性が疑われたと明らかにした。<朝日新聞>は結論として、「吉田の主張は虚偽であると判断し、記事をキャンセルする」と明らかにした。

 
【韓国人→希望の光は権力に屈してはいけない・・・朝日新聞が慰安婦問題について一部事実誤認があるって報道したぞ】の続きを読む

PAP20140704085801034_P2_99_20140804151207


日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は4日、韓国政府が日本軍慰安婦白書を発刊することにしたことについて、「慰安婦問題を政治、外交問題にしようとしている」と批判した。 

菅長官は同日午前の定例会見で、「慰安婦問題を含む両国間の財産·請求権問題は(1965年)日韓請求権·経済協力協定により、完全に解決されたというのが日本の一貫した立場だ」と強弁しながら、このように述べた。 菅長官のこのような言及は、1950〜60年の日韓会談の際、日本軍慰安婦問題は扱われていなかったし、韓日請求権協定で被害者賠償問題が解決されたことは全くないという学者の指摘を無視している。

さらに、彼は中国政府が日本軍慰安婦と南京大虐殺の資料をユネスコ(UNESCO)の世界記録遺産に登載申請したことについても、「日中関係の改善のための努力が必要なときに中国側がユネスコの政治的に利用、日中間の過去の時期にあった負の遺産を無駄に浮上させることは極めて遺憾だ」と述べた。 

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode

 
【韓国人→ちょっとは歴史の勉強ぐらいしてから発言てくれ・・・日本の官房長官が韓国が発刊する日本軍慰安婦白書計画を批判】の続きを読む

このページのトップヘ