20140731000405_0_99_20140731141703


猛暑が猛威を振るっている日本の東京のど真ん中に30日、珍しい風景が繰り広げられた。都心渋谷で働く会社員700人が日本の伝統衣装である浴衣(浴衣)を着て勤務したこと。

渋谷の「クールビズ(夏のビジネススーツ)」に浴衣が上がった瞬間だった。読売新聞は「地下鉄で約200人の会社員が浴衣姿で出て会社まで歩いて珍しい風景が演出された」と31日報道した。今回のイベントは、「渋谷夏祭り」の実行委員会が青少年と外国人観光客に日本文化を知ってもらうために用意されたが、会社員の反応が高かった。

花柄浴衣を着て出勤した女性(32)は「洋服と違って空気が通じる感じがしてすがすがしい」と「会社までの道も楽しかった」と話した。 

浴衣は日本の伝統衣装の着物の一種で、主に普段着として使用する簡単な服である。特に日本の夏の花火大会の一つ、雨や盆踊りなどに参加するとき好んで着る。

浴衣はもともと、天皇や貴族たちが入浴後に着る服として知られて。浴衣という名称も浴衣ヴィラ、つまり入浴後の体を拭くタオルという言葉から由来した。
 
↓↓↓韓国人の反応↓↓↓

韓国ではリネンの服が大ヒットだ。クールなホヨン服。


日本は浴衣や着物を着て歩き回っても少しユニークでオシャレに見えるが、韓国で韓服を着歩くと変な人に見みられるよな。

 
こんなニュース記事にするなよ。積もり積もって日本の広報効果もあ好感持つ人増えるだろ。韓国も改良韓服を着て誇りに思って着たら良いだろう。


日本では温泉とかで入浴後に女性が着物きているのを見るのがお勧め。

 
使用人の役割だった時代の着物を現代で着て街中を歩くんだ、やはり野蛮人だな

 
韓国入国する際に着物きていたら審査が必要だ。だって不自然な服だろ?

 
世界で最も美しい伝統的な服は、私たちに韓服です。日本の着物も私たちの韓服が由来だしwww