とんぶり市の朝にあえて投稿。

あれから半月、11月5日(日)に池袋であった爬虫類イベントHBM(Herptile Breeder's Market)。


HBMは3年連続の参加。
いつの間にか爬虫類イベントに行くのが年中行事と化してる。

池袋といえばドラマ、池袋ウエストゲートパークのイメージが強いけど、サンシャインシティで5月と12月に開催される東京レプタイルズワールド(通称「東レプ」)と併せて今となっては爬虫類イベントの街。(個人的意見)


今年はカメ友、Horiさんと池袋駅で待ち合わせて会場到着は6時20分頃。
しばらく整列しながら立ち話。

大半は面白おかしい話だったけど、カメの話となるとさすがブリーダーさん。
凄く勉強になる話をしてくれる。
年は1歳若いけど、尊敬するブリーダーさん&趣味人さん🐢

確か初めて彼に会ったのは2年前に初めて行ったHBM会場だった。


ご厚意で開場前に家に招待してもらい爬虫類部屋を見せていただいた。
シンプルながら、カメの状態がイキイキしてたのが強烈な印象
床材や給餌方法等、かなり勉強になる見学でした。

開場20分前に毎年の整列場所になってる公園に戻る。
開場時間は11時になってるが、今年も例によって15分ほど前倒し。

会場になってるのは地下のダンスホール。階段を下りながらボルテージが上がる。

今年も狙いはアメハコ。
思い切って2017CBは一気に迎える。
来年以降はブリード計画もあるし、頭を冷やしてく。

ミツユビとガルフを予定通りに迎え、目を引くカブニがいたのでお迎え。





今回のHBMで気づいたこと。
・まとめ買いに制限が設けられていた。
→昨年の買占めはエゲツなかった。お目当てのブリーダーさんから買えずに悔しい思いもした。
・アメハコの数が3年間で多分最多。
→カメのブリードも気候に左右される。昨今のアメハコ人気も影響か。
・会場の熱気は相変わらず熱い。
→ブリーダーさんが手塩にかけた個体を持ち寄り、爬虫類好きがとんでもない密度で結集するから当然か。レオパやヘビ等も門外漢ながら美個体がたくさんいたのは横目に感じてた。

ペーペーながら亀オフ会にも参加🍺

みなさん凄い方ばかり。
知識やスキルのバックラウンドからして自分とは格段に違う。
自分が飼ってない(そもそも手が届かない)カメの話さえ耳をダンボにして聞いて勉強になりました。
本当に貴重な場をありがとうございました。

オフ会の店から会場に戻り、出品者のブリーダーさんたちに話をうかがった。
楽しみは交流にあると知ったのも今年の大きな収穫です。

その後、池袋から大宮へ。
行き先は爬虫類倶楽部大宮店(ハチクラ大宮店)。

いつも世話になってる仙台店、とんぶり市2014の帰りに行った中野店、そして大宮店でハチクラ3店舗を回った。
(回っただけ。決してお店に貢献した良客ってわけじゃない)


3日前に発売したビバリウムガイド最新刊をようやく入手。

ここでノリさんと合流。
池袋ではすれ違いになったけど、わざわざ土産を届けてくれた。
いただいた足柄茶は家族にも好評です。
本当にご馳走さまです。

ノリさんとサヨナラして新幹線に乗車する大宮駅までブラブラ歩いた。

お世話になった方々、ブリーダーさん、イベント主催者さんに改めて感謝の1日でした。