2014年05月

健康保険の財政が昨年、過去最大の黒字となった。不況の影響で、体調が悪くても出費を抑えるため病院に行かない患者が増えたためと分析される。 

tmb240_20140711092404-1


 国民健康保険公団は14日、国会保健福祉委員会の業務報告で、昨年は3兆6446億ウォン(約3500億円)の黒字となったと明らかにした。

http://japanese.joins.com/article/828/181828.html? 【韓国国内で不況のため病院行かず、健保が過去最大の黒字】の続きを読む

「アメリカンドリームはもう昔話です。コリアンドリームを夢見る人の方が多いでしょう。」 

  三人兄妹で2004年、米国に移民した李さん(26、女性)は24日、このように話した。テキサス州に居住する李さんは姉、弟と共に10年間の米国生活を畳んで今年9月に韓国に戻ることに決めた。グローバル金融危機以降、現地就職が難しくなったうえに就職をしても賃金や生活費などを比較すると韓国生活の方が有利だと判断したからだ。李さんは「米国で大卒の初任給は3万5000~4万ドル水準なのに税金は30%も出さなければならない」と話し、「そこから家賃(1000ドル)、保険料(220ドル)等、生活費を差し引けば貯蓄は、夢に見ることも出来ない」と説明した。 

  毎年ビザ更新のために頭を痛めなければならず、病院費が法外に高いのも逆移民の決心を助けた。李さんは「最近、交通事故に遭って病院に二日間入院したが、3万ドルかかった」、「それで手術は韓国で受けたが40万ウォンで済んだ」と話した。李さんは「周辺に逆移民を望む友人が少なくない」とし、「英語・韓国語に堪能だから良い職場を求めることができると考えるため」と分析した。 

  会社員の崔さん(39)は国内大企業の位階秩序や過度な業務などにうんざりし、10年前にカナダに行った。だが、実際に行ってみると現地の人たちと心を開くのは難しく、現地の韓国人社会は閉鎖的なので苦しかった。まともな職場を求めるのは困難だった。結局、3年前に韓国に戻った。 


 
【アメリカ生活はきつかった?韓国生活の方が有利…帰ってきた同胞】の続きを読む

375


韓国は最近、国連開発計画(UNDP)より発表された「2013 人間開発指数(HDI)」において、0.909で世界12位に入った。 


  国民所得、平均寿命、教育水準、幼児の死亡率などを指数化したHDIは、最大値である1.00に近いほど生活が豊かであることを意味する。 

  アジアでは日本(10位)に次いで高い順位で、欧州のフランス(20位)や英国(26位)、イタリア(25位)、デンマーク(15位)、スペイン(23位)よりも高い数値となっている。 

  調査対象186カ国のうち、ノルウェーが全体順位で1位になり、その後をオーストラリア、米国、オランダ、ドイツ、ニュージーランド、スウェーデン、アイルランド、スイスなどが続いている。中国は101位にとどまり、北朝鮮は調査対象に含まれていなかった。 

http://japanese.joins.com/article/537/169537.html?



【韓国の生活の豊かさは世界12位…アジアでは日本に次ぐ順位だったことが判明】の続きを読む

a94c051c


韓国社会が「精神的苦痛がまん延した国」という診断を受けたと韓国メディアが8日に報道した。 


  報道によると、経済協力開発機構(OECD)諮問官であるスーザン・オコナー博士は8日にソウル市内のホテルで開かれた韓日中精神健康政策フォーラムに先立ち、韓国の精神健康システム全般を取り上げた評価報告書を公開した。 

  OECDは報告書で、韓国の人々が全般的に精神的な苦痛を受けており、韓国人の精神的生活の質を改善する戦略を至急に検討しなければならないと診断した。世界最高水準の自殺率とアルコール乱用、ギャンブルやインターネット中毒、校内暴力などがその事例として挙げられた。 

http://japanese.joins.com/article/772/162772.html
  【やっぱりか・・・OECD「韓国は精神的苦痛がまん延した国」】の続きを読む

a0a7c4ef1af204ce4f323522849e9647d1377cb11366603187


欧州発の財政危機がイタリアまで飲み込んでいる。国の借金が多いというギリシャ、アイルランドに続き国内総生産(GDP)規模が2010年基準で2兆550億ドルと世界8位のイタリアにも救済金融の手を広げなければならない境遇に直面している。それなら国の借金が世界で最も多いという隣国日本の場合はどうだろうか。先月21日に読売新聞には「国の借金1000兆円突破」という記事が2面に短く載せられた。当時は円高に対する心配が深いためなのか、夕刊で短く扱ったこの記事の反響はあまりなかった。 


  日本の国の借金はこの報道の通り今年末に1000兆円を超える見込みだ。国内総生産に対する負債比率は210%、経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も高い。救済金融まで受けたギリシャの157%、アイルランドの120%よりはるかに高く、世界的に見てもジンバブエなどアフリカ諸国しか比べる国がない。「失われた20年」と呼ばれる不況期に国債発行を通じ大規模景気振興に出た結果だ。 

  日本も欧州の国のように借金のために一瞬にして崩れるだろうか。この質問に対する専門家の見解は「まだNO」だ。日本経済に精通した韓国政府関係者は、「歴史的な円高がまさにその指標ではないか。ユーロやドルでなく、安全資産としての円の価値が高まっているのは、それだけ日本経済を見る世界の投資家の視線が友好的という意味」と話した。 

 
http://japanese.joins.com/article/470/145470.html?


 
【世界最大1千兆円の借金抱えても動揺しない日本の不思議】の続きを読む

このページのトップヘ